まつ毛エクステとまつ毛美容液はどっちが良いの?

まつげエクステとまつげ美容液の比較

人の第一印象は目元が重要です。

 

女性ならとくに目元にこだわっている方が多いのではないでしょうか?

 

目元のメイクもそうですが、まつ毛も非常に大事なポイントです。

 

目をぱっちり見せるためにまつ毛は必要不可欠です。

まつ毛

そんなまつ毛ですが、私も以前はまつ毛エクステを付けていて、いつでも目元をぱっちりさせていました。

 

しかし今は自まつげでメイクするようになり、まつ毛美容液を使って自まつげを育成しながら長いまつ毛を保っています。

 

どちらにおいても感じるのは、メリットだけでなくデメリットもあるということです。

 

今回はそんなまつ毛エクステとまつ毛美容液についてお話ししたいと思います。

 

最新のまつげ美容液ランキングが気になる方はこちらから↓

目次

まつ毛エクステ編

まつげエクステをしてる目元

まつ毛エクステとは、自まつ毛1本に対し人工まつ毛1本を専用接着剤であるグルーで接着していくものです。

 

つけまつげと違って取り外しが出来ないので、美容師免許を持つ専門の人が施術しなくてはいけません。

 

まつ毛エクステのメリット・デメリット

まつ毛エクステのメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

 

メリットその1 綺麗なまつ毛を持続出来る

まつ毛エクステをしたら、大体平均して3週間から1ヶ月は綺麗なまつ毛の状態を保つことができます。

 

そしてメイクをしていなくてもすっぴんの状態で華やかな目元でいられるので、女性にとっては嬉しいです。

 

まつ毛エクステはどれも同じというわけではなく長さ、毛量、カールのタイプ、毛質が選べるので、施術の際に自分の好きなまつ毛にオーダーすることができるのも人気のわけです。

 

メリットその2  メイクの時間短縮になる

メイクで最も時間がかかるのが、アイメイクと言われています。

 

しかしまつ毛エクステの場合、マスカラも塗らなくていいのでほとんど時間がかかりません。

 

朝忙しい時や、ちょっと出かける時などもササっとメイクが出来て時短になるのは女性にとっても嬉しい点です。

 

メリットその3 汗や水に耐久性がある

マスカラと違って汗や水に強いので、日中メイクが崩れる心配が無く、一日中カールが持続された目元でいることが出来ます。

 

マスカラだと長時間つけているとどうしても下まぶたににじんできたりしますが、まつ毛エクステならそんな心配は全くいりません。

 

~メリットまとめ~

・持続性がありすぐに取れない

・理想のまつ毛がキープできる

・ノーメイクでも華やかな目元でいられる

・メイク時間が短縮される

・汗や水に強い

 

デメリットその1  アレルギー反応を起こす場合がある

まつ毛エクステは全ての方に害が全く無いわけではなく、まつ毛エクステを装着する際に使用するグルーが合わずにアレルギー反応を起こしてしまう方もいます。

 

なので必ず初めにパッチテストを行うようにしましょう。

 

そしてアレルギー反応が起こらなくても、グルー自体が施術中に目に入ってしまうと結膜炎など眼の病気を引き起こすこともあるので、十分な注意が必要です。

 

デメリットその2 腕の確かなサロン選び

基本的にまつ毛エクステは自分でつけるのではなく、サロンに行ってつける人がほとんどです。

 

しかしサロン選びがとても重要でまつ毛エクステは施術者の技術力で、仕上がりが良くも悪くもなるものです。

 

初めてまつ毛エクステをつける場合には、口コミや周りの意見を参考にしながらサロン選びをするといいでしょう。

 

デメリットその3  美容代がかかる

まつ毛エクステは安くても5000円程度、高いと数万円かかる場合もあります。

 

そして定期的なリペアが必要になってくるため、その度に施術代がかかってしまいます。

 

さらにまつ毛エクステ用のクレンジングを用意したり、洗顔の仕方もマツエク仕様に変更する必要があります。

 

デメリットその4  メンテナンスが大変

まつ毛は通常1日に4~5本抜け落ちるので、もちろんエクステも一緒に落ちてしまいます。

 

そのため日に日にまつ毛エクステをつけたての時よりも少なくなっていきます。

 

スカスカになってしまわないようにまつ毛エクステをこまめに足したり付け替えたりしなくてはいけないので、メンテナンスに手間もお金もかかります。

 

~デメリットまとめ~

・目元のアレルギー反応が起る可能性がある

・サロンや担当者を見つけるまでが大変

・定期的なリペアで維持費がかかる

・クレンジングや洗顔方法を気をつけなければならない

 

まつ毛エクステをおすすめ出来る人

・汗や水に強いのでスポーツをしている人

・メイクの時間を時間短縮させたい人

・すっぴんでもまつ毛を綺麗に見せたい人

・クレンジングや洗顔を気をつけられる人

 

まつ毛エクステは汗や水に強いので、スポーツやアウトドアが好きな女性は取れにくい面でおすすめです。

またメイクの時短になるので、朝パパっとメイクを済ませたい人や忙しい人にもおすすめです。

 

まつ毛エクステをおすすめ出来ない人

・敏感肌や肌の弱い人

・目元をよく触ってしまう人

・クレンジングや洗顔にこだわりがある人

・月1のメンテナンスが面倒な人

 

まつ毛エクステをつけるグルーが合わない人は目がかぶれたりアレルギー反応が出てしまうので敏感肌の方にはおすすめできません。

 

また抜け落ちたまつ毛エクステをリペアするのに時間もお金も必要なので継続出来ない方にはおすすめできません。

 

まつ毛エクステの注意点!

まつ毛エクステを一度つけてしまうと、ぱっちり揃っているまつげの見た目やメイク時間の短縮などの嬉しいことも多いため、なかなか“自まつげだけ”の状態に戻せなくなる人も多いと思います。

 

しかし、常にまつ毛エクステをつけている状態は、自まつげにとって良い環境とは言えません。

 

繰り返しまつ毛エクステを付け続けていると、自まつげが弱くなり毛一本一本が細くなってしまいます。

 

そうならないようにたまにはエクステからまつ毛を休ませてあげて、まつ毛ケアをする時期を作るようにすることが大切です。

クレンジングの際に注意するポイント

まつ毛エクステをつけている人は通常のクレンジング方法とは異なります。

 

目元のメイクを落とす際に手の腹を使ってくるくると落とすのが一般的ですが、なるべく手短かにするのがポイントです。

 

まつ毛エクステに触れている時間が長いと摩擦で抜け落ちてしまう可能性が高いので、目元を落とす際には先に綿棒で落とせる部分は落としておくようにしましょう。

 

そしてすすぎの際もまつ毛エクステの部分にあまり水圧をかけないように優しくすすぐのがポイントです。

 

顔を拭く際も優しくポンポンとまつ毛エクステの水気を切るようにして、小さなコームなどでまつ毛エクステを整えてからドライヤーなどで乾かすといいでしょう。

まつげエクステをしてる場合のクレンジング方法

 

まつ毛美容液編

まつげ美容液を塗ってるところ

まつ毛美容液は、まつ毛や目元にうるおいを与え、まつ毛に栄養を与えてまつ育をしながらハリやコシのあるまつ毛に導いてくれるものです。

まつげ美容液のメリットとデメリット

まつ毛美容液のメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

メリットその1  目元にうるおいを与えてくれる

まつげ美容液には保湿成分が多く含まれているので、目元にうるおいを与えることでまつ毛の毛根付近の皮膚を保湿し、まつ毛の生育に必要な栄養を行き渡らせやすくしてくれます。

 

商品によってはアイクリームのようにまぶたにも使用できるものもあるので、目元全体を乾燥から守って美しく保つことができます。

 

メリットその2  目元の血行を良くしてくれる

多くのまつげ美容液は血行を促進する成分が含まれていて、これにより目元の血流を改善できれば、毛根に栄養を存分に届けやすくなります。

 

そのおかげで太く丈夫なまつげが成長してくれるので血行促進はとても重要です。

 

メリットその3  コーティング作用がある

まつ毛美容液をつけることでまつ毛一本一本に存在感が増し、全体的に濃く見えるので、コーティング作用があります。

 

しなやかなまつ毛をサポートする効果も期待できるので、まつ毛がパサパサして弱っていると感じたときに効果的です。

 

メリットその4  誰でも気軽に買える

まつ毛美容液は医師の処方せん不要でどなたでも気軽に購入して使えます。

 

商品によっては医薬品であり、副作用を心配されるものもありますが、市販で売られているものは基本的に安全に使えます。

 

メリットその5  自宅で簡単にケアできる

まつ毛美容液を使ったケアは、まつ毛や目元に塗るだけの簡単なものです。

 

まつ毛エクステのようにサロンに通ってメンテナンスをする必要も無く、すべて自宅で短時間で済みます。

 

〜メリットまとめ〜

・まつ毛だけでなく目元のケアもしてくれる

・いつでも好きな時に買える

・サロンに行かなくても自宅で出来る

 

デメリットその1  即効性が無い

まつ毛美容液を使って効果を実感できるまでにはある程度の期間が必要になります。

 

使ったからといってすぐにまつ毛が伸びるわけではないので、即効性には欠けます。

 

効果には個人差があるので、たとえばまつ毛に対して今まで何のケアもしていなかった方で、使って数日で変化を感じた方や、1~2ヶ月の使用でやっと効果を感じ始めた方など、さまざまです。

 

デメリットその2  継続しなければならない

まつげ美容液はサロンに通ったりしなくてもいい代わりに、毎日自分でケアを継続する必要があります。

 

一日塗って、塗らないで、塗ってを繰り返してもなかなか効果が出ないので継続するのが難しい方には不向きかもしれません。

 

デメリットその3  効果に個人差がある

まつ毛エクステなら、施術してもらえば誰でも間違いなくまつ毛が増えて見えますが、まつげ美容液の効果は個人差があります。

 

なので違いを感じられる人もいれば、残念ながら全く感じられない人もいるので必ず効果を出したいという方には期待外れということもあるかもしれません。

 

デメリットその4  目元に副作用が起こることがある

まつげ美容液は化粧品なので基本的に副作用の心配がありませんが、肌に合わずにかぶれを起こしてしまう場合があります。

 

特に目元の皮膚は薄いため化粧品の影響を受けやすい部分なので、かぶれを経験したことがない方でも、一度パッチテストを行うことをおすすめします。

 

デメリットその5  効果の高いものほど価格も高い

まつげ美容液は安いものから高いものまでさまざまありますが、本当にまつ毛に良い成分を使いたい思うとそれなりに値段が高くなってきてしまいます。

 

まつ毛のトリートメント効果だけでなく、まつ毛の量を増やしたい、長く太く伸ばしたいとお考えの方は価格よりも成分を気にしてまつ毛美容液を選ぶようにしましょう。

 

デメリットその6  使用を中止すると元通りになる

まつ毛美容液はケアを行っている間はまつ毛を健やかに保つことができますが、やめてしまうとすぐに元通りになってしまいます。

 

これは、まつ毛が髪の毛と違って生え変わりの周期が短いからです。

 

なのでケアをやめてしまうと数ヶ月後には間違いなく元通りの状態に戻るでしょう。

〜デメリットまとめ〜

・継続しなければ意味が無い

・目元に副作用が起こる人もいる

・効果があるとは限らない

 

まつげ美容液をおすすめ出来る人

・継続して使うことができる人

・すぐに効果が出なくてもあきらめない人

・すっぴんでもまつ毛を綺麗にしておきたい人

 

まつ毛美容液で結果を出すためには継続が最も大事です。

 

毎日普段のスキンケアのように欠かさずつけることで綺麗なまつ毛へと生まれ変わることができるので続けられる人におすすめです。

 

まつ毛美容液をおすすめ出来ない人

・即効性を求める人

・まつ毛エクステのような綺麗な仕上がりを求める方

・あきらめやすい人

まつ毛エクステのようにすぐに見栄えがよくなるわけではなく、まつ毛が伸びるという保証もないので、即効性を求める方にはおすすめできません。

 

まつげ美容液の注意点!

まつげ美容液に配合されている成分は、まつげの成長をサポートするものやまつげに必要な栄養を与えるものなど、様々な働きかけをします。

 

その中でも効果が高いものほど成分が高濃度で配合されているため、使用回数をしっかり守る必要があります。

 

1日に何回もまつげ美容液を過剰に使用しても効果が早まるわけではありません。

そうするよりも、使用回数を守り、根気良く毎日まつげのケアを続けていくことが、理想とするまつげに近づくための近道になります。

 

またまつげ美容液には、様々な成分が配合されているため保管の仕方がとても大切なので、まつげ美容液を直射日光の当たる場所に放置してはいけません。

 

直射日光を避け、まつげ美容液の変質を防ぐようにしましょう。

 

おすすめのまつげ美容液

まつ毛美容液にもたくさんの種類がありますが、とくにおすすめの3つのまつ毛美容液をご紹介します。

《エマーキット》

エマーキット

エマーキットの名前の由来は、「デカ目」というローマ字の逆さ読みからきていてその名の通り「デカ目」が期待できるまつ毛美容液です。

 

有効成分を高濃度で配合しているため、映えるまつ毛を本気で追求して開発されており、多数の女性誌でも「とにかく伸びる!」と紹介されていて、多くの芸能人にも愛用されている実力派です。

 

まつ毛のダメージを防止してくれて、ハリツヤのある健康なまつ毛を育み、皮膚にうるおいを与えながら滑らかに整えて、まつ毛の健やかに保ってくれます。

体験レビューはこちらから↓

《リバイブラッシュ》

まつ毛にハリやコシを与え健やかに保ち、うるおいやツヤを与えしなやかにする、新発想のまつ毛美容液になります。

 

まつ毛の補修を助けて保護してくれるので裂毛や切れ毛を防ぎながら、まつ毛のハリ、コシ、ツヤ、しなやかさをサポートする成分が含まれているのでまつ毛を綺麗に育ててくれます。

 

19種類の無添加処方なので敏感肌の方にも安心して使用でき、品質においては、3年連続でモンドセレクション金賞を受賞するなど高く評価されているまつ毛美容液です。

体験レビューはこちらから↓

 

《ボニーラッシュ》

ボニーラッシュの本体とパッケージ

まつ毛にハリコシを与え、目元にうるおいを与える成分が配合されているためまつ毛のボリュームアップが期待されるまつ毛美容液です。

 

一本でまつ毛美容液、眉毛美容液、マスカラ下地の3役としても使える多機能なところが人気の秘訣です。

 

また高濃度な美容成分にもかかわらず、14種類もの無添加処方と安全性を確かめるテストも実施されているので、肌の弱い方でも安心して使用できます。

 

実際にまつ毛美容液を使ってみてまつ毛は伸びた?

 

以前はまつ毛エクステを続けてつけていたので、自まつ毛がスカスカになり一本一本も細くなっていました。

 

まつ毛を増やさないとまつ毛エクステをつけられる本数も限られてしまうので、これを機にまつ毛美容液を使ってまつ育をしてみることにしました。

 

大体2ヶ月程使用したまつ毛の変化がこちらです。

まつ毛の変化

まつ毛にハリが出て一本一本がしっかりしており、長さも伸びています。

 

自まつげがしっかりすることでまつ毛エクステをつけなくても良くなったので、今ではまつ毛美容液だけで十分なまつ毛になりました。

 

まつ毛エクステをやめて良かったことは?

まつ毛エクステが抜け落ちてくるとリペアをしに行く手間もかかっていたので、それが無くなることて休みの日が有効的に使えるようになりました。

 

またメイクを落とす際に、かなり気をつけながらメイク落とししていたのが結構面倒だったので、それが無くなって普通にメイク落とし出来るので良かったです。

 

綺麗なまつ毛を持続させるには?

まつ毛美容液を使ってせっかくまつ毛が綺麗に伸びたのに、使うのをやめてしまっては元通りになってしまいます。

 

なのでスキンケアと同様、毎日欠かさず使うものとして意識しておくことが大切です。

 

私は忘れないように枕元にいつも置いていたので、寝る前に欠かさず塗ることが出来ました。

 

いつでも綺麗な長いまつ毛を保つためには継続することが一番大切です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

まつ毛エクステにおいてもまつ毛美容液おいてもそれぞれのメリットデメリットがあることがお分かりいただけたと思います。

 

それを知った上で自分に合う方を選ぶといいでしょう。

 

どちらであってもまつ毛エクステをつけるには、しっかりした自まつ毛があることが前提なので、まつ毛が細く数が少ない方はまつ毛エクステをつけるのは難しい可能性があります。

 

なので、元々まつ毛が少なく弱い方はまつ毛美容液でまつ毛の育成をしてからまつ毛エクステをつけるかの選択をした方ががいいと思います。

 

自分に合ったまつ毛ケアを頑張っていきましょう。

 

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA