素肌美人のシミ対策!自宅ケアでおすすめの化粧品ランキング

コスメコンシェルジュ 堀内

気づいたらできているシミ。シミの原因は紫外線やストレス、自律神経の乱れなど様々でその原因に合わせてケアをしなければ、シミ対策にはなりません。
今回の記事では、コスメコンシェルジュ 堀内が自宅でのシミ対策におすすめの化粧品をご紹介します。是非参考にして素肌美人を目指してください。

 

ある日鏡を見ていたら、いつのまにかできているシミ。

突然のことにショックを受けた経験のある女性は私だけではないと思います。

 

ひと口にシミと言ってもの原因は様々。

紫外線のような外的要因から、ストレスや自律神経の乱れなどの内的要因。

ニキビ跡がそのままシミになってしまうこともあります。

シミのケアには原因に合わせた対策が必要です。

すぐにおすすめの化粧品を確認したい方はこちらをクリック

 

意外と知られていない!?奥の深いシミの種類

「たかがシミ」、「されどシミ・・・」

シミって本当に手ごわいものですよね。

 

すぐには現れない。

下手したら数年かけて肌の表面にでてくるのだから、本当に嫌になってしまいます。

 

そんなシミですが、皆さんはいろんな種類のシミがあるのをご存知でしょうか?

ここでは、シミの種類を紹介します。

 

ホームケアで治せるのか、治せないのかについても説明しています。

是非!チェックしてみてください。

 

老人性色素斑(日光性黒子)

 

 化粧品レーザー
薄い×
濃い×

 

紫外線の影響や肌の老化により、メラニンが蓄積することでできるシミです。

シミの中でもっとも多いタイプです。

 

学生時代に日焼け止めも塗らず、部活動を本気で頑張っていたら数年後にシミが出てきた!

それはまさに、この老人性色素斑です。

 

大きさは直径数ミリから数十ミリまで様々。

丸い形をしています。

 

最初は薄い茶色のものが多いですが、次第に黒くはっきりしてきます。

 

まだ色の薄いものでしたら、紫外線ケア、美白化粧品でのケアで徐々に消していくことは可能でしょう。

メラニンの生成を抑制したり、阻害する成分が配合されたものが良いでしょう。

 

しかし、肌に定着した色の濃いシミは化粧品などでは消すことができず、レーザー治療などが必要になってきます。

 

雀卵斑(そばかす)

 

 化粧品レーザー
遺伝性×
紫外線

「じゃくらんはん」と読みます。

俗にいう「ソバカス」のことです。

 

ソバカスは、幼少期から思春期にかけて目立つ傾向があり、遺伝的な要素が大きいと考えられています。

 

ですが、紫外線も原因の1つと考えられており、紫外線でさらにソバカスが濃くなることもあります。

 

大きさは直径2~3mmで点のように広がります。

形はよく見ると、丸くはなく三角形は四角形をしています。

 

色は薄い茶色のものが多いです。

 

ケア方法は、まずUVケアをしっかりとすること!

UVケアをしっかりとすることで、ソバカスが濃くなることを防ぐことができます。

 

そして、ソバカス用の美白化粧品の使用をします。

ですが、遺伝的要因でできたソバカスは効果がでにくい場合もあるため、その場合はクリニックでのレーザー治療が必要になってくることもあります。

 

炎症後色素沈着

 

 化粧品レーザー
炎症後色素沈着×

ニキビや虫刺され、もしくは顔にできた傷などが治った部分に黒く(赤くなるものもあります。)傷跡が残ったことはありませんか?

それがこの炎症後色素沈着です。

 

肌に強い刺激が加わる(ニキビができる、傷ができるなど)と表皮のメラノサイトが活性化され、通常よりも多くのメラニンが作られるようになります。

 

メラニンを作ることで肌を守っていくので、この状況は普通のことと考えれます。

ですが、メラニンが排出され過ぎた場合にターンオーバーが間に合わなくなり、傷跡が残り炎症後色素沈着となります。

 

傷跡なので、自然に治っていくのが通常です。

ですが、なかなかその傷跡が消えない場合、治す方法としては美白化粧品が有効です。

 

ハイドロキノンやトレチノインなどの、メラニンの合成を抑えたり、メラニンの排出を促進する効果のある成分が配合されているもの。

 

トラネキサム酸などの、抗炎症作用のある成分が配合されている化粧品を使用するのがおすすめです。

 

基本的には傷跡なので、肌に刺激が加わるレーザー治療はおすすめできませんが中には適したレーザー治療もあるそうです。

 

気になる方は医療機関に相談してみるのも良いでしょう。

 

肝斑

 

 化粧品レーザー
肝斑

肝斑の主な原因は、紫外線による影響や女性ホルモンの乱れと言われています。

発生しやすいのは30歳代から40歳代です。

 

特徴としては、顔の左右対称にできること。

色は、淡褐色や暗褐色など様々です。

 

閉経とともに薄くなったり、消えたりする方もいるそうです。

 

原因の1つに女性ホルモンの乱れがあるものの、肝斑の悪化を防ぐためにもUVケアは必須です。

 

また、内服薬のトラネキサム酸で効果が高いことも言われているので、気になる方は試してみるのはいかがでしょうか?

 

  化粧品レーザー
老人性色素斑薄い×
濃い×
雀卵斑遺伝性×
紫外線
炎症後色素沈着×
肝斑

 

美白化粧品でシミの生成を抑制

美白化粧品でシミの生成を抑制

シミ対策には美白化粧品が効果的です。

美白化粧品には、メラニンを作る働きを抑える、メラニンを還元する、メラニンの排出を促すなど、シミ生成の仕組みに働きかけることができる有効成分が含まれています。

 

それぞれの、美白有効成分の働きを理解してみると効果も倍増!!

 

基礎化粧品を、美白有効成分配合のものに変えるだけの簡単な方法なので、まずはスタートしてみていかがでしょうか。

 

そもそも「美白有効成分」とは?

美白化粧品を選ぶときに、この美白有効成分という言葉はよく聞きますよね。

でも、意味をよく知らないという方も多いと思います。

 

ここで改めて美白有効成分について復習です。

美白有効成分とは簡単にいうと「国に認められた成分」ということです。

 

国とは厚生労働省のことで、厚生労働省により「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ」、もしくはこれに類似した効能の表示を認められた成分です。

 

厚生労働省に美白有効成分として認められるためには、安全性や有効性(効能)の観点から認められ配合量もしっかりと制限されます。

 

現状実際に美白有効成分として認められているのは、約20種類ほど。

各メーカーとも日々新たに研究が進められていますが、美白有効成分として認められるのはほんのごく一部といっていいでしょう。

 

このように、美白有効成分は安全性や効能が国によって認められています。

美白化粧品の選び方としては、この美白有効成分を意識して選ぶようにしましょう。

 

 

シミを消すにはこれを選ぼう!おすすめの美白有効成分

上記では美白有効成分をしっかり確認しましょうと説明をしました。

 

シミには美白有効成分で抑制・還元を促していきますが、特にどんな成分が配合されている製品を選べば良いのでしょうか。

シミ対策に有効な美容成分の中でも、特におすすめの5つをご紹介します。

 

肌の漂白剤?ハイドロキノン

シミに悩む女性の強い味方といえば「ハイドロキノン」です。

肌の漂白剤とも呼ばれるそのパワーは、他の美白成分と比較して10~100倍の美白効果があると言われています。

 

実際に美容皮膚科や整形外科などの医療機関で治療に使われているので、効果は折り紙付き。

 

しかし、肌への負担を疑問視する声もあるので、ハイドロキノン配合化粧品を使いたいのであれば、まずお試しからスタートするのがおすすめです。

 

関連記事↓

 

プラセンタの若返りパワーでシミも撃退

美肌・アンチエイジングで名高い「プラセンタエキス」ですが、シミ改善にも効果が期待できます。

プラセンタエキスには、メラニンの生成を抑制する効果があります。

また、ターンオーバーの促進にも力を発揮してくれるので、塗り続けることでシミを薄くし、他の美容成分の効果も高めてくれます。

とても優秀な美容成分ですが、動物由来の成分なのでアレルギー反応が懸念されます。

原産や動物名(ウマやブタなど)、抽出加工している会社の情報などをよく調べることをおすすめします。

 

 

国が認めた有効成分アルブチン

厚生労働省に美白成分として認可されている「アルブチン」は、メラニン生成を抑制する効果があります。

また、肌に停滞したメラニン色素の黒色化を弱める働きもあり、シミ対策に有効な成分のひとつです。

 

ビタミンC誘導体と相性が良く、相乗効果が期待できるので同時配合の化粧品を選ぶことがおすすめです。

 

副作用やアレルギー反応が少ない成分なので、安心して使用することができます。

 

肌で試しながら自分に合う美白成分を選ぶ
アルブチン、油溶性甘草エキスなど、美白成分にもいろいろ種類があります。なかでも、厚生労働省が医薬部外品として効果を認めたものは9種類あります。

出典:スキンケア辞典

 

予防改善の二役おまかせ!ビタミンC誘導体

メラニン生成抑制だけでなく、還元・排出の効果もあるのが「ビタミンC誘導体」です。

シミの素となるメラニン色素を還元することができるので、出来てしまったシミを薄くすることができます。

関連記事↓

 

トラネキサム酸で肝斑は消せる!?

「肝斑」は、ストレスや自律神経の乱れなどによって内側からできるシミです。

肝斑に働きかけることができるのが「トラネキサム酸」。

 

肝斑を生成する「プラスミン」をブロックすることができるので、肝斑の生成自体を抑制することができます。

シミの原因が外的要因の場合は外側から、内的要因の場合は内側からのでケアが効果的なので、トラネキサム酸配合商品には錠剤が多くなっています。

 

 

美容家が「薬用」を選ぶわけ

「薬用」って何?と聞かれたら正しく説明できますか?

正しく説明できる方は少ないと思います。

 

「薬用」とは「医薬部外品」のことで、「予防」ができると厚生労働省が認めた商品にしか明記することができません。

 

これは薬事法で定められた定義です。

「薬用」=国が効果を認めた商品と言えるので、美容知識のある人ほど薬用を選ぶと言えるのです。

 

化粧品の選び方~まとめ~

話は少々長くなりましたが、結局化粧品は何を選んだら良いのか簡単にまとめてみました。

 

①自分のシミの種類を理解する!

②美白有効成分配合の化粧品を使用する!

③美白有効成分に興味を持ってもらえたらのならばそれぞれの成分の詳細な役割を知る

④「美白は一日にして成らず!」

無理なく続けられるものを使用する。

 

まとめるとこんな感じになります。

 

人それぞれスキンケアや化粧品に対する興味や熱量は違うと思います。

 

スキンケアや化粧品が好きな方ならば、思う存分成分を知って肌に味あわせてあげてください。

 

あまり好きではない、スキンケアは面倒だと感じてしまう方は、それだけでストレスになってしまうかもしれません。

 

そんな方はまず美白と記載された手軽なもの使用してみましょう。

せっかくのスキンケア、それぞれの方法でぜひ美肌を目指していただきたいものです!

 

 

シミを消して美肌を目指すためのおすすめ美白化粧品

ここまで読んでいただけた方には、少しでも美白成分への理解をしていただけたと思います。

次はオススメの美白化粧品のご紹介です。

 

米肌 澄肌美白化粧水(KOSE)【医薬部外品】

・価格 5,500円(税抜)

・内容量 120ml

 

美白有効成分のビタミンC誘導体を配合しているので、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。

 

また米肌という商品名だけあって、米発酵液や米ぬか酵素分解エキスなども配合。

 

米発酵液はアミノ酸を多く含み、肌にみずみずしさを与えます。

米ぬか酵素分解エキスは糖やペプチドを豊富に含み、保湿効果に優れています。

 

その他にも高い保湿力と肌荒れに作用のある、ハトムギ発酵液。

保水効果のある、グリコシルトレハロース。

他の保湿成分との相乗効果で肌を乾燥から守るグリセリンも配合されています。

 

また、浸透が良く肌によくなじんでいくため季節を問わず使用することができます。

 

まずはトライアルセットで試してみよう!

まずは試してみたいという方には米肌のHPから、トライアルセットをお得に申し込むことができます。

 

14日間トライアル、澄肌美白セット。

価格は1,500円(税込)です。

 

内容は「肌潤石鹸(15g)」、「澄肌美白化粧水(30ml)」、「澄肌美白エッセンス(12ml)」、「肌潤ジェルクリーム(10g)」といったもの。

 

肌潤石鹸はキメ細かい泡立ちで、毛穴汚れや古い角質もしっかりとキャッチすることができます。

 

澄肌美白エッセンスはスペシャルケアです。

美白有効成分配合でメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。

 

みずみずしいテクスチャーなので肌なじみが良く、乾燥やくすみの気になる肌に透明感を与えます。

 

肌潤ジェルクリームは、乾燥環境から肌を保護し、保湿成分をたくわえます。

こうすることでハリのある肌へと導きます。



コスメコンシェルジュから見た、ここが良いポイント!

最近増えている、お米の成分が入っている化粧品。

何が良いのか改めて復習してみましょう。

 

お米のとぎ汁には「天然の米セラミド」、「ビタミンB,C,E」、「システイン、プロリン、アルギニンなどのアミノ酸」、「オレイン酸」などが含まれています。

 

セラミドには、保湿成分をはさみ込む働きがありますからお米のセラミドも保湿効果は抜群です。

 

ビタミンB,C、Eは肌の粘膜を守ったりと保護してくれます。

 

アミノ酸には保湿成分をつかむ働きがあります。

システインというとL-システインをよく聞きますがこのL-システインはメラニンの生成を抑える、肌の新陳代謝を上げメラニン色素を排出するなど、美白効果の大変高い成分です。

 

プロリンは体内に吸収されたタンパク質やアミノ酸からコラーゲンの合成を促進する働きがあります。

よって、肌の弾力やハリを保つことができます。

 

アルギニンには角質層を保湿する効果があります。

肌が荒れているという状況は、角質層の水分やアミノ酸が不足している状態です。

 

角質層に潤いを与えるということは、肌の健康を維持する基本といえます。

アルギニンは意識したい成分の1つですね。

 

オレイン酸は皮脂を構成する脂肪酸です。

化粧品にもよく配合されている成分の1つです。

 

皮脂を合成するので、乾燥肌にはもちろん、肌なじみがいいので皮膚を柔らかくしシワの予防や改善にも良いとされています。

 

乾燥肌にも!シワの予防にも効果があるなんてマルチな活躍をしてくれる成分ですね。

 

話は少し長くなりましたが、このようにお米にはたくさんの美容に良い成分が含まれています。

 

米のとぎ汁は昔からあったもので、昔の女性はこのお米のとぎ汁で洗顔をしていたとも言われています。

昔の人の知恵にはかなわないものがあります・・・。

 

お米の美容成分が気になった方には、ぜひこの米肌澄肌美白化粧水がおすすめです。

 

QuSomeホワイトクリーム1.9(ビーグレン)

・価格 6,480円(税込)

・内容量 15g

この商品は「QuSome化ハイドロキノン」というワードに注目です。

 

まず、ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは、皮膚科などの医療機関でシミ治療に用いられている美白の薬剤です。

 

配合量が4%を超えると医薬品に分類されます。

 

化粧品では、メラニンを作るチロシナーゼ酵素の活性を抑えメラニンの生成を抑えます。

よってシミやそばかす、炎症後の色素沈着などにも効果を示します。

 

話は元に戻りまして、このハイドロキノンの効果をサポートするのがQuSomeと融合した「QuSome化ハイドロキノン」です。

 

ハイドロキノンの効果をサポートする3つの美容成分「βホワイト」、「TGP2」、「ヘキシル3ーグリセリルアスコルビン酸」が配合されています。

 

βホワイトは肌の明るさを保ちます。

TGP2は肌の透明感を高めます。

 

ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸は肌にくもりを寄せ付けません。

 

これだけの美白成分が配合されていると、心強いですね。

また、この商品で注目なのは効果のスピードアップです。

 

ハイドロキノンとQuSomeを融合することにより効果のスピードアップ化が実現できました。

「美白は1日にして成らず」とは言えど、やはり効果は早いほうが嬉しいですからね!

 

まずはトライアルセットで試してみよう!

こちらの商品が気になった方、まずはトライアルセットからいかがでしょうか?

 

「クレイウォッシュ(洗顔料)」15g

「QuSomeローション(化粧水)」20ml

「Cセラム(美容液)」5ml

「QuSomeホワイトクリーム1.9(クリーム)」5g

「QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)」7g

 

これらの商品が一式揃って1,846円(税込)でお試しすることができます。



コスメコンシェルジュから見た、ここがすごい!

まずは、ハイドロキノンの効果を前面に出しているところでしょう。

ハイドロキノンはアザを除く、表皮にできるシミなら効果があるといわれています。

 

最初にお伝えした、老人性色素斑(日光性黒子)、そばかす、炎症後色素沈着、肝斑など幅広く効果が期待できるのです。

 

スピードアップした速効性。

「今日は紫外線浴びちゃったなー」なんて時にも効果が早めに感じられると嬉しいですよね。

 

私自身も、紫外線ケアは早いが一番と思っていますからとても有能なクリームだと感じました。

 

ラグジュアリーホワイトローションAOⅡ (アンプルール)

・価格 5,400円(税込)

・内容量 120ml

 

こちらの商品も美白の強い味方、ハイドロキノン配合です。

アンプルールの開発ディレクターはウォブクリニック中目黒の総院長、髙瀬聡子さん。

 

お医者様が開発した点も魅力的ですね。

髙瀬さんが開発したのは安定化させたハイドロキノン。

 

ハイドロキノンはシミやメラニンの生成を抑える効果が、一般的な美白成分に比べ約100倍といわれています。

 

本来は美容クリニック等、医療機関で処方されているものでした。

それを、一般にも使いやすく安定化したのがこのアンプルールシリーズに配合されている「新安定型ハイドロキノン」です。

 

ハイドロキノンは美白効果は高いですが、光や酸素、熱に対しては不安定なのです。

この不安定なハイドロキノンをBCDACという物質で包みこむことにより、安定性を実現しました。

 

医師監修という安全性。

贅沢な美白成分。

 

この商品のテーマは「手に届くラグジュアリー」です。

だからラグジュアリーホワイトというのですね。

 

まずはトライアルセットで試してみよう!

もちろんこちらの商品にも、トライアルセットがあります。

1,890円(税込)でトライアルセットをお試しすることができます。

 

内容は以下の通り。

 

「コンセントレートHQ110(スポット集中美容液)」3ml

「ローションAQⅡ(化粧水)」20ml

「薬用アクティブフォーミュラⅡ(薬用美容液)」8ml

「エマルジョンゲルEX」10g

「クレンジングミルクN(クレンジング)」2包

「ウォッシングフォームN(洗顔料)」2包

 

注目なのは美容液が2種もお試しができるところ。

 

コンセントレートHQ110は夜用美容液です。

新安定型ハイドロキノンが、気になるシミを夜通し集中攻撃します。

 

配合されている特殊ゲルがピタっと密着し、沈着メラニンを封印します。

 

薬用アクティブフォーミュラⅡは、朝も夜も使える美容液です。

ハイドロキノン以外にも、ビタミンC誘導体や酵母エキスを配合しているので光ダメージや炎症などメラニン生成の原因に働きかけます。

 

朝、夜と使用することで24時間シミ・くすみを防止します。

 

このトライアルセットは洗顔料やクレンジングが2包となっており、コスト的には少々お高めかもしれません。

 

ですが、この内容だと試してみたくなっちゃいますよね。



コスメコンシェルジュから見た、ここがすごい!

