1. TOP
  2. 筋トレで脚やせは可能なのか?自宅でも行う事が女性必見の筋トレ方法!

筋トレで脚やせは可能なのか?自宅でも行う事が女性必見の筋トレ方法!

 2018/06/04 ダイエット 筋トレ
99 Views
筋トレで脚やせは可能なのか?自宅でも行う事が女性必見の筋トレ方法!

夏も近いのにジムに行く気がしなかったり、ジムに行くお金がなかったりして脚痩せを諦めていませんか?

姉も脚が太くなり始めていたことが気になっていたらしく、どうしたらいいか相談されました。現在パーソナルジムが流行っていますが、ジムに行かなくても脚痩せすることは可能です。

 

もちろんジムに行った方が確実ですが、いけない人の為にも今回は私が姉に指導し効果があった方法を紹介します。

 

Sponsored Link



 

脚がたるんだり太くなる原因とは?

女性の太もも

脚がたるんだり、太くなってしまうのには運動不足で、筋肉量が足りない事が原因の場合が多いです。

中には元々筋肉質で脚が太い方もいますが、大体は運動不足が原因です。さらに、男性に比べて、筋肉量が少ない女性の方が、脚が太くなりやすいです。

 

では、運動不足が原因で脚にどういうことが起こるのか見ていきましょう!

 

・脚の脂肪がたるんでくる

運動不足は脚の脂肪がたるみやすくなります。このたるみがあなたの一番の悩みではないでしょうか?

脚の脂肪がたるんでくるのは、脚の筋肉量が減少しているから。脚の筋肉が減少する事で体全体の代謝が下がり、脂肪をため込みやすくなります。

 

ため込みやすくなった体は一番動かない部位に脂肪をため込もうとします。

例えば、ダイエットを行い全体的に脂肪が落ちてきたとしても、お腹や脚などに脂肪が残ってしまうという事が起きやすいです。

 

これは、ダイエット前から脚やお腹を頻繁に動かしていなかったため、こういう事が起こります。

 

逆のことも言えます。

太っていくのは普段から使わない筋肉の部位から太りやすくなります。

 

脚に脂肪がつきやすい方は、普段から歩いていなかったり、エレベーターやエスカレーターばかりを使用している事が多いです。

それに比べ、脚が細い方は歩く頻度が多く、階段などをなるべく使用している事が多いです。

 

このように筋肉を普段から意識して使わなければ、たちまち脂肪がつきたるんでくるのです。

 

・むくみやすい

運動不足が原因で脚がむくみやすくなるという事を知っていましたか?脚が浮腫むと全体的にメリハリがなく、太く見えてしまいますよね!

実は脚のむくみも運動を定期的に行ってあげる事で解消する事が出来るのです。

 

脚が浮腫む原因は運動不足で筋量が減少し、重力で体中の水分や老廃物が脚に溜まるから。

頭より足を高くしていう状態にすればその時は解消させる事ができますが、浮腫むたびにこの態勢にならなければなりませんよね。

 

そこで、運動を行う事で浮腫み知らずの脚を手にいれる事が出来ます。

脚は体の中でも筋肉量が最も多い部位で、特にふくらはぎ(カーフorヒラメ筋)の筋肉は、脚に溜まった血液や水分などを上半身に送り出すポンプ作用があります。

 

つまり、脚の筋肉が衰えたらこのポンプ作用を行う事が出来なくなり、老廃物や水分が脚に溜まりやすくなるのです。

 

・姿勢が悪くなる

運動不足で脚の筋肉が衰えてくると、姿勢が悪くなってしまいやすいです。

普段から運動を行っている事で、脚の筋肉を使用するので、体幹を安定させるといった効果が期待できます。

 

家などと一緒で、土台がしっかり安定していなければ、上の部位は不安定になりやすいという事。これは私たち体でも同じ事が言えます。

脚の筋量が減少する事で、バランスを崩しやすかったり、姿勢が徐々に悪くなっていったりします。

 

結果、姿勢が悪いことで体中に脂肪が溜まりやすくなり、筋量が減少している脚にも容赦なく脂肪がつきやすくなります。

 

 

3つの事を紹介してきて思ったのが、姉はどれにも当てはまるなと思いました。

特に姿勢が悪く体全体的に太っていたのを思い出します。

 

あなたは普段から運動を行っていますでしょうか?どれも筋トレを行う事で解消する事が出来るので、是非筋トレを行いましょう。

 

なぜ筋トレで脚痩せする事ができるの?

考える女性

筋トレというと脚が太くなるイメージが強いかと思いますが、実は太くなるだけではなく、細くする事が可能なのです。

脚の筋肉に限らず、筋肉を太くするには今まで実感したことの無い負荷を与えてあげる必要があります。

 

例えば、限界で10回しか行う事が出来ない重量や少し軽くても15~20回ほど行う事が出来る重量だと筋肉は大きくなりやすいです。

短時間で筋肉を限界まで追い込むという事は、速筋繊維という筋繊維を刺激していることになります。

 

速筋繊維は短距離走やパワーリフティング、アームレスリングなどにとても重要な筋肉で、瞬発的に最大限力を発揮する事が可能です。

瞬時に最大限力を発揮する為には、車同様大きなエンジンが必要で、筋肉も同じ事が言えます。

でも、その分持久力が無いのがデメリットです。

 

逆に、鍛えても大きくなりにくい筋肉が、遅筋繊維です。

遅筋繊維は、長距離選手やトライアスロン、自転車ロードなど持久力が求められる種目に重要な筋肉です。

 

このような種目を行っている選手を想像したら、どちらかというと細い方が多いですよね?

長時間筋肉を酷使しているにも関わらず、意外と脚は細く引きしまっています。これは遅筋繊維が発達しているからなのです。

 

筋肉は長時間負荷を与え続けると、速筋繊維では対応できなくなると思い、遅筋繊維の方を多く使うようにします。

太い筋肉では長時間の運動に耐える事が出来ませんが、細い小さいエネルギーを排出し続ける遅筋繊維なら耐える事が出来ます。

 

つまり、脚の筋肉を太くしたくないなら遅筋繊維を鍛えてあげればよいのです。

 

トレーニング負荷や頻度

ダンベルを持つ女性

もう一つ筋肉を太くしない方法があります。

それはトレーニング負荷や頻度です。

適切な負荷で刺激を与える事で、脚は細いまま引き締める事が可能です。

 

例えば、脚の筋量が著しく少なく、筋力が弱い方は一般女性が平均的に上げる事が出来る重量まで鍛える必要があります。

こういった方は脂肪が多いのに、筋量が少ないため代謝がかなり悪いことが多いです。

 

なので、最初はかなり重く感じるかもしれませんが、徐々に筋力が戻り、引き締まった細い脚を手にいれる事が出来ます。

最初は太くなったと思うかもしれませんが、脂肪の減少より、筋肉の方が先に大きくなっただけなので安心してくださいね。

 

トレーニング頻度を重ねるうちに徐々に脂肪が落ちていき細くなる事を実感出来るかと思います。

最初は代謝が低い状態でスタートしているので脂肪燃焼速度が遅いかもしれませんが、代謝が上がるにつれて脂肪燃焼速度も速くなりますよ。

 

次はトレーニング頻度です。

筋肉を大きくさせる為には、追い込んだ部位を十分に休めてあげなければなりません。

 

少なくて週に1回、小さい部の筋肉で3回などあまり多く行いません。

脚の筋肉は大きいので、筋肉を大きくする目的なら多くても週に2回が好ましいでしょう。

 

逆に筋肉を細くするにはトレーニング頻度を多くしてあげればいいので、8割追い込むトレーニングを週に3日~4日行うといいですよ。

これは毎日ジョギングしているのと同じで、毎日同じ部位を使っていると、筋肉の回復が追い付かず、筋肉を大きくする事が出来なくなります。

 

もし例えば体重が50キロの方で、20キロのウエイトでトレーニングを行っていたら、その50キロ+20キロ=70キロを上げる事が出来る最低限の筋肉しかつかなくなるというわけです。

なので、筋肉を大きくしたくない方は、ウエイトの重さを更新していくのではなく、自分に合った無理ない重さ、頻度で行う事が重要になります。

なので、その日の体調や気分で重さなど変え、臨機応変に行ってくださいね。

 

お尻を鍛える事でこんなにもメリットが!

女性のヒップ

あなたはお尻を鍛える事がどれほど重要かご存じですか?

特に脚を長く見せたい女性ならお尻を鍛えるべきです。前から見た時はスラっとしていて脚が長く見えますが、後ろから見たら…

 

「あれ?なんか脚が太く、短く感じる‥」

と思った事はありませんか?これはお尻の垂れが原因です。

 

お尻が垂れると、後ろから見た時に垂れた分だけ短く見え、さらにバランスが悪くなるので太く見えやすいです。

男性はあまり気になっていないようですが、女性は細身のパンツを履く方が多いので気になるようです。

 

細身のパンツはボディーラインが出やすいので、メリハリのある脚とプリっと上がったお尻になる事でかなりスタイル良く見えますよ。

更に見た目だけでなく、お尻を鍛える事で代謝を上げる事に繋がり、脚・お腹など痩せやすくなります。

 

お尻を鍛える時は、当然お尻の筋肉(大殿筋・中殿筋・小殿筋・肛門括約筋‥)などに力を入れるので、自然と下腹部のインナーマッスルにも力が入り、痩せやすくなります。

結果、脚にも効果が現れウエストは引き締まり、メリハリのあるボディーを手にいれる事が出来ます。

 

脚を細くしたい・細く見せたいというなら是非お尻を鍛える事をおすすめします。

 

脚を細くしたいならヒールがおすすめ!

ヒールを履いた女性

脚を細くするため・又は細く見せる為にはヒールがおすすめで知っていましたか?

最近は女性の間でゆるいカジュアルな服装が流行っており、以前に比べてヒールを履いている方が少なくなりました。

 

でも、ヒールは脚を細くするのにもってこいの商品で、特にふくらはぎを細くするのに向いているんです。

なぜかというと、ふくらはぎが太く見える多くの原因は、

 

・猫背、O脚で歩いているからふくらはぎだけ使って歩いている

・脛の横の前脛骨筋が発達している

 

この二つの要因があげられます。

パンプスなど高さがないものを履く機会が多い方は、猫背で歩く姿勢が悪い方が多いです。

 

猫背という事は、身体の重心が後ろに行きやすいので自然と踵(かかと)重心になっている傾向にあります。

結果、骨盤も後傾しお腹にも脂肪が溜まりやすくなります。

あなたも普段猫背になっていませんか?

 

踵重心だと、バランスをとろうと指先が浮き、その分脛の横の筋肉、前脛骨筋に負荷がのっている状態になります。

すると、前脛骨筋が発達してきて、正面から見ても太く見えるのです。

 

でも、ヒールを履くことで、強制的に重心をつま先に持っていくことが出来るので、前脛骨筋に負荷がのりにくくなります。

更に、重心が前に入った分、バランスをとる為逆に、骨盤は前傾し、猫背にもなりにくくなりますよ。

 

ヒールを履くことで普段の歩く姿勢と、重心を変える事ができ脚を細くする、または見せる事に繋がるのです。

 

筋トレで脚を痩せさせるには食事も重要!

大豆とソイプロテイン

筋トレで脚を細くするには、トレーニングだけでなく、食事もかなり重要になってきます。特に一番重視してほしいのが、たんぱく質です。

 

十分にタンパク質を摂取する事で、代謝を上げる事ができ、脚痩せに繋がります。

タンパク質が不足している状態で筋トレを行うと、内臓機能も低下し思うように栄養を吸収させる事が出来ません。

 

内臓も肌も髪もすべてたんぱく質が原料なので、十分に摂取する必要があります。

日本人は食生活が偏り、一日に必要なたんぱく質を摂取する事が出来ていないと言われています。

 

最低でも自分の体重×1g
筋トレをしている人なら体重×2g以上

 

とされていますが50gさえも摂取できていない方が多いです。

そのため肌荒れしたり、髪質が悪くなったり、代謝が下がり太りやすくなったりと様々な問題が出てきます。

 

でも、どの食材にたんぱく質が含まれているのか知らない方も多いでしょう。

ほとんどの食材には含まれていますが、微量です。中でも多く含んでいる食材は…

 

■肉類・卵・魚・乳製品…

などです。

でも毎日決まった量を食べるのが苦痛、たくさん食べる事が苦手という方には、プロテインがおすすめです。

最近では、女性も乳製品からできたホエイプロテインを摂取する方が増えていますが、やはり大豆などが原料のソイプロテインがおすすめです。

 

ソイプロテインにはアルギニンが含まれており、摂取する事でアディポネクチン(脂肪細胞)が増え、AMPK という酵素が活性化します。

AMPKはインスリンの感受性を高め、少しのインスリンでも血糖値を下げる事ができ、結果、体脂肪も燃焼しやすくしてくれます。

 

更に、ソイプロテインにはβ-コングリシニンが含まれており、糖化抑制・内臓脂肪減少・コレステロールを下げる働きがあります。

糖化が進行すると、肥満になりやすかったり、挙句の果てに糖尿病になる可能性も出てきます。

 

つまり、ソイプロテインはダイエットに効果的という事!

不足しているたんぱく質も補給する事が出来て、ダイエット効果もあるので是非飲んでみる事をお勧めします。

ソイプロテインをお探しの方は下記のジェシカズフォーミュラがオススメです↓



関連記事↓

 

Sponsored Link



 

脚痩せの効果を促進するには?

足をマッサージする女性

筋トレで脚痩せの効果を促進させるためには、マッサージやストレッチを行う事が重要です。

筋トレを行った後は、ターゲット部位に乳酸が溜まりやすくなっているので、マッサージやストレッチを行い、老輩物質を促してあげる必要があります。

 

更に日ごろの筋トレの疲れを癒したり、リンパを促進してあげる事で、痩せやすくなります。

おすすめのマッサージ方法は、ボディーローションを脚につけて下から脚の付け根に向かって滑らすようにマッサージしてください。

 

脚の付け根には、大きな血管やリンパが通っているので、その部位もマッサージする事で、さらに効果的です。

 

ストレッチは、トレーニングを行った部位を夜寝る前にでも行う事をおすすめします。

筋トレを行っていたら人によっては、筋肉が凝り固まってしまう事があります。

 

筋肉の柔軟性がなくなると、血行が悪くなったりして疲れやすくなるので、日頃からストレッチを行うようにしてください。

 

ストレッチの仕方は、自分がほぐしたい部位をゆっくり、深呼吸しながら伸ばしていってくださいね。

痛いところまで行うのではなく、気持ちいいと感じる所までで結構です。

 

寝る前に筋肉の緊張をほぐすことで、副交感神経が優位になり、睡眠の質を上げることにつながります。特に脚や股関節周りをほぐすと効果的です。

なので、最近睡眠の質が良くないなと思う方や疲れが取れない方は一度ストレッチを行ってみてはいかがでしょう。

 

・有酸素運動も効果的!

筋トレを行い、脚痩せを実現するためには有酸素運動も行うのが効果的です。

筋トレと有酸素運動を行う事でさらに脚痩せの効果を促進してくれます。

 

有酸素運動は、筋トレとは違い長い時間連続して筋肉を疲労させるので、速筋繊維ではなく、遅筋繊維を使う事になります。

なので、持久力のある筋肉をつける事ができ、脚も引き締まりやすくなります。

 

さらに、脚痩せ効果だけでなく、全身の体脂肪燃焼の効果があるんですよ。

 

ポイントは早いスピードで行うのではなく、ゆっくりとしたスピードで行う事が重要になります。

なので、息がハァハァ切れるほどのスピードで行わないようにしてください。

あまり早いスピードだと長い時間続けることができませんし、脂肪燃焼よりは筋肉の燃焼に繋がってしまいます。

 

私がおすすめする有酸素運動は「踏み台昇降」です。

梅雨の季節に雨が降り濡れてまでジムに通いたくない、雨で外を走ることができないといった方におすすめの方法です。

 

■踏み台昇降

・20㎝ほどの高さがある丈夫な物を準備する

・一歩分離れた距離から片足を段差に乗せる

・しっかりと手を振り、お腹も捻るように行う

・この動作を左右交互か片方ずつ行う

 

この方法は有酸素運動に慣れていない方におすすめのやり方で、強度も弱く膝関節にも優しいです。

 

腕も大きく振る事でお腹をねじることができ、お腹周りの引き締め効果もあります。

ポイントは、大股で踏み込む事。

大股で踏み込むことで、股関節のストレッチにもなりますし、可動域が広いことで脚の筋肉の柔軟性を促進させる事ができます。

 

更に、脚の筋肉が著しくない方や脂肪が多い方はいきなり有酸素運動を行うと、膝に負担がかかりますが、これは強度が弱いので比較的安心して行う事が出来るでしょう。

約30分~1時間程行うようにしてください。

 

注意点は、なるべく体幹をまっすぐにして行うという事。

左右にぶれさせながら行うと、片方の関節に変に負荷が掛かるので怪我の原因になる可能性があります。

 

姉は踏み台昇降を約2か月間、週に3日行った結果、無駄な脂肪がなくなり、脚の周囲を約3㎝細くさせることが出来ました。

負荷が弱いにも関わらず、徐々に脚痩せする事が出来るのでおすすめの種目ですよ。

 

踏み台昇降と筋トレを行う事でさらに効果を発揮させる事が出来るので、今から効果的な脚痩せする筋トレを紹介します。

 

脚痩せに効果的な筋トレ5選!

筋トレをする女性

■スクワット

・脚を肩幅に開く

・背筋をまっすぐにして、お尻を軽く突き出す

・軽くかかと重心にして、ゆっくり腰を落としていく

・半分くらいまで落としたら、重心がぶれないように腰を上げる

 

こちらはスタンダードなスクワットで、道具入らずで、どこでも行う事が出来ます。

さらにテレビなど見ながら行う事が出来るので、筋トレ中退屈という方におすすめです。

 

スクワットは脚痩せの中での筋トレでも基本ですので、絶対に行った方がいいですよ。

ポイントは、重心前後にぶれないように手を前で組むか、前ならえのように手を正面に突き出すとバランスがとりやすくなります。

 

更に、腰をさげる時は息を吸い、腰を上げる時はお腹に力を入れ、息を吐きながら行ってください。

そうするとインナーマッスルも同時に鍛えられ、代謝を上げることにつながり、脚痩せ効果も促進する事が出来ます。

 

注意点は、脚幅をあまり狭くしないで行う事。狭くして行うと太ももの外側の筋肉(外側広筋)に刺激が入るので、外側が発達しやすくなります。

 

■自重ランジ

・手を頭の後ろで組む

・片足を前に1歩だす

・体幹をまっすぐにする

・息を吐きながら、ゆっくり腰を落としていく

・上げる時もゆっくり上げる

 

ランジはスクワットに比べて少し負荷が強いですが、脚痩せ効果は抜群です。

踵に重心を乗せやすいので、ふくらはぎにダイレクトに刺激を入れる事が出来ますよ。

 

自重でも十分ですが、負荷が弱いと感じた場合は、両手にダンベルを持って行うと負荷を強くする事ができ、効果をさらに発揮させる事が可能になります。

 

ポイントは、脚の幅をしっかりと広い間隔で行う事。

広くして行う事で、膝の角度を約90度にして行う事ができるので、膝に負担がかかりにくく怪我の予防に繋がります。

 

後は、背筋をまっすぐにして行う事。

ランジは体幹が前かがみになりやすいのでなるべくお腹や背筋に力を入れて行うようにしてください。

 

注意点は、よく脚の筋肉や股関節周りをストレッチして温めてから行うようにしてください。

可動域が広いので、よくほぐしてから行わなければ肉離れなどの危険性があるので、温めてから行うようにしてください。

 

■太もも・ヒップアップ・トレーニング

・ヨガマットなど敷く

・仰向けになり手を腰の横に置く

・片足を上げてもう片方の足は床に

・お尻と太もも裏の筋肉を意識しながらお尻を上げる

 

このトレーニング方法は太もも裏(ハムストリングス)とお尻の筋肉を鍛える事が出来るので、脚痩せ&ヒップアップに効果的な種目です。

なので、後ろから見た時にお尻が上がっていて、脚が長く見えるようになります。

 

ポイントは、お尻を上げたときにお尻の筋肉と太もも裏の筋肉の収縮を実感する事です。

普段から意識して使う事がないと思いますが、実は歩く時に使う部位でもあります。

 

この種目を正しく行う事が出来たら、終わった後いつものように歩くことができないと思います。

 

私も姉も自宅で鍛える時は、この種目を行いますが、終わったらまともに歩けなくなります。

普段と何も変わらないという事は、刺激が腰の方に逃げている可能性があります。

 

最初は難しいかもしれませんが、徐々に意識することが出来るようになるので、継続して行ってみてくださいね。

注意点は、下ろすときに早く下ろさない事。速く下ろすと負荷が逃げてしまうので、効果が半減してしまいます。

 

なので、負荷が抜けないようにゆっくりと行うようにしましょう。

 

■カーフレイズ

・壁の前に半歩後ろに立つ

・両手を壁に付け背筋をまっすぐにする

・そのままふくらはぎを使い体を上下させる

 

カーフレイズはふくらはぎにダイレクトに刺激を入れる事が出来るので、ふくらはぎを細くしたいという方におすすめです。

自重でも十分刺激を入れる事が出来ますが、もっと負荷を強くしたい方は手で上にうすようにすると負荷を強くする事が出来ますよ。

 

ポイントは、踵を上下させる時にしっかり可動域をとる事!体を斜めにして行っている分可動域をする事が出来るので、脚やせ効果促進させる事が出来ます。

注意点は、腰を反らさないようにする事。腰を反らして行うと腰に変な負担がかかるので腰痛の原因になります。

 

なので、体幹にも力をいれながら行うようにしてください。

 

■太ももとふくらはぎトレーニング

・テーブルの淵辺りのラインにつま先が来るようにする

・両手でテーブルを掴む

・視線は前でゆっくり腰を落としていく

・上げる時は踵も最大限収縮させる

 

この種目は同時に2部位を鍛える事が出来るので、時間が無い方などにおすすめです。

姉は今でもこの種目を行っていますが、かなり刺激をいれる事ができ、効果を実感する事が出来ています。

 

ポイントは、膝を曲げた時につま先より前に膝が出ないようにする事。

膝が出過ぎると膝関節に負荷がかかり効果が半減します。

 

ふくらはぎを収縮させる時、外側に刺激を入れたかったら小指重心で、うち側に刺激を入れたかったら親指重心で行うようにしてください。

 

注意点は、呼吸も同時に行う事。

一度にたくさんの事に意識しないといけないですが、一番は呼吸です。腰をさげる時は息を吸い、上げる時は息を吐くことが重要です。

 

正しい呼吸を行う事で、効果を倍増させる事ができますし、血管にも負担がかかりません。

呼吸を止めないように行うようにしましょう。

 

Sponsored Link



 

筋トレで脚やせは可能なのか?自宅でも行う事が女性必見の筋トレ方法のまとめ

今回は筋トレで脚痩せは可能なのかについて紹介してきました。ポイントをまとめると‥

 

・運動不足が脚の脂肪のたるみ、むくみ、姿勢が悪くなる原因

・正しいい負荷を与えることで脚痩せを行う事が出来る

・速筋繊維よりも遅筋繊維を鍛える方が良い

・短時間で高負荷を与えると速筋繊維が刺激され太くなりやすい

・お尻を鍛える事で脚長効果とヒップアップ効果がある

・ヒールを履くことで前重心にする事ができる

・ソイプロテインがお勧め

・マッサージやストレッチを行う事で脚痩せ効果促進

・有酸素運動は踏み台昇降がおすすめ

 

筋トレで脚痩せさせる事が出来ますが、それには正しく鍛える事が重要になります。

有酸素運動と筋トレを行う事で効率よく脚痩せを実現する事が出来ます。

もちろん継続する事が必須ですので、負荷が強すぎない種目から行うようにしてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

筋トレで脚やせは可能なのか?自宅でも行う事が女性必見の筋トレ方法!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

妹尾 軌孝

妹尾 軌孝

美活倶楽部編集長。
福岡で家族4人で暮らしています!このサイトを作っている目的はいろんな人に役に立つ情報をお届けしたいという思いでこのブログを作っています。

私は寝る前にスマホでいろいろ検索をするのが好きなので私のブログもそんな寝る前に読まれるようなブログにしたいと思っています。

勉強になる話から面白い話、コラム等様々にコンテンツを作っていきますので寝る前には読んで貰えたら嬉しいです。

【ライターからのご挨拶】
中学、高校時代ともに陸上部だったので走ることが好きです。1週間の内の4日はランニングで7〜8キロ走り残りの3日は筋トレを入れるようにしています。

25歳くらいまではどんなに食べても太るらないし多分太る体質じゃないんだろうなぁと思ってたんですが、26歳くらいからなんだかお腹が出てきてがっかりしたので数字で消費カロリーが分かるように1日中ガーミンの腕時計をつけてその日の消費カロリーを調査しています。

ランニングだけでも脂肪は燃焼するのですが、もっと効率を上げるために筋トレも入れるようになりました。

なので、私が実際に腕時計をつけて博多駅周辺をランニングしているので消費カロリーは正しい数字を公開しています。

こんな感じで実際に私が経験したこと、思ったことをブログに綴っていますのでランニングや健康の話が好きな方は参考にされてください。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 自宅でもここまでできる!黄ばんだ歯を白くする方法を徹底解説!!!

  • ダイエット効果を効率的に発揮するための運動メニュー

  • 踏み台昇降でダイエット効果はあるの?効率良く痩せる方法と手順!

  • 玄関を100均アイテムで簡単DIY!DAISO、セリアで子どもの靴と家族の小物をサクッと収納!

関連記事

  • 口コミで話題のボニックプロ(bonic pro)の効果を実感!実際の使い方・効果をレポートします。(ems)

  • 健康やダイエットに良い?身近なのに知らない麹の秘密と麹を使ったレシピをご紹介します!素晴らしき麹の効果効能

  • ダイエットを成功させたいのであれば自分のシンデレラノートをつけよう

  • 口コミで話題のボニックプロ(bonic pro)を購入してふくらはぎの部分痩せに挑戦した効果を発表します💖

  • 雨の日でも自宅でできる簡単引き締めダイエットエクササイズ

  • 自転車ダイエットは痩せるの?効果的な時間や消費カロリーは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。