口コミで評判のあるエゴイプセ(Egoipse)クレンジングバームを実際に使ってみたその効果は!?体験レビュー

エゴイプセクレンジングバーム

あなたはこんなお悩みはありませんか?

 

「何度洗顔しても毛穴の黒ずみがとれない」

「触ると毛穴がザラザラしている」

「時間が経つとファンデーションが毛穴落ちしてくる」

「肌がいつもくすんでる」

 

年齢と共に増えてくる肌の悩み。

 

乾燥や肌のごわつき、テカリ、くすみなどの肌トラブルの主な原因は毛穴にあります。

 

肌の表面の水分量と油分量をバランス良く保つことが一番の美肌への近道です。

 

しかしながら様々な外的要因や季節によって、バランスが崩れて肌が乾燥することで油分だけが肌に残り、それが酸化して黒ずみとなり、毛穴の開きの原因となります。

 

それを解決するためには、まずは肌の基本的なことからはじめましょう。

 

美肌への基本とは?

女性

まず美肌作りに最も重要なのが、クレンジングです。

 

クレンジングによって肌は左右されてしまうので、しっかり見直すことが大切です。

 

クレンジングでしっかり肌の汚れを取り除くことで、その後のスキンケアの浸透具合も変わってきます。

 

どんなに良い美容液を使っていても肌に浸透しなければ意味がありません。

 

しかしクレンジングにも沢山の種類があって選ぶのが難しいですよね。

 

オイルタイプなどメイク落ちが良いものは肌にそれだけ負担がかかってしまうし、ジェルタイプなど肌に優しいものはメイクが落ちにくい…

 

そんな両方の良いとこどりのクレンジングがあったらいいですよね。

 

イイトコドリのクレンジングって?

 

今回ご紹介するのは、クレンジングの利点だけを集めた、まさに良いとこどりのクレンジングです。

 

その名も「エゴイプセ  クレンジングバーム」です。

エゴイプセクレンジングバーム

こちらは2018年9月に発売したばかりの新商品です。

 

エゴイプセ  クレンジングバームの3つの特徴

1  潤い成分95.4%配合

エゴイプセ クレンジングバームの全成分のうち、 95.4%がうるおい成分で構成されています。

 

 クレンジングでありながらまるで美容液のようなたっぷりのうるおい成分で「汚れを取り除く」ことと「うるおいを与える」こと を2つ同時に実現可能にしました。

 

2  ソフトピールカプセル構造

汚れを取り除く独自技術でカプセルに包まれたうるおい成分と洗浄成分がソフトスクラブ効果を発揮し、 毛穴の奥の汚れや古い角質を優しく取り除いてくれます。

ソフトピール構造

うるおい成分は肌に浸透し、汚れのないクリアな肌へ導きます。

 

3  こだわりの31種類の植物エキス

毎日使うクレンジングなので肌に優しい自然由来の植物エキスを31種類も配合しています。

 

肌をきゅっと引き締める作用のある6つの植物エキス

ローマカミツレ花エキス

トウキンセンカ花エキス

ヤグルマギク花エキス

カミツレ花エキス

セイヨウオトギリソウエキス

アメリカショウマ根エキス

 

また毛穴を引き締める以外にもうるおいやハリ、ツヤ、透明感、そしてエイジングケアにも最適な肌に嬉しい植物エキスを24種類配合しています。

潤い・はり・つや・透明感・エイジングケア

イソフラボンエキス、カッコンエキス、シアバター、コルクガシ樹皮、米、アマチャズル、エンドウ、オクラ果実、アカツメクサ花、ザクロ、プエラリアミリフィカ、ルイボス、ヒメフウロ、タンブリッサトリコフィラ葉、ライチ果皮、タベブイアインベチギノサ樹皮、カラトウキ根、ラベンダー、イタドリ根、コメヌカ、メリアアザジラクタ葉(ニームリーフ)、アマモ、インドナガコショウ(ヒハツ)果皮、ホホバ葉

 

さらにこれらの10種類の無添加処方です。

×パラベン

×鉱物油

×香料

×着色料

×石油系油脂

×アルコール

×紫外線吸収剤

×タール色素

×動物性由来成分

×旧表示成分

 

4  これ1つで6つのケア

クレンジング・洗顔・角質ケア・保湿・ひきしめ・整肌まで これ一つでOKなのでダブル洗顔は不使用です。

 

お肌のことを考えて、肌に負担のないクレンジングです。

 

エゴイプセクレンジングのいいところ

・毛穴レスになれる

・内側からうるおってキレイな肌になれる

・すっぴんでも自信が持てる肌になれる

 

エゴイプセ  クレンジングバームが届きました

こちらが実際の商品です。

エゴイプセクレンジングバーム

成分の中で使われている植物の絵でしょうか?

 

このパッケージからして、お肌に優しいクレンジングだということが分かりますね。

エゴイプセクレンジングバーム

 

箱の裏面にはクレンジングバームの全成分が記載されています。

エゴイプセ成分

《全成分》

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、パルミチン酸エチルヘキシル、炭酸ジカプリリル、トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル、水、ラベンダー油、フェノキシエタノール、トコフェロール、BG、グリセリン、シア脂、タンブリッサトリコフィラ葉エキス、DPG、マルトデキストリン、ジラウリン酸スクロース、ダイズイソフラボン、クズ根エキス(又はカッコンエキス)、イタドリ根エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、豆乳発酵液、アメリカショウマ根エキス、ココイルグルタミン酸Na、アカツメクサ花エキス、カラトウキ根エキス、ザクロエキス、エンドウエキス、コルクガシ樹皮エキス、ライチー果皮エキス、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花、アマチャヅル葉エキス、ルイボスエキス、オクラ果実エキス、コメエキス、タベブイアインペチギノサ樹皮エキエキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、コメヌカエキス、ヤグルマギク花エキス、ヒメフウロエキス、ホホバ葉エキス、メリアアザジラクタ葉エキス、アーチチョーク葉エキス、インドナガコショウ果実エキス、アマモエキス、ローマカミツレ花エキス

 

箱から取り出しました。

エゴイプセクレンジングバーム

 

シンプルな白の容器でおしゃれです。

エゴイプセクレンジングバーム

 

ちょうど手の平に乗せれる程のサイズです。

エゴイプセクレンジングバームを手の平に乗せたところ

 

蓋は回すタイプではなく、そのまま上にぱかっと開けるタイプのもので蓋の裏にはスパチュラが付属されていました。

エゴイプセクレンジングバームの蓋を開けたところ

 

スパチュラがあった方が衛星的にもいいのでありがたいです。

エゴイプセクレンジングバーム

中のバームも真っ白で匂いを嗅いでみるとほんのりラベンダーの自然な香りがして癒されました。

 

私はラベンダーの香りがとても好きなので、使用するのが楽しみです。

 

実際に使ってみました

エゴイプセクレンジングバーム

クレンジングバームは基本的に顔や手が乾いた状態で使用します。

 

場合によっては濡れたままでも問題ありませんが、濡れた手の場合洗浄力が弱くなってしまうため、乾いた状態での使用をおすすめします。

 

 

さっそく使用方法に沿ってクレンジングしていきましょう。

 

STEP1

スパチュラ(付属のスプーン)にさくらんぼ大くらいの量を手に取ります。 

さくらんぼ大のクレンジングバーム

 

クレンジングバームをスパチュラでとるところ

バームが思っていたより柔らかくてサクッと力を入れずに簡単にすくえました。

クレンジングバームを手に乗せるところ

 

STEP2

クレンジングバームを手のひらに軽く溶かすようになじませます。

バームをなじませるところ

トロトローっとあっという間にバームがとろけていきました。

 

STEP3

のばしやすい程度にバームがとろけたら顔全体になじませて円を描くようにくるくる軽くマッサージしながらメイクを浮かせます。

クレンジングの様子

STEP4

ぬるま湯でしっかりすすぎ残しがないように洗い流し、いつものスキンケアでお肌を整えます。

すすぎの様子

 

 

エゴイプセ  クレンジングバームを使った感想

エゴイプセクレンジングバームを手の平に乗せたところ

バームを手の平で軽くなじませると、すぐにとろけて不思議な感覚で、肌全体になじませるとラベンダーの良い香りがしてとても心地良く感じました。

 

バームはとてもなめらかでオイルやクリームとはまた違ったテクスチャーでまるでエステでフェイシャルケアをしてもらっているように気持ちがいいです。

 

メイクもすぐにスルッと浮いてきて、全く力を入れずにすっきり落とせました。

 

洗いあがりは肌に手が吸い付くようなもっちり感があり、うるおいを保っている感じです。

 

肌のトーンも明るくなって透明感が増したように感じたので、使い続けることによって肌が綺麗になれる気がします。

 

また、肌のざらつきや毛穴の詰まりも取り除いてくれて、手触りがつるんとした肌になりました。

 

これだけ洗浄力も高いのに肌に全く負担をかけることなく、むしろ肌に良いことだらけのクレンジングバームなので、一度その良さを知ったら手放せなくなると思います。

 

 

こんな方におすすめしたい!

・汚れをしっかり落としたい

・毛穴のつまりや黒ずみを取り除きたい

・肌に優しいものがいい

・素肌から綺麗になりたい

 

おすすめできない方

・コスパがかかる

・ネット通販が苦手な方

・サッと手軽にクレンジングしたい方

 

メイク落ちはどうなの?

エゴイプセとメイクした手の甲

手の甲に普段使っているメイク用品をつけてみてメイクがしっかり落ちるのかチェックしたいと思います。

 

メイクした手の甲がこちらです。

メイクした手の甲

アイブロウ、アイシャドウ、アイライン、マスカラ、チーク、コンシーラー、口紅のうち画像の通り、ブルーで書かれているアイラインとマスカラはウォータープルーフタイプのものになります。

 

それではやっていきましょう。

 

まずクレンジングバームをひとすくいします。

クレンジングバームをすくうところ

 

それをメイクがついていない部分の手の甲にのせます。

(スパチュラを汚さないため)

手の甲にクレンジングバームを乗せるところ

 

クレンジングバームをなじませて、優しくくるくるとメイクを落としていきます。

メイクを落とすところ

 

ウォータープルーフ以外の部分はすぐにメイクが浮いてきて10秒もしないうちに簡単に落とせました。

 

バームがトロトロっとしている感じが手の甲でもとても気持ちよく感じます。

 

その後も優しくくるくるして、30秒程でウォータープルーフ部分も綺麗に落ちました。

メイクを落とすところ

 

洗いあがりの手の甲です。

手の甲

すっきりとメイクが綺麗に落ちています。

 

手の甲のくすみもとれて全体的に明るく透き通った肌になりました。

 

また、洗いあがり直後でも肌のうるおいが残っていて乾燥していません。

 

毛穴はどう変わる?

古い角質や毛穴の黒ずみに効果があるクレンジングバームですが、一回の使用で毛穴はどのくらい変化したのでしょうか?

 

毛穴の変化を分かりやすくするために、通常の15倍拡大して撮れるマクロレンズを使って、クレンジング前とクレンジング後の毛穴の状態を見てみたいと思います。

 

まずは朝起きてすっぴんの何もしていない肌の状態です。

 

《頬の毛穴》

クレンジング前 頬の毛穴

黒ずみは見られませんが、少し詰まっていて毛穴がたるんでいます。

 

《鼻の先端部分の毛穴》

クレンジング前 鼻の先端の毛穴

皮脂が多く出ていて肌がテカっています。

 

毛穴の黒ずみや詰まりも多く見られますね。

 

《小鼻の毛穴》

クレンジング前 小鼻の毛穴

こちらも黒ずみと詰まりがところどころあります。

 

続いてクレンジングバームを使用した後の肌の状態です。

《頬の毛穴》

クレンジング後 頬の毛穴

毛穴の詰まりがとれていますね。

 

《鼻の先端部分の毛穴》

クレンジング後 鼻の先端の毛穴

余分な皮脂が流されて詰まりが綺麗にとれています。

 

《小鼻の毛穴》

クレンジング後 小鼻の毛穴

こちらも皮脂が洗い流されて、肌がすっきりしていて詰まりが取り除かれています。

 

 

それぞれを比較してみました。

《頬の毛穴》

頬の毛穴比較

こうして比べてみると肌のトーンも明るくなっているのが分かります。

 

たるみ毛穴も少し解消されています。

 

《鼻の先端部分の毛穴》

鼻の先端の毛穴

黒ずみは少し残っていますが、詰まりがとれたので肌の凸凹を感じなくなりました。

 

《小鼻の毛穴》

小鼻の毛穴

こちらも黒ずみは残っていますが、詰まりがとれているので同じく凸凹を感じなくなりました。

 

これらの結果からも毛穴の黒ずみにすごく効果を感じたわけではありませんが、詰まりは取れたので使い続けることによって徐々に黒ずみもとれていきそうです。

 

洗いあがりの肌のうるおいは?

肌の水分量と油分量を測定できるこちらの肌チェッカーを使って、洗いあがりの肌の保湿状態がどうなのか計測してみました。

肌チェック

肌チェック

 

お肌に当てるだけでこのように表示されます。

肌チェック

 

季節によっても異なりますが大体の目安としては

水分量の目安

水分量は35%~60%

油分量は16%~30%

くらいが理想的な数値のようです。

 

私は頬の中心部分で測定しました。

頬の中心で肌チェック

 

まずは普段のすっぴんの状態の私のお肌の計測結果がこちらです。

肌チェックの結果

水分量はやや少なめで油分量が多い状態です。

 

肌全体がテカっていて皮脂が多く出ています。

 

続いてクレンジングバームでクレンジングした後のお肌の計測結果がこちらです。

肌チェックの結果

クレンジング後なのに、少し水分量が上がっていて、乾燥を感じることなくうるおいを保っています。

 

また余計な皮脂が洗い流されたので油分量は良い感じに抑えられました。

 

この結果からも、クレンジングバームは肌のうるおいはしっかり残したまま余分な皮脂や汚れだけを取り除いてくれる優秀なクレンジングだということが分かりました。

 

洗浄力が高いのに落としすぎないところがいいですね。

 

またこの後にダブル洗顔する必要がないので、肌に負担をかけることなく次のステップのスキンケアが可能です。

 

エゴイプセを使ってみた口コミは?

エゴイプセとあすか

美活編集部 あすか 32歳

バームタイプなのに手で伸ばすとすぐに溶けトロトロになって驚きです。

サイトに書かれているラベンダーの香りは私はあまりしませんでした。

 

1番驚いたのが、洗い上がりの肌が『もちもちっ』としていて、他のクレンジングでは感じたことのない潤いがお肌に残っていたことです!

やはり、汚れだけを取り除きうるおいを残す、ソフトピールカプセル構造になっているからなんですね!

そしてうるおい成分が95.4%も入ってるのにも驚きです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA