1. TOP
  2. 目の下のたるみを解消する最善の方法 ツボ押し・マッサージ・化粧品の紹介

目の下のたるみを解消する最善の方法 ツボ押し・マッサージ・化粧品の紹介

 2018/05/01 美容
99 Views

人の視線を集める目元。

目の下のたるみは、メイクをしても影になるなどして見た目に現れるので、気になっている女性も多いのではないでしょうか。

 

今や美容整形で簡単に悩みを解消できますが、出来れば自分で改善したいものです。

なぜ加齢とともに目の下にたるみが出来てしまうのか、原因を理解してマッサージやトレーニング、スキンケアで老け顔を解消しましょう!

 

老け顔に見える目の下のたるみ

 

♠たるみの原因は加齢だけじゃない!

若い時には、チャームポイントとなっていた目の下の涙袋。

メイクでぷっくら涙袋を作ったり、はたまたヒアルロン酸を注入して作っていた涙袋が、なぜ年齢を重ねるごとに「たるみ」となって悩みの種となるのでしょうか。

一言で「目の下のたるみ」といっても、原因は様々です。

 

 

♦皮膚のたるみ

皮膚にはもともとコラーゲンやヒアルロン酸が含まれており、これらが皮膚にハリや弾力をもたらせています。

このコラーゲンやヒアルロン酸を生成する線維芽細胞ですが、年齢とともに生成する力が弱まってきます。

その為、コラーゲンやヒアルロン酸が減少し、皮膚からハリや弾力が失われ、たるみとなってしまうのです。

 

もともとコラーゲンやヒアルロン酸は、30代から急激に減少していくと言われています。

また紫外線の脅威も、目の下のハリ・弾力を奪います。

 

紫外線には、UV-A波とUV-B波、そしてUV-C波があり、お肌に影響を与えるのが UV-A波とUV-B波。

それぞれ波長の長さが違いますが、1番波長が長いUV-A波がコラーゲンがある お肌の奥の真皮層にまで届き、コラーゲンが破壊されることにより、 お肌のハリ・弾力をなくしたるみとなります。

 

波長の短いUV-B波は、表皮に直接影響を与えます。

表皮の一番上の角質層にあるバリア機能を壊し、表皮全体の水分を保つ力が奪います。

水分を保てなくなった目の下の皮膚はハリを失いたるみやすくなってしまいます。

 

 

♦筋肉の衰え

目の下には眼球を支える眼窩脂肪(がんかしぼう)という脂肪があります。

この脂肪を支える筋肉が衰えることにより、脂肪が前に突出し、目の下のたるみとなってしまいます。

目の下のたるみをさわると、ぷよぷよしていますよね。

これが眼球を支えていた脂肪です。

 

♦アイメイクの落とし方

クレンジング力の強い洗顔は、肌の乾燥を引き起こしてしまいますが、逆にクレンジング力が弱くてもメイクが落ちずこすってしまい、乾燥を引き起こします。

肌の乾燥が気になったり、目元のしわが増えたと感じたら、たるむ前兆とも言えます。

 

 ♦PCやスマホによる目の酷使と疲労

筋肉の衰えを促進するのが、PCやスマホによる目の使い過ぎです。

目の疲労により筋肉が硬くなり、血流が悪くなると老廃物が溜まります。

そして下まぶたの皮膚の代謝が低下し、たるみが悪化するのです。

目の下のたるみがなくなったイメージ画像

♠たるみになる前の予防対策

皮膚がたるむ原因は、前述のとおり色々な原因があります。

たるんでしまう前に、日常生活の中で予防を心がけることが大切です。

 

目の下のたるみが気になってからでは、元に戻すには時間もかかり根気もいります。

まずは、たるませないことが重要です。

ここでは、それぞれのたるみの原因の予防をご紹介します。

 

〇保湿中心のスキンケア

肌は、紫外線やエアコンなどの影響で乾燥しがちです。

乾燥が進むと水分が不足し、皮膚のたるみを引き起こします。

日ごろから保湿力の高い化粧品を使用し、お肌にたっぷりのうるおいを 補給しましょう。

 

角質細胞間脂質の約40%を占めるセラミド、水分をキープするレシチン、 水分を抱え込むヒアルロン酸やコラーゲンが配合されている美容液やクリームを使うようにしてください。

ちなみにお化粧品を選ぶ時のご参考までに、容器や箱などに書かれている成分表は、配合量の多い順で書かれています。

 

〇紫外線対策

紫外線は、お肌の保湿成分を作る細胞にダメージを与えます。

特にUV-A波は、冬でも曇りの日でも降り注ぎ、窓も通過するので室内でも気を抜いてはいけません。

そのため1年を通して、日焼け止めやUV対策のファンデーションなどを使用してください。

関連記事↓

 

〇質の良い睡眠

睡眠は疲労回復だけではなく、お肌の新陳代謝のためにも必要です。

睡眠不足や浅い眠りでは、ターンオーバーが乱れ、肌トラブルを起こしてしまいます。

お肌のゴールデンタイムは夜10時からと、一時は言われていましたが、実は眠りはじめの3時間が眠りの質を決めるのです。

 

この3時間をぐっすり眠るために、食事は3時間前に済ませ、入浴で 体を温めておきましょう。

他にも喫煙や偏った食事で、お肌のトラブルを引き起こし、たるみの原因となります。

何気なく行っている日常生活の悪習慣を見直して、たるみを予防しましょう。

 

♦筋肉の衰え予防

目の周りにある眼輪筋という筋肉が、加齢による衰えで眼窩脂肪を支えられなくなり 目の下のたるみとなります。

もともと目の周りの筋肉というのは、ほぼ動かすことがありません。

 

そのため、日ごろから意識した筋肉の体操が不可欠です。

次に紹介していますので、たるみが気になる前から予防として ぜひ実践してみてください。

 

♦アイメイクの落とし方で予防

自分自身のアイメイクに合わせて、スキンケアやクレンジングを行います。

この数年、アイラインやマスカラ、またわざわざ涙袋を作ったりと 可愛く見せるためのメイクが流行っていますが、それが目の周りの負担を大きくしています。

しっかりとアイメイクをされる方は、メイクをする前に目の周りの保湿ケアを行ってください。

 

保湿ケアを行うことで化粧崩れを防ぎメイクののりも良くするため、お化粧直しや重ね塗りが不要となり、お肌への負担を軽減できます。

クレンジングですが、洗浄力の強いクレンジングやゴシゴシ擦ったりすることは厳禁!

ナチュラルなアイメイクであれば、お顔と同じクリームタイプのクレンジングで、やさしくなじませるように落としてください。

ウォータープルーフタイプのマスカラやアイラインを落とすには、当たり前ですが 目元専用のクレンジングを使いましょう。

 

その際は、コットンにたっぷりとクレンジング剤を含ませ、やさしく目元になじませましょう。

コットンをそのまま目に置いておくと、するっと落ちます。

 

マスカラやアイラインは、お湯で落とせるフィルムタイプのものに変えてみるのもいいですね。

 

メイク方法やクレンジング方法を見直して、将来出来てしまうかもしれない目の下のたるみを今から予防していきましょう。

 

♦血流と姿勢を改善

PCやスマホの使用による目の疲労により、血流が悪くなります。

悪くなった血流を元に戻すには、体を温めることが一番です。

日中は、1時間作業したら5分~10分目を休めるようにしてください。

入浴はシャワーだけで済ませず、浴槽にキチンと入り体を温めるようにしましょう。

その際に、ホットタオルを目の上に置くこともおススメです。

 

またPCなどでの作業中は、どうしても猫背になりがちです。

姿勢が悪くても血流を滞らせるため、作業中のストレッチや、普段から正しい姿勢を保つことも心がけましょう。

 

♠目の下のたるみ解消法

目の下のたるみは、放っておくとふくらみがどんどん大きくなり目立つようになってしまいます。

少しでも早く対策をとることが重要です。

ここからは、目の下のたるみを解消する様々な方法をご紹介して行きます。

 

 

♦ツボ押し

目の下のたるみが軽度な場合は、ツボ押しが効果的です。

たるみの前兆である、目元のしわ。

しわは皮膚のゆるみです。疲れているときほど目立つので、疲れを解消しましょう。

 

・晴明(せいめい)・・・・・・・・・・左右の目頭の骨の近くにあるくぼみ

効果:疲れ目の解消、目元のしわとり

・瞳子膠(どうしりょう)・・・・目尻の1cmほど外側にあるくぼみ

効果:疲れ目と頭痛の解消、肌荒れ・乾燥対策

・四白(しはく)・・・・・・・・・・・・瞳の真下の骨から1cmほど下にあるつぼ

効果:眼精疲労・目元の痙攣・頭痛の解消

・太陽・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・こめかみから目尻に向かったところにある

骨の際のくぼみ

効果:疲れ目・かすみ目の解消

・陽白(ようはく)・・・・・・・・・・瞳の上、眉から2cmほどのところにある

骨の際のくぼみ

効果:目の上の痛みの解消

目のたるみに効くツボの場所

 

①~⑤の順番で、イタ気持ちいい強さで指で3~5秒、息を吐きながら押してください。

くれぐれも力を入れすぎるのは要注意、逆効果となります。

食後すぐや、ツボ押し直後の運動も避けてください。

 

目の周りの薄い皮膚は、とてもデリケートです。

ツボ押しやマッサージなどの肌に摩擦を与えるお手入れは、スペシャルケアとして1週間に1回程度で行いましょう。

 

 

♦目の周り体操

目の下のたるみが出来ている皮膚の下には、眼輪筋という目の周りを取り囲んでいる筋肉があります。

眼窩脂肪(がんかしぼう)を支える眼輪筋や表情筋を鍛えることが、目の下のたるみを解消する効果的な方法です。

眼輪筋の位置の画像

特に目の下部分は日常でほとんど動かすことないので、スキマ時間に目の周りの筋肉を鍛えましょう。

 

・目をギュッと閉じて5秒間キープ、思いっきり見開いて5秒間キープ×5セット

眼輪筋は主に瞼の開け閉めによって使われる筋肉になるため、目の周りの筋肉を使うことによって鍛えられます。

瞼を開くときに、額にしわが出来ないように気を付けましょう。

 

・ まぶしい目をするように、下まぶたをゆっくり引き上げる×10回

目の下を大きく上げなくても、下まつげの生え際がぴくっとするだけでも効果があります。

目の下を大きく動かそうとすると上のまぶたが下りてくるので、上まぶたが下りない範囲で下まぶたに力を入れてみましょう。

 

♠目の周り専用スキンケア化粧品

目の周りの皮膚はとても薄く、デリケートです。

スキンケアの際は「塗る」というより「載せる」という感じで、やさしく行いましょう。

こちらでは、実際に使ってみた目の周り専用スキンケア商品をご紹介します。

 

 

 

 B.A アイクリーム 

ポーラから発売されているエイジングケアラインのアイクリームです。

しっとり感がありながらべたつくことなく、使いやすいクリームです。

濃厚な美容成分がお肌に密着するような感覚で、継続して使うことにより

効果の期待できる1品です。

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリームはこちらをクリック


B.A セラム レブアップ

こちらもポーラのエイジングケアラインの美容液です。

目元専用ではないですが、お顔全体のハリをUPさせることで気になる目元もUPさせます。

いつものお手入れに加えやすい、べたつきのないジェル状美容液です。

B.A セラム レブアップ

B.A セラム レブアップはこちらから

 

 

B.A プロテクター(SPF50・PA++++)

ポーラエイジングケアラインの日焼け止めです。

前述にもある通り、紫外線が皮膚の薄い目元のハリ・弾力を奪うため、日焼け対策は必須です。

日焼けクリームにありがちなべたつき感がなく、みずみずしい使い心地です。

日焼け対策だけではなく、美容成分もたっぷりと配合されているため、紫外線からお肌を守り、日中もお肌のうるおいを保ってくれる日焼け止めです。

B.A プロテクター(SPF50・PA++++)※

B.A プロテクターはこちらから

※SPF:UV-Bの防止効果を表す目安の数値

SPF1=20分

PA:UV-Aの防止効果を表す目安の数値

 

 

 

♦目元とまつげのご褒美

蛯原英里さんが使用していことと、@コスメで1位を獲得した今話題の、まつげ・根本・まぶたのトリプルケアが出来るまつげ用美容液です。

まぶたに塗ると、ピンとしたツッパリを感じます。

まぶたUPのケアをすることで、目の下のたるみの改善も期待できます。




「目元とまつ毛のご褒美」

 

エトヴォス モイスチャーライン

エトヴォス モスチャーライン

エトヴォス バイタライジングライン

エトヴォス バイタライジングライン

 リンクルショット メディカル セラム

ポーラから発売された、その名の通りシワ改善メカニズムが組み込まれた製品です。

目の周り専用ではないのですが、お顔全体のしわに効果が期待できます。

硬めのテクスチャですが、伸びはいいです。

こちらの商品は店頭でしか購入が出来ませんので、スタッフからのアドバイスを受けながら使用する形になります。

少し高めの価格設定の為、使い続けるのは検討要といった感じです。

リンクルショット

出典:ポーラ 公式ホームページ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

顔のたるみは肌の表面だけでなく、皮膚を支えている土台から鍛えることで、ハリが生まれます。

土台からアプローチしてたるみを解消させたいと思う方であれば、3つの働きで表情筋へのアプローチしてくれる、こちらのリフティがおすすめです。

 

 

■好印象を与える目元に!目の下のたるみのまとめ

 

目元は、一瞬にして人に印象を与えやすいパーツです。

女性は誰でも、いつまでも若々しく美しいという印象を持ってもらいたいものです。

目の下のたるみは、気になり始めたらどう対応するかで今後が変わってきます。

 

☆乾燥を防ぐ

☆紫外線対策

☆ストレスを溜めたままにしない

☆良質な睡眠

 

以上の基本的な習慣を心がけると共に、日常生活の悪い習慣は捨て去りましょう。

 

そして毎日のスキンケアや目の周りの体操、時々のツボ押しを継続的に行い、目元のハリ・若々しい印象を取り戻し、それを保ちましょう!

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

小林 明美

小林 明美

都内在住の占い師です。
現在は占いアプリ専属占い、対面式の占い師をしながら、ライターのお仕事をさせていただいています。

ここ最近は、インターネットなどの占い情報も目立ち困惑しがちと感じています。
そこで、学生時代から学んだ私独自の占い、開運法を紹介することでみなさまに幸運のお裾分けができたらいいな。
と思いライターとしてこの度デビューさせていただきました。

「占いの究極の目的は運を味方につけ開運させることです。」

悩みを抱えるみなさんに、より良い開運法、回避法をアドバイスさせていただきたいと思っています。

私の占いは
・霊視
・魔術
・卜術(ルーン)
・おまじない
・陰陽式となっています。
卜術や陰陽式は古来よりある占術でとても奥が深いものですがその時代背景など様々な歴史を読み解くこともできます。
様々な占術で開運のカギを発信していきたいと思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • クリスマスまでに彼氏(恋人)を作る方法。11月からでも間に合う!出会いは自分で掴むもの?

  • 目の下のたるみを解消する最善の方法 ツボ押し・マッサージ・化粧品の紹介

  • 開運アップにつながるトイレの風水!財運、恋愛運、健康運全ての運気UPはまずここから。

  • 開運!パワーストーンの色による効果の違い

関連記事

  • 自宅で出来る首イボの取り方!そのお悩みかんたん解決!

  • 化粧品の研究開発者が選ぶ美白化粧水ランキング

  • 炭水化物なのに痩せる?そば(蕎麦)ダイエットってどうやるの?効果ややり方

  • トマトパワーでダイエットと美容を手に入れよう!トマトジュース・ミニトマトのレシピも公開

  • 2018年版 紫外線から肌を守る!飲む日焼け止めサプリおすすめランキング

  • ニベア青缶 ドゥラメールって本当に効果あるの?美容薬学検定1級を持った専門家が解説します

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。