妊活 準備

妊活をする為に準備するアプリ・葉酸サプリ・旦那のこと・冷え対策

 

 

 

妊活を頑張ってらっしゃるママさん。

妊活ってどうすればいいの?

具体的にどんなコトが妊活に有効なの?

 

そんなギモンもあるかと思います。

 

私も妊活をして待望の赤ちゃんを授かりました。

 

私の経験談などを交えながら

楽しく効果的な妊活についてお話していこうと思います。

 

■妊活サプリについて

まず、私の「妊活」の第一歩は

「妊娠しやすいカラダづくり」から始めました。

 

妊活中・妊娠中には「葉酸」がイイ!というのは

有名な話です。

 

ここでは「葉酸」について

少し勉強していきましょう。

 

 

■なぜ、妊活中には葉酸がいいの?

 

葉酸は「造血ビタミン」とも呼ばれるほど

体内の血液をふやしたり、子宮内膜の絨毛(じゅうもう)組織の

細胞生成を補助する役割があるといわれています。

 

 

葉酸がしっかり血液を作り、カラダの血行を高め、

細胞の成長がスムーズに行われると

子宮は赤ちゃんを授かりやすい状態に整っていきます。

 

 

例えば、フカフカしたベッドは寝心地がいいですよね?

 

それと同じで、受精卵も、柔らかくて

厚い絨毛組織で覆われた子宮内膜の方が

着床のしやすさが格段に上がるんだそうです。

 

受精卵を受け入れる準備態勢を整える為に

葉酸が大きな役目を果たしてくれているんですね♪

 

 

それだけでなく、妊活中に正しく葉酸を摂取すると、

胎児の先天性異常のリスクが

大幅に減少します。

 

流産や死産、子宮内胎児発育遅延の

改善にも効果があるという

データもあるそうです。

 

妊娠初期は、胎児もママも

最も影響を受けやすい時期です。

 

普段貧血でない人でも、妊娠中は貧血状態になる方も

多いといわれています。

 

胎児に充分な酸素や栄養を運ぶためにも、葉酸とビタミンを

摂取しておくことで貧血を防ぎましょう。

 

 

■妊活に大事な葉酸、いつから摂取するのがイイの?

 

一般的には、妊娠希望日の1ヶ月前以上から飲み始めるのが

オススメといわれていますが

 

「子供が欲しい!」と思ったらすぐ飲みはじめてもかまいません。

 

私も本格的に「妊娠しよう!」と思った時から

「ベルタ葉酸」を飲み始めました。

 

サプリ特有のヘンなニオイもなく、つわり中でもラクに飲めましたし

低血圧で貧血気味だったのも、改善されました。

 

■アプリを使ってカラダをチェック!

 

妊活中で最も大事なのは「自分のカラダを知ること」

 

ただやみくもにセックスをしたって赤ちゃんは授かれません。

 

まずは、自分が妊娠しやすいタイミングを狙って

効率的な妊活をススメましょう!

 

私は、「ルナルナ」というアプリを利用して

基礎体温を測り、生理周期から排卵日を予測して

自分のカラダを管理していました。

 

このようにして、「ルナルナ」で基礎体温を

毎日チェックすることで、自分のカラダの周期を知ることができます。

 

デザインもカワイイですし、使い方もとてもカンタン。

コンテンツが充実しているので

日記をつける感覚で自分のココロとカラダをチェックできます。

 

 

■冷え性は妊活の大敵!

 

「妊娠しやすいカラダ」をつくるためには

カラダを冷やさないことも大事です。

 

「冷えは万病のもと」とも言われています。

 

カラダが冷えると、体内のあらゆる器官の働きが鈍ります。

 

これは、子宮や卵巣に言える事で、冷えは不妊の一因との学説もあるほど。

そこで、私が妊活中に心がけたことは「頭寒足熱」。

 

女性の大事な臓器の集まる下半身や、

第二の心臓とも言われる足元を温めて血流をよくすることを

意識した服装をしていました。

 

たとえば、靴下はスニーカーソックスではなく足首まで隠れるもの。

パイル生地などの厚手の靴下をはいたり

 

冬場は5本指のソックスの上から裏起毛の靴下を重ね履きして

カイロの入るポケット付きの腹巻かスパッツを履いて

下腹部周りを冷やさない努力をしていました。

 

あとは下半身と「首」のつく部位(首・手首・足首)は

できるだけ出さない、もしくは温めるようにすると

 

どれだけ薄着でも、身体の芯から冷えるということは

防げますのでみなさん参考にしてみてください。

 

 

■妊活中の食生活について

 

さきほどお話した「冷え性」についてですが

服装だけではやはり限界があります。

 

カラダの内側から温めることで

「妊娠しやすいカラダづくり」を心がけましょう。

 

 

では、どんな食事がいいのでしょうか?

 

■カラダを温める「陽性」の食べ物

 

マクロビオテックの原理に「食の陰陽」という考え方がありまして・・・。

食物を、カラダを温める「陽性」、冷やす「陰性」

中間を「中庸」に区別しています。

 

陰陽の単純な見分け方は、寒い地方・時期に採れる作物が「陽性」です。

気候が寒いのでカラダを温める作用が備わっているのです。

 

私は、主に根菜を多く食事に取り入れていました。

 

温め食材の代表格「しょうが」はマストアイテム!

 

他にも、にんじん・ごぼう・サツマイモ・大根などを

毎日味噌汁やスープ、煮物などに取り入れていました。

 

根菜には、体を温めるだけでなく、食物繊維が多く含まれているので

毎日のお通じにも効果があります。

 

日頃から「カラダをひやさない」ことが大事なので

陰陽にこだわりすぎず

 

いつも冷たい飲み物だったのを、

常温~アツアツで飲むようにしたり

 

小腹がすいたら、お菓子ではなく、味噌汁や具沢山のスープを飲んだり

朝起きて一番初めに白湯を飲むことで、カラダを温めるようにしていました。

 

「冷え性」は今この瞬間に温かいものを取り入れたから治る!

というものではありませんので

 

ちょっとした意識の変化と食生活を変えていくことで

徐々に改善されていきます。

 

真夏の暑い日にアツアツのお茶を飲みなさい!なんてできませんので

そこは自分の無理のないようにシフトしていくのがりそうかもしれませんね♪

 

 

 

 

■やっぱり夫の協力は不可欠?!

 

「妊活」といっても、女性が1人で頑張っても

なしえるものではありません。

 

やはり、パートナーの協力があってこその

「妊活」ともいえるでしょう。

 

 

ここでは、私の夫の話がメインになりますが

パートナーを協力的にするコツ?をご紹介したいと思います。

 

■無理強いはしない

 

私たち夫婦が子供を望んだきっかけは

「結婚する為の口実が欲しかったから」。

 

交際期間が長くなるにつれて「結婚」というくくりに

縛られる必要性がなくなってきます。

 

夫にそれとなく、結婚の話をしてみても

「何か、コレ!という決定打がないと結婚に踏み切れないなぁ」と

やんわり濁されました。

 

そこを逆手に取り「決定打があれば結婚してくれるのか!」と

歓喜した私。

 

決定打=妊娠と結びつけちゃうのもどうかと思いましたが

今の時代「授かり婚」なんて当たり前だし

臆することはない!と夫に気づかれないよう、妊活スタート。

 

まずはインターネットで「妊活」について延々検索。

 

元々、生理不順&生理痛が重い為、ピルを服用していたのですが

ソッコー服用中止!

 

食生活も、ジャンクフード大好き!不摂生どんとこい!だったので

自炊&栄養バランスの見直しも開始。

 

「ルナルナ」アプリをインストールし、

基礎体温計を購入して基礎体温と生理周期をチェック。

 

ベルタ葉酸を定期購入して服用開始。

 

ここまでが自分でできること。

 

あとは、夫をどうやって巻き込んでいくか・・・

そこが一番の課題でした。

 

ですが、1人でコソコソ妊活することに、なんとなく

後ろめたさを感じる部分もあったので

 

「私は、アナタとどうしても結婚したいと思う。

子供を授かることが決定打になるなら、

私は子どもを授かりたいと強く思う。」

 

と、ド直球でぶつかりました。

 

答えは意外。

 

「うん、そうだね!俺もそう思う。

結婚もしたいし、子供も欲しい。

俺に何かできることはある?」

 

と。

 

ここまで積極的に協力してもらえるとは思っていなかったので

拍子抜けした感じでしたが、ここから2人で妊活スタート。

 

特に夫に気をつけてもらった事はありませんが

亜鉛とマカが精子の質をよくすると聞いたので

サプリを購入して、服用してもらいました。

 

あとは、ほんの少し不摂生とアルコールを控えてもらった位で

特別な事はしてもらっていません。

 

「この日は絶対セックスしなきゃダメ!」と

強要することはせず

 

やんわりと

「○日は私だけの為に空けておいてね♪」と

お願いすることで

夫もそれとなく察してくれました。

 

ですが、そこからの道のりは案外遠いものでした。

 

2人で妊活を始めたからといってすぐ妊娠!というわけには

いきませんでした。

 

私があせりすぎて、精神的に不安定になった事もありましたし

夫を傷つけてしまう事もありました。

 

生理が1日遅れただけで「妊娠キタコレ!」と

検査薬を使って一喜一憂していました。

 

毎月、出血があるたびに「ああ、またダメか」と

何度落胆したことでしょう(笑)

 

それでも、「大丈夫だよ、きっと来月は赤ちゃんが来るよ」と

励ましてくれた夫の存在はとても心強かったですし

 

諦めず、見捨てず、協力してくれた夫に

ただただ感謝しています。

 

根気強く妊活を続けて1年・・・。

 

産婦人科で「おめでとうございます」と言われた時は

2人揃って泣いた事は今でも忘れられません。

 

それまでに使った妊娠検査薬は20本を余裕で超えています。

 

「陽性」の反応が出ても、まだ信じられず

1日おきくらいで確認していました。

 

検査薬が1本大体1,000円前後なので

2~3万・・・。

 

今思えば恐ろしい金額ですね(笑)

 

 

■まとめ

 

何度も言いますが「赤ちゃんは授かりもの」

 

とはいえ、何も始めないことには

何も始まらないのです。

 

自分のカラダを知り、赤ちゃんを迎えるカラダを作り

パートナーとの信頼関係も築きながら

 

あせらず・のんびり・楽しく

妊活ライフを満喫してくださいね♪

 

 

 

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA