下半身(脚や太ももやお尻)についたセルライトは落とせる?自宅でセルライトを潰す・除去する方法

体を見たときにふと目に入ってくるセルライト。

落とそうと思って色々やっては見たものの、そう簡単には落ちてくれないのがセルライトの厄介なところです。

 

ここではそんなセルライトの除去にアプローチできる、様々な方法をご紹介していきます。

 

体に溜まってしまったセルライトを自宅で除去する方法

 

セルライトとは?

脂肪が徐々に蓄積し溜まった老廃物が密着し凸凹となって硬くなった状態の事です。

器官がしっかりと働かない為、脂肪組織がダメージを受けてしまった状態。

 

もっと細かく説明すると、セルライトは皮下脂肪が冷えて血行が悪くなり、老廃物などが大きくなり、コラーゲン繊維と結合し固くなってしまった状態です。

そして、女性の多くがセルライトに悩んでいます。

 

肥満体型の人が沢山セルライトがついているように思いがちですが、代謝が低い方や筋肉量が少ない方もセルライトが多くついていたりします。

特に太ももがつきやすく、その他にもお腹・お尻・二の腕にもつきます。

 

また、 セルライトは以下の特徴があります。

・女性はセルライトがつきやすい

・なかなか落とすことがむずかしい

・脂肪が蓄積しやすい部位につきやすい

・痩せている人でもつく

 

さらに、セルライトには以下の3種類があります。

 

脂肪型セルライト

運動不足や食生活の乱れが原因でセルライトが肥大化してしまいます。

一番女性にとって身近なセルライトにです。

セルライトというと、太ももなどをつまむとブヨブヨした形の塊が出てくるものを連想されるでしょう。

 

一番このタイプが多く、過度に糖質を摂りすぎたり、高カロリーな食事を行った結果、脂肪が蓄積する事でつきます。

また、運動を日頃から行わ無い人は代謝器官が衰えてるため、脂肪型のセルライトがつきやすくなります。

 

セルライトの中では比較的落としやすいもので、食事コントロールやマッサージ、運動で改善することが出来ます。

 

筋肉質型セルライト

以前にしっかり身体を鍛えた人が運動をやめてしまうと、筋量とともに代謝も低下するので筋肉の周りに脂肪がつきやすくなってしまいます。

その結果、筋肉周りに老廃物や水分などが付き固まってしまいます。

 

筋肉質型セルライトは触ると硬くなかなか解消することが難しいタイプです。

その為、セルライトを除去するエステマシンを使用したり、専門の人に施術を行ってもらう事が一番手っ取り早く解消する事が出来ます。

 

むくみ型セルライト

むくみやすい、冷えやすい、汗をかきづらく老廃物の排出がしづらい人が当てはまります。

代謝を上げる事で、むくみや冷えを解消するのでセルライト除去に繋がります。

 

また、浮腫む人は塩分などを摂取し過ぎていたり水分循環が悪い可能性があるので、規則正しい食事や運動を行う事が必用です。

 

繊維化型セルライト

セルライトが出来てから更に肥大化され、見た目でも強くボコボコ感が出ている方を言います。

肥大化している、固まっているセルライトを柔らかく、小さくしなければいけないので時間がかかります。

 

こちらも自分で解消することは可能ですが、早く解消したいなら運動やエステのプロに指導を受けてもらう事で早く解消する事が可能です。

 

Sponsored Link



 

セルライトがついてしまう原因

・運動不足

摂取カロリー〉燃焼(消費)カロリーだと脂肪がどんどんついてきます。

その為、消費カロリーを上げる為に運動をしなくてはいけませんが、運動不足により脂肪がセルライトになっていきます。

 

つまり、筋トレなどがおすすめという事になります。

考えてみれば、よく動かす部位は脂肪があまりついていないですし、もちろんセルライトもないですよね。

 

腕でいうと、力こぶといわれる上腕二頭筋は比較的セルライトはつきにくく、逆の二の腕の上腕三頭筋はセルライトがつきやすい。

これは、日常的にどれほど筋肉を使っているかによります。

 

二の腕は物を持ち上げたり、バックを持ったり比較的使用頻度が多いです。

それに比べ、上腕三頭筋は、物を持ちあげたり、押したりする時に使用しますが、日常ではなかなか無いですよね。

 

また、お腹やお尻は関節の可動域が普段の生活では狭いため、脂肪はつきやすくなります。

また、座りっぱなしだとお尻には上半身の体重が乗り、血行が悪くなります。

この時1時間程同じ格好で座ると下半身へ血液を送る機能が低下します。

 

結果、お腹やお尻、下半身は冷えやすくなり、セルライトが出来ることに繋がります。

また、これはたばこ1本吸った時と同じ結構被害があると言われているので、解消するために、30~1時間に一回は体を動かす事が大事になってきます。

 

筋肉を使う運動をする事で、身体の代謝を上げ、セルライトがつきにくい体質にする事が出来ます。

 

・ストレス

過度なストレスを感じると自律神経の交感神経が優位になります。

血管を収縮させ、血液の流れが悪くなるので、毒素や老廃物が排出されず体内にいつまでも残る状態になります。

 

そうなると多くの栄養素が消耗されたり、代謝が悪くなったります。

(常に過度なストレスを感じる方は慢性的に代謝が悪くなります。皮脂腺から毒素を排出しようとするのでストレス臭に繋がります。)

 

また、それ以外にもほてり・イライラ・肩こり・暴飲暴食にも繋がります。

 

その他にも、

・冷性に繋がり脂肪がつきやすい

・血糖値が上がりやすく太りやすい

・最悪の場合糖尿病にもなる可能性がある

などが考えられます。

 

また、自立神経が乱れている人は呼吸が浅いことがあるので、当然横隔膜の働きも悪くなります。

横隔膜は自律神経と深いつながりがあるので、横隔膜の柔軟性が無くなると余計に自立神経が乱れます。

 

結果、腹式呼吸がうまくできなくなり、内臓機能の働きが低下し、結果脂肪がつきやすくなるという悪循環に陥るわけです。

という事は、肥満になりやすいということなどで、もちろんセルライトも脂肪に伴いついていきます。

 

・喫煙

タバコに含まれているニコチンが、血管を収縮させ血液の流れを悪くしてしまうので新陳代謝が悪くなります。

血液の流れが悪いと冷えの原因になりますし老廃物が滞りやすく、蓄積された老廃物や水分が脂肪と結びつきセルライトになってしまいます。

 

・睡眠不足

睡眠不足になると自律神経が乱れ、肥満になりやすいです。

睡眠は脳をしっかり休める動作になるので、日頃から十分に休めることができていないと脳はストレスを感じやすくなったりします。

 

脳が疲労している人は、脳への血流量が低下していることが多いので当然疲労も取れにくくなります。

また、夜中に起きやすくなったり、深い睡眠をとる事もできなくなります。

こうなると脳の司令部でもある前頭葉の働きも低下していく事になります。

 

どういう事かというと、前頭葉は人間の意志や感情、思考などさまざまな事を行う上で必要な部位になります。

我慢をするという指令も前頭葉から出るのですが、働きが低下するとついつい食べ過ぎてしまったりすることがあります。

結果、太ってしまうという事に繋がるのです。

 

質の良い睡眠を得るには、深呼吸を行い脳に新鮮な酸素を送り、自立神経を整えることがポイントになります。

 

・老化などによる代謝不良

日頃から運動を行わなければ年齢を重ねるにつれ、体の機能は徐々に低下していきます。

一番老化を感じるのは筋力や筋量で、20歳を超えると徐々に減少傾向になるので、運動を習慣化しなければなりません。

 

筋肉量が減る事で代謝は悪くなり、老廃物を促すことができにくくなります。

また、心肺機能も低下する事で基礎体力の低下にも繋がります。

 

結果、循環機能も低下し、血行も悪くなってしまいます。

老廃物を促すことが出来ないとセルライトに繋がるので、日頃から少しでもいいので運動を行う事が重要です。

 

・むくみ

座り仕事・睡眠不足・疲れが溜まっている・飲みすぎなどでむくみになります。

むくむと血管やリンパ管が圧迫され、老廃物が排出されず代謝が悪くなります。

そうすると老廃物と脂肪がくっつきやすくなりセルライトになってしまいます。

 

 

・偏った食事

脂っこい・糖分が高い食べ物・脂質を多く取りすぎると、脂肪として蓄えられてしまいます。

血液中のコレステロール値が高いと、血液がドロドロになったりして動脈硬化の原因にもなります。

 

結果、血液循環もうまくいかずに、内臓脂肪、皮下脂肪などつきやすくなり、老廃物と結合する事でセルライトになります。

 

・塩分濃度が高い食べ物

体は、塩分を摂取し過ぎると浮腫んでしまいますし、逆に塩分濃度が低ければ脱水や隠れ脱水になったりします。

 

全身の中で最も浮腫みやすいのは、重力の影響を受ける下半身です。

浮腫むと体内で水分をうまく循環させることができなくなり、結果セルライトいなってしまいます。

 

また、むくみは胸水だったり、肺水腫の可能性もあるので、体が浮腫み息苦しいなど感じた場合は病院にて診察を受けることをおすすめします。

 

・冷たいもの

冷たいものを摂取し過ぎると、内臓の機能が低下してしまい、体の内側から冷えます。

内側から冷える事で体全体が冷えやすくなり、代謝も低下し脂肪が蓄積しやすくなります。

 

脂肪が蓄積しやすくなるので、もちろんセルライトもつきやすくなります。

また、胃もたれや消化不良の原因にも繋がります。

 

夏は常温の水で、冬は白湯など摂取する事で体を冷やすことなく、水分を体内へ取り込むことが出来ます。

 

自宅でできるセルライトを除去する方法

それでは、ここからはご自身で簡単にできるセルライトケアのご紹介を致します。

ついてしまったセルライトはどうすればなくす事が出来るんでしょうか。

 

運動をする

運動をすると、筋肉量が増えますが筋肉は時間をかけて少しずつ大きくなっていくもの。

短期間で沢山の運動をするより、長期間少しずつの運動を重ねる必要があります。

そうする事で身体の代謝が上がり、脂肪燃焼されやすい身体になります。

 

20分以上ゆっくりと運動する事で体脂肪が燃焼されます。

詳細に解説すると、運動をし始めて脂肪も糖も一緒に燃焼されます。

 

ただし、最初の20分は糖分がメインに燃焼されて20分が経過したくらいから、脂肪がメインに燃焼されます。

ですので、運動をする際には20分以上やる方が効果があるということですね。

 

また、朝に空腹の状態で有酸素運動を行う事で、効率的に脂肪を燃焼してくれます。

朝は栄養が枯渇している状態のため、脂肪燃焼の割合が多くなります。

 

それに比べ、昼間や夕方など食事を行ってからだと、まず食事から摂取した糖質を燃焼してから脂肪の燃焼へと切り替わります。

また、朝に運動を行い代謝を上げておくことで、一日中代謝が高い状態がキープされるので、同じ食事をしていても今までよりは太りにくくなります。

 

さらに、朝たくさん水分を摂取する事でより代謝を上げることに繋がりますし、食事前だと血糖値の上昇を緩やかにする効果も期待できます。

 

運動の際サプリメントもうまく活用しよう!

運動を行う際に、サプリメントを使用するとより効果を実感する事が可能です。

お勧めは、ファインラボが出しているファイナルバーンです。

 

今まで脂肪燃焼サプリを飲んでいたのにも関わらず、効果を実感する事が出来ずに諦めている人もいるかもしれませんが、こちらは品質が高いため効果を実感しやすいです。

他のサプリは、脂肪燃焼成分が単体で入っているか、複数入っていたとしても相乗効果のあるものではない為、効果を実感しにくかったと思います。

 

でも、ファインラボのファイナルバーンは、それぞれが相乗効果でより効率よく脂肪を燃焼してくれるような成分を配合しています。

また、基礎代謝も上げるガラナや茶カテキンなどを含んでいるので、さらに効果を実感しやすくなっています。

 

効果的な飲み方は、

一般の人は1回:7~15カプセル

アスリートや筋トレ中・上級者の人は1回:15カプセル

 

飲むタイミングは、トレーニング1時間前や空腹時。

トレーニングを行わない日は、起床後などに飲むと効果的です。

 

さらに効果を実感したいなら、起床後と筋トレ開始前に両方飲むようにすると効果的です。

 

サプリメントを飲みたくない人は?

サプリメントを飲むのが苦手な人やなるべく自然な食品で効果を実感したいなら、コーヒーがおすすめ。

コーヒーにはカフェインやクロロゲン酸などがが含まれており、脂肪を分解、燃焼する効果が期待できるので、運動30分前の摂取が効果的です。

 

コーヒーは微糖などではなくブラックにしましょう。
脂肪燃焼に効果的な有酸素運動

・ウォーキング

ウォーキングは1回30分~1時間程度がおすすめ。

運動強度が弱いため、すぐには効果を実感しにくいですが、数か月続ける事で体全体の脂肪燃焼に効果的です。

 

また、歩くだけなのでお年寄りなどでも行う事が出来るのがメリットです。

強度が低いので朝に行うといいですよ。

 

・ジョギング

ジョギングは、ウォーキングよりも強度が高いため、時間は30分ほどで結構です。

長い距離を走ることが可能であれば長く走っても問題ありません。

 

脂肪燃焼効果のほかにも、脚の筋持久力向上、心肺機能向上の効果があります。

ただし、朝起きてすぐは体は脱水気味なので、朝にジョギングを行うなら水分をしっかり摂取してウォーキングで体を温めてから行うようにしてください。

 

基礎代謝量を増やすには無酸素運動

瞬発力が必要とされる短時間の運動の事をいいます。

筋肉力をつけ、基礎代謝量を上げる事ができます。

・筋肉トレーニング(スクワットや腹筋など)

・短距離走

 

 

リラックス

・半身浴

筋肉がほぐれ全身の血行が良くなるので、新陳代謝が上がります。

また、リラックス出来るお湯の温度は39度前後、時間は20分程度と言われています。

 

・ヨガ

 

ヨガは心身共にいい影響を与える種目で、かなり昔から行われてきました。

体への影響は、血行をよくする、筋肉の緊張をほぐす、柔軟性が増す、疲労回復、高血圧予防、脈拍の正常に保つ、ホルモンバランスを整えるといったこと以外にもまだまだかなりたくさんの効果が期待できます。

 

メンタルの面でいうと、平常心を保つことが出来る、ポジティブ思考、自律神経を整える効果、ストレス解消などが期待されます。

ヨガはゆっくりとした動きですが、毎日続けることが心身ともに効果を実感してくると思います。

また、睡眠の質を上げることにもつながるんです。

 

深いゆったりとした呼吸を行う事が出来る様になるので、常に新鮮な空気を体へ取り込むことができ、代謝を上げることが可能です。

メンタル・ボディー両方が改善される事で、セルライトは解消しやすくなります。
カラオケ等で大声を出す

自律神経に刺激を与える事が出来るので、精神的な安定に繋がります。

また、呼吸が深くなり、血行がよくなります。

 

笑う

免疫力が上がるとともに副交感神経が刺激されるので血行がよくなったり緊張をほぐす効果があります。

 

良質な睡眠

深い眠りを増やす事で自律神経やホルマンバランスが良くなります。

→ティッシュにアロマを1.2滴含ませ、枕元に置く。

(カモミール、ラベンダー、ローズがお勧め)

→半身浴

→暖かい飲み物を飲む

→適度な運動

 

筋弛緩法もおすすめ

筋弛緩法を耳にしたことがありますか?

睡眠の質が悪い人やなかなか寝付けない人におすすめの方法です。

 

やり方は、簡単で意識的に筋肉を緊張させて緩めるだけです。

・布団に入り、小さい筋肉から力をいれていく
・左足→ふくらはぎ・・・左足が終わったら右足・・・

 

といったように力をいれて、緩めることを全身の各筋肉で行っていきます。

全身の筋肉の緊張がほぐれる事で体がリラックスするので、自然とメンタルもリラックスしていきます。

 

人は余計な力が無意識に入っているので、これが原因で朝起きた時など体が痛くなったり、疲れが取れなかったりします。

この方法はいつでもどこでも行う事が出来るので、是非試してみてください。

 

マッサージ

まずは入浴をします。

脂肪は温める事で柔らかくなる性質があるので、入浴中に温めながらマッサージを行う事で効率的にほぐすことが可能。

 

入浴中・後にマッサージをする事をお勧めします。

 

また、単発的に1日だけしっかりマッサージをするだけだと、ガチガチに固まったセルライトはほぐせないので、短くても良いので毎日する事が重要になります。

インターネットではマッサージ方法が色々と書かれてますが、下半身だと足の裏→足首→太ももの順でマッサージをします。

時間があれば、足の甲や膝近辺もほぐす事でよりすっきりします。

 

拳を作り、第2関節部分で足裏やくるぶし、太もも裏を刺激したり、ふくらはぎや太ももは雑巾絞りをするように脂肪を捻るとセルライトがほぐれていきます。

 

その際の注意点!

マッサージ後はリンパのある所に流します。

リンパでは老廃物を回収して腎臓→尿へと排出してくれる場所なので最後はリンパに流すようにして下さい。

もし、自分自身ではマッサージがしづらい・継続が出来なさそうなのであれば家庭用のエステマシンを使うのも一つの手です。

 

ストレッチ

体内の老廃物と脂肪が結合して、セルライトになるのでセルライト改善の為に、ストレッチは是非取り入れて欲しいです。

ストレッチはリラックスしている時に行うのがおすすめ。心身緊張している時に無理に伸ばすと、反発して余計に硬くなってしまうので逆効果です。

なので、お風呂上りや筋トレ後など体が温まっている時に行うようにしてください。また、呼吸が重要になります。

人間は、息を吸う時は緊張していて、吐くときにリラックスします。そのため、深呼吸を行いながらストレッチをする事で、筋肉がほぐれやすくなります。

さらに、全身に新鮮な酸素を送り届けることが出来るため、内臓や脳の働きも正常にする効果も期待できます。

 

朝→寝ている間に蓄積された老廃物排出

夜→生活してる間で蓄積された老廃物排出

をして頂きたいので朝・夜どちらもストレッチをする事がお勧めです。

 

ただし朝は、体が冷え固まっているので有酸素運動後に行うようにしましょう。

 

心臓から末端に血液や酸素を送り、老廃物を回収して戻ってくるのが循環器系の内蔵のはたらきです。。

特に股関節が固い人、座り仕事、足を組む方は股関節部分に老廃物が蓄積されやすく、より太ももの肥大化・むくみや冷えに繋がりやすくなります。

 

なので股関節近辺は、集中的にストレッチをすると効果が高まります。

 

 

痩身クリーム

近年、美容成分の入っているクリームが多くなっていますので、ただ保湿用のボディクリームを塗るのであれば、浮腫みを解消したり脂肪の燃焼を促しつつ、保湿効果のあるクリームを使用される方が良いかと思います。

また、インターネットでは色んな痩身クリームをお勧めしているので【どれが効果があるのか】と思いますが結局の所、使用し続けていけるか、効果を高める使い方をしているか、という点が重要です。

 

 

飲み物

体を温める飲み物

紅茶、しょうが湯、ココア、赤ワイン、日本酒

身体を冷やす飲み物(なるべく控えた方が良い)

コーヒー(運動前は可)、牛乳、焼酎、ビール

 

食べ物(一例ですが)

代謝アップ、脂肪燃焼効果(ビタミンB群)

玄米、肉類、ナッツ類、卵

むくみ改善(カリウムが多い食材)

鶏ささみ、かつお、さつまいも、しょうが、昆布

セルライト解消

海藻類、アスパラガス、きゅうり

 

Sponsored Link



 

エステ

ご自身でのマッサージだと、届かない部分があったり力任せに、マッサージをしてしまい逆効果になってしまう事もあります。

 

エステでは自分では届かない部位のケアが出来、痩身マシンは直接セルライトや脂肪に働きかけ、脂肪燃焼・老廃物の排出・むくみ改善等が出来る、しっかりしたセルライトケアができます。

ですが、凝り固まったセルライトをしっかりともみほぐす為、施術の痛みはある程度覚悟が必要かと思います。

 

※筋肉質セルライトの方は来店ペースや回数をこなさないと効果が出にくいです。

 

着圧レギンス

セルライト解消に着圧レギンスを履くことで解消する効果が期待できます。

着圧レギンス自体が加圧する作用があるので、骨盤を矯正する効果があり、姿勢が良くなる事でリンパの流れが良くなります。

 

また、履いている事でセルライトが溜まりにくい体にする事が可能です。

物にもよりますが、こういったレギンスはそれぞれ加圧する強度が異なり、足首からお尻にかけて強→弱へと締め付けレベルになっています。

このような設計になっている事で、代謝アップや脂肪を燃焼しやすくする効果が期待できます。

また、より効果を実感したいなら着圧レギンスと有酸素運動を組み合わせて行う事をおすすめします。

 

クリニック

よりハイスペックな施術が出来ます。

・セルライト除去マシーン

医療用機械を取り扱っている為、エステより効果は高いですが

1回単価が高いクリニックが多いです。

 

・脂肪溶解注射・メソセラピー

脂肪に直接注射をする事で、脂肪を溶かして尿として排出されます。

注入した部位近辺にしか効果がない為、部分痩せになります。

身体の脂肪溶解注射だとクリニックによっては、施術後に痛み、熱感、痣になる製剤を使っているので、注射後はご予定を入れない方が賢明です。

 

・脂肪吸引

脂肪自体を取り除く為、確実に効果がありますが、吸引後にダウンタイムがあります。

腫れ・痛み・痣が長く続き、吸引後約1ヶ月位は下着等で圧迫を行いますが、怠ってしまうと皮膚が伸びたりヨレたりする可能性があります。

 

※個人の見解ですが、インターネットでは、脂肪溶解注射・キャビテーション・ゼルティック等は脂肪を減らす事ができる、と言われていますが脂肪吸引以外は脂肪を小さくなるだけです。

 

骨盤矯正

身体の歪みがある事できちんと老廃物の排出が出来ない為、セルライトになったり肥大化してしまいます。

歪みを正す事で老廃物の排出を促す事が出来、セルライトになりにくい身体にする事が出来ます。

それ以外にも肩こり、冷え、むくみの改善もします。

 

セルライト改善の為に

・自宅ケア

・エステ

・クリニック

・骨盤矯正

についてご説明致しましたが、特につきやすい太もものセルライトケア除去について詳しくご説明致します。

 

 

骨盤周辺の筋肉を柔軟にするストレッチ

1、仰向けに寝て足を伸ばします

仰向けに寝て足を伸ばす

2、右足を曲げて左手を足首を持ち右手で膝を持ちます

右足を曲げて左手を足首を持ち右手で膝を持つ

3、そのまま右足を外回りに3周ほど回します

4、回す時に床につくよう大きく回します

5、次に内回りに3周ほど回します

6、回す時に左足につくよう大きく回します

7、正面に戻ったら膝を胸に近づけ太ももの裏からヒップまでの筋肉を伸ばします

膝を胸に近づけ太ももの裏からヒップまでの筋肉を伸ばす

8、しばらくキープしたら左へ倒します

膝を左に倒す

9、左も同様に行います

 

☆筋力トレーニングで骨盤を支える筋肉をつける

・椅子に座りながら‥

足の間にペットボトルなどを挟み、落とさないよう5分キープします×3回

難しい場合は10秒キープします×10回を3セット

 

・立ちながら‥

つま先立ちをして10秒キープします×10回この時、

かかと同士くっつけるようにします

 

・寝ながら‥

仰向けになります

膝をおり、かかとや膝をつけます

この時、腕は足の方に伸ばします

お尻に力を入れ、息を吸いながら持ち上げます

10秒キープし、息を吐きながらゆっくりお尻をおろします

×10回

 

☆運動をする

・普段、小股で歩いていると太ももの筋肉が低下するので

腰から動かしながら大股で歩きます

・エスカレーターを使用せず、階段を使う。

上りの階段を使用する際、1段飛ばして登るとより筋肉がつきます

 

☆普段から【ヨガ】をする

普段使わない筋肉をじっくりと和らげていくことで代謝アップし、セルライトやむくみや冷えの改善に繋がります。

関連記事↓

 

Sponsored Link



 

☆マッサージをする

お勧めは入浴時に行います。

毎日5-10分程継続して行うことで効果が高まります。

 

両手のひらを膝に当て股関節の方にさすりなでます

両手で太ももを掴み、左右の手が逆方向にひねるよう軽めにマッサージをします

柔らかくなってきたと感じたら強めにマッサージをします

最後に全体を叩いてほぐします

 

セルライトはどんな方でもあると言われているので、脂肪を肥大化させないように

普段からどれだけケアし、気をつけるかが重要になります。

 

リファカラットでマッサージをする

リンパマッサージをしてあげることで、血流が良くなりその場所に溜まってる脂肪を押し流す効果があるのでセルライト除去を期待できます。

リファはたくさんの種類が出ていますが、上記の「リファプロ」がおすすめ。

ヘッド、二の腕、ヒップライン、ふくらはがき、ウエストなど全身に使用できます。

この、ローラーはエステティックケアの序章である広く、やさしく、めぐりを整える手技、「エルフラージュ」の動きを再現しています。

 

ソーラーパネルから光を取り込み微弱電気が流れ肌をケアします。

優しくローラーを転がすとリンパを流してくれますので肌に負荷をかけることなく吸い上げて押し流すもので、精巧に設計された131.8 °のV字角度はどの部位にもフイットしますので初心者さんでも簡単にリンパケアが可能になります。

 

個人的感想ですが、フェイスは即効性が高いと思います。

ローリングした後の肌は、もちもちした肌になります。

 

リビングの机の上、洗面台など目につくところ(生活導線)に置いておくと流れで一日一回は手に取りローリングしています。

お値段もちょっと高めですが、毎日使用する製品として長い目でみるとありですね。

 

自宅でできる、手軽なリンパマッサージとしてはこの製品がイチ押しです。

テレビを見ているときや、ながらでコロコロするのもおすすめです。

私はいつもリビングに置いてあり気づくとコロコロしています。

 

冬は肌が乾燥しやすいですが、リファのおかげで潤いがでます。

朝起きて、リファを使うと夜浮腫みづらくなります。

薄着シーズンに向けてお風呂やお風呂上り、着替えの時にリファのリンパマッサージを取り入れてはどうでしょうか?

 

MTG ReFa PRO (リファプロ)【メーカー純正品[充電不要 1年保証]】フェイス&ボディ用

 

セルライトはできる前に予防を!

セルライト解消について紹介してきましたが、セルライトはできてから対策するのではなく常日頃から予防を行う事が一番手っ取り早く手苦労も少ないです。

記事を読んで分かったかと思いますが、一度セルライトがついてしまうと解消するのになかなか時間がかかってしまいます。

 

最悪の場合セルライトだけでなく、肥満が原因で生活習慣病になってしまい取り返しのつかない事になってしまうことも。。

日頃から運動を行う事は心身共にに良い事ばかりなので、体を動かす事を習慣化してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA