美白クリームの正しい選び方とおすすめの人気ランキング!

女性

「肌を白くしたい」

「シミのケアをしたい」

 

女性にとって白くて綺麗なお肌は憧れですよね。

そんなお肌になるために、まず必要なのが〝美白ケア〝です。

 

お肌を美白したい方や、シミが気になっている方にとって美白化粧品は必需品だと思います。

美白化粧品といっても、化粧水や乳液、美容液、クリームなどさまざまな種類がありますが、今回はスキンケアの一番最後の役割でもある、クリームについてお話ししたいと思います。

美白クリームとは?

女性

美白を目指している方にとって、アイテムの一つに美白クリームというものがあります。

普段なにげなく使用している方も多いと思いますが、美白クリームとはどんな役割があるものなのでしょうか?

 

美白クリームといえば肌を白くするような印象があると思いますが、それだけではありません。

肌を白くする以外にも、肌に良い効果をもたらしてくれる美容アイテムになります。

 

美白クリームの中でも種類がいくつかあり、一般的にはシミの元となるメラニンの生成を抑えるためのクリームとして知られています。

他にも、紫外線の影響を受けて黒くなった肌を本来の白い肌に戻すという作用や、肌をトーンアップすることでシミやソバカスなどを薄くしたりする作用があります。

美白クリームができること

・メラニンの生成を抑える

・メラニンの排出を促す

・肌を明るくする

・シミができにくい肌にする

 

 美白クリームができないこと

・定着してしまったシミの改善

・肌を元以上に白くする

・シミを一瞬で消す

 

美白クリームといえば、シミが消えると考える方も多いと思いますが、一瞬でシミを改善することはできません。

 

とくにはっきりとしたシミは美白クリームではなかなか改善するのは難しいです。

しかし薄いシミなどは継続して使用することで効果を実感することが可能です。

美白クリームの正しい選び方

女性

美白クリームにはたくさんの種類がありますが、どうせ使うのなら効果のあるものを使いたいですよね?

そこで覚えておきたい重要なポイントがいくつかあるのでご紹介します。

医薬部外品のものを選ぶ

美白クリームに『美白もしくは医薬部外品』とちゃんと表記してあるかがポイントです。

基本的にはこの2点が表記してあることで、安全性と効果を期待できるものと言えます。

 

医薬部外品とは、国から一定の効果を認められた成分が配合されているもののことです。

化粧品と医薬品の中間だと思ってもらうのが分かりやすいですね。

美白における医薬部外品の効果として次のようなものがあります。

 

・シミの元となるメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑える

・メラニンの排出を促進する

 

一般の化粧品成分よりも、美白に対して優れた効果が期待できるのが特徴です。

美白成分にも注目して選ぶ

ここでは薬局などで美白クリームを選ぶ際に、役に立つ成分をご紹介しますね。

よく見かける成分もあると思います。

その成分の役割をちゃんと理解しましょう。

ビタミンC誘導体

美白化粧品にはかかせない成分の1つである、ビタミンC誘導体とはビタミンCを肌が吸収しやすいように改良した成分です。

ビタミンC誘導体は次のような効果が期待できます。

 

・メラニンの生成を抑制する

・できてしまったシミを薄くする

 

アルブチン

チロシナーゼに直接作用してメラニン色素の生成を抑えます。

チロシナーゼ酵素とは、メラニン色素が作られるときに欠かせない成分です。

つまりはメラニン色素の元といえるでしょう。

 

アルブチンはそのチロシナーゼ酵素に直接働き掛けるため、美白に効果があるといえます。

 

コウジ酸

味噌や日本酒を作る人々の、手が白くてキレイということから発見された成分です。

チロシナーゼの働きを阻害してメラニン色素の生成を抑制します。

 

カモミラエキス(カミツレエキス)

エンドセリンというメラノサイト(色素生成細胞)に「メラニン色素を作れ」と指令を出す物質を抑制する効果があります。

 

つまりは、司令塔を抑制してしまえばメラニン色素が作られることはありません。

根本に作用する、心強い成分です。

ここでは、よく見かける成分を4つほど紹介しました。

この4つだけでも、働きが違うことが分かっていただけたかと思います。

 

より美白を目指したい方はハイドロキノン配合化粧品を選ぶ

ハイドロキノンは肌の漂白剤といわれているほど美白成分として効果が高いです。

ハイドロキノンは次のような効果が期待できます。

 

・シミ、肝斑、そばかすなどを薄くする

・美白効果が高い

 

ですが、ハイドロキノンは刺激のある成分なのでまずは配合率が2%以下のものでパッチテストが安価に出来るトライアルセットから使い出して行くことをオススメします。

関連記事↓

 

美白クリームを選ぶ時の注意点

美白クリームを選ぶ時に美白に効果的な成分が配合されているものを選ぶのはもちろんですが、いくつかの注意点があります。

1  保湿成分も重視する

美白クリームなので美白成分と同様に保湿成分もとっても重要になります。

肌が乾燥しているとキメが乱れて肌表面に凹凸ができてしまいます。

 

その凹凸に光が反射して、肌がくすんだように見えてしまうため、肌がしっかり保湿されている方が美白効果も実感しやすくなります。

 

そのため、保湿効果が高い成分が配合されているものを選ぶことが大切です。

 

おすすめの保湿成分は

ヒト型セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など。

2  悩みにあったものを選ぶ

美白クリームで悩みをケアするために重要なのは、その悩みに合ったものを使用することです。

当たり前なことのようですが、実は欠かせないポイントを抑えないと意味なしケアになってしまうのです。

 

美白成分にはすでにシミやくすみになってしまっている肌を改善する効果のあるものと、現状の肌を維持しシミやくすみを予防する効果のあるものとがあります。

 

何を求めているかで適応している成分も変わってきますし、当然、使用する美白クリームも変わってくるのでとても重要なポイントです。

3  続けられる価格のものを選ぶ

美白化粧品は、使い続けることで効果を実感するものなので、効果には個人差がありますがしっかり続けて使用できる価格のものを選ぶようにしましょう。

しかし、美白クリームは高価なものが多く、高いものでは数万円するものもあります。

 

価格が高いからといって効果が高いとは限りませんので、自分が続けられる無理のない価格の中で効果的な美白クリームを選びましょう。

美白クリームおすすめ人気ランキングTOP15

ここでは美白クリームの人気が高いおすすめのものをランキング形式でご紹介していきます。

美白クリーム何を買おうか迷っている方がいましたらそれぞれの製品の特徴を解説していくので、是非参考にしてみてください。

第1位   ハイドロキノンクリーム(ホワイトクリーム) 

ハイドロキノンクリーム

美白成分として高い効果を誇るハイドロキノンは、美容皮膚科でもシミやそばかすの治療に使用されることの多い成分です。

ハイドロキノン配合の化粧品は価格が高いものが多いですが、このクリームはお手ごろなので、ハイドロキノンが気になる方はお試ししやすいクリームです。

さらにハイドロキノンの濃度が2%と比較的安全なので、はじめての方にも使いやすいクリームです。

ハイドロキノン配合クリームは美白の高い効果が魅力的ですが、使用方法を守らないと肌の赤み・かぶれなどの症状を引き起こすケースがあるので、敏感肌の方は注意が必要です。

 

第2位 肌研(ハダラボ) 白潤 薬用美白クリーム

白潤薬用美白クリーム

このクリームはアルブチンとビタミンC誘導体をW配合しているので、シミやそばかす対策として期待できます。

また高い保湿力が特徴的なので乾燥肌の方にもおすすめです。

ヒアルロン酸Na配合で肌表面がしっとりし、化粧水や乳液で与えた水分を逃さずとどめます。

美白クリームのなかでは保湿力が高いためベタつきを感じてしまうかもしれません。

 

第3位  KOSE コーセー グレイスワン 薬用 美白濃潤ジェルクリーム

薬用美白ジェルクリーム

ジェルクリームは、柔らかなテクスチャーで手軽にケアできるのに高い保湿力があります。

クリーム、美容液、パックの役割があるので寝ている間にもしっかりケアしてくれます。

年齢を重ね乾燥を感じてきた肌でもしっとり潤い、乾燥小じわなどのケアができる機能的な美白クリームです。

 

第4位  紫外線予報 薬用美白UVクリーム

薬用美白UVクリーム

日中専用の美白クリームで、UVカットをしながらスキンケアができるクリームです。

日中の紫外線と乾燥から肌を守ってくれるアイテムです。

 

この美白クリームは医薬部外品で、メラニン色素の生成を抑制するビタミンC誘導体を配合しているのでシミ、そばかす対策として期待できます。

またヒアルロン酸Na配合で水分蒸発対策としても期待できるので乾燥しない日中UVケアクリームを探している方におすすめです。

 

第5位 Pure NATURAL(ピュアナチュラル) クリームエッセンス ホワイト

クリームエッセンスホワイト

大容量なのに1,000円以下のプチプラで医薬部外品の美白クリームです。

美容液とクリームがひとつになったタイプなのでスキンケアの色々な行程が面倒という方でも手軽にケアできます。

 

この美白クリームにはビタミンC誘導体が配合されているのでメラニン生成の抑制や、過剰な皮脂分泌を抑制する効果があるため、肌表面がべたつくオイリー肌やインナードライ肌のケアにおすすめです。

 

またコラーゲンやヒアルロン酸など肌の水分を保持する働きがあるので乾燥対策だけではなく透明感のあるみずみずしい肌に導きます。

このクリームに配合されているヒアルロン酸は肌表面に潤いの膜を作るものなので角質層への浸透性は低いですが、表面をしっかり潤します。

 

第6位  キュレル 美白クリーム

キュレル 美白クリーム

無香料・無着色・アルコールフリーで刺激が気になる方でも肌をいたわりながらケアができます。

キュレルは有効成分としてカモミラETを配合しており、これはハーブとして有名なカモミールの葉から抽出されるエキスで、メラニンを作る指令を出すエンドセリンという物質の働きを抑えるものです。

 

シミ・そばかすや日焼けの元をブロックするための効果が期待できます。

テクスチャーはサラッとしていますがセラミド機能成分を配合しているため、肌の潤い感が持続します。

 

第7位  第一三共ヘルスケア トランシーノ 薬用ホワイトニングリペアクリーム

薬用ホワイトニングリペアクリーム

日中のダメージを夜寝ている間に集中ケアするタイプの医薬部外品クリームです。

このクリームにはメラニン色素を抑制するトラネキサム酸や黄ぐすみをケアできるルイボスエキスを配合しているのが大きな特徴です。

 

ルイボスエキスとはハーブティーとして有名なルイボスから抽出された成分で、抗酸化作用を持っています。

肌に潜む活性酸素を抑えることによって黄ぐすみをケアし、透明感を引き出すことができます。

塗ったまま眠れるナイトパックになるので保湿力は高めですが、ベタつかない使用感で、肌の疲れやストレスで肌がくすんでいる方におすすめです。

 

第8位  アクアレーベル ホワイトアップクリーム

アクアレーベル ホワイトアップクリーム

アクアレーベルはお手ごろな値段で、資生堂が独自に開発したトラネキサム酸を配合しており、トラネキサム酸はメラニン色素の生成を抑制してケアします。

それにプラスして抗炎症作用も持ちあわせているのがこのクリームの特徴です。

 

シミやそばかすの対策として期待しながら同時に肌荒れケアができる、それでいて続けやすい価格設定なのがありがたい美白クリームです。

2つのヒアルロン酸とアミノ酸を配合しているので保湿力が高く乾燥した肌をしっかりうるおします。

 

第9位  なめらか本舗 薬用美白クリーム

薬用美白クリーム

プチプラなのに本格的にケアができると人気が高い美白クリームです。

ライン使いしても低予算で揃えることができる手軽さが多くの方から支持されています。

 

こちらのクリームは医薬部外品で、有効成分としてアルブチンを配合しており、そのほかの成分として特徴的なのは豆乳発酵液で、これはイソフラボン由来の保湿成分を配合したなめらか本舗ならではの潤い成分です。

 

サラッとしたジェルクリームのようなテクスチャーで、オールインワンクリームとしても使えます。

さっぱりしてベタつかないので皮脂が多い肌でも快適に使うことができます。

 

第10位 ポンズダブルホワイト 薬用美白エッセンスセット

薬用美白エッセンスセット

名前はエッセンスと付けられているので美容液?と思いがちですが、化粧水と乳液で整えた後に使うクリームタイプです。

この薬用美白エッセンスセットは医薬部外品ですが、有効成分は含まれていません。

 

配合されている薬用成分はナイアシンアミドというビタミンB3で、肌荒れ対策として期待でき、そのほかの成分としてチンピエキスを配合しており潤いを与えることで透明感を引き出すのが特徴です。

 

有効成分と比べるとやや効果は劣るものの、ナイアシンアミドが配合されているため美容効果はしっかり感じられます。

肌荒れに慢性的に悩んでいる方におすすめです。

 

第11位  アスタリフト ホワイト クリーム

アスタリフト ホワイトクリーム

アスタリフト独自の有効成分であるアスタキサンチンや、保湿成分のコラーゲン、美白成分のアルブチンなどの美容成分が豊富に配合されています。

そのため日焼けやシミなどの美白対策だけでなく、お肌のハリやキメなどのエイジングケアにも効果が期待できるクリームです。

軽やかな感触のクリームがしっかりと肌の中に有効成分を閉じ込め、透明感とうるおいに満ちた肌へと導きます。

 

第12位  アルージェ ホワイトニング リペアクリーム

ホワイトニングリペアクリーム

敏感肌でも使える夜用美白クリームで医薬部外品です。

日中に受けた紫外線ダメージをケアして肌をやさしく整えます。

 

敏感肌の方にパッチテスト協力を依頼して製品化したアルージェなら、刺激が心配な方でも安心して使用できます。

アルージェの美白クリームの特徴は、有効成分だけでなく消炎成分も配合していることで、人の肌は紫外線を浴びると炎症を起こし赤くなりますが、消炎成分でケアすることにより沈静することができます。

 

日差しのダメージをケアするとともに肌荒れを落ち着かせ、健康的な状態に導く美白クリームです。

敏感肌以外の方でも季節の変わり目や生理前に肌が荒れやすい肌質の方にもおすすめです。

 

第13位  SK-II セルミネーション ディープ サージ EX

セルミネーションディープサージ

くすんだ肌色を明るくし透明感を引き出し、肌細胞を活性化させて老廃物の排出を助ける効果があります。

これがSK-Ⅱでしか得られない「オーラ美白」の特徴であり、多くの女性に支持されています。

 

ジェルクリームのような質感でベタつきにくく、朝のメイク前に使ってもメイクがヨレる心配がありません。

女性なら誰もが憧れるSK-llの美白クリーム一度は使ってみたいものですね。

 

第14位  コーセー 薬用 雪肌精 クリーム

雪肌精 美白クリーム

和漢植物の力で透明感を与えながら健康的な肌に導くクリームでビタミンC誘導体配合の医薬部外品です。

ビタミンC誘導体が持つメラニン生成を抑制する働きでシミ、そばかすやくすみの対策として期待できます。

さっぱりしたジェルのような使い心地で仕上がりは軽いですが、しっとり潤いが持続されるので、油分の多いクリームが苦手な方におすすめです。

 

第15位  オルビス(ORBIS) エクセレント・ホワイトクリーム

オルビスエクセレントクリーム

ボトルタイプなので衛生的にも良く、使用量が分かりやすいためとても使いやすいです。

またこの美白クリームは、バリア機能が弱っている肌をしっかりうるおしながら、シミやそばかすなどの対策に期待ができる便利なクリームです。

 

有効成分であるアルブチン配合で塗った直後はしっとりしますがベタつきを感じにくい使用感が特徴的で肌に優しい処方で出来ています。

 

美白クリームまとめ

女性

気になる美白クリームは見つかりましたか?

美白クリームにもそれぞれの効果が異なったり、テクスチャーなどの好みがあるので、事前に調べたり自分の求める有効成分が入っているかが、かなり重要なポイントになってきます。

 

クリームは特にスキンケアの中でも価格がピンからキリまでありますが、継続して続けやすい価格のものを選びましょう。

美白ケアは何よりも継続することが重要なので、自分の続けやすい範囲内で選ぶことが大切です。

これらのことをふまえて自分に合った美白クリームを見つけてみてくださいね。

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA