こうじ酵素とラクビ(LAKUBI)を同時に飲むと痩せる効果が高いって本当?

同じ悠悠館から発売されている、ラクビとこうじ酵素。

それぞれはダイエットのための商品でありますが、異なったアプローチでダイエットを実現させてくれます。

ここではそんなラクビとこうじ酵素がどのような形で相乗効果をもたらしてくれるのか?

というのを解説していきます。

 

 

ラクビ( LAKUBI)

ラクビ

※ラクビは吸収を抑えるアプローチ

 

ラクビの特徴は痩せ菌(善玉菌)を増やしてくれることです。

ビフィズス菌や酪酸菌という菌を増やしてくれて、それが腸内環境を整えてくれます。

ラクビは腸内フローラを整えると共に、余分な糖分・油を吸収しないことをメインにした商品になります。

 

ラクビについて詳細はこちらの記事で解説しています↓

 

こうじ酵素

こうじ酵素のパッケージ

※こうじ酵素は消費をあげるアプローチ

 

こうじ酵素の特徴は、年齢と共に下がってくる基礎代謝を高めてくれることにあります。

基礎代謝が下がるということは、燃焼効率が悪くなり太りやすい体になってしまいますがそれを防ぐことができます。

こうじ酵素はラクビとは逆の働きをします。

ラクビは吸収を抑制するのがメインだったのに対して、こうじ酵素は消費カロリーをアップさせることをメインにした商品ということですね。

 

こうじ酵素について詳細はこちらの記事で解説しています↓

 

ここまで読んで頂いただけでも、同時に飲むことによって相乗効果が期待できるのがわかって頂けたのではないかと思います。

まとめますと、ラクビは吸収を抑えて、こうじ酵素は消費カロリーをアップさせるからより痩せやすい体質に変わるということですね。

 

ではここからもっと詳しく解説していきます。

 

こうじ酵素とラクビを一緒に飲むとどうなるの?

痩せ菌を増やす商品と代謝をあげる商品で一見関係ない商品に見えますが、実はとても深く関係しています。

人間の体内には糖分を分解する成分があります。

 

唾液から分泌される成分=プロテアーゼ

腸内から分泌される成分=アミラーゼ

 

言い方は違いますが、どちらも同じ糖分を分解してくれる商品になります。

この分泌を促してくれるのが、こうじ酵素に含まれる7つの雑穀こうじになります。

7種類の雑穀こうじ

そして、これらが多く分泌されればされるほど糖分を分解してくれるので、腸内に糖分(オリゴ糖)が余った状態になります。

 

腸内に余分な糖分が余ってると、その糖分は吸収されていくのではないかと思われるでしょうがそうではありません。

ラクビには糖分の吸収を抑えるサラシアエキスという成分が含まれています。

サラシアエキス

このサラシアエキスは余分な糖分の吸収をブロックしてくれます。

 

ブロックされた糖分は、こうじ酵素やラクビを飲んでいるとその余った糖分が餌になります。

その中でも、こうじ酵素に含まれるこうじ菌が目を覚まし、腸内に余った糖分(オリゴ糖)を食べて活発に活動してくれるようになるのです。

その結果、痩せ菌(善玉菌)が増えるという仕組みになるんですね。

 

お互いの食物繊維がサポートをしてくれる

こうじ酵素とラクビはお互いに違った食物繊維を持っています。

 

こうじ酵素に含まれる食物繊維=レジスタントプロテイン

ラクビに含まれる食物繊維=難消化性デキストリン

 

基本的な食物繊維の働きは腸内に溜まっている不要物を吸着して、便と一緒に排泄してくれることにあります。

そして、この2種類の食物繊維はお互いにサポートしあうことができます。

 

例えば、こうじ酵素のレジスタントプロテインが不要物の吸着に10のエネルギーを使うことができるとします。

そのうち7のエネルギーの吸着をして残りの3はそのまま便として排泄されてしまいます。

 

ですが、ここでラクビも一緒に飲んでいるとその余ったは3はそのまま便として排泄されずにラクビに含まれる、酪酸菌や乳酸菌の働きをサポートしてくれるのです。

 

これは逆のことも言えます。

 

ラクビで余った難消化性デキストリンをこうじ酵素の代謝アップのサポートをしてくれるということですね。

 

こうじ酵素の飲み方や副作用などはこちらの記事でくわしく紹介しています↓

 

ラクビ(LAKUBI)に関してはこちらの記事でも紹介しています↓

 

ニュースルスルこうそ(酵素)に関してはこちらの記事でも紹介しています↓

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA