酵素サプリのうらら酵素は妊娠中・授乳中にも飲んで大丈夫!?

授乳中のあすかとうらら酵素

出産が終わって少しだけ落ち着いたときに、ふと自分の体型をみたらとても太ってることにがっかりします。

今の時期は運動する時間も取れないし、ダイエットしようと思ったらやっぱりサプリメントになります。

そんな中気になったのが、うらら酵素でした。

 

サプリって授乳中に飲んでも大丈夫なのかなぁ?

と思いつつもかかりつけの医者に相談したら、飲んでも問題ないということだったので飲み出すことにしたんです。

 

うらら酵素は妊娠中・授乳中にも飲めるの?

口に入れるものですし、妊娠中・授乳中に飲んでも良いものかどうかってのは気になるところですよね。

かかりつけの医者には聞いたけど、念には念を入れて実際に授乳中の私が会社に問い合わせて聞いてみました。

 

娘さんと写ってる美活編集部の明日香
美活編集部 明日香 30歳

現在妊娠中なのですが、うらら酵素を飲んでも問題ありませんでしょうか?

 

ポーラ店員
うらら酵素
お問い合わせ担当者

健康食品なので飲んだらダメということはありませんよ。もし、不安であれば主治医の先生に原材料を見せて判断してください。

 

というお返事でした。

基本的には飲んでも問題ないけど、どうしても気になる場合はかかりつけのお医者さんに聞いてくださいね。

と言われましたので一安心です。

これで思いきってうらら酵素のパワーを借りてダイエットすることが出来ます!

酵素って何をしてくれるの?

私たちの体内では、大まかに

 

「消化酵素」

「代謝酵素」

「食物酵素」

 

の3種類の酵素が使用されています。

 

酵素の種類

 

食べたものを消化するための酵素が消化酵素になり、その消化酵素のお手伝いをしてくれるのが代謝酵素と食物酵素になります。

そのうちの食物酵素は体内で作ることが出来ない酵素になりますので、体外から摂り入れる必要があります。

 

この体外から摂り入れる酵素が、うらら酵素の役割になります。

代謝酵素も消化酵素のお手伝いをしてくれますが、消化酵素のお手伝いをするためには本来代謝機能で使用するはずの代謝酵素を減らして消化酵素のお手伝いをしなくてはいけません。

そのため、消化酵素のお手伝いをする分が多くなればなるほど代謝酵素に使用する酵素量が減ってしまいます。

 

代謝酵素に使用する酵素量が減るとどうなるのでしょうか。

代謝酵素の使用量が減ると代謝機能が衰えますので、新陳代謝の低下、カロリー消費の低下などに繋がります。

 

酵素は年齢を重ねるごとに減っていってしまいますので、代謝酵素で使用することが出来る酵素量も必然的に減っていきます。

酵素が不足すると溜まりがちになります

減っていく代謝酵素に加え、消化酵素のお手伝いをしていたらどうなるのか、もうわかりますよね?

代謝機能はさらに低下してしまうのです。

年齢を重ねるごとに痩せにくくなってくるのは、このせいなんですね。

 

ですので、体外から消化酵素を助けてくれる働きのある食物酵素を摂り入れることが大切になります。

 

しかし、摂り入れるならばどんな形状の酵素でもいいというわけではありません。

私たちが普段食べている食べ物から酵素を摂り入れることも出来るんですよ。

ただ、酵素は熱に弱く48℃以上の熱を与えることにより、酵素本来の力を発揮できなくなってしまうんです。

 

そのため、熱を加えた調理方法では酵素を体内にうまく摂り入れることが出来ないんですね。

 

酵素は48℃以上で死活します

そのため、毎日の食事では補いきれない食物酵素を体外から摂り入れ消化酵素のお手伝いをしてくれる役割が、このうらら酵素になります。

 

酵素ならどんなものでもいいんじゃなのかな?と思いますよね?

 

しかし、酵素には様々な製法があります。

その製法により、酵素の効果が死活してしまっているものも中にはあることをご存知ですか?

酵素は熱に弱いとお伝えしましたが、その製法によっては熱を加え酵素が死活してしまっているものも中にはあるんです。

 

ですが、このうらら酵素は熱を加えずに作られた製法になります。

ハードカプセル

うらら酵素は、作る過程全てにおいて酵素を死活させない製法で作られています。

ハードカプセルを使用することで熱に弱い酵素を守り、体内に酵素を送り届けることができるようになっています。

 

酵素についての詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください↓

 

 

まとめ

うらら酵素は、妊娠中授乳中でも飲めるし腸内に届いてしっかりダイエットが出来る素晴らしい商品というのがわかりますよね!

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA