ビセラ(BISERA)の正しい飲み方は?危険性や副作用はない?

ビセラの飲み方

ダイエットに効果のある、商品としてとても評判のあるビセラ。

この商品の特徴は『短鎖脂肪酸』を直接取り入れることができることにあります。

ですがこの短鎖脂肪酸の働きが分かってなかったり、一番良いタイミングで飲まなかった場合はしっかりとした効果を実感することが出来ないかもしれませんよね。

 

というわけで、この記事ではそんなビセラの正しい飲み方について解説をしていきます。

 

ビセラは配合されている短鎖脂肪酸ってなに?

短鎖脂肪酸と聞いてもどんなものなのか、なかなかイメージできませんよね。

まずは簡単に短鎖脂肪酸の働きについて解説していきますね。

短鎖脂肪酸の働き

短鎖脂肪酸のメインとなる働きは

 

・脂肪細胞への脂肪の蓄積をストップさせる

・交感神経に働きかけ代謝を活性化させる

 

このように、ダイエットにとっては欠かせない2つの効果があるのです。

 

本来であれば、食べ物を摂取したときに腸内細菌(酪酸菌)がそれらに含まれるオリゴ糖や食物繊維を餌にして短鎖脂肪酸を作り出してくれます。

これまでのダイエット商品は、このように酪酸菌に働いてもらうことによって短鎖脂肪酸を生み出す商品でした。

ですが、この過程において効率よく短鎖脂肪酸を作り出してくれる人もいれば、うまく作り出すことができない人などいて人によって様々だったんです。

 

短鎖脂肪酸を効率よく作ることができる人はダイエット効果を実感できますし、作れない人は実感できずに全ての人がダイエットに対応できる商品ではなかったんですね。

 

ビセラはその反面、その酪酸菌が短鎖脂肪酸を作り出す工程をなくすことによって、上記の2つの効果を発揮させ、より痩せやすい体質になりやすいようになったわけですね。

 

ビセラの飲むタイミングはいつが一番良いの?

短鎖脂肪酸はダイエットする際にはとても重要な成分だというのはご理解頂けたかと思います。

ではこのビセラなのですが、実際にはいつ飲むのが一番良いのでしょうか?

 

ここからは飲むタイミングについて解説をしていきます。

 

このビセラは健康補助食品になっています。

ですので、基本的にはこの時間に飲まないといけません!というルールはありません。

サプリメントなので、いつ飲んでも大丈夫ということですね。

 

そのことを踏まえた上で、いつ飲むのが一番良いのか?

ということを解説しますね。

 

ビセラの1日の摂取量目安

ビセラは1日1錠飲むことを推奨されています。

1日3食の方であれば2食は飲まないということになります。

飲まないといけない時間帯が決まってないので、飲み忘れてしまったらどうしよう〜という心配もする必要がないのも嬉しいポイントですよね。

 

ですが、継続して飲むことは忘れないように注意しましょう。

 

ビセラはいつ飲むのが効果的?

上記でも解説している通り、短鎖脂肪酸には脂肪の吸収をストップさせてくれる作用があります。

ということは、一番カロリーが高い食事や食べる量が多くなってしまう時に一緒に飲むのが一番良いということになりますね。

 

ほとんどの方は夕ご飯が一番カロリーが高くなりがちになってしまうと思います。

そして、その後エネルギーを消費するところがないから摂取したものがそのまま体の中に蓄えられてしまうんですよね。

 

夜にビセラを飲むとそれらの吸収を抑えてくれるので、余計な脂肪がつかず太りにくい体質になるというわけです。

また、腸内フローラを整えてくれる1兆個の菌が配合されています。

これらの菌は寝ている間に腸内環境で働き、起きた時にスムーズに便が出るようにしてくれるんですね。

 

こういったことから、ビセラを飲むのはカロリーが一番たかそうな食事のタイミングに飲むか夕食時に飲むことが1番効果を実感できる飲み方だと言えますね。

 

 

食事のどれくらい前に飲むのが一番良いの?

ビセラに含まれる短鎖脂肪酸には食欲を抑える作用もあります。

ですので、ビセラを食前に一緒に飲んでしまっては、その効果が現れる前に通常通りの食事を摂取してしまいますので一番ベストのタイミングとしてはビセラが腸まで届いて溶けきったであろう時間帯が良いですよね。

 

その時間はだいたいどれくらいかというと、30分くらいだと言われています。

食前の30分前に飲むことによって、食欲が抑えられた状態で迎えることができるのでそれくらいを目安に飲むことをオススメします。

 

 

ビセラはなにで飲んだ方が良いの?

公式サイトにはみずかぬるま湯で飲むことを推奨されています。

これは冷たい水で飲んだらお腹を下す可能性があり、効果が出なくなってしまうからなんですね。

逆に熱い水や白湯などで飲んでしまえば、せっかく配合されてる生菌が死活してしまうので全くの効果を発揮しなくなるからです。

 

(菌は48度以上で死活してしまいます)

 

そして、常温やぬるま湯であればなんでも良いの?

と思ってしまいがちですがそうではありません。

 

コーヒーやジュースと一緒に飲むことによって、サプリメントの効果が半減してしまう可能性があるからです。

 

コップ1杯というのもミソなんですよ。

 

水の量が少ないとサプリメントの効きが悪くなってしまうことがあります。

さらに、食道で詰まって炎症を起こしてしまうこともありますので、必ずコップ1杯のぬるま湯か常温の水で服用しましょう。

 

ビセラには副作用はあるの?

薬ではありませんので、ビセラに副作用はありません。

ただし、1兆個ものダイエットサポート菌や水溶性食物せんが含まれていますので、もともと便秘気味であるとか、たまにしかお通じが来ない方は下痢になってしまう可能性があります。

ですがこのような症状がおきるのは、腸内フローロが整い綺麗になっている証拠でもあります。

 

腸内に溜まっていたものがデトックスされていると考えてもらう方が正しいです。

継続していれば腸内環境が整い下痢などの症状も治るのに、こう言った症状を副作用として認識してしまうと体に合わないと辞める原因になってしまいます。

 

ビセラの成分は全て天然のものであり、体に害を与える成分は配合されてませんので安心して飲んで頂いて大丈夫ですね。

 

どれくらいの継続が必要なの?

風邪クスリを飲めば、その日のうちや次の日にはかなり治ってしまいますよね。

ですが、ビセラは薬ではありません。

ダイエット補助食品なので、今日飲んで明日痩せるというのはありえませんよね。

 

また、人によって継続の捉え方も大きく違います。

2週間使えば継続したと思う方もいれば1年使うことによって継続したと思う方など様々です。

 

ですので一般的な目安が分かっておいたら、それくらいでだいたい変化が見え始めるんだろうなぁってのが分かるのでゴールが見えてるぶん継続できますよね。

 

基本的にはこのような腸内フローラを改善させるためには3ヶ月はかかると言われいます。

人によっては長いと感じるかもしれませんし、短いと感じる方もいるかもしれませんね。

このように、個人差はありますが体質が改善するには3ヶ月は様子をみる必要があるということを分かっておけば途中で挫折しないで継続できそうですよね。

 

 

ビセラをオススメできる人とできない人

ビセラはダイエット補助食品になります。

ですので、これを飲んだからと言って絶対に痩せるという商品ではありません。

それを分かって飲むか、これさえ飲んでいれば勝手に痩せると思って飲むかによって大きく結果が変わってくるのです。

 

おすすめできる方

・最近身体が重いと感じる方

・最近痩せにくくなったと感じる方

・お通じが悪い方

・甘いものが好きな方

・ついつい食べ過ぎてしまう方

・食事をしてもすぐにお腹が空いてしまう方

・体内から綺麗にしたい方

 

おすすめできない方

・即効性を求める方

・毎日継続して服用できない方

・サプリメントの用途を認識して使用できない方

・アレルギー体質の方(先に医師にご相談することをおすすめしています)

 

 

1週間でいきなり〇〇キロ痩せる!

と言ったようなことはほとんどの場合でありませんので、健康的に時間をかけてダイエットしたい方には相性の良い商品だと思います。

 

ビセラは運動をしなくても痩せていく?

ビセラは腸内環境を整えながら、短鎖脂肪酸の働きによってダイエットする商品になります。

ですので、商品を飲んでいれば短期間では効果は出ませんが継続することによって腸内フローラが整い痩せやすい体質に変わっていきます。

 

ですが、この短鎖脂肪酸は上記でも解説していますが代謝をアップさせてくれる効果があります。

 

代謝がアップした状態とは、つまり脂肪が燃焼しやすい状態ということですね。

 

脂肪燃焼効率が高まってる状態で一緒に運動を取り入れれば、なにもしないよりも早くダイエット効果を実感できるのではないでしょうか。

 

運動をしないといけない!と意気込んでしまうとそもそもやる気も出ずに続かないと思います。

そうではなくて、運動を取り入れる方法をもう少し違う視点で取り入れてみましょう。

 

まとめ

ビセラは酪酸菌から作り出される短鎖脂肪酸を直接体内に取り込むことが出来ます。

これまでは、酪酸菌から短鎖脂肪酸をうまく作れなかった方は痩せ菌サプリを飲んでもあまり効果を実感出来ずにいたかもしれませんが、このビセラはそのような商品ではないことは分かって頂けたかと思います。

 

このダイエットにアプローチしてくれる短鎖脂肪酸を発揮させることがダイエットの重要な部分だと思います。

決まった時間に飲まないといけないなどのルールはありませんが、その働きを頭にいれておくかそうではないかで1ヶ月後、2ヶ月後の体質の変化は大きく変わってくると思います。

 

何よりも継続して飲むことが一番大切なので、1ヶ月で効果が出ないからと言って諦めるのではなくまずは体質が変わりだす3ヶ月を目標に飲まれてみるのをオススメします。

 

 

関連記事↓

 

 

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA