ダイエットにおすすめの効果を期待できるおすすめの活性酵素サプリランキング

私たちの身体に必要不可欠な酵素、最近耳にすることも多いのではないでしょうか。

その中でもよく話題に上るのが酵素ドリンク酵素サプリになります。

 

酵素ドリンクと酵素サプリどっちが効果的なの?と思う方もみえると思います。

 

美活編集部 管理栄養士 茉子

ドリンクにもサプリにもそれぞれいいところがあります。

今回は、美活編集部 管理栄養士 茉子が、サプリメントについてまとめました。

 

酵素ドリンクの効果が知りたい方はこちらから↓

 

沢山の酵素サプリの中でも、ダイエットにおすすめのサプリメントをピックアップしてお話してみようと思います。

 

酵素サプリには様々な種類があります。

粒になったものやカプセルになったもの、粉末状のものやペーストされたもの。

 

加熱処理しているものや添加物が入っているもの、そして生酵素と呼ばれるものもあります。

たくさんの種類があり、どの酵素サプリが効果があるのかを判断するのに、悩む方も多いと思います。

 

活性酵素サプリ生酵素サプリは大きな違いがあります。

ここでは活性酵素サプリについて解説していきますので、生酵素サプリが気になる方はこちらの記事をご覧ください↓

 

すぐにおすすめサプリを見たい場合はこちら

 

活性酵素サプリと生酵素サプリの違い

その違いは、酵素が生きてるか死んでるかの違いになります。

 

活性酵素サプリ=酵素が死んでいる

生酵素サプリ=酵素が生きている

 

活性酵素サプリと聞くと、酵素が活性してるように感じますが酵素を使って他のもの(食物発酵エキス)熟成・発酵させて活性させているとイメージしてください。

 

私たちの体内には生きていくうえでとても重要なものがあり、それが酵素になります。

しかし、体内の酵素は年齢とともに減少していってしまいます。

 

その酵素を補うために体外から摂り入れる補助食品が、酵素サプリや生酵素サプリになります。

 

生酵素サプリは酵素が生きてるため、酵素の力を存分に受けることが出来ます。

しかし、活性酵素サプリは熟成・発酵の際に熱処理の影響で酵素が死活してる状態になります。

 

死活している酵素なんて、摂取しても意味がないのでは?と思いますよね?

しかし、酵素が配合されるのには訳があるんです。

 

生きてる酵素(生酵素)は主役になり、死活している酵素(活性酵素)はサポート役になります。

 

そして、そのサポートしてるのが食物発酵エキスになります。

 

酵素に含まれている植物発酵エキスってなに?

酵素サプリには、食物発酵エキスが含まれていることが多くあります。

この食物発酵エキスを製造する過程で、乳酸菌を使用して発酵・熟成させています。

 

発酵・熟成の時点で酵素が生まれますが、熱処理を行っていますので直接的な酵素の働きはなく、酵素は死活してしまいます。

 

しかし、食物発酵エキスを乳酸菌で発酵・熟成させることで、栄養が凝縮され効果が上がります。

 

凝縮されることによって

 

・食物繊維

・オリゴ糖

・ブドウ糖

 

などの栄養が豊富に含まれるようになります。

 

そうなることによって、この後に紹介する善玉菌の餌になる菌が増えるので、腸内環境のサポートに回ってくれるのです。

 

植物発酵エキスを摂取する事で、

 

①便秘改善(多種類の植物由来の原料を摂取する事で、食物繊維が豊富に摂取出来るようになります)

②体温上昇(植物由来の酵素で処理されたペプチド化されたアミノ酸を摂取する事で、体温の上昇が期待できます)

③バランスのとれた栄養素(ビタミン・ミネラルなど)の摂取が可能になります。

④抗酸化作用により細胞の修復を行い、胃腸の働きを正常に戻します。

※抗酸化作用により細胞の修復が行われ、胃の働きが正常に戻り、消化酵素の消費が少なくなります。

すると代謝酵素で使用できる酵素も増え、代謝アップに伴い腸の蠕動運動も活発になります。

 

 

善玉菌の効果

上記で紹介した食物発酵エキスは、善玉菌のサポートをしてくれる成分になります。

ではこの善玉菌の働きが活性化することで、どのように腸内フローラに良い影響を与えるのかということを解説しますね。

 

私たちの腸内には多くの善玉菌が生息しています。

この善玉菌は良い腸内環境を整えてあげることによって酵素も作り出してくれます。

 

しかし、年齢を重ねる毎に減っていってしまいます。

 

また、食物繊維の不足や運動不足、ストレスなどでも善玉菌は減少していきます。

その善玉菌を増やしてあげることが、腸内フローラを正常に保つことに繋がります。

 

酵素サプリダイエット 善玉菌と悪玉菌の割合

 

出典:グリコ

 

善玉菌と言えば、ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌・ビフィズス菌が身近で思い浮かぶ方も多いかと思います。

 

乳酸菌とは

腸内でブドウ糖やオリゴ糖などの糖質を餌にして乳酸を作る細菌の相称になります。

乳酸菌には整腸作用があり、悪玉菌の増殖を防ぎ腸の蠕動運動をサポートする働きがあります。

 

ビフィズス菌とは

乳酸菌とは異なり、乳酸 + 殺菌力のある酢酸も生み出すことが出来ます。

この酢酸により悪玉菌の増殖を防ぎ、腸内環境を整える効果があります。

また、葉酸などのビタミンB群の栄養素を作る働きもあります。

 

このように、乳酸菌もビフィズス菌も善玉菌を増やしてくれる効果があります。

そして乳酸菌やビフィズス菌を摂取することにより体内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えることに繋がるのです。

 

菌は生きていないと意味がない?

では、菌は生きていないと善玉菌を作ることが出来ないのでしょうか。

いいえ、死滅した菌であっても善玉菌を増やす役割を持っている菌も存在しています。

 

例えば、フェカリス菌EC-12株は加熱殺菌(死滅)した乳酸菌になります。

このフェカリス菌EC-12株は腸内環境の改善・便秘予防や体脂肪・内臓脂肪の低減・免疫力強化・花粉症予防や症状改善・アトピー性皮膚炎の改善など多くの効果があります。

 

さらに、フェカリス菌EC-12株は腸に運ばれると腸内の善玉菌の餌となり、善玉菌を増やす役割があります。

このように生きた菌を摂取しなくても善玉菌が増え、腸内環境を改善することができるのです。

 

また、乳酸菌は腸管を刺激し、活性化させる働きがあります。

オリゴ糖や食物繊維は腸で消化されず、善玉菌の餌となり善玉菌の増殖を助けてくれる効果があります。

 

そして、腸内にカス(食物繊維)があると腸を刺激し、腸が蠕動運動を促すことによりお通じがよくなります。

逆に炭水化物など早く吸収されるとカス(食物繊維)がなく腸を刺激しないため、蠕動運動を促すことが出来ずお通じが悪くなります。

 

乳酸菌の種類

便秘解消に効く乳酸菌

・LB81乳酸菌

・植物性乳酸菌NSK201

・カゼイ菌NY1301株

・ビフィズス菌

 

ダイエットに効く乳酸菌

・ガセリ菌SP株

・TUA4408L

・ガンテデン乳酸菌

・酪農菌

・スマート菌

このように、善玉菌が多くなれば腸内環境が整い痩せやすい体質に変わるということですね。

そして、それが増えるようにサポートしてくれる食物発酵エキスは縁の下の力もちだと言えますね。

 

酵素サプリを飲むだけで痩せれるの?

いいえ、ダイエットにおすすめの酵素サプリを飲むだけでは痩せることはできません。

あくまで酵素サプリは、ダイエットをするための補助的なサプリメントということを覚えておいていただけるといいと思います。

 

酵素サプリを飲んでいるからどれだけ食べても太らないかというと、それは違います。

酵素サプリは体内の酵素を増やし消化酵素の働きを助け、代謝酵素を多く使用できるようにするための補助的なサプリメントになります。

さらに酵素と一緒に摂ることによりダイエット効果を助けるものとして、乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維、オリゴ糖など身体に良いとされるものが一緒に配合されています。

 

酵素サプリを飲んでも痩せることが出来なかった=酵素サプリは効果がなかった

ということにならないように、日々の生活を振り返って足りないところがないかを確かめつつ、酵素サプリを使用していただくことをおすすめします。

 

足りないものってなにがあるの?と思いますよね?

ここで、ダイエットを成功させるために知っておくといいことをいくつかお伝えします。

 

ダイエットを成功させるために知っておくといいこと

食物繊維ですっきりと

便秘の方は宿便を2~5kg貯めている人もいると言われているほど、ダイエットにはお通じが欠かせません。

お通じを良くするには食物繊維を摂ることが良いとされています。

 

食物繊維には2つの種類があり、水溶性食物繊維不溶性食物繊維があります。

 

食物繊維の種類効果
水溶性食物繊維・水に溶けやすい
・腸内の善玉菌を増やす
・便を柔らかくする
不溶性食物繊維・水に溶けにくい
・水分を吸収し便のかさを増やす
・蠕動運動を活発にする

 

どちらも食物繊維なので、食物繊維のあるものを食べればいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、それは違うんです。

元々便秘の方が不溶性食物繊維を大量に摂取すると、便秘がさらに悪化して腸内に便を詰まらせてしまうのです。

 

そのため、元々便秘症の方は食物繊維を摂る時に注意が必要になるのです。

 

では、不溶性食物繊維とは、どのような食材になるのでしょうか。

不溶性食物繊維は、糸状の繊維で舌触りがポツポツ・ザラザラしているサツマイモレタスきのこごぼう大豆ほうれん草などが該当します。

あとは、干し柿ラズベリープルーン(乾)などにも多く含まれています。

 

ダイエットするにあたり、元々お通じが良くない方は水溶性食物繊維が多く含まれているものを摂りましょう。

 

では、水溶性食物繊維にはどんなものがあるのでしょうか。

 

水溶性食物繊維は、舌触りがネバネバ・ヌルヌル・サラサラしている特徴があり、おくら里芋なめこわかめ、昆布などの海藻類こんにゃくアボカド、りんご、バナナ、みかんなどの果物に多く含まれています。

 

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は、2:1の割合で摂取するのが理想的と言われていますが、現状では3:1の割合で摂取してることが多いと国民健康調査で明らかになっています。

自分に合った食物繊維を多めに摂取することによりお通じがよくなり、ダイエット効果があがります。

 

酵素サプリには食物繊維が配合されているものもあります。

その場合、お通じに良いとされる配合量が使用されていますのでそこまで気にしなくてもいいかと思いますが、日々の食事に気を付けることにより痩せやすい身体に近づいていくことが出来ます。

ダイエットには食物繊維が大切ということが、分かっていただけたかと思います。

 

お通じをよくするためには蠕動運動も大切になります。

 

蠕動運動の仕組み

日本人に最も多いとされている便秘は「弛緩性便秘」と言われています。

弛緩性便秘とは、便を押し出す蠕動運動の機能が弱く、スムーズに排便を行うことが出来ない便秘のことです。

 

蠕動運動を正常にするには、腹筋を鍛えることが良いとされています。

腹筋の腹圧により排便が促進され、お通じがスムーズになります。

運動をしない場合、お腹を押してマッサージするだけでも腸を刺激し、蠕動運動を促進させる効果があります。

 

関連記事↓

 

では、蠕動運動を行う腸の働きを見てみましょう。

 

小腸には、十二指腸、空腸、回腸があります。

私たちが食事を行うと、胃から十二指腸、空腸、回腸へと移動し、およそ3~4時間程で小腸を通過します。

 

食事内容により時間はそれぞれ異なり、長いときは10時間程かかることもあります。

小腸を通過する過程で、小腸は栄養素と80~90%の水分を吸収します。

 

そこから大腸に移動します。

大腸の役割は、水分の吸収排泄物の貯蔵の2種類があります。

小腸で栄養素を吸収された残りのカスが、上行結腸、横行結腸、下行結腸と通過し、その間にも水分を吸収していきます。

 

正常な人の腸内

酵素サプリ 正常な人の腸内

出典:大正製薬

 

水分が吸収されたカスは硬くなり、直腸に溜まります。

小腸、大腸共に蠕動運動を行っていますが、大腸は1分間に1~3cmの速度で内容物を運んでいます。

 

1日に3~4回、強い収縮が起き大量の内容物を運搬することもあります。

食べ物に含まれている水分は小腸でほとんど吸収され、さらに大腸でも水分が吸収されていくんですね。

 

日本人の小腸・大腸の平均的な長さは小腸が約6~7m、大腸が約1.5mになります。

私たちの身長の何倍もの長さの腸がお腹の中にあるのです。

その長さの中を水分が減っていったカスが通り、肛門に到達するまでにとても時間がかかります。

 

蠕動運動が活発な方は、食べ物を食べてからおよそ24~72時間以内に体外に排出されます。

 

 

便秘の人の腸

 

酵素サプリ 便秘の人の腸内

酵素サプリ 腸の説明

出典:大正製薬

 

数日かかって排便がある方は気を付けてください。

蠕動運動が衰えてきて体外に排出されるべきものが体内に長時間とどまるため、体調に影響を及ぼす恐れがあります。

 

ダイエットを始めようと思ったこの機会に、日々の生活を見直してみるといいかもしれません。

 

水分の大切さ

起き抜けに水分をとると、お通じにいいと聞いたことはありませんか?

これは、水分を摂ることにより内臓や体内組織の働きを活発にするからなんです。

 

内臓や体内組織が活発になると腸の働きも活発になります。

 

腸から吸収された水分は血液で運ばれ体内組織に送られます。

これにより血液の流れがスムーズになり、体内組織も活発になるのです。

 

体内組織と腸は、持ちつ持たれつの関係なんですね。

腸の水分が少なくなると、腸は体内組織に水分を与えるためにより多くの水分を吸収しようとします。

そのため、残った腸内に残ったカスはさらに水分が減ってしまうのです。

 

水分が減ったカスはかさが減り、腸の動きを誘発しなくなってしまいます。

食物繊維を摂ったとしても水分が足りなければ腸内のカスのかさが増えず、蠕動運動を活発にすることができません。

それにより腸の蠕動運動が低下し、便秘になってしまいます。

 

お通じを快適にするためにも水分補給をこまめに行い、1日1.5~2ℓの水分補給を目指しましょう。

 

がんこな便秘の方は不溶性食物繊維ではなく水溶性食物繊維がいいと言われているのは、かさが増えても水分が足りず硬くなった便を移動することが出来なくなってしまうので、便を柔らかくする水溶性食物繊維がいいとされているんですね。

 

食物繊維の配合された酵素サプリを飲み、さらに水分にも気を付けることが出来れば、乳酸菌、酵素、食物繊維の働きにより腸内環境がより整えられます。

 

 

デトックスとは

デトックスとは、体内の老廃物を排出することをいいます。

私たちにはもともと、老廃物を排出する機能が備わっています。

おおまかにいうと、便から75%、尿から20%、爪や頭皮から1%、その他から4%老廃物が排出されると言われています。

 

このうち、老廃物を排出する機能が一番優れているのが便になります。

そのため、お通じがよくなるとデトックス効果が高まり、老廃物が排出されやすくなります。

 

お通じ、とても大切なんですね。

ダイエットには、代謝をよくすることがお通じの改善につながり、デトックス効果をもたらします。

 

ここまで、私たちの身体の仕組みについてお話してきました。

では、サプリメントはいつ飲むと効果的なのでしょうか。

 

酵素サプリを飲むタイミングは?

酵素サプリは、飲むタイミングにより効果が異なります。

せっかくのサプリメント、効果がある飲み方をしたいですよね?

 

運動についての表を削除したので

ここから

そのタイミングは大きく2つにわけることが出来ます。

・食事に合わせたタイミング

・運動に合わせたタイミング

ここまで削除

表は、朝食前の「酵素が吸収されやすい」も削除

 

サプリメントは、飲む時間により効果が異なります。

まとめたものがこちらの表になります。

飲むタイミング効果
朝食前・効果が出やすい
・軽度の便秘は、朝食前に飲むことで排泄がよくなる
夕食前・食べ過ぎ抑制
・カロリー摂取を抑えられる
食 前・食事などの成分を吸収しやすい
・エイジングケア
食 後・食事の消化を助ける
・食事抑制(食中~食後)
就寝前・翌朝の排泄を促進
・重度の便秘解消

 

このように飲むタイミングにより効果は様々です。

お通じが悪い方は就寝前や朝食前、カロリー摂取を抑える場合は夕食前など、自分の目的に合ったタイミングで酵素を使用するといいでしょう。

 

次に、生産する場所ですが、GMPを最近よく耳にすることもあるかと思います。

サプリの紹介サイトによく名前が挙がっていますね。

このGMPについて説明させて頂きます。

 

GMPってなに?

GMPとは、医薬品を製造するにあたり、「誰がいつ作業しても、必ず同じ品質・高い品質の製品を作るために、医薬品製造業者が守るべきルール」になります。

元々は医薬品のための定められたルールでしたが、厚生労働省からガイドラインが発表され、近年サプリメントにおいても自主的な取り組みが行われています。

法律での決まりではありませんので、認証を受けていないところもある現状です。

 

GMPの三原則

・人為的な誤りを最小限にする

・健康食品に対する汚染を防止する

・品質を保証するための要件を定める

参考:日本健康食品規格協会

 

サプリメントを購入する際、きちんとした工程で製造されているかの判断が出来るのは嬉しいですね。

ただ、法律で決まっていることではないので、その判断が難しいところがあるかもしれません。

 

では、今までのお話を頭の片隅に置いて頂きつつ、サプリメントについてのお話を読んで頂ければと思います。

 

現在、様々な酵素サプリがあふれていますが、その中のどの商品がいいかを見定める時にどこを見て判断したらいいかわかりますか?

 

ここからはダイエットに最適な酵素サプリを選ぶとき、何を基準にしたらいいか見ていきましょう。

 

ダイエットに最適な酵素サプリを選ぶ基準

 

1 カロリナ酵素

カロリナ酵素

カロリナ酵素の公式サイトはこちらをクリック

酵素

・2つの酵素発酵エキス
※サラシア
※ギムネマ
・89種類の野草発酵エキス
特許成分・リポサンウルトラ
・ガーシトリン
・レプチコア
他の気になる内容・5項目の臨床評価試験済
※体重
※BMI
※体脂肪
※ウエスト
※ヒップ
形状・1日の摂取量・カプセル
・1日4~8粒(1袋120粒)
金額・解約の縛り・Web限定 毎週500名
定期初回990円(税抜き)
・2回目以降3600円(税込)
・3回以上の継続必要
・初回送料無料、2回目以降200円
品質・GMP認定工場にて製造

 

カロリナ酵素だけの特許成分

カロリナには、3つの特許成分が配合されています。

サプリメントの成分は、推奨量を配合していないとパッケージに成分のロゴを表示することが出来ません。

しかし、カロリナは3つの特許成分のロゴが表示されていますので、高配合されていることが分かり安心材料の一つになっています。

 

・リポサンウルトラ(脂肪吸着)

脂肪吸着後、ゲル化し体外へ排出してくれる効果があります。

よく比較対象とされる成分に「キトサン」がありますが、キトサンより2倍の吸着力を持ち、胃の中で溶けるスピードと脂肪吸着力に優れています。

 

・ガーシトリン(脂肪燃焼)

満腹中枢を刺激し、満腹感をもたらす効果があります。

また、体脂肪になりにくい効果のある「ヒドロキシクエン酸」が含まれ、脂肪燃焼効果によりダイエット効果が期待できる成分になります。

 

・レプチコア(代謝促進)

配合されている成分のPEAは「恋愛ホルモン」とも呼ばれており、脳内が疑似恋愛モードになることで「代謝アップ」「美肌効果」「脂肪燃焼アップ」効果をもたらしてくれます。

 

+αの効果

・サラシア

炭水化物や糖類の吸収をブロックする消化酵素を阻害し、血糖値上昇抑制効果があり、抗肥満作用や肝臓保護作用が期待できます。

 

・ギムネマ

糖の吸収を緩やかにし、血糖値の上昇を抑えます。

また、便秘解消や炭水化物の吸収を防ぐ効果も期待出来ます。

 

期待できること

・食べたものが体内に吸着する前に、排出することが出来るようになる

・血糖の急上昇を抑えることで体内の糖の吸収を緩やかになる

・代謝がアップし、脂肪燃焼効果が高まる

・満腹感を覚える

などがあります。

 

これらの効果により、私たちの体内は痩せやすい身体に変化していきます。

 

関連記事↓

 

2 スルスルこうそ

スルスルこうそ

スルスルこうその公式サイトはこちらをクリック

酵素

・小麦ふすまをベースとした食物性発酵エキス
・80種類の野草発酵エキス
乳酸菌・スマート乳酸菌配合
他の気になる配合・食物繊維(小麦ふすまに配合されています)
形状・1日の摂取量・カプセル
・1日2~12粒(1袋62粒)
金額・解約の縛り・990円(税抜き)
・2回目以降3350円
・3回以上の継続必要
品質・GMP認定工場にて製造

 

小麦ふすま

スルスルこうそには「小麦ふすま」が使用されています。

小麦ふすまとは、小麦粒の表皮部分のことを言います。

 

表皮部分には「食物繊維、鉄分、マグネシウム」など、豊富な栄養素が含まれています。

この小麦ふすまをベースとして作り上げられたエキスが「小麦発酵エキス」となり、食物性発酵エキスになります。

 

小麦発酵エキスには、5種類の消化酵素があります。

・アミラーゼ

・セルラーゼ

・リパーゼ

・プロテアーゼ

・ラクターゼ

 

この5つの消化酵素により食べたものを消化する手助けをしてくれます。

スルスルこうそを飲むことにより、体内の消化酵素の働きを小麦発酵エキスの5つの酵素が助けてくれるのです。

 

スマート乳酸菌はポリフェノールに効果あり

善玉菌を増やす乳酸菌も配合されており、そのうちのスマート乳酸菌はポリフェノールの吸収率を高める効果があります。

ポリフェノールの吸収率が高まることで、内臓脂肪の減少に繋がります。

 

ポリフェノールは私たちが普段生活をして過ごしているだけで、取り入れられていることが多いとされています。

 

ポリフェノールが含まれている食品をいくつかあげてみましょう。

・コーヒー

・緑茶

・紅茶

・ワイン

・カカオ豆(チョコレート・ココア)

・大豆食品(みそ汁)

・いちご

・ブドウ

 

いかがでしょうか?

気づかないうちにポリフェノールを体内に取り込んでいた方も多いのではないでしょうか。

 

スマート乳酸菌を摂取することによりポリフェノールの吸収率をあげ、内臓脂肪を減少させる働きがあるためダイエット効果がうかがえます。

 

関連記事↓

 

 

3 琉球黒酵素

琉球 黒酵素

琉球 発酵黒酵素の公式サイトはこちらをクリック

酵素

・琉球野草15種類の食物発酵エキス
ダブルの炭・梅炭
・赤松由来の炭
乳酸菌・フェカリス菌配合
※1粒に100億個の乳酸菌配合
※ヨーグルト10個分
沖縄の食材・抗酸化力アップ
形状・1日の摂取量・カプセル
・1日1~2粒(1袋31粒)
金額・解約の縛り・初回限定1980円(税抜)
・2回目以降2,980円(税抜)
・3回以上の継続必要
・初回送料無料
品質・GMP認定工場にて製造

 

ダブルの炭の効果

・梅炭

梅には脂肪燃焼効果を高める「バリニン」が配合されており、脂肪燃焼を助ける働きがあります。

さらに「ムフラメール」という成分により、血行促進効果が高まり、代謝アップに繋がります。

 

この梅を炭にすることで体内の毒素を吸着しやすくし、デトックス効果が高まります。

 

・赤松由来の炭

活性炭の効果により、不純物の吸着力や食品添加物などの毒素、脂質などを吸着する効果に優れ、血行促進効果も期待できます。

 

このダブルの炭体内の老廃物や脂質を吸着し、体外へ排出してくれる効果があります。

 

沖縄の食物で抗酸化力アップ

食物発酵エキスにより抗酸化作用が高くなりますが、沖縄の食材を使用することでさらに抗酸化力がアップします。

それは、沖縄の風土が大きく関係し、潮風により野菜はほぼ無農薬に近い状態になります。

さらに紫外線が強いことで抗酸化力が高まり、細胞の老化を防ぐことで体内の代謝機能が改善し、ダイエット効果が期待できます。

 

関連記事↓

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

生酵素とは違った効果を発揮することが出来る酵素になり、生酵素は主役級、死活している酵素は名脇役になります。

生酵素だけが良いとされがちですが、名脇役の酵素もしっかりとダイエット効果を見出すことが出来ます。

ダイエットをする場合のサプリメント選びはとても悩んでしまいますが、これらの効果を参考にして頂き、ご自身の身体に合った成分が含まれているサプリメントを選んでいただけるとよいかと思います。

 

 

酵素ダイエットに興味のある方はこちらの記事も読んでいます↓

 

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA