BAポーラ(POLA)アイゾーンクリームで目の下のたるみ(目袋)はどこまで変化する?

アイゾーンクリーム 目の下のたるみ(目袋)の変化

目の下のたるみ、気になったことはありませんか?

いつまでも涙袋と思っていたら、本当は老化現象の始まりの目袋だったなんて事があるかもしれません。

最近では、携帯やパソコンを日常的に使用している事が多いため、若い世代の方でも目袋が目立ち始めている方も多く見られます。

気づいた時がケアを始める一番のタイミングになりますが、貴方の目元はまだ大丈夫ですか?

 

アイゾーンクリームを手に持ったところ
美活編集部 河原 

目の下の涙袋がいつの間にかたるんだ目袋へと変化し、年齢を感じるようになりました。

この目袋があることでかなり見た目が変化し、疲れたようにも見えると共に老けて見えてしまうようになります。

女性は、いつまでも若くありたいものですよね。

しっかりと保湿ケアを行ってみても、なかなか目袋は変化してくれません。

また、正確な場所を押せていない可能性のある見よう見まねのツボ押しやマッサージなども行ってみましたが、さほど変化は見られません。

そこで、アイゾーンクリームで目の下のたるみ(目袋)ケアを行い、1ヶ月間でどれほどの変化があるか、比較しながら効果をお伝えしていきたいと思います。

 

プロフィール

【年 齢】 40代

【肌 質】 乾燥肌

【お悩み】 瞼のたるみと共に、目の下の目袋もたるんできました

ポーラBAアイゾーンクリームの成分等の記事はこちらを参考にしてみてください↓



目の下のたるみは老化の始まり

目の下のたるみはそのまま放っておくとどんどんたるんでいき、いつしかとても目立つようになります。

目の周りの筋肉を支える、眼輪筋が衰えると眼球の周りの脂肪を支えることが出来なくなり、眼窩脂肪が目の下の皮膚を押し出し前面に飛び出してきます。

この眼窩脂肪が表出してくるたるみを目袋といい、老化現象の現れになります。

 

年齢を重ねると出来ると思いがちな目の下のたるみの目袋ですが、近年ではパソコンや携帯などを日常的に使用することから、目を酷使しています。

そして、一点を見続けることで目の周りの筋肉が固まり、眼球を支える筋肉が衰えることで目袋が出来てきます。

 

老化とは、実年齢ではなく肌の年齢になり、筋肉が衰えれば実年齢が若くても老化の道を辿っていきます。

そのため、どの年代でも目袋が出来るようになり、若い世代の方にも目袋が出来る方が多くなりました。

商品が届きました

商品   19,440円

手に持った感じ アイゾーンクリーム

手のひらからはみ出るほどの大きさで、内容量が26gになります。

こちらのアイゾーンクリームを朝晩使用すると、約2か月間使用することが出来ます。

 

未開封シール

未開封シール アイゾーンクリーム

スキンケア商品は開封後ずっと使用できるわけではなく、ある一定の期間を過ぎると成分が酸化するなど肌に悪影響を及ぼす事もあります。

そのため、未開封シールがあることでいつ開封したかなどの不安がなくなり、安心感が持てます。

 

さらに、アイゾーンクリームは現在模造品が出回っており、そのクリームには眼輪筋に効果のある成分が配合されていません。

そのため、公式サイトから購入することが一番の安心材料になります。

たるみに効果のある主要成分

ポーラオリジナル複合成分CFエキス

※マロニエ

※マドンナリリー根エキス

これらの成分は目の周りにある筋細胞に働きかけ、眼輪筋を構成する主要タンパク質のMYH2(ミオシンヘビーチェーン2)の生成を高める効果があります。

眼輪筋を強化することで目元のくぼみやたるみ、目袋が改善され、目元の形状が変化していきます。

さらに、目の下のたるみには眼窩脂肪を支えるため乗弾力も必要になりますので、肌の保湿も大切になります。

アイゾーンクリーム 保湿成分

実際にアイゾーンクリームを使用してみました

テクスチャー

テクスチャー 動画 アイゾーンクリーム

チューブの口が小さいため、クリームを出すときに若干の抵抗がかかり、力を入れて出さないといけません。

しかし、若干出しづらいですが、クリーム自体が硬いというわけではありません。

 

アイゾーンクリーム テクスチャー

クリームを塗ると、スッと滑らかにクリームが潰れていくのがわかるでしょうか。

テクスチャーはとても柔らかく、肌に抵抗なく塗ることが出来ます。

 

アイゾーンクリームを塗ったところ 動画

クリームを広げていくとスッと浸透していき、肌がキラキラし保湿されているのが分かります。

実際の目もとに塗る場合は、一番力が入らない薬指で塗りましょう。

そうすることで、摩擦を減らし目元のシワを作る原因も軽減することが出来ます。

 

クリームのテクスチャーと塗り広げた時の肌の状態はみることが出来ました。

しかし、目元に塗りますので、その後のメイクノリも気になるところです。

 

クリームがべたつくと、目もとのメイクがよれたりしてしまいます。

そこで、べたつきがどれほどあるのかも確認してみました。



紙吹雪でべたつき度チェック

【チェック方法】

1.あぶら取り紙を3種類準備し、同じ大きさになるように丸く切ります。

2.手の甲に、アイゾーンクリームを塗ります。

3.丸く切ったあぶら取り紙を、手の甲に振りかけます。

4.手の甲を裏返し、あぶら取り紙を落とします。

この時、手を振ったり叩き落としたりしてはいけません。

あくまでも自然に落ちるだけを落としていきます。

 

※実際の試している動画はこちらをご覧ください。

アイゾーンクリームべたつき度 動画

 

手の甲にはあぶらとり紙はほとんど付かないことが、この動画で分かります。

そのため、保湿はしっかりとされますが、べたつきはさほどないと感じます。

実際に、指で手の甲を触ってもべたついているという感じはありませんでした。

 

使用方法

アイゾーンクリーム 使用する順番

アイゾーンクリームは、お手持ちのスキンケア商品にプラスして使用することが出来ます。

ローション、エッセンス、ミルクなどを使用後、アイゾーンクリームをご使用ください。

その後に、クリームで肌に蓋をし、保湿成分を肌内部に閉じ込めます。

1回の使用量の目安

1回の使用量の目安 アイゾーンクリーム

1回の使用量がみて分かるように、チューブの口が丸くなっています。

真珠1粒分と言われてもよくわからないので、こうした小さな心づかいが使用する量が分かりやすく、嬉しいですよね。

実際に使用してみた動画がこちらになります

 

アイゾーンクリーム 使用動画

1.目元にアイゾーンクリームを6点置きします

2.目頭~目尻に向かってゆっくりと薬指で塗ります

※薬指で塗る理由は、一番力が入らない指が薬指になるためです

3.目尻で肌の形状記憶のため、3秒キープさせます

クリームをなじませたら終了です。

 

では、まずは私の目の下のたるみを確認してみましょう。

1日目

アイゾーンクリーム 目の下のたるみ1日目

目の下が腫れぼったくなり、目袋が垂れてきているのが分かります。

以前、ザ・アイクリームを使用した時に、この目袋が持ち上がり見た目に変化があったことは既に実証済みですので、今回もアイゾーンクリームを使用しこの目袋が持ち上がることで、かなり目元に変化が現れることがわかります。

 

さらに今回は、瞼にもアイゾーンクリームを使用していますので、さらなる変化が期待出来ます。

7日目

アイゾーンクリーム 目の下のたるみ7日目

アイゾーンクリームを使用してから1週間経過しました。

目袋のシワは若干薄れてきています。

そして、ほんの少し目袋が持ち上がってきた気がしますので、1日目と比較してみました。

 

1日目と7日目の比較

アイゾーンクリーム 1日目と7日目の比較

こうして並べてみると、1日目より7日目のほうが目袋のシワも薄くなり、目の下の腫れぼったさも軽減してきています。

肌の弾力がアップすると共に眼輪筋が徐々に鍛えられ、眼窩脂肪を押さえ込む力が備わってきたんですね。

1週間でここまでの変化がありますので、引き続き使用することで1ヶ月後の効果がさらに楽しみになります。



14日目

アイゾーンクリーム 目の下のたるみ14日目

2週間経過しました。

こうしてみると、目袋のラインはまだまだ斜めに下がっています。

毎日のアイゾーンクリームの使用で、変化は出てきているはずなので比較してみました。

1日目と14日目の比較

アイゾーンクリーム 1日目と14日目の比較

今週は目の下のラインにはさほど変化が見られませんでしたが、先週は下がりきっていた目袋が一気に持ち上がったことで変化が強く見られたのかもしれませんね。

しかし、先週に引き続き目の下の膨らみが小さくなってきています。

 

まだ使用開始から2週間ですのでここで変化がないと諦めるのではなく、まだ2週間しか使用していないという気持ちで引き続き使用していきましょう。

あと2週間でどれくらい変化が現れるのか、まだまだ期待は膨らむばかりです。

21日目

アイゾーンクリーム 目の下のたるみ21日目

3週間経過しました。

なんだか、目袋のラインが丸くなってきたように感じます。

先週より持ち上がってきたのかな?

1日目と比較してみることにしました。

 

1日目と21日目の比較

アイゾーンクリーム 1日目と21日目の比較

見てください!

目袋のラインに変化が出てきました。

斜めに下がっていた目袋のラインでしたが、ほんの少しだけ丸みを帯びふっくらと持ち上がってきています。

さらに、目袋のシワが軽減し始めてきています。

 

ラインの切れ目がわかりやすいように敢えてシミが分かるように画像を撮ってあるのですが、中央にある大きめのシミ付近の目袋のラインの切れ目が薄くなってきています。

3週間目にして、目袋が持ち上がりシワも薄くなってきていました。

残り1週間、どこまで目元に変化が現れるのでしょうか。

28日目

アイゾーンクリーム 目の下のたるみ28日目

あれ?

なんだか先週からかなり変化がありませんか?

目袋のラインがさらに丸みを帯び、薄くなっています。

1日目と比較して確認してみましょう。

 

1日目と28日目の比較

アイゾーンクリーム 1日目と28日目の比較

やはり、かなり変化がありました。

目袋のラインも短くなってきていますし、目袋自体が丸みを帯びて持ち上がってきています。

目袋が持ち上がり瞼も持ち上がってきていますので、もう以前のように老けて見えたり眠そうに見えることもありません。

さらに、アイゾーンクリームは以前のザ・アイクリームより即効性があり、早い段階から目元の変化を見ることが出来ました。

この即効性も嬉しい効果の一つになります。

まとめ

約1ヶ月間のアイゾーンクリームの使用でここまでの変化を見ることができました。

目の下の膨らみも減り、眼輪筋を強化することでここまでの効果をもたらすアイゾーンクリーム、とても凄いですよね。

 

また、目袋だけでなく瞼のたるみやシワも改善されていますので、こうして目元をみると静と動、活力がある目とない目のように見えてきます。

毎日朝晩のアイゾーンクリームの使用で他には特に何も行っていませんでしたが、ここまでの変化をもたらすことができました。

そして、以前のザ・アイクリームは約2ヶ月で効果を実感出来ていましたが、アイゾーンクリームはその半分の1ヶ月でここまでの効果を見ることが出来ましたので、即効性がある事も分かりました。

 

このまま継続して使用することで老けて見える原因だった目袋や瞼のたるみもさらに軽減され、見た目から若々しくなれること間違いなしですよね。

毎日のスキンケアにプラスするだけでこれほどの変化をもたらす事が出来るアイゾーンクリーム、ザ・アイクリームよりもコスパも良くなっていますし即効性もあります。

目元が気になる方は、是非一度お試ししてみたくなりませんか?

まぶたのシワの効果を体験した記事はこちらを参考にしてみてください↓

まぶたのたるみの効果を体験した記事はこちらを参考にしてみてください↓

ザ・アイクリームの実際に使用した体験の記事はこちらを参考にしてみてください↓

 

他のアイクリームの体験レビューはこちらから↓

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA