1. TOP
  2. ホットヨガスタジオLAVAで重要なヨガマットは必須なの?レンタルはないの?

ホットヨガスタジオLAVAで重要なヨガマットは必須なの?レンタルはないの?

 2018/05/21 ヨガ
215 Views

ダイエットするならまずはヨガから!と芸能人だけでなく幅広い世代の男女から支持されているヨガですが、この記事では、ホットヨガスタジオでも特に人気のLAVAについて、ヨガマットの話題から掘り下げていきたいと思います。

筆者はLAVA5年ほど通っておりますので、リアルな体験談と利用の際の情報を発信していきます。

Sponsored Link



 

LAVAのレッスンにはヨガマットが必要です!レンタルもある?

LAVAは、ホットヨガスタジオとして全国展開している人気の店舗です。

ホットヨガのスタジオはLAVA以外にも数多くありますが、LAVAは初心者から上級者まで広い層を対象としており、ヨガが初めての方にも非常に通いやすいメニューや設備となっています。

 

ヨガをする際には、ヨガマットを使用するのが基本となっていますが、ヨガマットには滑り止めやパーソナルスペースを確保するといった様々な役割があります。

もちろん、個人でヨガをする際にはマットがなくても楽しめると思いますが、LAVAでは現在全店舗でヨガマットが必須となっております。

 

初期のころにサービスだったものは、全てレンタルとなりました

LAVAでは当初、ヨガマットは必須ではありませんでした。

筆者が通い始めた5年は、バスタオルを敷くのみでもレッスン参加は可能でしたし、バスタオルが一人一枚無料で使用することができました。

 

しかし現在は、バスタオルは有料レンタルとなり、さらにヨガマットを敷くことが必須となりました。

利用者が増えると、様々なものにビジネスの要素が入り、どうしても無料というわけにはいかなくなるものですね…。

 

しかし、全てのサービスが有料というわけではありません!ご自分の現在の持ち物で、十分LAVAのレッスンに参加することができます。

 

LAVAのヨガマットは無料でレンタルすることができる

LAVAではヨガマットが全店舗で必須となりましたが、マットは無料で貸し出しをしてくれます。

店舗によりますが、10個以上のヨガマットが入ったケースがあり、利用したい方はレッスン前にそのケースからマットを取り、レッスンに参加後には戻すという利用方法です。

LAVAのレンタルヨガマット

特に記名したり、利用を申請する必要はありませんが、利用上のルールはあります。

利用後は、スタジオ内に何個か置いてあるマット除菌スプレーでしっかりマットを拭き、そこに備え付けのタオルで仕上げ拭きをして、綺麗にしてから返却するというルールです。

 

この備え付けのタオルは誰でも使用可能で、皆さんこのタオルでご自分のマットも綺麗に管理されているので、多くの人の汗を拭きとっているという点では、このルールにいささか疑問を感じている筆者ですが…。

まあ、汗をかくために通っている場所なので、清潔のことに関して気にし出すときりがないですね。

 

それでもLAVAはこのようにレンタルマットにも清潔のルールを導入しており、非常に施設全体は管理が行き届いている印象があります。

レンタルヨガマットの品質自体は、一度使用しましたがボロボロという感じでもありませんでした。

 

あまりにボロボロになったら,新しいものに変えているのかもしれません。
マットの色も人気不人気がありまして,私の勝手な考えですが,写真の抹茶色マットはあまり人気がないのかなと思います…初期に出たのがこのマットでした。カラフルなのはその後登場してきました。

 

この色だと在庫が豊富にあるのかな?だからレンタルとして使用しているのかな?という勝手な考えでいました(⌒-⌒; )

ちなみに筆者は、自分のヨガマットを持参して、毎回レッスンに参加していますが、忘れた時や仕事の帰りなど、マットを持参していない時にも無料の貸し出しがあるのは安心ですね。

 

LAVAのヨガマットはどのような色?形?性能は?

LAVAでは様々なヨガ関連グッズを販売しておりますが、ヨガマットももちろんその一つです。

様々な色があり、ミント、ピーチ、マゼンタ、ミッドナイトブルー…と、何とも買いたくなるような可愛らしいネーミングですね。

 

ちなみに私が持っているのはマゼンタ、濃い色のピンクといった色ですね。

筆者のヨガマット

マットの形ですが、縦145㎝、横61㎝、厚さ3.5mm、重さ840g、とても軽量です。

 

お値段は4,300円で、少し高いと感じるかもしれませんが、1度購入すれば長く使用することができますし、重量から見ても持ち運びしやすいかと思います。

滑りにくいデザインとなっていて、安定性が重要なヨガのポーズをしっかり支えてくれます。

 

筆者はまだヨガマットがLAVAで必須ではなかった頃、マットがなくてもヨガのポーズをとることに影響しないのでは?と不遜にも思っておりました…。

しかし、ヨガマットを使用するようになってからは、マットなしにはヨガのポーズは正しくとれない!と思うほど、その重要性を感じております。

LAVAのマットのロゴ

もちろん、マットに対する思いは個々で異なると思いますが、LAVAのスタジオでは使用が必須です。

せっかくならマットを使用してヨガをすることのメリットや、マットに対する愛着を持ちながらヨガと向き合うというのも、ひとつの楽しみ方かなと思います。

Sponsored Link



 

ヨガマットと一緒にラグも使用すると、より安定感が出ます

マットの上からラグを敷くと、よりポーズが取りやすくなります。

バスタオルで代用することもできますが、LAVAのマットサイズに合わせて作られているので、マット全体を覆ってくれて、非常に滑り止め効果があります。

 

ラグはLAVAでは必須ではありませんが、マットには吸収性がないため、それだけだと汗で滑ることもあります。

予期せぬ時に滑るとケガのもとにもなりますので、ラグもセットで使用されることをお勧めします!

ヨガマットの滑り止め

LAVA以外のスポーツショップで購入したヨガマットも使用できますが…

大手のスポーツショップだと、もう少し安くヨガマットが販売されているところもあります。

ご自身の好きなブランドやデザインのヨガマットをご使用いただいてヨガをするのも、気分が上がってより楽しめるかもしれませんね。

 

筆者も最初は、某スポーツブランドのマットを使用しておりました。

ただ、スタジオ内では、ヨガマットを敷く場所が床にマーキングされています。

 

そのサイズが、LAVAで販売しているマットを基準としているため、これより大きいサイズだと、前後の方に少しご迷惑をお掛けしてしまう可能性もあるかもしれませんね…。

もし、他店で購入したヨガマットが少し大きめの場合は、折る・丸めるなどして、気持ちよくヨガができるように配慮していきましょう!

 

マットケースも買えます!

ヨガマットを購入しても、どうやって運んだらよいのかわからない…。

そういう疑問・不安をお持ちの方、安心してください。マットケース、あります。(笑)

お値段は税込860円です。

 

色は黒で、筆者も愛用しております。

ご自身のマイマットを持参してヨガを楽しまれる方には大変重宝するアイテムです。

ヨガマットケース

共同利用のマットを借りるのも嫌だけど、自分のマットを毎回持参するのも大変…

仕事や家事で忙しい日々の中で、なかなかヨガに行く時間を作るのは大変ですよね。

店舗のマットを借りることに抵抗がない人は、マットを持参せずに仕事帰りでも通えるかと思いますが、やはり自分専用のヨガマットでヨガを楽しみたいですよね。

 

そんな方には、店舗に直接ヨガマットを預けることをオススメします!

 

ヨガマットを店舗に預けることができる?条件などは?

LAVAは、ヨガマットがレッスンに必須となってから、ヨガマットを預けることができるサービスを行っています。

誰でも希望すればマットキープができますが、条件があり、マンスリーメンバー(月額会費制で毎日通える会員)の方のみ契約ができるそうです。

 

また、現在通われているスタジオのマットキープスペースに空きがないと、利用することができません。

筆者が通っている店舗には空きがなく、待つことになると言われたので、毎回元気にマット持参で励んでおります。

 

料金ですが、鍵付きのスペースで、月額税込1100円が会員費とは別にかかります。

これなら、自分のマットを毎回持参しなくても、気軽にスタジオに通うことができそうですね。

Sponsored Link



 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

気になってたLAVAのヨガマットについての悩みは解消されましたでしょうか。

LAVAに行くときには必ずしもマットが必要な訳ではなく、マットのレンタルがあるので忘れたとしても安心ですよね。

もし衛生面が気になるのであれば自前のマットを持って行くことをオススメします。

 

下記の記事では、そんなLAVAの体験コースに行ってみてのリアルな体験をレポートしていますので、気になる方はご覧ください。

LAVAのヨガマットの終わりに

おうちでもスタジオでも、ヨガマットがあることで、ヨガのポーズはより安定します。
また、自分のヨガスペースを確保することで、その中では日常のことを忘れ、ヨガに没頭できる深い集中の時間を作ることもできます。

LAVAではマットが必須だから…という理由だけでなく、ヨガマットがあることで広がるヨガの世界を、ぜひ楽しんでいただければと思います!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

奈月ライター

奈月ライター

学生時代から趣味でヨガを始め、自分自身の心身の変化に驚き伝える側になりたいと思いその後インストラクターの資格を取得。2011年よりヨガを学ぶため専門学校へ通い、2013年から指導を始める。市の総合体育館や公民館、都内の複数ヨガスタジオでフリーインストラクターとして活動。若い方からご年配までの幅広いクラスを担当。
現在は一児の母として育児と両立しながらヨガを広める活動をしている。

ライターからのご挨拶
ライター経験は浅いですが、ヨガが初めての方にも分かりやすい解説を心掛けています。ヨガをより多くの人に日常に取り入れてもらえるよう運動要素だけではない、心の面での良さもお伝えできればと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ホットヨガスタジオLAVAで重要なヨガマットは必須なの?レンタルはないの?

  • ヨガの前後の食事は大切?ヨガで効率的にダイエットしよう!おすすめレシピも公開中

  • ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)ってどんなとこ?体験や店内について解説します

関連記事

  • ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)ってどんなとこ?体験や店内について解説します

  • 主婦でも自宅でできるヨガの呼吸方法とその効果

  • 体の不調は骨盤から?ヨガを通して骨盤の歪みを修正しよう!

  • ヨガで筋肉痛になるってホント?ヨガで筋肉痛になった時の対処法

  • ヨガでチャクラを開いて自分らしい人生を手に入れよう

  • 必見!これからヨガを始める方にも!最新ヨガマット情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。