1. TOP
  2. ストレスによる肌荒れの原因と対策、摂るべき栄養素は?おすすめの化粧品も紹介します

ストレスによる肌荒れの原因と対策、摂るべき栄養素は?おすすめの化粧品も紹介します

 2018/08/09 スキンケア 美容
24 Views

朝起きて鏡を見て肌荒れがひどいとテンションもがた落ち。

メイクのりも最悪。

 

その日一日がなんだか憂鬱な気分になってしまいますよね。

 

肌荒れに悩んでるのってすごく辛いです。

 

しかも人と顔を合わせるのにも抵抗が出てきます。

私の肌汚いと思われてないかな?なんてずっと気になって仕方がありませんよね。

 

肌荒れはストレスや疲労からくるものが多いです。

 

人間の体はとても繊細なので、自分でも気付かずにいたことを体が教えてくれることがあります。

 

また最近、すごく疲れてるなと感じているときにも肌荒れは起こりますよね。

 

そんな肌荒れの原因や対策についてお話しします。

 

私の肌荒れ体験談

美活編集部 遥希

私は現在29歳で専業主婦をしています。

当時の私、といっても26~27歳の時なのでわりかし最近のことです。

 

生まれて初めて肌荒れに悩んだ時期でした。

 

思春期などにいくつかニキビが出来たことはあったけれど、大人になってからスキンケアに興味を持って、それからはお肌のケアには念を入れてやっていたつもりでした。

 

しかし気づいた時には、私の場合アゴ全体に大量の吹き出物が出来ていました。

 

吹き出物ができたときは、塗り薬をすれば次の日には治まっていたのに全く治らずに増える一方でした。

 

毎日疲れもあったし、もちろんストレスもありました。

社会に出ると人間関係は誰でも悩むと思います。

 

それ以外にも毎日考えることは沢山あったので、今考えると本当にストレスは良くないんだなって思います。

 

そのストレスと、自分の肌荒れしてる顔をみてさらにストレスを感じていました。

 

何をしてもなかなか治らなくて、外出しても人と目を合わせるのも嫌になったり、友人と会うと「肌どうしたの?!」とびっくりされていたので本当に人に会うのが嫌で仕方ありませんでした。

 

仕事のときはどうしても見られたくなくて厚化粧をしたり、マスクをして隠したこともありましたが、肌にとっては悪影響だったと思います。

 

食事や生活習慣にも気を遣って、スキンケアも見直して、ストレスが和らいできた頃に少しずつ肌荒れが治っていきました。

 

今でも少し跡が残っていたりするけど、その頃に比べたらだいぶ良くなっていて、本当に肌荒れしてたなんて、自分でも信じられないくらいです。

 

あの時の辛さは、本当に今でも思い出すともう二度と肌荒れしたくないと思います。

ストレスが体や肌に与える影響ってすごいんだなって実感したので、もし今肌荒れに悩んでいる方がいたら、人それぞれ改善方法は違うけど、少しでも参考になればいいなと思います。

 

ストレスで肌荒れが起こる理由は?

女性

ストレスによってホルモンの乱れが起きやすくなるのですが、そのホルモンの乱れが肌荒れには大きく影響しています。

 

ストレスが溜まると女性ホルモンの分泌が低下し、逆に男性ホルモンの量が増加してしまうんです。

 

女性ホルモンは本来「美肌ホルモン」とも呼ばれ、肌をみずみずしく保ったり、肌の弾力をあげたりする働きがあります。

 

そのため女性ホルモンが減ると、肌の調子にも影響がでてきてしまいます。

 

そして女性も男性ホルモンを持っているのですが、男性ホルモンの量が増えると、皮脂が多くなりニキビができやすくなります。

 

女性に比べて男性の方が、顔の皮脂が多いのは男性ホルモンが大きく関係しているからなんですね。

 

このようにストレスがたまると、女性ホルモンの低下と男性ホルモンの増加による影響で肌荒れが生じるのです。

 

疲れがストレスのサイン

一見疲れと肌荒れはまったく関係がないように思えますが、社会に出ると仕事による肉体的な疲れに加え、人間関係などでの精神的な疲れまでどうしても増えてきます。

 

そんな日々の疲れは、免疫力を低下させ、毒素や壊れやすい細胞を作ってしまうといった影響が出るため、体やお肌を健康的に、きれいに整える活動を阻害してしまうそうです。

 

また、ストレスは自律神経の働きを弱らせ、循環器やリンパなどの巡りを弱らせ、肌に十分に酸素や必要な栄養分を送ることができなくなるような影響を及ぼします。

 

肌荒れの種類

肌荒れといってもさまざまなタイプがありますよね。

あなたはどのタイプの肌荒れでお悩みですか?

 

1  乾燥

冬だけでなく夏もエアコンの影響などで肌が乾燥します。

特に乾燥肌の人は一年中乾燥しますよね。

乾燥した皮膚は表面がカサカサし角質がはがれやすくなります。

 

そのため皮が剥けたり、痒くなったり、ひどい時はその乾燥した肌がひび割れしたりしてしまいます。

コスメコンシェルジュ堀内

2  化粧品でかぶれる

誰にでも経験があると思いますが、とくに敏感肌の人は自分に合わない化粧品を使ったときに、肌に赤みや腫れ、痒みなどの症状が出ます。

 

その症状は新しく使用する化粧品だけでなく、普段使用している化粧品でも季節の変わり目や体調、肌のコンディションによって合わなくなり、かぶれを生じることがあります。

 

また普段お化粧する時に使っている、パフやブラシなど汚れている状態で使い続けると肌荒れが起こります。

 

3  強い紫外線による皮膚の炎症

強い紫外線を浴びた後に赤みや乾燥、ひりつきなどが生じる場合があります。

 

特に肌が弱い人は過度に紫外線を浴びたてしまうと肌に痛みを伴い、軽いやけどのような症状が出て水ぶくれなどが出来てしまいます。

 

4  ニキビ

皮脂が過剰に分泌して毛穴をふさぎ、そこに増殖したアクネ菌などの刺激により炎症を起こしたものがニキビです。

 

ニキビには次のように段階があり、悪化していくと治りづらくなってしまいます。

 

・白ニキビ…毛穴が皮脂で詰まっただけの状態

・黒ニキビ…表面が皮脂の酸化よごれと混じって黒く見えるもの

・赤ニキビ…アクネ菌などの影響で赤くなったもの

・黄ニキビ…炎症を起こして黄色い膿を持った状態

コスメコンシェルジュ堀内

ニキビには正しいスキンケア方法を身につけておかないと、自分なりになってしまうとあとが残ってしまう場合があります。こちらの記事ではそんな大人ニキビの原因やスキンケア方法を紹介してますのでご覧ください 🙂

 

 

肌荒れを悪化させる原因と対策方法

女性

 

ストレスがたまるとホルモンが乱れやすくなり、それが肌荒れにつながっていくのですが、どのようなことがストレスの原因となるのでしょうか?

 

ここでは肌荒れの原因となる生活習慣について説明します。

 

1  加齢による肌の変化

加齢は生活習慣ではないのですが、肌荒れの原因の一つでもあります。

 

それは、女性は30代を過ぎたころから女性ホルモンの量が減ってくるので、どうしても肌の調子が悪くなってしまうからです。

 

年を取らないというのは不可能ですが、しっかりケアをすることで肌の老化を予防することは可能です。

 

お肌のエイジングサインに気づいたらしっかりとケアを行いましょう。

 

2  睡眠不足

睡眠不足は肌荒れの大きな原因です。

 

人は睡眠中に成長ホルモンというホルモンを分泌しますが、その成長ホルモンが肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促しています。

 

特に睡眠後3〜4時間に活発に分泌されるので、この時間に熟睡できているかが大切になります。

 

また寝不足になるとそのこと自体がストレスになるため、女性ホルモンの低下、男性ホルモンの増加にもつながります。

 

そのため睡眠不足になると肌荒れが生じるのです。

 

とくに夜22時〜深夜2時は睡眠のゴールデンタイムともいわれ、成長ホルモンを多く分泌する時間ですので、この時間には睡眠できる習慣を作るように心がけましょう。

 

 

3  偏った食生活

油ものの摂りすぎ、甘い物の食べすぎ、毎日コンビニ弁当という食生活は肌荒れを引き起こします。

 

まず油ものが多いと皮脂の分泌が増えて毛穴を塞ぐ原因になります。

 

また糖分を取りすぎると体の中で分解する時に、肌に必要な栄養素であるビタミンB1を消費してしまうので、肌に栄養がいかなくなるため、甘い物を取りすぎることも肌荒れの原因になります。

 

また甘いものでなくても、アルコールも多くの糖分を多く含んでいるので注意が必要です。

 

コンビニ弁当の場合は油ものが多く、野菜が少ないものが多いですよね。

 

しかも防腐剤や添加物が沢山入っているため、栄養のバランスが悪くなり、肌に必要な栄養が摂れなくなります。

 

このように偏った食生活は肌荒れを引き起こすのです。

 

綺麗な肌を維持するためにはタンパク質、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、DHA、イソフラボン、亜鉛、鉄分といった栄養素が必要で、それぞれ役割が異なります。

 

そのため、そればっかりを摂るのでは無く、バランスの良い食生活をすることが重要です。

美活編集部 筋トレインストラクター杉浦

忙しくてどうしてもコンビニに頼ってしまいがちなのも仕方ないことですよね。

コンビニも全部商品が悪いというわけではありません。こちらの記事ではコンビニでも買っていいダイエットにもお肌にも優しい商品を紹介してますのでご覧ください 🙂

 

4  運動不足

運動不足も肌荒れの原因になります。

 

運動不足は全身の血流の悪化、代謝の低下につながります。

 

全身の血流が良くなれば肌にもしっかり酸素を届けてやることができますし、代謝があがれば肌のターンオーバーも活性化させることができます。

 

そのため運動不足も肌荒れを助長させる要因となります。

 

また同じメカニズムでいうと、体の冷やしすぎも全身の血流低下や代謝の低下につながります。

 

なので適度な運動を取り入れることが大切です。

 

特に普段からデスクワーク中心、肩コリがひどい、冷え症という人は全身の血流がわるくなっていると思われますので、積極的に体を動かしましょう。

 

誰でも簡単に出来るウォーキングが一番お勧めですが、なかなかウォーキングの時間を確保するのって難しいので、家でも出来る簡単なストレッチやヨガを取り入れましょう。

 

私も寝る前にマッサージやストレッチを取り入れていますが、寝る前に体を伸ばすぐっすり眠ることができます。

 

また全身の血流改善、代謝アップを促すために、入浴などで体をしっかりと温める習慣を作りましょう。

女性の場合は男性と比べて筋力が少ないので冷え性になりやすいです。

少しでも良いので、筋トレを取り入れることによって基礎代謝が上がり、常にエネルギーを消費する形になるので、ダイエット効果冷え性対策につながります。

関連記事↓

 

5  ちゃんとケアしていない

ケアを怠ることで肌そのものに大きな負担をかけていると、当然ながら肌荒れが起こります。

 

そのため、

 

・化粧をしたまま寝る

・洗顔後の保湿ケアをしない

・日焼け対策をしない

 

といったことはしてはいけません。

 

肌荒れを改善するためには、スキンケアをしっかりしましょう。

化粧を落とさずに寝ることは汚い雑巾を顔に被って寝るのと同じです。

 

ただクレンジングも肌に負担がかかるものだと、肌荒れの原因になりやすいので注意が必要です。

 

やさしくマッサージするようにメイクを落とし、短時間で切り上げることが重要です。

 

ゴシゴシこすると肌に大きな負担をかけるため、シートで拭きとるタイプのクレンジングは肌荒れが気になっている人にはお勧めしません。

 

またクレンジングオイルより、クレンジングミルクやリキッドの方が肌への刺激が少ないので、ミルクやリキッドでメイクが落とせる人はそちらを使うようにしましょう。

スキンケアアドバイザー木村

自分が正しいと思ってる、スキンケアの方法は実は大きく間違ってる可能性があります。

こちらの記事では正しいスキンケアの方法を説明してますので、お時間のある時にご覧ください。

 

コスメコンシェルジュ堀内

クレンジングは自分が好きなものを使えばそれで良いというわけではありません。

メイクに応じて洗浄力を選ばないと、肌に留めておきたい有効成分まで洗い流してしまいます。しっかりと自分はどのタイプのクレンジングを選ぶべきなのか?ということを確認してから選びましょう。

 

 

おすすめ化粧品

ストレスによる肌荒れで悩んでいる方のために、おすすめな化粧品をご紹介します。

 

肌荒れを治したいけど、何を使ったらいいのか分からないという方は是非参考にしてみて下さい。

 

ディセンシア  サエル

ポーラ ディセンシア サエル

サエルは、ストレスにより加速するシミと、敏感肌特有のシミのメカニズムに着目した敏感肌用アドバンス ホワイトニングケアシリーズです。

 

人間はストレスがかかると「活性酸素」が発生することで過剰なメラニン生成が行われ、シミの原因になります。

 

また血行不良が起きることで皮膚の温度が低下し、バリア機能の低下を招くと、外部刺激を受けやすくなり、肌内部で炎症を繰り返してしまいます。

 

サエルは、そんなバリア機能の低下が引き起こすシミ、くすみや肌荒れにとても効果的です。

美活編集部 河原

敏感肌用ディセンシアシリーズのサエルは、美白効果と保湿効果に優れています。
毎日の仕事のストレスと夏の紫外線に耐えることが出来ない乾燥肌の私の肌は、毎年秋になるとカサカサになり湿疹ができることが分かっています。
このストレスをどうにかして欲しいと購入したこのサエル、トライアルセット使用のみでも感じた肌の変化をストレス社会で生きる女性の方にも是非体感して頂きたいと思います。
短期間でもわかる変化を肌に感じてみませんか?

 

 

ポーラ  レッド(RED)  B.A

ポーラ レッドBA

RED  B.Aはポーラの最高峰ブランドともいわれるB.Aシリーズで、社会で色んな役割を担うようになった30代の女性に向けた、これからエイジングケアを始めようと思っている方のためのラインになります。

 

ストレスによって加速する肌のトラブルを、ポーラ独自のロータスエキス成分で修復して、肌の老化を抑えながらうるおいやハリをもたらすので、早期のエイジングケアにぴったりのラインです。

美活編集部 遥希

肌のエイジングサインが気になりだしたので、20代後半から使えるこちらのラインを使って10日間で肌にハリが出てきました。早いうちからのエイジングケアはとても大切なのでこのRED B.Aは少しお値段高めですがトライアルセットもあるので試してみる価値はあると思いますよ。

 

 

 

肌荒れを改善する食べ物

食材

1  タンパク質

肌を再生させるにはタンパク質が必要不可欠です。

 

人間の体はタンパク質でつくられているので、タンパク質の摂取がないと新しい肌細胞が作られません。

 

また美肌に欠かせないコラーゲンもタンパク質から作られています。

 

そのためダイエットのためといってタンパク質の摂取を控えると、肌がボロボロになるという「美容」という意味では本末転倒な結果を招きます。

 

必ずタンパク質の摂取も心がけましょう。

 

カロリーが気になるという人は高たんぱく低下カロリーのものを摂取するといいでしょう。

 

タンパク質が含まれる食材

肉、魚にタンパク質は多く含まれていますが、その中でも低カロリーなのが赤みの肉、鶏ささみ、納豆、あじ、いわし、しらす、ツナ、卵白、ちくわなど

 

2  ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜を作る働きをします。

 

そのため肌の再生のためには必要な栄養素といえます。

 

ビタミンAの一種でる「レチノール」という成分は、色んな美容クリームなどの成分表に記載されていることからも美肌効果に優れていることがわかります。

 

ビタミンAが含まれている食材

レバー類、うなぎ、あなご、モロヘイヤ、ほうれん草、にんじん、かぼちゃなど

 

3  ビタミンB6

ビタミンB6はタンパク質の吸収を補助する働きがあります。

 

先程も説明しましたが、タンパク質は肌の再生には欠かせない栄養素です。

 

そのためビタミンB6をたんぱく質と一緒に摂取することでより美肌効果を期待できます。

 

ビタミンB6が含まれている食材

にんにく、かつお、まぐろ、レバー、鶏ささみなど

 

4  ビタミンC

ビタミンCはシミの原因となるメラニン色素の生成を抑えてくれます。

 

またコラーゲンの合成を増やすので肌にハリが生まれたり、肌の再生を助けてくれます。

 

ビタミンCは熱に弱いので生で食べるのが好ましいです。

 

ビタミンCが含まれる食材

アセロラ、キウイ、いちご、オレンジ、パプリカ、ブロッコリー、キャベツ、さつまいもなど

 

5  ビタミンE

ビタミンEは老化の原因とされる活性酸素の発生を抑えてくれる働きがあります。

 

この働きが健康番組などでよく聞かれる「抗酸化作用」というものです。

 

この抗酸化作用によってシミを予防したり、美白効果を促したりします。

 

普段紫外線によく当たる人は、積極的に摂取したい栄養素です。

 

またストレスも活性酸素は発生を促すので、ストレスによる肌荒れの場合も大事な栄養素です。

 

ビタミンEが含まれる食材

いくら、あゆ、いわし、たらこ、せん茶、アーモンド、抹茶、マーガリン、なたね油など

 

6  DHA・EPA

魚に多く含まれるDHA、EPAも美肌を目指すうえで欠かせません。

 

DHA、EPAは血液をサラサラにし、全身の血流を改善してくれます。

 

そのためDHA,EPAを摂取することで体のすみずみまで血液を循環させることができます。

 

その結果、肌の再生に必要な栄養素をしっかりと届けてあげることができるのです。

 

DHA、EPAが多く含まれる食材

サバ、さんま、まぐろ、ぶり、うなぎ、たい、いわし、かつおなど

 

7  イソフラボン

イソフラボンも先ほど説明したビタミンEと同様に抗酸化作用があるため、シミを予防し美白を促す効果があります。

 

またイソフラボンは女性ホルモンの代役をする働きがあります。

 

女性ホルモンは肌に弾力を与え調子を整える作用があるため、イソフラボンに女性ホルモンの補助をしてもらうことも美肌につながります。

 

イソフラボンはホルモンへの作用が強いので、摂りすぎには注意が必要です。

イソフラボンが多く含まれる食材

豆腐、納豆、大豆飲料、油揚げ、大豆煮、きなこ、味噌、醤油など

 

 

8  亜鉛

亜鉛は女性ホルモンの調子を整え、また細胞分裂を促す作用があるので美肌を保つ効果があります。

 

女性ホルモンは肌の調子を整える作用がありますし、肌細胞の分裂が活性化されると肌の再生につながっていくので、肌荒れの人はぜひ取り入れましょう。

 

亜鉛が含まれる食材

牡蠣、レバー、牛肉、豚肉、鶏肉、卵、チーズなど

 

9  鉄分

鉄分といえば貧血予防というのはおなじみですが、貧血になると、体中にしっかり酸素を届けることができないため肌の再生にも影響します。

 

ただ鉄分が肌にもたらす影響はこれだけではありません。

 

シミ予防に必要な酵素を作る上でも、鉄分は必要不可欠な栄養素なのです。

 

そのため貧血予防だけでなく、美肌のためにも鉄分は必要です。

 

鉄分が含まれる食材

かつお、いわし、まぐろ、ほうれん草、さつまいも、いちご、ゴーヤ、キャベツなど

 

ストレスによる肌荒れのまとめ

女性

職場の人間関係、子育て、夫婦関係の悩みというのは尽きることがありません。

 

しかし精神的なストレスは、ホルモンバランスの乱れに直結してくるため、自分の肌をきれいに保つためにも、自分なりのストレス発散方法を見つけて、ため込まないようにしていく必要があります。

 

また睡眠不足や偏った食生活、運動不足といった生活習慣も肌荒れの原因になりますし、精神的ストレスも影響します。

 

生活習慣に注意し、精神的なストレスとも上手に付き合いながらきれいな肌を目指しましょう!

 

まずストレスを減らすことが大切です。

 

ストレスを減らせれば、

 

・ホルモンバランスが整い、女性ホルモンが引き出す美容効果が期待できる

・全身の血流、リンパの流れが良くなり肌の再生が活性化される

・活性酸素の発生を予防できる

 

という具合に肌に対する悪い因子を根こそぎやっつけることができます。

 

肌荒れしないためにもストレスと上手に付き合っていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

遥希

遥希

現在専業主婦29歳で夫と2人暮らしです。
以前はアパレル業界に務めていたので、オシャレやファッションにとても興味があります。また美容品やコスメをくまなく愛しています( ♥︎ᴗ♥︎ )コスメがこの世にないと生きていけません!私のストレス発散方法は、よく驚かれるのですが、家事をすることです(笑)綺麗好きという性格もあって、部屋の片付けや掃除をしていると無心になれて心がスッキリします!また料理を作ることや美味しいものを食べることも大好きです。あと寝ることも(笑)
よく食べてよく寝てよく笑う!!これが私の毎日をポジティブに生きる秘訣です!あと健康志向なので、食べ物には気をつけていて、なるべくオーガニックのものを選んだり調味料などもオーガニックで揃えるようにしています。好きな飲み物はお水です!(笑)
家にいるときはいつも音楽を聴いていて、基本は洋楽が大好きです!こんなのほほんな私ですが、何か生活に役立つことや美容情報などお届けできればいいなぁと思います(*´∀`*)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 口コミで評判あるビハクシアの炭酸泡パックの効果はどう?

  • 話題の炭酸クレンジング!肌ナチュールのモイストリッチクレンジングの効果は?

  • 口コミで話題のファンケルマイルドクレンジングオイルの効果は?

  • 口コミで話題!毛穴に効果的なフルリの『クリアゲルクレンズ』を使ってみた効果は?

関連記事

  • 8時間ダイエットは簡単に実践できて本当に効果がある!体験談

  • 目元や目の下のしわ・たるみの原因と対処法は?マッサージでおすすめ化粧品でケアしよう!

  • 口コミで人気の「然(しかり)よかせっけん」!本当に効果があるのか実際の使用感をレポします。

  • くすみの原因と対策方法は?くすみに効果的なおすすめの化粧品をご紹介します!

  • 口コミで話題のビーグレン キューソームモイスチャーリッチクリームのエイジング・シワ・たるみへの効果は?

  • ちょっと待って?! 生理中のボニックプロは危険?