 

まずは、なんといってもお医者様が監修というところ。

ハイドロキノンは本来医療機関で処方されていたものですから、化粧品に配合するのには厳しい規制があります。

 

そのハイドロキノンを安全な誘導体に変化させ、化粧品に贅沢に配合させることに成功したのです。

 

現在、ハイドロキノンは様々な化粧品に配合されています。

ハイドロキノン誘導体としては、様々な働きをしています。

 

もちろん、安全面では問題ないと思います。

働きに関しては様々だと思います。

 

商品のHPで詳細を見ることもできます。

商品を購入する前に、そちらも是非確認してみてください。

 

化粧品の奥深さを感じることができることでしょう。

 

アスタリフト エッセンスインフィルト(富士フィルム)【医薬部外品】

エッセンス インフィルト

私はアスタリフトを初めて知った時疑問がありました。

「フィルムメーカーがなぜ化粧品を??」

 

それは以前より、富士フィルムが「美しい肌を未来に残す」ことにも着目していたから。

フィルムの高画質とともに、美容の面からも考えていたのですね。

 

このエッセンスインフィルトは美白美容液です。

成分に「ナノAMA」、「ナノオリザオール」という成分が配合されており、美白に一役かってくれます。

 

ナノAMAは、シミを作るメラノサイトを眠らせる働きがあります。

また、「gp100」というメラニンが沈着するための骨組みがあり、このgp100の分解を助けます。

 

ナノオリザオールはgp100の分解に関与する「カテプシンV]を増加させ、gp100の分解を助けます。

 

まずはトライアルセットから試してみよう

これだけ魅力的な美白成分が配合された美容液を使ってみたいと思ってアナタ!

まずはトライアルセットから使用してみるのがオススメです。

 

なんと1,080円で5日間お試しいただけます。

お得でしょう!!

 

内容は以下の通り。

「プライトローション(化粧水)」18ml

「エッセンスインフィルト(美白美容液)」5ml

「クリーム(美白クリーム)」5g

「パーフェクトUVクリアソリューション(美容液兼化粧下地)」5g

「ジェリーアクアリスタ(ジェリー状先行美容液)」0.5g×10包

 

アスタリフトの魅力の1つに「ナノアスタキサンチン」というのがあります。

富士フィルムの長年の研究の末に、開発された成分です。

 

アスタキサンチンは抗酸化作用に優れており、シミの大敵である活性酸素を除去する働きをしてくれます。

 

このアスタキサンチンをナノ化し、肌への浸透力を高めたものがアスタリフトシリーズの魅力でもあります。

 

こんな贅沢なライン使いが1,080円で5日間も試せるのですから、少しでも気になった方は是非!



コスメコンシェルジュから見た、ここがすごい!

アスタリフトの魅力は、紹介した成分に「ナノ」とついていること。

「ナノアスタキサンチン」、「ナノAMA」、「ナノオリザオール」など。

 

ナノ化とは開発者の研究により、ある成分を肌になじみやすく(誘導体)することで、肌への浸透力をあげます。

 

この美白効果の高い成分を、さらにナノ化とは拍手モノです!!

 

また、私が注目したいのは「ナノAMA」です。

初めて聞きました。

 

メラニンの骨組みからの発想。

「メラニンを眠らせる」というワードが気に入りました。

 

その新しい発想に富士フィルムさんの努力が伺えますね。

 

オーガニックホワイトクリーム(ハナオーガニック)【医薬部外品】

・価格 5,400円(税込)

・内容量 15g

 

ハナオーガニックは、女性の内面の美しさから着目したコスメです。

肌の再生力と免疫力の低下が老化現象の原因とし、その低下の原因である「自律神経の乱れ」、「酸化によるダメージ」、「常在菌のバランスの乱れ」に対しケアしていきます。

 

ハナオーガニックの商品には花精油やオーガニックハーブ、高性能な植物抽出成分が配合されており肌の機能を浄化・還元していきます。

 

今回紹介するオーガニックホワイトクリームは、天然100%のビタミンC誘導体配合でできてしまったシミを還元します。

 

また8種類の和漢植物成分が配合されており肌を鎮静化し、肌本来の力をよみがえらせメラニンの生成を抑制しターンオーバーを促進します。

 

すべて天然の成分で作られており、乾燥にも効果を感じられます。

 

まずはトライアルセットで試してみよう!

この自分の肌力を取り戻すという、なんとも新発想な化粧品。

まずはトライアルセットでお試ししてみるのは、いかがでしょうか?

 

トライアルセットには「複合的な肌悩み(くすみ、乾燥、赤み、大人ニキビ、毛穴など)」がある方向けと「極度な乾燥が気になる方」向けの2種類があります。

 

価格は1,480円(税込)で7日間使用できます。

 

内容は洗顔、化粧水、美容液(乾燥肌にはオイル美容液)、乳液、UVベースとなっており残念ながらこのオーガニックホワイトクリームは入っていません。

 

 

ですが、ハナオーガニックの良さを感じるのにはうってつけな内容だと思います。

気になった方は1度試してみてはいかがでしょうか。



コスメコンシェルジュから見た、ここがすごい!

まずはなんといっても、肌本来の力をよみがえらせるという点ですね。

どんなに高性能な美白成分を取り入れようとしても、肌の本質が基盤です。

 

化粧品を取り入れやすい肌にするには、肌に柔軟性を持たせたり、このハナオーガニックのように中から良くしていくなどやり方は様々です。

 

ハナオーガニックの基礎化粧品はそれぞれの役割がはっきりしています。

 

 

洗顔、UVケア→守る

化粧水、乳液→整える

美容液→鎮める

 

バランスがしっかりとしています。

 

根本から自分自身の肌本来の再生力を取り戻したい方には是非オススメの商品です。

一度、自分の肌と見つめあってみるのもいいかもしれませんね。

 

ビハクシア(VIHAXIA)

・価格 3,980円(税抜)

・内容量 27g

 

最近SNSでも話題のこの美白クリームを紹介します。

 

商品の名前は「ビハクシア」。

30代からの美白ケアに着目したクリームです。

 

配合されている有効成分がとにかく贅沢過ぎます!

 

・ハイドロキノン誘導体

・ビタミンC誘導体

・グリチルリチン酸2Kとこの3種類もの美白有効成分を配合しています。

 

ここでこの3種類の美白有効成分の役目をおさらい。

 

ハイドロキノン誘導体はチロシナーゼ酵素の働きを抑制し、メラニンの生成を防ぐことができます。

よってシミやそばかすの発生を抑えます。

 

ビタミンC誘導体もチロシナーゼ酵素の働きを抑制します。

また、ビタミンC誘導体にはできてしまったメラニンの色素沈着を抑える働きもあるので、合成されできてしまったシミやくすみにも効果があります。

 

グリチルリチン酸2Kは、抗炎症作用があるのに刺激性の少ない敏感肌の方にも比較的安全な成分です。

 

抗炎症作用があるので、角質層が剥がれ荒れてしまった肌にもバリア機能の改善、ターンオーバーを促進が期待できます。

 

こんな贅沢な成分が配合された美白クリームはとても魅力的だと思いませんか?

 

さらに・・・ビハクシアにはこのほかにも13の効果があります。

ここで紹介したいところですが、長くなってしまいそうなので詳しくHPをご覧ください。

 

まずはトライアルセットで試してみよう!

トライアルセットを紹介したいところでしたが、見つかりませんでした。

現状トライアルセットはないようです。

 

気になった方は、まずは1本購入というところでしょうか。

 

継続して購入する間合い、ビハクシアはまとめて購入するのが非常にお得です。

 

一番人気は3本セット。

3本+1本セット。

 

つまりは4本手に入ります!

価格は11,940円(税抜)なので、実質1本あたり2,985円ということになります。

 

通常価格より1,000近くお得になりますね。

継続する決心がついた方には、3本セット(実質4本セット)がとってもお得ですね。

 

コスメコンシェルジュから見た、ここがすごい!

なんといっても3種類の美白有効成分!!

そして、13種類の効果!!

 

魅力的ですねー。

 

ただ、この商品に限らず「美白は1日にして成らず」と私は思っています。

 

美白化粧品は継続して使用していくことが、重要だと思いますので3本セットがお得に販売されているのも納得です。

 

ぜひ皆さん!

美白活動は継続して行てくださいね。

 

 

一緒に取り入れたい週に一度のスペシャルケアの王道はピーリング

ゴマージュや、スクラブ入りの洗顔料を使用したことがある方は多いと思いますが、効果は実感しているでしょうか。

私自身、あまり信用していませんでした。

 

古い角質が落ちるのが目に見えるわけではありませんし、逆に肌を傷つけるのでは、と敬遠しているくらいでした。

 

そんな話を元美容部員の先輩にしたところ、ある実験をしてくれました。

私の片方の腕はスクラブで、もう片方はお湯で洗い、タオルで水分を抑えてから化粧水を振りかけました。

すると、スクラブで洗った方の腕はぐんぐんと化粧水を吸い込んだのです。

 

この日、私はスクラブを買って帰りました。

それ以降、週に一度のスペシャルケアは、スクラブ+入念なスキンケアになっています。

 

続けられる価格帯の化粧品を選んでいきましょう

オススメの化粧品についてお話してきましたが、美白有効成分配合の化粧品はやはり値段が高いイメージがあります。

 

確かに有名どころのメーカで販売されている化粧品は少々お高いものもあります。

 

値段が高いと続けられない・・・。

そりゃそうですよね。

 

でも、この値段が高い理由を考えたことがありますか?

この高い値段の中には、製薬会社やメーカーの研究費代なども含まれているようなもの。

 

たしかに、効能として希少価値の高い成分で高くなる場合もあります。

それと同時に、新たに開発された成分などの場合この研究費などもかさんでいますから、その分も化粧品の値段に入っていると考えてもいいでしょう。

 

つまりは、そんなに新しいものにこだわらなければ以前からある美白有効成分配合の化粧品を選んでもいいのです!

 

大事なのはやはり「成分の働きを理解して使うこと!」

今では分かりやすくパッケージに表示されていることもあります。

 

自分の肌が今何を必要としているか、肌とちゃんと話をしてあげましょう。

もっともっと成分のことを知りたい時には、今はネットでも簡単に調べることができます。

 

そして、自分の身の丈にあった化粧品を選ぶこと!

美白は日々の積み重ねが大事です。

 

無理なく本気で続けられるものを選んでいきましょう。

 

 

化粧品以外でシミって消せる?

ここまで、シミに効果的な美白成分、化粧品の紹介をしてきました。

でも、化粧品以外にもシミを消せる方法はあるのでしょうか?

 

次はこのご紹介です。

 

食べてもシミ予防はできる?3種のビタミンのチカラ

シミに効く栄養素や食べ物ってあるんです。

シミ予防の代表格は「ビタミンC」、「ビタミンE」、「ビタミンA」です。

 

万能すぎる!ビタミンC

ビタミンCには以下のような働きがあります。

 

メラニンの生成を抑える。

黒色メラニンを白色メラニンに変える力がある。

活性酸素を除去する働きがある。

 

特に活性酸素は、紫外線やストレスなどにより過剰に増えるとそれを取り除こうとして、メラノサイトが刺激されメラニンが作られてしまいます。

 

メラニンが増えてシミができてしまうということです。

 

また、バリア機能の低下、コラーゲンの減少などにより肌も老化現象への一途をたどります。

活性酸素の除去は肌の健康を保つ要と言っても過言ではないかもしれません。

 

ビタミンCは非常に多くの食材に含まれています。

その中でも私がオススメしたいのは、アセロラドリンクです。

 

アセロラはレモンの約34倍の天然ビタミンCが含まれており、また、抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれています。

手軽に飲むことができるアセロラで是非ビタミンC補給を心がけてください!

 

ですが、ご存知の方も多いと思いますが、ビタミンCは体にためこむことができません。

過剰に摂取すると尿などで体外に排出されます。

 

ビタミンCは日ごろから頻繁にとることを意識したいものです。

 

女性の悩みにも答えます!ビタミンE

次にビタミンEです。

ビタミンEには肌の血行を良くして、新陳代謝を整える働きがあります。

 

つまりは、紫外線などの影響により増えすぎてしまったメラニンをきちんと排出することができるということです。

 

また、血行を良くして肌荒れを防ぐ働きもあります。

血行と言えば「冷え性」。

 

血行を良くすることは冷え性の改善にも役立ちますから、女性には非常に嬉しい成分です。

 

ビタミンEの多く含まれる食品ですが、アーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。

アーモンドなどのナッツ類は、脂肪分が多いので食べ過ぎに注意して適量の摂取を心がけましょう。

 

強い肌を作ろう!ビタミンA

そして最後にビタミンAです。

ビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる働きがあります。

 

皮膚や粘膜を丈夫にすると、抵抗力のある肌になります。

どんな細菌にも負けない強い肌は、美肌への第一歩です。

 

ビタミンAは動物系のタンパク質に含まれる「レチノール」と、緑黄色野菜に含まれる「カロテン」に分かれます。

 

レチノールはターンオーバーを促進させます。

ターンオーバーを促進することにより、メラニンの排出を促すなど美白へ導きます。

 

カロテンには、抗酸化作用があり体内の酸化を防止します。

体内の酸化を防止するとはつまり活性酸素の発生を抑えるということ。

 

ビタミンCと同様に、活性酸素の発生を抑えることでお肌の老化を防ぐことができます。

 

サプリメントって本当のとこどうなの??

これらの栄養素を充分に摂るためには、相当量の食材を摂取しなければなりません。

そこで頼りたくなるのはサプリメント!

 

よく食事代わりにサプリメントを摂取する方がいますが、それはNGです。

サプリメントは「dietary suppelement」を訳した言葉で、本来は「栄養補助食品」を意味しています。

 

つまりは、偏りがちな栄養素を補助する為のものです。

やはり、基本はバランスのとれた食事です。

 

それでも、忙し毎日の生活の中、不足しがちな栄養素の補給にはサプリメントに頼ってみてもいいでしょう。

 

最近、肌荒れが気になる・・・。

シミが目立ってきた・・・。

 

なんて方は、化粧品ばかりにこだわらず食生活から見直してみてもヒントがあるかもしれませんね。

 

ロスミンローヤルって知ってますか?

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルはサプリメントというよりは「お薬」。

薬剤師の男性が、ご自身の奥様の為に作ったお薬です。

 

まずは美白についての作用についてのお話から。

 

女性には体の巡りが悪く、それが肌のくすみに繋がったりもします。

巡りが悪い=肌の新陳代謝を下げてしまいます。

 

また、血行も悪くなり顔色が悪く見えるなどの弊害もあります。

 

ロスミンローヤルにはこの巡りの悪さを助ける9種類の生薬成分、22種類の有効成分が配合されています。

 

9種類の生薬の中には、血液の循環や巡りを良くするトウキやショウヤク、水分代謝を助けるソウジュツやタクシャなどが含まれています。

 

また、注目なのはロスミンローヤルは国内で唯一小じわに効く医薬品です。

小じわに対抗するにはまずは保湿!

 

コラーゲンやエラスチンを、正常に働かせるために抗酸化物質が必要になってきます。

ロスミンローヤルには「アルコルビン酸(ビタミンC)」、「ビタミンE酸」が配合されており抗酸化作用は抜群です。

 

また、シミに効くL-システインも配合されており、L-システインはアルコルビン酸(ビタミンC)と一緒に摂取するとコラーゲンの生成をサポートします。

 

このようにロスミンローヤルは、様々な面から美肌をサポートしてくれます。

 

ロスミンローヤルを試してみよう!

ロスミンローヤルが気になったあなた!

ロスミンローヤルは、初回限定でお得に試すことができます。

 

初回限定で通常価格7,600円のところ、1,900円で購入することができます。

内容量は270粒入りで30日分です。

 

ちなみに、ロスミンローヤルはWEBでしか購入することができません。

気になった方はぜひ、公式ホームページをのぞいてみてください。

関連記事↓

 

UVケアきちんとできてる?

シミの原因に紫外線が大きく関わっていることは話してきました。

美白にいい成分、食べ物の話もしました。

 

ところで、毎日のUVケアはできていますか?

毎日のUVケアとは、日焼け止めを塗ったりして日ごろから日焼けに対するケアすること。

 

日焼け止めは、塗ることで紫外線を体に侵入するのを防いでくれます。

 

よく日焼け止めに表記されている「SPF」、「PA」の意味をご存知でしょうか?

 

SPFはUV-B波の防止効果を示したもので、赤くヒリヒリする日焼けを起こすまでの時間を何倍にのばせるかの目安です。

時間の計算方法は表記されている数字に25(分)をかけます。

 

例えばSPF24だとしたら「25(分)×SPF24=600分=10時間」ということになります。

 

また、PAはUV-A防止効果を示し2~24時間後の皮膚の即時黒化を指標にしたものです。

即時黒化とは黒くなる日焼けのこと。

 

PAの横に+に表記がありますが、+の数が多いほど黒くなる日焼けを抑える効果があります。

 

日焼け止めにはこのように数値がありますから、日差しの強さ、その日過ごす環境によって使い分けることが可能です。

 

紫外線を防止する成分は少なからずとも、肌に影響があります。

肌の弱い方などは、敏感肌用などご自身の肌にあったものを使用するようにしましょう。

 

また、SPFの数値が24だと10時間赤く日焼けするのをのばすことができると説明しましたが日常生活の中で摩擦などで日焼け止めがとれてしまいます。

 

日焼け止めはマメに、UVケアは日々していくようにしましょう。

 

関連記事↓

日焼け止め成分の入ったファンデーションなどもオススメ!

スキンケアの中で手軽にUVケアをするならば、日焼け止め成分の入ったファンデーションがおすすめです。

UVケアとファンデーションでカバーの役目をしてくれるなら、ラクでいいですよね。

 

そこでご紹介したいのが、エトヴォスの「マットスムースファンデーション」です。

 

日焼け止め成分はSPF30、PA++なので日常使いには十分ですね。

紫外線を乱反射して肌への侵入を防ぐ、「紫外線散乱剤」配合のため肌への負担が少なくすみます。

 

エトヴォスのファンデーションというと、肌へのやさしさがよく知られています。

それは、つけたまま眠れるとも言われている人気のファンデーションです。

 

オフするときもクレンジング不要で、石鹸でメイクオフすることができます。

 

1970年代にアメリカの医師により開発されました。

 

主成分はミネラル。

防腐剤・タルク・香料・ワックス・合成着色料などは含んでいません。

 

また、保湿成分も十分。

エアリーな付け心地で、仕上がりは毛穴の目立たない陶器肌に仕上がります。

 

日焼け止めもファンデーションも肌にやさしいものを選べたら嬉しいですね。

美活編集部 遥希

細かいシミはしっかり隠せなかったけれど全体的な肌のトーンも上がり、赤みが消えました!

ナチュラルに仕上がって、パウダーなのにある程度カバー力もあります!

この後6時間程、外出して少し汗をかいたのですが、6時間経っても肌はよれてませんでした。
使い心地が良く洗う際にもすんなり落ちてくれるので、とてもオススメできるファンデーションです!

 

 

シミは改善できる!まとめ

年を重ねるほど、メイク時間の中でシミをカバーするためにベースメイクにかける割合が、大きくなるというのは女性のあるある話です。

 

歳とともに増えるアイテム。

コンシーラーを、毎日当たり前に使うようになったのはいつからだったでしょうか。

重ねるほど崩れやすく、しかも肌への負担は増すばかり。

 

シミさえなければ、そんな状況も劇的に変わります。

化粧落ちてないかな、シミが目立ってきてないかな、なんて心配しなくていいんです。

 

ホームケアで、短期間でシミを消す魔法はありませんが、正しいケアでシミは改善できます。

自信を持って顔を上げる毎日のために、小さな積み重ねを始めましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA