口コミで評判の腸内フローラダイエット!BISERA(ビセラ)を実際に飲んでみての効果を体験レビュー

ビセラのパッケージ

生菌ってなぁに?

生菌とは、生きたまま腸まで届く菌を言います。

この、生きたまま腸まで届く菌を「プロバイオティクス」といい、腸内フローラを整え身体によい作用をもたらす微生物のことを言います。

代表的なものに乳酸菌やビフィズス菌があり、ヨーグルトなどに「生きたまま腸まで届く」など表示があるものも多くあり、最近よく耳にすることもあるのではないでしょうか。

 

しかし、乳酸菌やビフィズス菌の種類によっては酸やアルカリ、熱に弱い菌もあるため、厳選する必要が出てきてしまいます。

 

例えば、乳酸菌には植物性乳酸菌と動物性乳酸菌があり、その種類により酸やアルカリ、熱などへの強さが異なります。

 

植物性乳酸菌(味噌、漬物、キムチなどの発酵食品)

漬物などの発酵食品に含まれる植物由来の乳酸菌を言い、豊富とは言えない野菜のブドウ糖を餌にし、塩や酸が多く使用された漬物樽の中で発酵・熟成、さらに寒い場所での保存となり菌にとっては過酷な環境下となっています。

 

動物性乳酸菌(ヨーグルト、チーズ、ヤクルトなど)

例えばヨーグルトに含まれる動物由来の乳酸菌の場合、牛乳の乳糖を餌にし、温度調整の管理された場所での発酵・熟成になりますので、整った環境下になります。

 

 

生菌は植物性乳酸菌がおすすめ

植物性乳酸菌は動物性乳酸菌より厳しい環境下で育つことから酸に強く、腸まで届きやすい特徴があります。

 

乳酸菌にはいくつかの種類があり、エンテロコッカス属、ラクトバチルス属、ビフィドバクテリウム属、ラクトコッカス属、ペディオコッカス属、リューコノストック属などがあります。

そのうちの植物性乳酸菌は、ラクトバチルス属、ペディオコッカス属、リューコノストック属などになります。

ラクトバチルス属はラクトバチルス菌とも呼ばれ、ぬか漬けや醤油、大豆などの発酵食品に含まれ、「ラクトバチルス・ガセイ菌」や「ラクトバチルス・ガセリ菌」などが有名です。

 

植物性乳酸菌を摂取することで胃酸や熱などで死活することなく腸まで届きやすくなり、腸内を酸性に保つことで悪玉菌の増殖を抑える効果があります。

 

乳酸菌は属性によりそれぞれ異なる効果を持っています。

悪玉菌の増殖を抑えやすくするためには、より多くの乳酸菌を摂取すると体内環境が整いやすくなります。

乳酸菌には善玉菌・悪玉菌・日和見菌などが存在し、体内環境を整えるには善玉菌の力が必要になり、この善玉菌を増やすことが腸内フローラをサポートすることになります。

 

腸内フローラってなに?

腸内フローラは、私たち人間の腸内には数百兆個の細菌が潜んでいます。

それらの細菌がひしめき合う様子がお花畑に見えることから、腸内フローラと言われてるんです。

 

この腸内フローラは近年研究が進んでおり、菌の作用によって健康やスタイルケアにも大きく関わってることが権威ある科学専門誌でも発表されています。

 

善玉菌・悪玉菌・日和見菌ってなに?

 

歳をとると善玉菌が減り悪玉菌が増える様子

上記で腸内フローラを解説しましたが、腸内のことについてもう少し深く見てみましょう。

腸内には大きく分けて、

 

・善玉菌

・悪玉菌

・日和見菌

 

の3種類の菌に分かれます。

 

生まれたての赤ちゃんは腸内細菌は善玉菌がほとんどの割合を占めますが、歳をとるにつれてだんだんとその数は減少し悪玉菌の割合が増えていきます。

腸内に占める善玉菌・悪玉菌の割合

出典:グリコ

 

善玉菌の働き

この中にある善玉菌の働きは、腸内環境を整えて綺麗な状態にしようと働いてくれます。

よくヨーグルトを食べると、お通じが良くなるというのはヨーグルトの中に善玉菌の一種のビフィズス菌がたくさん含まれてるからなんですね。

このように善玉菌は腸内環境を綺麗にして、便秘の解消を促してくれるのです。

 

悪玉菌の働き

悪玉菌は食生活が肉中心などに偏ったり、運動不足であったり、ストレスを多く抱える方が増える傾向にあります。

悪玉菌の働きは善玉菌の逆になります。

消化されたものを溜め込む修正があるのです。

 

溜め込むことによって、それが脂肪になり体に蓄積されていってしまうのです。

 

日和菌の働き

日和見菌は善玉菌、悪玉菌のどちらでもない菌になります。

この日和見菌の働きは、どちらか多い方の菌に同調して働く性質があります。

どういうことかと言いますと、善玉菌が多ければ腸内環境を整える働きを後押ししてくれます。

逆に悪玉菌が多いと、摂取したものを溜め込むことを手伝うので太りやすくなるということですね。

 

3つの菌のまとめ

この3つの菌はそれぞれなくてはならない菌になります。

善玉菌だけがあれば良いと考えてしまいがちですが、悪玉菌がないと善玉菌は免疫機能を発揮してくれません。

 

ですので、悪玉菌を全部なくしてしまうと善玉菌も働かなくなってしまうのです。

理想は痩せ菌2:デブ菌1:日和見菌です。

 

デブ菌を減らすというよりも、デブ菌より善玉菌を増やしてあげる意識が大切です。

そうすることによって、日和見菌も善玉菌の働きに同調し腸内環境が整っていくんですね。

 

これらの腸内細菌は食物繊維などを自分たちのエネルギー源とし、その分解過程で様々な代謝物質を作り出します。

その代謝物質のひとつに善玉菌が生成する短鎖脂肪酸(酢酸、酪酸、プロピオン酸)があります。

 

短鎖脂肪酸って何?

ビセラ 短鎖脂肪酸をダイレクトに配合

ビセラには短鎖脂肪酸をダイレクトに配合と書かれています。

この短鎖脂肪酸と聞くと、脂肪と書かれてるので太りそうな気がしますがそうではありません。

 

この短鎖脂肪酸はダイエットにとても大切な3つの働きをしてくれます。

腸を活発に動かす
代謝を上げる
脂肪の吸収を抑える

年齢とともに下がってしまう代謝をあげてくれるということは、日常生活の中でも燃焼モードに入り痩せやすい体質に変わるのでとても素晴らしい効果ですよね。

 

短鎖脂肪酸は、体内の余分な脂肪を蓄えている細胞(脂肪細胞)へエネルギーが蓄えられるのを防ぎ筋肉で消費されやすくすると共に、血液の中を流れ全身に運ばれ脂肪細胞の受容体にくっつくことで脂肪のため込みをストップする指令を出します。

すると脂肪細胞は脂肪を取り込みすることをやめるため、肥満の防止に繋がります。

 

出典:腸内環境と健康

 

さらに、短鎖脂肪酸は大腸内を弱酸性に保つことで悪玉菌の増殖を抑制する効果や腸内の蠕動運動、免疫反応を制御するなど様々な働きがあります。

免疫機能が低下すると、風邪や感染症、がんや心臓病など様々な病気を発症することもあります。

 

また、花粉症やアトピー、ハウスダストなどのアレルギーも腸内の免疫機能が関係しており、体内の善玉菌を増やすことでそれらの症状を抑える効果があります。

 

花粉症の方は、ヨーグルトを食べると良いと聞いたことはありませんか?

それは、ヨーグルトを摂取することで体内の善玉菌を増やし、アレルギー症状を抑える効果があるからなんですね。

 

短鎖脂肪酸は私たちの体内で代謝を高め腸を活発に働かせ、脂肪の溜め込みを防ぐなどのダイエット効果だけでなく、アレルギーや病気予防にも効果があるんですね。

 

酪酸菌からではなく短鎖脂肪酸をダイレクトに摂取できるメリットは?

短鎖脂肪酸がダイエットに、とても大切な働きをしてくるのが分かりましたね。

ですが、この短鎖脂肪酸は本来であれば酪酸菌が短鎖脂肪酸を作り出します。

 

酪酸菌とは、腸内細菌の一種で芽胞と呼ばれる強いバリアを外殻に持った微生物になります。

このバリアは酸やアルカリ、80℃以上の熱にも強いため、酪酸菌は胃酸で死活することなく胃を通過することができ、腸内で生きたまま活動することができます。

 

これまでの腸内フローラを目的とした商品には、この酪酸菌を摂取して酪酸菌が作り出す短鎖脂肪酸を増やしていくものでした。

 

ですが、酪酸菌から短鎖脂肪酸を作り出す時に人によって効率的に短鎖脂肪酸が作られる人もいれば、そうでない人もいて個人によって左右する部分があったのです。

 

今回のビセラは、そんな短鎖脂肪酸がダイレクトに含まれている商品になります。

 

酪酸菌から短鎖脂肪酸を作り出しつつ、ダイレクトに短鎖脂肪酸も摂取することで、より多くの効果を期待することが出来るようになります。

 

ですので、個人によって違った働きをする酪酸菌に影響されずに、そのまま短鎖脂肪酸を摂取できるでより効率的に痩せやすい体質に変われるということになりますね。

 

実感できる3つの秘密

その1 ダイエットサポート菌が1兆個

ラクリス菌

熱に強く、加熱処理をしても生きることができる有胞子性乳酸菌。腸にとどまっている時間が長いなどの優れた特長を持つ。

通常の乳酸菌は体内で留まることが出来る期間は3~4日と言われ、その後に体外に排出されていきます。

しかし、このラクリス菌は体内に1週間住み続け、その間活発に活動することが出来ます。

EC-12菌

ヒト由来の善玉菌。ヨーグルトなどに含まれている菌の1/5ほどの小さな菌を凝縮して作られたため、一度に多くの菌を摂取することができます。

ナノ乳酸菌

粒子の直径が1ミクロン未満の微粒子である乳酸菌。粒子が小さいため体内に取り込まれやすく、高い働きが期待されています。

 

その2 善玉菌を増やし悪玉菌を減らします

オリゴ糖(善玉菌を増やす)

母乳などにも含まれている、熱や酸に強いオリゴ糖。

体内で善玉菌の餌となり繁殖促進を促します。

 

水溶性食物繊維(悪玉菌を減らす)

ごぼうなどに含まれている、水に溶けやすい食物繊維。

悪い影響を及ぼす悪玉菌を吸着して、一緒に体外に排出してくれます。

 

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、この2つの食物繊維をバランスよく摂ることが大切になります。

しかし、食品に含まれている食物繊維は不溶性食物繊維が多く、水溶性食物繊維の摂取が少なくなってしまいがちです。

ビセラには、水溶性食物繊維が豊富な有機アガベイヌリンが配合されていますので、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスがよくなり、腸内環境が整いやすくなります。

 

その3 腸まで届く特殊加工カプセル

一般的なサプリで使われているカプセルは胃で解けるように設計されているため、せっかく善玉菌を摂取しても熱や酸に弱い菌を生きたまま必要なところまで届けることが出来ません。

ビセラは胃で溶けずに、腸で解ける特殊カプセルを採用しています。

ビセラの特殊カプセルの図解

こちらが実際にカプセルになります。

 

ビセラの商品と他社商品の大きさの比較

左側にある白い商品がビセラの方になります。

1日1粒飲めば良いので、そのぶん他社商品より一回り大きいですね。

ビセラの商品と他社商品の大きさの比較

直径はちょうど1円玉と同じ大きさくらいで、他社のと並べてみると大きく見えますが飲むのには全く問題有りません。

ビセラの商品と他社商品のハードカプセルの比較

こちらの画像はビセラのハードカプセルの部分が分かりやすいように撮影した写真になります。

左の他社商品と比較すると商品自体が一回り大きくハードカプセルの厚さも2倍はあります。

実際にハードカプセルをこのように比較して見てみると、ビセラの方は特殊加工カプセルなので胃で溶けずに腸まで届くと言うのが納得できますよね。

 

酸やアルカリ、80度以上の熱に強い酪酸菌のバリアの役割を果たしているのが、この特殊加工カプセルになります。

 

この特殊加工カプセルにより、酸やアルカリ、熱に弱く胃で死活してしまう微生物も生きたまま腸まで届けることが出来るようになります。

 

そのため、生きた菌のみを選別することなく様々な菌を組み合わせることが出来るようになり、体内の善玉菌を効率的に増やすことが可能になったのです。

特殊加工カプセルで生菌を増やすことで腸内の善玉菌を増やし、ダイレクトに短鎖脂肪酸を摂取することで、よりダイエット効果が期待できるのが、ビセラになります。

 

実際にサプリを手にとって確認したのですが無臭です。

他のサプリであれば、何かしらほんのり香るのですがこの商品は本当に無臭でとても飲みやすいと思いました。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA