毛穴の悩み別の毛穴専用美容液の正しい選び方は?

女性

毛穴に悩んでいるそこのあなた。

 

毛穴の悩みにもさまざまあって、普段のスキンケアだけでは解消できない悩みも多いですよね。

 

そんな悩める毛穴のための『毛穴専用の美容液』があることをご存知ですか?

 

普段のスキンケアで美容液を取り入れている方は多いと思いますが、毛穴の悩みがある方には毛穴専用の美容液をおすすめします。

 

毛穴美容液の効果とは?

女性

毛穴美容液にはお肌の状態を正常にし、毛穴を目立たなくさせたり、色素沈着や角栓ができるのを予防したり、毛穴の開きを予防することができます。

 

しかし毛穴自体を消したり、黒ずみを完全に取り除くことはできません。

 

ですが、美容液には美容成分が豊富に含まれていることが多いため、化粧水などの普通のスキンケアよりも即効性が期待できます。

 

毛穴美容液の正しい選び方

いちご

毛穴美容液も、種類がたくさんあるので自分の毛穴の悩みに効果がある美容液を選ばなければなりません。

 

毛穴美容液を正しく選ぶためにまず大切なことをご説明します。

 

1  自分の毛穴のタイプを知る

毛穴が目立つ原因は人それぞれ異なります。

 

まずは自分の毛穴のタイプがどれなのかチェックしてみましょう。

 

《詰まり毛穴》

詰まり毛穴

毛穴に皮脂やファンデーション、古くなった角質などの汚れが詰まっている状態の毛穴です。

皮脂と角質が混ざることによって、角栓となり、角栓のある肌は毛穴から突起が出たような感触となっていて滑らかではありません。

 

詰まり毛穴は主におでこから鼻すじ、小鼻あたりに多く見られます。

 

こうなってしまう主な原因には、皮脂の過剰分泌やクレンジング・洗顔の不足が考えられます。

肌についてしまった汚れを綺麗に落としきらないと、やがてそれが肌の奥深くに詰まってしまいます。

 

洗顔をする際に綺麗に流しきれていない可能性があると、雑菌が繁殖する要因にもなるので注意が必要です。

普段メイクをしない人や男性でも、詰まり毛穴を引き起こすことがあるので皮脂の分泌が盛んな時期はとくに気を付けましょう。

 

~詰まり毛穴の特徴~

・鼻を触るとザラザラしている

・毛穴の部分が白くポツポツしている

・ファンデーションを塗っても凸凹している

・コンシーラーでカバーしようとすると余計に目立つ

 

《黒ずみ毛穴》

黒ずみ毛穴

見た目はいちごのように黒くブツブツした状態が目立ち、肌を触った時にザラザラ感があるのが特徴です。

 

この原因には、皮脂が関係してきていると言われています。

皮脂の過剰分泌によってできた余分な皮脂や古い角質、また、汚れなどが混ざり合って毛穴に詰まっているのです。

 

その詰まった角栓が、酸化し黒ずみとして現れます。

また、何度も肌が気になってつい触ってしまうことも、毛穴を詰まらせ黒ずみを悪化させる原因となります。

 

また黒ずみの中には紫外線ダメージによるメラニンや、角栓を無理に絞り出そうとして炎症を起こした色素沈着などによって、毛穴の縁が黒い場合もあります。

 

~黒ずみ毛穴の特徴~

・毛穴が黒くプツプツと見える

・肌にザラつきがある

・肌が硬く、ゴワゴワしている

・手で肌を良く触る

 

《開き毛穴》

開き毛穴

皮脂は肌を外からの刺激から守るバリア機能の働きを持っていますが、必要以上に分泌されてしまうと毛穴がふくらみます。

 

そのとき、毛穴周りの皮膚組織が衰えていると、ふくらんだ毛穴の圧力に耐えられず、毛穴の周囲の皮膚が毛穴の中のほうに引き込まれてしまい、肌のキメが乱れて毛穴が目立ってしまうのです。

 

開き毛穴は毛穴が丸く開いていて、特にTゾーンなどのテカリやすい場所に見られることが多いです。

 

皮脂が過剰に分泌するのは、気温の変化やホルモンバランスの崩れ、食生活などが原因といわれていますが、特に食生活の乱れによる皮脂の分泌量の増加は、糖質・脂質の摂りすぎとビタミン不足が挙げられます。

 

また、はがすタイプの毛穴パックによって毛穴が開いてしまう場合もあります。

 

毛穴パックで汚れをとった後、角栓が取れて開いたままの状態で毛穴を放置しておくと、中に汚れが入りやすくなり、さらに毛穴が目立つようになります。

 

他にも肌の乾燥なども影響してきますが、これも保湿成分の代わりに皮脂が分泌されることが原因となっています。

 

~開き毛穴の特徴~

・皮脂が出やすいオイリー肌の人に多い

・油っこいものをよく食べる

・毛穴が丸く開いている

・Tゾーンがテカる

 

《たるみ毛穴》

たるみ毛穴

気になる毛穴部分をじっくりと観察してみて毛穴が下に垂れ下がっている場合は、たるみタイプの毛穴という可能性が高くなってきます。

 

たるみ毛穴は、特に加齢や水分不足による「肌全体のたるみ」によって引き起こされ、それによって毛穴が縦長に伸び、開ききった状態の毛穴で、年齢を重ねることによって肌の弾力やハリが失われたことが大きな原因となってきます。

 

弾力やハリの失われた肌は重力に負けて下に垂れやすく、その結果、毛穴まで下に引き下がってしまいます。

 

肌の弾力やハリの低下は、保湿成分の減少があらわれやすい30~40代に特に起こるので、早めのケアが大切です。

 

~たるみ毛穴の特徴~

・毛穴が縦長に開いている

・以前はよく日焼けをしていた

・疲れると毛穴が目立つ

・たっぷり保湿しても乾燥がおさまらない

 

2  毛穴のタイプに合った美容液を選ぶ

毛穴悩みのタイプによって効果的な成分は少しずつ違ってきます。

 

なのでタイプ別にしっかりと自分の毛穴の状態にあった毛穴ケア用美容液を選びましょう。

 

毛穴の詰まり、黒ずみに効果的な成分

毛穴の角栓が詰まっている詰まり毛穴や、その角栓が酸化してできる黒ずみ毛穴に重要なのは、毛穴の汚れをしっかり落として引き締めることです。

ただ汚れを取り除くだけではなく、しっかり潤いを与え、開いてしまった毛穴の中の汚れを酸化させないことが重要になります。

 

酸化を防ぐためには、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンC誘導体が配合された美容液がおすすめです。

また、毛穴の汚れを落とすことも重要なので、毛穴の汚れをしっかり落としてくれるクレンジングを使用するとさらに効果的です。

 

しかし、汚れを落とそうとしてあまりにも刺激を与えると、かえって肌に悪影響を及ぼす恐れがあるので注意が必要です。

 

詰まりや黒ずみには下記の成分がおすすめです。

 

・ビタミンCとビタミンC誘導体→メラニン色素を作る酵素の働きを抑える。皮脂の分泌を抑える。

・アルブチン→メラニン色素を作る酵素の働きを抑える。

・プラセンタ→メラニン色素を作る酵素の働きを抑える。肌のターンオーバーを整える。

 

開き毛穴に効果的な成分

黒ずみはないものの、皮脂の過剰な分泌により毛穴が開いてしまっているタイプにはやはり保湿が重要です。

 

特に、乾燥が原因で皮脂の分泌が増えている場合は、保湿成分がたっぷり含まれた美容液を選びましょう。

 

またオイリー肌の場合は、保湿成分に加え、オイルフリーもしくはオイルカットされた、サラッとした付け心地の美容液がおすすめです。

 

なお、ビタミンCには皮脂の分泌を抑える働きがあるため、ビタミンC・ビタミンC誘導体も配合されているものなら、さらに効果が期待できるでしょう。

開き毛穴にはこれらの成分がおすすめです。

 

・ビタミンCとビタミンC誘導体→皮脂分泌を抑える。収れん作用がある。

・セラミド→高保湿で肌を引き締める。

・ヒアルロン酸→肌に弾力を与えハリを作る。

 

たるみ毛穴に効果的な成分

たるみにより毛穴が縦に開いているタイプは、肌にハリを取り戻してあげることが重要です。

肌に弾力を与えるのに役立つコラーゲンやヒアルロン酸が配合されているものがおすすめです。

 

どちらの成分も保水効果が高く、肌に潤いを与えてくれるため、年齢により乾燥がひどくなっている方にも最適なのでたるみを改善するために美容液でのケアに加え、マッサージなどで顔全体のリフトアップを目指してみるのも効果的です。

 

たるみ毛穴にはこれらの成分がおすすめです。

 

・レチノール(ビタミンA)→肌のターンオーバーを促進してたるみを改善。

・EGF→肌のターンオーバーを促進してたるみを改善。

・コラーゲン→高い保湿効果。肌のハリを作る。

・ヒアルロン酸→高い保湿効果。肌のハリを作る。

・セラミド→角質層内にある保湿成分。肌のハリを作る

・NMF(天然保湿因子)→角質細胞内にある保湿成分。肌のハリを作る。

 

 

毛穴のタイプが分からない時には?

女の子

自分の毛穴タイプがわからないときは、全ての毛穴タイプに効果的なおすすめの成分が入っているものを選ぶのがいいです。

 

毛穴美容液におすすめの主な有用成分

とりあえず毛穴美容液を買ってみよう!という方は、商品を選ぶ際に以下のおすすめ成分が入っているかをチェックしてみて下さい。

 

《ビタミンC誘導体》

ビタミンCは毛穴ケアに欠かせない成分ですが、ビタミンCはそのままでは「酸化しやすい」「肌に浸透しにくい」といったとても不安定な成分です。

 

そこでビタミンCを化粧品に配合する際には、安定性を高めた「ビタミンC誘導体」の形で配合されることがほとんどです。

 

〜ビタミンC誘導体の効果〜

・メラニン色素を作る酵素の働きを抑える

・皮脂の分泌を抑える

・真皮のコラーゲン生成を促進して肌のハリ、弾力を作る

・毛穴を引き締める

・肌のターンオーバーを促進して、シミやくすみを改善する

・肌を老化させる「活性酸素」を除去する

 

このように、ビタミンC誘導体は毛穴トラブル改善にさまざまな方向からアプローチしてくれるので、ビタミンC誘導体は毛穴悩みにとってかかせない成分になります。

 

《レチノール》

レチノールとはビタミンAの一種で、もともと人間の肌にもある成分で、肌の弾力を作り出す働きがあり、エイジングケア化粧品などにもよく使われています。

 

毛穴美容液にも、シミや毛穴の開きなどへの効果を期待して配合されています。

 

〜レチノールの効果〜

・肌のターンオーバーを促進する

・真皮に働きかけて、コラーゲンやエラスチンの生成を促進する

・皮脂の分泌を抑える

・肌の水分を保持する

 

《セラミド》

セラミドとは肌の角質層にある角質細胞の間を埋める細胞間脂質の主成分で、細胞間脂質とは、角質細胞同士をくっつける接着剤のような役割を果たし、同時に肌の水分を保つ役目があるので、「肌の保湿因子」と呼ばれています。

セラミドと天然保湿因子の関係

その中でもセラミドは肌の水分の80%を保つ重要な成分で保湿にはセラミドが欠かせないことが広く知られるようになったので、化粧品の保湿成分としても有名な成分です。

セラミドは、毛穴周りの肌をふっくらと保湿することができるので、毛穴の開きが目立たなくなる効果が期待できます。

 

セラミドには、大きく分けて「天然セラミド」「植物性セラミド」「ヒト型セラミド」「合成セラミド」の4種類がありますが、肌への刺激が少なく、最も保湿効果が高いのがヒト型セラミドです。

 

ヒト型セラミドは、さらに十数種類に分かれますが、毛穴美容液によく配合されているのは、以下のセラミドです。

 

・セラミド2→最も多く肌に含まれるセラミド。高い水分保持機能を持つ。

・セラミド3→高い水分保持機能をもち、肌にハリを与える。

・セラミド6→高い水分保持機能を持ち、肌のターンオーバーを促進する。

 

《プラセンタ》

プラセンタとは豚や馬の胎盤から抽出した成分で、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養素を含む美容成分です。

 

〜プラセンタの効果〜

・肌のターンオーバーを促進する。

・メラニンの生成を抑えて、毛穴の黒ずみを防ぐ。

・活性酸素を除去して加齢による肌のたるみを防ぐ。

 

プラセンタも毛穴に対して複数のアプローチができるので、毛穴美容液を選ぶ際にぜひチェックしてもらいたい成分です。

 

毛穴悩みに効果的な美容液ランキングTOP3

レモン

ここでは毛穴専用美容液の中でも、どの毛穴の悩みにも効果があると人気の3つをランキング形式でご紹介します。

 

毛穴専用美容液買ってみたいけど、どれにしようか悩んでいる方がいたら是非参考にしてみて下さい。

 

第1位  Cセラム(ビーグレン)

Cセラム

ビーグレン独自のテクノロジーによりピュアビタミンCを高濃度で配合しており、肌につけた瞬間にほのかな温感を感じて角層の深くまで浸透し、毛穴をキュッと引き締めます。

 

また毛穴だけでなく、たるみやくすみなどあらゆる肌トラブルもケアしてくれます。

 

ビタミンC特有の過剰な皮脂の分泌を抑えたり、肌のキメを整える効果ややさしいピーリング作用もあるので、ざらつきのないつるんとしたお肌に導いてくれる優秀な美容液です。

 

第2位  バランシングセラムC(ナチュラルエレメンツ)

バランシングセラムC

シンプルな成分処方で最新保湿型ビタミンC誘導体を配合しており、保湿力が高く肌への刺激は少ないのが特徴で、またヒアルロン酸以上の保水力がある保湿成分であるプロテオグリカンも配合しています。

 

高い保湿力を維持しながら毛穴の黒ずみや開き、たるみといった全ての毛穴タイプに効果を発揮します。

 

また肌にハリをもたらし毛穴の目立たない、なめらかな肌へと整えてくれます。

 

第3位  C10セラム(オバジ)

C10セラム

ビタミンCに加えて保湿成分としてビタミンEを配合しており、角層に潤いを与え、肌のキメやざらつき、毛穴などのさまざまな肌悩みに多角的にアプローチします。

 

また毛穴だけではなくシミにも効果的なのでざらつきのない透明感ある肌へ導きます。

 

とろっとしたテクスチャーですが、お肌にスーッとなじむ感覚がとっても心地良い美容液です。

 

毛穴タイプ別おすすめの美容液

ここでは毛穴タイプ別におすすめの美容液をネット通販編とプチプラ編に分けてご紹介します。

 

自分の毛穴タイプに当てはまる美容液を参考にしてみてください。

 

ネット通販編

《黒ずみ・開き毛穴におすすめの美容液》

毛穴美容液 ソワン(BIRAI)

ソワン

どんな毛穴の悩みにもこの美容液1本で解決できます。

 

保湿と毛穴の引き締めの両方ができる優秀なアイテムで肌に優しい成分でできているところも特徴です。

 

毛穴をケアするビタミンC誘導体に加え、5つの天然収れん成分を配合しているので、マイルドなピーリング作用で毛穴を目立たなくなめらかに引き締めます。

 

さらっとした使い心地ですが、保湿力もあります。

 

タカミエッセンスCE(タカミ)

タカミエッセンスce

2種類のビタミンC誘導体とセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を贅沢に配合しており、毛穴まわり・肌のザラつき・キメの乱れなどをケアしてくれます。

 

まろやかな感触でスーッと角質層のすみずみになじみ、ふっくらとしたハリとやわらかさを実感でき、凸凹した毛穴をなめらかな肌へと導きます。

 

 

 

《たるみ毛穴におすすめの美容液》

レチノバイタル エッセンス(エリクシール)

レチノバイタルエッセンス

資生堂の人気スキンケアラインのエリクシールの美容液は毛穴ケアだけでなくエイジングケアとしても人気です。

 

その1滴に1700個ものレチノールカプセルが含まれており、お肌にハリと潤いをしっかり与えてくれます。

 

レチノールに関する研究を何年も行ってきた資生堂ならではの技術力なので、不安定な成分であるレチノールを新鮮な状態で肌に届くような独自処方が採用されています。

 

リカバリィエッセンス(リルジュ)

リカバリーエッセンス

毛穴のたるみやほうれい線、肌のハリ不足、ニキビ、ニキビ跡など、30代からの毛穴の悩みを集中ケアする美容液です。

 

より肌の角層まで美容成分が届くよう、あえてうるおい成分を配合していません。美容成分が浸透するのを実感できる使い心地です。

 

《メラニン毛穴におすすめの美容液》

エッセンス インフィルト(アスタリフトホワイト)

アスタリフトホワイト エッセンス インフィルト

シミに効果的な美白有効成分やビタミンC誘導体、保湿成分、3種のコラーゲンといった美容成分を豊富に配合し、美白に加えて保湿もしっかり行えるのが特徴です。

 

毛穴周りのメラニンからシミまでケアしてくれるので透き通るように潤った美白肌へ導いてくれます。

 

サエル ホワイトニング エッセンス クリアリスト(ディセンシア)

サエルホワイトニングエッセンス

美白に効果的なアルブチンを配合しており、毛穴に蓄積されたメラニンを排出します。

 

また肌になじみやすい高保湿成分ヒト型セラミドを配合しているので肌をしっかり潤いを与えながら毛穴ケアできます。

 

敏感肌用なので無香料・無着色で低刺激性なのが特徴です。

 

ドラッグストアのプチプラ編

《黒ずみ・開き毛穴にはおすすめの美容液》

薬用Cセラム(エテュセ)

薬用cセラム

プチプラでありながら医薬部外品として認定を受けており、ビタミンC誘導体や保湿成分としてグリセリンなどを配合しています。

 

開き毛穴、黒ずみ毛穴、皮脂のテカリが気になる方におすすめでうるおいを与えながらもサラサラの毛穴に導いてくれます。

 

《たるみ毛穴におすすめの美容液》

レチノール(チューンメーカーズ)

レチノール

角層まで浸透しやすくしたレチノールが、頬のたるみ毛穴にふっくらとしたハリ・弾力を与えます。

 

保湿力が高いのでたるみ毛穴のケアだけでなく目元のシワや乾燥など部分的に使える万能アイテムです。

 

《メラニン毛穴におすすめの美容液》

美白美容液 W(ちふれ)

美白美容液w

美白成分としてアルブチンとビタミンC誘導体のダブルのアプローチで、毛穴周りだけでなくお肌全体のメラニンの生成をおさえるはたらきがあるので、美白にも効果的です。

 

また保湿成分ヒアルロン酸とトレハロースを配合しているので肌にしっとりうるおいを与えながら乾燥から肌を守ってくれます。

 

毛穴美容液まとめ

美容液

いかがだったでしょうか?

 

毛穴のあらゆる悩みに効果的な毛穴美容液ですが、確かな効果を実感したいのなら、自分の毛穴のタイプにあった美容液を選ぶことが一番大切です。

 

まずは自分の毛穴のタイプを知ることが最も重要です。

 

正しい毛穴美容液を選ぶことで、今まで悩んでいた毛穴が見違えるかもしれません。

 

自分の毛穴に合った効果的な毛穴美容液をぜひ手に入れてくださいね。

 

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA