日焼け対策出来てる?成分からみる”飲む日焼け止めサプリのホワイトヴェール”の効果は?

”飲む日焼け止めサプリ”って最近よく耳にしませんか?

 

日焼け止め=肌に塗るものというイメージを覆すこの言葉に惹かれつつも、

なんとなく、「わからないものに手を出したくない」「今まで通り、日焼け止めを塗っておけばいいや」

 

と受け身になってしまいがちですよね(*_*)

 

飲む日焼け止めに限らず、健康食品・美容サプリメントに対して「飲んでも意味がない」「効果が出にくい」

といった抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。

 

私自身も、大学で栄養学を学ぶ前も、在学中も アンチサプリ=サプリメント反対派 でした。

栄養素は食品から摂るのが一番いいに決まってる!と考えておりました。

 

大学卒業と同時に管理栄養士免許を取得し、化粧品とサプリメント・健康食品を扱う会社に販売員として入社。

アンチサプリ寄りの立場から、内外美容・インナーケアについて勉強をしてきました。

 

下記が私が所得した管理栄養士の賞状になります。

栄養管理士の免許証

 

ここでは、サプリメントは絶対に飲むべき!という事ではなく、サプリメントはなりたい自分に近付くための選択肢の一つと思っていただけたら幸いです。

美活編集部 料理研究家 茉子

今回は、管理栄養士としての見解も含めて、美活編集部 茉子が、日焼けの恐ろしさとその日焼けを防ぐために成分から”飲む日焼け止め”についてくわしくご紹介していきたいと思います。

 

 

美肌の天敵!恐ろしい紫外線!

紫外線が肌悩みの大きな原因になっていることは、皆様ご存知ですよね。

肌老化の80%は紫外線の影響と言われていますので、特に夏場は、皆様しっかり紫外線対策をされていると思います。

 

肌質によって日焼け後の肌の状態は人それぞれで、日焼けした後に火照ったり、赤くなる人もいれば、黒くなって皮が剥がれていく人もいると思います。

しかし、基本的にお肌が受けるダメージは皆さん同じです。

 

日焼け後のお肌に起こっていること・・・

紫外線にはA波とB波があり、

先ほど述べた「火照る」「赤くなる」「黒くなる」というのは、紫外線B波による肌表面上でのヤケドのようなものでシミの原因になります。

 

これらは、紫外線を浴びたあと割と早めに現れてくれるので「大変!!!!日焼けしちゃった!!!!」という罪悪感を感じざるを得ません。

そのため、「美白美容液とか買ってみようかな・・・」「スキンケアを美白ラインに変えようかな・・・」などの対策を打たれる方がほとんどだと思います。

 

しかし、本当に怖いのはその後・・・・・・・・・・・

実は紫外線A波は肌の奥深くにまで届き、肌のうるおいを奪い、ハリを破壊していきます。

 

若いうちは水分量が多いため、日焼け後の乾燥もあまり気にならなかったり、たるみなんて無縁と感じていらっしゃった方も多いと思います。

残念ながら「乾燥」「たるみ」「シミ」といった肌悩みは、加齢によっても作られてしまいます。

 

しかし、紫外線はこれらの肌悩みを作るスピードに拍車をかける恐ろしいものなんです。

つまり、紫外線を浴びた後のお肌というのは、乾燥やしょんぼりと元気のないお肌、重力に逆らえないお肌に近付いてしまっているというわけですね!!こわい!!

 

紫外線からお肌を守るために!

では、できる限り紫外線からお肌を守り、ずっと若々しいお肌を保つためには何をすれば良いでしょうか?

日光に一切当たらないのが一番なのですが、それは不可能に近いので一般的な紫外線対策からみていきましょう。

 

手軽!紫外線対策の定番 日焼け止めを塗る

紫外線対策といえば、日焼け止めを塗るのが定番ではないでしょうか?

多くの製品が発売され、タイプもジェル・ミルク・クリーム・スプレー・パウダーなど多様化していますよね。

 

お湯で落とせるタイプやウォータープルーフなど実に様々な種類があるので、デイリー用とレジャー用で使い分けているという方も多いのではないでしょうか?

なかには高価な製品もありますが、基本的には値段もお手頃でドラックストアや、コンビニでも買えて持ち歩けるというのがメリットですね。

 

反対にデメリットは、きしつく・べたつく・白浮きするといった塗った後の不快感が最も大きいのではないかと思います。

私も、せっかく日焼け止めを塗ってもすぐに洗いたい衝動を抑えた経験が何度もあります((+_+))

 

あとは、日焼け止めが肌に合わず荒れてしまったり、ニキビが発生・悪化してしまうなど経験されたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

夏は皮脂と汗の分泌が多くなり、肌荒れ・ニキビのできやすい環境が整っているので、特に気を付けたい悩みですよね。

 

実はこれらは、日焼け止めに含まれる成分が原因です。

 

紫外線ダメージをブロックするために、日焼け止めには紫外線散乱剤・紫外線吸収剤のどちらかを使用しなければなりません。

紫外線吸収剤を使用した日焼け止めは、きしつきにくく、白浮きしにくいですが、肌への負担が大きいため肌荒れやニキビの原因になりやすいです。

 

紫外線散乱剤を使用した日焼け止めは、紫外線を反射させてブロックするため肌への負担が少ないです。

敏感肌用やお肌に優しい処方の製品に多く使われています。

しかし、これが日焼け止めを塗った後にきしつきやすい・白浮きしやすい成分なのです。

 

このように、多くの製品の中からどちらのメリットも併せ持つ、自分に合った日焼け止めに巡り合うまでに相当な時間もお金も掛かってしまうのが難点ですよね(/_;)

 

肌への負担が少ない!日傘をさす

自分に合った日焼け止めになかなか巡り合えない方や、徹底的に紫外線をブロックしたい方は、日傘を使われる方が多いのではないのでしょうか?

日焼け止めの塗りムラがあっても、露出の多い服でも、さすだけで紫外線をブロックしてくれる優れものですよね(^^♪

 

朝は晴れていたのに、帰る時に突然の雨!なんて時にも使えて一石二鳥♪

ただ、残念ながら荷物が多い日や外での移動時間が長い時などは、腕が疲れる・荷物になる・電車やお店に忘れてくる・・・などデメリットもありますね(*_*)

 

更に、傘の素材や色によってはアスファルトからの照り返しを受けてしまうことも・・・。

 

肌への負担が少ないパート2!肌を出さない

これも実践されている方が多いのではないでしょうか?

外を歩くときはもちろんですが、つい油断しがちな運転中も意外とかなり日焼けしますよね!

 

夏が終わる頃に、右腕だけ黒い!なんて慌てた経験はございませんか?

そこで、黒のアームカバーをつけたり、UVカットのカーディガン・パーカーを羽織ったりといった対策がありますね。

 

最近では、薄手の物や風を通すデザインの物、触るとひんやりするクールタイプもあるようで、なんて画期的なの!と感動しました。

デザインやカラーも多く、選ぶもの楽しい♪

 

難点は、ちょっと暑い!コーディネートと合わないことがある!顔・首は紫外線ブロックできない!ことでしょうか・・・。

 

完璧な紫外線対策はない!?!?

前述したように、これひとつで完璧!という紫外線対策はないのかもしれません・・・。

どの方法にもデメリットがあるので、いくつかの紫外線対策を併用してデメリットをカバーするのがいいかもしれませんね(*^-^*)

 

”飲む日焼け止め”は肌にどう良いの?

使ってみなきゃわからん!!と思い、”飲む日焼け止め”については、いくつかお調べしました。

色んな会社さんから発売されているようでどれにするか非常に迷いました(^^;)

 

ひとまず、雑誌で見たことがあって初回がお安かったホワイトヴェールを注文してみました!

できれば長く使っていきたいので、飲みやすくて効果が期待できるものだといいなあ~くらいに考えていました。

 

あと、なんとなく海外製のものは飲みたくないなあ~と思っていたのも決め手でした。

ホワイトヴェール

ホワイトヴェールは、有名な海外女優さんが愛用されていたりと、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

届いたものがこんな感じです。

ホワイトヴェール

 

ホワイトヴェールの成分

お調べしたところ、ホワイトヴェールには非常にたくさんの成分が含まれていました☆

あと、不安な方もいらっしゃると思いますが、ホワイトヴェールは日本製でした。

 

ニュートロックスサン クロセチン・ルテイン・ザクロエキス・メロンプラセンタ・リコピン

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・パントテン酸・ビタミンD ローズポリフェノール・アーティチョークエキス

 

ビタミンを含む13種類の成分が、それぞれ美白・美肌にどう良いのかをまとめてみました。

 

ニュートロックスサン

地中海産のシトラス果実とローズマリー葉を特定の配合で混合した成分で、抗酸化力の高い天然ポリフェノールとして注目度が高まっています。

レモン ローズマリー

抗酸化力といえば、ビタミンCやビタミンEが有名ですよね。

ニュートロックスサンは、そのビタミンCやビタミンEよりも抗酸化力が高いと言われ、世界でも研究がされているようです。

 

また、地中海といえば、美しい街並みのリゾート地やオリーブ・ワインなどの美味しい食べ物でも有名ですね。

気候は、夏は日差しが強くカラッと乾燥しているイメージがありませんか?

 

実は、その地中海の暑さや強い日差しに負けない植物達が、ニュートロックスサンの強い抗酸化力の秘密なんです。

抗酸化力とは、聞いた事のある方もいらっしゃると思いますが、活性酸素を増やさない力の事です。

 

活性酸素とは、私達の体の中のウイルスや細菌などの異物を始末してくれる大切な酸素です。

しかし、活性酸素が体内で増え過ぎると、疲れやすくなったり、老化を早めたり、肌悩み(シミ・たるみ・ニキビなど)の原因になってしまいます。

 

活性酸素はストレスなど様々な原因によって作られますが、紫外線が原因で作られることが多いです。

晴れた日に1日中屋外にいると、体がものすごくだるくなったり疲れたりした経験はありませんか?

 

それが紫外線によって活性酸素が増え過ぎている状態です。

今のは極端な例ですが、紫外線を浴びることによって少なからず活性酸素は作られてしまいます。

 

つまり、ニュートロックスサンが入っていることで、シミ・たるみの元になる活性酸素を作り過ぎるのを防いでくれるのです!!

 

クロセチン・ルテイン・ザクロエキス・メロンプラセンタ・リコピン

聞いた事のあるような、ないような名前が並んでいますね。

まずは、おおまかに、それぞれの主な働きを書いていきますね。

 

クロセチン

自然界に存在する色素の一種。

抗酸化力を持つため、食品の保存のためにクチナシの実やサフランなどのスパイスとしても使われます。

スパイスなので、血流を良くしてくれる働きがあります。

 

食品から多くを摂るのは難しいので、サプリメントなどで摂る方が多いですね。

 

ルテイン

目の中に存在する成分で、眼を光から守ってくれます。

ルテインが不足すると白内障になりやすいと言われているので、眼に良い系のサプリメントにたまに含まれています。

 

ザクロエキス

体内では、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをします。

エストロゲンは肌を綺麗にしてくれたり、ホルモンバランスを整えたり、コレステロール値を正常に近づけてくれます。

 

美容マニアには非常に気になる成分ですね!

 

メロンプラセンタ

植物系のプラセンタはあまり聞き慣れないと思いますが、 豚などの動物性プラセンタより抗酸化力が高いです。

アミノ酸・ビタミン・ミネラルが豊富で、肌の生まれ変わり=ターンオーバーを正常に近付けてくれます。

 

美容マニアには非常に気になる成分②ですね!

 

リコピン

リコピンちゃんは、皆さんも一度は耳にしたことがある成分だと思います。

トマトの赤い色素で、これも抗酸化力が高いため、シミ・しわを予防する力が高いです。

 

ただし、体に貯めておく事が出来ないので、少しずつでも毎日摂るのが重要です。

 

 

これらの5つの成分は、直接的に紫外線をブロックするわけではありませんが、

 

・抗酸化作用でシミ・しわのできにくいお肌作りの手助けとなる働き

ホルモンバランスや肌の生まれ変わりのリズムを整えることによって美肌作りの手助けとなる働き

 

が、あるために紫外線の影響でしわ・しみができるのを防ぎたい方や、普段のお手入れの効果をより実感したい方には積極的に摂りたい成分だと言えます(^^)♪

 

 

 

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・パントテン酸・ビタミンD

ビタミン系は単体のサプリメントや栄養ドリンクなどで摂られている方もいるかもしれませんね^^

特にビタミンB群は不足すると肌荒れや口内炎に繋がってしまうので、生活が乱れている時などは意識的に摂る方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・パントテン酸

この4つは、ナイアシン、ビタミンB12、ビオチンなどと共にビタミンB群というくくりでまとめられます。

ビタミンB群は、互いにお互いの働きを助け合って存在しているので、どれか一つでも不足するとスムーズに働けなくなるので、まんべんなく摂取する必要があります。

 

ビタミンB群が何をしてくれるかというと、お肌(皮膚・粘膜)にしっかりと栄養を届けて生まれ変わりを促してくれる重要な働きがあります。

不足すると肌荒れ・口内炎を起こすというのは、この働きがしっかりとされていないからなんですね。

 

特に、パントテン酸は紫外線のダメージからお肌を守ってくれる働きがあり、私たちの腸内で作られるため不足は基本的にありません。

しかし、腸内環境が悪いと作られる量が減る恐れもあるので、注意が必要です。

 

このように、ビタミンB群は美肌のキープには絶対に必要な成分なのですが、日常的に不足するということは、あまりありません。

あまり、というのは、食生活や生活習慣によっては一時的に不足することもあります。

 

ビタミンというと野菜から摂れるイメージがありますが、ビタミンB群に関しては、動物性食品に多く含まれています。

例えば、豚肉・レバー・うなぎ・赤身の魚・あさりなどです。

 

植物性食品だと納豆や玄米などに含まれていますが、いずれにしても毎日必要な量を食べるというのは難しいですよね(^^;)

好き嫌いが多い方や、外食・お惣菜が多い方は特に注意が必要になってきます。

 

また、忙しくて食事が偏っていたり、ダイエットによって食事の量を減らしている場合もビタミンの摂取量が減少します。

こういった場合にはビタミンB群に限らず、サプリメントなどから摂取することが望ましいです。

 

一方、「摂りすぎたら体に害になるのでは・・・!?」という心配をされる方もいらっしゃると思います。

ご安心ください。ビタミンB群は体にとって必要な量を超えた分は、尿と一緒に体外へ排出されるので害はございません。

 

つまり、肌荒れを防いでお肌に栄養を届けて生まれ変わりを助けくれるんですね!

 

ビタミンD

主に骨の健康と関連が強いビタミンなので、あまり美容分野では注目されないビタミンですよね。

しかし、先日、ビタミンDと日焼け止めの関係に関する記事が、某有名新聞に掲載されていましたよね。

 

ビタミンDは、私たちが紫外線(先述した紫外線B波!)を浴びることによって、体の中で生成されます。

ところが、日焼け止めを使用している方・屋外にあまり出られない方などは、この働ける形のビタミンDが不足する恐れがあると明らかになったのです。

 

紫外線をブロックしているのだから、言われてみれば当然ですよね(*_*)

 

ビタミンDも、他のビタミンと同様、不足すると様々な病気との関連があると言われ、日々研究がなされています。

一番有名なものだと、将来的に骨粗しょう症を発症するリスクが高くなると言われています。

 

※骨粗しょう症:骨密度が低下=骨がスカスカした状態で、骨折しやすいため寝たきりになる可能性が高くなります。

 

日焼け止めを使用しなくても、なんらかの紫外線対策をされている方は食品やサプリメントからビタミンDを摂取するよう注意が必要です。

その点、ホワイトヴェールにはビタミンDが入っているので、よく考えられているな~と思います( ゚Д゚)!

 

ただ、気を付けてほしいのが、ビタミンDは先ほどのビタミンB群と違い、摂りすぎると体に蓄積されてしまいます。

普通に生活していて過剰になることはないのですが、もし他にサプリメントを摂取されている場合はビタミンDが含まれていないか成分表示をご確認されることをお勧めします。

 

すなわち、今のお肌とは直接関係はないかもしれませんが、現代の女性特有の不足しやすい栄養素を補ってくれるんですね!

 

ローズポリフェノール・アーティチョークエキス

なんか美容に良さそうな成分名ですね♪

では、気になる美容効果を具体的にみていきましょう♪

 

ローズポリフェノール

ローズエキスなどはよく化粧品にも含まれていますよね♪

ローズポリフェノールは名前の通り薔薇から抽出したポリフェノールです。

 

ポリフェノールなので、先ほども申し上げた通り、抗酸化作用がありますので、シミ・しわの予防に効果的です。

しかし、ローズポリフェノールには特有の成分が含まれています。

 

オイゲニインという成分です。

オイゲニインには様々な作用があると言われていますが、特に注目したいのが、抗アレルギー作用です。

 

アレルギーというと食物アレルギーや金属アレルギーが聞き慣れているかと思いますが、

お肌でいうと、ほこりや花粉などでも気付かないうちに反応してしまい肌荒れしてしまうこともあります。

 

スキンケアを変えていないのに、なんかいつもよりカサついてる・・・とか、なんか触った感じがザラザラしてる・・・なんて時はありませんか?

 

全てのアレルギーに対応しているわけではありませんが、ローズポリフェノールはそのようなアレルギーによる小さな肌荒れを防ぎながら、シミ・しわを予防してくれることが期待できます。

 

アーティチョークエキス

こちらも、化粧品によく含まれているので、聞いたことのある方もいらっしゃると思います。

 

何が良いのかというと、大人のシミ予防としわ予防効果があると言われています。

悲しいことに、シミは紫外線だけでなく、加齢からも自然と作られてしまうものです。

 

それは、もともと私たちの体内に存在するグルタチオンという成分が加齢によって減少してしまうことが原因です。

グルタチオンは活性酸素を除去してくれる働きがあり、シミ・しわができるのを防いでくれます。

 

しかし、このグルタチオンが減少していくと活性酸素が除去されないため、シミ・しわなどができやすくなってしまいます。

そのため、グルタチオンは病気の治療だけでなく、アンチエイジングやデトックス目的で美容医療にも使われています。

 

アーティチョークエキスは減少してきたグルタチオンの産生を促してくれることで最近は様々な化粧品やサプリメントに使われています。

 

このように、活性酸素を除去しやすい体づくりで大人のシミとしわを予防してくれるのがアーティチョークエキスです。

昔と比べてシミが・・・しわが・・・と気になってきた方にとっては、非常に魅力的な成分ですよね(^^)/♪

 

”飲む日焼け止め ホワイトヴェール”は、ぶっちゃけどうなのか!?

以上の全成分の働きを踏まえた率直な見解は、美しさを保つアイテムの一つとして有効かもしれない!という事です!

お肌の不調から日焼け止めが塗れないときはもちろんですが、紫外線対策を併用するのにはぴったりだと思います。

ホワイトヴェール 

例えば、日焼け止めを塗れない方は、ホワイトヴェールと日傘を併用して、紫外線のダメージとシミ・しわを防ぐ!という摂り方や、

日焼け止めを塗って紫外線をブロックして、不足しやすいビタミンを補いながらシミ・しわ・肌荒れを防ぐ!という摂り方がお勧めです!

 

紫外線から守るだけでなく、抗酸化作用のある成分や美肌・美白作用のある成分など盛りだくさんなので、美白アイテムの一つと捉えるのは少しもったいない気がします。

単体の成分の美容サプリメント(例えばザクロエキス単体など)を飲まれるより、ホワイトヴェールであらゆる方向から美しさを保つとい飲み方の方が良いかもしれませんね。

 

シミだけでなく、肌荒れやしわも防いでくれる効果が期待ができるサプリメントなので、美白を最重要視している方はもちろんですが、

 

・アンチエイジングをして、今のハリや白さをなるべく維持したい方

 

・食生活が乱れがちな方

 

・ダイエットの食事制限をしている方

 

・ビタミン系サプリを飲んでいるけど物足りない方

 

このような方たちにもお勧めです!

 

また、現在、シミやニキビ跡が気になる方には、ホワイトニングアイテム(美白美容液など)とホワイトヴェールの併用を特にお勧めします。

その理由は、シミ・ニキビ跡ってまわりの肌の色より暗いですよね?

 

紫外線は黒いものに集まるので、その今あるシミ・ニキビ跡は年々濃くなっていく恐れがあります。

紫外線をもろに浴びたり、シミのできやすい状況(活性酸素がいっぱい、など)は危険なので、まだ薄い・小さい・できたばっかりの段階からケアしていくことが重要です。

 

以上は成分的な見解でしたが、今後も続けていきたいか、という面では、yesですね!

個人的に、サプリメントに関しては効果の実感を重要視しているんですが、1日に飲む粒数が多いのとカプセルタイプだけはどうしても苦手です(^^;)

 

私の場合はこのホワイトヴェールに切り替える前は、ヘリオケアで紫外線対策をしていたのですが、粒が大きいのが弱点でした。

なので、ホワイトヴェールのちっちゃい粒1日2粒というのはとてもありがたいです!

ホワイトヴェールの粒の大きさ

ホワイトヴェールをお皿の上に置いてる画像

届くまでの間、ネットの口コミで「臭いが気になる」という声を見かけました。

商品が届いて開けてみると、まあ、確かに臭いはするけれども、、、

 

飲んでしまえば特に気にならないので、私は飲みやすさを優先します。(笑)

ホワイトヴェール愛用の画像

下の記事では2018年にオススメしたい、飲む日焼け止めサプリをご紹介していますので、今日がある方は除いてみてください。

関連記事↓

 

ホワイトヴェールだけじゃ不安!という方が一緒に飲んだ方がいいサプリメント

ホワイトヴェールには、実にたくさんの美容成分が含まれていますが、もし一緒に飲むお勧めのサプリを挙げるなら、ビタミンCのサプリメントです。

既に摂られている方も多いのではないのでしょうか?(^^)

 

ビタミンCが美容にとてもいいのは皆さんご存知だと思いますが、具体的に申し上げますね。

 

・肌の中でシミが作られるのを防ぐ!

・肌の奥でコラーゲンを作るお手伝いをする!

 

なんと!シミにもしわ・たるみの予防にも必要なのです!

また、ビタミンCはとてもデリケートで壊れやすく、摂っても消費されやすい性質があります。

ストレスの多い日々が続いていたり、喫煙習慣によって消費されてしまいお肌に使う分がなくなってしまいます。

 

ビタミンCは果物や野菜から摂ることができますが、あんまり食べる習慣がないという方やストレスの多い方・喫煙習慣のある方は、ホワイトヴェールと一緒にビタミンCのサプリメントも摂ってみませんか?☆

 

ビタミンC単体のサプリメントはディアナチュラ、FANCL、ドクターシーラボから発売されています。

 

ディアナチュラ 「ビタミンC」

1000mg/2粒/1日*カプセルタイプ*ビタミンC・E・Aが一緒に入ったタイプもあります。

ディアナチュラ ビタミンC

出典 amazon

FANCL 「ビタミンC」

1050mg/3粒/1日*カプセルタイプ*体内で吸収・利用しやすい形で配合されています。

FANCL ビタミンC

 

出典 amazon

 

ドクターシーラボ 「VC6000マルチビタミン」

200mg/1粒/1日*粒(タブレットタイプ)*ビタミンB群・A・D・Eも入ったマルチビタミン。

ドクターシーラボ ビタミンC

出典 amazon

 

絶対に1日〇粒摂らなきゃいけない、というわけではないので、他に飲んでるサプリメントや食事内容によって調整しても良いですね。

ビタミンCの一日に必要な量は100mgといわれていますが、摂取して体内で使わなかった分は尿と一緒に排出されるので問題ありません。

 

また、ビタミンCはハリを作るのに欠かせない成分のため、コラーゲンのサプリメントやドリンクにもビタミンCが一緒に入っていることが多いです。

この3社から発売されているコラーゲンにもビタミンCが含まれていたので、もっとハリのケアをしたい!という方はこちらでも良いですね。

 

価格・形状・一緒に入っている成分など様々なので、ご自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか?(^^♪

 

飲む日焼け止めサプリ(ホワイトヴェール)のまとめ

以上が、話題の”飲む日焼け止めサプリのホワイトヴェール”を調べてみた結果&飲んでみた個人的な感想です(^^)

 

肌が受ける紫外線のダメージを少しでも軽減することが、美しさを保つ鍵になってきます。

また、紫外線だけでなく、食生活・生活習慣も未来の自分に関わってきます。

 

それぞれ、ライフスタイルや嗜好があるので、完璧な食事や生活習慣は不可能です。

その中で少しでも理想の自分に近付けるようサポートしてくれるのが、サプリメントです。

 

ご自身のお肌悩みと向き合い、現在も未来も、どんな肌でいたいかをもう一度想像してみてはいかがでしょうか?(#^^#)

私は理想のツヤ肌を目指してこれからもインナーケアとお手入れをがんばります☆

 

ありがとうございました。

 

日焼け対策に興味がある方はこちらも読んでいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA