毛穴に効果的なクレンジングはどうやって選ぶ!?種類や肌質で正しく選ぼう!

リダーマラボモイストゲルクレンジング

毎日しっかり洗顔しているのに、毛穴の汚れや黒ずみが気になりませんか?

 

クレンジングには沢山の種類がありますが、その中でもあなたが使用しているクレンジングは毛穴に効果的なものですか?

 

毛穴の詰まりや黒ずみを解消するためには、毎日使うクレンジング選びがとても大切になってきます。

 

毛穴の黒ずみに悩んでいるのに、毛穴に効果がないクレンジングを使っていても、良くなるはずがありませんよね。

 

そこで今回は毛穴のお悩みを解決するために、スキンケアの基本であるクレンジングを見直していきましょう。

 

正しいクレンジング方法を見直そう

女性

クレンジング方法が間違っていると、肌に負担をかけてしまい肌トラブルを余計に引き起こしてしまう可能性があります。

 

クレンジングはメイクを落とすだけのもの!と思っているならそれは間違いです。

 

正しいクレンジング方法を行うことで、今まで以上に肌本来の力を発揮することでしょう。

 

まずは、どのタイプのクレンジングを使うときも気を付けたい、クレンジングのポイントについてご紹介します。

 

  メイクを落とす前に手を清潔にする

クレンジングの前にはまず手を洗い、清潔にしましょう。

 

手が汚れたままだと、手についた汚れやばい菌をそのまま顔につけることになります。

またクレンジングのメイクを落とす効果がちゃんと発揮されない場合もあります。

 

クレンジング前にハンドソープでしっかりと手を洗い、清潔な状態にすることは基本中の基本です。

 

  目元や口元のポイントメイクは先に落とす

目元や口元のポイントメイクは落としにくいものだったり、ウォータープルーフのものを使っている場合があるので、専用リムーバーを使って先に落としておく方がスムーズにクレンジングできます。

 

ベースメイクとポイントメイクを一度で全部落とそうとすると、濃いメイクの部分と混じって上手にクレンジングされない可能性があります。

また濃い目元など落とすのに自然に力が入ってしまい、肌への負担が大きくなってしまいます。

 

  使用量をしっかり守る

メイクが薄いから、もったいないからといって使用量を少なくしたりしてはいけません。

クレンジングの使用量が少ないとしっかりメイクが落とせなかったり、肌へなじませる際に少ない量だと摩擦が生じて肌への負担となってしまいます。

 

クレンジングは、それぞれ記載されている使用量を必ず守るようにしましょう。

 

  クレンジングは乾いた手で使う

クレンジングはものによっては濡れた手でも使えるものもありますが、やはり乾いた手で行った方がメイクを落とす作用がきちんと発揮されます。

 

なので濡れた手で使えるタイプのクレンジングでも、基本的には乾いた手にとって使うことをおすすめします。

 

  皮脂の多く出る部分から洗う

まずは比較的皮脂が多いTゾーン(おでこ、鼻)から洗いましょう。

次に頬、そして目元や口周りは最後に洗ってください。

 

目元や口周りは皮膚が薄くデリケートなので特にやさしくなじませるようにしましょう。

 

  ぬるま湯ですすぐ

クレンジングをすすぐ際にお湯が熱すぎると、肌に必要な水分や油分まで落としてしまい、乾燥を招く原因となりやすいです。

 

逆に冷たすぎると毛穴の汚れをしっかり落とすことができません。

 

触ったときにぬるいなと感じる程度に温度調節し、こめかみや生え際、フェイスラインなどにすすぎ残しがないようにしっかりとすすぐようにしましょう。

 

目安としては32度が適温です。

 

どうして32度なの?

32度のぬるま湯で洗うことで、熱すぎず冷たすぎず、肌に負担をかけることなく毛穴を十分に開き、毛穴の奥までしっかり汚れを落としてくれる最適な温度なのです。

 

7  清潔なタオルで優しく水気を拭き取る

顔をタオルで拭くときにゴシゴシとこするよう拭くと、摩擦によって肌に負担をかけてしまいます。

 

清潔なタオルを軽くポンポンと肌に当てて優しく水気を拭き取るようにしましょう

 

基本的なクレンジング方法

クレンジングの重要なポイントは、メイクや汚れをしっかり浮かすことです。

 

手のひらの“面”と指先の“点”を使い分けて、こするのではなく、ゆっくりやさしくなじませていきましょう。

STEP1

まず、クレンジング剤を乾いた手にとり、Tゾーン(おでこ・鼻)、Uゾーン(顎・フェイスライン・頬)、目元や口元になじませます。

クレンジング方法

 

この時ジェルやクリームタイプは軽く揉み込むように手のひらで温めてから肌になじませるのがポイントです。

手のひらで温めている様子

手のひらで温めることで重たかったテクスチャーがふわっと軽くなり肌になじみやすくなるので摩擦を軽減できます。

 

STEP2

顔の内側から外側へくるくると優しくクレンジング剤を顔全体にマッサージするようになじませます。

《おでこ・鼻》

Tゾーンクレンジング

《頬》

頬のクレンジング

《顎・フェイスライン・口元》

フェイスラインのクレンジング

《目元》

目元

 

オイルタイプの場合は手に残っているオイルに水を数滴混ぜ、白く濁らせ乳化させながら顔全体をなじませると、オイルがさらさらと水のようなするっとした感触に変わるので乳化させることでオイルのぬるつきが簡単にすすぎやすくなります。

乳化させる

 

大体クレンジングの時間の目安は1分以内です。

 

あまり長くクレンジングしても、肌が乾燥してきたり負担がかかってしまうので、できるだけ早めにクレンジングは終わらせるのがポイントです。

 

STEP3

しっかりメイクとなじんで、落ちてきたら32度のぬるま湯でこめかみやフェイスラインなどすすぎ残しがないように20回程すすぎます。

すすぎの様子

 

これで基本的なクレンジング終了です。

ハンドプレス

 

毛穴に効果的なクレンジングとは?

いちご

毛穴の汚れをしっかり落としたいがために、洗浄力の強いものを選びがちになっていませんか?

 

確かにその考え方は間違ってはいません。

 

しかし同時に肌への負担をかける一方なので、逆に肌トラブルを招いてしまう原因となるのです。

 

そもそも毛穴の詰まりや黒ずみはどうしてできるのでしょうか?

 

毛穴汚れの原因

毛穴の詰まりや黒ずみは、しっかりメイクや古い角質、皮脂などを洗い流せていないことで角栓が毛穴に詰まってしまうのが原因です。

 

そしてその詰まった角栓が酸化して、黒くなることで黒ずんで見えてしまいます。

 

また強すぎるクレンジングで、肌に負担をかけることによって毛穴がよけいに開き、汚れが詰まりやすい状態の肌を作ってしまいます。

 

その結果、肌のターンオーバーが乱れることも毛穴の詰まりや黒ずみの原因になります。

 

ターンオーバーとは?

お肌のターンオーバーとは、古い角質が自然にはがれて肌が生まれ変わるサイクルのことです。

 

このサイクルが乱れると古い角質がきちんとはがれず、皮脂と混ざり合うことで角栓になってしまうのです。

 

クレンジングで毛穴をケアするには、メイクや汚れをきちんと落とすこと、そしてお肌に負担をかけないことが大切です。

 

毛穴に効果的なクレンジングの選び方

女性

毛穴の悩みを解消したいなら、正しいクレンジングを使うことが基本です。

 

間違った選び方をしないように、効果的な方法をご紹介します。

 

1  メイク汚れをしっかり落とせるものを選ぶ

クレンジングの種類にはオイル、ジェル、バーム、クリーム、、リキッド、ミルクなどいくつか種類があります。

 

それぞれメイクを落とす力が異なるので、クレンジング選びはとても重要です。

 

それぞれの特徴と洗浄力

《オイルタイプ》…洗浄力が強くメイクとなじみが良いので、濃いメイクを落としやすい。

 

《ジェルタイプ》…比較的洗浄力が強いが、油分が少なくみずみずしい使い心地。

 

《バームタイプ》…オイル・ジェルと同等の洗浄力。固形だが、肌の上でとろけてオイルになり肌なじみが良い。

 

《クリームタイプ》…洗浄力は比較的マイルドだが、メイクとなじませやすい。

 

《ミルクタイプ》…低刺激性で優しい洗浄力。メイクが薄い方におすすめ。

 

これらいくつかの種類の中でも、メイク汚れを落としやすく毛穴詰まりをしっかり予防できるのはオイルタイプ、ジェルタイプ、バームタイプになります。

 

クリームタイプやミルクタイプに比べるとこうした洗浄力の高いクレンジングは、「肌への負担も大きいのでは?」と思われがちですが、ものによっては洗浄力もありつつ肌への負担を最小限に抑えることが可能なものもたくさんあるので、そういったものを選ぶことをおすすめします。

 

2  お肌への負担が少ないものを選ぶ

しっかりメイク汚れを落とせるクレンジングの中でも、無添加処方のものもたくさんあるので、そういう記載があるものを選ぶと比較的お肌に優しいです。

 

例えば、無香料、無着色、パラベンフリー、アレルギーテスト済みなど

 

こういった表記がとても重要になります。

 

特に敏感肌の方や肌荒れしやすい方は肌に優しいものを選ぶことをおすすめします。

 

3 美容成分が配合されているものを選ぶ

毛穴に有効な美容成分が配合されたものを選ぶことでより、毛穴への効果が実感しやすくなります。

 

角栓が詰まることによって大きく開いた毛穴や、角栓除去できた後の開きっぱなしの毛穴に働きかける、毛穴引き締め効果があるものや、酸化した黒ずみ、またはメラニン黒ずみにまで働きかけるビタミンC誘導体などが配合されたものなどがおすすめです。

 

また、乾燥することで古い角質が蓄積し、毛穴詰まりを防ぐためにも保湿成分が配合されたものなど、自分に必要な成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。

 

4 ホットクレンジングを選ぶ

ホットクレンジングとは、クレンジング料を肌にのせた瞬間に温感を生じて温まるため、肌を温めて皮膚を柔らかくし、毛穴の角栓を取りやすい状態を作ります。

 

今毛穴に悩んでいる方にとても話題のクレンジングです。

 

血行促進の効果もありますので、ターンオーバーを促したり、毛穴の黒ずみにとても効果的なので美肌には嬉しい効果が様々です。

 

ホットクレンジングの使用方法

ホットクレンジングの使い方は普通のクレンジングジェルと大体同じで手のひらでジェルを温めてから肌にのせるのですが、ジェルが固い状態だと肌の上で伸ばしていかないといけないので、それは肌に負担がかかってしまうため避けましょう。

 

手のひらで温めたらそのままジェルが柔らかくなるまでなじませていくと、じわーっとジェルが温かくなってくるので伸ばしやすくなってから肌になじませる方法をおすすめします。

 

また温感で肌へのマッサージ効果も高いので、なるべく肌全体にまんべんなくジェルを伸ばしましょう。

 

血流が良くなるのでリラックス効果も得られます。

 

  ピーリング作用が配合されたものを選ぶ

クレンジング料に、AHAやBHA、その他のピーリング成分が配合されたものも効果的です。

AHAとBHAとは?

今の日本ではピーリングに使われる成分のほとんどがグリコール酸であり

「AHA(αヒドロキシ酸)」はグリコール酸の一種で、比較的マイルドな成分でピーリングコスメなどによく入っています。

 

さらに強力なピーリングをしたい場合に、最も頻繁に用いられるのがサリチル酸の一種である「BHA(βヒドロキシ酸)」です。

 

グリコール酸よりも強力なので皮膚のより深層までのピーリングが可能です。

 

ピーリング成分が、肌に蓄積された古い角質を落とし洗浄するため、毛穴に古い角質がたまり、詰まり毛穴になるのを防ぐこともできます。

 

「毎日使うクレンジングにピーリング成分が入っていて肌への刺激にならないの?」などと、思われるかもしれませんが、あくまで『クレンジング』なので、ピーリング作用のある成分が入っていたとしても比較的肌にマイルドなものです。

 

またそれを補うための保湿成分も、もちろん入っていますので安心して毎日お使いいただけます。

 

逆に『ピーリングジェル』などの表記で販売されているものには、しっかりピーリング効果の高い成分が使われているので、使用頻度も週に一回などクレンジングに比べると少ない回数です。

 

ピーリングジェルを毎日使う人はいないかと思いますが、それだけお肌に負担をかけてしまう恐れがあるものです。

 

なので使用頻度をしっかり守ることが、肌にとって一番良いと思います。

 

またターンオーバーを促す作用があるので、メラニンの排泄も促すことができ、おすすめです。

 

毛穴の種類別、おすすめクレンジングタイプ

クレンジング一覧

毛穴の悩みといってもその状態や原因はさまざまで、大きく分けると4種類に分けられます。

 

詰まり毛穴、黒ずみ毛穴、開き毛穴、たるみ毛穴。

 

それぞれの毛穴の悩みにおすすめのクレンジングのタイプをご紹介します。

 

詰まり毛穴

詰まり毛穴

詰まり毛穴とは、皮脂と古い角質がまざりあって角栓となり、毛穴に詰まり目立っているものです。

主に皮脂分泌の多いTゾーンに見られます。

 

その詰まってしまった角栓を柔らかくし取り除くためにはオイルやジェルタイプのクレンジングがおすすめです。効果をよりアップさせるために、クレンジングの前に蒸しタオルやスチームで温めると角栓がより取り除かれやすくなります。

 

黒ずみ毛穴

黒ずみ毛穴

黒ずみ毛穴とは詰まった角栓が空気により酸化してしまい黒ずんでしまうものでよく小鼻の周りにできます。

 

詰まり毛穴とほぼ同じだけど、黒ずみの場合は汚れを浮かして毛穴に詰まった酸化皮脂を取り除くクリームタイプのクレンジングがおすすめです。

 

開き毛穴

開き毛穴

開き毛穴とは、皮脂の過剰分泌により毛穴が開いて見えることです。

 

脂性肌の人に出来やすく鼻周りだけでなく頬や顔全体に見られます。

 

皮脂の過剰分泌が原因なので皮脂をしっかり取ることが良いと思われがちですが、皮脂は取りすぎてしまうとより過剰に分泌され、乾燥を招いてしまうので、うるおいも与えながらさっぱり仕上がるジェルタイプのクレンジングがおすすめです。

 

たるみ毛穴

たるみ毛穴

たるみ毛穴とは肌の老化によってコラーゲンが減少し毛穴を支えられなくなり、毛穴がしずく型に垂れ下がることで主に頬に見られることが多いです。

 

肌のうるおい不足(コラーゲン等)により引き起こされるから、保湿効果に優れているミルクやクリームタイプのクレンジングがおすすめです。

 

毛穴ケアにNGなもの!

バツサイン

  拭き取りシート

手軽にクレンジング出来て簡単に汚れが落ちますが、拭き取って使うシートタイプは肌にとても負担がかかります。

 

通常クレンジングは、油分によって汚れや角栓を浮かして洗い流しますが、シートなどで拭き取るタイプは、汚れを浮かせずに拭き取る摩擦で落とすため、皮膚に炎症が起こってしまうので長い間続けていることでしみやシワの原因になってしまいます。

 

シートタイプは元からクレンジング料も含まれており、とても手軽で使いやすいアイテムですが、普段使いしないように心がけましょう。

 

  毛穴パック

毛穴パックも同じように肌に刺激を与える原因になります。

 

詰まっているものを取ることでザラザラ感は解消されますが、毛穴自体は小さくなることはありません。

 

逆に、毛穴から角栓がすっぽり抜けてしまえば、また新たに角栓を作ろうと働きが活発になり、毛穴がさらに大きくなってしまう原因にもなります。

 

角栓は完全に除去するのではなく、日々のスキンケアで小さく目立たなくしていくようにすることが大切です。

 

 

毛穴に効果的なおすすめクレンジング!

これらのことをふまえて、毛穴に効果的なおすすめのクレンジングをいくつかご紹介したいと思います。

 

どれも人気があって毛穴に効果的なものばかりなので気になるものがあったら是非参考にしてみて下さい。

 

マナラ ホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲル

ホットクレンジングの定番ともいわれる毛穴の黒ずみに効果的なクレンジングです。

 

美容液成分94.4%で、毛穴の黒ずみを目立たないツルツル肌にするだけではなく健やかでなめらかな肌へと導いてくれます。

 

ダブル洗顔不要のため肌への負担も少なく、使い続けることで肌の透明感がアップし毛穴レスを目指せること間違いありません。

 

 

デュオ  ザ クレンジングバーム

デュオクレンジングバーム

毛穴クリアカプセルという微粒子が毛穴の奥の汚れまでしっかり絡めとるので毛穴の黒ずみにとても効果的です。

 

これ1つでクレンジング、マッサージ、洗顔、パック、トリートメントの5つの役割を果たすので、高機能クレンジングです。

 

お肌にのせるとトロッととろけるテクスチャーが心地いいところが嬉しいポイントです。

 

 

アテニア  スキンクリア クレンズ オイル

アテニア スキンクリアクレンズ

濃いメイクも短時間でするっと落とせて、メイクや肌の汚れだけではなく毛穴汚れもしっかり取り除いてくれます。

 

また肌のくすみにも特化しているので洗いあがりの肌はパッとくすみがとれて明るいお肌に導いてくれます。

 

濡れた手でも使えるタイプなので、お風呂場で好きな時にクレンジングできるところがおすすめです。

 

 

フルリ  クリアゲルクレンズ

フルリクリアゲルクレンズ

美容皮膚科医とエステティシャンの医療と美容の共同開発から誕生した毛穴汚れを吸着し、肌に透明感を出してくれます。

 

毛穴の黒ずみに効果的な成分を配合しているため、毛穴汚れや皮脂を除去する効果が認められ、医学専門誌にも掲載されるほどの実績があります。

 

また肌への負担をおさえるため、12項目の無添加を実現している、肌の優しさにこだわったクレンジングです。

 

 

リダーマラボ  モイストゲルクレンジング

リダーマラボモイストゲルクレンジング

皮膚科医が監修した毛穴専門のクレンジングで、赤ちゃんの肌にも使えるこんにゃく由来のスクラブが、毛穴汚れを吸着して古い角質などもしっかり絡めとってくれます。

 

濃いメイクもしっかりオフしてくれて美容成分99.3%も配合しているので、毛穴の黒ずみやさまざまな毛穴の悩みに効果的です。

 

また7つの無添加処方なので肌への負担がなく優しいところがポイントです。

 

 

ファンケル  マイルドクレンジングオイル

ファンケルマイルドクレンジングオイル

落としにくいウォータープルーフなどのメイクもしっかりオフしてくれて、頑固な毛穴汚れやざらつきもするっと除去してくれます。

 

高い洗浄力なのにうるおいを守りながら洗いあげるところが特長的で、何より低刺激性でお肌に優しい無添加処方です。

 

メイクの落ちやすさ&角栓への効果&肌への優しさが人気のポイントです。

 

エゴイプセ   クレンジングバーム

エゴイプセクレンジングバーム

固形のバームを手にのせて軽くなじませるだけでトロッとしたテクスチャーになり思わずうっとりするような使い心地です。

 

メイク落ちはもちろん、毛穴の奥の古い角質もしっかり落として洗いあがりの肌はくすみもとれて明るく仕上がります。

 

毛穴やくすみの両方に効果的なところがおすすめです。

 

ハレナ オーガニックホットクレンジングジェル

ハレナオーガニックホットクレンジングジェル

敏感肌向けで赤ちゃんにも使える優しいクレンジングです。

 

安心安全な国産オーガニックの温感ジェルがごわつく肌をほぐして毛穴を広げ、毛穴詰まった皮脂汚れや黒ずみを溶かし出します。

 

オーガニック成分を含む美容液成分を99%も配合しているので洗い上がりはしっとりしなやかで使うほどに透明感のあるうるおった肌へと導きます。

 

毛穴に効果的なクレンジングまとめ

女性

いかがだったでしょうか?

 

気になるクレンジングは見つかりましたか?

 

毛穴の悩みは絶えることなくありますが、少しでもその悩みを解消することが出来たらいいですね。

 

そのためにはまず基本となるクレンジングからしっかり見直してみましょう。

 

きっとクレンジングを変えるだけで今までの悩みが嘘のように改善されていくと思いますよ。

 

毎日使うクレンジングだからこそ、肌に優しいもの、そして毛穴に効果的なものを選びましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA