口コミで評判のBAポーラの目元用アイゾーンクリームってどんな効果があって何が凄いの?

最近、以前に比べると目が小さくなってきた気がする。

実年齢より老けて見られるようになってきた。

笑いジワが気になりだし、笑顔がぎこちなくなってしまいます。

最近、よく「眠いの?」と言われるようになってきた。

最近、クマが酷くなってきたような・・・。

 

これらの症状は、全て目元のケアが不十分なために起こりやすいと言われています。

 

目元のケア、していますか?

目元は第一印象を左右するパーツの一つと言われ、さらに年齢を判断するパーツともいわれています。

目元で見た目が変わります 

こちらの画像は、同じ人物で目もとを画像修正したものになります。

AとBを比べてみると、目元が変わるだけでBの方がなんだか老けて見えませんか?

まぶたがさがり、目もとが小さくみえ、なんだかたるんでいるように見えます。

そして、目のシワもあります。

 

この目元の変化で、いかに第一印象や見た目が変わるか一目瞭然になります。

実際の年齢が若くても、目もとがたるんだりシワがあったりするだけで、実年齢より老けて見えてしまうんですね。

 

「年相応にみられたい。」

「欲を言えば、実年齢よりも若くみえたらなお嬉しい!」

その願望を叶えるには、目もとのケアをしてあげることがとても大切になります。

目もとケアってどうすればいいの?

目元のケアをするのが大切なのはわかりますが、いったいどうやってケアをしてあげたらいいのかな?

数あるケアの中で、どのケアが効果があるのかな?

1番大切なのは保湿

様々な疑問が出てきますが、一番は保湿をすることが大切になります。

しわが目立つのはどっち?

こちらは、一度手の中で丸めてから広げたものになります。

乾いた箱ティッシュより、ウェットティッシュの方がシワが目立ちません。

 

このことからわかるように、肌が潤うことでシワになりにくく目立ちづらくなります。

そのため、目元のたるみやシワなどには保湿がとても大切になります。

 

アイゾーンクリームにはとてもたくさんの保湿成分が使用されていますので、もうそれだけで第一段階はクリアになります。

アイゾーンクリームの保湿成分 

保湿についての説明がされている記事がこちらにありますので、参考にしてみてください↓

そして、保湿以外にも大切なのが目の周りにある眼輪筋になります。

眼輪筋にアプローチすることで目力アップ

 

眼輪筋の位置の画像

眼輪筋は目の周りの筋肉のことをいい、加齢に伴い薄くなっていきます。

すると、目の周りを取り囲む眼窩脂肪(がんかしぼう)をせき止めることが出来ず、目の周りのくぼみやまぶたのたるみなどの形状に変化が起きてしまいます。

眼輪筋の説明

目の周りがくぼんだりたるんだりすることで、目もとのハリがなくなりシワが出来やすくなり、まぶたが下がってきたりします。

また、目の下の筋肉もたるむと眼窩脂肪が前に飛びだしてきてしまい、陰影によりクマが出来ます。

 

これらのことから、目もとのケアには眼輪筋にアプローチすることが大切になると考えたポーラは、この眼輪筋細胞の本来の力に着目し研究を進めてきました。

そして、眼輪筋を構成する主要タンパク質のMYH2が少なくなることで目もとのくぼみやたるみなどの形状変化が起こると考え、そこに重点を当てて完成したものがアイゾーンクリームになります。

加齢にともない減少するMYH2の表

 

保湿と眼輪筋にアプローチし、BAの基本理論「ジェネシスバイオアクティブ理論」に加え、「アイコアフォーミング理論」を新たに提唱しました。

 

ジェネシスバイオアクティブ理論

肌の土台であるバーシカンに着目し、赤ちゃんの肌のようなハリや弾力のある肌を目指す理論

 

アイコアフォーミング理論

目元の構造の特徴に着目し、目元を潤いで満たしハリを作り立体的な目もとを目指す理論

 

そのため、アイゾーンクリームにはポーラオリジナル複合保湿成分CFエキスのほか、BAに配合されているBAコアリキッドやゴールデンLP、YACエキス、EGクリアエキス、クジンエキスクリアなども配合されています。

 

CFエキスとは、筋肉を構成する筋細胞に働きかける「マロニエ」と「マドンナリリー根」を独自複合した成分になります。

眼輪筋に使用することで、先ほど説明したMYH2(ミオシンヘビーチェーン2)を作る働きを高めることが出来る成分になります。

加齢にともない減少するMYH2の表

BAの基本理論や成分についての詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください↓

配合成分

アイゾーンクリーム

潤いによるハリ感で立体サポート

・複合保湿成分CFエキス

・BAコアリキッド

・ゴールデンLP

・月桃葉エキス

・テンションオイル

 

肌の糖化ケア

・EGクリアエキス

 

透明感をサポート

・YACエキス

・クジンエキスクリア

・アケビ茎エキス

・マジョラムエキス

・アルニカエキス

 

全成分は下記になります↓

水、シクロペンタシロキサン、グリセリン、ジグリセリン、PEG-10ジメチコン、BG、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ワセリン、ジメチコン、水添ポリデセン、水添ポリイソブテン、ジステアルジモニウムヘクトライト、マルチトール、PEG-75、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、イガイグリコーゲン、マドンナリリー根エキス、チョウジエキス、マロニエエキス、アルニカエキス、ヘチマエキス、レンゲソウエキス、イザヨイバラエキス、マヨラナ葉エキス、アケビ茎エキス、クララ根エキス、ヨモギエキス、ゲットウ葉エキス、加水分解シルク、加水分解コンキオリン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、エチルヘキサン酸セチル、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ステアリン酸スクロース、水添レシチン、エタノール、パルミチン酸スクロース、セタノール、ベヘニルアルコール、オレイン酸ポリグリセリル-2、カルボマー、トコフェロール、水酸化K、キサンタンガム、アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム、(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

アイゾーンクリーム 成分

BAバイオアクティブ理論により、目元の肌を足場から作りなおしボリューム感を演出することで、見た目印象や見た目年齢に変化をもたらすことが出来ます。

 

目元のボリューム感、ハリ感アップ

アイゾーンクリームには、3Dメモライズ処方が使用されています。

3Dメモライズ処方とは、オイル・水・オイルの3層構造で、3回の異なる感触の変化によりハリ感や浸透力を従来のザ・アイクリームの1.5倍まで引き上げることが出来る処方になります。

1.コク感

コクのあるクリームが肌にピタッと密着し、指を滑らせた方へ肌をきゅっと引き上げていきます。

アイゾーンクリーム コク感

そのため、目もとに塗る時はこめかみで3秒キープし、形状記憶させます。

アイゾーンクリームを塗って、こめかみで3秒キープ! 

2.浸透感

オイルに包まれたたくさんの水分が一気に弾け、みずみずしい触感に変化します。

アイゾーンクリーム 浸透感

目もとは、皮脂腺が少ないため乾燥しやすい部分と言われています。

そのため、しっかりと保湿してあげることが大切になります。

3.密着感

外側のオイルが肌を持ち上げることで目もと全体をきゅっと引き上げキープし、ふっくらとしたハリのある肌へ変化していきます。

アイゾーンクリーム 密着感

肌深部までしっかりと美容成分を浸透させることで、目元にハリと潤いを与えます。

 

1か月後の変化が楽しみになります

アイクリームは、頬よりも薄いと言われる目元に塗るクリームになりますので、摩擦が起こらないよう滑りの良いことが大切になります。

アイゾーンクリームのテクスチャー動画

 

アイゾーンクリームの利点

濃密なコク感で摩擦を感じることなく、しっとりと肌を滑らせることができます。

肌へしっかりと密着することで潤いが増します。

使用していく過程で変化を見ることができます。

 

毎日使用するものになりますので、香りも大切になります

ポーラの香りは苦手と言われる方もみえますが、内なる力を開花させるようなフローラルウッディの香りを採用しており、この香りはBAでも使用されている香りになります。

 

朝晩のスキンケア後に使用し、目もとケアを行いましょう

アイゾーンクリームの使用する順番

お手持ちのスキンケア商品のミルクのあとに使用しましょう。

ローションやエッセンスで水分を肌に浸透させ、アイゾーンクリームで目の周りを覆い形状記憶させ、さらに肌の土台に働きかけ保湿を促します。

その後、水分が蒸発しないようにお手持ちのクリームを使用して肌を整えます。

 

使用量 

朝:両目 クリームの口1つ分

夜:片目 クリームの口1つ分

 

アイゾーンクリームの口元

 

レチノール不使用で、敏感肌にも優しい

敏感肌の方はシワやたるみに効果のあるレチノールの成分が、肌に合わない方もみえるのではないでしょうか。

 

レチノールとはビタミンAの一種

線維芽細胞を活性化させることでコラーゲンを産生することが出来ます。

肌のターンオーバーを正常に整えシワやたるみなどに効果があります。

エイジングケアに最適な成分になります。

 

しかしその反面、レチノールは副作用も強く、乾燥肌や敏感肌の方には刺激が強すぎ、肌が赤くなったり腫れてしまうことがあります。

そのレチノールが不使用のアイゾーンクリームは、敏感肌の方にも安心して使用して頂くことが出来るアイクリームになります。

 

レチノールの詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください↓

アイゾーンクリームはお手頃?

アイゾーンクリーム 本品

用  量 26g

価  格 19,440円(税込)

使用期間 約60日

無着色

アレルギーテスト済

 

ポーラ アイゾーンクリームは、以前のザ・アイクリームから2018年10月1日にリニューアルし価格も安くなり用量も増えています。

 アイゾーンクリームザ・アイクリーム
価格
(税込)
19,440円21,600円
用量26g18g

そのため、以前よりお買い求めしやすくなっています。

 

ザ・アイクリームの使用感はこちらから確認できます↓

今までポーラ商品は敷居が高いと感じていた方も、若干手を出しやすくなってきた価格なのではないでしょうか。

毎日朝晩に使用し、約2か月使用することが出来ます。

目もとは第一印象や見た目年齢を左右するパーツになります。

 

1本で2か月使用し、第一印象や見た目年齢を変化させることができるならば、何年後、何十年後の自分を想像して考えてみましょう。

目もとケアをしていない場合、見た目年齢はどうなっているでしょうか。

また、シワやたるみにも大きく変化していることでしょう。

 

そう考えると、今気になった時が目もとケアを始めるいいきっかけになります。

とはいっても、初めて使用するものに約2万円の商品を購入するのも躊躇われるのもわかります。

 

そうした場合は、一度ポーラカウンターに足を運んでみてはいかがでしょうか。

アイゾーンクリームのテクスチャーや使用感をお試ししてから考えても良いと思います。

運がよければ、サンプル品が頂けるかもしれません。

 

おすすめできる人

・目のハリがなくなってきた方

・まぶたが下がってきた方

・シワやたるみが気になりだした方

・くすみが気になる方

・クマが気になる方

・レチノールが使用できない方

・敏感肌、乾燥肌の方

・パソコンや携帯を使用することが多い方

 

おすすめできない方

・目もとケアに興味がない方

・フローラルウッディの香りが気になる方

・しわ、たるみ、クマなど気にならない方

・高額商品だからと敬遠してしまう方

 

まとめ

従来のザ・アイクリームの理念を生かしたまま、さらに新たな理念を提唱し潤いによるハリ感で立体的な目もとを目指しています。

そのため、目を酷使したり加齢により眼輪筋が薄くなってしまった方でも、眼輪筋に直接働きかけることで目もとを立体的に魅せる事ができるようになりました。

 

眼輪筋に変化があることにより目もとのシワやたるみが軽減され、陰影によるクマへの効果も期待できます。

これらの目もとへのアプローチにより、「眠たそうな目元」「老けた印象を与える目元」「最近、シワが気になりだしてきた」などの目元の悩みから解放され、年齢を感じさせない目元へと変化していきます。

 

目元が変化すれば年相応にみられ、さらには実年齢より若く見られることも不可能ではありません。

目元が変われば自分に自信を持つことが出来ますし、それによって日々が充実したものに変わりますよね。

 

1日に計算したら324円で毎日の目元ケアをすることができ、そのケアによりいつまでも若々しく、第一印象や見た目年齢をも若返らせる目元を手に入れることが出来ます。

 

1年後、5年後、10年後の自分を想像してみてください。

いつまでも若々しくみられたいと思うのは、女性なら誰しも思うことですよね。

それには、目もとケアが大切になります。

 

アイクリームにはとてもたくさんの種類があり、ご自身にあった商品選びをすることも大切になりますので、その中の1つの選択肢としてアイゾーンクリームのご使用を考えてみてはいかがでしょうか。

実際に使用した体験の記事はこちらになりますので、参考にしてみてください↓

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA