1. TOP
  2. ホームケアでここまでできる!素肌美人のシミ対策

ホームケアでここまでできる!素肌美人のシミ対策

 2018/04/06 美容
405 Views

 

ある日鏡を見ていたら、いつのまにかできているシミ。

突然のことにショックを受けた経験のある女性は私だけではないと思います。

 

ひと口にシミと言ってもの原因は様々。

紫外線のような外的要因から、ストレスや自律神経の乱れなどの内的要因。

ニキビ跡がそのままシミになってしまうこともあります。

シミのケアには原因に合わせた対策が必要です。

 

シミの原因と3つの予防方法

シミの原因と3つの予防方法

あかちゃんのようなシミの無いきれいな肌になりたいけれど、何から始めればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

シミの大敵といえば一番に思いつくのは紫外線です。

ではなぜ、紫外線がシミの原因になるのでしょうか。

 

紫外線が当たると、肌は内側に紫外線を進入させないようにバリアを張ります。

このバリアが「メラニン色素」です。

 

通常メラニン色素は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって徐々に表面へ浮上し、やがて剥がれ落ちます。

なんらかの理由でそれがうまくいかないと、肌に停滞したメラニン色素が色素沈着を起こしてシミになってしまいます。

 

 

Sponsored Link



 

紫外線はシミの大敵!徹底的にブロック

紫外線を肌に当てないためには、帽子や日傘、サングラスなどで物理的に遮断するのが効果的です。

薄手の服は紫外線を通してしまうこともあるので、UVカット加工をしてあるものを選びましょう。

日焼け止めクリームは肌表面で紫外線を跳ね返すバリアの役割をします。

これによってメラニンの生成を抑え、シミを予防することができます。

 

化粧をしない日も日焼け止めクリームは毎日塗ることが望ましいです。

朝のスキンケアに盛り込むと継続しやすいのでおすすめです。

 

関連記事↓

 

食事にも気を遣って内側からきれいな肌へ

肌をきれいにしたいと思うと、どうしても外的なスキンケアだけを考えがちですが、食事も大切なスキンケアのひとつです。

肌は人の組織の一部です。

人の体は食べ物で作られています。

食事に気を遣えば肌は変わります。

 

食事療法は、高価なスキンケアアイテムより効果があると提唱している専門家もいらっしゃいます。

肌が正常なターンオーバーを行うことができれば、シミは作られにくくなります。

シミ対策にはビタミンCがおすすめです。

アセロラや緑茶、赤ピーマン、柿、ゆずの皮などに多く含まれています。

また、レバーやホウレン草などの鉄分を多く含むものは、肌を明るく見せてくれるので一緒に取ると効果的です。

塩分、油分を控えて、バランスの良い食事を心がけましょう。

足りない栄養素はサプリメントで補うと良いでしょう。

 

関連記事↓

 

意外と知られていない!?奥の深いシミの種類

「たかがシミ」、「されどシミ・・・」

シミって本当に手ごわいものですよね。

 

すぐには現れない。

下手したら数年かけて肌の表面にでてくるのだから、本当に嫌になってしまいます。

 

そんなシミですが、皆さんはいろんな種類のシミがあるのをご存知でしょうか?

ここでは、シミの種類を紹介します。

 

ホームケアで治せるのか治せないのかについても説明しています。

是非!注目してみてください。

 

老人性色素斑(日光性黒子)

紫外線の影響や肌の老化により、メラニンが蓄積することでできるシミです。

シミの中でもっとも多いタイプです。

 

学生時代に日焼け止めも塗らず、部活動を頑張っていたら数年後にシミが出てきた!

それはまさに、この老人性色素斑です。

 

大きさは直径数ミリから数十ミリまで様々。

丸い形をしています。

 

最初は薄い茶色のものが多いですが、次第に黒くはっきりしてきます。

 

まだ色の薄いものでしたら、紫外線ケア、美白化粧品でのケアで徐々に消していくことは可能でしょう。

メラニンの生成を抑制したり、阻害する成分が配合されたものが良いでしょうね。

 

しかし、肌に定着した色の濃いシミは化粧品などでは消すことができず、レーザー治療などが必要になってきます。

 

雀卵斑(そばかす)

「じゃくらんはん」と読みます。

俗にいう「そばかす」のことです。

 

そばかすは、幼少期から思春期にかけて目立つ傾向があり、遺伝的な要素が大きいと考えられています。

 

ですが、紫外線も原因の1つと考えられており、紫外線でさらにそばかすが濃くなることもあります。

 

大きさは直径2~3mmで点のように広がります。

形はよく見ると、丸くはなく三角形は四角形をしています。

 

色は薄い茶色のものが多いです。

 

ケア方法は、まずUVケアをしっかりとすること!

UVケアをしっかりとすることで、そばかすが濃くなることを防ぐことができます。

 

そして、そばかす用の美白化粧品の使用をします。

ですが、遺伝的要因でできたそばかすは効果がでにくい場合もあるため、その場合はクリニックでのレーザー治療が必要になってくることもあります。

 

炎症後色素沈着

ニキビや虫刺され、もしくは顔にできた傷などが治ったあとに黒く(赤くなるものもあります。)傷跡が残ったことはありませんか?

それがこの炎症後色素沈着です。

 

肌に強い刺激が加わる(ニキビができる、傷ができるなど)と表皮のメラノサイトが活性化され、通常よりも多くのメラニンが作られるようになります。

 

メラニンを作ることで肌を守っていくので、この状況は普通のことと考えれます。

ですが、メラニンが排出され過ぎた場合にターンオーバーが間に合わなくなり、傷跡が残り炎症後色素沈着となります。

 

傷跡なので、自然に治っていくのが通常です。

ですが、なかなかその傷跡が消えない場合、治す方法としては美白化粧品が有効です。

 

ハイドロキノンやトレチノインなどの、メラニンの合成を抑えたり、メラニンの排出を促進する効果のある成分が配合されているもの。

 

トラネキサム酸などの抗炎症作用のある成分が配合されている化粧品を使用するのがおすすめです。

 

基本的には傷跡なので、肌に刺激が加わるレーザー治療はおすすめできませんが中には適したレーザー治療もあるそうです。

 

気になる方は医療機関が相談してみるのも良いでしょう。

 

肝斑

肝斑の主な原因は紫外線による影響や女性ホルモンの乱れと言われています。

発生しやすいのは30歳代から40歳代です。

 

特徴としては、顔の左右対称にできること。

色は、淡褐色や暗褐色など様々です。

 

閉経とともに薄くなったり、消えたりする方もいるそうです。

 

原因の1つに女性ホルモンの乱れがあるものの、肝斑の悪化を防ぐためにもUVケアは必須です。

 

また、内服薬のトラネキサム酸で効果が高いことも言われているので気になる方は試してみるのはいかがでしょうか?

 

 

美白化粧品でシミの生成を抑制

美白化粧品でシミの生成を抑制

シミ対策には美白化粧品が効果的です。

美白化粧品には、メラニンを作る働きを抑える、メラニンを還元する、メラニンの排出を促すなど、シミ生成の仕組みに働きかけることができる有効成分が含まれています。

 

それぞれの美白有効成分の働きを理解してみると効果も倍層!!

 

基礎化粧品を、美白有効成分配合のものに変えるだけの簡単な方法なので、まずはスタートしてみていかがでしょうか。

 

 

コスパ抜群!?シミ対策におすすめのアイテム

「美肌は1日にして成らず」と言うように、エステなどのスペシャルケアも日々の積み重ねがあってこそ最大限に活かせます。

基礎化粧品は使い続けることで効果を発揮するもの。毎日使うアイテムはコストパフォーマンスも大事です。

ここでは自宅でお手軽にできるシミ対策をご紹介します。

 

シミ対策にまずはコレ!ビタミンC誘導体

美白化粧品に含まれる美白有効成分は数多くありますが、まずおすすめしたいのが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑制するだけでなく、できてしまったメラニンの還元や排出を促してくれる作用があります。

一般的に美白化粧品は高価なものが多いですが、ビタミンC誘導体は比較的安価な商品にも、配合されていることが多いのも魅力です。

 

成分表には、パルミチン酸アスコルピルリン酸3Na、リン酸L-アスコルピルマグネシウム、アスコルピン酸2-グルコシド等といった名称で表記されていますので探してみてください。

関連記事↓

 

使い分けがいいの?日焼け止めの正しい選び方

シミ対策に日焼け止めクリームを使う場合、何を基準に選べば良いのでしょうか。

紫外線にはA波(UVA)とB波(UVB)があり、特にシミに影響しやすいのはB波です。

日焼け止めクリームのPAとはA波、SPFとはB波を防ぐ効果を示すものなので、SPFの数値が高いほどシミ対策に効果的ということになります。

 

しかし、SPFの数値が高くなるほど、テクスチャーが重く、べたつきが気になることが多いので、用途に応じて使い分けるのがおすすめです。

 

行楽で一日中外にいる日は、SPFの数値が高く、汗や水に強い商品。

日常少しだけ外へ出る日は、肌なじみが良く、肌への負担が少ない商品を選ぶと良いでしょう。

関連記事↓

 

 

 

 

早ければ早いほど効果的!今すぐできるホームケア

早ければ早いほど効果的!今すぐできるホームケア

肌は年齢とともに衰えていきます。

どんな高価な化粧品を使っても、生まれたての赤ちゃんほどの肌になることはできないでしょう。

1年前より、1か月前より、昨日よりも確実に肌は降下していきます。

その降下を食い止めるためのスキンケアですから、1日でも早いに越したことはありません。

 

新しい化粧品の効果を実感するには時間がかかります。

肌のターンオーバーは1周で約1か月です。

出来てしまったシミを消すためには、数か月~数年単位の時間が必要です。

美肌の道も一歩から。

迷うよりまずはケアを始めましょう。

Sponsored Link



 

1.肌ストレスは保湿で解決

私は保湿第一主義です。

保湿さえできていれば、肌ストレスにある程度の耐性ができますし、逆に保湿できていない肌に何をしても効果は半減してしまいます。

水分が足りないと、ターンオーバーが乱れ、肌表面に角質が溜まり硬化し、化粧品が肌に浸透しにくくなる、という悪循環が生まれます。

 

毎日たっぷりと水分補給して、正常なターンオーバーを促す事がシミ対策につながります。

 

 

2.週に一度のスペシャルケアは王道ピーリング

ゴマージュや、スクラブ入りの洗顔料を使用したことがある方は多いと思いますが、効果は実感しているでしょうか。

私自身、あまり信用していませんでした。

 

古い角質が落ちるのが目に見えるわけではありませんし、逆に肌を傷つけるのでは、と敬遠しているくらいでした。

 

そんな話を元美容部員の先輩にしたところ、ある実験をしてくれました。私の片方の腕はスクラブで、もう片方はお湯で洗い、タオルで水分を抑えてから化粧水を振りかけました。

すると、スクラブで洗った方の腕はぐんぐんと化粧水を吸い込んだのです。

 

この日、私はスクラブを買って帰りました。

それ以降、週に一度のスペシャルケアは、スクラブ+入念なスキンケアになっています。

 

関連記事↓

 

 

シミを消すにはこれを選ぼう!おすすめの美白有効成分

シミを消すにはこれを選ぼう!おすすめの美白有効成分

シミには美白有効成分で抑制・還元を促していきますが、どんな成分が配合されている商品を選べば良いのでしょうか。

シミ対策に有効な美容成分の中でも特におすすめの5つをご紹介します。

 

肌の漂白剤?ハイドロキノン

シミに悩む女性の強い味方といえば「ハイドロキノン」です。

肌の漂白剤とも呼ばれるそのパワーは、他の美白成分の10~100倍の効果があると言われています。

 

実際に美容皮膚科や整形外科などで治療に使われているので、効果は折り紙付き。

 

しかし、肌への負担を疑問視する声もあるので、ハイドロキノン配合化粧品はまずお試しからスタートするのがおすすめです。

 

プラセンタの若返りパワーでシミも撃退

美肌・アンチエイジングで名高い「プラセンタエキス」ですが、シミ改善にも効果が期待できます。

プラセンタエキスには、メラニンの生成を抑制する効果があります。

また、ターンオーバーの促進にも力を発揮してくれるので、塗り続けることでシミを薄くし、他の美容成分の効果も高めてくれます。

とても優秀な美容成分ですが、動物由来の成分なのでアレルギー反応が懸念されます。

原産や動物名(ウマやブタなど)、抽出加工している会社などをよく調べることをおすすめします。

関連記事↓

 

 

国が認めた有効成分アルブチン

厚生労働省に美白成分として認可されている「アルブチン」は、メラニン生成を抑制する効果があります。

また、肌に停滞したメラニン色素の黒色化を弱める働きもあり、シミ対策に有効な成分のひとつです。

ビタミンCと相性が良く、相乗効果が期待できるので同時配合の化粧品を選ぶことがおすすめです。

 

副作用やアレルギー反応が少ない成分なので、安心して使用することができます。

 

参考記事↓

スキンケア大学 【医師監修】美白成分アルブチンの効果と特徴

 

 

予防改善の二役おまかせ!ビタミンC誘導体

メラニン生成抑制だけでなく、還元・排出の効果もあるのが「ビタミンC誘導体」です。

シミの素となるメラニン色素を還元することができるので、出来てしまったシミを薄くすることができます。

関連記事↓

 

トラネキサム酸で肝斑は消せる!?

「肝斑」は、ストレスや自律神経の乱れなどによって内側からできるシミです。

肝斑に働きかけることができるのが「トラネキサム酸」。

肝斑を生成する「プラスミン」をブロックすることができるので、肝斑の生成自体を抑制することができます。

シミの原因が外的要因の場合は外側から、内的要因の場合は内側からのでケアが効果的なので、トラネキサム酸配合商品には錠剤が多くなっています。

 

 

美容家が「薬用」を選ぶわけ

「薬用」って何?と聞かれたら正しく説明できますか?

私も最近まで正しい意味を知らず、なんとなく「敏感肌の人でも安心して使える」みたいなことかな、と思っていました。

「薬用」とは「医薬部外品」のことで、「予防」ができると厚生労働省が認めた商品にしか明記することができません。

 

これは薬事法で定められた定義です。

「薬用」=国が効果を認めた商品と言えるので、美容知識のある人ほど薬用を選ぶと言えるのです。

Sponsored Link



 

シミは改善できる!メイクに頼らず素肌美人を目指そう

シミは改善できる!メイクに頼らず素肌美人を目指そう

年を重ねるほど、メイク時間の中でベースメイクにかける割合が、大きくなるというのは女性のあるある話です。

 

歳とともに増えるアイテム。

コンシーラーを、毎日当たり前に使うようになったのはいつからだったでしょうか。

重ねるほど崩れやすく、しかも肌への負担は増すばかり。

 

シミさえなければ、そんな状況も劇的に変わります。

化粧落ちてないかな、シミ目立ってきてないかな、なんて心配しなくていいんです。

 

ホームケアで一瞬でシミを消す魔法はありませんが、正しいケアでシミは改善できます。

自信を持って顔を上げる毎日のために、小さな積み重ねを始めましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

西井 玖美子

西井 玖美子

看護学校卒業後、大阪労災病院において人工透析室、整形外科病棟、消化器内科病棟で勤務。
10年勤め、結婚退職後、美容皮膚科、眼科クリニックで勤務しました。

特に美容大好き人間です。美容皮膚科では診療の他、ケミカルピーリングや脱毛、イオン導入など担当していました。

その後奈良県立医科大学附属病院で勤務。
現在は眼科クリニックにて主に手術に携わっています。

42歳の時に子供が剣道をしているのがきっかけとなり剣道を始め、週5回の稽古に加え、土日はほぼ練成会か試合にいってます。
初段の審査に3回落ちるもめげずに4回目で有段者になりました!

常に人生を面白くすることを考えながら生きてます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 整形せずに自力で二重(ふたえ)は出来るのか?一重からぱっちり二重になる簡単な方法の紹介!

  • 古い角質を自宅で取ろう!ホームピーリングの効果を知って綺麗になろう!顔ピーリングのやり方(方法)

  • バタフライピー「青の花茶」の老化を防ぐアンチエイジング効果がすごい!飲み方・レシピ・作り方もご紹介!実際に使った体験談

  • 口コミで話題のゼリーダイエットとは?一週間に3kg痩せた!その方法と効果は?

関連記事

  • 真夏の紫外線対策!口コミで評判のポーラ(POLA) の日焼け止めホワイティシモの効果は?

  • 全方位エイジングケア化粧品!第一三共のブライトエイジのくすみを消す成分が凄すぎる!

  • 敏感肌・乾燥肌の味方!ディセンシア アヤナス セラミドクリームの効果と口コミは?

  • 口コミで話題のビーグレン キューソームモイスチャーリッチクリームのエイジング効果は?

  • おしゃれで可愛い女性(レディース)のランニングウェアの選び方!

  • コーヒーで黄ばんだ歯も真っ白に!「薬用パールホワイトプロシャイン」のホワイトニングの口コミ・効果・体験談は?