ポーラの高級ラインBAのバイオアクティブ理論とゴールデンLPが凄すぎる!

ゴールデンLP

バイオアクティブ理論 ~Bio Active~

「肌は、何度でも生まれ変われる」をコンセプトに誕生したBAは、胎児期に肌の生成を開始する「バーシカン」に着目しました。

 

バーシカン

胎児期の肌が初めてできる時、バーシカンという物質がとても重要な役割を果たしています。

このバーシカンは、私たちの肌の保湿に必要とされているコラーゲンよりも先に出現し、皮膚の真皮を作るための足場となっています。

 

私たちの肌は、表皮・真皮・皮下組織の3つに分かれています。

 

表皮は肌の一番上の普段私たちが目にしている部分となり、ラップくらいの厚さの部分をいいます。

その厚さ、0.2mmほどといわれています。

 

その表皮の下には真皮があり、皮膚の弾力やハリを保つために必要な中心的部分となります。

この表皮に、コラーゲンやエラスチン、線維芽細胞が存在しています。

 

さらに真皮の下には皮下組織が存在しており、脂肪を作り貯え、身体全体のクッションのような役割をしています。

BA 真皮の説明画像

 

出典 肌の構造とその役割

 

その中心的部分の真皮を作る足場となる「バーシカン」に着目し、もう一度肌を作り直すことを考えました。

胎児期の真皮を作る過程は、まず線維芽細胞が「バーシカン」を生み出し足場を作ります。

 

線維芽細胞は、私たちの肌のハリや弾力のもととなるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出すもととなる細胞です。

 

バーシカンを生みだし足場が整ったところで、広い範囲にコラーゲンやエラスチンなどの繊維を張り巡らすと考えられています。

しかしバーシカンは胎児期には多く存在していますが、年齢を重ねるごとに減っていってしまいます。

 

年齢を重ねるごとに減っていくバーシカンですが、怪我をした時など皮膚を再生する必要がある場合には再び増加することが分かっています。

 

胎児期より減ってしまったバーシカンを増やすことが出来れば、私たちの肌は赤ちゃんのようなすべすべとした柔らかで、弾力のある肌へと生まれ変わることができるのではないかと考えられたのが、バイオアクティブ理論です。

 

例えば、吊り橋を想像してみてください。

川の上に吊り橋を設置し、落ちないように補強をしておきます。

 

補強がしっかりとしていれば吊り橋は落ちることがありません。

しかし補強がしっかりとしていなければ、吊り橋を渡った時に橋が切れて川に落ちてしまいます。

 

吊り橋が落ちないよう、しっかりと土台をつくることにより私たちは吊り橋を渡ることが出来ます。

 

バーシカンに置き換えて考えてみます。

吊り橋の補強部分がバ―シカンです。

 

そのバーシカンでしっかりと肌の土台を作ることにより、エラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸がしっかりと機能することができことになります。

 

 

BA バーシカン

 

 

 

では、バーシカンを増やすにはどうしたらいいのでしょうか。

ポーラは、バーシカンの産生を増やす成分として「ゴールデンLP」を独自で配合することに成功しました。

 

ゴールデンLP

BA 黄金繭

 

ゴールデンLPとは、世界主要国家での繭生産量の0.0001%という希少性の黄金の蚕から独自の製法で抽出した保湿成分になります。

 

黄金繭とは、クリキュラ・トリ・フエネストラーターといい、インドネシアを中心とした熱帯~亜熱帯に生息している害虫です。

クリキュラが食用としている葉は、アボガド・マンゴウ・カシューナッツ・グァバ・ドンドン・ラブータンなどで、11月~4月の間に卵から小さな毛虫が生まれ、繭を作って成虫になります。

クリキュラは別名、ドンドンと呼ばれており、そのドンドンの繭は形を保つために動物性たんぱく質の「セリシン」で固められています。

ドンドンの繭が黄金色になる理由は、食用として食べている葉に含まれる色素の影響だと言われています。

 


そしてこの繭は、とても硬くほぐれにくくなっています。

糸をつむぐ工程として、繭をお湯で少し煮てあげると糸がほぐれやすくなるのですが、このドンドンの糸は光沢が出るものほど強力に固められています。

 

煮すぎると黄金の光沢は消え、ただのばらばらの繊維の集まりになってしまいます。

そのため、糸をつむぐ肯定にもとても注意が必要です。

 

その黄金繭を固めているセリシンは糸をつむぐにはとても不都合な存在に感じてしまうのですが、このセリシンの成分に肌を美しくする効果があることが発見されました。

その他にも黄金繭には、抗酸化作用を持つ「カロテノイド系色素」「保湿成分のフィブロイン」等も含まれています。

 

その黄金繭に焦点を絞りポーラは独自の製法でゴールデンLPを作り上げたのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA