1. TOP
  2. 口コミで話題のうらら酵素 生酵素&麹の効果でダイエット?妊娠中・授乳中でも大丈夫?

口コミで話題のうらら酵素 生酵素&麹の効果でダイエット?妊娠中・授乳中でも大丈夫?

痩せたい!でも、痩せれない💧

・痩せたいけれど運動する時間が取れない方や運動嫌いな方

・年齢と共に体形維持が難しくなってきた方

・食事に気を付けているつもりでも痩せていかない方

・お通じが悪くすっきりしない方

こんなお悩みを抱えている方はたくさん見えると思います。

 

今話題のうらら酵素、知っていますか?

 

うらら酵素は生酵素を使用しているため、身体の酵素のお手伝いをしてくれることはもちろんですが、穀物と麴菌の配合量も業界トップクラスになっています。

麴菌は酵素の宝庫ですので、生酵素+麴菌の力でどれほど効果がアップするのかとっても気になりますよね。

さらに、空腹サポートしてくれる酵母ペプチドも配合されていますので空腹知らずでダイエット生活をすることが出来るんです。

 

美活編集部 明日香 30歳

身長 167cm 体重 78キロ
年子の妊娠、出産を終え、2年前の妊娠前と比べるとなんと体重が+13Kg。
出産したら、元に戻るだろうと思い、妊娠前の生活、食事の量もそのままでした。
が、産後半年経っても元に戻る気配なし。
2人の育児でめまぐるしい毎日。
もちろん運動もままならず。鏡も見る暇が無く。
そんな中、2人を連れてお散歩に行ったときのこと。
道沿いのお店のガラスに映ったスゴい太ったおばさんの姿は自分の姿でした。
そんな自分の姿にショックを受け、いま注目の酵素の力を頼ってみようと思い、他にはない”生”の酵素が摂れるサプリメントのうらら酵素を飲み始めるようになりました。

 

今まで、サプリメントはお腹が空いてしまうんじゃないかな?と心配だった方にも是非試して頂きたい酵素サプリメント「うらら酵素」、いったいどれほどの効果があるのか、公式サイトを見ているだけではわからないこともたくさんありますよね?

 

そこで、公式サイトだけでは知ることが出来ないうらら酵素の特徴や口コミ、実際に使用してみた効果などをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

酵素がいいということはよく耳にするかと思いますが、なぜ酵素を摂りれることが良いのか知っていますか?

酵素って、私たちの身体に何をもたらしてくれるのでしょうか?

 

酵素って何をしてくれるの?

私たちの体内では、大まかに「消化酵素」「代謝酵素」「食物酵素」の3種類の酵素が使用されています。

 

酵素の種類

 

食べたものを消化するための酵素が消化酵素になり、その消化酵素のお手伝いをしてくれるのが代謝酵素と食物酵素になります。

そのうちの食物酵素は体内で作ることが出来ない酵素になりますので、体外から摂り入れる必要があります。

 

この体外から摂り入れる酵素が、うらら酵素の役割になります。

代謝酵素も消化酵素のお手伝いをしてくれますが、消化酵素のお手伝いをするためには本来代謝機能で使用するはずの代謝酵素を減らして消化酵素のお手伝いをしなくてはいけません。

そのため、消化酵素のお手伝いをする分が多くなればなるほど代謝酵素に使用する酵素量が減ってしまいます。

 

代謝酵素に使用する酵素量が減るとどうなるのでしょうか。

代謝酵素の使用量が減ると代謝機能が衰えますので、新陳代謝の低下、カロリー消費の低下などに結びついていきます。

 

酵素は年齢を重ねるごとに減っていってしまいますので、代謝酵素で使用することが出来る酵素量も必然的に減ってしまっています。

減っていく代謝酵素に加え、消化酵素のお手伝いをしていたらどうなるのか、もうわかりますよね?

代謝機能はさらに低下してしまうのです。

年齢を重ねるごとに痩せにくくなってくるのは、このせいなんですね。

 

ですので、体外から消化酵素を助けてくれる働きのある食物酵素を摂り入れることが大切になります。

 

しかし、摂り入れるならばどんな酵素でもいいというわけではありません。

私たちが普段食べている食べ物から酵素を摂り入れることも出来るんですよ。

ただ、酵素は熱に弱く48℃以上の熱を与えることにより、酵素本来の力を発揮できなくなってしまうんです。

 

そのため、熱を加えた調理方法では酵素を体内にうまく摂り入れることが出来ないんですね。

 

そのため、毎日の食事では補いきれない食物酵素を体外から摂り入れ消化酵素のお手伝いをしてくれる役割が、このうらら酵素になります。

 

酵素ならどんなものでもいいんじゃなのかな?と思いますよね?

 

しかし、酵素には様々な製法があります。

その製法により、酵素の効果が死活してしまっているものも中にはあることをご存知ですか?

酵素は熱に弱いとお伝えしましたが、その製法によっては熱を加え酵素が死活してしまっているものも中にはあるんです。

 

しかし、このうらら酵素は熱を加えずに作られた製法になります。

酵素についての詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください↓

 

うらら酵素は生酵素

食品の衛生・品質管理のための評価、試験を実施している専門分析機関、(財)日本食人分析センターの分析にて、うらら酵素は活性していることが証明されています。

 

今までのサプリメントでこういった分析試験成績書があるものはみたことがありませんので、この成績書だけでも効果が期待できますよね。

この証明によりうらら酵素は生酵素であり、体内に摂り入れた場合にも酵素が死活することなく作用し摂り入れることができることがわかりました。

では、その酵素にはいったいどのようなものが配合されているのでしょうか。

 

POINT1 寿穀麹酵素

うらら酵素は、9種類の厳選した穀物を配合した寿穀麹(じゅこくこうじ)を使用しています。

寿穀麹は酵素を活性状態のまま使用することが出来るように開発された製品になり、酵素が活性していることにより得られる効果は大きく分けて3つあります。

栄養素の吸収を速やかに行いたい方
活力ある生活を目指すため筋肉量を増やしたい方
お通じなどお腹のコンディションに不安がある方

 

これらの効果により体内の消化酵素の働きを助けることができ、代謝酵素の本来の役割を全うすることが出来るようになるため、ダイエット効果が期待できます。

麹ってなに?

そもそも、麹とはいったいどういったものなのでしょうか。

麹とは、蒸したお米や麦、大豆などにカビの一種である麴菌が生えたもので、東洋の微生物の王様と言われています。

麹は、蒸した麦や米などに麹菌を種つけして麹を作りますので、作る過程で熱を発しているということになります。

 

この「熱」、酵素は48度以上の熱で死活してしまうと言われていますので、麹を作る過程で死活してしまわないのかな?と疑問に感じる方も見えるかもしれません。

麹を作る過程で確かに蒸した穀物に麹菌を種つけしていきますが、温度が上がりすぎないよう温度管理をしっかりと行い保温、発酵、熟成などを行っています。

 

温度が高すぎると麹菌も死活してしまい麹が出来ないため、逆に麹ができることが酵素が死活していない証明になるんですね。

しっかりと温度調節を行い作り上げる麹は酵素が死活することなく、さらに麹菌も活発になりますので、より身体に良い麹が出来上がります。

 

出典:灘の酒用語集

 

通常、カビは私たちの身体に害をもたらしますが、この麹菌だけは身体に害をもたらす毒がなく、安全でなおかつ身体によい麴菌を摂取することが出来ます。

 

麹には、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、ペクチナーなど30種類以上の酵素が含まれています。

酵素は1種類につき1つの仕事しかすることができないため、それらの様々な酵素が合わさることで大きな力となり身体へ働きかけていきます。

 

麹酵素には消化・吸収を助ける働きがあり、例えば、アミラーゼはデンプンをブドウ糖に分解する働きがあり、この分解により甘みを引き出してくれます。

 

プロテアーゼはタンパク質をアミノ酸に分解し、うま味を出したり鶏肉や豚肉などの食べ物を柔らかくしたりする効果があります。

さらにリパーゼは、脂肪を分解する効果があります。

 

このうま味や甘みを引き出してくれるのが麴菌になりますので、良い麹菌を使うことでうま味が増し体内での麴の働きも異なってくるのです。

 

麹は3大消化酵素と呼ばれるアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼが豊富に含まれていますので、継続的に摂取することが大切になります。

良い麹を摂取することにより体内での働きが増しますので、「代謝促進」や「「デトックス効果」が効率的に行われるようになります。

 

これらの効果を高めてくれる麹を作る元となる麴菌が、「白麹菌」「黒麹菌」「黄麴菌」の3種類になり、この3種類の異なる特性を持った寿穀麹が効果を発揮するのです。

 効果用途
白麹菌

黄麴菌・黒麹菌の突然変異で出来た菌
・発酵クエン酸を作る
・酸性に強い酵素
マイルドな風味の焼酎やワインのようにフルーティーな日本酒を作るために使用される麴菌
黒麹菌

黄麴菌と対照的な菌
・発酵クエン酸を作る
・酸性に強い酵素
・雑菌による腐敗を防ぐことが出来る
泡盛や重工な風味の焼酎を作る麴菌
黄麴菌・中性で効果の高い酵素
・デンプンを糖に分解する酵素が強い
・乳酸菌を生成
・酸度が低いため、乳酸菌を使用し雑菌の繁殖を防ぐこともある
味噌や醤油など、豊かな味わいや華やかな香味の酒を造る麴菌

 

効果を見ると、酸性に強い酵素と中性で効果の高い酵素があります。

酵素はもともと酸性に弱く酵素の種類によっては胃の中に入ると活性を失う酵素もあります。

 

それは、胃の中が酸性であるためです。

しかし、酵素は一度活性を失っても腸に到達後に活性を取り戻し力を発揮してくれます。

 

この寿穀麹の凄いところは酸性に強い酵素が多く含まれていますので、胃で活性を失うことなく活性状態のまま腸に到達することができることです。

 

活性を失うことなく酵素が働いているため、消化酵素を助ける効果も高くなります。

さらに、代謝効果も上がり老廃物を排出する力が高くなりますので、デトックス効果が期待できるんですね。

 

 

厳選された穀物と麴菌を使用したうらら酵素は、穀物と麴菌の配合量が業界トップクラスと言われています。

9種類の穀物にはそれぞれ特性があり、食物繊維が白米の20倍、鉄は10倍あるといわれているタカキビ。

 

ポリフェノールの一種であるアントシアニンが配合されている黒米。

このポリフェノールはアンチエイジング効果やAGEsを除去し、シミ・くすみにも効果があります。

さらに、糖の吸収を抑えたり、食後の血糖値の上昇を抑える効果もあります。

 

キビにもポリフェノールが含まれており、抗酸化作用があります。

赤米の赤色の元はタンニンになり、こちらもポリフェノールの一種になります。

脂肪の燃焼を促進する働きがあり、血糖値の改善やコレステロール値を下げる効果もあります。

 

アワには脂質の代謝を改善する働きがあり、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

玄米には、ビタミンB1やビタミンE、食物繊維の量が豊富二部組まれています。

 

ヒエには不溶性食物繊維が含まれており、腸の蠕動運動を促し、腸内環境を整えてくれます。

また、ミネラルが豊富に含まれていますので、細胞の機能維持効果や新陳代謝を活発にする効果もあります。

 

玄米には脂肪の蓄積を抑える働きがあり、豊富な食物繊維の効果で腸内環境が改善され代謝アップが期待できます。

大麦には不溶性と水溶性の食物繊維がバランスよく含まれ、腸内環境の改善や食後の血糖値の上昇を抑える働きなどがあります。

 

これらの厳選された9種類の穀物を使用し寿穀麹が作られているのですから、ダイエット効果がさらに期待できます。

 

POINT2 植物発酵エキス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

POINT3 酵母ペプチド

特許を取得した酵母ペプチドは血中のレプチン(食欲抑制因子)を増やし、グレリン(食欲増進因子)を減らしてくれる効果があります。

 

レプチンには、満腹感を与える効果があります。

このレプチン分泌量が減ると満腹中枢の機能が低下し、食事をしていても満腹感を感じるまでに時間がかかってしまいます。

身体に十分な栄養が行き届いていればレプチンの分泌量は減ることはありませんが、過度のダイエットなどを行ったあとはレプチンの分泌量が減ってしまっています。

 

過度のダイエット後1か月ほどはレプチンの分泌量が減っていますので、その期間はいつもより満腹感を感じるタイミングが遅くなり食べすぎてしまうのです。

これが、ダイエット後のリバウンドに繋がります。

 

では、肥満の方は栄養が行き届いているのになぜ食べすぎてしまうのでしょうか?

 

それは、満腹中枢を司る脳の視床下部でレプチンを受け取る受容体の反応が鈍くなってしまっているからです。

この反応が鈍くなることでも満腹中枢の働きが低下しますので、食べ過ぎに繋がってしまうのです。

出典:タニタの健康応援ネット

 

では、グレリンとはいったいどんなものなのでしょうか。

グレリンは胃から分泌されるホルモンになり、おなかがすくとグレリンの分泌量が増えていきます。

 

レプチンとグレリンは、シーソーのような関係になります。

レプチンの分泌が増えれば「満腹感があるためこれ以上の食事は不要」とグレリンの分泌が減り、レプチンの分泌が減れば「空腹感が増し食事を食べたい欲求が出てきて」グレリンの分泌が増えていきます。

この酵母ペプチドはレプチンの分泌量が増えることで食欲を抑えてくれる効果と、グレリンの分泌量が減ることで食事の欲求が治まり食べ過ぎを防いでくれる効果があります。

 

出典:株式会社ヘルシーナビ

上のグラフは、酵母ペプチドDNFー10をマウスに摂取すると血中のレプチンが増加し、グレリンが減少することが明らかになった実験のグラフになります。

マウスはレプチンの効果で満腹感を覚え、もう食べ物はいらないというサインでグレリンの分泌量が減ったんですね。

 

このレプチンとグレリンのバランスを取ることが出来るものが、酵母ペプチドになります。

 

POINT4 ダイジェザイム

ダイジェザイムは、小麦ふすま発酵エキス末から作られた消化酵素を助ける食物性発酵素材になり、消化酵素のアミラーゼ、セルラーゼ、リパーゼ、プロテアーゼ、ラクターゼと言った消化酵素の活性値を規格化したものになります。

 

腸内環境改善作用のある素材として開発され消化をサポートし、栄養素のパワーを引き出す効果があります。

ダイジェザイムは5つの消化酵素を含む食物性発酵素材であり、植物細胞の細胞壁を壊し栄養素を利用しやすくする働きがあります。

 

POINT5 酒粕酵母

酒粕には、5代栄養素と言われるタンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・炭水化物が豊富に含まれています。

さらに、第6の栄養素と言われている食物繊維も含まれ、さらに9種類の必須アミノ酸も含まれています。

必須アミノ酸は私たちの体内で作ることが出来ない、または作る量が極端に少ないアミノ酸になり、この必須アミノ酸は私たちが生きていくうえで必要不可欠なアミノ酸になります。

 

必須アミノ酸の主な効果として

筋肉の増強や疲労回復、脂肪燃焼、筋肉消耗軽減、精神機能、運動機能の改善、乳がん・大腸がん予防、成長を促す栄養素、糖質の代謝やカルシウムの吸収を促す、肝機能の向上、満腹中枢を刺激し満腹感を感じることが出来る、子供の成長に不可欠など

さまざまな効果があります。

 

レジスタントプロテインは胃や小腸で消化吸収されにくいタンパク質になり、糖の吸収を抑える効果があります。

そのため血糖値が急激に上がらず、コレステロールの吸収を防ぐ効果があり糖質と脂質を抑えることができます。

 

このレジスタントプロテインについて学会で発表された教授がおり、広島大学の加藤教授は日本栄養・食糧学会学会賞を受賞されています。

この賞で、レジスタントプロテインが脂肪を吸着する効果が高い事が取り上げられています。

 

また、脂肪を吸着しやすい成分になるため、便秘改善やコレステロールの低下、肥満抑制効果があります。

 

出典:日本栄養・食糧学会誌

 

レジスタントプロテインは、タンパク質でありながら食物繊維の働きをする難消化性成分になり、小腸で消化・吸収されにくく食物繊維と同じように食べたものをそのまま体外へ排出してくれる効果があることから、整腸作用が期待できます。

しかし、整腸作用がある一方で便秘や下痢を起こす体質の方もみえます。

 

そして、このレジスタントプロテインにもデメリットがあります。

それは、胃で消化されず腸まで到達し、脂肪や老廃物などを体外へ排出してくれる嬉しい成分になりますが、必要な栄養素までも体外へ排出してしまう特徴もあります。

 

そのため、一気にたくさんのレジスタントプロテインを摂取するのではなく、毎日少しずつ摂取していただくことが大切になります。

 

今話題の乳酸菌配合

シンデレラ乳酸菌H-61株は、老化抑制作用や抗酸化作用、免疫活性作用などがあります。

この作用だけでもとても興味が出てきてしまいますよね。

老化抑制作用とは肌の糖化や酸化などを防ぎ、シミやくすみ、シワ、保湿などにも効果を発揮してくれる乳酸菌になります。

 

しかし、今回注目すべき点は肌の老化ではなく、ダイエット効果についてですよね。

このシンデレラ乳酸菌H-61株には「バイオジェニックス」という作用があります。

このバイオジェニックスは、機能性食品の作用としてあげられるものであり、「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」「バイオジェニックス」に分けられます。

その中のバイオジェニックスは、「直接、あるいは腸内フローラを介すことなく免疫賦活、コレステロール低下作用、血圧降下作用、整腸作用、抗腫瘍効果、抗血栓、造血作用などの生体調整機能を発揮する食品成分」になります。

 

このバイオジェニックスは、ビフィズス菌の増殖を促進し、悪玉菌を抑制する効果があります。

その結果、腸管免疫を高め腸内フローラが改善されます。

 

バイオジェニックスは生きた菌でも死んだ菌でも、その菌の成分が腸管免疫系に働きます。

そのためバイオジェニックスの乳酸菌数はプロバイオティクスの1000倍も多く、より効果を高めることが出来るのです。

 

ナノ型乳酸菌 Nefはヒト由来の乳酸菌を特許製法でナノ化処理したものになります。

このナノ型乳酸菌Nefはフェカリス菌の一種で、ナノ化することで体内吸収率を高めた加熱乳酸菌になります。

 

乳酸菌を培養後に加熱殺菌し、乳酸菌のみを濃縮し紛体化することにより高濃度の乳酸菌粉末が出来上がります。

この粉末を水に溶かすと分かるように、菌は小さくばらばらに分散されています。

この分散されて広がっている状態のものをナノ化といいます。

出典:株式会社IHM

 

体内の小腸には約60%の免疫細胞が集まっています。

ナノ化した乳酸菌は小腸内の免疫組織のパイエル板を通過しやすく、腸管免疫系を介した免疫調整に働きかけることが出来ます。

出典:株式会社IHM

 

ナノ型乳酸菌Nefは機能性 バイオジェニックスとして免疫活性・整腸効果を得ることができ、 相互作用により効果がアップします。

 

 

 

      

妊娠中・授乳中にも飲めるの?

口に入れるものですし、妊娠中・授乳中に飲んでも良いものかどうかってのは気になるところですよね。

そこで実際に授乳中の私が会社に問い合わせて聞いてみました。

 

美活編集部 明日香 30歳

現在妊娠中なのですが、うらら酵素を飲んでも問題ありませんでしょうか?

 

ポーラ店員
ポーラの店員

健康食品なので飲んだらダメということはありませんよ。もし、不安であれば主治医の先生に原材料を見せて判断してください。

 

というお返事でした。

基本的には飲んでも問題ないけど、どうしても気になる場合はかかりつけのお医者さんに聞いてくださいね。

と言われましたので一安心です。

 

これで思いきってうらら酵素のパワーを借りてダイエットすることが出来ます!

うらら酵素は飲みやすい?

サプリを飲むときに気になるのが、

 

・そのサプリメントが飲みにくいか

・変な臭いがしないか

 

だと思います。

そういった気になる部分も解説して行きます。

まず大きさなのですがかなり小さくて、これくらいの大きさであれば2粒くらい余裕で飲めてしまう大きさだと思います。

うらら酵素の大きさ

うらら酵素のパッケージとカプセルと一円玉を並べて撮影しました。

直径は一円玉よりも小さいです。

臭いを嗅いでみたのですが、何か臭いを感じるなぁくらいでほとんど無臭でした。

ですので、中はどうなってるんだろうと思いカプセルを開けてみました。

うらら酵素のカプセルの中身

こちらがカプセルを開けたとこなのですが、これもまた無臭でほとんど臭いを感じることがありませんでした。

ですので、うらら酵素は大きくないし臭いもほとんどないのでとても飲みやすいサプリだと言えますね。

 

実際に飲んでみての体験レポート

うらら酵素の梱包

佐川急便で黒い封筒に入って到着しました。

中身が絶対にバレないのでこういった気遣いは嬉しいですね 🙂

うらら酵素の梱包

袋を開けるとプチプチでうらら酵素が包んでありました。

そのままの状態で入れられてないので、潰れてるかも・・・

って心配する必要もありませんね。

うらら酵素のパッケージ

いかにも効果を期待できそうなパッケージです。

9種の厳選穀物が写ってます。

 

うらら酵素 裏面

裏面には栄養成分表とお召し上がり方が書かれています。

1日2粒と書かれてますね。

うらら酵素 成分表

うらら酵素の成分表になります。

うらら酵素 成分表

うらら酵素の召し上がり方が書かれてます。

 

うらら酵素初日と1週目

外食とうらら酵素

うらら酵素の初日は外食でした。

おかず2品とご飯と味噌汁の定食を食べてます。

 

うらら酵素の公式ページにある動画をみたときに、炭水化物系を食べるときに一緒に飲んだら効果が出るだろうなぁと思ったので今日は夜ご飯に一気に2粒飲むことにしました。

うらら酵素の口コミの中に、

 

・お腹を下した

・下痢になった

 

などの口コミを見てたので外食中だったので、すぐにトイレに行けるようにして待機してたんですが私は全くそういったのは感じませんでした。

もともと便通が良いからなのかもしれません。

うらら酵素飲みだす前の横腹

こちらは、外食から帰ってきて撮影した横腹になります。

出産を気に自然と体重が落ちるかなぁと思ってたんですが、やはり代謝が落ちてるせいなのが食べる量が同じだったら太っていくみたいです。

うらら酵素飲みだす前の正面のお腹

こちらはお腹の正面の画像になります。

妊娠してないけど、7ヶ月目くらいの大きさがありますね、( ;  ; )

 

主人にも早く痩せろ!と毎日言われてるのでうらら酵素の力を借りてしっかり効果を出したいと思います。

うらら酵素飲みだす前の体重計

初日の体重は78キロです。

ウエスト測定中の画像

出産してからウエストを測ってなかったんですが、恐る恐るウエストを測りました。

そしたらなんとウエスト95cmもありました(´Д` )

これは本格的にダイエットしないとやばいと思いますので、しっかりと取り組んで行きます。

 

これから1週間おきに体重とウエストをレポートして行こうと思います。

 

二日目 唐揚げとうらら酵素

唐揚げ4個とうらら酵素です!

カロリーが高そうな食べ物の時にうらら酵素のパワーでプラマイ0になって欲しいと思ってます!

 

キムチ鍋とうらら酵素

今日はちょっと寒くなってきたので、キムチ鍋で体を温めてそれと一緒にうらら酵素を飲んでます。

うらら酵素とコロッケとチャーハン

 

 

うらら酵素はSNSでどんな評判なの?

●山吹香織さん(インスタグラマー)

山吹香織さんとうらら酵素

山吹夏に向けて体引き締め頑張り中🏋🏾‍♀️笑


最近新しく飲み始めたうらら酵素🍀 ・
・ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
美容・健康にもいいらしい🤔✨
効果が楽しみ❤️

 

●ステファニーさん(モデル) 

ステファニーさんとうらら酵素

外は暑くて室内は冷えてなんだか体調を崩しがちなこの時期…

改めて健康を心がけたいので酵素を飲みはじめました☺︎
●今堀恵理さん(モデル・タレント)
今堀恵理さんとうらら酵素
おすすめのお手軽なサプリメント2点をご紹介します
動画で2点共ご説明してるからスワイプして音出して聞いて下さいな💕🎶💕(☆強制)

まずERUFLE さんの『うらら酵素 』
普段のお食事にプラスワンするだけです。
うらら酵素は40代女性の不足しがちな酵素を補ってくれる9種の穀物や273種以上の植物発酵エキス、酵母ペプチドといった成分が配合されています。
これらの成分は代謝を上げて痩せやすい体づくりをサポートしてくれます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部美活倶楽部

編集部美活倶楽部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 口コミで評判のある悠々館のこうじ酵素でダイエット!アラフォー女子のその効果は?飲み方、副作用はあるの?

  • ”酪酸菌”と”ビフィズス菌”が一度に摂れる悠々館のラクビで腸活ダイエット始めました!1ヶ月間試した結果は痩せた?

  • 口コミで話題のうらら酵素 生酵素&麹の効果でダイエット?妊娠中・授乳中でも大丈夫?

  • ちょっと待って?! 生理中のボニックプロは危険?

関連記事

  • 口コミで評判のビーグレンのホワイトケアの効果は?曇りのない透明感のある美肌を手に入れよう!

  • 口コミで評判のビーグレン クレイローションの効果で大人ニキビ・ストレスニキビはどう変わる?

  • 口コミで話題のもやしダイエットは痩せる?やり方や効果は!?節約もできて痩せることができるもやしの素晴らしい栄養!

  • 口コミで話題のビーグレンのキューソームナノオフクレンジングを使ってみた効果は!?

  • 主婦が自宅で家事をしながらできるダイエット方法

  • ロングスローディスタンス(LSD)ジョギングダイエットをやって効果はどうだったのか?