リンパマッサージとは?リンパを流す効果と自宅で出来る簡単な方法・やり方を解説します

ライター 菊地

美活編集部の妹尾さんから依頼されて書きました。
青森県在住。30代1歳の男の子のママです。
出産前はリラクゼーションサロンを開業しており、妊活アドバイスや、疲れたお客様を癒すお仕事をしておりました。
子宮内膜症での不妊治療の経験があり、妊活で悩める女性や、現代の忙しい多くの女性に、自分の体にもっと目を向けて欲しいという思いで記事を書いています。
ダイエットや美容、ファッション、本、インテリアも大好きです。

 

リンパマッサージをすることを語る先輩とそれを聞く後輩

 

上記の漫画のように長時間座ったり、立ったりしていると足がむくんできてだんだん大きくなってくる・・・

そういった経験は女性の方であればほとんど経験されてるのではないでしょうか?

 

みなさんはリンパマッサージをご存知ですか?

知っているけど、実際はどんな効果があるのか知らない、とか興味はあるけどやり方がわからない、という人も多いのではないでしょうか。

ここではリンパマッサージについて、その効果と簡単に出来る方法をご紹介します!

 

すぐにリンパマッサージを知りたい方はこちら

Sponsored Link



 

リンパって何?

いったいリンパって何なのかと疑問に思っている方もいるでしょう。

リンパは、血管と同じ様に、体の中に張り巡らされている細い管のようなものです。

中を通っているのはリンパ液といって、血漿の一部で透明よりやや黄色がかった液体です。

 

体のあちこちで、リンパ管が合流しているものをリンパ節といいます。

主に老廃物の回収と運搬、細菌が体内に入った時に闘う機能の免疫機能を持っています。

 

そして、リンパは筋肉を動かすことで流れるのです。

リンパ節は体内に約800個あるといわれています。

主要なリンパ節とリンパ系出典:gooヘルスケア医学事典

 

 

リンパはリンパ菅・リンパ液・リンパ節から構成される

一言にリンパと言っても、実はリンパには3つの機能があります。

まず、1つ目がリンパ管です。

 

リンパ管というのは血管のそばにある血管で、その役割は血管から滲み出てきた栄養や老廃物、ウイルスを吸収するものです。

血管の側を通る無色透明なもので血管と同様指先まで細部まで広がります。

 

リンパ管で吸収されたリンパ液はフィルターを通して、再度静脈の血管に戻されて静脈から心臓へ戻されます。

心臓から送られる血液は動脈を通って、それぞれの細胞に酸素や栄養素を運んでいます。

 

その時に、一緒に血液に混じってウイルスとかも運ばれています。

それらがそのまま身体中をめぐっては体が不調を起こすので、そうならないようにリンパ管に移されます。

 

その時に同時に老廃物や、細胞に取り込まれなかった栄養素もリンパ管に移されます。

リンパ管とはこのように、血管のそばにある血管をサポートする細い血管だと思ってください。

 

そして、このリンパ管に吸収されたものをリンパ液と言います。

リンパ液になった時にはこちらも無色透明のものになります。

 

リンパには、細いリンパと太いリンパが存在し、それぞれがつながることによってリンパ管が形成されています。

そして、それぞれたくさんのリンパが1箇所に集まって1つの大きな中継地点が出来上がります。

 

これをリンパ節と言います。

人間にはこのリンパ節がたくさん集まるところが4箇所あります。

 

・首

・脇の下

・足の付け根

・膝の裏

 

はリンパ節がたくさん集まっています。

よく、疲れている時や足がむくんでいる時には膝の裏をマッサージした方がいいよ。

と言われるのは、ここにリンパ節がたくさんあるから、そこを刺激してあげて効率的に、不純物を流してしまおうという意味なのです。

 

リンパ節の役割は大きい理由

このように、リンパが集まるリンパ節は非常に大切な役割を果たします。

リンパ節には他にも役割があり、このリンパ節には『浄化作用』があります

 

リンパを流れるリンパ液の中には、脂肪やタンパク質などの栄養素の他にも、アンモニアや尿酸などの体に悪影響を及ぼす老廃物も流れています。

このリンパ液のまま、静脈に戻してしまっては上記の老廃物がそのまま心臓に戻ってしまうので、それらの老廃物はリンパ節のフィルターによってキャッチされます。

 

リンパ節のあと1つの役割は『免疫機能』になります。

リンパ節からは上記のようにフィルターが存在し、そこでキャッチした老廃物をやっつける白血球が作られています。

 

このリンパ節で作られる白血球を『リンパ球』と言います。

このリンパ球はリンパ節のフィルターで捕まった老廃物(アンモニア、尿酸)をやっつけてくれるのです。

ここでやっつけられた老廃物の残骸は、リンパ節で出されるあと1つの物質である『マクロファージ』が食べてくれます。

 

浅いリンパと深いリンパがある

このようにリンパには老廃物を体に巡回させない機能があり、常に血管のサポートの役割を果たしてくれているのが分かったかと思います。

そして、ここから解説するのがリンパの種類になります。

 

分かりやすいのが、肌の皮膚は薄いからあまり力強くクレンジングをしてはいけないという話があるように、皮膚の薄さによって浅いリンパと深いリンパが存在します。

浅いリンパは肌の表面にあるリンパをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。

 

なので、寝不足や疲れが溜まっている時に目の下にクマが出来てしまうのは、このリンパの機能が低下して血流が悪くなりそこに老廃物が溜まっているからだということですね。

浅いリンパの流れが悪くなると、肌荒れ、シミ、シワ、くすみにつながります。

深いリンパの流れが悪くなると、脂肪がたまり太りやすい体質に変わってしまいます。

 

血液とリンパ液の流れは違います

心臓から送られてくる血液は、動脈をとってそれぞれの細胞に栄養や酸素を送ります。

血液を戻す時には静脈を通って心臓に戻ってきます。

 

これに比べてリンパ液は巡回するというのがなく、一方通行で静脈に戻る動きをします。

 

なので、足先、指先、身体中のリンパ管は血管から漏れ出したものをリンパ管が吸収してろ過して

また静脈に戻して、最終的には心臓に戻るという流れになるのです。

 

心臓から送られる、血液は心臓の脈によって送られますが、リンパ液はそういった部分がなくリンパ管自体が脈をうち流れを作り出しています。

これは心臓の力に比べると非常に弱く、リンパ菅の自発的な脈だけではその流れを作り出すのは難しいです。

ですが、リンパ管は筋肉の側も通っているので、この筋肉を動かしてあげることでリンパの流れを補うことが出来ます。

 

リンパを流してあげることでなぜむくみ解消につながるの?

リンパが流れていないということは、そこに老廃物が溜まるということになります。

分かりやすいのが、足のむくみです。

 

これはリンパの流れが悪くなることによって、余計な水分がそこに溜まってしまい足が太くなってしまいます。

これと同じでリンパの流れが悪くなると、代謝が落ちてそこに停滞している脂肪酸が、そのまま内臓脂肪や皮下脂肪としてついてしまうのです。

 

リンパを流すということは筋肉を理解すると見えてくる

ふくらはぎマッサージを聞いたことはありますか?

ふくらはぎを鍛えたり、ふくらはぎをマッサージする時には血行が良くなり代謝が上がります。

 

これはなぜかと言いますと、ふくらはぎは第2の心臓と言われて下半身の血液を心臓に戻す大事な働きがあるからです。

関連記事↓

 

これと同じで、筋肉の周りにあるリンパを刺激させるのは筋肉を動かしてあげることで、必然的に一緒にリンパの流れも良くなると言えますよね。

これが、リンパをストレッチしたりマッサージすることに繋がっていたんですね。

 

リンパマッサージ・リンパストレッチのやり方

こういった形で見ていくと、リンパストレッチやリンパマッサージとはその筋肉を動かして、リンパを刺激してあげることだというのがご理解頂けたのではないかと思います。

なので、簡単にすると顔の周りは優しくなぞるようにリンパをマッサージして、体の部分はストレッチをすることがリンパのストレッチにも繋がっているということですね。

 

リンパマッサージって?医学的根拠はあるの?

リンパについてわかったところで、リンパマッサージとは何かについてご紹介していきます。

リンパのところでふれているのですが、老廃物の運搬という働きがあるということに注目してみましょう。

 

リンパは運動することによって筋肉が伸縮し、リンパ液が流れるようになります。

リンパ液が滞ると、老廃物がたまったり、余分な水分がたまり、浮腫を起こします。

 

乳がんや前立腺の病気の手術で、リンパ節を取る手術(リンパ郭清)を行う事で、リンパ浮腫を起こす確率が高くなります。

そこで浮腫の改善を行うために、医療リンパドレナージセラピストが医療リンパドレナージや圧迫療法、運動療法を用いて治療を行います。

医療リンパドレナージは医師や看護師、理学療法士といった医療従事者が必要な項目の研修を行い、資格試験を受け取得できる国家資格です。

 

上記のように、リンパ浮腫を予防するための国家資格があるほど、リンパ浮腫に対してのリンパドレナージは医学的に証明されています。

 

では、リンパドレナージとリンパマッサージはどう違うのでしょう。

リンパドレナージは、フランス語の「排出」を意味する言葉で、医療現場で用いられた施術治療のことを指します。

リンパマッサージはより日本人に馴染みのある言葉を使用して、わかりやすい表現にしたものを指します。

 

どちらもマッサージであることには変わりません。

 

女性のあらゆる悩みを解決!リンパマッサージでうれしい6つの効果

肩こり、便秘、冷え、むくみ・・・女性の体の悩みは本当に尽きませんよね。

しかし毎日リンパマッサージをすることで、必ず目に見える効果が実感できます。

では、実際にリンパマッサージをすると、どんな効果があるのか詳しくご紹介します。

 

むくみの改善たるみ予防に効果的!すっきり小顔、すっきり美脚!

「朝起きると顔が腫れぼったい」

「夕方になると、ふくらはぎがぱんぱん靴がきつくなる」

「寝る前に足がジンジン痛くて眠れない」

 

なんて経験、女性ならありますよね?

これらは全てむくみが原因なのです。

 

むくみの原因は、ストレスや疲れ、病気などいろいろあります。

その中でも女性は、血流を促すポンプの役割を果たしてくれる筋肉量が少ないので、同じ姿勢でいることによって、リンパの流れが滞りむくんでしまいます。

 

特に立ち仕事は、重力で水分がすぐ下半身に集中してしまいます。

そして顔も同様、寝ている間に水分が溜まってむくみます。

むくみを何もせずにずっと放置していると、むくんだ状態のままの皮膚になってしまい、結果的に顔や体のたるみを引き起こすのです。

 

一度皮膚がたるんでしまうと、元に戻すことはなかなか難しいので、早めにリンパマッサージでむくみ改善することが大切です。

 

入浴後、リラックスしながら気になる部分をリンパ節にむかって流すことで、驚く程日々のむくみが改善され、体と顔のラインがすっきりします。

 

肩こりに効果的–血流改善で冷えない体に

女性の肩こり

「寒い時期ではないのに1年中手足が冷たい」

 

「全身がいつも冷えていて、肩こりが治らない」

 

こんな症状の女性は沢山います。

そんな女性は、びっくりするほどに手足が冷たく、体も全身がちがちに凝り固まっています。

血流悪化が冷えを招き、冷えることで血管が収縮して筋肉が硬直し、肩こりになってしまうという悪循環の状態です。

 

血流が悪い=体が冷える=肩こりに直結しているのです。

だからと言ってお風呂に入ったり、靴下を重ね履きしたり、ホッカイロを貼ったり、一時的に対処療法で温めても根本が変わらないと冷えは治らないのです。

 

リンパを流すことは、血管を刺激して血流もよくしてくれます。

全身の血の巡りがよくなると、体の内側から温まるので冷えにくくなります。

 

冷えが治ると筋肉もほぐれやすくなりますが、それでも肩こりがひどい時は、リンパを流したあとに、こりのひどい部分を指圧するのがおすすめです。

 

ポイントはあまり強く押さず、自分が気持ちいいと感じるぐらいの強さで指圧しましょう。

血流をよくしてから指圧すると、より効果的でこりもほぐれやすくなります。

 

リンパマッサージと同様に大事なのは適度な運動で筋力を増やし、こまめにストレッチをして、体をほぐすことです。

 

日々の生活で血流改善を意識すると、冷えない体になっていくのです。

 

腸活性化で便秘解消-代謝アップでポッコリお腹すっきり

女性は便秘になりやすいと言われています。

原因は、女性の身体の作りやホルモンの影響、妊娠や出産ダイエットなどが影響しています。

便秘を放置しておくと、体の中に毒素が溜まり、腹痛や食欲不振、肌荒れなど様々な不調を引き起こします。

 

腸に便(毒素)が溜まっていると、腸の働きが悪くなり代謝も悪くなります。

代謝が悪くなると、お腹に脂肪がつきやすくなります。

 

リンパ管はお腹にも集中しているので、お腹のリンパマッサージをすることで腸が刺激され活発になります。

お腹のマッサージを何度も繰り返すと、お腹全体が温まってくることが感じられます。

 

毎日根気よく続けることで、毎朝の排便習慣が身に付き、便秘になりにくい体質になります。

ポイントは、便を肛門へ押し出すイメージで、時計周りにゆっくり円を描くように押し回します。

 

女性にとって腸内環境を整えることはとても大事です。

腸内デトックス(毒素排出)をすると代謝もアップし、便秘とぽっこりお腹もすっきり解消されます。

 

埋もれた体のラインを取り戻そう!下半身太り、二重あごに効果的

いくらダイエット頑張っても、下半身だけが痩せなかったり、小顔を目指してマッサージをしても二重あごがすっきりしなかったり・・・いまひとつ効果が実感できない経験ありませんか?

 

痩せない理由は、むくみと冷えが原因です。

体が冷えると老廃物が溜まり、むくみが発生します。

 

むくみを放置していると、老廃物が下半身に留まってしまい、皮下脂肪と老廃物が混ざり合い、時間をかけて固まって肥大化してしまいます。

 

それが下半身太りの一番の原因です。

その肥大化した正体とは、「セルライト」なのです。

 

太ももやお尻、二重あごは筋肉がつきにくいので、セルライトもつきやすくなります。

リンパマッサージをして老廃物を流し、セルライトを作らせないことで下半身太りや二重あごを防いでくれます。

 

リンパでセルライト撃退

セルライト

お尻や太ももについたぼこぼこしたセルライト。

冷えやむくみを放置し、一度ついてしまったセルライトは、ダイエットだけでは落ちにくいのです。

太ももの裏やお尻がいつも冷たいという方は、セルライトのせいで血流が滞っている証拠なのです。

 

厄介なセルライトでも、リンパマッサージをすると本当に効果があります。

言ってしまえば、セルライトはマッサージ以外では落とせないのです。

 

リンパマッサージは浅いリンパと深いリンパがあるといいましたが、セルライトは深いリンパを刺激しないと届きません。

セルライトを意識しながら毎日マッサージすると、目に見える効果が必ず実感できます。

 

免疫力アップで疲れ知らず

人は免疫力がないと生きていけません。

誰しもが持っている免疫力。

知っているようで、知らない免疫力について少しおさらいしましょう。

 

リンパ節には、浄化作用と免疫機能があると説明しましたね。

免疫機能とは、体内に侵入したウイルスや、細菌などの病原体や毒素を異物として感知し、体を守るためにリンパ節でキャッチして、体から排除してくれる機能です。

 

その機能は生活習慣や、ストレス状態で弱くなったり、高くなったりすることがあるのですが、その力を免疫力といいます。

ふと思い返してみると、風邪をひいた時や疲れが溜まったりすると、耳の下が腫れたり、しこりになったりすることがありますね。

それは、首や耳にあるリンパ節がウイルスや細菌と闘っているからなのです。

 

免疫力が弱いと風邪や病気になっても治りにくいですが、免疫力が高いと治りやすくなります。それと同様、疲れの感じ方も違います。

リンパと免疫力は密接な関係を保っています。

 

リンパマッサージは、免疫力を整える手助けをしてくれるのです。

 

 

リンパマッサージの注意点

リンパマッサージは、マッサージをすることで血行を良くするため、感染症が疑われる場合はマッサージを控えましょう。

血流にのって感染がひろがることもあります。

 

心臓疾患や低血圧の方も注意しましょう。

喘息のある方や、腎臓病の方も注意が必要です。

 

悪性疾患がある方はリンパマッサージは控えましょう。

また、妊婦の方は、安定期に入るまでマッサージは控えたほうがよいでしょう。

 

皮膚が弱い方や皮膚炎がある場合、肌を強くこすることで出来た傷から細菌が入り込み、蜂窩織炎を起こすこともあります。

健康管理に気を付け、異常がある場合のリンパマッサージは状態を見て判断してください。

 

また、力を入れすぎずにマッサージを行う事も重要です。

力を入れたほうが良くリンパが流れるか、といったらそうでもないのです。

そっと、優しく触れる程度でもリンパは流れるということを頭に入れておいてください。

 

リンパマッサージの基本

リンパマッサージは、末梢から中枢、手先や足先から、心臓に向けて行うこと。

また、リンパ節に向けて行う事が基本です。

 

そして、マッサージを行う際は、余分な摩擦や負担を肌にかけないようにするために、クリームやオイルといったものを塗布してからマッサージを行うようにしましょう。

 

入浴後、体がほぐれた状態でマッサージを行うとより効果的です。

 

Sponsored Link



 

リンパマッサージの順序と方法

まず、リンパを流れるようにしても、出口がつまっていればスムーズな流れにつながりません。

ですから、最初にリンパの出口をほぐしてあげる必要があります。

 

1.鎖骨

鎖骨のリンパマッサージ

鎖骨のリンパ節はリンパの入り口であり、出口でもある一番重要な部分になります。

鎖骨のへこみ部分にリンパ節があるので、左の鎖骨であれば、右手をリンパ節に当て、上から下へ流します。

その際、力を入れる必要はありません。

リンパは浅い部分に流れているため、大きく胸で意識して呼吸することでも流れてくれるのです。

なので、そっと圧迫しながら、上から下へ10回程度なで下ろす程度で十分です。

 

2.顔

顔のリンパマッサージ

顔のリンパもは鎖骨に向かって流し、出口へとスムーズに流しましょう。

まず、目の下や口角の周りは手のひらを顔に当て人差し指がこめかみに当たる様にします。

小指→薬指→中指→人差し指の順に顔の表皮をこすらないように圧迫します。

人差し指まで軽く圧迫出来たら、そっと耳の横から耳の裏まで指で滑らせ、首の横を通り鎖骨に流します。

これを10回繰り返します。

顔の表皮は薄く、動きにくいので摩擦でシミの原因になるので、こすらないようにしましょう。

 

3.脇

脇のリンパマッサージ

脇のリンパ節がつまってしまうと、二の腕がむくんだりして太く見えてしまいます。

脇のリンパ節のつまりを取ってあげ、そのあと二の腕のリンパを流してあげましょう。

 

右脇のリンパを流す場合は、左手の親指をわきの下に置き、後の4本の指は肩甲骨に置きます。

親指にゆっくりと力をいれ、脇をいたくない程度に10秒ほど圧迫します。

同様に反対側も行いましょう。

 

4.二の腕

二の腕のリンパマッサージ

手先のほうがら手の内側を通り、脇に向かってそっと撫であげます。

10回程度行いましょう。

 

5.お腹

お腹のリンパマッサージ

まず、おへその周りを時計回りにマッサージを行いましょう。

10回程度ぐるぐるとマッサージをしてから両側腹部に手を置き、おへその横を通って鼠蹊部に向かって流していきます。

そのままおへその横を通り、みぞおちに向かって流します。10回程度行います。

 

6.足

足のリンパマッサージ

くるぶしの裏に両手を置いて、ゆっくりとふくらはぎの裏を通り、膝の裏から鼠蹊部に向かって流します。

10回程度行います。

 

Sponsored Link



 

エステサロンのリンパマッサージから学ぶリンパマッサージ

 

エステサロンでの、フェイスのリンパの流れを良くしてもらう施術は機械をあてて行うことが多いです。

滑らかに優しく耳の横からフェイスライン、そこから左右の口角あたりから、首を通り鎖骨に向けて流していきます。

 

こんな、触る程度で本当にリンパの流れが良くなり老廃物も流してくれているのか。

と思いますが、片方だけ施術した顔を鏡を見ると顔がすっきりしているのがわかります。

 

ぜひ、この施術は自分でもマスターしたいですね。

覚えてしまえば、人差し指、中指、薬指の3本を使って自分でリンパの流れを良くすることもできます。

こめかみよりやや下に3本の指をそっとあてて輪郭に沿って下に指を下ろしていき、左右の下顎まで指がきたら、今度は少し顎をあげて首筋までまっすぐ指をなでおろして、鎖骨あたりまでもっていきます。

 

洗顔後、化粧水を塗りながらこの動作をするとリンパの流れが良くなると言われていますのでお試しください。

 

こめかみの下の3点は常に指で刺激などを与えることでリンパの流れも改善すると言われています。

また、私生活で机の前に座り頬杖をつくのでしたら、薬指で眉尻、中指でこめかみのやや下、人差し指で耳の付け根を軽く押す3点リンパ杖が絶対に有効的でいいです。

滞っているリンパを刺激するわけです。

 

また、エステでは脇のリンパの流れはつまっていると、痛みがあるといいますが本当に痛いです。

しかし、施術後は腕が軽くなりますね。

 

あの痛みが怖くて自宅で、リンパマッサージなどをマメにしていると次回のエステでの施術は不思議と痛みも少なく気持ちいいのがこの脇です。

入浴時などに脇もマッサージしてあげるといいですね。

 

エステシャンは手をグーにしてやっているんじゃないかと思うくらい脇には力を入れてきますので(つまってるとそう感じるようです)、フェイスと違い脇のリンパは深いので強めにマッサージをしてあげるといいです。

 

自宅でもできるこのリンパのマッサージのおかげで毎回エステで行っていたリンパマッサージ(脇)は遠隔で行うようにしています。

とはいうものの、なかなか思うようにマッサージができない方は「エステシャンのゴットハンド」を再現した、リファカラットもおすすめです。

 

この製品はお風呂も一緒に入れる優れもの。

全身に使えますので試してみてはいかがでしょうか。

リンパマッサージ未経験者がやると、素人目でも顔が上がるのがわかります。

 

MTG ReFa PRO (リファプロ)【メーカー純正品[充電不要 1年保証]】フェイス&ボディ用

 

 

 

むくみが気になる人はこちらも読んでいます。

 

 

リンパマッサージのまとめ

リンパマッサージは体のむくみを取るのに有効となっています。

医学的にも立証されており、理学療法の一環として取り入れられています。

むくみを取ることで、ボディーイメージに変化が起こり、それによりダイエットにもつながるかもしれませんね。

 

正しいリンパマッサージの方法を知って、すっきりとした毎日を過ごしましょう。

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA