口コミで評判のディセンシア アヤナス ローション(化粧水)コンセントレートの効果で首のシワは改善される?

アヤナス ローション コンセントレート アイキャッチ
美活編集部 河原

年 齢  40代
肌 質  乾燥肌・敏感肌
お悩み  年齢や乾燥により肌のバリア機能が低下してしまい、ハリや弾力、シワやほうれい線、くすみなどが気になりだし、エイジングケアを行う必要が出てきました。

詳細はプロフィールを見てくださいね🌸

 

エイジングケアを気にする年代になりつつあり、さらに敏感肌の方は世間にたくさんみえると思います。

私もその一人で、乾燥に悩まされつつもエイジングケアを行いたい一人です。

 

エイジングケアを行うためには、保湿がとても大切になります。

『しわ』や『くすみ』も根本は保湿が足りないところからきているため、それらをトータルケアしてくれるこの『ディセンシア アヤナス』は敏感肌の方のために作られたエイジングケア商品になりますのでとても信頼でき、なおかつ効果を期待できる商品になっています。

 

エイジングケア商品とはいえ、20代からのお手入れに使用することにより30代40代になった時のお肌が変わりますので、20代30代の方にもおすすめの商品になっています。

 

まずはトライアルセットでお試しし、使用感や効果を確認してみてください。

その後1か月以内に本品を購入することにより、とてもお得に本品を購入することが出来ますので手順を踏んでお試しをして頂くことをおすすめします。

トライアルセットはこちらから↓
ディセンシア アヤナスのトライアルセット

アヤナストライアルセットの使用感はこちらをご覧ください↓

同じディセンシアシリーズのつつむとの違いは?

ディセンシアシリーズには、アヤナス・サエル・つつむの3種類があります。

その中で、アヤナスと同じ保湿を謳っている商品がつつむになります。

 

ふたつの種類に保湿効果が期待できますので、どちらの商品を購入した方がいいのか迷ってしまう方もみえると思います。

そこで、アヤナスとつつむの違いを簡単に説明してみました。

 

アヤナス

アヤナスは保湿効果に優れ、なおかつエイジングケアを行うことが出来るスキンケア商品になります。

肌のハリや弾力、目元のシワやほうれい線、くすみなどに働きかけるプレミアムエイジングケアになりますので、敏感肌・乾燥肌の方でも安心してエイジングケアを行うことが出来る商品になっています。

つつむは保湿重視ですが、アヤナスは肌のリフトアップや透明感を引き出すことにも優れていますので、エイジングケアに対してのアプローチはアヤナスのほうが断然効果的になっています。

 

つつむ

つつむは高保湿のバリア機能のサポートをしてくれる商品となり、保湿が足りず肌がより敏感になっている方向けのスキンケア商品になります。

 

肌の乾燥が酷すぎてエイジングケアを行うにはちょっと心配。

と言った方など、まず初めにつつむで保湿重視のスキンケアを行い、肌のバリア機能を最大限に高め潤いが戻ってきたらアヤナスでエイジングケアを行ってみるのもいいのではないでしょうか。

 

つつむのトライアルセットには、アヤナスのサンプル品もプレゼントとしてついていますので、つつむを使用しつつ一度アヤナスをお試しすることも可能になっています。

※サンプル品は1回分になります。

 

そこでアヤナスの感触などを確かめることもでき、アヤナスに移行するかこのままつつむを使用するかなどの判断をすることも可能になっています。

 

つつむの詳しい体験はこちらの記事を参考にしてみてください↓

 

肌に潤いを与える成分として、高浸透グリセリンを配合しています。

 

ディセンシアからは3シリーズ出ています。

あと1つサエルという美白に特化したラインがあるので、それぞれ比べたい方はこちらの記事をご覧ください↓

アヤナスの気になる成分は?

高浸透グリセリン(PPG-24グリセレス-24)

高浸透グリセリン 高浸透グリセリンの見た目

 

 

水溶性の保湿成分「グリセリン」に、油ともなじみやすい性質をプラスした「高浸透グリセリン」を配合しています。

 

皮脂を構成する成分の約40%を占めると言われている「オレイン酸」ととても肌なじみがよく、肌につけるとスッと角層のすみずみまで浸透していき潤いとみずみずしい感触を実現しました。

 

画像を見て頂くとわかるように、カーブの度数が異なります。

それだけ、浸透しているということですね(*^^*)

無添加

アヤナスは敏感肌・乾燥肌専用スキンケア商品とだけあって、アルコール不使用・合成香料不使用・皮膚科立ち合いテスト承認済み・無着色・パラベンフリーになっています。

公式ページを見ると「アルコール不使用・合成香料不使用・皮膚科医立ち合いテスト承認済み」と表記はありますが、「無着色・パラベンフリー」の表記はありません。

トライアルセット ここをチェック

 

しかし、ディセンシアのサイトの覗くときちんと無着色の表記もされています。

公式サイト ここをチェック

 

敏感肌・乾燥肌に優しいアヤナスは、正式には謳っていませんがほぼ無添加スキンケア商品といえるのではないでしょうか。

無添加の定義は、それぞれメーカーやブランドにより異なりますので差異はありますが、アヤナスは「アルコール不使用・合成香料不使用・無着色・パラベンフリー」になっています。

 

謳っていないということは、ディセンシアはこのスキンケア商品を無添加にするにはためらう要素があるのかもしれません。

それは、もしかしたら界面活性剤や防腐剤なのかもしれません。

 

界面活性剤の「PPG-24グリセレスー24」や、防腐剤として「フェノキシエタノール」を使用していますが、「PPG-24グリセレスー24」は保湿目的で配合されています。

「フェノキシエタノール」はパラベンよりお肌に優しい成分になっています。

 

それらの成分により無添加スキンケア商品と謳っていないのであれば、さらにディセンシアは上を目指した商品開発を目指している信頼できるブランドなのではないでしょうか。

 

ディセンシア アヤナスについての詳しい成分については、こちらの記事を参照ください↓

 

 

本品が届きました

まずは、本品購入のため、ネットで注文行います。

するとすぐに注文完了のメールが届きます。

 

その後、2日で自宅にネコポスで商品が届きました。

注文からお届けまでがとても早いので、早く使いたくて仕方ない私としてはとても嬉しい限りでした(o^―^o)ニコ

 

外装

ディセンシア アヤナス 本品外装

ディセンシアは白と黒のストライプを主としているため、段ボールも同様にストライプ地になっていました。

 

 

段ボールを開けたところ

箱を開けたところ

納品書が一番上においてあり、ここで自分が頼んだ商品を再確認することが出来ます。

 

納品書をよけたところ

納品書をどけたところ

プレゼント期間中とのことで、ブースターセラムのサンプル品を頂きました。

 

ブースターセラムのサンプル品をよけたところ

サンプル品をよけたところ

衝撃吸収剤も入れられ、段ボールを傾けても商品が傷つかないよう気づかいされています。

 

本品 ローション コンセントレートの箱

ローション コンセントレートの箱

薄いピンクのストライプで、こちらのストライプ地になります。

 

未開封と分かるシール付き

ローション コンセントレート 未開封と分かるシール付き

未開封と分かるのは、より安心感が持てます。

 

箱を開けると

ローション コンセントレート ミシン目の説明

蓋を開けると「ここからミシン目に沿って切り離してください」とありました。

切り離すと中に、説明があるようです。

 

そういえば、トライアルセットのように説明書の冊子などは1冊も入っていませんでした。

こんなところにエコを発見してしまい、地球環境にも気を配っていると感じました。

 

蓋を開けたところ

ローション コンセントレート ふたを開けたところ

アヤナスのカラーは赤になります。

白箱に赤がとても映えています。

 

点線から切り取りを

ローション コンセントレート 点線はここ

箱の側面1部全体にミシン目が入っていて、開けやすいようになっています。

 

ローション コンセントレート

ローション コンセントレートを箱から出したところ

箱から出したところになります。

やはり、アヤナスの赤は可愛い(o^―^o)ニコ

 

ローション コンセントレートと箱を崩して説明書にしたところ

箱に中身とローション コンセントレート

説明書は箱内部にぎっしりと説明されていました。

 

エッセンス コンセントレート

エッセンス コンセントレート 箱から出したところ

こちらは、半透明にはなっていませんので、若干赤が濃く感じますね。

ローションの透明感のあるボトルの方が好みですがこの半透明になっていないのもきちんと理由がありますので、これはこれで仕方ありませんね(o^―^o)ニコ

クリーム コンセントレート

クリーム コンセントレート 箱から出したところ

少し大きめの容器に感じました。

私の肌を守ってくれるクリーム、じっくりと使用したいと思います。

スパチュラ

スパチュラ 表

そして、スパチュラです。

 

3種類 ローション コンセントレート・エッセンス コンセントレート・クリーム コンセントレート、スパチュラ

アヤナス 3種類とスパチュラ

並べてみるとトライアルセットとはまた異なった印象になり、今日から使用できることをうれしく感じます。

 

今回購入したものはこの3点になりますが、そのうちのローション コンセントレートについて今回はお話させていただこうと思います。

他の2点の、エッセンス コンセントレート、クリーム コンセントレートについては、他の記事でご紹介させて頂きますので、そちらも参考にして頂ければと思います。

 

エッセンス コンセントレートの詳細はこちらを参考にしてみてください↓

クリーム コンセントレートの詳細はこちらを参考にしてみてください↓

知っていましたか?アヤナスは首元のシワにも効果があるんです

以前トライアルセットを使用しているので、敏感肌のお肌にとてもいい商品ということはよく知っていましたが、このローション コンセントレートは首元のシワにも効果があると知っていましたか?

 

ネット注文を行った後、いろいろ検索をしていた時に見つけてしまいました。

首元のシワ改善ランキングの上位に位置しているものが、この「ローション コンセントレート」と「クリーム コンセントレート」になります。

 

顔のお手入れは行いますが、首元って皆さんしっかりお手入れしていますか?

私は、あまりしていなかったんですよね。

 

そのため、気づけば見てすぐわかるほどのシワが刻まれていました。

年齢以上に老けて見られてしまうといわれる首元、今回はこのローション コンセントレートでどれほどシワが改善されるかお試ししてみたいと思います。

 

首元のシワの主な原因は4つあります

加齢によるもの
乾燥・紫外線が原因で起こるもの
生活習慣により、下ばかり見ている為に刻まれるもの
枕の高さによるもの

 

生活習慣でシワが出来る方の特徴として、皮膚のたるみやスマホなど下を見ていることが多い方など、20代の方でも首にシワが出来ている方もみえるそうです。

また、女性の方は料理をしたりお掃除をしたり、何かと下を向いて作業することが多くなります。

そのため、どうしても首元にシワができやすい要因になってしまいます。

 

あとは、紫外線。

 

紫外線を浴びることにより、肌の保湿が足りないとバリア機能が低下し、肌内部に紫外線が届いてしまいシワやシミなど老化の原因となってしまいます。

これらをガードし老化を防ぐためには、日焼け止めをしっかりと使用しなおかつ保湿することが大切になります。

 

仕事柄、携帯やPCを常に見ているとともに夏の紫外線にも負けている私は、首元のシワがとても気になっていました。

首元のシワの改善を期待して、今回は顔と首元のケアに使用してみたいと思います。

 

紫外線対策については、こちらの記事も参考にしてみてください↓

 

シワの改善には、2つの改善法があります。

シワの改善方法

保湿をすること
筋力をつけること

 

保湿

顔のスキンケアを行う際に、一緒に首元まで使用してみましょう。

それだけでも十分保湿され首元も潤いますので、毎日のお手入れの際に首元も一緒に使用してみるといいと思います。

 

専用のクリームを購入しなくても、普段使用しているスキンケア商品でも充分保湿を行うことは出来ますので、すぐにお試しすることが可能になります。

筋力

首元のシワは、首の広頚筋を鍛えることでシワができにくく、さらに今あるシワを薄くすることが出来ます。

 

【広頚筋を鍛える方法】

1.まず正面をみます。

2.そこから真上を見るように顔を上に5秒ほどかけてゆっくりと動かします。

3.上を向いたら顎を前に突き出し、5秒キープします。

この時、首元がピンと張っていれば広頚筋に働きかけている証拠です。

4.上を見たまま、「いー」と口に出し、そのままの口の形で5秒キープします。

 

これらの工程を1日1回 2セット行うことにより徐々に効果が出てきます。

 

筋力をつける方法はこちらの動画で詳しく説明されていますので、参考にしてみてください。

実際にお試ししてみました

では、まずは商品のテクスチャーから見てみましょう。

ローション コンセントレート テクスチャー

 

顔には2~3プッシュの量が適量になります。

とろみがあるのがわかりますか?

トロッとしたテクスチャーなので、ハンドプレスする時に化粧水が手のひらから零れ落ちるということがありません。

 

そして肌につけるとしっとりと潤い、肌にスッと浸透していきます。

 

では、実際に塗った時のテクスチャーを見てみましょう。

ローション コンセントレート テクスチャー2

とろみのあるローションが、スッと広がっていき角層全体に浸透していきます。

 

使用量とテクスチャーを確認したところで、まずは1日目の首のシワを見てみましょう。

1日目

1日目の首のシワ

 

見てわかるほどのシワが刻まれています。

このシワが、本品1本でどれほど改善されるかお試ししてみようと思います。

本品1本で約1か月半ほど使用することが出来ますが、顔と首に使用するため使用期間は約1か月程になるかなと思います。

 

使用量&使用方法

顔に2~3プッシュ
首元に1プッシュ

ローションはとろみのあるテクスチャーになりますので、手のひらで温めてから手のひら全体を顔に当てハンドプレスし、ゆっくりと浸透させます。

次に、1プッシュを手のひらに出し、こちらも手のひらで温めてから首筋に付けてハンドプレスし浸透させます。

 

今まで怠っていた分、顔に浸透させた時の感触と首に浸透させたときの、手のひらに感じる肌の感触が全く異なりました。

ローションを顔につけると肌がすべすべしているのですが、首につけるとざらざらした感触がします。

 

これは、肌表面の角層が整っていないため手触りが悪く感じるんですね。

 

保湿が足りない私の首元の水分量、どれくらいなのか気になるところです。

美るるという、自宅で手軽に肌の水分量を測れる機器がありますので、そちらで測ってみようと思います。

 

美るる 箱と本体

 

商品のパーセンテージの詳細

美るる 説明

美るる インナードライ 美るる 乾燥肌

 

美るる 普通肌 美るる 脂性肌

 

こちらの説明を確認すると、普通肌の方であれば水分量はおおよそ35%~50%保たれていれば大丈夫ということになります。

おおよその目安として30%を切ると、乾燥肌になるんですね。

 

では、私の首元はどれくらいの水分量になっているかローションを付ける前に測ってみました。

 

美るるで首の水分量を測ったところ

こちらがその水分量になります。

 

首元の後ろ

首の後ろ1日目の水分量

 

首の前

首の前 1日目の水分量

普通肌の水分量にはどちらも達していませんでした。

しかし、乾燥肌の30%よりは若干数値が高くなっています。

 

私の首元、まだ少しは潤いがあるので救われているんですね。

しかしやはり潤いは足りず、乾燥していることには変わりありません。

 

この乾燥もシワが出来る原因の1つになりますので、今日からしっかりとケアしていきたいと思います。

1か月後、首元の手触りもどこまで変化がみられるのか楽しみです(o^―^o)ニコ

 

こちらが1日目と6日目の比較になります

1日目と6日目のシワの比較

6日間では、首のしわの変化は見られませんでした。

ただ、肌触りが1日目とは異なり、ざらざらした感触が減ってきたことがわかります。

 

肌ざわりが改善されたということは、肌表面の角層が整い始め、水分を保持する力が徐々についてきたということになります。

水分を保持することにより肌のバリア機能も高まります。

 

保湿が充分補われるだけで、それらの相乗効果で肌質が変わっていくのは凄いことですよね。

 

では、肌触りが良くなった首元の水分量を測ってみたいと思います。

こちらは、ローション使用前の水分量になります。

 

まずは、首の後ろから。

 

首の後ろ

首の後ろ 1日目と6日目の水分量の比較

首の前

首の前 1日目と6日目の水分量の比較

なんだか、一気に水分量が増えました。

今まできちんと保湿していたらもっと潤っていたのかもしれないと思うと、今まで怠っていたケアが残念で仕方ありません。

 

1週間でこれほどの保湿力が上がるローション コンセントレート、すごい威力です。

この調子で1か月後には顔も首元も潤って、首元のシワも改善されているといいと思います。

 

1日目と14日目の比較になります

1日目と14日目のシワの比較

シワが若干改善されてきたかな?と感じるのですが、それより見てください。

肌の色、変わりましたか?

 

今回、アヤナス エッセンス コンセントレートも使用しているのですが、その効果がみられ始めたのでしょうか。

エッセンス コンセントレートついてはまた別記事にありますので、そちらを確認して頂ければと思います。

 

そして問題のシワに戻ります。

一番上にある深いシワはなかなか薄くなりません。

しかし、その下にあるシワは肌の透明感が出てきたせいもあるのか、あまり目立たなくなってきています。

 

日々のスキンケアで首元の保湿もしっかりとされ、徐々に効果が出始めてきているんですね。

 

では、水分量を測ってみましょう。

首の後ろ

首の後ろ 1日目と14日目の比較

 

首の前

首の前 1日目と14日目の比較

6日目よりさらに水分量が上がっていました。

もうすっかり普通肌になっている私の首元です。

 

首元を触るとすべすべしていますし、ローション コンセントレートを使用する前とはすっかりと肌の感触が変わっています。

そしてなにより、日焼け止めを付けると湿疹が出来ていたのが出来なくなりました。

 

これって凄いことだと思いませんか?

今までは、数日日焼け止めを使用するとどうしても湿疹が出来てしまっていたのですが、肌の保湿が充分され始め外部刺激から肌をガードしてくれる機能が高まったからなのか、痒くないんです。

保湿の大切さを、日々実感しています。

 

日焼け止めについては他の記事でお話させていただいていますので、そちらを参考にして頂ければと思います↓

1日目と19日目の比較になります

1日目と19日目のシワの比較

一番上の濃いシワが、若干薄くなってきました。

まだまだ見えるシワですが、確実に薄くなってきているのがこうして画像を並べるとよくわかります。

 

普段スキンケアを行う際、「使用しているとどれくらいの効果があるのか実感できない。本当にこのスキンケア商品は効果があるのかな?」と感じる方もみえるかもしれません。

そういった場合は、こうして定期的に画像を撮ってみると肌の変化を知ることができ、スキンケアを行う励みになるのかな?と思いました。

 

では、水分量を測ってみましょう。

首の後ろ

首の後ろ 1日目と19日目の水分量の比較

 

首の前

首の前 1日目と19日目の水分量の比較

徐々に水分量が上がってきています。

保湿を行う前でもこれほどの水分量を維持できていれば、肌のバリア機能も正常に働き、角層の乱れも整えることができ、肌にいい方向へ傾いているのがわかります。

 

1日目と26日目の比較になります

1日目と26日目のシワの比較

ピンクの丸の中を見てください。

1日目と比較すると、26日目はほとんどシワが見えなくなっています。

 

一番上の深いしわはまだまだ消えませんが、薄いシワは徐々に効果が現れてきているようです。

 

次にオレンジの丸の中を見てください。

こちらも、1日目と比べると若干薄くなってきているように感じます。

日々薄くなってきているシワですが、首元の水分量はどうなっているでしょうか。

 

首の後ろ

首の後ろ 1日目と26日目の水分量の比較

 

首の前

首の前 1日目と26日目の水分量の比較

首の後ろは少し水分量が下がっていますが測る位置により前後しますし、初日から比べると水分量は増えていますのでさほど問題ないかと思います。

既に初日から10%以上水分量が増えています。

そして、この数値は保湿する前の数値になっていますので、これで保湿後の数値を測ったらかなり上がるのではないでしょうか?

 

日々首の保湿を行うと、こんなに肌の水分量変わるんですね。

 

 

1日目と33日目の比較になります

1日目と33日目のシワの比較

 

まずは、オレンジの丸の中を見てください。

1日目と比べるとかなりシワが薄くなり、ほとんど気にならない程になっています。

 

そして、ピンクの丸の中の初日からくっきりとついていた深いシワを見てください。

初日と比べてどうでしょうか。

 

かなり薄くなってきたと思いませんか?

どこが???と思う方は首元を拡大してみましたので、青枠の中を見てください。

この箇所のシワが、一番わかりやすいかと思います。

33日目のシワの拡大したところ

シワのラインが入っていたのが、この青枠の中は薄くなってきています。

33日間の使用でこれだけ薄くなったので、2か月3か月使用を続けることによりもっとシワは改善されていくと考えられます。

 

エッセンスとクリームが33日目で終了になりましたがローションのみもう少し残っているので、引き続き使用していきたいと思います。

 

では、最終の水分量を確認してみましょう。

 

首の後ろ

首の後ろ 1日目と33日目の水分量の比較

 

首の前

首の前 1日目と33日目の水分量の比較

 

首の後ろは、前回より若干水分量が上がりました。

首の前は1%下がっています。

 

1%下がっていますがこちらも前回と同じように測る場所により若干の変動があるため、同じくらいの水分量を保てていますし、実際にシワの改善もされていますので問題ないと感じます。

毎日の保湿により、肌の水分量はここまで変化がありました。

 

本日でエッセンスとクリームが終了になるため、暫くローションのみの使用になります。

その間に肌がどのように変化するか分かりませんが、この1ヶ月でかなり潤いも増し、外部刺激から肌を守ることが出来ていたと感じます。

 

アヤナスは確かに首元のシワにも効果がありました。

敏感肌に優しい成分のアヤナスは、エイジングケアを行う年代の方やまだそこまでは必要ないけれど首元のシワが気になりだした20代30代の方にもおすすめです。

 

まだ若いから、まだエイジングするには早いからと感じている方も中には多くみえると思いますが、早めのケアが数年後の肌に影響を及ぼしていることも事実です。

 

若いころにお肌のケアをさぼっていた私は、最近しみじみとそれを感じています。

今からでもまだ間に合います。

 

保湿効果があり、シワの改善や外部刺激から肌を守り、糖化ケアにより肌に透明感が出てくるディセンシア アヤナス。

敏感肌にも優しいアヤナスでお肌が変わる実感を、是非体験してみて頂きたいと思います。

 

 

33日間のアヤナスのライン使いが終了しました。

エッセンスとクリームを先に消費してしまいましたので、この先はローションのみアヤナスを使用し、乳液やクリームを他の商品と併用した場合どのような水分量になるかお試ししてみました。

 

他の化粧水と水分量を比較してみました

エッセンスとクリームが先に終了となりましたので数日間はローションのみアヤナスを使用し、乳液とクリームは他商品を使用し水分量を測ってみました。

その数日後にアヤナス定期便のエッセンスとクリームが届きましたので、再度アヤナス3種類をライン使いし2日後に水分量を測ってみました。

 

2日間にわたり水分量を測ってきた比較が、こちらの表になります。

他製品アヤナス

 

 

美るるで測ってみると、エッセンスとクリームを使用しなくなり保湿が不十分になってきたのか、水分量が減ってきていました。

首の後ろも前も、今回のアヤナスを使用する初日の水分量と同じくらいまで下がってきています。

 

数日使用しないだけでこれほどまで水分量が落ちてしまう私の首は、まだまだ角層がしっかりと出来上がっていないようです。

 

この測定後アヤナスエッセンスとクリームが届きましたので、ローション、エッセンス、クリームを使用し、2日後に再度水分量を測ってみました。

 

すると、保湿前の水分量がかなり変わっています。

数日、エッセンスとクリームを追加して3種類ライン使いしただけで、これほど変化があることにびっくりでした。

 

今回の美るるの比較でわかったこと

比較する数日前より、アヤナスのエッセンスとクリームは使用していませんでした。

ローションに関してのみの比較になりますし数日使用していなかっただけなので、エッセンスとクリームを使用していなくてもさほど問題ないかな?

と感じていたのですが、それは違っていました。

 

エッセンスとクリームを使用していなかった数日で外部刺激から肌を守る効果が弱くなり、角層が乱れ、3種類使用していた頃に上昇していた水分量も徐々に下がり始めてきたのだと考えられます。

 

そして、この数日アヤナスを使用していなかったことにより、私の首元はアヤナスを使用する前と同じくらいの水分量しかありませんでした。

 

数日使用しなかっただけで、以前の水分量に戻ってしったのにはびっくりでしたが、逆にそのまま引き続き使用していればまた水分量は上がり、肌が水分を蓄えることが出来るほどになればシワはもっと改善されていくと確信が持てました。

 

エッセンスとクリームを使用せずに行った他商品と、アヤナス3種類をライン使いした水分量の比較表。

こちらを確認してみた結果、アヤナスは単品使いとライン使い、結局どちらの使用方法が効果的なのでしょうか。

 

アヤナス ローション コンセントレートの効果を高めるためには?

アヤナスは、単品使いでも使用することは可能になっています。

 

しかし、アヤナスには、チェーンリフティング設計がされています。

チェーンリフティング設計とは、個々の商品がもつ効果が合わさることにより、最大限に効果を高め合うように処方されている設計になります。

 

そのため、ライン使いをすることでさらに効果が期待できます。

 

【チェーンリフティング設計】

チェーンリフティング設計

3ステップ

1.満たす  ローション

2.育む   エッセンス

3.高める  クリーム・アイクリーム

これらを使用することにより、肌は最大限に高められた効果により、より一層輝きを増します。

満たす

ストレスによってダメージを受けた肌をたっぷりの美容成分で満たし、芯から潤う肌へと導いてくれます。

 

高浸透保湿成分の、セラミドナノスフィアにより角層の深部まで浸透し潤いを届け、さらに高浸透グリセリンにより肌への浸透を高めます。

 

育む

集中的に美容成分を効かせ、ストレスを受けた肌を土台から立て直します。

 

肌の黄ぐすみの原因となる糖化に対応し、潤いとハリをもたらすオーガニックリフトオイルを配合しています。

 

高める

肌本来のバリア機能を高めつつ、ハリと柔らかさを与え、エイジングに負けない肌へと導きます。

 

クリームは、外部刺激から肌を守ると同時に保湿成分を肌に浸透させ、乱れた角層を整え、肌本来のバリア機能を高めることが出来る特許技術、ヴァイタサイクルヴェール®を使用しています。

さらに、4種類の異なるオイルを配合することで肌なじみがよく、密着した後にはコクを実感できるクアトロエマルション処方の特殊設計になっています。

 

アイクリームは、長時間続く潤い膜で、くっきりとした目元へと導いてくれる濃厚アイクリームになっています。

保水力を高めるコンドロイチン配合で、潤った目もとにすることが可能になります。

 

チェーンリフティング設計を実感しました

今回、ローション、エッセンス、クリームの3種類を購入しました。

この3種類を毎日使用することにより、肌の触り心地が変わりすべすべな手触りになってきました。

 

外部刺激から肌を守ってくれるクリームの使用により、水分を肌に閉じ込めることができるようになります。

肌が充分に保湿されると、角層が整い外部刺激が肌内部に届かなくなるため肌を守ることが出来ます。

 

使い続けるうちに、肌は潤いしっとりとした滑らかな肌へと変化して行きます。

単品使いでも肌は変化していきますが、ライン使いすることにより、より一層肌の変化を感じ取ることが出来るものがチェーンリフティング設計になります。

 

今回の他商品の比較のようにローションのみをアヤナスを使用していた場合、エッセンスやクリームは外部刺激から肌を守り保護してくれる成分が配合された商品を使用していればお肌の水分量は下がらなかったかもしれません。

 

しかし、今回比較のために使用した商品にはそういった成分は配合されておらず、外部刺激をガードすることが出来ず角層が乱れ徐々に水分量が減っていったのだと考えられます。

そう考えると、ライン使いをするとより肌は一層輝いてくれるのだと実感することが出来ました。

 

ライン使いと言えば、今回私はポーラのBAのザ・アイクリームを使用していたため、アヤナスのアイクリームは使用しませんでした。

 

アヤナスはポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドになっており、同じ系列ということで一つランクが高いポーラのザ・アイクリームを使用していましたがかなり目もとの変化が見られました。

 

もし同じアヤナスシリーズのアイクリームを使用していたら、こちらのアイクリームにもヴァイタサイクルヴェール®が採用されているため、目もとに触れる外部刺激などから肌を守る働きがありますので、また効果は異なったかもしれません。

ザ・アイクリームの体験レビューはこちらから↓

現在は新しくアイゾーンクリームとしてリニューアルしています↓

ディセンシア アヤナスの公式サイトはこちらをクリック


アヤナス 公式ページ バナー

まとめ

いかがでしたでしょうか。

1か月間、首元のシワを改善すべくアヤナス商品を使用してきました。

 

深いシワはまだまだ目立っていますが、初日から比べるとかなりシワは軽減されてきたと感じられます。

また、初めから薄めのシワは、1か月後にはほとんど気にならないほどになっていました。

 

アヤナス商品は、単品使いも可能になります。

しかし、単品で使用した場合はその他の商品をアヤナスと同等のものを使用することが良いと感じました。

 

もちろん、チェーンリフティング設計により全てアヤナス商品でそろえた方がお肌はより一層輝くことが出来ます。

私はもともと乾燥肌でしたので、まだまだ他の商品では保湿が追いつかず外部刺激から肌を守りきれず肌の水分量は下がってしまっていました。

 

乾燥肌の方でエイジングケアを行いたい方や、まだまだ顔のエイジングケアは必要ないけれど首元のシワをどうにかしたいとお悩みの方など、このアヤナスは効果を実感できる商品となっています。

ストレス社会に生きる女性の方がいつまでも華やかに美しくいられますようにと願いが込められたアヤナス商品、あなたも肌の変化を実感してみませんか?

 

スキンケアに興味がある方はこちらも読んでいます↓

アヤナスのお得な販売先はこちらから↓

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA