乾燥性敏感肌の人はどんなスキンケアをするのがいいの?

乾燥性敏感肌のおすすめスキンケア商品

手ごわい!乾燥性敏感肌

肌質に悩む女性

「乾燥性敏感肌」

聞いただけでケアが大変そうな肌質ですよね。

 

敏感肌って突然なることもあります。

突然のケア分からないですよね。

 

それでは説明していきます。

 

乾燥性敏感肌ってなぁに?

普段から、敏感肌で乾燥してると言う方は乾燥性敏感肌という自覚があると思います。

 

基礎化粧品がヒリヒリとしみる。

赤くなる(炎症)などの方も敏感肌です。

 

また、何だか化粧水が吸い込まれていかない。

カサカサするなどの症状も要注意です。

 

敏感肌はその時々の体調や環境によって一時的に症状がでる方もいます。

この状況に甘んじてはいけません!!

 

肌が弱っている時のケアこそが大事。

ここを怠ると今後の肌の調子にも影響が出てきます。

 

乾燥性敏感肌の原因は?

先ほども話した通り、乾燥性敏感肌原因はもともとの肌質の場合と体調や環境(暑さ・寒さ)、(空気中の乾燥)などにより症状が出る場合があります。

 

肌が乾燥すると表皮(肌の1番上の部分)が剥がれていきます。

すると肌を守っているはずの角質層にすき間ができ、水分が逃げて保てなくなります。

 

これらを繰り返していくうちに、肌のバリア機能は低下していきます。

必要な保湿成分を吸収できず、肌トラブルを招き肌荒れを起こしやすくなります。

 

そして、やがては乾燥性敏感肌に・・・

 

オススメの保湿成分

乾燥性敏感肌の改善には、バリア機能の回復が1番だと思います。

 

バリア機能の低下した肌は、角質層が剥がれてしまっている可能性が高い。

潤いをはさみこむことを考えてみましょう。

 

はさみこむ保湿成分・・・

そう!セラミドです。

 

私が化粧品の成分の勉強を始めた時に1番最初に覚えた保湿成分が「セラミド」でした。

 

潤いをはさみこめる成分なんて、とてもステキだと!!

 

それから私は「セラミド」が大好きです。

私事になってしまいますが、私は基礎化粧品を選ぶ時の優先順位はセラミドです。

 

潤いをはさみこめれば、潤いも逃げることもない。

 

実はセラミドにもいくつか種類があり、中でもおすすめしたいのは「ヒト型セラミド」です。

 

ヒト型セラミドは人が本来蓄えている、セラミドに近い構造なので肌によく馴染んでいきます。

 

表記は「セラミド1・2・3」とセラミドの後に数字が記されています。

ぜひ見つけてみてください。

こちらの記事ではもっと詳しくセラミド化粧水について解説しています↓

 

乾燥性敏感肌の方にはこの化粧水

やはり、おすすめしたいのはヒト型セラミド配合の化粧水ですよね。

 

そこで今回ご紹介させていただくのは小林製薬の「ヒフミド エッセンスローション」です。

 

まず、「ヒフミド」というネーミングに惹かれます。

いかにも効きそう!!

 

ヒフミド エッセンスローションはセラミド1・2・3とセラミドを3種類配合しています。

 

ヒト型セラミドを多く配合することにより、肌なじみもよく保湿力も抜群です。

 

ヒフミドはドラックストアでは販売されておらず小林製薬のオンラインショップで購入することが可能です。

ヒフミドエッセンスローション

1回のみのお届けだと3,240円ですが定期お届けコースだと2,851円です。

 

年間で4,668円お得になります。

 

実際ネットではオークション等でも定価より安く出ていますがいつ購入したものか、保存状態が気になります。

 

やはり、正式な小林製薬のオンラインストアでの購入をおすすめします。

乾燥性敏感肌の方にオススメはしているものの、やはり全ての方に合うというわけではありません。

まずは自分の肌に合うかどうかをトライアルキットで試して見てはいかがでしょうか?

 

ヒフミドのトライアルセットはこちらから↓



 

まきさん 40代 肌質:乾燥肌

季節の変わり目の肌荒れがひどくなったのでヒフミドを購入しました。
ストレスのもととなっていた気になって仕方ないフェイスラインや首のニキビが、すっと落ち着いてくれました。
乾燥が原因だったようで化粧水をヒフミドにしたことで水分量が上がったためか、テカリも少しずつですが、改善されているうようです。

 

 

 

~良い口コミ~

先に書くと、これは荒れ肌の救世主だと思います。

保湿化粧水には、どこまでも保湿力を求めたく、
成分表の上の方に、
吸保湿性の高いアミノ酸系保湿剤の「ベタイン」や、
吸湿性はないけど保湿力の高い、
「豆科植物の種子などに存在するビート糖副産物の糖蜜から取り出して結晶化されたラフィノース」
があったので使ってみました。

これのウリはセラミド2だけど、
化粧品の価値の一つは基剤だと思う私には、
買う時は構成そのものの方に視線が行ってしまいます。
セラミドはオマケでも良いと思うほどでした。
でも、「セラミド」と提示できる、「擬似セラミド」でも「合成セラミド」でもない
「本物のセラミド」という原料は恐ろしく高価で、
さすが製薬会社の力だと思われます。

引用元:@cosme

 

~悪い口コミ~

1本使いきりました。

ピリピリしたり、刺激はなかったのですが、浸透が遅く、何回も重ねてハンドプレスしても、肌の中が潤ってる感じが得られませんでした。

引用元:@cosme

エリクシールホワイトはこちらから

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA