1. TOP
  2. 自宅でもここまでできる!黄ばんだ歯を白くする方法を徹底解説!!!

自宅でもここまでできる!黄ばんだ歯を白くする方法を徹底解説!!!

 2018/06/20 健康
311 Views

テレビに映る芸能人の白く輝く歯に一度は憧れたことはありませんか?

白く輝く歯は素敵な笑顔をさらに華やかにしてくれて、その人をキラキラとさせてくれます。

 

逆に鏡で自分の歯をみて”最近なんだか歯が黄ばんできたな”と感じて、肩を落としている人もいるかもしれません。

もう年だから…芸能人はお金をかけているから…と、諦めている人もいるかもしれまん。

 

ちょっと待ってください!歯の黄ばみの原因は年齢だけではないのです。

歯の黄ばみの原因を理解して、適切な対策をすればまだ間に合うかもしれません。

 

今回は歯科衛生士である筆者が、歯が黄ばむ原因、そして歯を白くする方法をご紹介します。

憧れの白い歯を手に入れましょう!!!

 

Sponsored Link



 

 

歯を黄ばませる着色の原因とは?

コーヒーチョコレート

日本人は白人、黒人に比べると元から黄色い歯をしていると言われています。

歯はエナメル質という白く見える部分と、内部の象牙質と歯髄という神経で構成されています。

 

象牙質の色がエナメル質から透けて見えることで完全に真っ白というわけではなく、自然な歯の色を作り出しているのです。

そして、エナメル質の厚さや質、象牙質の色は個人差があるため、歯の色にも個人差があると言われています。

 

みなさんは歯の「着色」って聞いたことはありますか?

CMなどでステインという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

着色とは、歯の表面に付着する色素沈着のことで、歯を黄ばませる大きな原因のひとつです。

色素沈着によって、歯の色が白くなくなってしまう原因をご説明します。

 

1.食事や生活習慣から付着する着色

タバコや色の濃い飲食物などから習慣的に付着する着色で、多くの歯の黄ばみの原因といえるでしょう。

 

例えばコーヒーや紅茶、ワインなどの色の濃い飲み物がそれにあたります。

カレーやチョコレートなどの食べ物でも付着すると言われています。

また、漢方薬を服用している方にも歯の着色が見られる場合があります。

 

この着色であれば比較的簡単に白い歯を取り戻せることがほとんどです。

 

2.先天的な歯の色、後天的な歯の変色

こちらは表面に付着する着色とは違い、歯自体の色の問題です。

 

・先天的な歯の色

「エナメル質形成不全」といって、部分的に黄色っぽい歯が生えてくることがあります。

 

・後天的な歯の変色

幼少期にテトラサイクリン系抗生物質を服用したことにより、永久歯が黒や緑ぽい色になって生えてくることがあります。

また、歯を強打し打撲したことによって「歯髄」という神経が死んでしまったり、神経をとる治療をした歯の色がだんだん暗くなってくることもあります。

 

もちろん年齢的なエナメル質の磨耗、象牙質の色の黄ばみが原因の場合もあります。

これらは歯の表面ではなく、内部の黄ばみや色の変化が原因になります。

 

では、ここからは具体的に歯を白くする方法をご紹介します。

 

歯の着色を落とす方法

歯ブラシ

 

歯の表面の着色を落とすものにはどんなものがあるのでしょうか。

手軽にできるものからご紹介します。

 

1. ホワイトニング用歯磨き粉の使用

最近では市販のものでもホワイトニング効果をうたった歯磨き粉がたくさん販売されています。

研磨剤が入ったものや、薬用成分が着色を浮かし落としてくれるものまであります。

これによって、自分で手軽に着色を落としたり、汚れを付きにくくすることができます。

 

歯磨き粉によって、使用方法や使用頻度に違いがありますので注意してください。

このような歯磨き粉は、磨けば磨いた分だけ効果があるものではありません。

 

過度に使用すると歯茎を傷つけてしまう原因にもなりかねません。

また、エナメル質に傷をつけて逆に汚れが付きやすくなったり、最悪のケースですと、エナメル質が削れてしまい象牙質の色が透けてより黄ばんだ歯になってしまう恐れもあります。

 

たかが歯磨き粉と思わず、用法容量を必ず守ることが大切です。

関連記事↓

 

2.歯科医院でのクリーニング(PMTC)を受ける

こちらは歯科医院にて歯科衛生士が行うプロフェッショナルケアになります。

「PMTC」とは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略称で、歯石除去とともに表面の汚れを機械を用いて磨きます。

 

医院によって使用する機械などは異なりますが、機械的に歯面清掃をすることより着色以外にも細菌の層であるバイオフィルムまで除去できるものです。

仕上げに歯の表面の微細な傷を磨いて滑沢にすることで着色も付着しにくくなります。

 

定期的なクリーニングを受けることで白い歯を維持できるだけでなく、歯周病や虫歯リスクも減り、一石二鳥で一番オススメの方法です。

 

3.歯の消しゴムで着色を落とす

ドラックストアなどでは、歯を白くするスティック状の歯の消しゴムが販売されています。

研磨剤で歯を擦ることで着色を取り除き、歯を白くします。

 

とても手軽な方法ですが、先ほど説明した歯磨き粉と同じように、これも着色を「削り落とす」ものなのでやりすぎは禁物です。

 

キシリトール配合トゥースティックダブル 2本セット 天然ハッカの香り

キシリトール配合トゥースティックダブル 2本セット 天然ハッカの香り

 

JDBネットワーク ステインバスター

JDBネットワーク ステインバスター

 

 

クリアデント歯のピーリングスポンジ

クリアデント歯のピーリングスポンジ

 

4.セルフホワイトニング

セルフホワイトニングとは、「ホワイトニング」と言っても薬液で表面の色素沈着を落とすものなので、歯の漂白作用はありません。

 

歯科医院主体で行う医療行為のホワイトニングとは異なり、セルフホワイトニングは資格、免許を保有しないエステサロンなどで行われています。

お客さんご自身が薬剤の塗布からライトの照射までのすべての作業を行います。

 

医療行為のホワイトニングとの大きな違いは、使用できる機材、薬剤です。

 

歯科医院で行うホワイトニングの薬剤が医療品なのに比べ、エステサロンのホワイトニング剤はポリリン酸ナトリウムや炭酸ナトリウムなどの、ホワイトニング用歯磨き粉にも含まれる成分が主体であるため、資格がなくても取り扱いが可能なのです。

また、照射するライトの種類も歯科医院とは異なります。

 

セルフホワイトニングは医療行為として行うホワイトニングに比べると安価で、相場としては3千円〜5万円程度です。

色の持続は1ヶ月程度と短いですが、安価なため継続的なホワイトニングが手軽にできます。

 

5.ホワイトニングキットを使う

市販されているキットを使って自宅でホワイトニングを行う方法です。

薬剤とマウスピース、LEDライトがセットになった専用キットが販売されています。

 

薬剤は酸化チタンやハイドロキシアパタイトなどが含有され、着色を除去、付着しにくくしてくれるものです。

使用方法は、歯磨きのあとにホワイトニングジェルを歯に直接塗布、またはマウスピースに塗布し、LEDライトを照射するだけです。

 

約10分程の時間できるため、エステサロンのセルフホワイトニングよりも手軽にできます。

 

truewhite 2-person Advancedプラスホワイトニングキット

truewhite 2-person Advancedプラスホワイトニングキット

 

 

ホワイトニングキット 歯磨き粉 ジェル ホワイトニングLEDライト 専用ジェル10本歯科用トレー 2個付き

ホワイトニングキット 歯磨き粉 ジェル ホワイトニングLEDライト 専用ジェル10本歯科用トレー 2個付き

 

KIDS HOUSE シリンジゲル 10個 美白歯 ホワイトニング オーラルケア 熱成形トレイ 2個 ライト付き

KIDS HOUSE シリンジゲル 10個 美白歯 ホワイトニング オーラルケア 熱成形トレイ 2個 ライト付き

 

 

歯の内部からの漂白で白くする方法

カウンセリング

歯の表面の色素沈着を除去しただけでは白くすることが難しい歯や、その人のもつ本来の歯の色自体を白くしたい場合には、内部から漂白をする必要があります。

 

1.オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で行われている歯の象牙質の色を漂白するホワイトニング方法です。

医薬品に分類される過酸化水素や過酸化尿素が主成分の薬剤を歯面に直接塗布し、専用のライトを照射して漂白するものです。

 

オフィスホワイトニングを受けるためには、事前に歯科医院でカウンセリングを受ける必要があります。

事前のカウンセリングの内容は以下のようなものになります。

 

・お口の中がホワイトニング効果の得られる状態かどうか?

被せ物などの人工物が入っていたり、神経のない歯はこの方法では白くなりません。

このような歯がある場合は施術部位が限定されたり、施術後に色の差ができてしまった場合は、被せ物の作り直しや詰め物のつめ直しが必要になります。

 

・施術部位に治療が必要な虫歯、知覚過敏はあるか?

虫歯や知覚過敏があるとホワイトニング薬剤がしみてしまいます。

そのため事前に治療が必要になる場合があります。

 

・歯の表面に色素沈着、歯石の沈着はないか

色素沈着や歯石の沈着があるとホワイトニング効果が得られないため、事前のクリーニングが必要です。

また、歯石沈着による歯周病がひどい場合は、先に治療が必要になる場合もあります。

 

オフィスホワイトニングは、ホワイトニング剤の濃度によって効果に違いがあります。

薬剤や医院によってやり方はさまざまですが、一回の施術で2〜3回の照射を繰り返し行います。

 

ライトの照射や薬液で日焼けや火傷のようになってしまうのを防ぐため、歯茎に保護剤を塗ったり、フェイスカバーをつけたりと下準備が必要になります。

そのため、施術時間は1〜2時間ほどかかかりますが、一回の施術で白さを実感することができます。

 

例えば、近いうちに結婚式があるのですぐに歯を白くしたい人など、期限が迫っている人には最適の方法といえるでしょう。

しかし、一回の施術で白くなるかわりに、「後戻り」と言って元の色に戻るのも比較的早いと言われています。

 

急激に漂白をするため、漂白の持続効果も戻るのが早いというわけです。

それでも3ヶ月〜半年は持続すると言われています。

 

オフィスホワイトニングの注意事項として、個人差はありますが施術後に痛みを感じる場合があります。

日常生活に支障のない程度の痛みであることがほとんどですが、痛みが強い場合は痛み止めの服用で対処する場合があります。

 

筆者が35%濃度の薬剤で施術を受けた日には、徐々にズキーンと痛む頻度が増え、その日は眠るまではズキズキと強い痛みを感じました。

それは痛み止めが効かないほどの強い痛みでしたが、私自身が施術した患者さんでここまでの痛みを訴えた方はいらっしゃいません。

なので、色の変化同様、個人差があると思ってください。

 

そして、ホワイトニング後の飲食や喫煙にも注意してください。

ホワイトニング直後はホワイトニング前に比べると、着色しやすいと言われています。

最低でも24時間は喫煙や色の濃い飲食物、酸性の強い飲食物は控えていただくほうが安心とされています。

 

オフィスホワイトニングは自由診療のため、医院によって費用は異なります。

相場としては1万円台〜5万円と幅があります。

 

2. ホームホワイトニング

ホームホワイトニングはご自宅で行うホワイトニング方法です。

オフィスホワイトニング同様、事前のカウンセリング、クリーニングが必要になります。

 

その後、ご自身の口に合った「マウストレー」を作ります。

マウストレーは粘土のような材料で歯型をとり、約1週間〜10日ほどでできあがります。

 

オフィスホワイトニングと同じく、医院によって薬剤も違えばその濃度も違います。

多くは10%〜35%程度が主流だと思います。

 

ホームホワイトニングを行う際は、事前に歯磨きを済ませて口腔内を清潔な状態にし、マウストレーの内側に1本の歯に対して米粒程度のホワイトニングジェルをつけて装着します。

 

ホームホワイトニング単体で行う場合は、最低でも2週間は毎日行います。

1日2時間以上行うと効果が実感できるでしょう。

ホワイトニングジェルの薬剤の濃度が高くなれば時間は短くしても問題ありません。

 

当然ですがホームホワイトニング中、マウストレーがお口の中にあるときは飲食を控えなければいけません。

中には忙しく2時間以上も時間が取れないという方もいらっしゃると思います。

 

そのような方には就寝時に使用すればよいでしょう。

就寝中であれば日中に時間がなくても、ホワイトニングを2時間以上行うことができます。

 

ですが、歯ぎしりなどをされる方は注意が必要です。

歯ぎしりにより、マウストレーに穴があいてしまう場合があるためです。

穴のあく場所によってはマウストレーの作り直しが必要になる場合もありますので、注意してみてください。

 

ホームホワイトニング後も歯磨きを行い、マウストレーも変形しないよう指導された通りに取り扱い、清潔に保管しましょう。

 

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングと異なり、時間をかけて徐々に歯の色を漂白していきます。

そのため、「自然に歯の色を白くしたい」、「ホワイトニングをしていることが人にバレたくない」という方にはオススメです。

 

徐々に漂白していく分、後戻りのスピードもゆっくりだと言われています。

オフィスホワイトニングが3ヶ月〜半年と言われているのにくらべ、ホームホワイトニングは半年〜1年程度持続すると言われています。

 

もちろん個人差があります。

また、ホームホワイトニングは一度マウストレーを作製しておけば、薬液の追加購入で継続的な使用が可能です。

 

ホームホワイトニングでも、濃度によっては痛みやでたりしみたりしますが、薬剤の濃度の変更すれば症状を緩和させることができます。

歯科医師、歯科衛生士と相談しながら、目指す色の白さも踏まえてご自身にあった濃度をみつけてみましょう。

 

オフィスホワイトニング同様、ホームホワイトニング直後の喫煙、色の濃い飲食物、酸性の強い飲食物は控えたほうが安心です。

 

ホームホワイトニングもオフィスホワイトニングと同様に自由診療になります。

相場としては1万円台〜4万円程度です。

 

3.デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法のことです。

 

デュアルホワイトニングでは、即効性のあるオフィスホワイトニングとじっくり時間をかけるホームホワイトニングの双方の効果をうまく利用する方法です。

オフィスホワイトニングで白くした歯をホームホワイトニングの継続でより白くすることで、歯の白さを持続させることができます。

 

一番効果のありおすすめできるホワイトニング方法です。

実際、筆者の勤める歯科医院では一番多く選ばれているホワイトニング方法です。

定期検診のたびにホームホワイトニングジェルを追加して、継続的な使用をしている患者さんの笑顔は白く輝く歯が眩しいほどです。

 

デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つの施術を行うため、相場は2万円台〜8万円と高めになります。

 

4.ホワイトニングテープを使ったホワイトニング

ホワイトニングテープは日本での認知度はまだまだ低いものですが、アメリカではメジャーなセルフホワイトニング方法です。

前述したエステサロンで行うセルフホワイトニングとは違い、過酸化水素が10%程度含有されているため、歯の内部から漂白することができます。

 

日本での認知度が低い原因としては、過酸化水素の含有量から薬事法の関係で認可が下りていないためです。

そのため、ホワイトニングテープはネット上の輸入販売業者から購入することになります。

 

使用方法は、ホワイトニングテープを歯に直接貼るだけという簡単なものです。

歯並びが悪かったり、歯が重なっているようなところは、テープに切り込みを入れたりして歯面に合わせてピタッと貼り付けてください。

 

30分程度の使用後、ブラッシングをして終了です。

ホームホワイトニング同様、初めのうちは継続的な使用で白さを実感できるでしょう。

 

Sponsored Link



 

 

ホワイトニングだけでは白くならない歯には

口元を隠す女性

ホワイトニングは生活歯(せいかつし)といって、神経のある歯が適応となります。

神経のない失活歯(しっかつし)はホワイトニングでは白くはなりません。

せいぜいトーンが明るくなる程度です。

 

失活歯以外にも、前述したテトラサイクリン歯(抗生物質の服用によって黒や緑っぽい永久歯が生えてくる)なども白くなりません。

だからといって諦める必要はありません。

 

そのような歯でも白くすることが可能です。

 

1.ウォーキングブリーチ

失活歯に対する漂白方法です。

歩いていても(普段通りの生活の中でも)漂白できるということが名前の由来です。

 

失活歯は神経を失ってしまったことで血流がなくなり、栄養が行き届かなくなってしまった枯れ木のような状態です。

打撲や神経をとる処置にの際、神経(歯髄)からの出血が原因となり着色物質が生成されることで象牙質が黒っぽくなります。

 

そのため、長い年月をかけて歯の変色が進むことがあります。

もちろんその度合いには個人差があります。

 

完全に真っ白にすることまでは難しいのですが、この漂白方法であれば効果を実感できるかと思います。

 

ウォーキングブリーチの施術は歯科医院で行います。

歯の内部に問題がある場合は、事前に根管治療が必要になります。

 

対象歯の裏側に穴を開け、その中に薬剤(過酸化水素と過ホウ酸ナトリウム)を入れて仮の蓋をします。

色の変化をみながら1週間ごとに薬剤を入れ替え、満足な白さになったところで薬剤を取り出し、穴に最終的な蓋をして治療終了となります。

 

費用は医院によって様々で、薬の入れ替えのたびに料金がかかる場合もあれば、一本の歯の治療終了までは固定料金の医院もあります。

 

ウォーキングブリーチも他のホワイトニング同様に後戻りもあります。

 

2.クラウンによる修復

「クラウン」とは被せ物のことです。

自身の歯を土台として削る、もしくは新たに土台を立ててそれに被せ物を作っていくというものです。

 

クラウンは様々な材質から選択できるため、ご自身の予算にあったものを選択することができます。

ですが、素材によってはまた着色してきてしまうもの、耐変色性の低いもの(変色しやすいもの)もあるので注意が必要です。

 

プラスチックが配合されていると、水分を吸収してしまうため経年変化で着色・変色してくる可能性が少なからずあります。

歯科医院からよく説明を受けて選択するべきですが、セラミックやジルコニアといった素材は着色、変色の心配はないといえるでしょう。

 

また、金属が使われているものだと「メタルタトゥー」と呼ばれる、歯茎が黒ずんでくることもあるので、金属を含まない材料を選びましょう。

このホワイトニング方法も自由診療になりますので、セラミック製のクラウンにした場合は高価になります。

 

3.ラミネートベニア修復

「ラミネートベニア」とは歯の表面を一層けずり、セラミック製のチップやシェルといわれるものを接着するものです。

イメージとしてはつけ爪のようなものです。

 

クラウンに比べると歯を削る量が少ないことが特徴です。

こちらも自由診療になりますので、医院によって費用は様々です。

4.レジンダイレクトベニア修復

こちらは「コンポジットレジン」と呼ばれる樹脂を歯の表面に盛り付けることで白くすることができます。

 

この方法では歯の型取りなどが不要なため、一回の治療で白くすることが可能で、ラミネートベニア修復よりも歯を削る量は少ないといわれています。

ですが、樹脂はラミネートベニアに比べると色調や耐久性、耐変色性も劣ります。

 

費用はクラウンやラミネートベニアに比べるととても安価にできます。

 

白い歯を維持していくためには

加熱式たばこを吸うビジネスマン

 

憧れの白く輝く歯をせっかく手に入れたからにはその白さを持続させたいものですよね。

では、具体的にその方法をご紹介します。

 

1.生活習慣に気をつかう

やはり白く維持をするにはまずは色素沈着をなるべく付着させないことが大切になってきます。

 

タバコはもちろん、飲食物にも気をつけたいものです。

最近いろいろな種類の加熱式タバコが販売されていますが、葉巻タバコに比べて着色しにくいといわれています。

 

色の濃い飲み物や食べ物、タバコなどを控えられればベストです。

これがどうしても難しいのであれば、食後や喫煙後に水を飲んだり口をゆすぐだけでも効果はあります。

 

せっかく手に入れた念願の白い歯です。

少しの手間を惜しまなければ白い歯を保つことができます。

 

2.ホワイトニング用歯磨き粉の使用

ホワイトニング用の歯磨きは、歯を白くすると同時に歯を白く保ってくれます。

普通の歯磨き粉に比べれば、研磨剤の量や薬用成分の種類も異なるため、汚れを浮かし落としてくれたり、付着しにくくしてくれます。

 

歯が白くなってからも継続することで、色の白さを持続させることができます。

 

黄ばみを落とし白い歯にするとき同様、使用方法や頻度を守って使いましょう。

せっかく白くなった歯に傷をつけて色素沈着のしやすいさせてしまったり、象牙質の色が透けて黄ばんで見えてしまってはもったいありません。

 

3.ホームホワイトニングを継続する

筆者一番のオススメの方法です。

やはりホームホワイトニングを継続することが安心、かつ確実な方法だと思います。

 

一度白くなった歯を継続するためならば、毎日行う必要はありません。

ご自身の気の向いた時、都合のいい時、少し後戻りを感じ始めた時に使用するだけで大丈夫です。

 

すでにマウストレーがあるのでホワイトニングジェルの追加購入だけで済むため、費用面の問題も少ないでしょう。

定期検診のクリーニングで医院に行ったついでに購入すると継続しやすいですね。

 

危険!?歯を白くする迷信

レモンを持つ手

インターネットが普及したことで、様々な歯を白くするための情報が飛び交うようになりました。

 

手軽に自宅でき、安価に済む方法がたくさん紹介されています。

こんなことで歯が白くなるならば…と、ついつい信じてしまいがちです。

 

ですが、実はとても怖い情報ばかりです!!!

取り返しのつかなくなる前に、もし行なっているものがあれば今すぐやめましょう!

 

1.重曹で歯磨きをする

重曹といえば、お掃除にも使われる洗浄力の強いものとして有名です。

そんな重曹を使えば歯が白くなる!と思えるかもしれません。

 

重曹は研磨効果が強く、それを歯ブラシにつけてゴシゴシ磨けば汚れも着色も削れ落、歯が白くなるでしょう。

ですが、それは自歯のエナメル質に傷をつけて汚れが付着しやすくするだけでなく、エナメル質を自体の厚みを削り取ってしまうことになります。

 

継続していけば、エナメル質の下の象牙質の色が透け、どんどん黄ばんだ歯になってしまうことにもつながりかねません。

 

また、酸性食品+重曹を使った方法も紹介されていました。

酸性食品の酸が歯を溶かし、研磨効果の強い重曹でこすったら…想像するだけでも恐ろしいです。

 

絶対に真似しないでください。

重曹をお口のケアに使うこと自体が悪いわけではありません。

 

食後、酸性に傾いた口腔内をアルカリ性に中和してくれることで、脱臭効果があります。

歯磨きに使用するのではなく、うがいをするのに使ってみることは理にかなった使い方です。

 

2.フルーツの皮で歯をこする

レモンやいちご、バナナの皮で歯をこすると白くなるという噂もあります。

レモンのクエン酸、いちごやバナナのフルーツ酸がエナメル質を溶かすため、こちらもオススメできません。

 

最近問題視されている疾患として、虫歯、歯周病と並んで”酸蝕症”という疾患があります。

酸蝕症は食品中の酸が歯を溶かしてしまい、しみてしまったり、歯が黄色くなるものです。

 

白くなると思って一生懸命こすっても、逆に歯を黄色くしてしまう行為を続けているようなものなのです。

 

3.メラミンスポンジでこする

お掃除などに使われるメラミンスポンジ。

手軽に100円均一などでも手に入るものです。

 

擦るだけで家中の汚れを落としてくれるように、歯も白くなるような気がするかもしれません。

実際、知人がこの情報を信じて実践してみたところ白くなったそうです。

 

ですが、あんなに柔らかいメラミンスポンジでも研磨効果はとても強く、エナメル質が削れてしまうことになります。

そのため、絶対にやってはいけない噂のひとつです。

 

Sponsored Link



 

 

歯を白くする方法のまとめ

女性口元

いかがでしたでしょうか。

歯が黄色くなる原因から白くする方法、怖い噂までご紹介しました。

 

手軽にできるセルフケアから歯科医院で行うプロフェッショナルケアまで、歯を白くする方法はたくさんあります。

一生懸命歯磨きをしても白くならないからと諦めていた歯の黄ばみが、実は簡単に白くなることもあります。

 

1人で悩んでいる人も、諦めている人も何かしら方法はあるはずです。

まずは手軽なものから始めてみるのはいかがでしょうか。

 

ご自身だけではどうしてもわからないことがあると思いますので、そんな時は気軽に歯科医院に足を運んでみてください。

歯科医師や歯科衛生士が持っているプロの知識で、あなたの歯を白くするお手伝いをすることができます。

 

ホワイトニングをしなくてもクリーニングだけでも構いません。

それだけでも白く輝く歯に一歩近づくことができます。

 

この記事を通して、1人の歯科衛生士として、白く輝く歯がみなさんの笑顔をさらに輝かせるお手伝いが出来たら幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

元山彩翔

元山彩翔

学生時代の歯科矯正治療の経験から自身も衛生士になり、今現在は勤務する歯科の中でも主任という立場で、歯科衛生士として働いています。

クリーニングや歯周治療、予防歯科をメインに小さいお子さんからご年配の方まで患者担当制の”かかりつけ衛生士”として患者さん一人一人のライフスタイルに寄り添い、日々向き合っております。

歯科衛生士以外にも調理師免許も所有しており、趣味程度ながら料理、製菓作りでストレス発散しています。

他にも…
衛生士でありながらネイル、ショッピング、ガーデニング、読書、音楽(フェス)、マリンスポーツ、車・バイクなどなど。
動物も大好きで、おちゃめな黒いミニチュアシュナウザーと食いしん坊の巨大な和金が家族です。
TDRにもよく行きます。

趣味を通して、ストレスフルな日常でも上手に息抜きをしております。


結婚もしていてフルタイム衛生士でも、家事、趣味、仕事とうまく手抜きをしながら両立しています。

歯科衛生士、調理師、主婦色々な立場からみなさまのお役に立てるような情報を提供していけたらと思っています。

まだまだ初心者ライターではありますが、またやりがいを感じる趣味の一つとして頑張っていきたいと思います!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 口コミで評判のこうじ酵素でダイエット!その効果や飲み方・副作用は?

  • 口コミで評判の全米でブームの燃焼系菌ドリンク!コンブチャクレンズ効果で本当に痩せれるか体験談

  • ゼクシィ恋結びで出会い、結婚へ。経験者が語るゼクシィ恋結びの3つの特徴

  • 歯の黄ばみの原因はなに?自宅でホワイトニングできる方法をご紹介

関連記事

  • ダイエットの停滞期をうまく乗り越えるためにチートデイという食事改革を設けよう!

  • 優光泉(ゆうこうせん)で体内から綺麗に痩せる飲み方!ファスティング&置き換えダイエット

  • デブ菌・痩せ菌とは?痩せ菌の増やし方、デブ菌の減らし方!おすすめのサプリランキング

  • NY発のオシャレなパワーサラダは自宅で作れる!?パワーサラダで健康・美容・ダイエットを手に入れよう!

  • 口コミで評判の最強のダイエット漢方薬?!生漢煎・防風通聖散エキス顆粒の効果の体験談

  • 口コミで話題のコンビニダイエットってどうやるの?効果を出すために選ぶヘルシー商品はこれだった!