口コミで評判のビーグレン!全商品使って一ヶ月でどれだけ肌が変わるのか効果検証!

ビーグレン

さまざまな雑誌や口コミで話題の『ビーグレン』というブランドを知っていますか?

 

私がビーグレンを知ったきっかけは、キューソームローションというビーグレンの製品で、ローション革命とも言われている素晴らしい化粧水をネットで見つけたことです。

 

今まで色んなスキンケアを試してきましたが、ビーグレンのことを知っていくうちにだんだんとその技術の凄さに心惹かれていました。

 

ビーグレンとは?

ビーグレンは1994年、アメリカのカリフォルニアで生まれたサイエンスコスメブランドです。

ビーグレンの第一人者である、ブライアン・ケラー博士によって医学会でも認定された、独自の「QuSome®︎(キューソーム)」といわれる浸透テクノロジーが開発されました。

 

キューソーム

キューソームとは美容成分を肌の奥までしっかり届けるための技術のことです。

 

キューソームには4つのポイントがあります。

1  肌になじみやすいので、早く効く

2  安定的に効果を発揮する

3  必要としている箇所に、確実に届く

4  しっかり届まるので、効果が持続する

これらの4つのポイントでそれぞれの肌悩みを解決することができます。

 

キューソーム粒子の大きさは、ナノサイズで直径70~150ナノメートル。これは針の先端の中に約50個おさまるほどの大きさです。

このナノサイズのキューソームを、小さなカプセルで包み込み確実に成分を届けます。

 

1つのスキンケア製品の中に、何十億個ものキューソームカプセルが配合されているので、肌の奥深くまで浸透することができるのです。

 

こんなすごい浸透テクノロジーですが、ビーグレンは日本人の女性の肌のために作られたものなので、その性質は非常に安定していて優しいので、安心して使うことができます。

 

そんなビーグレンですが、今で大きく8つの肌悩みの解決に対応しています。

1  美白(シミ)

2  毛穴(開き、詰まり、黒ずみ)

3  たるみ、ほうれい線(口元のシワ)

4  ニキビ痕(色素沈着)

5  ニキビ(テカリ、角栓)

6  目元(クマ、シワ)

7  乾燥、保湿(乾燥小じわ)

8  エイジング(ハリ、ツヤ)

 

それぞれの肌悩みに応じて全ての解決方法があるので、自分の肌の悩みに合ったスキンケアをすぐに見つけられます。

またどの製品をどのように選んだらいいかわからない方はカスタマーセンターにお問い合わせすれば、肌悩みに適切なスキンケアを提案してくれます。

 

上記の8つの肌悩み別のトライアルセットもあるので、気になる方はトライアルから始めてみるのがいいかもしれません。

 

実際に私は自分の肌悩みに合った製品を全て選んで注文したので、その製品の説明と使用感をお伝えしたいと思います。

 

ちなみに私の肌悩みなのですが、現在私は29歳で頬の辺りにまだらにあるシミや肌のくすみ、朝起きるといつも顔がむくんでいる、鼻と頬の毛穴が目立つ、肌にハリとツヤが感じられない、乾燥すると顔がテカってくる、などの悩みがあります。

 

同じような悩みのある方は是非参考にしてみて下さい。

 

注文した商品が届きました!

ビーグレンの公式サイトの方から注文をして、5日後に商品が届きました。

届いたものがこちらです。

ビーグレン が届いた箱

縦28cm、横20cm、高さ11cmの箱で佐川急便からのお届けでした。

 

早速箱を開封していきます。

まず一番上に色々な案内の冊子が入っています。

ビーグレン箱の中

 

その冊子を取り出すと

緩衝剤が入っていて、注文した商品たちが綺麗に並べてありました。

 

色々な案内やビーグレンの全製品表、注文明細書、テスターなどこれだけ入っていました。

ビーグレン箱の中

 

テスターは今回私が注文した商品と一緒に合わせて使って欲しいものが入っているので、たった一回分だけど試せるのがとても嬉しいです。

 

箱の中から商品を全て取り出しました。

ビーグレン製品

今回私が注文したものは、左から

・キューソームナノオフクレンジング

・クレイウォッシュ

・キューソームローション

・キューソームリフト

・Cセラム

・キューソームホワイトクリーム1.9

・キューソームモイスチャーリッチクリーム

の合計7点です。

 

今回どうしてこんなに大量買いしたかというと、私はビーグレンの製品はキューソームローションしか使ったことが無かったのですが、そのキューソームローションがすごく自分の肌に合っていて使うたびに肌のコンディションが良くなるので、とても気に入っていました。

ビーグレン独自のキューソームの浸透力の凄さを実感したので、他のスキンケアも合わせてビーグレンのものを使いたい!と思ったので、今回はこれだけ揃えて買ってみました。

 

全て私の肌悩みに合ったものなので使っていくのがとても楽しみです。

 

私が購入した商品は全てそれぞれの記事に細かく説明しているので、気になったものがあったら他の記事も覗いて見て下さいね。

 

それぞれの特徴と役割

キューソームナノオフクレンジング

キューソームナノオフクレンジング

肌に優しい水クレンジング成分と、メイクや汚れをよく落とすオイルクレンジング成分の利点だけを抽出したハイブリッド構造で出来ていて、メイクはしっかり落としたいけれど、肌には優しいものがいいという、多くの女性の願いを叶えるクレンジングジェルになります。

 

美容保湿成分まで配合することによって、どんな肌汚れもしっかり落としながら、うるおった優しい洗い上がりを実現します。

 

またナノオフクレンジングが一般のクレンジングと違うところは、ただメイクをしっかり落とすだけではなく、毛穴に入り込むほど小さい黄砂やPM2.5などの汚れまでしっかり洗い流してくれることです。

それ以外にも、肌に蓄積されると活性酸素を生み出ししわやシミなどのエイジングの原因となる、通常のクレンジングでは洗い落とせない大気汚染物質まで綺麗に落とします。

 

このナノオフクレンジングによって、キューソームの浸透テクノロジーがさらに効果的になり、後から加わるスキンケアの相乗効果を存分に発揮してくれます。

 

ナノオフクレンジング成分表

〜全成分〜

成分の詳細はこちら
分類成分名役割
ベース
グリセリン保湿
BG保湿、抗菌
DPG保湿、抗菌
エチルヘキシルグリセリン保湿、抗菌
ジミリスチン酸PEG-12グリセリル整肌
エモリエント剤パルミチン酸エチルヘキシル柔軟
-(C13-15)アルカン溶剤
界面活性剤ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル乳化、香料
オレイン酸ポリグリセリル-5密着、洗浄
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー増粘
-グルコノバクター/ハチミツ発酵液保湿、ピーリング
-水溶性ケラチン(羊毛)保湿
植物オイルマスチック樹脂洗浄、収れん、抗菌
ラベンダー油殺菌、抗炎症
ノバラ油細胞活性化、抗老化、保湿
-アラントイン抗炎症
pH調整剤アルギニン保湿
クエン酸収れん
クエン酸Na-
水酸化K乳化安定
ビタミントコフェロール抗酸化
-フィチン酸美白、抗酸化、保湿、コラーゲン生成
増粘剤カルボマー増粘
防腐剤フェノキシエタノール防腐
酸化銀防腐

 

赤=保湿成分

黄緑=界面活性剤

 

美活編集部 遥希

肌に優しい水クレンジング成分と、メイクや汚れをよく落とすオイルクレンジング成分の利点だけを抽出したハイブリッド構造のクレンジングジェル・キューソームナノオフクレンジング。

メイクや汚れはしっかり落として潤いは残してくれるキューソームナノオフクレンジングに関しては私 遥希がこちらの記事で詳しく紹介しています。

 

 

クレイウォッシュ

クレイウォッシュ

微粒子の天然クレイの「モンモリロナイト」を採用していて、その泥の力で汚れや古い角質だけを優しく吸着します。

またくすみの元となる「毛穴の中で酸化した皮脂」や「毛穴の黒ずみ」などにも効果的で必要なうるおいを残しながらしっとりとした洗い上がりの洗顔料です。

 

こちらは泡だて不要なので、濡れた肌のまま、クレンジングをするようにくるくるとなじませるだけで吸着洗顔で落とすもの、残すものを見極めてその効果が発揮されます。

 

洗いあがりのぬるっとした感じこそがうるおいヴェールのサインなので流しすぎは厳禁です。

 

クレイウォッシュ成分表

〜全成分〜

成分の詳細はこちら
分類成分名役割
ベース-
BG保湿、抗菌
イソノナン酸エチルヘキシル-
ソルビトール保湿
ペンチレングリコール保湿
スクワラン皮膜形成
ヒアルロン酸Na保湿
エチルヘキシルグリセリン保湿、抗菌
-モンモリロナイト洗浄、保湿、皮膜形成
界面活性剤ココイルグルタミン酸Na洗浄、柔軟
ココイルグルタミン酸TEA洗浄
クオタニウム-73帯電防止
-尿素保湿
-グリチルリチン酸2K抗炎症、美白
植物エキスアロエベラ葉エキス保湿、抗炎症
カミツレ花エキス抗炎症、血行促進、収れん、美白
クズ根エキス保湿、美白
クロレラエキスくすみ除去、保湿、細胞活性化
-カプリロイルグリシン皮膚保護
キレート剤EDTA-2Naキレート
防腐剤フェノキシエタノール防腐

 

赤=保湿成分

黄緑=界面活性剤

 

美活編集部 遥希

微粒子の天然クレイ(泥)の「モンモリロナイト」を採用したクレイ洗顔料・クレイウォッシュは、くすみの元となる「毛穴の中で酸化した皮脂」や「毛穴の黒ずみ」などにも効果的です。

その泥の力で汚れや古い角質だけを優しく吸着する洗顔料・クレイウォッシュに関しては遥希がこちらの記事で詳しく紹介しています。

 

 

キューソームローション

キューソームローション

『ローション革命』といわれるほどの高機能化粧水で、そのうるおいは17時間も持続するといわれています。

 

キューソームの技術によって、瞬時に角層のすみずみまで深く浸透し、保湿成分を長い間留まり続けることができます。

それによってさまざまなエイジングサインに働きかけて、肌のターンオーバーを整え、シミの元となるメラニンを排出しやすい状態に導きます。

 

また肌にハリや弾力をもたらし、後から使う美容液やクリームなどの効果を高める相乗作用があります。

 

キューソームローション

〜全成分〜

成分の詳細はこちら
分類成分名役割
ベース
プロパンジオール保湿
BG保湿、抗菌
スクワラン皮膜形成
グリセリン保湿
エチルヘキシルグリセリン保湿、抗菌
界面活性剤ジミリスチン酸PEG-12グリセリル乳化
ジステアリン酸PEG-23グリセリル乳化
ステアラミドプロピルジメチルアミン-
-ラフィノース保湿
-ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12保湿、潤滑
-3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸保湿
-3-O-エチルアスコルビン酸美白、抗炎症
-オリゴペプチド-24新陳代謝促進
-ピリドキシンHCl皮脂抑制
-アラントイン抗炎症、組織修復
植物エキスゲンチアナ根エキス細胞活性化
アッケシソウエキス保湿
フカスセラツスエキス角層細胞成熟化促進
エモリエント剤コレステロール保湿、安定化
-乳酸抗菌、保湿
防腐剤フェノキシエタノール防腐
キレート剤EDTA-2Naキレート

 

赤=保湿成分

黄緑=界面活性剤

 

美活編集部 遥希

 

 

キューソームリフト

キューソームリフト

小顔に効果的な、毎日のマッサージをしながら使うことでたるみ知らずの、キュッ引き上がったフェイスラインを作って若々しい肌を目指します。

 

年齢とともに現れる、たるみやほうれい線のために作られた美容液なので、マッサージと一緒に使うことで

・ほうれい線が目立ちにくくなる

・キュッと引き上がった、フェイスラインを作れる

・若々しい肌に導いてくれる

といった効果を期待できます。

 

キューソームリフトは朝・晩二回の使用で、特に朝マッサージすることをおすすめしているので、なかなか朝にマッサージなんてする時間がない!という方でもたった3分の簡単なマッサージで寝ている間のむくみがとれて、リフトアップされた状態を一日中維持してくれます。

 

キューソームリフト成分表

〜全成分〜

成分の詳細はこちら
分類成分名役割
ベース-
グリセリン保湿
BG保湿、抗菌
ペンチレングリコール保湿
ジメチコン皮膜形成
メドウフォーム油保湿、感触改良
セタノール皮膜形成、感触改良
スクワラン皮膜形成
バチルアルコール増粘
エチルヘキシルグリセリン保湿、抗菌
界面活性剤ジミリスチン酸PEG-12グリセリル整肌
リン酸セチル乳化
クオタニウム-45帯電防止
ラウリン酸ソルビタン乳化、感触調整
ポリソルベート60乳化、分散
-キサンタンガムクロスポリマー皮膚保護
キレート剤ヒドロキシプロピルシクロデキストリン乳化安定
植物エキスシャクヤク根エキス美白、抗炎症、抗シワ、抗老化
クダモノトケイソウ果実エキス血行促進、むくみ防止、くすみ防止
-レシチン保湿
-トリペプチド-10シトルリンコラーゲン生成
-トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア整肌
-アセチルジペプチド-1セチル整肌
-イノシトール保湿
増粘剤プルラン皮膜形成
ヒドロキシエチルセルロース分散
カルボマー増粘
(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー増粘
-グルコシルヘスペリジン血行促進、くすみ防止
-黒砂糖エキス保湿
-グリチルリチン酸2K抗炎症、美白
-アラントイン抗炎症、組織修復
-(PCA/イソステアリン酸)グリセレス-25保湿
pH調整剤アルギニン保湿
炭酸水素Na洗浄
-(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー乳化安定、分散、増粘
ビタミントコフェロール抗酸化
-塩化Mg増粘、収れん
防腐剤フェノキシエタノール防腐

 

赤=保湿成分

黄緑=界面活性剤

 

 

Cセラム

Cセラム

肌になじませるとポカポカと温感を感じ、瞬時に浸透テクノロジーのキューソームが働いて、超微小カプセルに包まれたピュアビタミンCが角層のすみずみまで行き渡ります。

ピュアビタミンCは高濃度のビタミンCが7.5%配合されているので速攻性があります。

 

皮脂のバランスを整えながら肌の内側から透明感を引き出し、肌にハリ感をもたらします。

 

またソフトなピーリング作用があるため、肌のくすみの元となる古い角質やメラニンの排出を促したり、しわやたるみ、毛穴、ニキビなどにも効果的です。

 

Cセラム成分表示

〜全成分〜

成分の詳細はこちら
分類成分名役割
ベースPG保湿
酸化防止剤アスコルビン酸抗酸化
界面活性剤レシチン乳化、溶剤、保湿
ラウレス-7乳化、湿潤、溶剤
増粘剤ポリアクリルアミド安定化
-(C13,14)イソパラフィン溶剤

 

赤=保湿成分

黄緑=界面活性剤

 

 

 

キューソームホワイトクリーム1.9

キューソームホワイトクリーム

シミやそばかすを消すのに効果的なハイドロキノンを配合していて、浸透テクノロジーのキューソームと融合させてキューソーム化されたハイドロキノンは、効果のスピードアップと低刺激性を実現させました。

 

今までのハイドロキノン配合のクリームとは違って、部分的ではなく肌全体に塗り広げられるので、圧倒的な美白効果があり、トーンアップに導きます。

 

必要なところにしっかりアプローチするのでシミを消したい人に最適です。

ハイドロキノンはもともと刺激が強い成分なので、使用するのが心配な方や敏感肌の方は一度パッチテストをしてみることをおすすめします。

 

パッチテストのやり方

入浴後の肌が清潔な状態で、ホワイトクリームを二の腕の内側に真珠一粒分つけます。

パッチテストのやり方

 

その上から絆創膏を貼って24時間後に様子をみましょう。

パッチテストのやり方

 

24時間後に観察し、テスト部分に異常がなければ化粧品を使用してもOKです。

 

ホワイトクリーム成分表示

〜全成分〜

成分の詳細はこちら
分類成分名役割
ベース-
プロパンジオール保湿
スクワラン皮膜形成
ジメチコン皮膜形成
ベヘニルアルコール安定化
グリセリン保湿
BG保湿、抗菌
バチルアルコール増粘、感触調整
ステアリルアルコール皮膚保護
-ハイドロキノン美白
-セテアリルアルコール乳化安定
エモリエント剤テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル分散、乳化安定
ゴヨウマツ種子油抗アレルギー
マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル-
ステアリン酸コレステリル乳化安定
-トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン潤滑
界面活性剤ステアリン酸グリセリル乳化安定
ジステアリン酸PEG-23グリセリル乳化
ステアラミドプロピルジメチルアミン-
ステアリン酸ポリグリセリル-10乳化、分散
ステアリン酸PEG-55乳化
ステアリン酸ソルビタン乳化、感触調整
-アスコルビン酸抗酸化
-3-O-エチルアスコルビン酸美白、抗炎症
-ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸美白
-オリゴペプチド-34抗炎症、メラニン生成抑制
-オリゴペプチド-68メラニン生成抑制、美白
-オキソチアゾリジン紫外線から守る、保湿
-乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液酸化抑制、肌荒れ防止
植物エキスゲンチアナ根エキス細胞活性化
-ビオサッカリドガム-1増粘、保湿
-ラムノース皮膚保護
-グルコース保湿、結合剤
-グルクロン酸保湿
ビタミントコフェロール抗酸化
-ステアロイルメチルタウリンNa洗浄、保湿
香料リナロール香料
ピーリング剤乳酸ピーリング、抗菌、保湿
乳酸Kピーリング、保湿
防腐剤フェノキシエタノール防腐
酸化防止剤ピロ亜硫酸Na安定
キレート剤EDTA-2Naキレート

 

赤=保湿成分

黄緑=界面活性剤

 

 

 

キューソームモイスチャーリッチクリーム

モイスチャーリッチクリーム

エイジングサインの気になる肌のしわやたるみなどにハリや弾力をもたらし、若々しい印象に導きます。

 

独自の複合成分である、キューソームエイジリカバーコンプレックスが角層内の深部までじっくりと浸透し、肌の表面から奥深くまでしっとりした高保湿を実現します。

また厳選されたエイジングケア成分が、内側から輝く肌に導いて透明感のある心地よい肌を作ります。

 

モイスチャーリッチクリーム成分表示

〜全成分〜

成分の詳細はこちら
分類成分名役割
ベース-
スクワラン皮膜形成
ジグリセリン保湿
グリセリン保湿
シクロペンタシロキサン皮膜形成、感触改良
BG保湿、抗菌
セタノール感触改良、皮膜形成
ジメチコン皮膜形成
バチルアルコール増粘
ステアリルアルコール皮膚保護
ベヘニルアルコール安定化
パルミチン酸セチル粘度調整、光沢改良
ヒアルロン酸Na保湿
パルミチン酸洗浄
プロパンジオール保湿
ペンチレングリコール保湿
エチルヘキシルグリセリン保湿、抗菌
-トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン酸化安定
界面活性剤ステアリン酸グリセリル乳化安定
ステアリン酸PEG-45乳化
-ジミリスチン酸PEG-12グリセリル整肌
-アセチルテトラペプチド-2抗老化
-オリゴペプチド-6基底膜修復
植物エキスダイズ芽エキス保湿、細胞活性化、抗UV
ショクヨウダイオウ根エキス皮膚保護
ゲンチアナ根エキス細胞活性化
-乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液抗酸化、肌荒れ防止
-加水分解コラーゲン保湿
エモリエント剤コレステロール保湿、安定化
ステアリン酸コレステリル乳化安定
-ジヒドロコレステロール-
-乳酸K保湿、湿潤
-乳酸抗菌、保湿
-(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー感触調整
防腐剤フェノキシエタノール防腐
pH調整剤水酸化K乳化安定

 

赤=保湿成分

黄緑=界面活性剤

 

美活編集部 遥希

肌の『ターンオーバー(生まれ変わり)』に着目して作られているキューソーム(QuSome)モイスチャーリッチクリーム。

シワやたるみ、黄ぐすみ、毛穴、乾燥などさまざまなエイジングの悩みに効果的であるキューソームモイスチャーリッチクリームに関しては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

 

 

使用方法と手順は?

ビーグレン 使用手順

ケアの順番は

キューソームナノオフクレンジング (メイク落とす時のみ)

クレイウォッシュ

キューソームローション

キューソームリフト

Cセラム

キューソームホワイトクリーム1.9(夜のみ)

キューソームモイスチャーリッチクリーム

の順番です。

 

メイクをしていない日はクレイウォッシュから始めます。

ほとんど1日2回の朝、晩使用ですが、キューソームホワイトクリーム1.9は夜のみの使用になりますので、注意して下さいね。

 

 

実際に使いながらそれぞれの使用手順とポイントをご説明します。

 

STEP1 キューソームナノオフクレンジング《メイク落とし》

ナノオフクレンジング

 

直径2~2.5cmくらいのナノオフクレンジングを手のひらに出します。

ナノオフクレンジングを手に乗せたところ

白色よりの透明なジェルタイプのクレンジングです。

 

ナノオフクレンジングを顔全体にのばして内側から外側に円を描くように優しくメイクとなじませます。

スキンケアの様子

クレンジングはあまり時間をかけずにメイクが落ちたと思ったら、ぬるま湯でお顔をすすぎます。

生え際などは特に流し忘れのないように注意しましょう。

 

STEP2 クレイウォッシュ《洗顔》

クレイウォッシュ

 

顔が濡れた状態のまま、さくらんぼ大のクレイウォッシュを手のひらにとります。

クレイウォッシュを手に乗せたところ

両手を合わせて軽くなじませます。

このとき使用量が少ないと肌の摩擦になってしまうので、肌を刺激しないためにもたっぷり使いましょう。

 

手のひらで顔全体にクルクルと優しくなじませます。

スキンケアの様子

この時皮脂分泌の多いTゾーンは念入りになじませ、肌の刺激にならないように1分以内を目安にしましょう。

 

洗顔料が残りやすい生え際やこめかみ、あごなどに気をつけながら顔全体を洗い流します。

スキンケアの様子

 

STEP3 キューソームローション《化粧水》

キューソームローション

 

直径3センチ程度のキューソームローションを手のひらにとります。

キューソームローションを手に乗せたところ

 

透明なサラサラしたローションなので一気に傾けるとこぼれてしまうので、少しずつ傾けて手に出すのがポイントです。

両手に軽くなじませて、顔全体を優しく包み込むように押さえましょう。

スキンケアの様子

 

目元、口元、鼻まわりなど細かい部分は中指と薬指で押さえるようになじませましょう。

スキンケアの様子

 

最後に顔全体を包み込みゆっくりハンドプレスして入れ込みます。

ハンドプレス

 

STEP4 キューソームリフト《マッサージ用美容液》

キューソームリフト

 

直径2~2.5cm程度のQuSomeリフトを手のひらにのせます。(2プッシュ程です)

キューソームリフトを手に乗せたところ

クリームというよりは、ジェルっぽい感じのみずみずしくて柔らかいテクスチャーです。

 

それを顔全体と首にのばします。

内側から外側に軽くくるくるしながら塗り広げていきます。

スキンケアの様子

そこから3分程の簡単なマッサージを行います。

 

マッサージのやり方はこちらの動画を参考にしてみて下さい。

 

STEP5  Cセラム《美容液》

Cセラム

 

直径2センチ程度のCセラムを手のひらにとります。

Cセラムを手に乗せたところ

 

両手に軽く広げ顔全体を包み込みようになじませます。

スキンケアの様子

このときポカポカと温感を感じるのでじっくりとなじませましょう。

 

口元や目元、鼻まわりの細かい部分は中指と薬指で押さえるようになじませます。

スキンケアの様子

こすったりするとしわの原因になるので注意しましょう。

 

最後に顔全体を手のひらで包み込み、肌の内側から外側へリンパを流すようなイメージで浸透させていきましょう。

ハンドプレス

 

STEP6  キューソームホワイトクリーム1.9《クリーム》

キューソームホワイトクリーム

 

パール1~2粒大のキューソームホワイトクリーム1.9を手のひらにとります。

キューソームホワイトクリームを手に乗せたところ

 

額、あご、両頬、鼻の5点置きします。

5点置きの位置

顔の内側から外側に向かってクリームを伸ばし、顔全体になじませましょう。

 

目の周りは円を描くように優しくなじませます。

スキンケアの様子

ハイドロキノン配合のクリームですが、スポット使いではなく顔全体に使用するようにしましょう。

 

最後に手で顔全体を包み込むようにやさしく押さえましょう。

スキンケアの様子

*キューソームホワイトクリーム1.9は夜のみ使用できます。

 

STEP7  キューソームモイスチャーリッチクリーム《クリーム》

キューソームモイスチャーリッチクリーム

 

パール1~2粒大のキューソームモイスチャーリッチクリームを手のひらにとります。

モイスチャーリッチクリームを手に乗せたところ

朝はメイクがヨレやすくなるので1粒大で夜は2粒大がおすすめです。

 

額、あご、両頬、鼻の5点置します。

5点置きの位置

 

顔の内側から外側へ顔全体に伸ばして、目の周りは円を描くように優しくなじませましょう。

スキンケアの様子

 

最後に顔全体を手のひらで包み込みやさしく押さえこみます。

ハンドプレス]

 

これでひと通りのスキンケアは終了です。

 

それぞれ使ってみた感想

《キューソームナノオフクレンジング》

ナノオフクレンジング

私は普段からアイメイクはいつもしっかりメイクなので、クレンジングは洗浄力の強いオイルやクリームタイプを使っていたので、ジェルタイプで濃いメイクがちゃんと落ちるかな?と正直不安でした。

 

しかし肌になじませると、ファンデーションもみるみる浮いてきて気になる目元のメイクもくるくるなじませているときに落ちてる!という感覚が分かりました。

そして洗い流してみると、メイクはすっきり落ちているのに肌が何か薄いベールで守られているような、うるおいのあるお肌に仕上がり、肌に透明感が出てびっくりしました。

 

すっきりだけどしっとりとした洗いあがりで大満足です。

 

《クレイウォッシュ》

クレイウォッシュ

クレイは毛穴に効果的だということを知っていたのですが、今まで使ったことがなかったのでとても気になっていました。

 

このクレイウォッシュは泡だてないタイプの洗顔になります。

濡れた肌になじませるだけで汚れを吸着する洗顔で、今までとは違う洗顔方法なので、これで毛穴の汚れが落ちるかな?と思っていましたが、ただクレンジングのようにくるくるなじませていただけなのにしっかり汚れが落ちました。

 

洗顔前と洗顔後の毛穴が全く違ったので、クレイの凄さを実感しました。

 

また今までの洗顔は泡だてるという手間がありましたが、このクレイウォッシュはお風呂場で濡れた手のまま使えるのでとても楽チンです。

 

《キューソームローション》

キューソームローション

初めて使ったときから、その浸透力の凄さを実感しました。

 

いつも私は化粧水を選ぶときしっとりタイプを選ぶのですが、このキューソームローションはテクスチャーがサラサラしているので、これで本当に最長17時間も保湿が持続されるのか?と思っていました。

 

しかしそのサラサラなテクスチャーからは想像できないほど、肌がもちもちっとなったのには感動しました。

スーッと肌に浸透していく感じが分かって使い心地がとても良いので私の中で色んな人におすすめしたい化粧水になりました。

 

《キューソームリフト》

キューソームリフト

いつも顔をマッサージするときはオイルマッサージをしていたので、終わった後の肌のベタつきが気になっていました。

 

マッサージ美容液というのを初めて使って、ほんの3分のマッサージで顔のむくみが解消されて、ちょうど美容液のすべりが悪くなってきた頃には肌がもちもちっとしていて、柔らかくなりました。

さすがは美容液というだけあって、一時的な血行促進ではなく、その形状を持続するというすばらしい機能が備わっています。

 

朝のメイク前には最適なマッサージ美容液だと思いました。

 

《Cセラム》

Cセラム

肌につけた瞬間に、ポワァーっと温感が走ってはじめは少しびっくりして肌に刺激的だったかな?と心配になりましたが、肌にすぐハリ感を感じたのでその即効性の凄さに驚きました。

 

少し顔が赤くなったのですが、ヒリヒリとかそういう感じではなくて、ビタミンCが肌に浸透しているのが分かる感じです。

 

ビタミンCは肌に浸透しにくい性質といわれていますが、このCセラムは違います。

ビタミンC誘導体は、浸透させるために酵素でコーティングしてビタミンCを浸透させます。

 

こちらのCセラムは、ビタミンCより高濃度のピュアビタミンをキューソームで包むことによって浸透させます。

その違いは、誘導体は浸透までに時間がかかるのですがキューソームでコーティングしたビタミンCは速攻で肌に浸透します。

だから、塗って時間が経たなくても温感が走るんですね。

 

頬のたるみ毛穴に効果がありそうなので、これから使い続けてたるみ毛穴が引き締まってくれたらいいなと思います。

 

《キューソームホワイトクリーム1.9》

キューソームホワイトクリーム

4、5年程前からある頬のシミに悩んで、美白化粧品を使ってきましたが、どれもシミに効果は現れずハイドロキノンという成分がシミに効果的ですが、肌に刺激があるということで少し抵抗があり、使ったことがありませんでした。

 

しかしこのホワイトクリームは、キューソームの技術によってハイドロキノンが安全に使えるということで今回一番期待している商品でもあります。

 

実際肌につけた感じも、とくに刺激を感じることなく使うことができました。

少し鉄っぽいにおいが気になりましたが、嫌というまではないです。

 

このクリームは部分的に使うものではないので、肌全体の美白が期待されるのでこれからどれほどシミが薄くなるのか楽しみです。

 

《キューソームモイスチャーリッチクリーム》

モイスチャーリッチクリーム

まだ20代ですが、エイジングケアも最近気になっていて、ハリや弾力のあるお肌に憧れているので、いつまでも若々しい肌であり続けるための最適なエイジングケア成分が入っています。

 

とても柔らかいテクスチャーで肌になじませると、しっとりモチモチっとしたうるおいのある肌に仕上がりました。

ベタつくという程ではありませんが、朝つける時にはメイクのヨレ防止のためにも少なめにつけた方が良いと思いました。

 

付属のスパチュラがついてるので直接指で取らなくていいので、衛星的なところがいいです。

 

これから使い続けて肌のハリ感アップに期待します。

 

ベタつき度チェック!

保湿は大事だけどベタつくのはちょっと・・・という方が多いと思いますが、これらのスキンケアでお肌がどれだけベタつくのか手の甲でわかりやすく試してみたいと思います。

 

まず準備するものは、あぶらとり紙です。

 あぶらとり紙

 

これを何枚か小さく切ってこのように紙吹雪を作ります。

紙吹雪を作ったところ

 

そしてこのあぶらとり紙をパラパラとまずは何もつけていない手の甲の上に落とします。

このとき手の甲にあぶらとり紙を押さえつけたり、密着させることはしません。

 

ただ上から落とすだけです。

そのあとは軽く手の甲をふって、あぶらとり紙がどれだけ手の甲に残るかを検証していきたいと思います。

 

何もついていない手の甲に紙吹雪を落として、手を振ると

 

紙吹雪でベタつきチェック

全ての紙吹雪が下に落ちました。

 

このようにスキンケアの順番通りやっていきたいと思います。

手の甲なので全て通常の3分の1の量で行います。

 

それではやっていきましょう。

 

1  キューソームナノオフクレンジング

ナノオフクレンジングを手の甲になじませて洗い流し、しっかり水気をふきとります。

ナノオフクレンジング

 

そして上から紙吹雪を落として、手を振ります。

ナノオフクレンジングでベタつきチェック

 

ベタつき感は全くないので全部の紙吹雪が落ちました。

 

2  クレイウォッシュ

手の甲を濡らしクレイウォッシュをなじませて洗い流し、しっかり水気をふきとります。

クレイウォッシュ

 

そして上から紙吹雪を落として、手を振ります。

クレイウォッシュでベタつきチェック

 

こちらも全くベタつき感がないので全部の紙吹雪が落ちました。

 

3  キューソームローション

キューソームローションを少量手の甲になじませます。

キューソームローション

 

なじんで1分置いてから、紙吹雪を上から落として手を振ります。

キューソームローションのベタつきチェック

 

キューソームローションで保湿されたので紙吹雪が2枚だけ残りました。

しかしまだベタつくほどではありません。

 

4  キューソームリフト

キューソームリフトを少量手の甲になじませます。

キューソームリフト

 

なじんで1分置いてから、紙吹雪を上から落として手を降ります。

キューソームリフトのベタつきチェック

 

キューソームローションをつけた後よりも肌がしっとりなったので、4枚の紙吹雪が残りました。

しかしまだベタつきは感じられません。

 

5  Cセラム

Cセラムを少量手の甲になじませます。

Cセラム

 

なじんで1分置いてから、紙吹雪を上から落として手を振ります。

Cセラムのベタつきチェック

 

今度は6枚の紙吹雪が残りました。

肌にハリ感を感じますが、ベタつき感はまだ感じません。

 

6  キューソームホワイトクリーム1.9

キューソームホワイトクリーム1.9を少量手の甲になじませます。

キューソームホワイトクリーム

 

なじんで1分置いてから、紙吹雪を上から落とします。

キューソームホワイトクリームのべたつきチェック

 

やはりクリームは油分が多いので紙吹雪が多く残るようになりました。

しかし触れた感じでは、ベタっというか少しペタペタする程度なので、ベタつきを感じるまではいきません。

 

7  キューソームモイスチャーリッチクリーム

キューソームモイスチャーリッチクリームを少量手の甲になじませます。

キューソームモイスチャーリッチクリーム

 

なじんで1分置いてから、上から紙吹雪を落とします。

キューソームモイスチャーリッチクリームのべたつきチェック

 

先ほどのキューソームホワイトクリームとはまた違ったテクスチャーで、こっちの方がしっとりしているのですが、紙吹雪は思ったよりも手に残りませんでした。

スキンケアの最後に蓋をする役割のクリームはベタつくものが多いですが、このキューソームモイスチャーリッチクリームはしっとりなるけどベタベタしません。

 

ちなみにほかのクリームで検証してみました。

 

こちらのジェイソンナチュラルのエイジリニューアルビタミンEクリームを使いました。

ジェイソンナチュラル クリーム

 

見た目ではキューソームモイスチャーリッチクリームとそっくりです。

クリーム比較

 

手にとった感じもクリームの柔らかさや伸び具合も似ています。

クリーム比較

 

しかしジェイソンのクリームで同じように紙吹雪で検証すると

ベタつき検証

 

このようにかなり多くの紙吹雪が残りとてもベタついているのが分かります。

 

この結果からもビーグレンのスキンケアひと通りしても肌にうるおいはしっかり残せるものの、嫌なベタつき感は感じられないということが分かりました。

 

夏場など寝ている間クリームでベタつくのが嫌な方には向いていますね。

 

1ヶ月で肌はどう変化する?

まずは、1日目のビーグレンのスキンケアを使う前の状態のお肌がこちらです。

《右頬》

右頬

《左頬》

左頬

《フェイスライン》

フェイスライン

両頬にあるボヤーっとした、いくつかのシミや目の下のたるみがとても目立ちます。

 

そしてビーグレン一式でスキンケアした後がこちら

《右頰》

右頰

《左頬》

左頬

《フェイスライン》

フェイスライン

 

スキンケア前と比較してみました。

《右頬》

肌比較

《左頬》

肌比較

《フェイスライン》

フェイスライン比較

 

全体的に肌のトーンが上がって肌にハリ感を感じました。

 

またスキンケアの中に、マッサージも取り入れたことでフェイスラインのたるみが少し解消されました。

肌に触れた感触はモチッとしていて肌がしっかり保湿されているのが分かります。

 

そして私が最も気になっているシミの部分なのですが、1ヶ月の変化がわかりやすいように通常の15倍拡大できるマクロレンズを使って撮ってみました。

 

一番目立つこちらのシミの部分になります。

シミの部分

《鼻の横》

シミ

《頬》

シミ

どちらの画像も1日目のスキンケア後のものになります。

 

このシミが1ヶ月でどれだけ薄くなるのかとても楽しみです。

ハイドロキノン配合のキューソームホワイトクリーム1.9に期待したいと思います。

 

そして肌の内側の状態もどのように変化するのか同時に測っていきたいと思います。

 

こちらの肌の水分量と油分量と肌の弾力を測定できる肌チェッカーを使って計測してみました。

 肌チェッカー

 

お肌に当てるだけでこのように表示されます。

肌の弾力は五段階のアイコンで表示されて、左側の数字が水分量で右側の数字が油分量になります。

肌チェッカー

 

季節によっても異なりますが、大体の目安としては

肌チェッカー

水分量は35%~60%

油分量は16%~30%

くらいが理想的な数値のようです。

 

まずはスキンケア前の何もしていない状態のお肌の結果がこちらです。

肌チェックの結果

水分量は少なめに対して油分量が多い状態です。

夏場なので肌が少しベタついていました。

肌の弾力も五段階中の3番目なので決していい状態のお肌とは言えません。

 

そしてスキンケア後のお肌の測定結果がこちらです。

肌チェックの結果

 

スキンケア前と比較してみると

肌チェック比較

余分な皮脂が洗い流されて水分量も油分量も程よい理想的な数値となりました。

また肌の弾力も一番最高のアイコンに変わっています。

 

たった一回のスキンケアで肌がここまで変わるなんて驚きましたが、これから毎日ビーグレンのスキンケアをして肌が良いように変化していくことがとても楽しみです。

 

7日が経ちました

ビーグレンでスキンケアを始めて7日目です。

その使い心地の良さに1週間あっという間に感じました。

 

7日目のお肌がこちらです。

《右頰》

右頬

《左頬》

左頬

《フェイスライン》

フェイスライン

 

1日目のスキンケア後のお肌と比較してみました。

《右頬》

右頬比較

《左頬》

左頬比較

《フェイスライン》

フェイスライン比較

1日目と比べて見て、まだあまり変わっていないような気がしますが、肌のツヤ感が増しているように感じます。

 

また特に左頬の毛穴が、ふっくらしていて1日目より毛穴が目立っていません。

水分を蓄える力が、だんだんと肌に備わってきたのでしょうか。

 

続いては15倍に拡大したシミの部分です。

《鼻の横》

鼻の横のシミ

《頬》

頬のシミ

 

1日目と比較してみました。

《鼻の横》

鼻の横のシミ比較

《頬》

頬のシミ比較

まだ7日目なのでシミにはまだ変化がないようです。

 

続いて肌チェッカーの結果です。

まずは日中のお肌の状態はこちらです。

肌チェック結果

1日目のスキンケアする前のお肌の結果よりも、1週間しっかりスキンケアしたことで日中のお肌の状態もだんだん変わってきているのが分かります。

 

7日目のスキンケア後のお肌の状態がこちらです。

肌チェックの結果

スキンケア後はやはり安定していて理想の数値結果となりました。

 

たった1週間ですが、スキンケアをするたびにお肌が良くなっていくように感じるので引き続き使っていきたいと思います。

 

14日が経ちました

ビーグレンでスキンケアを始めて14日目です。

この2週間全く肌トラブルもなく非常に肌が安定していました。

 

そして気づいたのが、夏場でたくさん汗をかくのにお化粧がよれにくくなった事です。

確実に肌にいい効果が出ているのが分かります。

 

14日目のお肌がこちらです。

《右頬》

右頬

《左頬》

左頬

《フェイスライン》

フェイスライン

 

7日目のお肌と比較してみました。

《右頰》

右頰比較

《左頬》

左頬比較

《フェイスライン》

フェイスライン比較

7日目と比べてみても見た目での変化は特に感じられませんね。

 

続いて15倍に拡大したシミの部分です。

《鼻の横》

鼻の横のシミ

《頬》

頬のシミ

 

7日目と比較してみました。

《鼻の横》

鼻の横のシミ比較

《頬》

頬のシミ比較

シミの部分もまだ変化が起きていません。

 

続いて肌チェッカーの結果です。

まずは日中のお肌の状態がこちらです。

肌チェックの結果

水分量がそこまで少ないわけでもなく、油分量は少し多いようですが、そんなにひどい数値でもないので肌が安定してきたと思います。

 

14日目のスキンケア後のお肌の状態がこちらです。

肌チェック結果

水分量がたっぷり蓄えられていて、とても満足な結果となりました。

スキンケア後がいい数値なのは当たり前だと思いますが、日中のお肌との差がもう少し縮められたらもっと肌状態が良くなりそうです。

 

21日が経ちました

ビーグレンでスキンケアを始めて21日目です。

特にトラブルもなく肌が安定していて良い状態が続いています。

 

21日目のお肌がこちらです。

《右頬》

右頰

《左頬》

左頬

《フェイスライン》

フェイスライン

 

14日目のお肌と比較してみました。

《右頰》

右頰比較

《左頬》

左頬

《フェイスライン》

フェイスライン

肌のうるおいが増して、内側からしっかり輝いてるのが分かります。

頬の毛穴も目立ちにくくなって肌にハリがあります。

鼻の横のほうれい腺も薄くなっているように感じます。

 

続いて15倍に拡大したシミの部分です。

《鼻の横》

鼻の横のシミ

《頬》

頬のシミ

 

14日目と比較してみました。

《鼻の横》

鼻の横のシミ比較

《頬》

頬のシミ比較

こちらのシミはやはりまだ変化が見られません。

大きなシミが薄くなるのにはまだまだ時間がかかりそうです。

 

続いて肌チェッカーの結果です。

まずは日中のお肌の状態がこちらです。

肌チェックの結果

相変わらず日中もそれなりの水分量を保てていて油分量もいい感じです。

 

21日目のスキンケア後のお肌の状態がこちらです。

肌チェックの結果

だんだん日中との数値の差が縮まってきました。

 

使い始めて1ヶ月まで残り一週間でお肌はどう変化するのでしょうか?

 

28日が経ちました

ビーグレンでスキンケアを始めて28日目です。

この4週間とてもあっという間でしたが、とくに肌がパッと明るくなるのが、目に見えて分かるのでスキンケアが毎日の楽しみになっていました。

 

28日目のお肌がこちらです。

《右頬》

右頰

《左頬》

左頬

《フェイスライン》

フェイスライン

 

21日目のお肌と比較してみました。

《右頰》

右頬比較

《左頬》

左頬比較

《フェイスライン》

フェイスライン比較

21日目よりさらに肌のくすみがとれて明るくなっていることによって少し毛穴が目立つようにも見えますが、肌にとてもハリを感じます。

 

続いて15倍に拡大したシミの部分です。

《鼻の横》

鼻の横のシミ

《頬》

頬のシミ

 

21日目と比較してみました。

《鼻の横》

鼻の横のシミ比較

《頬》

頬のシミ 比較

目立つシミの部分は21日目からほぼ変化がありません。

やはりそんな簡単にシミはなくならないですね。

 

続いて肌チェッカーの結果です。

 

まずは日中のお肌の状態がこちらです。

日中 肌チェックの結果

日中のお肌がとてもいい調子で、エアコンの下にいても毎日乾燥が気になりませんでした。

ビーグレンのスキンケアを始める前のお肌の状態と比べると、今のお肌の状態がいかによくなってきたのかが分かります。

 

28日目のスキンケア後のお肌の状態がこちらです。

スキンケア後 肌チェックの結果

スキンケア後は変わらず、理想の数値がしっかり出るのでやはりビーグレンのスキンケアはすごいです。

 

初日のお肌からどう変化したのか比較してみます。

 

《右頰》

右頰比較 1日目と28日目

全体的に肌のトーンが明るくなっていて、頬の毛穴も引き締まっています。

 

《左頬》

左頬比較 1日目と28日目

こちらも肌のトーンアップをしているおかげで、頬の辺りにまだらにあるシミが薄くなっているように見えます。

 

《フェイスライン》

フェイスライン比較 1日目と28日目

全体的に肌が引き締まって内側からしっかりうるおっているので肌のツヤが違います。

頬のシミも薄くなっています。

 

《鼻の横のシミ》

鼻の横のシミ比較 1日目と28日目

 

《頬のシミ》

頬のシミ比較 1日目と28日目

この目立つシミには変化が見られませんでしたが、全体的に肌が明るくなったところを見ても、小さな薄いシミたちにはしっかり効果があったと思います。

 

1ヶ月間使ってみた感想

この1ヶ月で確実に肌が変わることが出来ました。

一番の悩みである、シミは消えなかったけど肌全体が明るくなったことで美白効果は確実にありましたし、くすみが飛んで明るいいきいきとした肌になったので、毎朝起きて鏡を見るのが楽しみになっていました。

 

今回は1ヶ月の検証でしたが、ハイドロキノンは濃度によっても異なりますが、効果には個人差があるので、最低でも3ヶ月続けてみたらまた効果が変わってくると思います。

 

今回のビーグレンのスキンケアで感じたことは、本当にお肌に刺激もなく気持ちよく使えて、使うたびに肌が綺麗になっていったので、やはり独自の浸透テクノロジーのおかげだと実感しました。

中でも私がとくに気に入っているのは、高濃度のビタミンCが瞬時に肌に届く『Cセラム』です。

 

Cセラムを持っている様子

使ってみないとその凄さが分からないですが、このCセラムで肌のハリ感が本当に変わります。

ビタミンCが肌に届いている!という感覚を味わうことができるので私はとっても気に入りました。

 

他にはやはりビーグレンのもので一番最初に使ってみてとても気にいった『キューソームローション』です。

この化粧水本当にいいです!

色々な肌の悩みに応えてくれて保湿力もばっちりでとても優秀なので、今では手放せない化粧水になりました。

 

ビーグレンはお得なトライアルセットもあるので、気になる方はそちらから試してみるのがおすすめです。

 

化粧品にはどれも合う合わないが必ずあると思うので、種類が豊富なトライアルセットがあるのは本当に嬉しいですよね。

私の肌にはビーグレンはとても合っていると感じたので、これからも使い続けてより、輝けるお肌を目指したいと思います。

 

それぞれどのくらい余ったの?

実際に新品の状態から1ヶ月間スキンケアをしてどのくらいの量が余ったのでしょうか?

どれも1つあたり大体1~1.5ヶ月使用できる容量と書いてありますが、実際のところどうだったのか、分かる範囲で見ていきます。

 

まずはキューソームナノオフクレンジングです。

 

こちらはメイク落としなので、とくにメイクをしていない日は使用していません。

なので私の場合は1週間に4日程しかお化粧しないので半分以上は使いましたが、まだこれだけ残っています。

ナノオフクレンジング残り

そう考えると、1週間に7日お化粧する人だったらちょうど私の倍なので、1ヶ月で使いきりそうです。

 

 

続いてクレイウォッシュです。

こちらは毎日1日2回使用していました。

 

残量の中身がはっきり見えないのですが光に透かしてかすかに見える感じでは、あと1週間はもつかな?といったところです。

クレイウォッシュの残り

 

 

続いてキューソームローションです。

 

こちらはビーグレン一式でスキンケアを試す前に、一番最初に購入していてはじめにキューソームローションだけで1ヶ月お肌の検証をしていました。

なのでその続きから今回他のビーグレンのものも加わった1ヶ月の検証となるので、キューソームローションだけは2ヶ月使用しているのですが、ちょうど2ヶ月で一本を使い切りました。

 

キューソームローションの容器

私は化粧水はたっぷりつけたい人なので時々二度づけしたりしていたのですが、以外にも一本で2ヶ月も使えたので、もう少し使用量を減らしたら2.5ヶ月~3ヶ月はもちそうです。

 

そう考えるとキューソームローションは効果もあって、一本で長く使えるのでコスパは良いですね。

 

 

続いてキューソームリフトです。

 

こちらは1日2回ですが、朝使うときはメイク前にベタつくのが嫌だったので朝だけ1プッシュで使っていました。

用量としては2~3プッシュほどが正しい使用量です。

夜は2プッシュで使っていました。

 

朝は少なく使っていたのでこれだけ残りました。

キューソームリフトの残り

あと1週間くらいは使えそうです。

 

 

続いてはCセラムです。

 

毎日1日2回かかさずつけています。

残量が見えないのですが、感触的にはあと5日使えるかな?といったところです。

Cセラムの残り

Cセラムは大体1ヶ月で一本使いきりますね。

 

 

続いてキューソームホワイトクリーム1.9です。

 

こちらも残量が見えないのですが、感触的にあと3日使えるかな?といった感じです。

キューソームホワイトクリームの残り

こちらも大体1ヶ月で一本使いきります。

 

 

続いてキューソームモイスチャーリッチクリームです。

 

1日2回の使用ですが、朝はパール1粒分、夜はパール2粒分で使用していました。

毎日使用していますが、まだ底が完全に見えていなくてこれだけ残っています。

キューソームモイスチャーリッチクリームの残り

あと10日程は使用できると思います。

 

 

この結果からもやはり記載してある通り、ビーグレンのスキンケアは1つあたり大体1ヶ月から1.5ヶ月使用でできていますね。

私の場合キューソームローションだけは長くもちましたが、各使用量の個人差もあると思いますので、大体これくらい使えるというのが参考になればと思います。

 

ビーグレンは365日の返金保証があります!

365日間の間なら使用した後の商品でも返品出来るという制度です。

 こんなに長い間お試し期間があるというのは、製品によっぽど自信がなければできませんよね。

 

しかし返品する場合にいくつかの注意点があります。

・返品は、各商品一度のみ

・トライアルセットはセット一式を返品する必要がある

・トライアルセットの返品は、セットに含まれる商品すべて単品商品での返品としてカウントされる

・365日の期限を越えた商品の返品はできない

・返送料と返金時の振込手数料は自己負担

・支払い方法が後払いの場合、支払い後に返品受付をしてもらえる

上記以外にも細かい注意点はありますので、気になることがあったらビーグレンの方に直接問い合わせてみて下さい。

 

また、これだけの返金保証制度があるからといってむやみに返品するのはやめましょう。

本当に肌に合わなかったり気に入らなかった場合などは仕方無いですが、返品する際にはしっかりとマナーを守って返品するようにしましょう。

 

定期購入と解約について

ビーグレンの商品を購入するのに一番安く購入出来るのが定期購入です。

 

定期購入には4つの特典があります。

1  毎回5%~25%の割引がある

2  購入回数の縛りなしなのでいつでもやめられる

3  決済手数料無料

4  非売品のプレゼントがある

 

まとめて買う数が多い程、割引率があがるというシステムの定期購入なので例えば商品1つだと5%OFF2つだと10%OFF4つ以上だと最大25%OFFにもなります。

 さらに定期購入のお届け期間も30日45日60日の中から選ぶことができます。

 定期購入の解約方法は、お届け予定日の5日前までに連絡すれば、受け取り回数に関係なく解約手続きができます。

 

一度解約してもまた再開出来るので安心です。

 

連絡方法も、ビーグレンの公式サイトにあるマイページ(定期お届けコースページ)から簡単に出来て、カスタマーサポートやお問い合わせフォームからも連絡できます。

0120-329-414(24時間・365日対応)

 

何か不明な点があったらお問い合わせしてみて下さい。

とても丁寧に対応してくれますよ。

 

ビーグレンに関して興味がある方はこちらも読んでいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA