1. TOP
  2. 話題のピニトールって?PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)に効果があるの?妊活への効用と摂取方法はコチラ!

話題のピニトールって?PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)に効果があるの?妊活への効用と摂取方法はコチラ!

 2018/07/03 妊娠 葉酸サプリ
61 Views

最近耳にする「ピニトール」。

妊活サイトでちょこちょこ見かけますが、いったいどんな成分なのでしょうか?

 

葉酸みたいなものなのかな?食べ物から摂取できる?どんな人が飲むといいのかしら?などなど、疑問はつきませんね。

そんな気になる「ピニトール」について調べてみましたので、ぜひお読みになってください!

 

ピニトールって何?

ピニトールはビタミンB群の一種類とも言われており、 インスリン代謝作用の伝達に関わっているので、糖尿病に効果があるようです。

天然の植物由来の物質で、大豆、ルイボス、アイスプラントなどから検出されます。

参考サイト◼Wikipedia

 

ピニトールはどんな病気に効くの?

ピニトールは糖尿病以外にも効果が期待できる症状があるんです。

それは、不妊の原因の一つとされる多嚢胞性卵巣症候群です。

その効果は、海外で論文が多数発表されている程なんです。

その中でも、1日600 mgのピニトールを8週間継続して摂取すると排卵率が高まるというデータがあり、なんて心強い!と思いました。

参考サイト◼ 不妊症メディアPCOS(ぴーこす)

 

 多嚢胞性卵巣症候群って?

 

排卵がしにくい病気のことです。

 

充分に育って排卵していくはずの卵胞が育つ前に次々と卵が作られてしまうのです。

当然、生理は不順になりますし、不妊に悩む人も多いんです。

ホルモンの影響で、肥満や多毛などの症状もみられます。

妊活を開始して半年~1年の間くらい妊娠しない場合は、多嚢胞性卵巣症候群かどうかのチェックを医師に見てもらいましょう。

 

参考サイト◼ メディカルノート

 

どうしてピニトールが多嚢胞性卵巣症候群に効果があるの?

多嚢胞性卵巣症候群の症状のひとつに肥満があります。

肥満の人は血糖を下げる能力が足りないため、体内のインスリンの濃度が高くなってしまいます。

 

インスリンの濃度が高くなると、それに比例して男性ホルモンの濃度も高くなってしまい、多毛や月経不順を引き起こすんだそうです。

多嚢胞性卵巣症候群の治療には、ホルモン剤や排卵誘発剤の他に、「グリコラン」という糖尿病に使われるインスリン治療薬が使われることもあります。

 

ピニトールはインスリン代謝作用に効果が得られるため、 多嚢胞性卵巣症候群の方にはもってこいの成分なんですね。

天然の植物由来の物質ですので、妊活中でも安心して摂取できそうです。

参考サイト◼みむろウィメンズクリニック

 

 ピニトールの副作用は?

いくら天然の植物由来とはいえ、まだまだ聞き慣れない成分ですから気になるのは副作用だと思います。

結論から言いますと、ピニトールの副作用は今のところ報告されていないようです。

 

ただし、糖尿病に効果があることを考えると、過剰摂取で低血糖を起こしてしまうことも考えられますよね。

低血糖は軽度では空腹感やあくび、重度では昏睡状態になることも。

 

実際、低血糖を起こした患者様をお見かけしたことがあるのですが、かなりボーッとしてやりとりがスムーズに行えませんでした。

ピニトールからのインスリン摂取は、注射等からの取り込みではないので、起こりうる可能性はかなり低いとは思いますが、摂取量は守っていただきたいところです。

参考サイト◼植村内科クリニック

 

食品から十分なピニトールがとれる?

 厚生労働省はピニトールの摂取推奨量について明確に提示していません。

色々調べても180mgから1200mgとかなり幅があります。

 

患者様が600mgのピニトールを摂取した上での臨床研究が発表されていますので、 一日600mgが推奨量と考えてもいいのではないでしょうか?

食生活からみて、日本の食事は大豆が含まれているものも多く、特に妊活中の方は意識的にとるようにしてると考えると300mg程度を目安に摂取していけばよいのかと思われます。

 

300mg程度のピニトールを食品から摂取しようとすると…

 

豆乳約700ml

大豆約450粒

ルイボスティー約90杯

 

になります。

結構ハードルが高いですよね。

いや、高すぎます!

 

 参考サイト◼

不妊症メディアPCOS(ぴーこす)

ベジママ

 

 

効果的にピニトールを摂取するには?

食品から摂取しようとすると、アイスプラントが一番含有量が多く、ミネラル豊富で葉酸もとれるのでおすすめなのですが、毎日どっさりとアイスプラントが食べられる方は多くはないですよね。

スーパーで時折みかけるアイスプラントはごくわずかな量ですが、結構お値段がはります。

こんなとき、私は友人の栄養士の言葉を思い出します。

 

「調子が悪いなあと思うとすぐサプリを飲むの。食べ物から充分な量とるのなんて無理だから!」

栄養のプロが言うんだから間違いない!と、その言葉を聞いてから、体に必要なサプリはどんどんとるようになりました。

ですので、個人的にはですが、効果的にピニトールを摂取するにはサプリメントに頼るのが一番いいのではないかと思うのです。

 

ピニトールを含むサプリメントは何がおすすめ?

ピニトールを含むサプリメントは色々と販売されていますよね。

どれを選べばよいのか迷ってらっしゃる方に、ぜひおすすめしたいのがベジママです。

なぜ、ベジママがおすすめなのか次からあげていきますね。

 

アイスプラントの質がよく安心!

ベジママはもちろんアイスプラントがベースになっています。

ベジママのアイスプラントは自社農園栽培です。

 

これは、GMP(原料の入庫、製造、出荷などの全ての過程において安全と品質が保持されているとの日本国健康食品規格協会の規則システム)からの、お墨付きですので高品質間違いなしです。

放射性物質や残留農薬の検査もクリアしていますし、無添加なので安心して摂取できますよね。

 

リーズナブルで続けやすい!

継続して購入すると、通常の半額で購入できます。

2回目以降も15%オフになり、お得な割引価格が続くのが嬉しいですね。

定期購入では送料も無料です。

 

妊活に欠かせない葉酸も配合!

ベジママには妊活や授乳中に必要な葉酸量が含まれています。

他にも、ルイボス、ビタミン群もとれるので何種類ものサプリを飲まなくてもすむんですね。

 

ベジママを購入した人の感想が聞きたい!

ベジママは私が思っている以上に妊活中のママたちの間では有名なようです。

実際に購入した人達の中には、もちろん合う人もいれば、合わない人もいるようです。

 

そんな口コミをまとめてみると…

 

・生理周期が整い高温期が安定してくる

・冷え性、肌荒れに効果が!

・小さい粒で飲みやすい

・鉄分は含まれていないので、妊娠中や授乳中は鉄分を別で摂取する必要がある。

・匂いが独特(青臭い?野菜くさい?)なので、匂いヅワリのある妊婦さんにはきついかもしれない。

 

とのクチコミが多くありました。

 

価格に関しては、安いと感じる人と高いと感じる人といらっしゃるようで、この辺りは妊活に対する意気込みや、金銭感覚の違いなんだろうなと思いました。

多嚢胞性卵巣症候群に悩む妊活中の人には効果が期待でき、妊娠出来たら他のサプリに切り替えるという感じでしょうか。

関連記事↓

 

もし合わなかったらどうしよう?

どうしても匂いがダメな方も効果が感じにくい方もいらっしゃるでしょう。

ベジママは定期購入の初回金額を全額返金してくれます。

定期購入のしばりもありませんので、何ヵ月間か試してみてからの解約もしやすいですね。

 

まとめ

私は20代の後半に半年くらい生理が来なくて、病院を受診したところ、多嚢胞性卵巣症候群と診断されました。

子供が出来にくいんだろうという漠然とした不安を抱えていました。

 

しかも、晩婚だったので、妊活時代は基礎体温とにらめっこする毎日でした。

運よく妊活には成功することができましたが、もっと早くピニトールのことを知って、ベジママで葉酸やビタミンと一緒に摂取できていたら…。

 

授かるタイミングもよかったでしょうし、赤ちゃんにも心地よい胎内を提供できたんだろうなと思いました。

妊活中は、食事に気を付け、体を冷やさない、など日常的にに気を使っていらっしゃる人が殆どだと思います。

 

「いいと言われることは全て試したい!」と真剣な顔で訴えていた友人もいました。

近い未来に出会える赤ちゃんのために、あなたも出来ることからはじめてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

福井綾子

福井綾子

はじめまして
30代で看護学校に入学し看護師免許取得後、地方の病院で勤務しています。
現在3人の子供と生活しながら、家事に仕事にと日々奮闘しております。

看護師になる前は、事務職等のパートをしながら主婦をしていました。そんな中、友人が看護学校に通っている話を聞いて、「よし私もやってみよう」、と思い看護学校受験を決め、合格することができました。
22歳で大学を卒業してから、勉強らしい勉強をしていなかったで、ドキドキ、ハラハラの受験でしたが、何とか合格することが出来ました。
それからは、看護学校で20代の若々しい仲間に囲まれて教室で勉強し、病院で実習をさせてもらったりして、看護師になることが出来ました。

趣味は、料理、マンガを読むこと、散歩、などなどです。
最近は、やせるおかずの本にはまり、アレンジをしながら料理を楽しんでおります。

看護師になってから、たくさんの患者さんに出会って、いろんな家族の形を知ることが出来ました。そのなかから、看護師として日々感じていること、仕事の楽しさ、辛さ、をお伝えしていくことができたらいいな、と思い、記事を書いてみようと思いました。
まだまだ、経験も浅く、知識も少ないため、記事を書きながら自身も成長することが出来たらと考えております。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 話題のピニトールって?PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)に効果があるの?妊活への効用と摂取方法はコチラ!

  • 妊娠初期の腰痛に不安になっているプレママさん必見!原因と対策を教えます

  • かゆくてつらい!皮膚のかゆみのメカニズムと対処法

  • 妊娠、妊娠中や授乳期でも安心!ママナチュレのタンポポ茶を飲んでみました!母乳を増やす効果もあるの?

関連記事

  • 妊娠初期のつわりはどうしたら軽減・改善出来るの?先輩ママからの助言

  • 葉酸サプリ新成分の「ピニトール」配合 ベジママで妊活・妊娠の効果と口コミは?

  • 葉酸サプリはあなたに合うものを!人気の葉酸サプリおすすめ5選 妊娠中・妊活中から積極的に摂取しよう!

  • 妊活をする為に準備するアプリ・葉酸サプリ・旦那のこと・冷え対策

  • 妊娠・妊活中に葉酸を多く含んでいる食材や食べ物・それらを使った簡単レシピ

  • 育児は辛い?育児が大変から楽しいに変える方法