スカルプDまつげ美容液に発毛剤のミノキシジルが配合されていない理由って?

スカルプDまつげ美容液  プレミアム成分

予防医学のアンファーから発売されている『スカルプDまつげ美容液 プレミアム』には、どうして発毛剤のミノキシジルが配合されていないか知っていますか?

『そんな疑問、感じたことないよ?』と思う方も、読めば、なるほど~と感じる事間違いなし!

今回は、そんな疑問を解き明かして行きます。 

 

どうしてミノキシジルが配合されていないの?

スカルプDまつげ美容液 プレミアムには、発毛剤のミノキシジルが配合されていません。

予防医学のアンファーは元々男性用発毛剤を販売しており、その成分に発毛成分のあるミノキシジルを配合しています。

 

そのため、同様のメーカーから販売されているのであれば

『スカルプDまつげ美容液 プレミアムにもミノキシジルを配合してもいいのではないかな?』

と感じたのですが、スカルプDまつげ美容液 プレミアムにはミノキシジルが配合されていません

 

女性にミノキシジルを使用することで効果があることは2017年の日本皮膚科学会で発表されていますので、成分自体に効果がないわけではありません。

しかし配合成分に注意が必要とされています。

 

男性の場合はミノキシジル濃度5%女性の場合は濃度1%の使用を強く勧めています。

このパーセンテージの違いは、女性のホルモンバランスや急激なダイエット、甲状腺疾患などにより副作用を生じる可能性があるためです。

これらの要因で薄毛・脱毛になった場合は、ミノキシジルを使用しないことをアナウンスしています。

 

そのまま使用してしまうことで副作用が出ることがあり、例として発疹や発赤、動悸、頭痛、だるさなどがあげられます。

そのため女性のミノキシジルの使用はとても慎重に行うことが大切です。

 

薄毛・脱毛とは異なりますが、まつげにもそういった副作用が起きないとは限りません。

だから、配合されていないのかな?

お金を払って購入するなら、発毛効果が高い成分が配合されているものを使用したいですよね?

 

ここで、直接メーカーに問い合わせをしてみました。

予防医学のアンファーでミノキシジルが配合されている発毛剤が販売されていますが、スカルプDまつげ美容液には配合されていません。

それはどうしてなのでしょうか?

また、その代わりになるまつげが伸びる育毛成分は他に配合されていますか?

 

ミノキシジルは当社発毛剤に採用されているように 医薬品の成分となります。

スカルプDまつげ美容液は、浸透効果の高いプラチナカプセルに美容成分 (ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、シスチン、 グルタミン酸、ビオチノイルトリペプチド-1)を内包した成分を配合しており、まつ毛への効果実感のしやすさが期待されます。

 

このことから、ミノキシジルは医薬品成分と言うことが分かりました。

医薬品って具体的にどういったものなのか、皆さんご存じですか?

 

医薬品・・・病気の治療目的厚生労働省から有効成分の効果を認められたものです。

 

医薬部外品・・・予防・衛生目的

厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されています。

 

化粧品・・・美容目的

医薬部外品よりさらに効果・効能が緩和になり、人体に対する副作用が少ないものです。

 

医薬品や医薬部外品は有効成分を謳うことが出来ますが、化粧品は有効成分を謳うことが出来ません。

そのため、成分表に有効成分の表記がないものは化粧品と考えていただければわかりやすくなります。

 

そして、ミノキシジルは医薬品でした。

医薬品の成分表記はこんな感じになります。

【医薬品の成分表記】

医薬品の成分表記

しっかりと有効成分が表記され、医薬品と分類されています。

 

では、スカルプDまつげ美容液はどうなのでしょう?

有効成分の表記があれば医薬品・医薬部外品に当たります。

【スカルプDまつげ美容液の成分表記】

スカルプDまつげ美容液 成分表記

おわかりでしょうか。

スカルプDまつげ美容液には、有効成分の表記がありません。

そのため、医薬品にはならず、ミノキシジルも配合することが出来なんですね。

 

その代わりに、ミノキシジルと似た分子構造をもつ成分のピディオキシジルが配合されています。

成分表にピディオキシジルという表記はありませんが、正式名称はピロリジニルジアミノピリミジンオキシドになり、アンファーからの返答にあった成分です。

 

このピディオキシジルはミノキシジル誘導体とも言われている成分です。

詳しい効果は

ミノキシジルのように成長因子を分泌し、促進させる効果はありません。

ミノキシジルと同様の血流を促し、細胞を活性化させる効果があります。

ミノキシジルのような副作用がなく、肌に優しい成分です。

 

ピディオキシジルは、血流を促すことでまつげを成長させるための毛乳頭に充分な栄養を送ることが出来るようになり、抜けにくく太くてコシのあるまつげにすることが出来ます。

また、細胞の活性化やバルジ領域にある発毛因子によって作られる毛母細胞の分裂促進により、発毛効果が期待出来ます。

バジル領域 毛母細胞

出典:メアリ クリニック

このバジル領域が存在しているうちはまつげを成長させる毛母細胞が作られ続け、毛乳頭細胞から栄養が行き届きまつげを成長させることが出来ます。

 

まとめ

スカルプDまつげ美容液 プレミアムには、医薬品のミノキシジルが配合出来ない事が分かっていただけたでしょうか。

そして、ミノキシジルが配合されていなくても、まつげを成長させる毛母細胞が作られ続ける事で、長くてコシやハリのある美まつげを育てる事が出来るんですね。

 

まつげを成長させる成分は、ミノキシジル誘導体以外にもまだまだたくさん存在しています。

どの成分が、まつげに効果的に作用しまつげを伸ばしてくれるか迷ってしまいますよね?

 

 

そこで、まずはミノキシジル誘導体の効果が分かる記事から読み進めてみてはいかがでしょうか?

実際に、スカルプDまつげ美容液 プレミアムを実際に使用し、まつげがどのように変化したかをまとめたものがこちらの記事になります。

気になる方は、参考にしてみてくださいね

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA