1. TOP
  2. 口コミで評判の琉球 発酵黒酵素 炭と酵素の効果で身体の外も中もスッキリクレンジングってホント?!

口コミで評判の琉球 発酵黒酵素 炭と酵素の効果で身体の外も中もスッキリクレンジングってホント?!

 2018/10/12 ダイエット 実体験レビュー
10 Views

赤松の炭って知っていますか?

炭と言えば、赤松の炭と言われるほど有名な炭なのですが、ダイエッターにもかなり有名なのではないでしょうか。

 

そんな炭を使用した「琉球発酵黒酵素」、甘いものや高カロリーな食べ物が大好きな方には、是非試して頂きたい酵素サプリになります。

 

そんな私も、甘いものやお肉などの高カロリー食が大好きな一人です。

好きなものを好きなだけ食べていけたら、どれだけ幸せなんでしょうか。

しかし、好きなだけ食べていたら太ってしまいますよね?

 

「今日は我慢出来なかったら、明日は我慢しよう」

「食べる量を減らしてるのに、どうして痩せていかないんだろう」

ダイエットを試みる方は、さまざまな葛藤と戦っています。

それでも誘惑に負けてしまい、一口だけ!と食べてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

その一口が脂肪に繋がっていくことは重々分かっているんです。

でもね、家族や友人の中で一人だけダイエットしてるのってとっても辛いんです。

その辛さから救ってくれるのが、油を吸着し酵素の力で代謝をアップさせてくれる「琉球 発酵黒酵素」になります。

 

食べても太らない?

そんな魔法のようなサプリメントが本当にあるんでしょうか?

甘いものやお肉大好きな私が実際に1か月使用して、本当に太らないかお試ししてみようと思います。

 

太らないってホント?

肥満大国アメリカ売り上げり No.1

肥満体国”アメリカ”で売り上げNo.1を誇っている「琉球 発酵黒酵素」は、油を吸着し酵素の力で代謝をアップさせ老廃物を体外に排出してくれる効果があります。

 

油を体外に排出することが出来たら、食べても脂肪になりにくいってことですよね?

では、実際には「油を吸着する」ってどうやってしてくれるんでしょう?

 

まずは、こちらの動画をみてみましょう。

 

 

 

 

 

炭の油 吸着力

 

水にラー油をたっぷり入れて、そこに炭を投入します。

するとどうでしょう。

油がどんどん固まっていき、大きな塊となって落ちていきます。

 

この固まった油が脂肪であり、落ちていくのが体外へ排出されるということになります。

脂肪が身体に吸収される前に固まり、体外へ排出されるので太りにくくなるんですね。

 

この動画を初めてみた時、油が吸着されて固まっていくことにもびっくりでしたが、そのまま落ちていくのもびっくりでした。

落ちるほどの塊ということなので、かなりの量ということですよね。

 

私たちの体内でこの効果が発揮されれば、太りにくくなることも納得できそう?

 

それでもまだ、半信半疑になってしまう方も多いと思います。

そんな方たちと一緒に疑問を解決していくため、一つずつ内容を確認していきたいと思います。

 

 

美活編集部 河原

【年   齢】 40代
【体   重】
【身   長】 152cm
【好きなもの】 甘いもの・お肉・ファーストフードなどの高カロリー食
【お 通 じ】 悪いです
【お 悩 み】 半年で約10kgの減量に成功していますが、お通じが悪いため食べるとお腹は出てきますし、お通じがあるまでの期間が長いため、その間に身体に脂肪が蓄えられていきます。
蓄えられていく脂肪を減らしたい。
そして、腸内改善をすることにより変動する体重増加の減少やお腹周りに変化をもたらしてくれるといいと思います。

 

 

琉球 発酵黒酵素と言えば一番気になるのは、先ほどの吸着力を確認したばかりの「炭」ですよね。

 

炭にこだわっています

琉球 発酵航路酵素には、2種類の炭が使用されています。

ダブルの炭で吸着してくれるとありますが、その炭はいったいどんな効果を持っているのでしょうか。

 

炭には様々な種類がありますが、そのうちの木炭と活性炭の違いから確認していきましょう。

 

木炭と活性炭の違い

木炭とは、樹木などを加熱して炭素化させ、消臭や水の浄化などに使用されています。

 

活性炭とは木炭の多孔質の性質を元に、より吸着率を高めるために科学的または物理的な賦活処理を施し、1000℃近い高温で加熱処理して作られます。

木炭より吸着力が高いため、冷蔵庫の脱臭、水質の浄化や毒物除去などの医学にも使用されています。

 

では、「琉球 発酵黒酵素」に配合されている梅炭と赤松由来の炭とはどんな性質を持っているのでしょうか。

 

梅炭

「琉球 発酵黒酵素」は、紀州の南高梅を使用して梅炭を作っています。

梅炭の原料となる梅干しは、焼いて食べると風邪予防や美容効果など様々な効果があると言われています。

梅干しにはクエン酸・ミネラル・ポリフェノールが豊富に含まれており、疲労回復や血流促進、免疫力アップ、脂肪吸収を防いだりアンチエイジング効果もあります。

 

さらに、梅干しには脂肪燃焼効果を高める「バリニン」と呼ばれる成分が含まれ、バリニンは小腸で吸収され、脂肪細胞を刺激し脂肪燃焼を助ける働きがあります。

 

バリニンの成分は果肉よりも種に多いといわれ、加熱することによりバリニンの成分が20%増加するといわれていますので、効果がとても高くなります。

 

梅干しには、加熱することによりクエン酸と糖が結びつき「ムメフラール」という成分も生まれ、血流促進により代謝が上がる効果があります。

加熱後のバリニンやムメフラールはその後に冷やしても成分が減ることもなく、脂肪燃焼や代謝促進効果も損なわれることがありません。

 

紀州の南高梅にはクエン酸やムメフラールが豊富に含まれ、加熱するだけでもかなりのダイエット効果がある梅干しを炭にしたものが、梅炭になります。

 

 

出典:山陽製紙株式会社

 

梅炭とは、梅干しの実や種を炭などを使い長時間かけてじっくりと炭にしたものです。

この梅炭には、さまざまな効果があります。

 

【効果】

・デトックス効果

・冷え性改善

・風邪予防

・疲労回復

・抗酸化作用

・老化防止

・整腸作用

・ガンの予防

などが挙げられます。

 

炭の代表と言えば「備長炭」ですが、梅炭はこの備長炭より空孔は小さく数が多いといわれています。

※こちらは、和歌山大学との研究により実証されています。

 

空孔が多くなることで面積が広くなるため吸着力があがり、梅炭は備長炭よりも高い効果をもたらしてくれます。

さらに粉末にすると備長炭の3倍もの空孔になるといわれています。

 

そのため、より体内の毒素を吸着しやすくなり、デトックス効果が高くなるといわれています。

 

赤松由来炭

赤松由来炭は「ゼロ磁場地帯」、「長寿の里」として有名な長野県伊那地方の分杭峠周辺に生える赤松のみを採取し、独自の製法で炭化したものを使用しています。

ゼロ磁場地帯とは「気場」とも呼ばれ、東洋医学のツボが「気」の入り口のように地球にも「気」の出入り口があり、その場所がゼロ磁場地帯と呼ばれています。

 

「気」の出入り口であり長寿の里として有名な伊那地方の分杭峠周辺で採取された赤松由来の炭になりますので、それだけで身体にとてもいい炭だと感じます。

しかし、赤松由来の炭はそれだけではなく、効果もとても優れています。

 

出典:たたら炭 木炭木口組織の電子顕微鏡観察(2000倍)

 

赤松由来の炭は活性炭に分類されます。

活性炭とは炭などを1000℃近い高温で加熱処理し、微細孔が多くある活性炭を作ることにより不純物の吸着力を高めたものになります。

活性炭はこの微細孔が小さければ小さいほど吸着力を発揮し、一般的な炭よりも吸着力に優れています。

 

画像は電子顕微鏡で2000倍に拡大したものになり、炭より空孔が多い特徴のある赤松炭(活性炭)になりますので、梅炭の空孔よりも孔が大きく見えますが実際には赤松炭の方が微細孔ということになります。

 

「空孔」と「微細孔」ってどう違うの?と思う方もみえるかと思います。

この違いは、微細孔は空孔よりさらに小さな孔という意味になります。

 

通常の炭1gあたりの表面積300~500m²に対し、活性炭は1gあたりの表面積は800~2000m²と言われています。

 

サッカーグラウンドで例えると国内基準のグラウンドは7200m²程になりますが、活性炭10gあたりの表面積はおよそ1万m²程になります。

たった10gであの広いサッカーグランドよりもさらに広い面積になり、その面積全体で吸着が行われることになりますので、かなりの吸着力になると想像することが出来ます。

 

出典:日本ガイシ

 

活性炭は水に溶けやすいものは強く吸着することができず、逆に水に溶けにくいものを吸着しやすい性質があります。

そのため、体内に入ってしまった毒物の吸収など医療にも使用されています。

油も水に溶けにくい性質になりますので、活性炭に吸着しやすい性質ということになります。

その他にも、食品添加物や残留農薬なども吸着してくれるため、体内の老廃物などの毒素も一緒に体外へ排出してくれるんですね。

 

【活性炭の効果】

・食品添加物などの毒素、残留農薬の吸着

・AGEs減少(終末糖化産物)

・脂質の吸着

・悪臭除去

・毒物の吸着

・血行促進

 

これらの効果のうち、赤松由来の炭は脂質の吸着や血行促進効果が特に優れています。

 

この2つの炭の効果を見ると、デトックス効果が高く油の吸着力に優れていることが分かり、かなりの効果が期待できますよね。

 

さらに、活性炭にはAGEsを吸着してくれる効果もあります。

この効果、女性なら嬉しいものの一つではないでしょうか。

 

活性炭にはAGEs吸着効果もあります

最近、糖化や肌ステインという言葉を耳にする機会が多くなりましたが、糖化や肌ステインはAGEsの増加が原因になります。

AGEsは、体内のタンパク質と糖が結びつくことにより肌の糖化を進めてしまう老化物質になり、肌の酸化によって起こることが分かっています。

活性炭は、この老化物質のAGEsを吸着して体外に排出してくれる効果があります。

 

AGEsの吸着には活性炭の中でもヤシ殻活性炭が優れていると言われていますが、「琉球 発酵黒酵素」は油の吸着を主軸としていますので、赤松由来の炭が使用されています。

しかし赤松由来の炭にもAGEsの吸着効果はありますので、健康的にダイエットをしつつ、肌の糖化やステインなどのくすみも改善される嬉しい特典つきなんですね。

 

吸着力の凄さを知ることが出来ましたが、では、どの時点で吸着してくれるのでしょうか?

食べ物を摂取し、腸で吸収された後に吸着されたとしたら意味がないですよね?

 

いつ吸着されるの?

活性炭が吸着するタイミングは、腸内に摂り入れたものが吸収される直前になります。

そのため、体内や血液の中に吸収されてしまったものには効果を発揮することが出来ません。

 

しかし、体内に吸収する前に吸着してくれれば問題ないということになり、赤松由来の炭は体内や血液の中に吸収される前に油を吸着してくれますので、脂肪になりにくくなるのです。

 

*注意*

油を吸着することに長けていますので、身体に良いとされているオメガ3などの油を摂取している場合は、30分ほど時間を空けてから炭の摂取をしてください。

せっかく摂取した油が吸着されてしまい、体内に取り込まれなくなってしまいます。

 

また、ビタミンやミネラルも吸着されていきますので、サプリメントなどを併用されている方は30分ほど時間を空けて服用されることをおすすめします。

 

体内に取り込まれる前に吸着してくれる活性炭は、身体のお掃除をしてすっきりクレンジングしてくれます。

体内に油が吸い込まれる前に、活性炭というモップをかけて油を吸収していくイメージですね(o^―^o)ニコ

 

 

医学博士も絶賛

近年、炭は医療現場でも使用されている程効果的なものになっています。

先に説明した毒物の吸収や、消化不良や便秘などにより悪化した腸内環境を整えるために使用されることもあります。

 

特に炭の効果を発揮する治療に、「慢性腎不全」があります。

腎臓は、体内の老廃物や毒素を体外に排出するために血液を浄化する働きがあります。

しかし、腎臓がうまく機能しなくなると血液の浄化が不十分になり、体内の老廃物や毒素をうまく排出することが出来なくなり、むくみ、かゆみ、嘔吐、高血圧などになり、さらに悪化すると心不全や潰瘍の生命にかかわる病気を引き起こしてしまいます。

この治療に貢献しているのが薬用炭となり、医療現場でも多く使用されています。

 

このことからわかるように、炭は体内に入れても身体に悪い影響を与えるものではなく、逆に身体に良いものとなります。

炭を体内に摂り入れることにより、消化器官で吸収されてしまうか心配される方もみえるかもしれません。

しかし、炭は消化管器官などから体内に吸収されることはないので心配ありません。

 

痩身専門のクリニックの医師も絶賛する「琉球 発酵黒酵素」は、炭の効果だけではありません。

 

琉球酵素

 

「琉球 発酵黒酵素」には、15種類の植物発酵エキスが配合されています。

 

【植物発酵エキス】

クミスクチン、グァバ葉、シマグワ(桑の葉)、ハママーチ(琉球ヨモギ)、イーチョバー(ウイキョウ)、ハンダマ(水前寺葉)、春ウコン、ゴーヤー(ニガウリ)、長命草(ボタンボウフウ)、島ショウガ、ニガナ(ホソバワダン)、島ニンニク、ガンダバー(甘藷かずら)、秋ウコン、フーチバー(ヨモギ)

 

 

沖縄の食物は紫外線の強さに比例し、どの食物も「抗酸化力」に優れています。

また、島に吹く潮風により海洋性ミネラルが充分に運ばれることで食物に虫がつきにくい特徴があり、無農薬に近い栽培で育てることが出来ます。

 

※ピンク文字は、沖縄伝統的島野菜です。

※オレンジ文字は、天然資源です。

 

クミスクチン・・・皮脂抑制効果、美肌効果、糖分吸収抑制、脂肪吸収抑制

クミスクチンは、ウコン、グァバと並ぶ沖縄三大薬草の1つと言われています。

クミスクチンには、カリウムやオルソシフォニンの含まれ、これらには利尿作用があり、ロズマリン酸には血糖値が急激に上がるのを防ぐ効果のある糖分吸収抑制や脂肪吸収抑制などがあります。

 

グァバ葉・・・血糖値の上昇を抑える、アンチエイジング、抗酸化作用、脂肪が溜まりにくくする、胃腸の働きを改善

グァバの葉にはグァバ葉特有のポリフェノールが含まれ、腸内で糖の吸収を緩やかにし、血糖値の上昇を抑えダイエット効果に繋がります。

グァバの葉にはビタミンが豊富に含まれ、みかんの6~10倍のビタミンCが含まれています。

さらにビタミンEやビタミンUも含まれ、ビタミンUは新陳代謝を促進し胃腸の働きを良くする効果があります。

 

シマグワ(桑の葉)・・・糖の吸収を抑制、アンチエイジング、抗酸化作用、便秘改善、高脂血症・肥満予防

ポリフェノール、クロロフィルやビタミンCが多く含まれ、さらにカルシウム、カリウム、鉄などのミネラルも豊富に含まれています。

カルシウムは牛乳の25倍に相当する量が含まれており、血液の流れをよくする効果もあります。

 

ハママーチ(琉球ヨモギ)・・・殺菌作用、胆汁分泌促進作用、免疫力アップ

ハママーチに含まれるカピリンには胆汁分泌促進作用があり、胆汁で脂肪分を消化する効果が高まりますのでダイエット効果が高まります。

また、ビタミンAが豊富で皮膚や喉、消化管などの粘膜を正常に保つ働きがあり、免疫力アップにつながります。

 

イーチョバー(ウイキョウ)・・・食欲を抑える効果があり、空腹感を紛らわせる、胃腸の状態を整える、便秘予防、利尿・発汗作用、血行促進

イーチョバーは、フェンネルともいい、ダイエットハーブとして知られています。

女性ホルモンのエストロゲンに似たトランスアネトールという成分が含まれ、女性ホルモン活発作用があります。

エストロゲンの分泌量が多い時期は痩せやすくダイエットに最適と言われていますので、ダイエット効果が高まります。

 

ハンダマ(水前寺葉)・・・抗酸化作用、活性酸素減少、免疫力アップ、不老長寿の薬、疲労回復

ポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれ、血糖値を抑える効果があります。

 

春ウコン・・・動脈硬化予防やコレステロールの分解、がんの抑制、利尿作用、胆汁分泌促進作用

コレステロールには悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあり、2つのコレステロールのバランスがよくなることにより痩せやすい身体に繋がります。

また、利尿作用によりむくみが改善されると体内の老廃物が排出され、デトックス効果があがり痩せやすい身体になります。

 

ゴーヤー(ニガウリ)・・・血糖値を下げる、腸内環境改善、むくみ改善、抗酸化作用、胃腸の粘膜の保護、デトックス効果

ゴーヤの食物繊維にはモモデルシンという成分が含まれ、胃の粘膜を保護し正常に機能させる効果があります。

さらにお通じが改善されることによりデトックス効果があがり、ダイエットに効果的です。

また、ビタミンCが豊富に含まれていますので免疫力アップや抗酸化作用があり、活性酸素を抑える働きがあり老化予防に繋がります

 

長命草(ボタンボウフウ)・・・高い抗酸化作用、利尿作用、血流促進、中性脂肪の合成を抑制

1株食べると1日長生きすると言われている長命草は、ビタミン・ミネラル・ポリフェノールなどの栄養素が多く含まれています。

また、イソサミンジンという成分により、血流促進やむくみ改善などの効果が期待できます。

さらに抗肥満効果を持つプテリキシンという成分が含まれ、中性脂肪の合成を抑制する効果があり、脂肪燃焼を促進すると共に体脂肪の蓄積を抑制します。

 

島ショウガ・・・便秘解消、むくみ予防、血行促進作用

ビタミンB1やB2、C、カロチン、鉄分、ジンゲンロールなどが含まれています。

さらに、ジンゲンロールには血行促進作用や殺菌作用、抗炎症作用があり、身体をあたためてくれる効果があります。

ジンゲンロールが加熱されて分解されることにより、ショウガオールとジンゲンロンに分解されます。

このジンゲンロンは、ジンゲンロールよりも血行促進作用が高く、ダイエットに効果的です。

 

ニガナ(ホソバワダン)・・・抗酸化作用、整腸作用

フーチバー(ヨモギ)・長命草とならんで沖縄三大薬草の1つになります。

カルシウム、ポリフェノール、ビタミンA、Cが豊富に含まれ、悪玉コレステロールの酸化を抑える効果が期待できます。

 

島ニンニク・・・免疫力アップ、コレステロールの低下、抗酸化作用

ニンニクに含まれる成分のアリシンとビタミンB1が結合するとアリアチミンという成分が生まれます。

アリアチミンを摂取すると体内でノルアドレナリンの分泌が活発になります。

すると、脂肪分解酵素の働きが活発になるためエネルギーの代謝がアップし、脂肪が分解されやすくなりダイエット効果が期待できます。

 

ガンダバー(甘藷かずら)・・・抗酸化作用、整腸作用

ガンダバーとは、さつまいのものツルのことで、ポリフェノール、ビタミンA、ビタミンB1、B2、ビタミンC、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維も豊富で便秘予防になり、コレステロールの低下も期待できます。

 

秋ウコン・・・胆汁分泌促進作用、利尿作用、抗酸化作用、胃液分泌促進作用、コレステロール分解作用

カレーのスパイスに使用されるターメリックとしても知られています。

秋ウコンにはクルクミンというポリフェノールの一種が豊富に含まれており、肝臓保護作用、抗酸化作用、抗炎症作用、消化不良改善などの効果があります。

 

フーチバー(ヨモギ)・・・抗酸化作用、血液循環をサポート、悪玉コレステロールの排出、免疫力アップ

食物繊維やビタミン類、カルシウム、カリウムなどのミネラルを豊富に含んでいます。

さらにポリフェノールの含有量がとても高く、動脈硬化の予防になる食材としても期待されています。

 

これら15種類の野草の効果を確認すると、どれもダイエット効果に優れていることがわかります。

血糖値上昇を抑える効果や、腸内環境を整える効果、脂肪吸収抑制効果や脂肪分解作用、血行促進作用や代謝アップ効果、抗酸化作用、利尿作用など、他にもまだまだ様々な効果をもたらします。

これらの野草をじっくりと発酵熟成させ、酵素へと変化したものが沖縄酵素になります。

 

酵素の必要性

酵素は、私たちの体内になくてはならない存在です。

酵素には主に3種類があり、消化酵素、代謝酵素、食物酵素になります。

この15種類の野草からなる沖縄酵素は、体内の消化酵素の働きを助ける効果があります。

 

体内の酵素は、歳を重ねるごとに減少していくことが分かっています。

そのため、体外から酵素を取り入れてあげる必要があります。

体内から酵素をとり入れることにより消化酵素を助け、代謝酵素が正常に機能することが出来るようになります。

そうすることにより、代謝アップや腸内環境の改善に繋がり、結果的にダイエット効果をもたらしてくれます。

 

詳しい酵素についての内容はこちらの記事を参考にしてみてください↓

 

 

シークワーサー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腸内環境

乳酸菌

1日2~4つぶ?

肌荒れする人にオススメ

無理なダイエットする人にオススメ

脂吸着

油もの食べた時にのむ

アレルギー 食物発酵乾燥末 ゴマやカシューナッツ 

摂取後45分で基礎代謝アップ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

河原 桜

河原 桜

20歳で結婚し21歳で長女を出産、その後次女が生まれ、世間一般的に1番自分のためにお金が使える20代、30代は自分のことにお金を使う余裕を持てませんでした。

会社に勤め、基本1人業務のためどう動けばスムーズに仕事をこなし、いかに定時に仕事を終わらせることが出来るのか考えながら日々仕事をこなし、時には二足のわらじを履き、気づけば17年が経っていました。

今になってみれば時が経つのは早かったのですが、気づけばただひたすらに毎日生活するばかりでした。

しかし娘2人もやっと社会人になり、自分のことに少し手をかけてもいいかな?と思えるようになった今日この頃。

初めて記事を書かせていただいたディセンシアのアヤナスを使用し、お肌ってこんなに変わるんだ…。と実感しました。

そこから化粧品ってすごいんだ。こんなに変わるんだ。と驚かされることばかりです。

そんな驚きや疑問点、利点などをわかりやすく説明していけたらと思い日々パソコンとにらめっこしています。

まだまだライター駆け出しの私ですが少しでもわかりやすく、そして人はいくつになってもお肌も身体も手をかけてあげれば綺麗になれるということをお伝えしていけたらと思います。

少しでも皆様のお役に立てることが出来るよう日々精進していきますので、よろしくお願い致します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 口コミで評判の琉球 発酵黒酵素 炭と酵素の効果で身体の外も中もスッキリクレンジングってホント?!

  • ロスミンリペアクリームの成分解析!口コミでの評判はどう?

  • ロスミンローヤルの成分解析!口コミでの評判はどう?

  • ロスミンローヤルの美白成分でシミはどこまで薄くなる?1か月後の効果は?

関連記事

  • サラダチキンダイエット!! コンビニ大手3社比較!一番いいサラダチキンとは…

  • きな粉(きなこ)牛乳でダイエットの効果が期待できるそのわけとは!胸のバストアップを目指すならいつ飲むのがいいの?

  • ダイエットで痩せる為には食べ物も大事?オススメの痩せる食べ物・痩せる食品

  • 冷え性の女性の方必見!体を温める食品・食材・食べ物!妊活中のママも必見!陽性・陰性ってなに?

  • 口コミで話題のビーグレンの人気No.1『ビタミンC美容液 Cセラム』使っての効果は!

  • イヌリン!菊芋!ダイエットに効果的なのはなんで?その効果効能を知って正しく痩せよう!