スルスル茶ってダイエットに効果あるの?実際に試してみた口コミをご紹介!

スルスル茶とポットと湯のみ

ダイエットをしたいと思ってるけど、実際にやってみても全く効果がない。

というか続かない。

 

ダイエットをしてるとよくありますよね。

そこで今回実際に自分が飲んでみてよかった、このスルスル茶をご紹介したいと思います。


スルスル茶の公式ホームページ

スルスル茶って何がすごいの?

スルスル茶はダイエットの為に作られた、様々なダイエット効果のあるお茶をブレンドした最強のお茶です。

まずはそれぞれのお茶の効果をご紹介していきますね。

烏龍茶が油を分解してくれる!

スルスル茶のメイン成分である烏龍茶は脂肪を分解してくれるとこにあります。

烏龍茶の産地の福建省では、脂肪摂取の比率が高いにも関わらず肥満の人の割合が少ないという現象が報告されてます。

 

トクホにも登録されてるように、烏龍茶には脂肪を分解し肥満を防止するというのが認定されています。

ただのお茶なのに、ダイエット出来るというのはやはり魅力的ですよね。

 

プーアル茶のカテキンがすごい!

プーアル茶はとても発酵が強いお茶です。

まずはお茶の発酵について簡単に説明します。

 

普段から飲んでいるお茶といえば、

 

・麦茶

・緑茶

・ウーロン茶

・ほうじ茶

・プーアル茶

・煎茶

・抹茶

・紅茶

 

など、上げていけばきりがないくらいの種類があるのがお茶の特徴でもあります。

 

しかし大きな枠組みで考えると、

 

・日本の緑茶

・中国のウーロン茶

・西洋の紅茶

 

と、これらはすべて同じ茶葉から作られているのです。

みんな親戚みたいなものですね(笑)

 

色や味などが違う理由は、発酵の度合いで様々なお茶に変化していくことになります。

 

例えば、緑茶は発酵していない不発酵茶ですし、黄茶・白茶は弱発酵茶です。

ウーロン茶は半発酵茶で、紅茶は完全発酵茶です。

 

このように発行が進むごとに色見が深くなっていき(カテキンの酸化で赤みがかる)、酸味も出たりとお茶の中でも違いが出てきます。

 

プーアル茶の発酵度数

ご存知の通りカテキンはポリフェノールの一種で、脂肪を燃焼させてくれる素晴らしい成分です。

発酵度数が上がるごとに、カテキンがよりパワーアップされ「重合カテキン」というものが多く含まれるという特徴があります。

 

この「重合カテキン」はカテキンより脂肪吸収を抑える力が強いと言われています。

 

また「没食子酸」も含まれています。

この「没食子酸」もカテキンが発酵する時に作られるもので、腸内で脂肪を吸収する成分をブロックしてくれます。

 

そのほかにも「酵素」「ビタミン」も含まれており、これらの成分もダイエットサポートに嬉しい味方なのです。

酵素についてはこちらの記事で詳しく解説しています↓

発酵されたものには酵素が含まれやすく、スルスル茶にはこの発酵素材が多く含まれ、配合率もかなり高くなっております。

マテ茶って飲むサラダだった!?

産地である南米では、嗜好品としても広く飲まれていますが、野菜の栽培が難しい高地などでは重要な栄養を摂取するためにも愛飲されています。

その成分は、鉄分、カルシウム、亜鉛、マグネシウムなどのミネラル、ビタミン、さらにはフラボノイドなどが豊富に含まれています。

まさに、「飲むサラダ」と呼ばれるのも納得です。

さらに、カフェインなどの刺激が強い成分が少ないのも特徴です。

 

お茶のダイエット効果についてもっと知りたい方はこちらから↓

実際にスルスル茶を作ってみました

スルスル茶とポットと湯のみ

スルスル茶の作り方は簡単です。

ポットにスルスル茶のティーバックを1〜2包入れて、お湯を入れておしまいになります。

スルスル茶のティーバッグ

作り方は下記の手順で作って頂くのが分かりやすいですね。

スルスル茶 作り方

ただ、お湯に蒸す時間に注意書きがされていました。

スルスル茶 蒸す時間

濃く出したスルスル茶を飲んでしまうと、お腹が緩くなることがあるらしいので注意してください。

と書かれていました。

 

私は特にお腹が緩くなったりしないのですが、実際には3分と5分の蒸す時間でどれくらいの差が出てくるのか検証してみました。

ワンポイントアドバイスで、85〜95度のお湯で作るのがポイントと書かれてあるのでその通りに作って行きますね。

スルスル茶をポットに入れたところ

まずはスルスル茶のティーバックをポットに入れます。

スルスル茶をポットに入れてお湯を注いだところ

そのあとに、お湯を注いで3分後にアラームをかけます。

今日はとても寒い日だったので、90度のお湯を注ぎました。

スルスル茶 3分後

上記が3分経ったスルスル茶になります。

普通のお茶ですね。

そして、3分ですがもう濃いお茶ができてます。

スルスル茶 3分後の色

特に色合いが薄いとかではなく、普通に売ってあるお茶と同じくらいの濃さになってると思いますね。

スルスル茶 5分後の色

こちらが5分後のスルスル茶になります。

はっきり言って、違いはありませんね。笑

スルスル茶 3分後と5分後の色の比較

左が3分後のお茶、右が5分後のお茶です。

見た目も味もほとんど代わりのないお茶でした。

結論から言いますと、90度のお湯で蒸したら濃さに変化はないみたいです。

 

ですので、この蒸す温度を下げていけばある程度濃さに違いが出るのではないかと思いました。

 

スルスル茶を飲んだ感想

スルスル茶は1つのティーバッグで2L程度のお茶が作れます。

ですので、コスパはかなり良いと思いますね。

1袋に15包入ってるので1日1Lとすれば1ヶ月分になります。

冬場であればこれで十分ですね。

 

夏場でも1日2Lとすれば、スルスル茶を2袋持ってれば間に合いますよね。

 

実際に飲んでみた感想なのですが、やはり便通はよくなりますね。

まず、朝に1杯飲むのですがそのあとしばらくしてトイレに行きたくなります。

 

それまでは朝起きてトイレに行くこともあれば行かないこともあったのですが、スルスル茶を飲み出してからは毎日トイレに行ってます。

 

 

あとは気持ち的に結構ゆとりが生まれました。

友人と飲みに行ったりする時に、脂っこいものを食べたくなるんですよね。

それで、いつもだったらこの油はダイレクトに体に吸収されて後日太って行くんだろうなぁって思いがあったのですが、スルスル茶を飲んでると脂肪を分解してくれる成分が入ってるからブロックしてくれてるはずだと思うようになり、食べても気持ちが穏やかですね。

 

そして、一番すごいなぁ!と実感したのはお腹が空かないことです。

 

朝、300mlくらい毎日飲んでるんですよね。

それで、飲み出す前は近くのすき家に毎日通ってたんですが朝はお腹が空かないので行かなくなりました。

 

仕事をしてると昼になるのですが、昼になっても別にお腹が空かないので食べないです。

 

3時くらいになったらだんだんお腹が空いてくるので、その時に1日の食事ぶんを食べるって感じになっています。

ですので、お腹が空かないから食べなくてよくなったし食事が1回になったので1日に摂取する総カロリーが大幅に減ったと思います。

 

スルスル茶を飲み出して変わったこと

これまでは、ご飯を食べるけどそれを帳消しにしてくれるサプリを飲んでそれをチャラにしようという考えでした。

なぜなら食べるのが好きだからです。

 

もちろん今も食べるのは好きなのですが、そもそもお腹が空かないので食べたいって気持ちになりません。

ここが大きな違いだと思いました。

 

そもそも食べたい気持ちにならないから、食べれないイライラがないんです。

この食欲が抑えられることによって、ここまで食べる気がなくなるのは初めてだったのでとても驚きました。

その結果、食べる量がかなり減ったのと週に3回8キロのランニングをしてるので1ヶ月で2キロのダイエットに成功しました。

 

これまでは、正直言ってお茶なんかでダイエットできる資格ないと思ってました、笑

 

優先的に考えればやはり

 

漢方

サプリ

スムージー

 

だと思ってました。

ですが、このお茶がここまで力を発揮してくれるとは思わなかったのでとても驚きました。

 

多分、この記事を読まれてる方のほとんどが、所詮お茶!という認識だと思います。

私もそんな気持ちで

 

『まぁ安いからいっか・・・』

って思いで購入したのですが意外にも凄い効果を発揮してくれたので、このスルスル茶は本当におすすめです。

スルスルシリーズの他の記事を読みたい方はこちらから↓

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA