1. TOP
  2. 日焼け後のケアは絶対!?正しいケアで美白を取り戻そう!睡眠・食事・おすすめアイテム

日焼け後のケアは絶対!?正しいケアで美白を取り戻そう!睡眠・食事・おすすめアイテム

 2018/05/21 美容
193 Views

女性の皆さまにとって、日差しが気になる季節がいよいよ到来しました!

「一点の曇りもなく・透明感がある・透き通った・陶器のようなお肌」は、女性の憧れですよね?

そんな、理想的な女性らしいお肌を手に入れる事に大敵!ないくつかの要因は皆さまご存知でしょうか?

日々お手入れを励まれている皆さまに、これさえ押さえれば間違いなし!の対策とケアについてご紹介いたします。

 

Sponsored Link



 

透明感があるお肌に近づくには

 

・「紫外線」からお肌を守る

「紫外線」がお肌の健康にとって大敵!なのは皆さまご存知だと思います。

そんな「紫外線」には実は、2種類あります。

 

①UV-A(紫外線A波)

→紫外線の中でも、素肌の奥まで届いてしわやたるみなど老化に大きく影響します。

長い波長の紫外線で、素肌の奥の真皮へ届いて、コラーゲンを破壊します。

その為、シワやシミ、たるみの原因となります。

 

②UV-B(紫外線B波)

→短い波長の紫外線で、素肌表面に炎症を起こし、日やけの原因となります。

またシミを生成する「メラノサイト」を刺激するため、シミやソバカスのもととなるメラニンの生成を促します。

 

特に、

①のUV-Aは、窓ガラスや雲も通すので、室内や曇りの日でも対策が必要です。

5月に1番多く、次に7月に多く降り注ぐ事にも、注意が必要です!

 

②のUV-Bは、7月・8月・5月の順に多く降り注ぎます。

太陽紫外線のUVAとUVBの月間変動

太陽紫外線のUVAとUVBの日内変動

出典:日本化粧品工業連合会

茨城県つくば局における紫外線量 月別

出典:有害紫外線モニタリングネットワーク

 

 

・「くすみ」のないお肌に

「透明感がある・透き通ったお肌」にはありえない、「くすみ」。

この「くすみ」にも大きく2つの原因があります。

 

①デイケア不足

→紫外線対策や保湿対策

 

②日常生活による影響

→食生活や睡眠不足・日常的な習慣(飲酒や喫煙)

 

・「健やかな」お肌に

「透明感があるお肌」にとって、柔らかで艶やかなお肌は必要不可欠!

柔らかな・艶のあるお肌の妨げになっている2つの原因とは。

 

①毛穴の汚れ・お肌の生まれ変わり周期(ターンオーバー)

→間違ったクレンジング方法・ターンオーバーの乱れ・角質肥厚

 

②血行不良

→体の冷えや運動不足

 

 

では、次にどのように「一点の曇りもななく・透明感がある・透き通った・陶器のようなお肌」に近づく事が出来るかお伝えしたいと思います。

 

 

 

万全な紫外線対策

紫外線A&B波からお肌を守るには、外出時だけでなく日常的な「日焼け止め」の使用が最も有効的です。

 

日やけ止めに記載されているSPF値、PA値は、どう言う意味があるかご存知でしょうか?

お肌の真皮まで届くA波を防ぐ指標を「PA」、お肌の表皮に影響を与えるB波を防ぐ指標を「SPF」で示しています。

 

お肌の奥まで到達する、紫外線A波に対するより高い防御効果を持った日やけ止めを日常的に使用する事も「将来のしわやたるみ・シミ」対策になります。

PAの後ろの+が、多い程効果が高まります。

 

(2013年1月から、日本化粧品工業連合会によるPA値の最高基準が「+++」から、「++++」に引き上げられることが決まりました。)

参考資料→紫外線防止効果測定法基準の改定と それに伴う「PA++++」表示の追加

 

土台作りに、保湿は必要不可欠!

2種類の紫外線の刺激に耐えられる、しっかりとした土台作りも忘れずに行って下さい。

 

その為には、保湿対策による「うるおい肌」を手に入れましょう。

うるおいのあるお肌は、バリア機能が整っているため、肌の生まれ変わり周期(ターンオーバー:健やかお肌は28日)も正常で、紫外線やチリ・ホコリといった外的刺激をしっかりブロックしてくれます。

 

保湿は、水分と油分のバランスが重要です。

化粧水で、水分をしっかり入れ、その後、乳液で水分を乳化、クリームでしっかりとお肌に入れた水分と油分を閉じ込めましょう。

 

もし、余裕があるのなら美白美容液をプラスして頂くとさらなる効果が期待できます。

関連記事↓

 

 

普段の食生活からもアプローチ

お肌のケア同様カラダの中からも、しっかりとケアしていきましょう!

 

紫外線によってカラダの中に作られる大量の「活性酸素」。

この「活性酸素」は、いわゆるカラダをサビさせる元になります。

 

そして、活性酸素はお肌の真皮にあるコラーゲンにダメージを与え、ハリをなくしたり、たるみやシワができる原因にもなります。

また、バリア機能が低下してターンオーバーが乱れやすくなる為、乾燥やくすみ・お肌のごわつきなどの肌荒れ症状が現れてしまいます。

 

百害あって一利なしの活性酸素からカラダを守る「抗酸化作用」。

この抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂る事で、カラダの内側からもお肌のケアをしていく事が大切です。

 

・紫外線に有効な栄養素-ビタミンC

美白効果が期待できるビタミンC。

ビタミンCには、シミの元を生成するメラノサイトを刺激する活性酸素の働きを抑えます。

また、メラノサイトで生成された黒色メラニンを肌色化し、シミやそばかすを防ぐ働きがあります。

 

その他にも、紫外線によって破壊されてしまうお肌のハリや弾力には欠かせない、コラーゲンやエラスチンの生成を助けたり、強い抗酸化作用を持つビタミンEの作用を助ける働きもあります。

 

ビタミンCは、2・3時間で体外に排泄されてしまう為、こまめに摂取することがポイントです。

 

 

・強い抗酸化作用をもつ-アスタキサンチン-

近年、注目されしばしば耳にする事もある「アスタキサンチン」。

アスタキサンチンには、ビタミンEの約1000倍・ビタミンCの約6000倍もの抗酸化力があるとされています。

美肌効果にはもちろんのこと、免疫力アップにも期待できます。

「自然界最強の抗酸化力物質」とも言われています。

 

【アスタキサンチンを含む食べ物】

さけ、イクラ、えび、かになどの魚介類

関連記事↓

 

Sponsored Link



 

習慣化したい「紫外線対策」

先にお伝えした通り、

 

①1年中の「日焼け止め」(日焼け止め効果のある化粧下地)の塗布

②日々の「保湿ケア」

③カラダの中から「抗酸化作用」の食品摂取

 

その他にも、

④日傘や帽子、アームウォーマー・サングラスを着用

 

など、UV CUT素材のもので万全な紫外線対策を行いましょう!

 

「首」「手の甲」「足の甲」の対策もお忘れなく。

夏が終わって、ふと見てみれば顔や手足と色が違う…なんていう事もしばしば。

細かな部分にまで、気を配り、日常的な紫外線対策を習慣化しましょう。

 

 

「紫外線対策」以外にも…

透明感のあるお肌に近づくには、 紫外線対策以外にも

 

①ストレスを溜めないこと

②適度な運動をすること

③休養・睡眠を十分にとること

④美容液やパック・フェイシャルマッサージのケアを取り入れること

 

にも気をつけましょう。

 

①は、ニキビやシミ対策に繋がってきます。

②は、表情筋の衰えからくるたるみやくすみ対策に繋がってきます。

③は、くすみやニキビ対策に繋がってきます。

④は、お肌の悩みに特化した美容液を取り入れたり、パックやマッサージで血行を促進することによってお肌のターンオーバーを正常化し、シミやくすみ・たるみ・乾燥対策に繋がってきます。

 

ココロとカラダは、直結!

「お肌の事だから」と、お肌のお手入ればかりでなく、ストレスフリーで健康的な毎日を送る様、心がけたいですね。

 

 

「美白ケア」と「UVケア」の違いは?

この2つの違いをご存知でしょうか?

 

・「美白ケア」

→シミやソバカスの原因となる「メラニン」の生成を抑える効果のある化粧品等を使用してのケア

 

・「UVケア」

→シミ・ソバカスだけでなく、シワやたるみにも大きく影響してくる「紫外線」からお肌を守る為に日焼け止め等を使用してのケア

 

「美白ケア」をせっかくしていても、原因対策となる「UVケア」を怠っては効果があまり期待できないかもしれません。

 

 

①これをなくしては美白なし!「紫外線対策」

先にもお伝えしてきた「紫外線」がもたらす様々な影響は、覚えておられますか?

紫外線は、1年中晴れの日も雨の日も曇りの日も、暑くても寒くても、関係なく降り注がれています。

紫外線量の多い5月から8月には、より高い防御効果を持った日焼け止め。

それ以外は、シーンに合わせた日焼け止め。

と使い分ける事も必要です。

 

【参考に】

日焼け止めに記載されている「PA値」「SPF値」

・PA+→「効果がある」

・PA++→「効果がかなりある」

・PA+++→「効果が非常にある」

・PA++++→「効果が極めてある」

 

②「うるおい肌」でバリアを張りましょう!

うるおいのあるお肌は、紫外線からの刺激に耐えられる土台になるだけでなく、外からの刺激から守る「バリア機能」も備えています。

お肌の保湿機能は、角質層のバリア機能+角質層と、真皮の水分保持機能の2つがうまく機能していないと成り立ちません。

角質層は、バリア機能にとっても、水分保持機能にとっても大変重要です。

 

健やかな角質層を作る為にも、過度な洗顔に気をつけ、乳液とクリームで化粧水をお肌の中にとじこめます。

また、角質肥厚の場合はパックをしたり、お肌のターンオーバーを速める為にも毎日のマッサージを行いましょう。

 

③カラダの内側からも「美白ケア」

美白に効果的な食べ物

・ビタミンCを含むもの→メラニンの生成を抑える

レモン、いちご、キウイ、アセロラ、赤ピーマン、小松菜、ほうれん草など

 

・ビタミンEを含むもの→抗酸化作用・メラニンの生成を抑える

アボカド、アーモンド、ヘーゼルナッツ、南瓜、キウイ、いくら、落花生、たらこ、グレープシードオイルなど

・ビタミンAを含むもの→保水効果の促進・血行促進

緑黄色野菜やレバー、うなぎなど

 

・ビタミンBを含むもの→代謝促進

レバーや豚肉、大豆製品、卵など

 

・鉄分を含むもの→シミなどを薄くして、ハリのある肌を維持する・コラーゲンの生成

レバーやカツオ、マグロ、アサリなど

 

 

美白の妨げになる食べ物

・カフェインを含むもの→色素沈着やシミを悪化

 

・アルコール→活性酸素の発生・水分やビタミン、ミネラルの減少

 

 

④夜こそ「美白ケアの時間」

お肌の生まれ変わりは、夜睡眠時に行われます。

最も活発に行われるのが、「22時から2時の間」。

お肌にとってゴールデンタイムです。

この間に、たっぷりの美白効果のある化粧品でケアしたお肌で睡眠をとると、効果的に美白に近づけるのでは?と思います。

 

・どの様な美白化粧品を選べばよい?

特に夜の美白ケアでオススメなのが、「美容液」。

 

オススメ理由の1つに、紫外線を浴びてからメラニンが生成される時間があります。

一般的にこの時間は、「72時間」とされています。

 

72時間以内に、普段よりもメラニンの生成を抑制する効果が高い化粧品でお手入れする事により、シミへの変化を抑えられる確率を高められます。

美容成分が、ぎっしりと濃厚に詰め込まれているからこそ、お肌の生まれ変わる夜のには必ず取り入れて欲しいケアです。

 

美容液にも、

 

①今、目に見えている悩みを解消

②これから将来に備えての予防

 

の2種類あります。

 

もちろん、①②両方の美容液を取り入れても問題なし!

 

【美白ケアにオススメの化粧品】

・ノエビア トゥブラン シリーズ

https://noevirstyle.jp/topics/ntoutblanctrial/LPWebForm.aspx?wapr=5b029d77

シミの原因となるメラニン生成のメカニズムにあらゆる方向からアプローチする「全包囲美白」!美白有効成分「ビタミンC誘導体」をふんだんに使用し、成分を深く・効果的にお肌の奥底まで届けるためにナノサイズエマルジョン化するという技術を応用しています。

また、肌全体を深くうるおし、さらなる透明感を引き出す為に高い保湿力にもこだわっています。
今あるシミの悩みだけでなく、未来のシミを恐れないノエビアの美白研究のすべての技術を集結して、もっと速く、もっと美しく、美白ケアに前向きに取り組むことが出来ます。

 

・ポーラ オルビスグループ サエル シリーズ



お肌のバリア機能の低下が引き起こすシミ・くすみだけでなく、ストレスによって加速するシミにもアプローチしてくれる。

 

また、「ホワイトサイクルシステム」と呼ばれる

1.敏感肌ケア…外部刺激をブロックするとともに、保湿成分「セラミドナノスフィア」によってお肌内部の隅々まで潤いを浸透させる

2.シミケア…「メラニンを作らせない」「メラニンを黒くしない」

3.くすみケア…青・赤・黄ぐすみに対応し、シミを目立たせない

の3つのケアによって、さらなる敏感肌美白を実現します。

 

・アンプルール ラグジュアリーホワイトシリーズ



美白成分として注目されている「ハイドロキノン」。

効果が高い反面、光や酸素、熱に対して不安定で取り扱いが難しいことから化粧品への配合は困難とされていました。

 

そんなハイドロキノンをアンプルールは、「新安定型ハイドロキノン」として配合。

これまでよりずっと安定して効果が発揮される上に、お肌に対する刺激もぐっと少なくすることに成功。

 

これは、アンプルール独自の技術です。

高濃度なハイドロキノンが配合されている、夜専用集中スポット型。

 

睡眠中にお肌に浸透したハイドロキノンが「時間差」でケアしてくれます。

保湿成分も配合されている、日中用の併用づかいで1日中シミケアが可能です。

 

また、夜の洗顔により保湿効果の高いクレンジングを使うのもオススメです。

1日の疲れ・汚れを優しくオフして、睡眠時のお肌の生まれ変わりをスムーズにしてくれる効果も期待できます。

 

・美白成分のいろいろ

「美白化粧品」様々な美白成分が配合されています。

 

*メラニンを生成過程をブロックするもの

→ビタミンC誘導体・アルブチン・ルシノール

 

*チロシナーゼの活性抑制(チロシナーゼとは:メラニン色素を生成する)

→コウジ酸・エラグ酸

 

*チロシナーゼ分解

→リノール酸S

 

*情報伝達物質( メラニンの生成を促進させる信号)阻害

→カモミラET・トラネキサム酸

 

*メラニンの排出促進

→4MSK・エナジーシグナルAMP

 

*メラニンの成熟を阻害

→マグノリグナン

 

⑤疲れたお肌に、ご褒美を

紫外線量が増え、お肌の水分量も減りがちなこれからの季節には、週に1度でもいいのでお肌にご褒美をあげて下さい。

フェイシャルマッサージやパック(シートタイプや剥がすタイプ・洗い流すタイプ)で、ゆったりできる時間に力を決して入れず、優しく・ゆっくりとお手入れしてあげてください。

 

リラックス効果も期待できる「シートマスクタイプ」のパックは、これからの季節、特にオススメです。

たっぷりの保湿成分や美白美容液など、スペシャルケアしたい用途によって選べるのも魅力的です。

 

お風呂上がりの、お肌が柔らかく・血行が良くなっている時の使用が効果的。

使用後のお肌のフワフワ・モチモチ感が、実感できるはずです。

 

この様なケアの積み重なりが、あなたのお肌を「透明感のある」お肌にきっと導いてくれます。

 

Sponsored Link



 

日焼け後の美白ケアのまとめ

紫外線がもたらす影響やその対策、美白ケアの大切さや方法についてお伝えしてきました。

お肌の悩みにとって、あきらめない心はとても大切です。

日々のケアを美白化粧品に変えたり、化粧下地に日焼け止め効果の高いものを使用したりと、まずは「置き換え」のお手入れから始めるのもいいと思います。

「一点の曇りもなく・透明感がある・透き通った・陶器のようなお肌」を手に入れるべく、今日からじっくり・根気よく自分のお肌とぜひ向き合ってほしいと思います。

 

美白に興味がある人はこちらも読んでいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

結城 明日奈

結城 明日奈

某国立大学大学院理工学研究科修了。
化学や生物を専攻しており、興味本位で、美容薬学検定、薬学検定を在学中に取得。
現在は、スキンケアアドバイザーとしていろんな方にアドバイスをしながら、某化粧品会社に勤め、日々化粧品の研究開発に従事しております。

昨今、化粧品は溢れかえるほどたくさんあります。
良い化粧品から悪い化粧品、様々です。
その化粧品選びの一助になればと思い、空き時間に色々と書かせて頂いています。

趣味は、バスケットとスノボ。
バスケは今も社会人チームに所属し、練習や試合をやってます。
スノボはシーズンになると滑りに出かけてます。
最近は、医薬品登録者販売の資格を取るべく、医薬品の勉強を始めています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • シミ・くすみにさようなら!口コミで話題のハイドロキノン配合アンプルール(ホワイトラグジュアリー)の効果と体験談

  • 女子の誰もが憧れるツルツルたまご肌の作り方!正しいスキンケアの方法は?

  • 自まつ毛を伸ばす!まつ毛の育毛サプリ「バンビウィンク」でまつげ美人になれる?口コミや効果はいかに!体験談レビュー

  • マナラホットクレンジングゲル(maNara)の口コミはウソ?ホント?1ヵ月毎日使った私が効果を徹底検証しました!

関連記事

  • 潤いとハリ感を実感!口コミで話題のアスタリフト ベーシックトライアルキットの効果は!?体験談をレビューします!

  • 目指せ美肌!肌トラブルの種類 症状 原因(シワ、ニキビ、シミ、毛穴)の悩みは正しいスキンケアで改善

  • ポーラ(POLA)のディセンシア アヤナスは敏感・乾燥肌の人に効果的な化粧品!その成分解析をします!効果や口コミは?

  • ポーラ(POLA)から発売された高級エイジング商品B.Aのベーシックトライアルセットの驚きの効果とその実力!40代主婦の体験談

  • 美肌にかかせない!ビタミンC誘導体の効果は?おすすめの化粧品もご紹介

  • 日焼け対策出来てる?成分からみる”飲む日焼け止めサプリのホワイトヴェール”の効果は?