日焼け後のケアは絶対!?正しいケアで美白を取り戻そう!睡眠・食事・おすすめアイテム

女性の皆さまにとって、日差しが気になる季節がいよいよ到来しました!

「一点の曇りもなく・透明感がある・透き通った・陶器のようなお肌」は、女性の憧れですよね?

そんな、理想的な女性らしいお肌を手に入れる事に大敵!ないくつかの要因は皆さまご存知でしょうか?

日々お手入れを励まれている皆さまに、これさえ押さえれば間違いなし!の対策とケアについてご紹介いたします。

 

Sponsored Link



 

日焼けをしたあとに優先するケア

私が実際に、日焼け後にしていたケアです。

 

1、シャワーを浴びる

海やプール、外出先での日焼けは汚れが付着していたり汗もたくさんかいていますよね!

日焼け後は水のシャワーを浴び肌を清潔にしましょう。

日焼けをした肌は軽い火傷状態です。

 

冷やすことで炎症を抑えることできます。

冷やすときにも、氷などを直接押し当ててはいけません。

紫外線によってダメージを受けている体に直接氷を当てればさららに負担となってしまいます。

基本的にはシャワーで火照りが治るまで浴びて、上がったあとに短時間火照りが残ってる部分にタオルなどで巻いたドライアイス等を押し当てるのがいいでしょう。

 

2、ボディークリームを塗る

日焼け後の肌はとにかく乾燥しています。

まるで、うるおいを失った砂漠のように‥

 

ボディークリームを塗ることで、保湿をし肌トラブルを防ぐことができます。

日焼け後の肌はダメージを受けているので、ビタミンC誘導体などの刺激の強い成分が入った商品を使うとヒリヒリしてしまいます。

 

日焼け後の場合は、刺激の強い成分が入っているボディークリームは避けた方が良いですね。

数多くの商品があるので、自分の日焼け具合や症状に応じたものを選びましょう。

 

3、水分補給をしよう

日焼けによって肌が赤くなっているということは、炎症を起こしてるほどですので、体の中では水分がかなり減ってしまっています。

水分をしっかりと補給して肌の保湿につなげましょう。

この水を大量に飲むのではなく汗で失われた塩分、ミネラルを摂取できる麦茶やスポーツドリンクを飲むのがおすすめです。

 

日焼けする前に「紫外線」からお肌を守る

「紫外線」がお肌の健康にとって大敵!なのは皆さまご存知だと思います。

そんな「紫外線」には実は、2種類あります。

 

①UV-A(紫外線A波)

→紫外線の中でも、素肌の奥まで届いてしわやたるみなど老化に大きく影響します。

長い波長の紫外線で、素肌の奥の真皮へ届いて、コラーゲンを破壊します。

その為、シワやシミ、たるみの原因となります。

 

②UV-B(紫外線B波)

→短い波長の紫外線で、素肌表面に炎症を起こし、日やけの原因となります。

またシミを生成する「メラノサイト」を刺激するため、シミやソバカスのもととなるメラニンの生成を促します。

 

特に、

①のUV-Aは、窓ガラスや雲も通すので、室内や曇りの日でも対策が必要です。

5月に1番多く、次に7月に多く降り注ぐ事にも、注意が必要です!

 

②のUV-Bは、7月・8月・5月の順に多く降り注ぎます。

太陽紫外線のUVAとUVBの月間変動

太陽紫外線のUVAとUVBの日内変動

出典:日本化粧品工業連合会

茨城県つくば局における紫外線量 月別

出典:有害紫外線モニタリングネットワーク

 

万全な紫外線対策

紫外線A&B波からお肌を守るには、外出時だけでなく日常的な「日焼け止め」の使用が最も有効的です。

 

日やけ止めに記載されているSPF値、PA値は、どう言う意味があるかご存知でしょうか?

お肌の真皮まで届くA波を防ぐ指標を「PA」、お肌の表皮に影響を与えるB波を防ぐ指標を「SPF」で示しています。

 

お肌の奥まで到達する、紫外線A波に対するより高い防御効果を持った日やけ止めを日常的に使用する事も「将来のしわやたるみ・シミ」対策になります。

PAの後ろの+が、多い程効果が高まります。

【参考に】

日焼け止めに記載されている「PA値」「SPF値」

・PA+→「効果がある」

・PA++→「効果がかなりある」

・PA+++→「効果が非常にある」

・PA++++→「効果が極めてある」

関連記事↓

 

(2013年1月から、日本化粧品工業連合会によるPA値の最高基準が「+++」から、「++++」に引き上げられることが決まりました。)

参考資料→紫外線防止効果測定法基準の改定と それに伴う「PA++++」表示の追加

 

土台作りに、保湿は必要不可欠!

日焼け後の肌は紫外線によって肌はボロボロで乾燥してます。

2種類の紫外線の刺激に耐えられる、しっかりとした土台作りも忘れずに行って下さい。

 

その為には、保湿対策による「うるおい肌」を手に入れましょう。

うるおいのあるお肌は、バリア機能が整っているため、肌の生まれ変わり周期(ターンオーバー:健やかお肌は28日)も正常で、紫外線やチリ・ホコリといった外的刺激をしっかりブロックしてくれます。

 

保湿は、水分と油分のバランスが重要です。

化粧水で、水分をしっかり入れ、その後、乳液で水分を乳化、クリームでしっかりとお肌に入れた水分と油分を閉じ込めましょう。

 

もし、余裕があるのなら美白美容液をプラスして頂くとさらなる効果が期待できます。

関連記事↓

 

Sponsored Link



 

習慣化したい「紫外線対策」

先にお伝えした通り、

 

①1年中の「日焼け止め」(日焼け止め効果のある化粧下地)の塗布

②日々の「保湿ケア」

③カラダの中から「抗酸化作用」の食品摂取

 

その他にも、

④日傘や帽子、アームウォーマー・サングラスを着用

 

など、UV CUT素材のもので万全な紫外線対策を行いましょう!

 

「首」「手の甲」「足の甲」の対策もお忘れなく。

夏が終わって、ふと見てみれば顔や手足と色が違う…なんていう事もしばしば。

細かな部分にまで、気を配り、日常的な紫外線対策を習慣化しましょう。

 

 

「紫外線対策」以外にも…

透明感のあるお肌に近づくには、

 

①ストレスを溜めないこと

②適度な運動をすること

③休養・睡眠を十分にとること

④美容液やパック・フェイシャルマッサージのケアを取り入れること

 

にも気をつけましょう。

 

①はニキビやシミ対策に繋がってきます。

②は表情筋の衰えからくるたるみやくすみ対策に繋がってきます。

③はくすみやニキビ対策に繋がってきます。

④はお肌の悩みに特化した美容液を取り入れたり、パックやマッサージで血行を促進することによってお肌のターンオーバーを正常化し、シミやくすみ・たるみ・乾燥対策に繋がってきます。

 

「美白ケア」と「UVケア」の違いは?

この2つの違いをご存知でしょうか?

 

・「美白ケア」

→シミやソバカスの原因となる「メラニン」の生成を抑える効果のある化粧品等を使用してのケア

 

関連記事↓

・「UVケア」

→シミ・ソバカスだけでなく、シワやたるみにも大きく影響してくる「紫外線」からお肌を守る為に日焼け止め等を使用してのケア

 

「美白ケア」をせっかくしていても、原因対策となる「UVケア」を怠っては効果があまり期待できないかもしれません。

 

 

これをなくしては美白なし!「紫外線対策」

先にもお伝えしてきた「紫外線」がもたらす様々な影響は、覚えておられますか?

紫外線は、1年中晴れの日も雨の日も曇りの日も、暑くても寒くても、関係なく降り注がれています。

紫外線量の多い5月から8月には、より高い防御効果を持った日焼け止め。

それ以外は、シーンに合わせた日焼け止め。

と使い分ける事も必要です。

 

「うるおい肌」でバリアを張りましょう!

うるおいのあるお肌は、紫外線からの刺激に耐えられる土台になるだけでなく、外からの刺激から守る「バリア機能」も備えています。

お肌の保湿機能は、角質層のバリア機能+角質層と、真皮の水分保持機能の2つがうまく機能していないと成り立ちません。

角質層は、バリア機能にとっても、水分保持機能にとっても大変重要です。

 

健やかな角質層を作る為にも、過度な洗顔に気をつけ、乳液とクリームで化粧水をお肌の中にとじこめます。

また、角質肥厚の場合はパックをしたり、お肌のターンオーバーを速める為にも毎日のマッサージを行いましょう。

 

普段の食生活からもアプローチ

お肌のケア同様カラダの中からも、しっかりとケアしていきましょう!

 

紫外線によってカラダの中に作られる大量の「活性酸素」。

この「活性酸素」は、いわゆるカラダをサビさせる元になります。

 

そして、活性酸素はお肌の真皮にあるコラーゲンにダメージを与え、ハリをなくしたり、たるみやシワができる原因にもなります。

また、バリア機能が低下してターンオーバーが乱れやすくなる為、乾燥やくすみ・お肌のごわつきなどの肌荒れ症状が現れてしまいます。

 

百害あって一利なしの活性酸素からカラダを守る「抗酸化作用」。

この抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂る事で、カラダの内側からもお肌のケアをしていく事が大切です。

 

・紫外線に有効な栄養素-ビタミンC

美白効果が期待できるビタミンC。

ビタミンCには、シミの元を生成するメラノサイトを刺激する活性酸素の働きを抑えます。

また、メラノサイトで生成された黒色メラニンを肌色化し、シミやそばかすを防ぐ働きがあります。

 

その他にも、紫外線によって破壊されてしまうお肌のハリや弾力には欠かせない、コラーゲンやエラスチンの生成を助けたり、強い抗酸化作用を持つビタミンEの作用を助ける働きもあります。

 

ビタミンCは、2・3時間で体外に排泄されてしまう為、こまめに摂取することがポイントです。

 

 

・強い抗酸化作用をもつ-アスタキサンチン-

近年、注目されしばしば耳にする事もある「アスタキサンチン」。

アスタキサンチンには、ビタミンEの約1000倍・ビタミンCの約6000倍もの抗酸化力があるとされています。

美肌効果にはもちろんのこと、免疫力アップにも期待できます。

「自然界最強の抗酸化力物質」とも言われています。

 

【アスタキサンチンを含む食べ物】

さけ、イクラ、えび、かになどの魚介類

関連記事↓

美白に効果的な食べ物

・ビタミンCを含むもの→メラニンの生成を抑える

レモン、いちご、キウイ、アセロラ、赤ピーマン、小松菜、ほうれん草など

 

・ビタミンEを含むもの→抗酸化作用・メラニンの生成を抑える

アボカド、アーモンド、ヘーゼルナッツ、南瓜、キウイ、いくら、落花生、たらこ、グレープシードオイルなど

・ビタミンAを含むもの→保水効果の促進・血行促進

緑黄色野菜やレバー、うなぎなど

 

・ビタミンBを含むもの→代謝促進

レバーや豚肉、大豆製品、卵など

 

・鉄分を含むもの→シミなどを薄くして、ハリのある肌を維持する・コラーゲンの生成

レバーやカツオ、マグロ、アサリなど

 

 

美白の妨げになる食べ物

・カフェインを含むもの→色素沈着やシミを悪化

・アルコール→活性酸素の発生・水分やビタミン、ミネラルの減少

 

夜こそ「美白ケアの時間」

お肌の生まれ変わりは、夜睡眠時に行われます。

最も活発に行われるのが、「22時から2時の間」。

お肌にとってゴールデンタイムです。

この間に、たっぷりの美白効果のある化粧品でケアしたお肌で睡眠をとると、効果的に美白に近づけるのでは?と思います。

 

・どの様な美白化粧品を選べばよい?

特に夜の美白ケアでオススメなのが、「美容液」。

 

オススメ理由の1つに、紫外線を浴びてからメラニンが生成される時間があります。

一般的にこの時間は、「72時間」とされています。

 

72時間以内に、普段よりもメラニンの生成を抑制する効果が高い化粧品でお手入れする事により、シミへの変化を抑えられる確率を高められます。

美容成分が、ぎっしりと濃厚に詰め込まれているからこそ、お肌の生まれ変わる夜のには必ず取り入れて欲しいケアです。

 

美容液にも、

 

①今、目に見えている悩みを解消

②これから将来に備えての予防

 

の2種類あります。

 

もちろん、①②両方の美容液を取り入れても問題なし!

 

【美白ケアにオススメの化粧品】

・ノエビア トゥブラン シリーズ

シミの原因となるメラニン生成のメカニズムにあらゆる方向からアプローチする「全包囲美白」!美白有効成分「ビタミンC誘導体」をふんだんに使用し、成分を深く・効果的にお肌の奥底まで届けるためにナノサイズエマルジョン化するという技術を応用しています。

また、肌全体を深くうるおし、さらなる透明感を引き出す為に高い保湿力にもこだわっています。
今あるシミの悩みだけでなく、未来のシミを恐れないノエビアの美白研究のすべての技術を集結して、もっと速く、もっと美しく、美白ケアに前向きに取り組むことが出来ます。

 

ノエビア トゥブラン 薬用ホワイトニングローション<医薬部外品>《160ml》

 

ノエビア トゥブラン 薬用ホワイトニングミルクローション<医薬部外品>《110ml》  

 

ノエビア トゥブラン 薬用ホワイトニングクリーム<医薬部外品>《35g》  

 

・ポーラ オルビスグループ サエル シリーズ



たくさんの日焼けをしてしまったとしても、アフターケアを万全にすることによってダメージを最小限に抑えることができます。

 

こちらのポーラのディセンシアサエルには、CCクリームに肌が日焼けによって赤くなった時に効果的な、グリチルリチン酸という有効成分が含まれてます。

日焼け後の肌はメラニンが活性化してるので、ヒリヒリ感があると思います。

それが落ち着いてから炎症効果のグリチルリチン酸の成分を含むサエルを使用して頂くことによって赤みを素早く引いてくれます。

 

美活編集部 河原

乾燥肌の私の頬は、常に赤みがかっています。
しかし、このサエルを使用することにより頬の赤みが減少していきました。
少しずつですが、鏡を見ると頬が白くなり透明感が出てくるのがわかります。

グリチルリチン酸は抗炎症作用や抗アレルギー作用があり、肌の炎症を抑え、アトピーやニキビ肌、敏感肌に効果を発揮し、血行促進効果もあります。

頬の炎症を抑えてくれるグリチルリチン酸は敏感肌の私でも白い頬になれることを教えてくれました(*^^*)

 

・アンプルール ラグジュアリーホワイトシリーズ



こちらのアンプルールにもクレイウォッシュにグリチルリチン酸が配合されてるので、日焼け後のケアにはおすすめです。

さらに美白効果の高いハイドロキノンも配合されているので、こちらも日焼け後の他にも日常的に使用することによって美白の効果を期待できるようになります。

 

なお

シミを消したいと思い、最初に使用した商品がアンプールでした。

さらっとしたテクスチャーでとても肌なじみが良く、毎日使用したくなります。 以前は医療機関でしか手に入らないとされていたハイドロキノン配合ですが、実際に使ってみて肌トラブルもなく安心して使うことができました。

トライアルキット7日間の使用でも濃いシミが薄くなる実感があり、このままずっと使っていれば本当に消えそう!と思いました。

 

くすみが気になる・透明感がなくなってきた

このように感じている方は角質ケアやレチノール配合の化粧品で代謝をあげたり、ビタミンC誘導体の化粧品で黒色メラニンを還元することが大切になります。

レチノール化粧品のおすすめはビーグレンレチノA

ビーグレン レチノール配合 レチノA

 

まずはトライアルから使ってみる方はこちら

 

疲れたお肌に、ご褒美を

紫外線量が増え、お肌の水分量も減りがちなこれからの季節には、週に1度でもいいのでお肌にご褒美をあげて下さい。

フェイシャルマッサージやパック(シートタイプや剥がすタイプ・洗い流すタイプ)で、ゆったりできる時間に力を決して入れず、優しく・ゆっくりとお手入れしてあげてください。

 

リラックス効果も期待できる「シートマスクタイプ」のパックは、これからの季節、特にオススメです。

たっぷりの保湿成分や美白美容液など、スペシャルケアしたい用途によって選べるのも魅力的です。

 

お風呂上がりの、お肌が柔らかく・血行が良くなっている時の使用が効果的。

使用後のお肌のフワフワ・モチモチ感が、実感できるはずです。

 

この様なケアの積み重なりが、あなたのお肌を「透明感のある」お肌にきっと導いてくれます。

 

Sponsored Link



《当時の気持ちと今の気持ち》

なお

10代の頃は日サロに通う程黒い肌に憧れをもっていて、20代前半まで夏は海やプールにも頻繁に行き肌を焼いていました。

当時は、今が楽しければ良い!という考えで、肌が乾燥しているなと感じたら保湿をするくらい。

社会人になり年上の方からは、歳を取ったら絶対にシミになるよ!と言われてきましたが、特に気にしていませんでした。 ですが20代後半になり、本当にシミが出てきたんですよね。

最初の頃は薄くて、ファンデーションでも隠せていましたが今やもう隠せない程濃くなって、焦って美白化粧品を試す毎日! 若い時ちゃんと日焼け止めを塗ったり、シミが出始めてきた頃に適切なケアをしていれば・・と後悔しています!

今からでも遅くないので、ちゃんとケアをすることが大事です!

 

 

日焼け後の美白ケアのまとめ

紫外線がもたらす影響やその対策、美白ケアの大切さや方法についてお伝えしてきました。

お肌の悩みにとって、あきらめない心はとても大切です。

日々のケアを美白化粧品に変えたり、化粧下地に日焼け止め効果の高いものを使用したりと、まずは「置き換え」のお手入れから始めるのもいいと思います。

「一点の曇りもなく・透明感がある・透き通った・陶器のようなお肌」を手に入れるべく、今日からじっくり・根気よく自分のお肌とぜひ向き合ってほしいと思います。

 

美白に興味がある人はこちらも読んでいます。

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA