1. TOP
  2. 妊娠の確率を上げたい時は何をすれば良いの?冷え性対策・食べ物・ストレスフリーな生活を意識しよう!

妊娠の確率を上げたい時は何をすれば良いの?冷え性対策・食べ物・ストレスフリーな生活を意識しよう!

 2018/06/13 妊娠 葉酸サプリ
140 Views

妊娠をするための活動を、妊活といいます。

アラフォーの私が、小さい頃にはなかった言葉です。

でも、最近はかなり知れ渡ったなあ、と感じます。

 

今や、初産の母の平均年齢が30歳以上だそうです。

それだけ結婚も以前より遅くなっている、ということですよね。

 

妊娠のしやすさは、基本的には、年齢とともに低くなります。

だからこそ、妊活してる方やしたい方は、多いと思います。

 

そんな方々に、妊娠の確立を上げたい時になにをすればいいのか。

現在アラフォーで二児の母の実体験を踏まえた情報と意見を、書きたいと思います。

 

そもそも、不妊とは

不妊とは、避妊しない男女が、一定期間子供を授からないことです。

WHOや日本産婦人科学会では、一年以内に、妊娠にいたらない場合だそうです。

 

私は一人目妊娠前も、二人目の時も、この状態に、当時当てはまっていました。ショックでした。

 

どんな身体だと妊娠しやすいか

まずはこれを知る必要があります。

ここがスタートです。

 

1.排卵がある

女性の身体で、卵巣から卵管に卵子が飛び出し、移ることをいいます。

受精や着床しない場合、月経がきます。

 

自分に月経が定期的に来ているか、これは知っている女性が多いと思います。

でも、排卵がきちんとされているかは知らない方も多いと思います。

 

自宅で調べる方法として、基礎体温をつけることで排卵を予測することができます。

また、排卵日予測検査薬でも、調べることができます。

 

おりものの変化で気づくこともできます。

排卵前のおりものは、透明で粘り気があり、新鮮な生卵の白身のようになるそうです。

 

記事の後半で、タイミング法にふれますので、その時に詳しく書かせていただきます。

 

2.必要な栄養素を含んだ、バランスのよい食事ができている

赤ちゃんを迎えるには、食事は一日三食バランス良く食べること。

これによりいつも以上に健康でいることが大切です。

 

そして、妊娠の大敵である冷えを防止し解消することも大切です。

飲み物は、冷たいものより暖かいものにするのもいいでしょう。

 

食べ物には、体を冷やす食べ物(夏が旬のものなど)、体を温める食べ物(冬が旬のものなど)があります。

それらを意識して摂取するのもよいでしょう。

 

それに女性は、月経があるために貧血気味の人が多いです。

妊娠後さらに悪化する人もいます。

食事で鉄分を気遣えると、さらに良いですね。

 

それ以外にも私がおすすめしたいのは、葉酸です。

 

葉酸

葉酸とは水溶性ビタミンの一種で、細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれます。

そのため、妊娠期や授乳期に必要な成分です。

 

特に、妊娠初期に不足すると、胎児が先天性異常を発症するリスクが上がると多くの研究結果で明らかになっています。
そのため、妊娠に気づく前から摂取することがベストです。

 

葉酸が多く含まれる食材は、ブロッコリーやホウレンソウ、レバーなどが有名ですが、水や熱や光に弱いために、調理で栄養を損失してしまうことが多いようです。

↓関連記事

 

でも、サプリメントとして、ママ向けのものやそうでないものも含め、いろんな種類のものが販売しています。

参考サイト⇨厚生労働省 妊産婦のための食生活指針

 

私も葉酸のサプリメントは、一人目、二人目どちらの妊活中も飲んでいました。

飲むのを忘れたことが多い時期より、きちんと飲んだ時期に妊娠しました。

本当に驚きました。

 

関連記事↓

 

3.適正な体重である

肥満は妊娠までに時間がかかる場合や、自然流産のリスク要因になるそうです。

 

やせすぎは月経異常になったり、妊娠しても、早産になる可能性が高まるそうです。

 

やはり、適正な体重が望ましいようですね。

 

4.心身共にストレスフリーでいる

精神的ストレスがあると、女性ホルモンに影響が出て、排卵にも影響する場合があります。

 

そして、ストレスフリーでいることが、私の場合は、一人目も二人目も、妊娠に一番影響したように思います。

 

5.若いうちのほうが確立が高い

こういう書き方はしたくないけれど、事実です。

 

女性は、よい卵子は若い時に排卵してしまい、年齢が進むとよい卵子が少ないために、受精しづらくなるそうです。

35歳を過ぎると妊娠率は低下します。

 

男性も、加齢による生殖機能の低下が見られます。精子の数も減少します。

 

妊娠の確率を上げて行く方法

知識を得たら、その後に何をするかです。

 

1.煙草を吸うなら、二人とも禁煙する

たばこには有害物質が多く含まれていて、身体に悪いというのはご存知の方も多いでしょう。

 

喫煙は、自分が吸っていても、受動喫煙でも、男女ともに、不妊に影響するという研究結果が出ています。

参考サイト⇨厚生労働省 喫煙の健康影響について

 

やめる、これが基本ですね。

 

 

2.健康的な日常生活を送る

先ほど触れた、葉酸や鉄分など必要な栄養素を含む、バランスの良い食事を三食食べる。

 

身体を冷やさないように、食事も服装も気を付ける。

 

これに、決まった時間に起きることや、適度な運動を加えてみる。

 

血の流れが良くなり、健康的な日常生活を送ると、体調も整い、妊娠しやすくなります。

 

3.パートナーを思いやり、良い関係を築くよう努める

結局一番大切かも知れませんね。

二人の協力なくして、赤ちゃんは来てくれません。

 

この人の子供が欲しいと思える相手を、思いやって暮らしていく。

それによって、お互いの関係が良くなれば、それが一番、ストレスフリーにつながります。

子供を作ることについて、お互いがどう思っているか。

子供が出来たら、授かったら暮らしがどうかわっていくかも、事前に話をして気持ちを確認しましょう。

 

さらに、タイミング法への協力にも良いですね。

 

4.基礎体温をつけてみる

排卵日がいつか知ることにより、タイミング法を行うためです。

 

基礎体温とは

体の動きが、一番安静な状態にあるときの体温をいいます。

これを測ることにより、女性の体の中の変化が予測できます。

 

排卵だけでなく、月経の時期や、体調がよい時期、悪い時期が予測できたりもします。

普段使う体温計ではわかりづらい、細かな変化を測るため、婦人体温計や基礎体温計、と呼ばれるもので計測するのがベストです。

 

普段使う体温計とまた違う、計測の仕方の指示をされます。

毎日計測して、記録を残す必要があります。

そして、測ったデータから、排卵日を予測、など手間に思うかもしれません。

 

でも、婦人体温計の説明書にも細かに説明が書いてありますし、データ記録などのためのアプリなどもあります。

排卵日をどう予測するかも書いてありますので、自分のデータを照らし合わせてみてください。

 

ご自分のデータは、スケジュール管理やダイエットや美容など、活用できる場所がたくさんあります。

妊活だけでなく、役立ちます。

ぜひ測ってみてください。

関連記事↓

 

5.タイミング法を実施する

タイミング法とは何か

排卵日の近辺でセックスすることをいいます。

精子にも卵子にも、寿命があります。

 

そのため、出会うタイミングが大切です。

そのために、試してみましょう。

 

病院に行く前に、試してみましょう。

私も試して、授かりました。

 

セックスのタイミングは

妊娠率は、予定の排卵日の二日前にセックスしたときが最高と言われています。

予定の排卵日当日のセックスによる妊娠率は、それより低くなります。

妊娠しやすい日の参考文献はこちら⇨日本産科婦人科学会

 

精子は女性の体内で一日から数日は元気でいますが、卵子が受精できるのは数時間だそうです。

そのため、いつ排卵してもいいように、精子を子宮内で待機させるといいそうです。

 

タイミング法は、男性への気遣いも大切

タイミング法をうまく行うには、男性への気遣いも大切です。

 

月に一度のチャンスとはいえ、それがプレッシャーになる場合もあります。

排卵日を直前に伝えるのもよくありません。

妊娠したい気持ちが強すぎて、それがストレスになり、授かりづらくなることもあります。

 

相手を気遣い、気負い過ぎず挑戦しましょう。

 

タイミング法をどのくらい続けるか

先ほど私は、病院に行く前にタイミング法を試してみましょう、と書きました。

 

ですが、それでも妊娠が難しい理由がある場合があります。

それは、病院で検査して初めてわかる場合が大半です。

 

その場合を考え、自分たちの年齢も踏まえて、半年から一年続けると、めどを決めておくとよいでしょう。

↓関連記事

 

6.男性にも不妊はある

妊娠しない理由が女性にある場合だけではありません。

男性にある場合も、どちらにもある場合もあります。

 

男性不妊の改善方法

女性もそうですが、男性も普段の生活を改善するだけで、妊娠しやすくなります。

そして、男性が協力することで、女性との良好な関係を気づき、よい関係でいることができます。

 

具体的には以下のとおりです。

・適正体重に

肥満は正常な精子の数や精液の量が少なくなるそうです。

 

・健康的な日常生活や食事を

栄養バランスが整い、血流も良くなることが、体調を良くし、ストレスも減らします。

肥満防止にもなります。

 

・禁煙

煙草には有害物質が含まれています。

パートナーや、お腹にいる赤ちゃんにも悪いです。

煙草による血行不良によって、精子の数や質の低下を招くそうです。

 

・衣類での締め付けや、サウナや温泉などの頻度を気を付ける。

精巣は高温に弱いそうです。

 

女性とほぼ同じく、健康的な日々を、ということですね。

 

病院へ相談することも

不妊の原因が、男女ともに、病院で調べないとわからないものや、治療が必要なものの場合があります。

 

タイミング法のところでも触れましたが、自宅での妊活には期間を設けて、結果をふまえて病院へ相談したほうがいい場合もあります。

 

それだけでなく、月経異常など、気になる点がある場合はなおさら、早めの受診がよいでしょう。

 

妊活とは

妊活で、男性も女性も、授かりたいという気持ちが強すぎて、それがストレスになってしまうこともあります。

でも、こう考えたらどうでしょうか。

 

この人との赤ちゃんが欲しいと思えるパートナーがいて、妊活をはじめるとします。

 

妊活自体が、自分のからだや二人の暮らしを大切にするために、見つめなおし、行動する貴重な機会にもなります。

 

それが、妊娠の可能性を上げるだけでなく、体調をよくし、ストレスフリーにもつながり、とてもいい機会だと思います。

 

そうとらえて、ゆったりとした気持ちでいるのがよいと思います。

 

毎日完璧でなくても、一つずつ少しずつでも、と思いながらスタートしてみると、ゆったりとした気持ちでいられるかも知れませんね。

 

妊活に興味がある人はこちらも読んでいます

ベジママを飲んで頂くことによって、妊娠出来る確率が上がるのはご理解頂けたかと思います。

妊娠が決まって無事出産も終われば授乳が始まりますが、その時に思ったように母乳が出ない。

なんてこともよくあります。

 

赤ちゃんが産まれてくれたからには、やっぱり母乳を飲んで欲しいですよね。

 

そんな母乳のでをよくしてくれる、たんぽぽ茶というのがありますのでぜひこちらも一緒妊娠中から飲まれてくださいね^ ^

関連記事↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

妹尾 軌孝

妹尾 軌孝

美活倶楽部編集長。
福岡で家族4人で暮らしています!このサイトを作っている目的はいろんな人に役に立つ情報をお届けしたいという思いでこのブログを作っています。

私は寝る前にスマホでいろいろ検索をするのが好きなので私のブログもそんな寝る前に読まれるようなブログにしたいと思っています。

勉強になる話から面白い話、コラム等様々にコンテンツを作っていきますので寝る前には読んで貰えたら嬉しいです。

【ライターからのご挨拶】
中学、高校時代ともに陸上部だったので走ることが好きです。1週間の内の4日はランニングで7〜8キロ走り残りの3日は筋トレを入れるようにしています。

25歳くらいまではどんなに食べても太るらないし多分太る体質じゃないんだろうなぁと思ってたんですが、26歳くらいからなんだかお腹が出てきてがっかりしたので数字で消費カロリーが分かるように1日中ガーミンの腕時計をつけてその日の消費カロリーを調査しています。

ランニングだけでも脂肪は燃焼するのですが、もっと効率を上げるために筋トレも入れるようになりました。

なので、私が実際に腕時計をつけて博多駅周辺をランニングしているので消費カロリーは正しい数字を公開しています。

こんな感じで実際に私が経験したこと、思ったことをブログに綴っていますのでランニングや健康の話が好きな方は参考にされてください。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 保護中: コスメコンシェルジュ1、2、3級とスキンケア辞典

  • 次に観たい!おすすめの洋画50選

  • 保護中:

  • 洋画版!映画評論家が選ぶ純愛を貫いた恋愛映画50選

関連記事

  • 産後ヨガを通してダイエット!?歪んだ骨盤を戻し健やかなボディメイクを始めましょう!

  • 妊活中のママには摂取して欲しい葉酸・鉄分とはなんなの?葉酸サプリ選び方の実体験

  • 葉酸サプリ新成分の「ピニトール」配合 ベジママで妊活・妊娠の効果と口コミは?

  • 妊娠初期のつわりはどうしたら軽減・改善出来るの?先輩ママからの助言

  • 妊娠中の飲み物はこれがおすすめ!つわりの時でも飲めるのは○○だった?

  • 妊活のタイミングや方法ってどんなのがあるの?先輩ママからの実体験アドバイス