ボニックプロ バンテージでむくみ解消!セルライトしらずの引き締めパーツへ!

ボニックプロを購入時に一緒に購入することが出来るボニックバンテージを使用すると、それぞれのパーツの血流が良くなり引き締め効果 + むくみが改善されていきます。

それに伴い、老廃物が流れスラッとしたパーツへと変化していきます。

今回は、ボニックバンテージがどんなものか見ていきたいと思います。

 

 

ボニックプロバンテージってどんなもの?

筑波大学で消費カロリーの検証を行っています

筑波大学で実験しました

ボニックバンテージを使用することでカロリー消費がアップするかどうか、実証のための実験を筑波大学が行いました。

 

20代~50代の女性4名に、ボニックバンテージを使用した場合と使用していない場合でエルゴメーターを使用し、同一負荷で運動した際の酸素摂取量から計算した消費カロリーを比較しています。

 

その結果、ボニックバンテージを使用して運動した場合、カロリー消費量が113.1%アップしたことが実証されています

 

そのため、ボニックバンテージを巻いて生活することで、身体の引き締め効果を期待することが出来ます。

 

ボニックバンテージの構造

ボニックバンテージの構造

特殊3層の魔法ビン®構造

①起毛生地

起毛生地で温かく滑らかな感触になり、肌に直接まいても刺激がなく乾燥肌の方でも安心して使用することが出来ます。

さらに、ストレッチ効果がありますので、さまざまな体型に合わせてサイズ調整を行うことが出来ます。

 

②クロロプレンゴム

外気を通さないため、巻いて生活することで発汗を促します。

 

③柔らか生地

肌触りが柔らかく、つけ心地も抜群です。

 

 

リンパの流れをスムーズに

リンパの流れをスムーズに

ボニックバンテージを下から上に向かって巻くことでリンパの流れがスムーズになり、老廃物が流れやすくなります。

そうすることで、体内の血流が流れやすくなりむくみが改善されていきます。

 

ボニックバンテージは脚だけでなく腕にも使用できますので、夏の肌見せの時期前に使用してスッキリするのも最適です。

 

ボニックバンテージの使用方法

ボニックバンテージ

ボニックバンテージは、ふくらはぎ、太もも、腕に使用することが出来ます。

それぞれ巻き方がありますので、順番に説明していきたいと思います。

 

太もも

まずは、太ももの付け方の動画をまずはご覧ください。

 

では、実際につけてみようと思います。

ボニックバンテージは2つで1セットになっており、片側が足を通せるように輪になっています。

太ももには輪は使用しません

ふくらはぎに巻く時はその輪の中に足を入れるのですが、太ももに巻くときは輪は使用しません。

 

そのままくるくると膝上から太ももにかけて斜め上に引っ張りつつ、1~2センチほど重ねながら巻いていきます。

太ももに巻いている状態

 

ボニックプロのロゴのところがマジックテープになっていますので、巻き終わりはそのままマジックテープで止めて終了です。

 

ロゴの後ろがマジックテープ

 

こちらは、あまり緩く巻いたり、重ねる箇所が少ないとすき間が出来はずれてきてしまいますので、程よい加減で巻いていきましょう。

 

これで完成です♪

ボニックバンテージ巻いてみました

バンテージを巻くことで血流が整い、むくみ解消に繋がります。

しかし、長時間の使用は圧がかかりすぎてかえってむくみの原因になってしまう可能性もあります。

 

自分の体形に合わせ巻くことが出来ますのでとても使用感は良いのですが、部位によって圧を調整することは難しくなります。

そのため、ボニックバンテージはずっとつけているのではなく、ある程度時間を決めて付けるようにしましょう。

 

寝る時の使用はやめましょう

ボニックバンテージは自分の体形に合わせて巻くことが出来るため、どのような体型の方でも使用することが出来ます。

例えば、太ももまでの着圧ソックスなどは、圧が強すぎて使用することが出来ない方もみえるのではないでしょうか。

そういった方でもこのボニックバンテージは使用することが出来るのですが、注意が必要なことがあります。

 

それは、夜寝る時に使用したまま就寝してはいけないということです。

夜用の着圧ソックスは、専用のソックスになるため通常は圧がかかりすぎないように設計されています。

もちろん、圧がかかりすぎて使用できない方も中には見えますが、一般的には寝る時に使用できるように設計されています。

 

しかし、ボニックバンテージは自分で圧をかけて巻いていくタイプになります。

そのため、知らず知らずのうちに圧がかかりすぎてしまっている可能性もあります。

実際にボニックバンテージを一定時間付けた後に外すと、バンテージの跡がついています。

 

数時間でも跡がつきますので、寝ている間ずっとつけているとそれだけ圧がかかりすぎてしまう可能性もあります。

そのため、ボニックバンテージは寝る時の使用はしないようにしましょう。

 

ボニックバンテージバンテージは太ももだけでなく、「腕」や「ふくらはぎ」にも使用することが出来ます。

それらのパーツの使い方を見てみましょう。

 

腕には、輪を使用します

片側に輪っかがあります。

その輪に手のひらを通し、くるくると上に巻いていきます。

 

腕に巻いていきます

1~2cmほどボニックバンテージが重なるように、しっかりと巻いていきます。

 

腕にまいた感じ

こちらが巻き終わった後になります。

巻くことにより圧がかかりますので、じわじわと腕が温かくなってきます。

 

毎日使用することで血流が良くなり、浮腫み改善につながります。

ふくらはぎ

ふくらはぎは輪を使用します

輪っかに足を通し、そこからクルクルと巻いていきます。

 

足に巻いていきます

こちらも1~2cmほど重なるように巻き付けていきます。

 

足に巻いた感じ

巻き終わると、こちらもじわじわと温かくなってきます。

 

ボニックバンテージの実際の長さはどれくらいなのでしょうか。

 

 

実際の長さ

扉で長さを測ってみました

こちらは、ごく一般的な家庭の扉になります。

 

測ってみました

実際の長さ

実際に、どれほどの長さになるか測ってみました。

 

メジャーは150cmまでしか測ることが出来ないものでした。

メジャー2本使用して測っています

そのため、メジャーを2本繋げています。

 

226.3cm

測ってみると、約226.3cmありました。

かなり長いため、長身の方や手足が長い方にも問題なく使用することが出来る長さになっています。

 

この長さをお好みの圧でクルクルと巻き、むくみ解消を行いましょう。

 

ボニックバンテージのお手入れ方法

ボニックバンテージは、洗濯機で洗ってもいいものなのでしょうか?

お手入れ方法

ボニックバンテージのお手入れには、いくつかの注意書きがありました。

 

水温40℃を限度とし、中性洗剤で優しく手洗いしてください。
蛍光増白剤の入った洗剤はお避け下さい。
タンブラー乾燥機は使用にならないでください。

 

中性洗剤を使用

中性洗剤使用

「液性」が「中性」になっているものを使用しましょう。

 

蛍光増白剤は使用不可

蛍光増白剤は使用不可

自宅でよく使用する洗濯洗剤で使用できないものもあります。

使用前に、確認を行いましょう。

一般的に有名な「アタック」は、蛍光増白剤が配合されていますので使用することが出来ません。

 

洗濯機の使用不可

洗濯機使用不可

 

有名どころの洗剤の「アタック」の使用は出来ませんでした。

「エマール」などの中性洗剤を使用し、手洗いしましょう。

そして洗濯機の使用も不可になりますので、必ず手洗いしましょう。

 

洗濯後は風遠しのいいところに干し、陰干ししてきちんと乾かしましょう。

 

おすすめできる方

・一般的に販売されている着圧ソックスがはけない方

・むくみを改善したい方

・セルライトを予防したい方

・付けるだけで消費カロリーをアップしたい方

・手足をスッキリさせたい方

 

おすすめできない方

・心臓や腎臓などの疾患がある方

・血行障害を起こしたことがある方

・妊娠中の方

・高血圧の方

・悪性腫瘍のある方

・皮膚疾患のある方

・糖尿病の方

ボニックバンテージは、圧をかけて使用するものになります。

そのため、身体に疾患がある方は、使用前にかかりつけ医に相談してから使用しましょう。

 

まとめ

ボニックバンテージは、体形を選ばずに使用することが出来る優れたむくみ解消バンテージになります。

使用を続けることで体内の血流がスムーズになり、各パーツを引き締めることが出来る商品になります。

むくみは放っておくとセルライトに変化してしまいますので、むくみのうちに改善しておくことでセルライトへ変化することを予防することが出来ます。

 

巻くだけでカロリー消費が113.1%アップしますので、仕事から帰ってから巻いているだけでもカロリー消費され、さらにムクミ改善にもなるなんて素敵ですよね。

そんな素敵なボニックバンテージですが、寝る時の使用は控えて頂くことをおすすめします。

 

その点を注意していただき使用を続けて頂くことですっきりとしたパーツになり、美脚へ近づいていけます。

 

ボニックプロと併用することで効果倍増するボニックバンテージ、一度使用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ボニックプロに関して興味がある方はこちらも読んでいます↓

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA