シミの種類とシミとメラニンの関係

老人性色素班

こちらの記事はシミについての専門機関である、第一三共ヘルスケアグループの情報を元に製作した記事になります。

 

引用元サイト

シミの種類を見るお肌ギャラリートランシーノ

シミの症状・原因|くすりと健康の情報局 – 第一三共ヘルスケア

 

シミの種類

シミは大きく分けて4つの種類があります。

 

1. 老人性色素班

老人性色素斑

 

数ミリ~数十ミリほどのサイズで頬骨の高いところにできやすく、お肌のターンオーバーの低下により色素沈着し、シミになったものです。

紫外線を受けることにより、さらにシミが濃くなり目立ちやすくなります。

 

2. 外部刺激によるシミ(怪我・火傷など)

炎症性色素沈着

 

赤・茶・黒など様々な色があり、傷や火傷をしている箇所やニキビがよくできる箇所にできやすいものとなります。

エイジングによるシミとおなじで、ターンオーバーの低下によりメラニンが排出されないためにできるシミです。

 

3. そばかす(雀卵班・じゃくらんはん)

そばかす

 

遺伝的な要因で発生するもので幼少期から皮膚に褐色の斑点が出始め、思春期以降や妊娠中に色が濃くなりやすい傾向があります。

紫外線の影響を受けやすいため、春~夏は濃くなり、秋~冬は薄くなりやすいといわれています。

 

4. 肝斑

肝斑

 

茶やグレーのものが多く、シミの境界線がはっきりみられず、頬骨や目尻付近、鼻の下などにできやすいシミです。

頬の辺りに左右対称にできやすいと言われています。

ホルモンバランスの影響でできやすいといわれています。

 

シミとそばかすの見分け方

シミとそばかすの見分け方はこちら↓
シ            ミ そ    ば    か    す
大きさ 4ミリより大きく、30代以降の女性によくみられる肝斑は数センチ単位でできます。 1~4ミリ程度の小さな斑点。
顔のできる場所 左右非対称にできます。

肝斑の場合は、目の周辺を避け、頬の辺りに左右対称にでます。

頬や鼻の周辺など、顔の広い範囲に散らばるように現れます。
できる時期 30代以降にでき始めるのが一般的です。 斑点のでき始めたのが幼少期の場合、遺伝性のそばかすです。

成人後に発生したものでも、1~4ミリ程度の小ささで、頬や鼻の周辺に細かく散らばるようにできているものは後天性のそばかすです。

両親にそばかすはある? なし あり
肌の色は? 普通 白い(色白の人はそばかすがでやすいといわれています)

 

シミができる過程

お肌のバリア機能の低下は、紫外線だけではなくストレスも原因であることがわかりました。

そして、ストレスがかかるとシミを加速させてしまうこともわかりました。

 

現代の私たちは、ストレスを感じることが多くなっているのではないでしょうか。

ストレスがかかると私たちの身体内部で「活性酵素」が発生します。

 

ストレスにより活性酵素の発生率は約3倍になり、メラニン生成が活性酵素のない状態から比べると1.3倍も加速してしまいます。

活性酵素が発生すると肌内部で炎症が起き、過剰なメラニン生成が行われます。

 

メラニンが増え続けても、ターンオーバーにより肌から排出されていれば問題はありません。

 

しかし、ターンオーバーにより肌からの排出がスムーズに行うことができなくなると、メラニンは活性酵素により酸化が進み黒化し、シミになります。

 

さらにターンオーバーがスムーズに行われないことにより肌のバリア機能が低下し、肌内部で炎症を繰り返しシミが加速していってしまいます。

その繰り返しで美白が効きにくいと感じる肌へと変化していってしまいます。

 

ターンオーバー、はとても大切ですね。

そのターンオーバーを正常化させることにより私たちの肌は生まれ変わっていきます。

メラニンの過剰生成を防ぐためには活性酵素の発生を防ぎ、バリア機能の向上を図ることがシミ・くすみへの第一歩となります。

 

 

メラニンは私たちに不要なもの?

メラニンといえば、シミができる原因と思う方が多いのではないでしょうか?

かくゆう私も、メラニン=シミという認識でした。

 

しかし、調べてみると不要とばかり思っていたメラニンですが、私たちの体に必要不可欠なものだとわかりました。

 

メラニンはメラノサイトという細胞から生まれます。

 

メラニンの重要性

メラニンはシミを作るものと思っていましたが、実際には紫外線から肌を守ってくれるものでした。

例えばメラニンが存在しない場合、肌に直に紫外線を受け火傷や水膨れ、炎症を起こしてしまいます。

 

そして、細胞核に紫外線が浸透すると細胞核の中にあるDNAが破壊され、細胞が死んでしまいます。

その死んだ細胞が変質することで、皮膚がんを引き起こす可能性があります。

 

メラニンの生成に一番影響があるものが紫外線になります。

紫外線が照射されることによりメラノサイトが活性化され、肌表面に活性酵素が発生します。

 

活性酵素が肌表面に発生すると、紫外線から肌を守るために肌の奥深くにある、肌を守るためのメラニンを作り出す命令がだされ、メラニンが生成されます。

 

命令を受け、メラニンが生成され、メラニンが増えすぎるとしみになります。

また、メラニンが減ると一番変化が現れるのが髪になり、白髪が増えていってしまいます。

 

メラニンとシミ

紫外線から肌を守るためメラニンが生成されます。

メラノサイトがメラニンを生み、そのメラニンがターンオーバーによって肌表面に排出されていきます。

 

正常にターンオーバーが行われればメラニンは多くなることはありませんが、何らかの原因でメラニンが過剰に生成されたりターンオーバーが正常に行われなくなると、メラニンが排出されずどんどん肌に溜まっていきます。

この溜まったメラミンシミやそばかすとなって現れてしまうのです。

 

メラニンを作りすぎない、ターンオーバーが正常に行われるようにお肌のお手入れをしてあげるのがいいということです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA



Warning: imagecreatefromstring(): Data is not in a recognized format in /home/ab0316ce/beauty-seno.com/public_html/wp-content/themes/shaper/functions.php on line 306