その方法で本当に大丈夫? 婚活攻略のための10の魔法♪ (出会い・イベント・パーティー編)

婚活パーティー

いずれは結婚したいけれど、婚活を始めるタイミングがわからない

以前、友人がそんなことを言っていました。

 

「お見合いパーティー」「婚活アプリ」「婚活バー」「街コン」etc……

いろいろ経験した私の結論は

 

「婚活は『結婚したい!』と思ったらすぐに始めるべし!」

 

この言葉につきます。

 

では、婚活とは具体的にどんなことをどれくらいのスパンで行うものなのか。

 

「お見合いパーティー」

「婚活アプリ」

「婚活バー」

「街コン」

 

それぞれの利点を比較して、『婚活を楽しむ』をスタンスに自分に合った婚活方法を探しましょう♪

 

Sponsored Link



 

【 『婚活を楽しむ』宣言★ 】

婚活を楽しむ

ちなみに婚活というワードに対し、どんなイメージがありますか?

もしかしたら就活に続いてあまり楽しいイメージではなく、「しかたがないから」という理由が連想されてしまうかもしれません。

 

確かに婚活はメンタルを使いますし、体力勝負でもあります。

しかし、いままで関わったことがないさまざまな人種と出会うことで、良い人生経験が積めることは間違いないです。

では『婚活を楽しむ』ため必要なこととは何か。

 

「いかなる状況に置いても心に余裕を持つこと」です。

 

先ほど婚活の開始タイミングについて「善は急げ!」と宣言しました。

それにより

「結局若くないとダメなんだ……」

「余裕なんてもてるわけないじゃん!」

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

年齢のことで焦った方に宣言します。

婚活の目標は結婚です。

結婚において「若ければそれでいい」なんてことはありません!

 

確かに男女の出会いの場において『若い女性』というのはステータスでしょう。

 

しかし、必ずしも「若くて可愛い女性」が「結婚したい女性」とイコールで結ばれるとは限りません

 

これは女性にも言えることです。

「外見的ルックスが良い『だけ』の男性」と「見た目そこそこ年収安定の男性」どちらと結婚したいですか?

テレビであってるモテモテナインティナインを見れば分かりますよね、笑

 

『結婚』はただの恋愛と違って「年収」「性格的相性」「家族に対する考え方」「将来設計」……などなど相手を選ぶときに大切な事項がいくつもあります。

当然、さまざまな妥協が発生しますが「私が経済的にも養うし家事も全てやってあげるからイケメンと結婚したい!」という意見は失礼ながらマイノリティでしょう。

 

婚活とは『外見や年齢に自信がない方にとって、それ以外の魅力で戦うことができる』分野なんです!

 

「遅すぎた」「もっと早くやればよかった」と後悔する前にまずは「行動」してみること。

経験値こそが余裕の源です。

1回のみの参加、1回のみの紹介で諦めないでください!

初回の婚活は誰でも緊張します。

しかし「いずれ大本命に出会うための予行練習」として、まずは1回目のチャレンジをしましょう。

その一歩こそ『余裕』を生み出す大きな前進なのです!

 

【 婚活は早ければそれでいいの? 】

婚活は早ければそれでいいの?

さて、婚活方法を紹介するまえに一つ、立てておくべき『目標』があります。

 

『何年の交際期間を経て、何歳までに結婚したいか』を明確にしましょう。

 

大まかな人生プランの設定が重要です。

 

まずは『何歳、何年後に結婚をしたいか』を冷静に考えてみましょう。

そしてできれば、「何故その年齢のときに結婚したいのか」という理由も考えてみてください。

 

……なんだかうんざりする質問ですね。

しかし『目標設定』は婚活を長引かせないための秘策でもあるのです。

 

婚活を長引かせないための目標の立て方

 

a. ○歳に結婚したいか、おおよその目標を立てる

このとき考慮するべきこと

① ○歳のときの自分の仕事のポジショニング、目標を踏まえる

② 結婚における資金をある程度確保しておきたい場合、貯められるお金のことも計算する

 

b. 交際期間をどれくらい設けたいかを考える

……いかがでしょうか?

仮に30歳の方が「35歳までに結婚したい」という目標を立てたとして「3年の交際期間が欲しい」とお考えでしたら、32歳まで交際相手を見つける必要がありますね。

 

これにより「目標達成のために2年間婚活に集中するべき」ということがわかります。

 

当然、2年で良い人に出会うことができないことも十分ありえます。

その場合、『a.結婚目標年齢』『b.交際期間』を変更する必要があるでしょう。

優先順位をつけて想定してみてください。

 

結婚目標年齢がはっきりすることで、今自分のするべき行動や、取るべき婚活の手段が見えてくるはず。

 

そんなの結婚したい人と出会ってから考えればいいじゃん!

 

そもそも交際期間なんて付き合ってみないとわからないし……

 

と、思われる方は少なくないはず。

かく言う私もそうでした……。

しかし「婚活における時間調整」は結構難しい!

 

これは私の体験ですが、シフト制のお仕事に就かれている方は、土日に開催されることの多い婚活イベントには参加しにくく、それだけで出会いの場が減ってしまうことも……

 

特にバスツアー系の街コンなどは興味があっても何度も機会を逃してしまいました。

 

婚活アプリではせっかく良さそうな人を見つけても、相手との都合をつけるのが難しく、約束が先延ばしになってしまうこともありました。

(その後結局会えずじまい)

その他、実際付き合ってみたは良いけれど結婚における将来ビジョンが合わなすぎる相手だった、ということも

また特殊な例ですが、婚活バーで知り合った男性とお付き合いをスタートさせたところ「何年後に結婚したい?」と質問すると

 

「10年同棲してお互いの嫌なところが見つからなかったら考えてみる?」

 

遠回しに断られたのか?

と、思わざる負えない返事が返ってきたこともあります。

このように婚活に参加している人の数だけ、結婚を何歳にしたいか、という願望も千差万別なんです。

 

せっかく交際をスタートさせても、結婚という将来ビジョンがあまりに沿わず、お互い妥協する事ができない場合、交際を始めていたとしてもお別れする方が良いこともあるでしょう。

 

このように働きながら限られた時間で婚活を行うのはとっても大変なんです。

 

あらかじめ『○年以内で必ず見つける!』という目標を設定することで、『集中的にやるぞ!』というやる気を起こしましょう。それが攻略の第一歩です

 

【 婚活手段① 気軽に参加♪ 婚活バー 】

婚活バー

いわゆる『シングルズ・バー』が該当します。

最近では婚活カフェも都内では多いようですが、システムは基本的には一緒。

お店側が大人の自然な出会いを演出してくれます。

 

じつはこの『自然』がポイント。

「今の彼とどこで知り合ったの?」と聞かれたとき「お見合い」や「マッチングアプリ」と答え辛いこともありますね……。

一方、婚活バーの場合「行きつけのバーで知り合った」と自然に説明できちゃいます。

このように、婚活バーは非常にフランクに利用できるんです♪

 

【こんな人におすすめ】

* とりあえず『婚活』の雰囲気を味わってみたい人。
* すぐに結婚しなくてもいいから出会いが欲しい人。

 

【こんな人はやめておこう】

* 複数の人と喋ることに抵抗がある人。
* すぐに結婚したいと思っている人。

 

【良い点】

① お見合いパーティーと比較して一人の相手とじっくり会話ができる。

② 他の手段と比較して女性は安くすむ。女性無料のところも多い。

③ 1人からの参加もOK!

 

【悪い点】

① 業者のサクラが紛れていることあり。

② 軽いノリで参加できることから既婚者が紛れていることも……。

③ 身分証を提示しないお店もあるので、お店選びをするときは口コミ検索が必須。

 

『婚活バーの体験談』

私が初めて婚活に踏み切ったとき、初めてとった方法がこの『婚活バー』でした。

 

理由は

「相席屋や街コンのように友人と行かなくていいから」

「平日夜に参加できるから」

というもの。

 

婚活していることは公言していましたが、恥ずかしかったのでその様子は見られたくなかったのです……。

 

参加費が500円や無料など、安いというのも魅力でした。

 

婚活バーにはいろんなコンセプトがあり、年間通してさまざまなイベントを企画するお店が多いようです。

 

私は同じお店の

「アニメ・漫画好きヲタクイベント」

「20代~35歳までの女性限定イベント」

「ハロウィンイベント」

などに参加しました。

 

当然のことですが、イベントごとに男性のタイプががらりと変わりました。

 

当初、一人ということもあり緊張しっぱなしだったのですが、アニメイベントのときは共通の話題があったのですぐに打ち解けることができましたし、ハロウィンは仮装で盛り上がることができました。

一方「20代~35歳までの女性」限定イベントのときは男性の質が良い反面、話題に困ってしまうことがありました。

 

私個人としては、初めて婚活バーに行く場合、イベントの時が良いように思います。

 

ちなみに肝心の『出会い』ですが、連絡先の交換はかなりフランクに行えます。

私の場合、婚活バーで実際に知り合った方で、交際まで発展したのは1名でしたが、それでも半年程の利用で3名ほどとデートできました。

当日のながれは

 

① バーで連絡先を交換

 

② LINEでやりとりをする

 

③ 気が合いそうだったら後日デート

 

というかんじです。

 

ここで肝心なのが「とりあえずLINEを交換しよう」という『軽さ』です。

いくら「お見合いパーティーより話ができる時間が長い」とはいえ、一人の相手と1時間も2

相手の結婚における本気度合を測ることができない結果、私は「いつかは結婚しようか?(いつかが最低10年の同棲)」という男性と付き合ってしまいました……。

時間もお話できるわけではありません。

 

当日に交際をスタートさせることはまず無理でしょう。

 

適度に相手を選んで、「もう少し話を聞きたい」と思った相手に声をかけてみるのが良いでしょう。

 

一方で「知らない人にも気軽に話しかけておしゃべりができる場所」という感じのため「婚活」に焦っている女性が悪目立ちしてしまうような雰囲気もありました。

実際、お見合いパーティーやお見合いと違って「何年以内に結婚をしたいか」などの結婚における本気度合を測ることはできません。

相手の結婚における本気度合を測ることができない結果、私は「いつかは結婚しようか?(いつかが最低10年の同棲)」という男性と付き合ってしまいました……

あくまで出会いの場、という感じでした。

 

 

【基本的な流れ・システム】

 

① 受付

 

② お名前カードやプロフィールカードの記入

 

③ お店側が決めた時間以内で複数名の男性と会話

 

婚活バーのシステムはお店によってだいぶ異なります。

私は2時間などの時間制のあるところをよく利用していました。

スタッフさんがイベントの進行をしてくれるお店の場合、話題に困らなくて助かりました……。

 

婚活バーの場合、各地域別に個人で展開している店舗が多いので注意事項を良く読み、気になるイベントのときに参加すると面白いかもしれません♪

 

Sponsored Link



 

【 婚活手段② ライバルいっぱい? 街コン 】

街コン

街コンとは街ぐるみで行われる合同コンパです。

 

最近では、商店街や市民団体、自治体などがでも開催されているようで、その輪は『婚活』のみならず、趣味や地域活性化のための手段ともされています。

 

【こんな人におすすめ】

* 多くの参加者から相手を選びたい人

* 友達と婚活をしたい人

 

【こんな人はやめておこう】

* 自分から話しかけるなんて絶対ムリ! と思う人

* そもそも合コンが嫌いな人

 

【良い点】

① とにかく沢山の男性と会える!

② 他の婚活と比べて敷居が低く、遊び・イベント感覚で参加できる。

③ スタッフがいるので、自分たちで合コンを企画するより楽

 

【悪い点】

① 相手の結婚願望を測れない。結婚相手を探すには敷居が低すぎることもある。

② あくまで合コンなので人見知りの人には向かない。

③ イベント主催者側のサクラ、業者のサクラがいても見抜くのが難しい。

 

規模が大きいものだと総勢200名を超えるものもありますので、その中から自分をアピールするのは結構難しいでしょう。

一方、大規模だからこそ、友人と誘い合って集団戦に持ち込むことができます。

戦略と協力さえあれば一種のお祭りとして盛り上がること間違いありません!

 

街コンジャパンを活用しよう

街コンジャパンは自分の地元で、どういった街コンが開催されてるかを調べることが出来るサイトです。

婚活以外にも趣味コンが充実しており、友達づくりのコミュニティとしても面白いイベントが盛りだくさんです

 

『体験談』

お1人参加がNGだったこともあり私はあまり興味がなかったのですが、友人に誘われて総勢180名の街コンに参加しました。

 

正直に言いますと「女子のレベルが高い」

 

みんなおしゃれでみんなかわいい!

なおかつ喋りが上手い!

 

年齢層も19歳~25歳くらいまでの女性が多く、当時私は24歳だったので「この中ではそんなに若くないんだな」とびっくりしました。

私は合コンが得意ではなく、大学生のサークル飲み会のような雰囲気に溶け込むことができなかったので、早めにフェードアウト……

 

正直な話、大規模だからこそルックス勝負なところもあり声をかけてきた男性のグループも「本命が他の人にとられたからとりあえず飲まない?」のような誘われ方をされた気もします。

 

街コンはハマれば婚活をメインとしていなくても、楽しくお酒が飲めるイベントでもありますね♪

 

最初の婚活は誰かと一緒にやりたい!

という願望が強い方におすすめです。

 

 

【基本的な流れ】

 

① 事前登録(このとき費用を払うことも)

 

② 指定場所に集合

 

③ いくつかのグループに分かれて交流

 

④ 数回の席替え。規模が大きいイベントだとお店ごと変わります

 

⑤ 気になった人とは個人的に連絡先を交換

 

スタッフが協力してくれることもあります

 

街コンはイベントの系統によって大きく流れが変わります。

 

基本的にはお見合いパーティーと同じように、複数の男性とおしゃべりができるようになっていますので、いかに自分をアピールできるかが要となります

共有できる時間の長さを武器に変えるためにも、複数名の人と参加し、協力し合うことをおすすめします★

 

 

【 婚活手段③ 新時代のお手軽婚活★ 婚活アプリ 】

婚活アプリ

一昔前ではネットで知り合うことなど「出会い系……?」と懸念されていましたが、SNSが主流となった今では自然な流れなのかもしれません

また、フェイスブックと連動していたり身分証必須のアプリも多いので、安全お手軽なのも魅力の一つですね。

 

【こんな人におすすめ】

* 空いた時間にサクッと婚活したい人

* ネットでの交流に抵抗がない人

 

【こんな人はやめておこう】

* 情報を鵜呑みにしがちな人(警戒心が弱い人)

* 長く続ける、長く探すことが面倒な人

 

相手の顔を写真で確認する事しかできず、第三者の介入なしに個人で進める婚活方法なので、警戒心が必要、というのはアプリならではかもしれませんね

 

【良い点】

① マイペースに続けられる

② 本当に気になった人とだけ交流できる

 

【悪い点】

① 本人に出会うまでは相手の本性がわからない

② 業者のサクラが紛れている可能性アリ

③ 自分から行動するのが必須

 

おススメアプリ

 

Omiai オミアイ

Omiai オミアイ(マッチングアプリ)

* Facebookアカウントが必須

* 20代~30代の登録者が多い

* 満足度が高く、多くの婚活アプリ紹介サイトで取り上げられている

 

ブライダルネット

ブライダルネット(マッチングアプリ)

* 東証一部上場企業のIBJが運営

* 男女ともに有料

* 登録時に本人確認書類の提出は必須

 

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

* 言わずと知れた超有名コンテンツ

* 有料会員のみに顔写真を公開

 

 

婚活アプリは場所も時間も選ばず携帯電話一つでできます。

その手軽さは非常に魅力的ではありますが、ついつい「またあとで見ればいいや」と先延ばしにしがちなのもホンネ。

ぜひ自分の時間をコントロールできる方におすすめです。

 

『体験談』

私がDLしたアプリは『Omiai オミアイ』です。

このためだけにFacebookを登録しました。

 

2年ほど続けましたが、複数の男性とやりとりをしても「デートをいつにするか」という話題に尻込みしてしまい……。

いくら顔写真が掲載されていても、やっぱりネットで知り合った相手と、というのは抵抗がありました

 

当時同時進行でお見合いパーティーに参加していた私は、ついついそちらを優先してしまい、いつの間にやらログインすることも忘れていました。

 

マイペースに時間を選ばないのは間違いなく魅力の一つなのですが、「いつでもできる」という手軽さ故に一人一人における真剣さや誠意が欠けてしまったのは間違いありません。

 

 

【 婚活手段④ 短期集中型で手堅い結果を! 結婚相談所編】

結婚相談所

結婚相談所という言葉を耳にしたことはあると思いますが、なかなかハードルが高いと思われがち。

 

実際、結婚相談所における費用は他の婚活方法と比較して高いです。

 

しかし高いだけあってプロのサポートを受けられることが最大の魅力。

『1年、またはそれ以内の短期集中で婚活を行いたい!』などの意志が固い方におススメです。

 

今回は『仲介型』『マッチング型』の結婚相談所の性格をそれぞれご紹介いたします。

 

①仲介型の結婚相談所

 

結婚をサポートするコンシェルジュ(仲介人)が介入して進めていける婚活のスタイルです

 

【良い点】

① コンシェルジュと相談して計画的にすすめることができる。

自分から積極的に相手を探しに行くのが苦手な方にぜひおススメ!

② 本気で結婚を目指している人中心のシステム。冷やかしが少ない

 

【悪い点】

① 費用が高い

② 登録制のため、登録時の時間がとられる

 

仲介型結婚相談所はコンシェルジュによるカウンセリング後、相談者の希望にふさわしい相手を紹介してくれる、というスタイルです。

お見合いの会場をセッティングしてくれる会社も多いのでとっても心強いですね。

結婚願望が強い会員さんが非常に多いので、冷やかしなどは少ないでしょう。

ここで有名サイトをいくつかご紹介いたします。

 

パートナーエージェント 

* お見合い実績99.4%

* ホームページで顔写真を確認できます。

 

近年伸びている結婚相談所です。

<対応エリア> 関東、関西、名古屋、福岡、北海道、静岡

 

IBJメンバーズ

* お見合い実績96%

* ホームページで顔写真を確認できます。

 

歴史のある結婚相談所です。短期集中を売りにしています。

<対応エリア> 関東、関西、名古屋

 

リエゾンピュア

* お見合い実施率97.5%

* 男性は年収600万以上。

 

男性の年収が明記されており、上記2社とはちょっと系統が違う雰囲気の結婚相談所です。

<対応エリア>関東

 

紹介した3社はホームページ上で顔写真を確認できること実績が高いことが共通しています。

自分に合った雰囲気、対応エリアなどを確認し、比較してみてください♪

 

【 入会後の流れ 】

 

高めな費用が発生する以上、仲介型結婚相談所を利用するときは「失敗したくない!」という意見が多いでしょう。

では簡単に入会後の流れをご案内します♪

(参考:パートナーエージェント)

 

① 入会後⇒カウンセリング

コンシェルジュがあなたの結婚に対する気持ちや考え方、相手への条件を細かく質問します。

 

② 活動計画を立てる

①の情報を元に、コンシェルジュが活動計画を作成してくれます。

 

③ 会員の紹介

コンシェルジュがあなたの条件に合う会員さんを紹介してくれます。

 

④ お見合い

お互いにプロフィールを確認し、意に沿えば、お見合いの日時をセッティングしていきます。

 

* 今後のお付き合いをお断りしたいときはコンシェルジュに伝えます。

 

⑤ お友達としての交流

お見合いでお互いの気持ちが前向きであれば、お友達としての交流をスタートさせます。

 

⑥ 結婚を前提とした交際

結婚を前提とした真剣なお付き合いの段階へ入ります。

このとき、他の会員さんを紹介するサービスはストップします。

 

⑦ 結婚(成婚)

結婚が決まり2人で同時に退会します。

 

 

仲介型結婚相談所では、コンシェルジュが複数の男性を紹介してくれます。

④~⑤の期間中であっても一人に集中する必要はないのが良い点かもしれないですね★

 

 

②マッチング型の結婚相談所

 

マッチング型の結婚相談所では検索システムを使用し、あなた自身でお会い手を探すことが出来ます。

相性が良さそうな男性会員を紹介してもらうことも可能です。

 

【良い点】

① マイペースに自分で気になる相手を探せる。

② ホームページ上で顔写真を見て探す事ができる。

③ 会員数が比較的多い。

 

【悪い点】

① 仲介型の結婚相談所と比較するとコンシェルジュからのサポートは弱い。行動力が必須。

② 婚活アプリと比較すると費用が高い。

③ 一ヶ月の紹介人数が決まっているサイトがほとんど。

 

マッチング型結婚相談所は仲介型と比較するとなんとなく近代的なイメージかもしれません。

イメージ的には婚活アプリに近いものがあります。

ここでは大手3社を紹介します

 

Zwei(ツヴァイ)

* イオングループの結婚相手紹介サービスです

* セミナーやパーティーが充実していることもあり、利用者からの評価が高いです。

 

楽天O-net

* 知名度が高いので登録者が多いです。

* 他者からの乗り換えキャッシュバック制度などがあります。

 

NOZZE ノッツェ

* 創立22年と歴史があります。

* 日記検索や相性占いなど、ならではコンテンツがあります。

 

 

【 入会後のながれ 】

 

仲介型とは異なり、自分で計画性を立てて行うのがマッチング型です。

(参考:楽天O-net)

 

① 入会後、活動準備

データ登録、書類提出、写真撮影、プロフィール作成を行います。

 

② 理想の相手を探します

データマッチング、顔写真検索、パーティなど方法は様々です。

 

③ 気になる相手を発見したら、アプローチできます。

 

④ メッセージを交換しましょう

 

⑤ デートします

セッティングは自分で行います。

意気投合したら、個人連絡先を交換してデートを重ねていきます。

 

⑥ お付き合い開始

 

⑦ 結婚

二人で成婚退会しましょう。

 

 

同じ『結婚相談所』でも仲介型マッチング型はずいぶん違うところがありますね。

時間と金銭面を配慮し、自分に合っていると思う方をぜひ利用してみてください

 

 

【婚活手段⑤ 短時間でサクッといこう! お見合いパーティー】

 

実はお見合いパーティーで結婚相手を見つけた私。

 

成功する出会いはあります!と自分を例にとれますが、いわゆる男性が女性の席に巡ってくるのを繰り返す『回転寿司』方式のためとにかく忙しかったです

お見合いパーティーと街コンはシステムが非常に似ていますが、街コンが合コンなのに対して、お見合いパーティーは1対1で短時間でお互いをPRします。

 

イメージ的にはお見合いと街コンを足して2で割った感じですね。

お見合いよりもカジュアルに、街コンよりも落ち着いています。

 

【こんな人におすすめ】

* 複数の相手と実際に会話して、相手を選びたい人

* とりあえず婚活に興味がある人

 

【こんな人はやめておこう】

* 初対面の人と会話するのがとにかく苦痛な人

* プロフィールカードの記入が面倒な人

 

【良い点】

① 多くの人の中から選ぶことができ、また選んでもらえる可能性がある

② 司会者がいるので会場が静まり返ることがない

 

【悪い点】

① 短時間で多くの人と会話しなくてはならない

② 街コンのように同性の同伴者と一緒に会話する事はできない

 

『体験談』

私は今の彼と知り合うまでに、複数のお見合いパーティーに参加しました。

 

正直お見合いパーティーの印象は「とにかく忙しい!」

 

座っている女性のところに男性が来てくれるのは嬉しいですが、その回転の速さは正直気になります

 

決められた時間内に全員と会話するのでそりゃそうですよね

 

そこで掴んだコツが「とにかく相手の印象に残ろう作戦」です。

 

イベントによりますが、総勢40名程度の参加者の場合、アピールタイムはせいぜい5分以内。

20名の同性の参加者の中から「良い印象」だったり「また喋りたい」と思わせるのは至難の業です。

 

私は話題のとっかかりにしやすいアイテムを机上に置くことで、しゃべりかけやすい雰囲気つくりをしました。

 

具体的には、変わった形のボールペンを目のつくところに置きました。

 

うさぎの形で耳をノックするタイプだったのですが

 

「うさぎ好きなんですか?」

「面白いペンですね」

 

と相手から話をふってくれました。

全く話題がなさそうな相手とは3分の会話も結構きついですが、プロフィールカードが充実していると話の引き出しになるので非常に便利でした。

 

今後お見合いパーティーに参加される方は、ぜひ会場で記入するプロフィールカードを充実させましょう。

可愛いボールペン

出典:ヤフーショッピング

 

『全体的な流れ』

 

① 受付⇒プロフィールカードを記入

 

② 開始後、自己紹介タイム

基本的に男性が女性の席に順番に回るようになっています。

人数と規模によりますがアピールタイムは2、3分程度です。

このとき、お互いのプロフィールカードを交換し、話題のタネにします。

 

③ 第一印象チェック

カードなどでスタッフに気になる相手の第一印象を伝えます。

このとき両想いの場合その場で退場することも可能です。

 

④ フリータイム

気になる相手とお話しできます。

 

⑤ 告白タイム

フリータイムを経て、再度気になる相手の調査を行います。

このとき両想いの場合その場で退出できます。

 

中にはフリータイムでパートナーチェンジを数回行わなくてはならないなど、制限があるイベントもあるようです。

お見合いパーティーも街コンと同じく、イベントやさまざまなジャンルのものがありますが、多くのパーティーが2時間~4時間程度です。

2、3分の自己紹介を続けていくうちに、当初気になっていた相手の情報を忘れがちになってしまうのが難点かもしれません。

 

シャンクレール

* 数あるお見合いパーティーの中でも規模が大きく、会場が多い

* 雑誌で取り上げられることも多く、参加者が多い

 

お見合いパーティーも街コン同様その地域別に開催があります。

自分に合ったイベントが開催されていたら、一度覗いてみるのも良いかもしれません。

 

Sponsored Link



 

【 婚活の魔法の方法の最後に 】

まとめ

婚活の種類はさまざまです。

個人個人のやり方が試される分野ではありますがその目標は一つ『結婚』です。

しかし、結婚はゴールではなく、スタートでもあります。

一生を添い遂げたいと思う相手を本気で見つけたいと思う以上、真剣にお付き合いできる相手をじっくり探す事が肝心です。

場数を踏み、経験値こそ婚活攻略の正規法かもしれませんね!

 

事実、お見合いパーティーで結婚相手と知り合うことができた私ですが、本命までに積んだ婚活イベント参加数は二桁を余裕で超えています。

 

システムを理解していたこともあり、会場の中でかなり「余裕」を持てました。

 

いろんな人と出会い、関わることでメンタルが強くなったのは確かです。

 

決められた時間内で場数を踏み、経験値を上昇させましょう!

あなたの婚活が上手くいくことをお祈り申し上げます!

 

婚活に関して興味がある人はこちらも読んでいます。

 

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA