口コミで評判のビーグレンのナノオフクレンジングの効果でスキンケアを高めよう!

あなたはスキンケアの効果を肌で感じたことはありますか?

 

例えば、

 

・「この洗顔を使った後肌がツルツルになった」

・「この化粧水で肌がもちもちになった」

 

など、誰でも一度は肌で感じたことがあると思います。

 

お気に入りのスキンケア用品があれば、どんなメーカーにかかわらずそれを使い続けると思いますが、その時の効果だけでなく、さらにお肌にとってプラスになればもっと良いですよね。

 

その一つの方法が同じメーカーのライン使いをすることです。

 

高価な化粧品はなかなかラインで使うのが厳しいので、気にいったものだけを厳選して使うのもありだと思いますが、より効果がアップする方法としてライン使いをオススメします。

 

その理由は、同じメーカーで同じ成分を使って出来ているものの方が、肌へ美容成分や保湿成分などが浸透しやすくなるためです。

 

このことを相乗効果といいます。

 

相乗効果とは?

あるものが組み合わさることによって、それぞれ個々の力以上の効果を発揮することです。

 

個々の力以上が発揮できれば、今までのスキンケア効果もより高まるということです。

 

そんな相乗効果を利用して、「肌が確実に変わる」そんな製品をご紹介したいと思います。

 

スキンケアで最も重要なものは何でしょうか?

綺麗な肌の女性

スキンケアで最も重要なのはクレンジングです。

クレンジングによっては肌質が変わるとも言われているほど、重要な役割を持っています。

 

どうしてクレンジングが重要なの?

クレンジングはメイクや肌の汚れを落としたり、毛穴に詰まった皮脂を取り除いてくれます。

 

しっかり汚れを取り除いて、綺麗になったお肌にスキンケアをすることで、さまざまな美容成分がお肌へ入っていきます。

 

なので、汚れが落ちきっていない肌にスキンケアをしても意味がありません。

 

クレンジングで、どれだけしっかり汚れが落とせるかがとても重要になってきます。

 

そこで、今回ご紹介したいのがビーグレンの新商品でもある「ナノオフクレンジング」です。

 

高い相乗効果を持つ『ナノオフクレンジング』

ナノオフクレンジング

 

ビーグレンは1994年、アメリカのカリフォルニアで生まれたサイエンスコスメブランドです。

 

ビーグレンがほかのブランドと違うところは、医学会でも認定された、独自の「QuSome®︎(キューソーム)」といわれる浸透テクノロジーを取り入れていることです。

キューソーム

キューソームとは、美容成分を肌の奥までしっかり届けるための技術です。

 

そのキューソームには4つのポイントがあります。

 

1  肌になじみやすいので、早く効く

2  安定的に効果を発揮する

3  必要としている箇所に、確実に届く

4  しっかり届まるので、効果が持続する

 

このキューソーム粒子の大きさはナノサイズで直径70~150ナノメートルほどで、ハリの中に約50個おさまるほどの大きさです。

 

このナノサイズのキューソームを、小さなカプセルで包み込み確実に成分を届けることが出来るのです。

 

こんなすごい浸透テクノロジーですが、ビーグレンは日本人の女性の肌のために作られたものなので、その性質は非常に安定していて優しいため、安心して使うことができます。

 

ビーグレンの製品は1つでも効果を感じられるのですが、そのキューソームによってさらに効果が得られやすくなっているのです。

 

そんなビーグレンですが、今まで製品の中にクレンジングというものがありませんでした。

 

しかし、他のどの製品も口コミなどとても効果が高いと話題なので、クレンジングだけなかったのが不思議なくらいでした。

 

そこで色んな試行錯誤を繰り返し、やっとビーグレンの納得のいく『スーパークレンジング』が出来たのです。

 

 

うるおいしか残さないナノオフクレンジング!

ビーグレン クレンジングタイプの洗顔

 

肌に優しい水クレンジング成分と、メイクや汚れをよく落とすオイルクレンジング成分の利点だけを抽出したハイブリッド構造を採用しています。

ナノオフクレンジング

メイクはしっかり落としたいけれど、肌には優しいものがいいという、多くの女性の願いを叶えるクレンジングジェルになります。

 

美容保湿成分まで配合することによって、どんな肌汚れもしっかり落としながら、うるおった優しい洗い上がりを実現します。

ナノオフクレンジングの美容成分

 

またナノオフクレンジングが一般のクレンジングと違うところは、ただメイクをしっかり落とすだけではなく、毛穴に入り込むほど小さい黄砂やPM2.5などの汚れまでしっかり洗い流してくれます。

 

それ以外にも肌に蓄積されると活性酸素を生み出ししわやシミなどのエイジングの原因となる、通常のクレンジングでは洗い落とせない大気汚染物質まで綺麗に落とします。

ナノオフクレンジングと一般的なクレンジングの違い

一般のクレンジングでは大気汚染物質は洗い流せないので、それが蓄積されることによって肌の老化にもつながってしまうのです。

ここまで目に見えないもののクレンジング効果の高い商品は他にはありません。

 

このナノオフクレンジングによって、キューソームの浸透テクノロジーがさらに効果的になり、後から加わるスキンケアの相乗効果を存分に発揮してくれます。

 

成分の詳細はこちら
分類成分名役割
ベース
グリセリン保湿
BG保湿、抗菌
DPG保湿、抗菌
エチルヘキシルグリセリン保湿、抗菌
ジミリスチン酸PEG-12グリセリル整肌
エモリエント剤パルミチン酸エチルヘキシル柔軟
-(C13-15)アルカン溶剤
界面活性剤ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル乳化、香料
オレイン酸ポリグリセリル-5密着、洗浄
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー増粘
-グルコノバクター/ハチミツ発酵液保湿、ピーリング
-水溶性ケラチン(羊毛)保湿
植物オイルマスチック樹脂洗浄、収れん、抗菌
ラベンダー油殺菌、抗炎症
ノバラ油細胞活性化、抗老化、保湿
-アラントイン抗炎症
pH調整剤アルギニン保湿
クエン酸収れん
クエン酸Na-
水酸化K乳化安定
ビタミントコフェロール抗酸化
-フィチン酸美白、抗酸化、保湿、コラーゲン生成
増粘剤カルボマー増粘
防腐剤フェノキシエタノール防腐
酸化銀防腐

 

このナノオフクレンジングと一緒に使うことで、特に相乗効果が得られる3つを説明していきます。

 

ナノオフクレンジング×クレイウォッシュ

ナノオフクレンジングとクレイウォッシュ

クレイウォッシュは天然クレイのモンモリロナイトが持つ「汚れだけを吸着する力」で、余分な皮脂や古い角質などを吸着して落とし、肌を傷めずにスッキリと洗い上げてくれる洗顔料です。

 

一般の洗顔料は、洗浄力も強いものが多く肌に負担がかかったり、洗顔後急激に乾燥して肌がつっぱることがあります。

 

また取るべきものではないうるおいを取ってしまったり、細かな汚れは落とせていない場合があります。

 

クレイウォッシュの洗顔方法は通常の洗顔のように泡だてて使うものではなく、まるでクレンジングをしているようにマッサージ感覚で肌になじませるだけなので、肌に刺激を与えることなくうるおいのヴェールが肌を守ります。

 

落とすべき汚れをしっかり落として、肌のうるおいは残すので洗いあがりは透明感のある肌に仕上がります。

 

そんなクレイウォッシュですが、単体で使ってももちろん汚れは綺麗に落とせますが、ナノオフクレンジングと一緒に使うことで、より肌を綺麗な状態に仕上げてその後のスキンケア効果も高めてくれます。

 

 

成分の詳細はこちら
分類成分名役割
ベース-
BG保湿、抗菌
イソノナン酸エチルヘキシル-
ソルビトール保湿
ペンチレングリコール保湿
スクワラン皮膜形成
ヒアルロン酸Na保湿
エチルヘキシルグリセリン保湿、抗菌
-モンモリロナイト洗浄、保湿、皮膜形成
界面活性剤ココイルグルタミン酸Na洗浄、柔軟
ココイルグルタミン酸TEA洗浄
クオタニウム-73帯電防止
-尿素保湿
-グリチルリチン酸2K抗炎症、美白
植物エキスアロエベラ葉エキス保湿、抗炎症
カミツレ花エキス抗炎症、血行促進、収れん、美白
クズ根エキス保湿、美白
クロレラエキスくすみ除去、保湿、細胞活性化
-カプリロイルグリシン皮膚保護
キレート剤EDTA-2Naキレート
防腐剤フェノキシエタノール防腐

 

1  毛穴の汚れの落ち具合は変わる?

実際にクレイウォッシュだけで洗顔した後と、ナノオフクレンジング×クレイウォッシュで洗顔した後で違いがあるのか比べてみました。

 

汚れ落ちが分かりやすい、鼻の毛穴部分を通常の15倍拡大して撮れるマクロレンズを使って撮ってみました。

 

まずは何もしていない洗顔前の肌の状態です。

毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみがとてもはっきりしていて目立ちますね。

 

ちなみに通常のカメラで撮った時はこんな感じです。

毛穴の画像

通常で撮るとボヤっと黒ずんでいるのは分かりますが、マクロレンズで撮ったものほど毛穴の汚れが分かりませんね。

 

続いてクレイウォッシュだけで洗顔した後の肌の状態です。

毛穴の黒ずみ

洗顔前と比べると明らかに黒ずみの汚れがとれてすっきりしています。

 

洗顔前と洗顔後を比較してみても

毛穴の比較

さすがは吸着洗顔です。

一度の洗顔でもこれだけ毛穴が綺麗になりました。

 

そしてクレイウォッシュとナノオフクレンジングで洗顔をした後の肌の状態がこちらです。

毛穴

 

先ほどのクレイウォッシュだけで洗顔した時と比較してみると

毛穴の比較

若干ではありますが、クレイウォッシュとナノオフクレンジングで洗顔した後の方が黒ずみが少なく見えませんか?

 

やはり目に見えないほどの、細かな汚れまで落とせるのはナノオフクレンジングの凄さなので、その効果がはっきりと分かりました。

 

クレイウォッシュだけでも、汚れは十分に落とせるけどやはりナノオフクレンジングと、ダブルで使った方が繊細な汚れまで取れるというわけですね。

 

2  肌のうるおい度は変わる?

肌の水分量と油分量と肌の弾力を測定できる、肌チェッカーを使って計測してみました。

 肌チェッカー

お肌に当てるだけでこのように表示されます。

肌チェッカー

季節によっても異なりますが、目安としては

肌チェッカー

水分量は35%~60%

油分量は16%~30%

くらいが理想的な数値のようです。

 

私は頬の中心部分で計測してみました。

肌チェック

 

まずは何もしていない状態の肌の結果がこちらです。

肌チェックの結果 

水分量はやや少なめに対して油分量は多いです。

 

肌が乾燥しているので余分な皮脂が出ている状態です。

 

続いてクレイウォッシュだけで洗顔した後の結果がこちらです。

肌チェックの結果

クレイウォッシュはうるおいを残してくれるので、洗顔後でも水分量が少し上がって余分な皮脂は洗い流してくれました。

 

洗いあがりに乾燥しないところがいいですね。

 

そして、クレイウォッシュとナノオフクレンジングで洗顔した後の結果がこちらです。

肌チェック結果

クレイウォッシュとナノオフクレンジングのうるおい成分が組み合わさったおかげなのか水分量が少し上がりました。

 

油分量も同じくらいで、必要以上に洗い流されていません。

 

これらの結果からも、やはりナノオフクレンジングによってクレイウォッシュとの相乗効果が発揮されることが分かりました。

ナノオフクレンジング×キューソームローション

ナノオフクレンジングとキューソームローション

キューソームローションは乾燥やしわ・たるみの肌悩みだけでなく、シミやくすみ、ニキビ、毛穴といったさまざま肌の悩みに対応する多機能なエイジングケア化粧水です。

 

その保湿効果はなんと、17時間もうるおいを肌にとどまり続けることができるので、ローション革命とも言われています。

 

その保湿力の秘密は独自の浸透テクノロジーであるキューソームをさらにビーグレンが化粧水のためだけに開発した、新技術の「charged  QuSome®︎(チャージドキューソーム)」にあります。

 

キューソームも浸透力に優れていて効果的ですが、チャージドキューソームは素早く角層へ美容成分を行き渡らせ、長時間とどめるという特徴があります。

 

そのため浸透力がキューソームよりも最大で36倍、貯留力は6倍に伸びました。

 

そしてそのすごい浸透力で、後から使用する美容液やクリームなどのスキンケア効果も高めてくれます。

 

さまざまな肌悩みに対応出来る化粧水は、意外と少ないので、キューソームローションは優れものです。

 

 

成分の詳細はこちら
分類成分名役割
ベース
プロパンジオール保湿
BG保湿、抗菌
スクワラン皮膜形成
グリセリン保湿
エチルヘキシルグリセリン保湿、抗菌
界面活性剤ジミリスチン酸PEG-12グリセリル乳化
ジステアリン酸PEG-23グリセリル乳化
ステアラミドプロピルジメチルアミン-
-ラフィノース保湿
-ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12保湿、潤滑
-3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸保湿
-3-O-エチルアスコルビン酸美白、抗炎症
-オリゴペプチド-24新陳代謝促進
-ピリドキシンHCl皮脂抑制
-アラントイン抗炎症、組織修復
植物エキスゲンチアナ根エキス細胞活性化
アッケシソウエキス保湿
フカスセラツスエキス角層細胞成熟化促進
エモリエント剤コレステロール保湿、安定化
-乳酸抗菌、保湿
防腐剤フェノキシエタノール防腐
キレート剤EDTA-2Naキレート

 

 1 肌のトーンは変わる?

普通の洗顔料を使って、キューソームローションをなじませた後の肌と、ナノオフクレンジングを使ってキューソームローションをなじませた後の肌に変化があるのか検証したいと思います。

 

まずは一般的な洗顔をした後にキューソームローションをなじませた後の肌がこちらです。

一般の洗顔で洗ったあとの化粧水をつけた後の肌

 

続いてナノオフクレンジングを使った後に、キューソームローションをなじませた後の肌がこちらです。

ナノオフクレンジングで洗顔後の化粧水をつけた後の肌

 

両方を比較してみると

肌の比較

見た目ではほとんど違いが感じられません。

 

肌のトーンもほぼ変化なしです。

 

2  肌のうるおい度は変わる?

先ほどの肌チェッカーを使って、普通の洗顔をした後にキューソームローションをなじませた後と、ナノオフクレンジングを使った後にキューソームローションをなじませた後では、肌のうるおいに変化があるのか検証したいと思います。

 

まずは普通の洗顔をした後にキューソームローションをなじませた後の肌の結果がこちらです。

一般のクレンジングで洗顔した場合の肌チェックの結果

さすがはキューソームローションです。

 

水分量も油分量も理想的な数値でしっかり保湿することが出来ました。

 

続いてナノオフクレンジングを使った後に、キューソームローションをなじませた後の肌の結果がこちらです。

ナノオフクレンジングで洗顔した場合の肌チェックの結果

ナノオフクレンジングを使っていない時よりも、やや水分量が上がりました。

 

肌チェッカーも多少の誤差はありそうですが、やはりナノオフクレンジングで肌をよりすっきり洗いあげたおかげで独自の浸透技術である、キューソームがより働きやすくなって肌に浸透しやすくなったように感じますね。

 

見た目では変化が見られませんでしたが、肌への浸透力の違いに少し差が出たので、これもまたナノオフクレンジングの相乗効果です。

 

ナノオフクレンジング×Cセラム

ナノオフクレンジングとCセラム

Cセラムは、ビーグレンの商品の中でも人気No.1で即効性のある高濃度ビタミンC美容液です。

 

肌につけた瞬間、温感を伴って角層内にビタミンCが引き込まれていき、肌の内側から透明感を引き出し、しわやたるみ、ニキビ、ニキビ跡、毛穴、シミ、くすみなどさまざまな悩みを解決します。

 

ビーグレンは、ビタミンCの中でも特に効果の高い「ピュアビタミンC」に注目し、それをキューソームと融合させて、今までは肌に浸透する前に壊れていたビタミンCがキューソームで包み込まれることによって角質の奥まで届きます。

さらにじっくりと留まり、ビタミンCの効果を持続させることが出来るようになったのです。

 

 

成分の詳細はこちら
分類成分名役割
ベースPG保湿
酸化防止剤アスコルビン酸抗酸化
界面活性剤レシチン乳化、溶剤、保湿
ラウレス-7乳化、湿潤、溶剤
増粘剤ポリアクリルアミド安定化
-(C13,14)イソパラフィン溶剤

 

一般的によくあるビタミンC化粧品の濃度は、3%なのですがCセラムは7.5%とかなり高濃度なので敏感肌の方は注意して使う前にパッチテストをすることをおすすめします。

 

〜パッチテストのやり方〜

1  入浴後の肌が清潔な状態で、化粧品を二の腕の内側に10円玉大ほど塗る。

パッチテストのやり方

2 その上から絆創膏を貼って24時間後に様子をみる。

パッチテストのやり方

24時間後に観察し、テスト部分に異常がなければ化粧品を使用してもOKです。

 

ビーグレン独自の素晴らしい技術によって、ビタミンCの本来の力を発揮することが出来るので、毛穴や肌のくすみ、しみ、たるみ、ニキビ、ニキビ跡などさまざまな悩みに効果を感じられます。

 

1  肌のトーンは変わる?

普通の洗顔料を使った後にキューソームローションをなじませてその後にCセラムをつけた後の肌と、ナノオフクレンジングを使った後にキューソームローションをなじませてその後にCセラムをつけた後の肌では、肌のトーンが変わるのか検証したいと思います。

 

まずは普通の洗顔→キューソームローション→Cセラムのお肌がこちらです。

Cセラムつけたお肌

肌の内側から透明感が出ていてハリを感じました。

 

続いてナノオフクレンジング→キューソームローション→Cセラムのお肌がこちらです。

Cセラムつけたお肌

こちらも内側からちゃんと透明感が出ています。

 

つけた感じはどちらも同じくらいの温感を感じて、なじませている時も特に違いは感じませんでした。

 

比較してみると

Cセラムつけたお肌比較

左が普通の洗顔を使った方で右がナノオフクレンジングを使った方です。

 

右の方が若干肌が赤くなっていますね。

 

これは右の方が、ビタミンCがより肌に浸透し血行が良くなったことで赤みが少し出たということですね。

2  肌のうるおい度は変わる?

こちらも先ほどの肌チェッカーを使って、普通の洗顔をした後にキューソームローションをなじませてCセラムをつけた後の肌と、ナノオフクレンジングを使った後にキューソームローションをなじませてCセラムをつけた後の肌で計測してみたいと思います。

 

まずは普通の洗顔→キューソームローション→Cセラムの計測結果がこちらです。

洗顔→キューソームローション→Cセラム 肌チェックの結果

キューソームローションだけの時よりもさらにうるおいがアップして肌にハリ感も感じるので、やはりCセラムは即効性がある美容液だと実感できます。

 

続いてナノオフクレンジング→キューソームローション→Cセラムの計測結果がこちらです。

ナノオフクレンジング→キューソームローション→Cセラム 肌チェックの結果

これには驚きです。

やはり先ほどの肌の赤みは、Cセラムがより肌に浸透したからといえる結果になりました。

 

うるおいは十分肌に蓄えられているようですね。

しかし油分量が上がっています。

多分これは、ビタミンCはもともと肌を乾燥させてしまうという欠点があるので、ビタミンCが肌に浸透した時瞬時に肌が油分を出そうとして出た結果だと思います。

 

肌チェックの数値が良くなることによってどうなるのか?

相乗効果があると後から使うスキンケアの肌チェックの数値が上がってくることが分かりましたが、それによってお肌に今まで以上の水分を蓄える力が保持されるようになります。

 

乾燥肌の人は化粧水をつけた直後はうるおうけど、少し時間が経ったら乾燥するなどの悩みを持っている方が多いと思います。

 

保湿効果の高い化粧水を使うのも1つの手ですが、それを改善するのがライン使いの相乗効果でもあります。

 

一時的に肌の乾燥を助けるものよりも肌本来の力を発揮させて、それを維持できるお肌づくりが最も大切です。

 

肌がしっかりうるおっていることによって後から入る美容液やクリームなどの成分をしっかり届けることができるので、肌のうるおいはスキンケアの大前提になります。

 

より相乗効果を発揮するためにはやはりライン使いがおすすめです。

 

ライン使いによって、同じ成分が浸透しやすくなるので、色んな肌悩みに効果的です。

 

・肌が乾燥しづらくなった

・保湿力がアップして肌がうるおっていて小ジワが目立たなくなった

・夕方になっても肌にハリがある

・乾燥によって目立つほうれい線が目立たなくなった

・肌がうるおっていることによって毛穴の開きが目立たなくなった

 

など、今まで以上に肌の調子が良くなるといい状態をキープできるようになります。

 

今使っているスキンケアが自分の肌悩みの効果が出ていない、もしくは何も変わっていないという方は今一度スキンケアを見直してみて下さい。

 

そして自分で肌チェックしてみたりするとそれが自分の肌に合っているかわかるので尚良いと思います。

 

それぞれ検証してみた感想

ナノオフクレンジング

見た目だけでは分かりづらい部分も、こういった肌チェックをすることによって、しっかり肌に浸透しているか確かめることが出来ました。

今回の全ての結果からも、ナノオフクレンジングを使うことによって、その後のスキンケア効果が高まることが分かりました。

 

相乗効果を実感できたので、やはりビーグレンの浸透技術はすごい!と改めて感じました。

 

とくにクレンジングはスキンケアの中でも重要な役割なので、そのクレンジング一つで後に使う化粧水や美容液の浸透度が変わってくるというのはキューソームならではだと思いました。

 

今までビーグレンのスキンケア用品を使っていた方はクレンジングも合わせてビーグレンのものを使えば、きっと今以上に輝くお肌を手に入れられますよ。

 

ビーグレン ナノオフクレンジングの気になる口コミ

実際、ビーグレンのナノオフクレンジングを使用された方の感想はどうなんでしょうか?

気になる口コミを紹介します。

~いい口コミ~

@コスメの口コミ

・乾燥しない

・毛穴が少しきれいになった

下地、ファンデ、チーク、アイシャドウ、アイブロウマスカラ(ウォータープルーフ)、マスカラ下地(ウォータープルーフ)、マスカラ(ウォータープルーフ)、リップというフルメイクで、そこいらのクレンジングではマスカラがなかなか落ちず、今まではクレンジング後の乾燥感には目を瞑ってオイルクレンジングを使っていました。
そんな時こちらを使うと、部分用リムーバーを使わなくてもするんとメイクも角栓も落ち、洗った感じはあるのに、乾燥しないのです。
W洗顔した後でも、です。
ジェルを塗った感じというのが1番近い表現な気がします。
★★★★★★6 mrk1991さん 27歳

引用元:@コスメ 

乾燥敏感肌ですが、つっぱりません。
これで洗い終わるととても良い感じで、使うのが楽しみです。
それに、これを使って鼻の毛穴が少し綺麗になったような…。
★★★★★★6 ☆凛青☆さん 46歳

引用元:@コスメ 

 

~よくない口コミ~

@コスメの口コミ

・減りが早い

肌に優しい水クレンジング成分と、メイクや汚れをよく落とすオイルクレンジング成分の利点だけを抽出したハイブリッド構造※を採用。
さらに、洗い上がりが突っ張らないように、うるおいしか残さない美容保湿成分を配合しました。とのこと
テクスチャー→ジェルっぽい。
メイク落ち→落ちてない気がするのによく落ちている。不思議
すすぎ→いつまでもヌルヌル感が残って洗い残し感する。たぶんこれがうるおい成分で
洗い残しではない?(自己判断)
W洗顔→必要
その他→減りが早い。一回の使用量直径2~2.5センチとのこと。
肌にはすごく優しい
現品購入は・・・う~ん、考え中
★★★3 ddrjun 52歳

引用元:@コスメ

 

オイルクレンジングなのに、乾燥することなく、お肌にも優しいという口コミが多かったです。

毛穴がきれいになったという口コミからもわかりますが、ナノオフクレンジングの使用によってしっかり汚れが落とせているのがわかりますね。

 

ビーグレンは365日の返金保証があります!

365日間の間なら使用した後の商品でも返品出来るという制度です。

 

こんなに長い間お試し期間があるというのは、製品によっぽど自信がなければできませんよね。

 

しかし返品する場合にいくつかの注意点があります。

 

・返品は、各商品一度のみ

・トライアルセットはセット一式を返品する必要がある

・トライアルセットの返品は、セットに含まれる商品すべて単品商品での返品としてカウントされる

・365日の期限を越えた商品の返品はできない

・返送料と返金時の振込手数料は自己負担

・支払い方法が後払いの場合、支払い後に返品受付をしてもらえる

 

上記以外にも細かい注意点はありますので、気になることがあったらビーグレンの方に直接問い合わせてみて下さい。

 

また、これだけの返金保証制度があるからといってむやみに返品するのはやめましょう。

 

本当に肌に合わなかったり気に入らなかった場合などは仕方無いですが、返品する際にはしっかりとマナーを守って返品するようにしましょう。

 

定期購入と解約について

ビーグレンの商品を購入するのに一番安く購入出来るのが定期購入です。

 

定期購入には4つの特典があります。

 

  毎回5%~25%の割引がある

  購入回数の縛りなしなのでいつでもやめられる

  決済手数料無料

  非売品のプレゼントがある

 

まとめて買う数が多い程、割引率があがるというシステムの定期購入なので例えば商品1つだと5%OFF、2つだと10%OFF、4つ以上だと最大25%OFFにもなります。

 

さらに定期購入のお届け期間も30日、45日、60日の中から選ぶことができます。

 

定期購入の解約方法は、お届け予定日の5日前までに連絡すれば、受け取り回数に関係なく解約手続きができます。

 

一度解約してもまた再開出来るので安心です。

 

連絡方法も、ビーグレンの公式サイトにあるマイページ(定期お届けコースページ)から簡単に出来て、カスタマーサポートやお問い合わせフォームからも連絡できます。

 

0120-329-414(24時間・365日対応)

 

何か不明な点があったらお問い合わせしてみて下さい。

 

とても丁寧に対応してくれますよ。

ビーグレン(b.glen)に関して興味がある方はこちらも読んでいます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA