1. TOP
  2. シナモンがダイエットに良いって本当?効果効能を知って正しく摂取しよう!

シナモンがダイエットに良いって本当?効果効能を知って正しく摂取しよう!

 2018/05/15 ダイエット 健康 美容
398 Views

「スパイスの王様」と言われるシナモン、スウィーツやお料理でおなじみです。

そんなシナモン、意外と知られていない効能がたくさんあります。

 

シナモンはただお菓子に使ったり、料理に使ったりするだけではもったいないです。

 

美活編集部 料理研究家 茉子

今回は、管理栄養士でもある料理研究家 茉子が、脂肪燃焼・冷えやむくみの改善・美肌作りやアンチエイジングまで、特に女性にはうれしい効果たっぷりのシナモンをご紹介します。

 

Sponsored Link



 

シナモンの歴史

シナモン

シナモンはいつ頃から使われ始めたのでしょう?

 

古くは、古代エジプトで紀元前4000年頃からミイラの防腐剤として使われていました。

東洋医学においては、桂皮(けいひ)という呼び名で中国では後漢時代から、日本には8世紀前半に伝来したそうです。

 

日本では、ニッキ(肉桂)という呼び名でも知られています。

伝来した当時は「薬物」として珍重されていたそうです。

 

香辛料としてのシナモンは、樹皮をはがして乾燥したもので、南アジア、中東、北アフリカで料理の香り付けに用いられるようになりました。

 

インドでは、ガラムマサラの主要な材料の一つです。

 

現在、シナモンの生産はインドネシア、中国、ベトナム、スリランカの4カ国で生産量の99%を占めています。

 

 

シナモンの栄養価

シナモン

シナモンは豊富な栄養素を含んでいます。

糖質の代謝に必要な『ビタミンB1』、皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる『ビタミンB2』、余分な水分を排泄してくれる『カリウム』、骨や歯の形成に不可欠な『カリシウム』『マグネシウム』、貧血予防の『鉄』や味覚を正常に保つ『亜鉛』など、食生活に取り入れたい栄養素ばかりです。

 

 

シナモンに含まれる成分と健康効果

シナモンの独特の香りの主成分である桂皮アルデヒドは、血管を保護し、健康な状態にする効果を持っています。

 

特に毛細血管は脆く、加齢や紫外線、活性酸素によるダメージを受けてしまいがちです。

しかしこの効果があれば毛細血管を丈夫にし、顔の中では目の周りの皺や目の下のクマの予防や改善ができ、頭部では育毛に効果があります。

 

男性にはうれしい、ED予防や関節を健康な状態に保つ効果も期待されています。

シナモンを粉末にした画像

また毛細血管が丈夫になる事で、体中の血流が良くなります。

その効果で冷えの改善や、基礎体温向上によるダイエット効果も期待出来ます。

 

カリウムは、体内の過剰なナトリウムを排泄することで、高血圧やむくみを予防してくれます。

セルライトやむくみでお悩みの女性にはうれしい効果です。

 

プロアントシアニジンはインスリン分泌を促し、糖尿病予防効果があるだけでなく、そこから派生しやすい動脈硬化、腎不全、神経障害などの予防にも期待されています。

 

最近では、乳がんに対する腫瘍成長を妨げる化学療法に似た効果がある事が動物実験でも確認されました。

 

高い抗酸化作用を持つ物質である、クマリン、ケイ酸、オイゲノール等の強いポリフェノールが体の酸化(老化)を防ぎ、健康に若々しく保ってくれます。

 

私たちが生活していく上で、活性酸素の影響は免れません。

シナモンには、高い抗酸化作用があると言われていますが、抗酸化作用の高いものを摂取することで、体の酸化(老化)のスピードを緩和し、アンチエイジングにも効果的です。

 

シナモンの素敵な香りはアロマテラピーでも使われており、疲労回復・うつ状態の改善にも効果があるようです。

また、記憶力向上効果もあり、仕事は勉強で集中したい時にその効果を発します。

シナモンの枝と葉っぱ

 

シナモンの効果をまとめてみました。

 

・血管を保護し、健康な状態に保つ

・冷え、基礎体温向上によるダイエット効果

・高血圧やむくみを予防

・糖尿病をはじめとする動脈硬化、腎不全、神経障害の予防

・抗酸化作用によるアンチエイジング

・疲労回復、うつ状態の改善

・記憶力向上効果

 

Sponsored Link



 

シナモンの摂取量と過剰症

シナモンの木

シナモンが私たちにうれしい食品である事はわかりました。

だからと言って過剰な摂取は体に良くない事もあります。

 

きちんと適正な摂取量がありますので参考にして頂けたらと思います。

 

シナモンの最適な摂取量は1日0.6gくらいです。(3gくらいまでなら食べても大丈夫な様ですが、ビンでひと振りが0.1gくらいですので、スパイスとして使うのでしたら、1日6振りくらいが美味しく、無理なく頂けるのではないでしょうか。)

 

ここで気を付けたいには過剰摂取です。

日本でシナモンとして使われている「カシア」という種類です。

「カシア」にはクマリンという物質が多く含まれています。

 

これ自体は毒物というわけではありませんが、過剰に摂取すると肝臓障害を起こす危険性もあります。

過剰摂取が気になる方はクマリンを殆ど含まない「セイロンシナモン」を選んで使うといいでしょう。

 

食品ですので、アレルギー反応を起こす可能性も無いわけではありません。

自分に異変を感じたら、一度ストップして様子を見て見ましょう。、

 

 

シナモンの美味しい食べ方

シナモンヨーグルト

シナモンはスウィーツや飲み物の香り付けに使われています。

シナモンを多く摂取したいからといって、毎日甘い食べ物や甘い飲み物ばかりでは、何の為の健康効果かわかりません。

 

勿論、シナモンを使っているケーキやパン、ドリンクを選んで摂取して頂くのは問題ありませんが、毎日の食生活に上手にシナモンを取り入れて行きたいものです。

 

そこでお勧めしたいのは、「ヨーグルト」、「豆乳」や「フルーツ」とシナモンです。

他には「コーヒー」や「紅茶」、「ココア」に一振りするのも香りが良くなり、効果的にシナモンを摂取する事ができます。

 

「ヨーグルト」は毎日食べている人も多いと思います。

そこにお砂糖の代わりに1~2振り、「豆乳(牛乳もOK)」を飲む時に1~2振り、「フルーツ(リンゴやバナナにはよく合います)」を食べる時に1~2振りすると意外と簡単に1日の適量が摂取でき、習慣にもなりえるのではないでしょうか。

 

是非お試し下さい。

 

シナモンを摂取するのはいつが良いの?

シナモンでダイエットをされる時は、朝と夜に分けて摂るのがお勧めです。

 

朝のシナモンは、内臓の働きを促し、デトックス効果と体温を上昇させる事で代謝アップにつながります。

 

夜のシナモンは、血糖値の上昇を抑え余分な脂肪を体に貯め込むのを防ぎます。

 

忙しい朝はトーストやシリアルなどに一振り、コーヒーに一振り、リラックスした夜には飲み物に一振り、お手軽で効果的な食べ方としてお勧めです。

 

個人的趣味ですが、シナモンを使った素敵なカクテルをご存じですか?

「アイリッシュコーヒー」というウイスキーのカクテルです。

 

注文するとシナモンスティックが添えられて出てきます。

クルクルカクテルを回しながら頂きます。

芳醇なコーヒーとウイスキーそしてシナモンの香りをゆっくりたのしめます。

 

パウダーだけではない?シナモンの様々な楽しみ方

シナモンについて、ネパールから来た友人に使い方を聞いてみました。

現地ネパールでは日本よりずっと贅沢な使い方をしているそうです。

 

ネパールの山岳地帯ではシナモンの木が生息しているそうです。

その葉や樹皮を採取し、家で乾燥(天気の良い日に陰干し、日本でいうところのドライフラワーですね)し、それを細かくして調理のスパイスや飲み物(チャイ)に入れて楽しむそうです。

 

パウダーのシナモンよりずっと芳醇な香りがし、一層料理を引き立ててくれるそうです。

 

実際に乾燥した葉と樹皮を見せてもらうと確かに交じりっ気のないシナモンの純粋な香りがしました。

 

日本ではインターネット通販などでも手に入るようですので、興味のある方は是非試してみて下さい。

 

Sponsored Link



 

シナモンの効果効能のまとめ

マサラチャイ

以上、シナモンの紹介をさせて頂きましたがいかがでしたか?

 

シナモンはどこでも比較的手に入れやすいスパイスです。

今まで、スウィーツや料理に使われていても、気にもしなかったかも知れません。

 

じっくり掘り下げてみると、健康やアンチエイジングに素敵な効果がたくさんある事がわかりました。

 

毎日少しずつ取り入れてみると、食生活にも体にも程良いスパイスとなるのではないでしょうか。

 

シナモンでちょっとスパイスの効いた生活を送ってみませんか。

 

シナモンに興味がある人はこちらも読んでいます。

 

 

参考資料サイト→東京都福祉保健局 食品衛生の窓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

料理研究家 茉子

料理研究家 茉子

都内の和食店で料理人をやりながら、ライター業勉強中です。洋食(イタリアンレストラン)4年働いた後、和食に転職して、割烹や郷土料理店を経て現職。料理人歴18年、1年365日のうち、料理をしない日はほとんどありません。とにかく料理好き、食材と向き合い、勉強するのが好きです。

食べた人がココロもカラダもハッピーに健やかに、笑顔で過ごせるように願って、管理栄養士を取得後も栄養学の勉強もしながら料理研究をしています。

子供の頃、様々なスポーツをやっていく中で、大きく成長、太ってしまいました。思春期から自分を恥じて、食べないダイエットや偏食ダイエットなど、沢山のダイエットを試し、痩せたりリバウンドしたりを繰り返すうちに、摂食障害になった経験もあります。

料理の仕事に就き、食と向き合っていく中で、健康的な毎日には、バランスの良い食事と運動が重要だと気づき、変な食生活はやめました。

フェス、音楽鑑賞、映画鑑賞、読書、ラジオ、伝統芸能、など、もともと趣味は多いです。さらに最近は鉄道好き、城好き、落語好きにもなりました。学生時代の英語とフランス語の勉強の再開、テレビでロシア語講座も見ていて、料理以外の興味、関心は盛りだくさんです!

【ライターからのご挨拶】

昔から、『食養生』や『食は薬、薬は食』といわれているように毎日の食事で私達の身体は出来ています。

私は、「食べる事は生きること」だと思っています。料理の仕事に従事しているので、たくさんの方々にお料理をお出ししていますが、皆さんが健康でにハッピーになればと願い、野菜や食材の事を勉強しながら、メニュー作成に取り組んでいます。

食いしん坊の料理人なので、味見をしながら、美味しい!と思える料理を作っていますが、自分も栄養バランスを意識しながら作って食べる事で、風邪も引かず、ちょっとした不調も食事でコントロールできています。

食べずに痩せようとしても、筋力も気力も落ち、イライラして、健康を害し、満足のいく結果は出ません。長年の摂食障害やダイエット経験からよく失敗して身体を壊したのでわかります。

また、近年、『和食』は世界遺産になりました。世界からヘルシーだと注目されている和食や伝統的な日本の食文化を見直してみませんか?

皆さんが上手に調整しながら美味しく食べて、キレイで健康的な暮らしを送れるような食べ方やレシピをご提案していきたいと思います。
”管理栄養士免許証”/

この人が書いた記事  記事一覧

  • 妊娠中・授乳中・妊婦さんのマタニティダイエットは無添加酵素ドリンクがおすすめで痩せる理由!

  • ファスティングドリンクの優光泉(ゆうこうせん)の口コミってどんな感じ?

  • 断食酵素ファスティングドリンクの優光泉(ゆうこうせん)の正しい飲み方は?カロリーは?リバウンドしない回復食ってなに?

  • 断食、ファスティングダイエットでよく聞く酵素とはなんなの?酵母との違いは?

関連記事

  • 妊活中の女性に贈る医師監修のバランスサプリ!チャーティ「CHARTY」の効果と口コミ

  • ダイエット効果を効率的に発揮するための痩せる運動メニュー

  • ランニングを継続することにメリットはこんなにあるの?健康面の効果は?

  • 自まつ毛を伸ばす!育毛サプリ「バンビウィンク」の効果や口コミはいかに!体験談レビュー

  • 岩盤浴ダイエットで効果を出す方法 頻度が大事!

  • 踏み台昇降でダイエット効果はあるの?効率良く痩せる方法と手順!