痩せる?痩せない?体幹リセットダイエットで効果は出るのか実際に体験してのやり方とポイントをご紹介

体幹リセットダイエット
美活編集部 ASAKO

今回は、ヨガインストラクターのASAKOが、話題の体幹リセットダイエットを紹介します。
1日5分行うだけで痩せる事が出来るというトレーニング方法を今回の記事では、実際に生徒さんにポージングしてもらい、わかりやすく解説していきます。

皆さんは、今話題の体幹リセットダイエットを知っていますか?

あの「金スマ」でも放送され評判になったダイエットです。

他にもいくつものメディアで取り上げられ、テレビで放送されてきました。

 

私は、もともと腰は丈夫なタイプでしたが、出産後に腰痛で悩まされるようになり、何とか解消できないかと考えていたところ、この体幹リセットダイエットに出会いました。

体幹リセットダイエットは、忙しい方でも取り組めるダイエット法で、きちんと行えば体が疲れにくくなったり、痩せやすくなったりします。

 

ここでは、体幹リセットダイエットについて紹介していきます。

現在、腰痛や肩こり、ダイエットで悩んでいる方はぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link



 

金スマで話題になった体幹リセットダイエットは佐久間健一さんが考えたダイエット法

 

モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット

金スマで話題になった体幹リセットダイエットとは、ボディーメイクを専門とするトレーナーの佐久間健一さんが作りだした1日5分行うだけで痩せる事が出来るというトレーニング方法です。

 

つまり、トレーニングを通して、今までゆがんでいた体幹をバランスよくしていくことで痩せるといった原理です。

 

たった一日5分だけなので、継続しやすく気軽に始める事が出来るというのが最大のメリットですね。

 

今まで行ってきたキツイダイエットとは違い、体のバランスを整えるのでリバウンドの心配もありません。

 

効果の方も多くのモデルさん方が実感していて、「他人には教えたくない!!」って言われるほどブームになったダイエット方法なんですよ!

 

佐久間健一さんは2016年に

・ミス・ユニバース・ジャパン代表のコーチ

・ミス・インターナショナル世界大会公式パートナー

・ミス・ワールド日本代表ボディーメイクトレーナー

 

などすごい実績があり、信頼性も熱いです。

 

こちらが実際に指導している動画です。

 

体幹リセットダイエットはどんなダイエット方法なの?

体幹リセットダイエットとは、体のクセを直すダイエット方法です。

現代は、運動不足や生活習慣等で想像以上に体が歪んでいます。

 

歪んだままの状態が続くと、肩こりや腰痛といった体の不調につながりますし、浮腫みやすく疲れやすい体にもなる原因になってしまいますだから、歪んだ状態を正常な位置に戻してあげることが非常に大切なのです。

 

 

体の歪みを解消するには、体幹を鍛えることが効果的です。どんなに整体やマッサージへ行っても、体の歪みを取らなければ根本的な解決にはなりません。

しばらく調子がよくても、また整体やマッサージに頼る日がでてきます。それに比べて、体幹を鍛えるストレッチを続けていれば、体を正常な状態にキープしつづけることが可能です。

 

ストレッチと聞くと、覚えるのが大変だとか、面倒だなと感じるかもしれません。

私もそうでした。

 

しかし、長い目で見ると一度ストレッチを習慣化してしまえば、お金もかからずマッサージに行く時間も必要がなくなります。

自宅で5分あればできるストレッチなので、忙しいときでも行うことができるのです。

 

最初は大変だと感じるかもしれませんが、長い目で見れば自宅でストレッチをする方が効果的だと感じませんか?

 

体幹リセットダイエットを実際にやってみよう

体幹リセットダイエットのストレッチは全部で5種類です。

しかもひとつのメニューを1分間するだけです。

たった5つのメニューを1分ずつこなすだけで、体の不調が改善したり痩せやすい体質になることができるのです。

 

もう、無理な食事制限や激しい運動をしなくても、あなたも理想のプロポーションを目指すことができるのです。

私も、最初は半信半疑でしたが、腰痛や肩こりが解消しつつあります。

 

腰からお尻にかけてコリが酷く、なかなか眠れない日もあったのですが、ストレッチを始めてから随分と楽になりました。

コリが楽になると、一日が快適に過ごせるようになり、イライラしにくくなります。

 

また、体が動かしやすくなるので、家事も面倒に感じられなくなり、大げさな表現かもしれませんが、毎日の生活がきちんと整うようになってきました。

毎日少しの時間、コツコツと続けることが大切です。

皆さんもぜひ、生活の一部に取り入れてみませんか?

 

体幹リセットダイエットのやり方

では、体幹リセットダイエットのやり方を、画像を使ってわかりやすく紹介していきます。

一気に全部覚えなくても、少しづつでいいから始めてみましょう。

続けるうちに、体が楽になってきて「もう少しやってみよう」と思えてくるはずです。

 

体幹筋の基礎をつくるエクササイズ

体幹リセットダイエット 体幹筋の基礎をつくるエクササイズ

 

うつ伏せに寝て、手は頭の後ろで組み、肘を張ります。

次に上半身と脚を持ち上げ、腰をそらせます。

 

その姿勢のまま、足同士を押し合うようにして10秒キープします。

そのあと足をクロスして同じように押し合い、さらに10秒キープします。

この動作を3セット行います。

 

私も実際に行ってみましたが、まず肘を張った時点で肩から二の腕が伸ばされ、痛気持ちいい刺激を感じました。

腰をそらせるポーズは、普段使っていない腰の筋肉を使うので腰痛に良さそうです。

足を押し合うポーズは、結構辛かったけれど足が細く引き締まりそうだったので頑張りました。

 

お尻を引き上げるエクササイズ

体幹リセットダイエット お尻を引き上げるエクササイズ

 

うつ伏せに寝転んだら、足を広げて足首をクロスするように組みます。

そのままの姿勢で、太ももを上へ持ち上げ6秒キープします。

 

これを10回行います。

このエクササイズは、お尻の上の部分によく効く感じがします。

 

ここの筋肉も普段使っていないので、すごく凝っている感じがするのですが気持ちがいいです。

お尻の筋肉は、思っている以上に凝っていることが多いです。

年々お尻の凝りが気になっていましたが、このエクササイズを続けていけば解消できそうです。

 

くびれをはっきりさせるエクササイズ

体幹リセットダイエット くびれをはっきりさせるエクササイズ

 

椅子などに腰掛け、足は肩幅に開きます。

お尻の横に手をつき、片方のお尻を持ち上げ、この状態を3秒キープします。

これを左右10回ずつ行います。

 

このエクササイズ、すぐに体が左右に傾いてしまい私には難しかったです。

5つのエクササイズの中で一番苦手かもしれません。

 

お尻を高く持ち上げようとすると、体が傾くので高さ調節をするのに苦労しました。

このエクササイズは、姿勢が良くなりそうだなと感じました。

 

猫背を解消させるエクササイズ

体幹リセットダイエット 猫背を解消させるエクササイズ

 

椅子などに座り、両腕の肘同士を掴みます。

前かがみになり、肘を膝の上に置きます。

 

肘を掴んだまま、両腕を頭の後ろに回します。

回したら6秒キープするのを10回行います。

 

このエクササイズは、背中全体が伸びてとても気持ちがいいです。

腕を持ち上げる時に、自然と深い呼吸になるので、普段呼吸が浅い私にはぴったりでした。

デスクワークで疲れたときにやっても良さそうです。

 

全身のバランスを整えるエクササイズ

体幹リセットダイエット 全身のバランスを整えるエクササイズ

 

しゃがみ込み、背中を丸めます。

両手を上に上げ、体をそらせるように大きく伸びます。

このとき、つま先立ちになるようにします。

 

これを10回繰り返します。

このエクササイズを行うと、全身の血液の巡りが良くなるのを実感できました。

 

両手を空に向かって伸ばし、体を反らせるのってこんなに気持ちがよかったのか!と思ったほどです。

大人になると、体を大きく伸ばす動作をあまりしなくなっていたので、すごく新鮮な気持ちになりました。

 

つま先立ちになると、グラグラしてしまうのですが、続けていくことでぐらつきにくくなると思います。

Sponsored Link



 

体幹リセットダイエットのエクササイズをやってみた感想

体幹リセットダイエットのエクササイズは、思っていたよりも簡単ですぐに覚えられそうなものばかりでした。

腰やお尻に効くものが多く、腰痛やお尻のコリに悩まされている私にはぴったりのエクササイズでした。

 

普段つい猫背になりがちなので、いつも使わない筋肉が使われて本当に気持ちがいいです。

体幹を刺激すると、気持ちもリフレッシュされて元気になれます。

 

ただ、こういったエクササイズは続けないと意味がないように感じます。

私の場合、ちょっと体調がよくなるとすぐに辞めてしまうので、今回はそんなことがないように続けていきたいです。

 

体幹リセットダイエットは、忙しくて時間のない方でも、隙間時間を利用して手軽にできるダイエット方法だと思います。

自分の体さえあれば、何も道具は必要ありません。

 

気が付いたときに、すぐに始められるので育児と家事でなかなかまとまった時間が取れない私にはぴったりでした。

場所も、自分が寝転ぶスペースさえあれば大丈夫です。

 

私の経験上、腰痛や肩こりなどは酷くなってから何とかしようとすると、とても辛いです。

ちょっと辛いな・・・と感じている時こそがエクササイズを始めるチャンスだと思います。

ぜひ皆さんも、体幹リセットダイエットにチャレンジしてみませんか?

体幹を鍛えるって、本当に気持ちがいいですよ。

 

体感リセットダイエットと合わせると効果的な食事方法

ここまで、体感リセットダイエットのエクササイズについて紹介しましたが、エクササイズと合わせて食事も見直すとより効果が上がります。

普段、何気なく口にしている食べ物をきちんと見直すことは、とても大切です。

 

私も、以前は痩せさえすればいいと思っていて、食事の質を考えたことはありませんでした。

体の不調は、運動不足やストレス、疲れによるものと思っていましたが、自分が思っている以上に食事って大切な要素なのです。

 

実際に食生活が乱れると、顔や顎のブツブツが酷くなりますし、体臭も酷くなります。

 

今、体に不調を抱えている方はぜひ、食生活も見直すようにしてみてください。

きっと今より綺麗な自分になることができますよ。

 

 

毎食良質のタンパク質を摂るようにしよう

たんぱく質は、人間にとってとても大切な栄養素です。

たんぱく質が不足すると、爪が割れやすくなったり髪に潤いがなくなったりします。

 

私自身、たんぱく質が不足すると爪がすぐに欠けるようになり、ささくれができます。

ささくれだらけの手を人前に出すのは、とても恥ずかしいのできちんとたんぱく質を摂るように心掛けています。

 

ささくれがあったり、爪が欠けるとお洒落なネイルも楽しむことができません。

爪って、案外大事なパーツですよね。

 

また、たんぱく質が不足すると筋肉が落ちやすくなります。

筋肉が落ちると、代謝が悪く浮腫みやすくなったり、太りやすくなったりもします。

体も疲れやすくなります。

なので、毎日食事ごとに良質なたんぱく質を摂り入れることがとても大切です。

 

良質なたんぱく質と聞くと、何を摂っていいのか分からないという方もいるかもしれません。

良質なたんぱく質を摂取したい場合、お肉や魚、卵から摂るようにするのがおすすめです。

 

お肉や魚は、できる限り国産のものを選ぶようにしてください。

余裕がある方は、産地にもこだわるといいでしょう。

 

ただし、お肉や魚といっても加工製品は控えるようにします。

ウインナーやかまぼこ等は、添加物の塊ですし、つなぎに糖質が含まれているためおすすめできません。

 

出来るだけ、自炊するように心がけましょう。

自炊と言っても、難しい料理にチャレンジする必要はありません。

 

生魚を買ってきて、グリルで焼くだけでもいいですし、お肉をフライパンで炒めてハーブソルトで味付けをするだけでも、美味しい料理ができます。

また、1日に必要なたんぱく質の量は、体重が50キロの方で一日300gが目安です。

 

1日に300gと聞くと、結構な量だと感じるかもしれませんが、人の体はそれだけたんぱく質を必要としているのです。

ちなみに、たんぱく質として有名な豆腐など、大豆製品はあまりおすすめしていません。

 

その理由は、動物性のたんぱく質より植物性のたんぱく質の方が、吸収率が悪く半分以下になってしまうからです。

しかし、体質もありますから、大豆がいいという方は無理をしてお肉を食べなくてもいいと思います。

 

私は、お肉をたくさん摂取するのが苦手で、どちらかというと豆腐の方が好みです。

だから、そのあたりは体と相談しながらたんぱく質を摂取していきたいと思っています。

 

皆さんも、自分自身と相談しながら上手にたんぱく質を摂取する方法を考えてみてくださいね。

決して無理をしないことが、長く続ける秘訣だと思っています。

 

2. 朝食は起きてから30分以内に食べるようにしよう

巷では、朝食抜きダイエットが流行っていますが、体幹リセットダイエットの著者、佐久間健一さんは朝食を必ず摂るように勧めています。

この情報は、朝食なしでは生きていけない私にとって嬉しいものです。

今まで、朝食抜きをしようとして何度も挫折してきたからです。

 

朝食を抜くと、お昼前にすごくお腹が空いてしまい集中力が切れてしまったり、冬場は体が異常に冷えたりして困っていました。

しかし、朝食をしっかり食べても痩せることはできるようです。

 

朝食を抜くと、基礎代謝が下がります。

そして、朝食抜きでお昼ご飯を食べると一気に血糖値が跳ね上がります。

 

 

この血糖値の乱高下は、体にとってとてもダメージが大きいです。

痩せにくくなるだけでなく、生活習慣病にも繋がってきます。

 

今まで、痩せたくて無理に朝食を抜いていた方は、もう我慢するのをやめて朝食を起きてから30分以内にしっかり摂るようにしましょう。

体の声に耳を傾けるのが、スリムになる近道だと思います。

 

3.食事は1日に3回以上にわけて食べる

食事の回数については、1日1食がいいだとか3回は多すぎるとか様々な意見がありますが、このダイエット法では1日3回以上を勧めています。

その理由は、食事の回数を増やすことで基礎代謝を上げることができるからです。

朝と昼にしっかり炭水化物を摂り、夜は野菜をメインにするとよさそうです。

 

私は、自分の体で色々試してみましたが、1日3食しっかり食べると余分な間食が欲しくなくなり、一番太りにくかったです。

1日1食や2食にした時には、すぐにお腹が空いてしまい、おやつに手が伸びすぎて挫折しました。

 

特に朝、しっかりと食事を摂っていれば日中の食欲に悩まされることもなく、夕食もあっさりとした食事で済ませることができました。

今までは、夜寝る前にお腹が空いて、お菓子やおにぎりに手を伸ばしていましたが、朝しっかり摂るようにしてからそのようなことがなくなりました。

 

あと、食事をしたらすぐに歯を磨くのも効果的です。

私の場合、歯を丁寧に磨くことで、「せっかく磨いたのだから間食をするのはやめておこう」という気持ちになります。

 

1日3食以上食べてよいからといって、だらだらと食べていた頃は全くダイエット効果がありませんでした。

私としては、1日3食しっかり食べて、間食は多くても1回にしたほうが効果を感じることができました。

 

関連記事↓

 

 

体幹リセットダイエットのエクササイズ応用編

今まで、5つの基本エクササイズを紹介しましたが、悩み別に応じた応用編もあります。

応用編では、7つのエクササイズを紹介します。

 

「えっ!?さらに7つもエクササイズをやらなきゃいけないの?」と思われるかもしれませんが、安心してください。

 

毎日7つのエクササイズをしないといけない訳ではありません。

症状を感じた時に、そのエクササイズをチョイスするだけでいいのです。

 

もちろん、やらなくても構いません。

一番大切なのは続けることなので、大変だと感じるのであれば行わなくてもいいのです。

毎日、自分の体と相談しながらエクササイズを追加するようにしましょう。

 

椅子に座ったまま行えるエクササイズ

体幹リセットダイエット 椅子に座ったまま行えるエクササイズ

背すじをしっかり伸ばし、椅子に座ります。

その状態のまま息を吸い、お腹に力を入れてへこませます。

これを3秒キープするのを20回繰り返します。

 

このエクササイズは、座った状態であればどこでも行うことができ、誰にもバレずにこっそり行うことができるのが嬉しいです。

仕事中のリフレッシュや、外食時などどんな場所でも可能です。

 

お腹に力を入れることで、腹筋を鍛えられますのでぽっこりお腹にも効果的です。

いつでもどこでもできるエクササイズですので、ぜひ日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

仰向けに寝転びながら行うエクササイズ

 仰向けに寝転びながら行うエクササイズ体幹リセットダイエット

まず仰向けになり寝転び、両腕を横に大きく広げます。

体をねじり、腕を反対側の腕の方に重ねるように更にねじります。

 

そのまま、腹部が下になるようにねじります。

これを10セットほど行います。

 

この体をねじるポーズは、腰の疲れにとても効きます。

ヨガのポーズでも体をねじるポーズはありますし、他のダイエットエクササイズでも、ねじりのポーズは頻繁に登場します。

 

それだけ、体をひねることって大切なのですが、どうしても普段の生活で体をひねることは少ないです。

私は、このひねるポーズが大好きです。

 

体をひねるエクササイズをしていると、腰痛が随分と解消されるのを感じました。

腰痛に悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

寝転びながら行えるので、疲れているときにおすすめのエクササイズです。

 

停滞期に悩んだときにおすすめのエクササイズ

体幹リセットダイエット 停滞期に悩んだときにおすすめのエクササイズ

足はつま先立ちになり、指を組んで空に向かって大きく伸びます。

上半身はそのままで、ゆっくりしゃがみます。

 

これを15回ほど繰り返します。

つま先立ちが苦手な私は、空に向かって伸びるときに体がグラグラして安定感がありませんでした。

 

また、しゃがむ時にもグラグラして難しかったです。

あと、真っ直ぐ立っているつもりが上体を反らしてしまいがちでした。

 

案外、つま先立ちで真っ直ぐ立つのって意識しないとできないんだなと感じました。

このエクササイズ、停滞期におすすめのものなのですが、実際やってみると全身の血流が良くなって体がポカポカします。

 

運動不足で、消費エネルギーが少ない私には合っているようです。

肩回りにも効くなぁと感じました。

 

 基礎代謝を上げるエクササイズ

体幹リセットダイエット  基礎代謝を上げるエクササイズ

両指を組んで、そのまま真っ直ぐ前に伸ばします。

足を前後に大きく広げ、前足は90度になるようにし後ろ足は膝とつま先を床につけ、かかとは持ち上げます。

 

上半身を右にひねれるだけ、ひねります。

今度は反対側に上半身をひねり、腕は空にむかって斜めに持ち上げます。

これを左右20回ずつ行います。

 

このエクササイズは、今までほとんど使うことのなかった筋肉に刺激を入れるので、基礎代謝アップに効果的です。

実際にこのエクササイズをやってみると、とにかく背中全体に効く感じがします。

 

背骨付近に適度な負荷がかかり、とても気持ちがよく背中のコリが解消されます。

これも私の好きなエクササイズの1つです。

 

美味しいものをたくさん食べた時におすすめのエクササイズ

体幹リセットダイエット 美味しいものをたくさん食べた時におすすめのエクササイズ

まず正座をして、お尻をスライドして右側に来るようにします。

左右の手でお互いの肘を掴みます。。

 

そのまま左側に体を傾けていきます。

これを5セット行い、同じようにお尻を左側にスライドして5セット行います。

 

このエクササイズは、お正月やパーティーなどついたくさん食べてしまった時におすすめです。

肩から肩甲骨、そして両側面がグーンと伸ばされてとても気持ちのいいエクササイズです。

肩甲骨周りは、普段刺激が入りにくいのでこのエクササイズはいいなぁと思いました。

 

また、エクササイズを行うと腕の血流がとても良くなり、疲れが取れる感覚があります。

このエクササイズも、私のお気に入りです。

私のように体の背面が凝っている方には、とても気持ちがいいと感じられるかと思います。

 

首周辺の筋肉を伸ばすエクササイズ

体幹リセットダイエット 首周辺の筋肉を伸ばすエクササイズ手のひらを上にして、両手を椅子の上に乗せ膝を床について座ります。

お尻をゆっくり後ろに動かしながら、上半身を床の方に近づけていきます。

この動作を6回行います。

 

このエクササイズは、脇の下にあるリンパがしっかり刺激され、腕の付け根がイタ気持ちよく伸びます。

脇の下のリンパは、デトックス効果が高い場所になりますので、しっかり刺激を入れていくといいと思います。

 

私はリンパが滞っているので、このエクササイズは痛いと感じましたが、継続してリンパの流れをスムーズにしたいと思います。

効果が出るのが楽しみなエクササイズです。

 

タオルを使ったエクササイズ

体幹リセットダイエット タオルを使ったエクササイズ

膝を軽く曲げて立ち、タオルを持った手を膝の上に置きます。

タオルを空に向かって伸ばします。

 

タオルを頭の後ろに回します。

この動きを15回行います。

 

このエクササイズだけは、タオルが必要となってきます。

ただのタオルですが、使ってみるとびっくり!

 

ストレッチ効果が凄いです。

肩甲骨周りにしっかりと刺激が入り、肩回りがポカポカとしてきます。

 

肩こりにもすごく効くストレッチだと思います。

肩から肩甲骨にかけてしっかりほぐされる感じがしました。

 

Sponsored Link



 

実際に私が体幹リセットダイエットをやった感想とまとめ

なんとなく始めてみた体感リセットダイエットでしたが、想像以上に効くエクササイズが多くてびっくりしました。

ひとつの動作に1分、合計5分という簡単さです!

どれも手軽に行うことができるので、いつも育児に追われていて時間のない私でも行うことができます。

今まで、あまり体幹を気にしたことはなかったのですが、このエクササイズに取り組んで体幹って本当に大事だなと思いました。

 

体幹がしっかりしていると、姿勢も良くなりますし疲れにくくなります。

肩こりや腰痛が軽減すると、毎日の生活がぐんと楽になります。

マッサージなどに頼らず、自分で自分をケアできるのが嬉しいです。

皆さんも、ぜひ体幹リセットダイエットで体の不調を解消してみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA