美容や健康にも!!栄養たっぷり麹の甘酒の効果効能

 

飲む点滴といわれ、美容や健康に良いとされる甘酒。

 

アルコールが入っていないものもあるので、お子さんやお酒の飲めない方でも安心して飲んでいただけます。

 

料理研究家 茉子

今回は、私、料理研究家 茉子が、甘酒に含まれる栄養素やその効果・効能、オススメの飲み方や甘酒のアレンジレシピをご紹介します。

 

甘酒とは

 

奈良時代から飲まれている、歴史ある甘味飲料で、お米から作られています。

 

作り方は地方によって様々で、酒粕と砂糖を溶かして作ったり、米麹を糖化させて作ったり…

 

米麹や酒粕には、ビタミンやミネラル、アミノ酸などが豊富に含まれているため、夏バテ防止や熱中症予防、美容にも効果があると言われています。

 

甘酒はお酒?誰でも飲める?

赤ちゃんでも飲める

米麹から作った甘酒は、アルコールが含まれていないため、小さなお子さんやお酒が弱い方、妊婦さんや授乳中の方でも安心して飲んでいただけます。

 

また、酒粕から作った甘酒に含まれるアルコールは1%未満です。

 

市販の飲料では、アルコール1%未満の場合はアルコール飲料ではなく、清涼飲料水として販売されるため、注意が必要です。

 

お酒が飲めない方やお子さんが飲む場合は、材料に酒粕が入っていないか確認しましょう。

 

甘酒の原料、米麹・酒粕

 

甘酒の主な原料は米麹と酒粕です。

どちらもお米から作られるという共通点があるものの、製造過程や含まれる栄養成分は大きく違います。

 

米麹の製造

米麹

出典森永製菓

米麹は、蒸したお米に麹菌を散布し、繁殖させたものです。

甘酒だけでなく、味噌やみりん、酒なども米麹を使って作られます。

 

 

発酵することで、お米に含まれるデンプンがブドウ糖やオリゴ糖に変わり、自然な甘味が出ます。

また、麹菌が発酵することで、ビタミン類を作り出すため、ビタミンが豊富に含まれています。

 

米麹に含まれる主な栄養成分

ビタミンB群

代謝を助けるビタミンの総称です。

夏バテ防止や疲労回復、口内炎の予防・改善にも効果があり、栄養ドリンクにも多く含まれています。

 

脂肪や糖をエネルギーに変える時にも必要なビタミンなので、ダイエット時にもしっかり摂りたい栄養素の1つです。

 

葉酸

ビタミンB群の仲間の1つで、主に妊娠中に

需要が高まります。

妊娠を考えている方や、妊娠中の方は、積極的に摂りたい栄養素です。

 

ほうれん草から見つかった栄養素なので、葉酸と名付けられました。

 

 

パントテン酸

美容やアンチエイジング効果があると言われているコエンザイムQ10の構成成分の1つです。

脂肪の代謝を助ける働きがあります。

 

ビオチン

代謝に関係するビタミンの1つです。

 

欠乏すると皮膚炎などの原因になります。

 

ナイアシン

脂質、糖質、アミノ酸の代謝に関わるビタミンB群の仲間の1つです。

 

欠乏すると、ペラグラと言われる皮膚炎の原因になります。

 

酒粕の製造

酒粕

出典森永製菓

酒粕は、日本酒を作るときにできる副産物です。

 

米麹に酵母菌を加えて発酵させて、「もろみ」をつくり、それを絞ったものが日本酒、残った粕の部分が酒粕です。

 

米麹をつくる過程での発酵に加えて、酵母菌も加えてさらに発酵させているため、様々な栄養素が凝縮されています。

 

酒粕に含まれる主な栄養成分

たんぱく質

筋肉や酵素、血液成分、骨など、体を作るのに必要不可欠なたんぱく質。

筋肉をつけたい時や、ダイエット時にも、良質なたんぱく質を摂ることは良いとされています。

 

炭水化物

糖質制限ダイエットが流行してから、悪者にされがちな炭水化物ですが、体にとっては一番大切な栄養素です。

 

不足すると低血糖により、めまいやふらつき、震えなどの症状がでたり、熱中症や起立性低血圧をおこしやすくなったりします。

 

摂り過ぎは肥満や糖尿病の原因になりますが、適度に摂ると、空腹感を和らげ、食べ過ぎ防止効果に。

 

食物繊維

急激な血糖の上昇を抑えたり、腸内環境を整えたりする働きがあります。

 

消化・吸収されにくい成分なので、満腹感を得られやすく、食べ過ぎ防止効果に繋がります。

 

ビタミン類

米麹が原料となっているため、ビタミンB群やビオチン、パントテン酸などのビタミン類が豊富に含まれています。

 

有機酸

有機酸は、クエン酸や酢酸など、有機化合物の酸の総称で、果実などに多く含まれています。

 

腸内細菌のバランスを整えたり、大腸の中の悪玉菌を抑える働きがあると言われています。

 

ミネラル

酒粕には、カリウムや鉄、亜鉛、銅などのミネラルが含まれています。

 

汗をかくと、水分だけでなく、ミネラルも体の外に出て行ってしまうため、熱中症予防には、ミネラルの補給はかかせません。

 

中でもカリウムは、血圧を下げたり、浮腫みを解消する効果があります。

 

アミノ酸

ビタミン同じように、体の働きを保つために必要不可欠なアミノ酸。

 

中でも、人間の体の中でつくることができず、食品から摂取しなければならないアミノ酸が10種類あり、それらを必須アミノ酸と呼んでいます。

 

近年、アミノ酸が健康に良いとされ、多くのサプリメントが販売されています。

 

B-グルカン

食物繊維の1種で、糖の吸収を抑えたり、コレステロール値を正常化したり、満腹感を維持しやすくしたり…など、うれしい効果が報告されています。

 

食物繊維なので、便秘予防にも良いです。

 

酒粕のうれしい働き

 

酒粕には、コレステロールの上昇を抑える働きや、血圧を下げる働き、肌のキメを整える働きや、血流を改善し、体を温める働きなど、美容と健康に良い働きがたくさん報告されています。

 

甘酒としてだけでなく、いろいろな料理に使えるのも特長です。

 

肉や魚を漬け込んで焼くと柔らかく、うま味たっぷり。

酒粕を溶いた汁に味噌や醤油を加えて作る粕汁という料理や、酒粕で野菜を漬け込む、粕漬けといった調理法もあります。

 

甘酒の効果・効能

甘酒

栄養補給に

飲む点滴と言われるほど栄養豊富な甘酒。

ビタミンやミネラル、たんぱく質や糖分まで含まれているため、食欲不振時の栄養補給にもおすすめです。

 

温めても、冷やしても飲めるので、季節や体調に関係なく飲めるという利点もあります。

 

熱中症予防に

熱中症予防に適した飲料は、水分と糖、ミネラルを含むものです。

スポーツドリンクや経口補水液、点滴もこの3つを含んでいます。

 

今ではどちらかというと冬の飲み物というイメージがある甘酒ですが、江戸時代は夏の栄養ドリンクとして広く飲まれていたそうです。

 

美容に

甘酒の製造・販売を行っている森永製菓の研究では、米麹と酒粕の両方を使った甘酒で、目の下のクマの改善や、皮脂の抑制効果があると報告されています。

 

含まれる各種栄養素も美容に良い成分が多いため、甘酒を継続して飲むことで、美しい肌を保つことができるかもしれません。

 

甘酒の美容効果について詳しく知りたい方はこちら

 

ダイエットに

糖や食物繊維が含まれていることから、食べ過ぎ防止効果がある甘酒。

 

食事の少し前に飲むことで、程よい満腹感を得ることができ、食べ過ぎ防止に繋がります。

 

また、寝る前に飲むことで、夜中にお腹が空いて目が覚める…なんてことも防止できます。

 

便秘の予防・改善に

米麹も、酒粕も、発酵食品です。

発酵食品に含まれる乳酸菌は、腸内環境を整え、便秘を予防・改善する効果があると言われています。

 

甘酒で出来る!話題の菌活とは

お腹

菌活とは、体に良い働きをする菌を積極的に食事から取り入れ、腸内環境を整えることを言います。

 

腸内環境が整うと、便秘や下痢といった症状が良くなるだけでなく、代謝がよくなったり、免疫力が上がったりする効果も期待できるとされています。

 

腸内環境を整える乳酸菌

 

腸内環境を整える菌として、乳酸菌が有名です。

主に、植物性の乳酸菌と、動物性の乳酸菌の2種類があります。

 

植物性の乳酸菌は、キムチや漬物、味噌など、野菜や豆、米などを発酵させて作った食品に含まれている乳酸菌です。甘酒に含まれる乳酸菌もこちらになります。

 

植物性の乳酸菌の特長は、胃酸に強いことです。

胃酸で死なないため、生きて腸まで届きます。

 

動物性の乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなど、動物性食品に含まれる乳酸菌です。

一部の例外を除いて、動物性の乳酸菌は酸に弱く、胃酸でほとんどが死んでしまいます。

 

生きて腸までたどり着いた乳酸菌は、一時的ですが、腸の中の善玉菌の数を増やし、腸内の環境を整えてくれます。

 

また、死んでしまった乳酸菌は、腸内にいた善玉菌のエサとなることで、腸内の善玉菌を増やす助けとなります。

 

甘酒で出来る菌活

 

甘酒には、麹菌や酵母菌、植物性の乳酸菌が含まれており、菌活にもぴったりな食品です。

 

菌は熱に弱いため、菌活をする目的で甘酒を飲むのであれば、温めずに冷たいまま飲むのがオススメですが、死んでしまった菌も、善玉菌のエサとなるので、全く無意味ではありません。

 

菌活は継続して菌を摂取することが大切なので、自分の続けやすい飲み方を見つけたり、時にはアレンジを楽しんだりして、甘酒を楽しめるといいですね。

 

自宅で出来る!手作り甘酒

 

市販の甘酒も良いですが、毎日飲むなら自宅で甘酒を作ってみませんか?

 

誰でも飲める、米麹からつくる甘酒と、初心者向けで、簡単に作れる酒粕の甘酒の両方のレシピをご紹介します。

 

米麹からつくる甘酒

 

↓今回はこちらの米麹を使って作ってみました。

マルコメ プラス糀 国産米 米こうじ 100g×8個

 

材料(約500ml)

米麹(乾) 200g

米 1合(180ml)

 

作り方

①おかゆを炊く。

 

米を洗ってザルにあげておき、炊飯器の内釜に入れ、3合の目盛りまで水を入れて炊く。

(おかゆモードがあれば使っても良い。)

 

②炊き上がったおかゆを蓋のできる容器に移し、60℃になるまで冷ます。

 

③米麹を手のひらに挟んで揉みほぐし、1粒づつバラバラにする。

 

↓今回は、始めからバラバラになっているタイプの米麹を使用しました。

米麹

 

④②に③の米麹を加え、木べらで混ぜる。

混ぜ終わった時に温度が50℃位になるようにする。

 

↓米麹を入れてすぐの写真

米麹を使った甘酒作り混ぜはじめ

 

↓混ぜ終わりの写真(水分が出てきた)

米麹を使った甘酒作り混ぜおわり

 

⑤布巾をかけ、鍋の蓋を少しずらしてかけ、鍋用の保温カバーをかけたり、毛布で包んだりして保温する。

 

⑥約1日経って、色が少し黄色みを帯び、甘さが感じられるようになったら完成。

保存容器に移して、冷蔵庫で保管し、約2週間で使い切るようにする。

 

↓1日発酵させたもの。ところどころ黄色みを帯びて、甘くなりました。

米麹から甘酒作り完成

 

詳しい作り方はこちら

 

酒粕から作る甘酒

 

↓今回は、こちらの酒粕を使って作ってみました。

山田酒造沢の鶴酒粕

出典イオンネットスーパー

 

材料

酒粕 100g

水 400ml

砂糖 大さじ3杯

 

作り方

①鍋に小さくちぎった酒粕、水、砂糖を入れて煮る。

 

酒粕から甘酒づくり

 

②酒粕が溶けたら完成です。

 

味見をして、甘味が足りなければ砂糖を足してください。

 

↓5分もしないうちに溶けました。甘さ控えめなので、私は大さじ1杯砂糖を追加しました。

酒粕から甘酒づくり完成

 

手作りはちょっと面倒…市販の甘酒を比べてみました

 

子どもと一緒に飲みたいけれど、麹甘酒をつくるのは面倒…

毎日飲むわけではなく、たまに飲みたい!!

 

という方には、市販の甘酒がオススメです。

 

各メーカーがこだわって作っているので、同じ甘酒でも味や風味が全く違います。

 

自分好みの甘酒を見つけてみませんか?

 

森永製菓

森永製菓 甘酒 190g

1974年に販売された、歴史ある甘酒です。

 

酒粕と米麹の両方をブレンドし、酒粕のコクと米麹の甘味の両方を感じられます。

米麹の粒の食感と、のどごしも特徴の1つ。

 

森永製菓 冷やし甘酒 190g

春夏限定で毎年販売されている冷やし甘酒です。

夏場でも飲みやすいように、スッキリ後切れ感のある味わいです。

 

塩を入れてあるので、熱中症予防にもオススメです。

 

森永製菓 甘酒<しょうが> 190g

酒粕と米麹をブレンドしたこだわりの甘酒にしょうがを入れた商品です。

 

夏は冷やして飲むとピリッとしてさっぱりとした味わい、冬は温めて飲むと、体の芯からぽかぽかになります。

 

森永製菓 森永のやさしい米麹甘酒 125ml

森永製菓の甘酒の特徴は、酒粕と米麹をこだわりの比率でブレンドしているところなのですが、酒粕を使っているため、アルコールがわずかに含まれています。

 

しかし、こちらの商品は、アルコールが飲めない方向けに米麹と食塩だけで作られているので、妊婦さんや小さいお子さんも安心して飲めます。

 

米麹の自然な甘さが楽しめる商品です。

 

森永製菓では、今ご紹介したもの以外でも、粉末タイプの甘酒や、期間限定の甘酒が多数あります。

 

森永製菓の甘酒をもっと詳しく知りたい方はこちら

 

マルコメ プラス麹

マルコメ プラス糀 米糀からつくった糀甘酒 125ml

マルコメの甘酒の特徴は、米麹を使い、砂糖やアルコールを含まない、自然な甘味のある甘酒であるというところ。

 

容器が紙製なので、蓋を開けたらそのまま電子レンジで温められて便利です。

ゴミも捨てやすく、リサイクルもできます。

 

マルコメ プラス糀 糀甘酒 生姜ブレンド 125ml

麹甘酒にしょうがをブレンドした商品です。

香り高いしょうがと、米麹の自然な甘さを楽しめます。

 

マルコメ プラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンド 125ml

麹甘酒に豆乳をブレンドした商品です。

豆乳が入ったことで、すっきりと飲みやすい味になっています。

 

また、麹甘酒にはたんぱく質が少ないですが、豆乳が入ったことで、大豆たんぱく質がプラスされ、栄養面でも充実した商品になっています。

 

マルコメ プラス糀 米糀の甘酒ゼリー 160g

米麹甘酒をゼリーにした商品です。

ワンハンドで手軽に飲むことができ、ゼリーにすることでさらにスッキリ飲みやすい味になっています。

 

1つあたり106Kcal。

凍らせても飲むことができるので、夏場のアイス替わりにすると、ダイエットにもいいですね。

 

マルコメ プラス麹シリーズでは、他にも容量が大きいタイプの商品や、リンゴ、柚をブレンドした商品、コンビニ限定の麹ラテなど、たくさんの甘酒が販売されています。

 

マルコメ プラス麹シリーズの甘酒をもっと詳しく知りたい方はこちら

 

今回は比較的手に入れやすい、大手メーカーの甘酒をご紹介しましたが、日本酒を製造している酒蔵が販売しているケースも多いです。

 

地域によって、販売されている甘酒も違うと思うので、ぜひスーパーに行ってチェックしてみてください。

 

苦手な方でも大丈夫!?甘酒の飲み方

 

甘酒の独特な風味が苦手…という方も多いですよね。

 

ここまで、甘酒についてご紹介してきましたが、実は私もあまり甘酒は得意ではありません。

 

しかし、少しアレンジを加えることで、独特な風味が緩和され、飲みやすくなります。

 

甘酒のホットレモネード

甘酒のホットレモネード

出典マルコメ

 

温めた甘酒380mlにレモン汁大さじ2杯を加える。

お好みで輪切りのレモンを浮かべる。

 

すりおろしりんごと甘酒のホットドリンク

すりおろしりんごと甘酒のホットドリンク

出典マルコメ

 

甘酒250mlを沸騰直前まで加熱し、すりおろしたリンゴ(1/2個分)を加えて温める。

 

甘酒と梅のホットドリンク

甘酒と梅のホットドリンク

出典マルコメ

 

甘酒250mlに対して種を除いて潰した梅干2個を加え、沸騰直前まで温める。

 

甘酒で飲むヨーグルト

麹甘酒で飲むヨーグルト

出典マルコメ

甘酒125mlに対してヨーグルト大さじ3杯と、潰したいちごやミカンの果汁(大さじ3杯)を混ぜる。

 

 

トマト甘酒

トマト甘酒

出典森永製菓

 

冷やした甘酒190mlに対して、トマトジュースを50ml混ぜる。

 

甘酒を使ったアレンジレシピ

 

ここまで、ドリンクとして飲む甘酒をご紹介してきましたが、実は甘酒は料理やお菓子作りにも使うことができます。

 

ここからは、甘酒と使ったレシピをご紹介します。

 

甘酒ぞうすい

甘酒ぞうすい

出典森永製菓

材料

甘酒 190ml

ごはん 200g

白菜 1枚

大根 40g

かぼちゃ 40g

人参 15g

しめじ 1/2パック

だし汁 250ml

味噌 大さじ2杯

青ネギ 適量

 

作り方

①白菜は拍子切り、大根・カボチャ・人参はいちょう切り、しめじは石づきを取ってほぐす。

 

②鍋に①、甘酒、だし汁を入れて煮る。

 

③ご飯を加えてさらに煮立たせ、味噌を溶き入れる。

 

④器に盛り、青ネギをちらす。

詳しい作り方はこちら

甘酒フレンチトースト

甘酒フレンチトースト

出典森永製菓

材料

甘酒 190ml

食パン 3枚

卵 3個

バター 少々

砂糖・メープルシロップ お好みで

 

作り方

①食パンを1/4に切り、バットに並べる。

 

②ボウルに卵を割りほぐし、甘酒を加えて混ぜる。

 

③①にバットに②を流し入れ、冷蔵庫で2時間以上置く。

 

④フライパンにバターを溶かし、③を焼く。

 

⑤お好みで砂糖やメープルシロップをかける。

詳しい作り方はこちら

 

冷やし甘酒のクラッシュアイス

冷やし甘酒のクラッシュアイス

出典森永製菓

材料

甘酒 95ml

ヨーグルト 50g

冷凍ミックスベリー 50g

キウイフルーツ 1/4個

お好みのナッツ 適量

 

作り方

①ボールに甘酒とヨーグルトを加えてよく混ぜ、バットに厚さ1cmくらいになるように流し入れる。

 

②①にフルーツやナッツを並べ、冷凍庫で冷やし固め、適当な大きさに割る。

詳しい作り方はこちら

 

ふわふわ甘酒ムース

ふわふわ甘酒ムース

出典森永製菓

材料

甘酒 300ml

粉末ゼラチン 5g

牛乳 100ml

生クリーム 150ml

いちご 1個

 

作り方

①温めた牛乳にゼラチンを加えて混ぜる。

 

②甘酒を加えて混ぜ、少し冷ます。

 

③7分立てにした生クリームを②に混ぜ、容器に移して冷やし固める。

 

④いちごを切り、トッピングする。

詳しい作り方はこちら

 

甘酒レシピを実際に試してみました

 

甘酒フレンチトースト

甘酒フレンチトーストを作ってみた

朝食用にと、前日夜から卵液に浸していたため、食パンにしっかり卵液が浸透。

トロトロ食感でおいしかったです。

 

おやつではなく、朝食として食べたかったので、砂糖やメープルシロップなしで食べましたが、甘酒のやさしい甘さがほんのり感じられて良かったです。

 

甘すぎないので、食事として食べるには普通の砂糖を使ったフレンチトーストよりも向いているかも!?

 

ハムやチーズを挟んで、クロックムッシュ風にしても美味しそうです。

 

冷やし甘酒のクラッシュアイス

冷やし甘酒のクラッシュアイスを作ってみた

とにかく簡単につくれて、味もおいしい!!

 

今回は、冷凍パイナップルと冷凍ブルーベリー、ミックスナッツを入れて作りました。

 

のんびり作っていたせいか、作った日が暑かったせいか、トッピングしている間にブルーベリーが溶けはじめてしまいましたが、ベースの白と混じって、綺麗なマーブル模様になりました。

 

砂糖も卵も生クリームも使わずに作れるので、ダイエット中や、アレルギーがある方も安心して食べられます。

 

一度にたくさん作れるので、1切れずつラップに包んで、小分け冷凍しておくと、好きなときに食べられて便利そうです。

 

甘酒の冷汁風(甘酒ぞうすいをアレンジ)

甘酒の冷汁風(甘酒ぞうすいアレンジ)を作ってみた

試作日は35℃を超える猛暑日!!

ぞうすいを冷汁にアレンジしてみました。

 

出汁と甘酒、味噌の分量はそのままで、たっぷりのすりごまを投入。

具は、薄くスライスしたきゅうりとオクラ、トマトを入れました。

 

火を一切使わずに、ボウルに材料を全て入れて混ぜただけで出来るので、簡単!

 

冷や飯にたっぷりかけて、鰹節をトッピングしたら、暑い日も乗り切れる!!

甘酒が入ったことで、マイルドなうま味がプラスされ、美味しかったです。

 

まとめ

 

今回は美容や健康にも良い、甘酒についてご紹介してきました。

 

栄養たっぷりで、いろいろな効果が期待できるので、飲み続けたいですね。

 

甘酒が苦手な私も、アレンジレシピはとっても美味しくいただくことができました。

苦手で諦めていた方も、使いかた次第でいくらでも甘酒を楽しめると思います。

 

甘酒の飲み方やレシピは、甘酒を販売している森永製菓やマルコメのホームページにたくさん掲載されているので、ぜひご覧ください。

 

森永製菓甘酒レシピはこちら

マルコメ甘酒レシピはこちら

参考文献

森永製菓ホームページ

マルコメホームページ

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます↓

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA