1. TOP
  2. ヨガでチャクラを開いて自分らしい人生を手に入れよう

ヨガでチャクラを開いて自分らしい人生を手に入れよう

 2018/03/06 ヨガ
513 Views

目次

チャクラを開いて自分らしい人生に

 

チャクラという言葉を初めて聞く方も多いかもしれません。

普段ヨガを行っている方は耳にしたことはあるかもしれませんが、例えば偶然や奇跡的な体験をすることが多くなった人、また健康的になったと感じる人、これはチャクラが開き始めている証拠です。

 

体は複数のエネルギーから成り立っています。

チャクラとは、背骨の上にある7つのエネルギーポイントから成り、エネルギーの流れをコントロールしています。

また、7つのチャクラは体の器官、臓器、内分泌に対応しています。

チャクラが開くとは、チャクラに集まるエネルギーの、対応する箇所へのはたらきかけが活性化することです。

 

これにより、器官や臓器の働きがよくなり、肉体が健康になることで、精神的にも好影響をもたらしてくれます。

さらに活性化されていくと、直感が良く働くようになり、奇跡的な体験をすることもあります。

 

逆に閉じているとエネルギーの流れが滞り、精神・情緒・生理面にも不調が現れます。

そんなチャクラを開かせる最も有効な方法がヨガ。

呼吸とポーズで心身のバランスが整います。

チャクラ 図解 7つのエネルギー

 

・チャクラって何?

人間の体にある7つのエネルギーセンターがチャクラです。

頭頂部から肛門部にかけて分散されており「力の中枢」としての役割を果たすべく、神経系や内分泌とも関係しています。

厳密に言うと、例えば胃は第3チャクラ…のように、カラダのすべての機能の働きが、7つのチャクラのいずれかの影響をうけている、という考え方です。

チャクラの働きが活発になれば、神経やホルモンの分泌が活性化します。

心身の状態と相互作用を持つので、制御することが出来れば、心身ともに健康でやる気に満ちた人生が送ることができます。

Sponsored Link



 

・チャクラの場所ってどこ?

会陰、膀胱、下腹部、胸部、喉、脳下垂体、松果体の各部に位置しています。

8つ目のチャクラも存在し、これは8つ全部を包むものです。

 

・チャクラが活性化するってどういうこと?

クンダリーニと呼ばれる人間の根源的な力(エネルギー)が、ナディー(気道)と呼ばれるエネルギー経路に沿って全身にくまなく流れていきます。

各チャクラに適度にバランスよくエネルギーが与えられた状態になると、チャクラの働きが活性化します。

その方法としてはヨガの技が有効です。

ヨガのポーズをとることで、対応しているチャクラに呼吸の振動が届き、内観(観察と集中)することで血液が集中し、チャクラにさまざまな反応が起こります。

されに自分の潜在能力を引き出すことも可能になります。

 

・チャクラが活性化した時に起こる体の変化って?

性力・精力・生力の3つのパワーがとても強くなります。

例えば、風邪をひかなくなる・睡眠時間も短くて済む・長時間の集中に脳が耐えられるようになる・朝の目覚めが爽快になる・ポジティブになる・食事もおいしく感じられる・お腹もスッキリする・頭の回転も速くなる・直感も冴える、等の効果が実感できます。

 

7つのチャクラの効果を具体的に説明します!

 

〇ムラダーラチャクラ(肛門部)

このチャクラは、生きる力・心身の根源的なパワーに関係し、性的なエネルギーをつかさどるいわば「根」のようなもの。

ヨガのスタートは、このチャクラの活性化からスタートすると言えるほど、重要な役割を担っています。

ムラダーラチャクラは会陰部に位置し、会陰部は脊髄の下層、自律神経系の最も下にあるもので、このチャクラに適切な刺激を与えると、体温が上昇し、全身がエネルギッシュになります。

このチャクラを活性化させて性的エネルギーを強化し、それを上昇できれば、脳のいくつかの領域を活気づけ自分の潜在能力を引き出すことができます。

 

また、バランスを崩すと体調を崩しやすくなり、恐怖や不安などのネガティブな感情に陥りやすくなます。

逆に活性化させると大地に根差したような安心感と自信を得ることができ、ポジティブな洗濯ができるようになります。

エネルギッシュな活力が得られるようになます。

 

・ムラダーラチャクラが活性化するヨガポーズ

橋のポーズ

・ムラダーラチャクラが活性化するヨガポーズ ヨガ 橋のポーズ

 

 

 

 

 

 

仰向けに寝て、両膝を立てる。

両手は体側に置き、背骨・首筋を伸ばす。肛門(会陰部)を軽く引締め、吸う息でお尻を持ち上げる。

数呼吸キープしながらチャクラにエネルギーが満ちるのをイメージする。

 

 

・両足をそろえた前屈のポーズ

長座で座る。足先を上に向け、腰から背骨を伸ばす。

肛門(会陰部)を軽く引締めながら吐く息で股関節から前屈する。

数呼吸キープしながら、チャクラにエネルギーがたまるイメージをする。

・ムラダーラチャクラが活性化するヨガポーズ ヨガ 両足をそろえた前屈のポーズ

 

 

 

 

 

 

 

〇スヴァヂシュターナチャクラ(性器部

このチャクラは性力と精神的創造性を制御している「性生活」の安定を担う場所です。「性生活」の充実は、心のバランスを保つ上でとても重要な要素です。

また、男性の膀胱・直腸・前立腺・精巣、さらに女性の膀胱・直腸・子宮・膣と深く関係しています。

このチャクラが活性化すると、膀胱がものすごく熱を帯び、膀胱の形とはこうなのかと自覚できるようになります。

 

このチャクラのバランスが崩れると、性に対する執着・不健康な妄想への沈弱に陥ります。

逆にバランスが取れれば創造的となり充実した豊かな性生活が送れるようになります。

心やホルモンのバランスも整えてくれ、肌も健康にもよい影響を及ぼしてくれます。

 

・スヴァヂシュターナチャクラが活性化するヨガのポーズ

・ガス抜きのポーズ

ガス抜きのポーズ

 

 

 

 

 

 

 

仰向けになり、ひざを曲げ、両手で膝を抱える。

吸う息で頭を持ち上げ、チャクラにエネルギーが充電されるのをイメージする。

 

 

・仰向けのワニのポーズ

ヨガ 仰向けのワニのポーズ

 

 

 

 

 

 

仰向けになる。片膝と胸に抱え、吐く息で逆方向に膝を倒す。

可能であれば顔は膝と逆方向に向け、数呼吸キープ。

チャクラが充電するのを内観する。

 

Sponsored Link



 

〇マニプーラチャクラ(腹部)

このチャクラは、体力と消化力をコントロールし、アイデンティティの確立と判断力を高める役割を担っています。

腹部にあり、各臓器とともに消化・吸収作用、排泄作用などの機能を調整しています。

つまり、このチャクラは生命活動そのものを支える重要な場所とも言えます。

 

横隔膜の近くにあるため、呼吸法の練習を行うと必然的に鍛えられるのがこのチャクラ。

横隔膜は脊柱で腸腰筋などのインナーマッスルと連結しているので、この部分をしっかり鍛えるとスポーツや武道に役立ちます。

 

このチャクラのバランスが崩れると、エゴが強くなって権力欲が強くなります。

また病気を引き起こしやすくなります。

逆に活性化されると、内臓全体が元気になり、食事がおいしく感じられ、健康的な体を手に入れることができます。

信念の強さや判断力も増します。

 

・マニプーラチャクラが活性化するヨガのポーズ

・コブラのポーズ

ヨガ コブラのポーズ

 

 

 

 

 

 

うつぶせになり、両手を胸の横に置く。恥骨はついたまま、吸う息で上半身を起こす。

チャクラが活性化されるのを感じる。

 

 

・弓のポーズ

ヨガ 弓のポーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うつ伏せになる。膝を曲げ、両手で足首を掴む。恥骨は床につけたまま、吸う息で上半身下半身を持ち上げる。

膝が開かないように気をつけ、チャクラが充電されるのを感じる。

 

〇アナハタチャクラ(胸部)

調和とバランスをつかさどるチャクラで、下の1~3のチャクラの生命活動の基本的な働きをつかさどり、また上部のメンタル、スピリチュアルな領域の4つのチャクラをバランスよく統合する役割を持っています。

心臓など、胸腔内の臓器と密接につながっています。

 

このチャクラのバランスが崩れると、短略的、情緒的な行動に終始してしまいます。

逆に活性化すると真の愛が経験できるといわれます。慈悲、思いやり、愛情をつかさどるチャクラ。

 

・アナハタチャクラが活性化するヨガのポーズ

・ラクダのポーズ

アナハタチャクラが活性化するヨガのポーズ ・ラクダのポーズ

 

 

 

 

 

 

膝立ちになり、足を腰幅ぐらいに開く。上体を反らしながら足首もしくは踵を持つ。チャクラが充電されるのを感じる。

 

・片膝を曲げた開脚 体側伸ばしのポーズ

ヨガ 片膝を曲げた開脚 体側伸ばしのポーズ

 

 

 

 

 

 

開脚して座り、片膝を曲げて足先を恥骨のほうに引き寄せ、吐く息で伸ばした足のほうに体を曲げていく。胸を開きながら行い、チャクラが活性化されるのを感じる。

 

 

〇ヴィシュッダチャクラ(咽頭部)

このチャクラはコミュニケーション能力や表現力をつかさどっています。

咽頭と喉頭を含む喉に位置し、目、耳、鼻、咽頭、喉頭、さらに口、唾液腺、甲状腺と副甲状腺の働きに影響しています。

他人との感情と価値観の共有によって活性化されます。

 

このチャクラが乱れると、言葉の説得力がなくなり、引っ込み思案になります。

逆にバランスがとれていると、印象力のある力強い意見を発することができます。

また、表現や行為などを含めた会話力がアップすることで、周囲からの信頼も厚くなり、バランスのとれた充実した生活に。

 

・ヴシュッダチャクラを活性化させるヨガのポーズ

・うさぎのポーズ

ヴシュッダチャクラ ヨガのポーズ ・うさぎのポーズ

 

 

 

 

 

 

四つん這いからお尻をかかとにつけ、額を床におろす。

手を後ろで組み、吸う息でお尻と腕を上げる。

軽く顎を引くようにし、喉のチャクラを活性化するイメージで数呼吸キープ。

 

 

・鍬のポーズ

仰向けの状態から腰をあげ、両足を頭の後ろに伸ばす。

手は腰を支えるか床におろし手を組む。

胸を顎に近づけるようにしてチャクラにエネルギーが満ちていくのを感じる。

ヨガ 鍬のポーズ

 

 

 

 

 

 

 

○アジャニーチャクラ(眉間)

このチャクラは古くから「第三の目」と呼ばれ、それが覚醒したときには「不可視なものを知り、不可視なものを見る」と言われている。

直観の中心であり、無限の知恵とつながっています。

眉間と松果体を結んだラインのやや下にあり、視床下部、脳下垂体と深くかかわっているチャクラ。

神経的には交感神経と副交感神経の調整機能に関与する最高中枢で、これまでの5つのチャクラの機能をここで調整する重要なチャクラ。

 

ここが活性化すると、第三の目が開くと言われます。

直観力が冴え、相手の言いたいこと伝えたいことが手に取るようにわかったりします。

また宇宙からの授かりもののように知恵が湧き、長時間の集中に耐えられる疲れにくい脳になります。

 

・アジャニーチャクラを活性化させるヨガのポーズ

・木のポーズ

アジャニーチャクラ ヨガのポーズ  木のポーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両足をしっかり床につけて立ち、片足に重心をかける。

もう片足は、股関節を開きながら上げ、軸足の腿の内側につける。

両手を胸の前で合掌から天井に上げ、目線は軽く眉間に向けながら、チャクラを刺激する。

 

 

・舟のポーズ

膝を立てて座る。両手の人差し指・中指で足の親指にかけ、重心を後ろにかけながら徐々に足を上げる。

目線を軽く眉間に向けて、チャクラを刺激する。

ヨガ 舟のポーズ

 

 

 

 

 

 

 

○サハスラーラチャクラ(頭頂部

古くから「千の花弁をもつ蓮」とも呼ばれるチャクラ。

頭部のほぼ中央に位置する松果体に関係しています。

ここは「存在の中心」とも言われ、根源的なエネルギーが昇りつめると、人は至福の境地(サマディ)に至り、大自然や宇宙と一体化した感覚を得ることができます。

また、サマディのなかでより高度になると、自分の肉体から離れることが、そのとき生命の根源の一体化となります。

脳全体を制御しているこのチャクラは、今ある表の意識と潜在意識、さらに個人の意識を超える深層意識を統制しています。

 

アジャニーチャクラを経て、サハスラーラチャクラに昇りつめると、集合的な無意識のあらゆるレベルに通じた、真の啓発された人になります。

ヨガの目的はこのサハスラーラチャクラの覚醒であり、自己を実現できるかどうかの鍵を握っています。

 

 

・サハスラーラチャクラを活性化させるヨガのポーズ

今までのチャクラ活性化のポーズ全て。

これは、他6つが全て整った状態の最終形のことをいうので、何かすれば活性化するってものではありません。

強いて言うなら瞑想になります。

 

このヨガの記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ヨガをしてチャクラを開くということは、自分の本来持っている力を大きく伸ばすことが出来そうですね。

まだヨガをやったことがない方は、下記では初心者から上級者まで様々な役に立つ情報をお届けしておりますので、是非ご覧になって下さいね。

こちらの記事ではヨガレッスンの大手のLAVAの体験談が書かれています。

ヨガに興味はあるけど、実際に行くまでが心配だと思ってる方は、こちらの記事で事前に知識を得て行かれてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link



ヨガをチャクラを開くことの最後に

いかがでしょうか。

 

チャクラは目には見えない存在ですが、例えばデジャブを感じること、嫌な予感など、日常生活で感じるほんの些細な「カン」のようなものはチャクラの影響かもしれません。

チャクラを活性化させることで、不調の改善や、今まで眠っていた潜在能力を目覚めさせ、一つ上の次元の自分に出会えるかもしれません。チャクラ活性で、素敵な人生を送ってください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ASAKO

ASAKO

ヨガインストラクターのASAKOです。ヨガ歴は10年以上、2011年からヨガインストラクターとして活動しています。都内某スタジオでインストラクターののち、2014年から河口湖にて個人スタジオをオープン。ハタヨガ、陰ヨガ 、リストラティブヨガやアーユルヴェーダ・解剖学の知識を交えたクラスを展開中です。

企業研修での朝ヨガ担当、地元山岳ガイド主催の登山クラブにてシニアヨガを担当、また地元インターネットラジオ出演や地元や都内でイベントクラスを開催しています。
2017年から地元河口湖のリゾートホテルと提携し、外ヨガクラス、ワークショップ開催しています。

現在は哲学や瞑想、経絡、女性の為のヨガなどの学びを深めていますから、単にフィットネス要素としてだけでなく、より健やかに日々のくらしに活かせるヨガクラスを目指しています。



【ライターからのご挨拶】
まだまだ敷居の高い、ヨガの意識を払拭すべく、わかりやすく取り組みやすい言葉で皆さんにヨガの良さをお伝えできたらと思います。

また、フィットネス・エクササイズとしての要素だけではなく、生活の中で生かせるヨガの智慧も、皆様にお伝えできたらと考えております。

ライター勉強中ですが、どうぞよろしくお願い致します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 眠りの質を上げる!寝る前10分の夜ヨガで睡眠不足を解消する方法

  • ホットヨガでダイエット!痩せるための効果的なやり方や方法があるの!?

  • 女性の1割が悩む便秘!ヨガで解決!便秘解消に効くヨガの効果

  • ヨガに出会うと人生が変わる!?男性も女性も知ってほしいヨガの効果

関連記事

  • ヨガの前後の食事は大切?ヨガで効率的にダイエットしよう!おすすめレシピも公開中

  • ヨガを使ってリンパを流しむくみを解消しよう!リンパを刺激するポーズはどんなの?

  • アーユルヴェーダの体質診断 あなたはカパ・ヴァータ・ピッタのどれ?

  • インドが発祥である歴史のあるヨガはどうやって日本にまで伝わってきたの?

  • ヨガに出会うと人生が変わる!?男性も女性も知ってほしいヨガの効果

  • 腰痛の時はヨガをするべき?しないべき?慢性化した腰痛にも効果的なヨガポーズ