お茶の効果効能でダイエットしよう!おすすめの人気お茶ランキング!

皆さんは日頃からお茶を飲んでいますか?

 

私たちは毎日水分を飲みますが、何を飲むかで体質は変わってきます。

お水やお茶を飲む方もいれば、ジュースやお酒ばかり飲んでいる方もいらっしゃいます。

 

しかし、ダイエットを考えているのであれば、糖分の入った飲み物は控えなければいけません。

私はダイエットや美容効果を意識するまでは、ジュースや甘い飲み物ばかりを飲んでいたことがあります。

そうしていると、吹き出物やニキビがでたり、そんなに食べていないのに体重が増加していることがしょっちゅうで、真剣に悩んでいた時期があります。

 

そこでダイエットや美容効果のあるお茶を色々試して飲んでいるうちに、徐々に悩みが解決していったのです。

普段の生活スタイルを変えずに体重や皮膚トラブルが解決したことは、私がお茶にはまっていくきっかけになりました。

料理研究家 茉子
この記事では私、 料理研究家 茉子が

・おススメのお茶の種類

・お茶の効果効能

・お茶の気を付けるべきポイント

・お茶の基礎知識

 

などを紹介していきます。

すぐに1番おすすめのお茶を知りたい方はこちらをクリック!

 

お茶ダイエットとは??

お茶

ダイエット効果の高いお茶を飲んでダイエットしよう!

というのがお茶ダイエットになります。

 

そもそもお茶はカロリーがなく、ジュースやお酒のようなカロリーを含む飲み物と比べると、ダイエットに最も適しています。

余分な砂糖や化学調味料が少ない傾向もみられるため、ダイエットだけでなく健康的な体作りをかなえてくれる夢のような飲み物なのです。

 

お茶にはそれぞれ、ダイエットに効果的な成分が含まれています。

 

例えば緑茶ですと、カテキンが含まれています。

カテキンとはお茶に含まれるポリフェノールの一種で、このカテキンが脂肪燃焼効果があるといわれています。

 

またウーロン茶には「烏龍茶重合ポリフェノール」と呼ばれる烏龍茶独自のポリフェノールが存在しています。

それが脂肪の吸収を抑えてくれて、中性脂肪が上昇するのを防いでくれます。

 

ほかに紅茶では、体質そのものを改善し痩せやすい身体を手に入れることができます。

 

このようにお茶に含まれている成分である、カテキンやポリフェノールにはダイエットをサポートしてくれる効果があり、ダイエットに適しています。

 

お茶ダイエットのやり方

お茶 ダイエット

お茶ダイエットのやり方とは

ジュースや甘い飲み物・お菓子を控えて、お茶を飲むようにする、置き換えダイエット方法のことです。

・小腹が空いたときにお菓子をつまむのではなくお茶を飲む

・朝起きた時・夜寝る前にお茶を飲む

・食事中にお茶を一緒に飲む

・外出・出勤時にはマイボトルにお茶を入れて持って行く

・ホットにして飲む。(体が温まり、燃焼効果を狙う)

 

これらを行うだけでカロリー摂取量が少なくなり、余分な間食を控えれることでダイエットにつながります。

またお茶の脂肪燃焼作用や美容効果も合わさることで、美しく・痩せやすい身体作りができます。

とても簡単にダイエットができて、美容にもいいので女性におすすめできます。

 

ダイエットに効果的なお茶とは?!

ではどのお茶がダイエットに効果的なのでしょうか?

お茶はすべてにおいてダイエットに最適な成分を含んでいるので、お茶毎にダイエット効果を詳しく紹介していきたいと思います。

緑茶

ダイエットの時に飲みたいお茶 緑茶

緑茶は日本人には親しみがありますが、緑茶の効能といえばカテキン成分です。

カテキンの働き

カテキンは食事と一緒に摂取することで、脂肪や糖質の吸収を抑制する働きがあるとされています。

普段の食事の際には緑茶を飲んでいると体への脂肪の吸収を抑えることができます。

 

またカテキンには強い抗酸化作用を持ち合わせており、免疫力の強化や風邪の予防効果・高血圧の予防・アレルギー症状の緩和・ガン予防効果などがあるとされます。

緑茶は発酵させていない為、ビタミンCが消失されず豊富に含有されており、ビタミン以外にもカルシウムやマグネシウム、食物繊維なども含まれています。

これらを合わせると、緑茶は生活習慣病などの太る原因や病気のもとをシャットダウンしてくれる優れものです。

 

まとめ:緑茶は脂肪燃焼だけでなく、体の調子を整えたり病気を予防してくれながら美容効果の高いビタミンを摂取できる健康茶といえますね。

 

ウーロン茶

ウーロン茶

烏龍茶(ウーロン茶)は中国から伝わるお茶です。

ポリフェノールの働き

カテキン・ポリフェノールがたっぷり含まれているウーロン茶には、糖分の吸収速度を緩める効果や、ポリフェノールによる体内の不要物を排出させる効果があるため、ダイエットに向いています。

 

烏龍茶には普通の水に比べてエネルギーの消費量が高いと言われています。

烏龍茶をたくさん飲んでもゼロカロリーですが、ウーロン茶を1杯飲むと約40キロカロリーのエネルギーを燃焼する効果が期待されています。

 

ほかには先述した烏龍茶重合ポリフェノールですが、食事の後に血液中の中性脂肪が上昇するのを防いでくれる効果があります。

中性脂肪は後から身体の脂肪に取り込まれてしまうので、中性脂肪を減らすことで身体に脂肪が付きにくくなります。

 

ウーロン茶にはほかにもさまざまな効果が多く含まれており、サポニンと呼ばれる抗酸化作用を持った成分が含まれていて、油分を分解する効果が期待されています。

サポニンの働き

サポニンには食べたものの油分だけでなく、腸管にある脂質も分解する働きや血中コレステロール値を下げる効果があります。

脂っこい食べ物の後はウーロン茶というのはすごく合っていたのです。

 

まとめ:ウーロン茶がダイエットに向いているのは、飲みながら脂肪燃焼と脂肪予防が両立している点が一番のメリットだと思っています。

 

紅茶

紅茶

紅茶にもさまざまな効果効能があります。

紅茶には発酵により「テアフラビン」という紅茶特有の赤い色素に変化します。

紅茶に含まれるテアフラビンには脂肪や糖分の吸収を阻害して血糖値を下げる作用があります。

またテアフラビンには殺菌力が非常に強く、風邪やインフルエンザの予防効果があります。

 

抗酸化力もあり、体内で強い抗酸化作用を発揮してガンの予防に役立ちます。

ほかにも紅茶にはカフェインが含有されており、中枢神経を刺激して脳を活性化することで集中力の向上や疲労回復・利尿作用・老化防止・脂肪分解作用などが期待できます。

 

まとめ:紅茶にはダイエットに効果的な脂肪分解があり、アンチエイジングや利尿作用によるむくみの防止にもなる万能茶なのです。

 

マテ茶

マテ茶

産地である南米では、嗜好品としても広く飲まれていますが、野菜の栽培が難しい高地などでは重要な栄養を摂取するためにも愛飲されています。

その成分は、鉄分、カルシウム、亜鉛、マグネシウムなどのミネラル、ビタミン、さらにはフラボノイドなどが豊富に含まれています

まさに、「飲むサラダ」と呼ばれるのも納得です。

さらに、カフェインなどの刺激が強い成分が少ないのも特徴です。

 

まとめ:マテ茶には野菜に似た成分が豊富に含まれており手軽にそれらを摂取出来ます。

 

プーアル茶

プーアル茶

中国原産の中国茶の一種で、脂肪吸収を抑える働きがあるためダイエット効果が期待されています。

 

プーアル茶には、緑茶にはない「重合型カテキン」という有効成分が含まれており、中性脂肪を燃えやすくしてくれるリパーゼという酵素を増やす働きがあります。

これは体内に蓄えられていた中性脂肪が、燃焼されるための準備の形である「遊離脂肪酸」というものに変化するので、日常生活などで脂肪が燃焼しやすくなるメリットがあります。

 

またプーアル茶には脂肪を吸収するのを予防してくれる働きがあります。

脂肪を乳化してしまう胆汁に結びついて、胆汁の働きを防ぐ働きがあります。

 

そうなると脂肪が消化・吸収されるのを防いでくれ、乳化されなかった脂肪はそのまま体外に排出されるので、中性脂肪が増える心配がありません。

プーアル茶には、もともと蓄えられてしまった中性脂肪を燃焼させ、それと同時に脂肪が蓄えられるのを防ぐ効果があるため、ダイエットにとても効果的なお茶になります。

 

ダイエットだけではなく、美容効果・アンチエイジングにも効果を発揮します。

ポリフェノールには人の体を酸化させ、老化に繋がる活性酸素を取り除き、胃腸の働きを活発にする作用があります。

 

ニキビやくすみなど、皮膚トラブルに悩んでいる方たちには腸内環境の乱れが原因であることがあります。

腸の機能が衰えると、便秘が引き起こされてしまいます。

 

便となって排出される老廃物や毒素が身体に留まることで、皮膚から毒素などが排出されてしまいます。

この結果がニキビやくすみの原因として表れてきてしまいます。

 

プーアル茶に含まれるポリフェノールにより胃腸の働きが活発になることで、腸内の善玉菌が増加して腸内環境の改善・便秘の解消・皮膚トラブルの解消・予防に繋がります。

 

まとめ:プーアル茶はアンチエイジング効果や、美容効果がすばらしいことと、脂肪対策に優秀なお茶ですね。

 

玄米茶

玄米茶

玄米茶とは、緑茶の一種であり、煎茶や番茶を焙煎し、そこへ同じ量の玄米を入れて混ぜたものが玄米茶です。

 

玄米茶にはポリフェノールの一種である「ガンマオリノザール」という成分が含まれています。

ガンマオリノザールには肥満や糖尿病予防に効果があり、悪玉コレステロールを減らす働きや、動脈硬化などの生活習慣病予防に効果があります。

 

また玄米茶にはGABAというアミノ酸が含まれており、中性脂肪を減らしてコレステロールの値を下げる効果が期待されています。

これらを考えると、玄米茶は高い肥満予防や中性脂肪が燃焼されやすい効果を秘めていて、飲み続けることで痩せやすい体を作ることができるのです。

 

玄米茶には便秘にもかなり有効的です。

水溶性食物繊維不溶性食物繊維のどちらも豊富に含まれているので腸内環境を改善する効果が高く、便通を良くして便秘が解消されやすいのです。

 

まとめ:玄米茶は便通と脂肪予防におすすめのお茶です。

 

タンポポ茶

たんぽぽ茶は自然由来の健康茶であるにもかかわらず、大変高い効果のある成分を豊富に含んでいます。

 

タンポポ茶はコーヒーの味に似ています。

しかしたんぽぽ茶にはカフェインが入ってないので、安心して飲用ができます。

 

タンポポ茶のメリットは高い利尿作用・便秘解消があげられます。

体内の老廃物や毒素をスムーズに体外へ排出してくれる効果は、ほかのお茶にも効能が似ていますが、タンポポ茶は特にその効果を実感できるかと思います。

 

デトックス効果により体内の新陳代謝がアップすると、体温も上昇していき、むくみや冷えを改善が期待できます。

体温が上がりやすいということは、脂肪を燃焼するようになるため、飲むだけでダイエット効果が得られることになります。

 

まとめ:タンポポ茶はデトックス系の代名詞です。

 

ごぼう茶

ごぼう茶

ごぼう茶と言えば、南雲吉則先生が自らが体験してダイエットや若返り効果があると提唱したことで有名になりました。

 

ごぼうの中に含まれる「サポリン」という成分は、余分な脂肪を分解して排泄する効果があります。

また、サポリンには抗酸化作用がありアンチエイジング効果や体温上昇作用があるため、ダイエット効果とアンチエイジング効果が両方期待できるというものです。

 

南雲先生を見れば、アンチエイジングの効果は十分に折り紙つきでしょう。

 

私もごぼう茶は知らなかったので調べてみると、ごぼうにはほかにも「イヌリン」という成分が含まれており、余分な水分を吸い取ってくれるそうです。

このイヌリンの効果により、利尿作用、顔や足のむくみの改善効果が期待できます。

 

ごぼうという食材はそもそも根菜でして、食物繊維を豊富に含まれています。

根菜を食べると便秘が解消されますが、ごぼうに含まれるイヌリンやサポリンがさらに排出のデトックス効果を大きくしているのだと思います。

 

デトックス効果はアンチエイジングの基礎でもあるので、ごぼうはダイエット・美容に最適ですね。

 

まとめ:ごぼう茶はデトックス効果が素晴らしいので、普段の食生活でなかなかごぼうを取り入れられない方にお勧めできます。

 

参考サイト:ナグモクリニック総院長 南雲先生監修「焙煎ごぼう茶」あじかんショップ

 

ローズヒップティー

ローズヒップティー

ローズヒップティーはとても美容効果の高い栄養素含むお茶です。

 

ローズヒップティーに含まれるビタミンCはレモンのおよそ20倍と言われており、アンチエイジングに欠かせない活性酸素を除去する働きがあります。

つまり紫外線で増えてしまったメラニンの増殖を抑え、お肌のシミやシワなどの老化現象を改善してくれる効果が期待できます。

 

ほかにもフラボノイドという栄養素が含まれており、これは熱に弱いビタミンCが加熱から壊れるのを防いでくれる作用があります。

そのため、温かくしても栄養を壊すことなくビタミンCを摂取することができます。

 

ローズヒップティーにはリコピンも含まれており、トマトの倍ほどの量と言われています。

このリコピンは、アンチエイジングに最強の効果があるとされており、美肌・美白・肌のうるおい・しわ予防など女性として大切な要素がほぼ含まれています。

 

さらにリコピンには関節リウマチや骨粗鬆症など老齢していくと発症しやすい症状を予防できる可能性があるという優れた研究データもあります。

こちらも普段の食生活でトマトなどのリコピンを摂取しにくい方にはおススメのお茶です。

 

女性に嬉しい効能があるだけでなく、食物繊維が豊富なのでデトックス効果もありますし、ポリフェノールもあるので脂肪燃焼効果が大きいため、ダイエットの強い味方ですね。

こちらも普段の食生活でトマトなどのリコピンを摂取しにくい方にはおススメのお茶です。

 

まとめ:ローズヒップティーは他のお茶とはまた違う特徴を持っており、美容効果がとても大きいお茶です。

 

ジャスミン茶

ジャスミン茶

ジャスミン茶は花の香りを楽しめる花茶です。

香りづけされているため、良い匂いをかぐことでリラックス効果や食欲抑制効果が期待できます。

 

気になるダイエット効果ですが、ジャスミン茶には香り成分である「ベンデルアセテート」には脂肪を燃焼させる効果があります。

また「タンニン」という成分も含まれていますが、これは体内への脂肪の吸収を抑えてくれる効果があるため、肥満予防や体脂肪の減少にも期待ができます。

 

このお茶にもカフェインが含まれますが、こちらも体内の熱の増加を促す働きがあり、脂肪を燃焼し、体に蓄積されるのを防いでくれます。

つまりジャスミン茶はダイエットに有効な成分であるベンデルアセテート、タンニン、さらにカフェインが同時に摂れる優れものだったのです。

 

まとめ:ジャスミン茶は脂肪燃焼・吸収予防系のダイエット効果だけでなく、花茶による匂いで食欲を抑制してくれるため、ダイエットに最適な効果を兼ね揃えたお茶です。

 

杜仲茶

杜仲茶

杜仲茶(とちゅうちゃ)は中国茶として昔から飲まれている健康茶でして、杜仲という中国原産の葉を乾燥させたものです。

ダイエット効果が高く、中性脂肪や内臓脂肪を減少させる効果が認められており、メタボに効果的なお茶です。

 

味はプーアル茶に近く、苦みの後に甘味を感じます。

杜仲茶を飲むと、「1時間のウォーキング効果」があるといわれるほど脂肪燃焼作用に優れています。

 

脂肪燃焼作用は、「アスぺルロシド」という成分の働きによるものです。

この成分は、腸で分泌される消化液の胆汁酸を分泌させる作用があり、「胆汁酸ダイエット」といわれているほど注目を浴びています。

 

胆汁酸は脂肪燃焼を促す成分で、血中に胆汁酸が増えることで基礎代謝があがるといわれています。

 

メタボの効く効果として、杜仲茶に含まれている「植物性ミネラル」が血中の中性脂肪の濃度を下げる働きをするため、中性脂肪の吸収を防ぐといわれています。

また「アディポネクチン」という、善玉ホルモンを増やす作用がある成分が含まれているため、中性脂肪・コレステロールを下げる働きがあります。

 

杜仲茶は、デトックス効果やミネラルの鉄、亜鉛、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンCを多く含むお茶なので健康的な美容も望めます。

 

まとめ:杜仲茶はダイエット効果・メタボ効果・栄養成分のバランスが良く、総合的に優れたお茶です。

 

ドクダミ茶

ドクダミ茶

どくだみは、昔から薬草としても親しまれてきたものですが、独特の匂いがある草でもあるので好みが分かれると思います。

しかし効果効能は数多く、お茶というより薬草に近いので期待も大きいです。

 

効能には、殺菌作用・利尿作用・高血圧予防・血液をサラサラにする作用・糖尿病予防・冷え性予防・アトピー改善・疲労回復・便秘予防・むくみ解消・吹き出物解消・デトックス効果など多様にわたり、皮膚トラブルに嬉しい効果を持ち合わせています。

 

ただし、ダイエット効果に関しては、ほかのお茶たちよりかは少し効能が低めです。

ダイエット効果もありますが、美容効果のほうが優れていると思います。

 

まとめ:ドクダミ茶は肌トラブルや美容効果に優れたお茶です。

 

センナ茶

センナ茶を皆さんはご存知でしょうか?

センナとはマメ科の植物で、漢方の下剤薬として昔からよく使われてきました。

 

現在も医療機関で処方される「センノシド」系の下剤などに使われています。(センノシド・センナルなどの呼称)

医療でも用いられている物なので、便秘解消・デトックス効果はとても高いのです。

 

お茶での使用は、販売されているセンナ茶のほとんどが茎の部分を用いているので、処方される薬よりは強力ではないですが、安心安全にお茶として飲むことで便秘予防が期待できます。

薬での内服では用法容量がきちんと決まっていたり、副作用も現れやすいですが、センナ茶では薬程神経質になる必要が少ないでしょう。

 

しかしそれでもセンナ茶の効果はよく効くので乱用は避けましょう。

 

私もセンナ茶を飲んだことがあります。

高齢者施設でも利用されているセンナ茶は、内服薬より副作用の少ない下剤として、お茶を使用されています。

 

使った感想は、特にデトックス作用が他のお茶より強力です。

飲みすぎるとお腹を壊してしまいますが、良く効きます。

 

便秘解消により、ダイエット効果や美容効果が期待できますが、味もいまいちで苦みがあります。

毎日ではなく、頑固な便秘時に試してほしいお茶です。(副作用には注意してください)

関連記事↓

まとめ:デトックス作用特化のお茶で、効果は抜群ですが、脂肪燃焼などのダイエット効果は少ないです。

 

ダイエットの為にだけに作られた特別なお茶スルスル茶をご紹介

ダイエット専用のお茶 スルスル茶

これまで色々なお茶をご紹介させて頂きましたが、その中でも最強のお茶がこちらのスルスル茶になります。

スルスル茶の特徴は食事と一緒に飲むことによって、油も脂肪も吸着して体の中に溜め込まないことにあります。

配合されてるものは全て、ダイエットには欠かせない有効な成分ばかりになっていますね。

スルスル茶の配合成分

高発酵プーアル茶

黒ウーロン茶

マテ茶

発酵ビワ茶

ショウガ糖

植物発酵エキス

このようにスルスル茶には、ダイエットに有効な成分がふんだんに取り込まれています。

お茶を飲むだけでダイエットできるなんて理想的ですよね。

自然由来のものでしっかりダイエットしたいと思ってる方にはオススメのお茶だと思います。

関連記事はこちらから↓

 

お茶ダイエットまとめ

ノート

いかがだったでしょうか?

ダイエットティーが様々な効果効能をもたらしてくれて、ダイエットのみならず美容効果も十分にあり、飲むだけで簡単に体の内側から改善してくれる優れものでした。

 

お茶には脂肪燃焼などの肥満予防効果があり、デトックス効果やお肌のトラブル解決に役立つことが分かったと思います。

私はニキビや吹き出物に困っていましたが、お茶の効能でその悩みも改善されています。

 

基本のお茶から、ブレンドティーまでいろんな種類がありますが、自分に合ったお茶を探すことができれば、その悩みをより美しくきれいに解決できるかもしれません。

ダイエットティーは今ではほとんどの方が実践し、その効果を実感しています。

 

まだ試したことがない方は、是非この機会にお茶の効果効能を十分に体験してみてはいかがですか?

 

参考サイト

健康茶の教科書

病気と栄養学

リコピンの効果効能についてはこちらのサイトから引用しています⇒カゴメ

お茶の成分等はこちらのサイトを参照しています⇒静岡市

お茶の効能等はこちらのサイトを参照しています⇒公益財団法人 世界緑茶協会

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます↓

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA