1. TOP
  2. アーユルヴェーダの体質診断 あなたはカパ・ヴァータ・ピッタのどれ?

アーユルヴェーダの体質診断 あなたはカパ・ヴァータ・ピッタのどれ?

 2018/03/01 ヨガ
278 Views

ナチュラルライフを目指す!アーユルヴェーダの体質診断と過ごし方

  

アーユルヴェーダのオイル

 

最近、ヨガ人気とともに認知度が高まってきたアーユルヴェーダ。

ナチュラルライフを目指す人は1度は耳にしたことがあるかもしれません。

オイルマッサージやハーブ、アロマが有名ですが、実は体質に合うもの・合わないものがあるってご存知でしょうか。

せっかく取り入れるなら、自分の体質に合うものが良いですよね。

アーユルヴェーダの効果は特に女性特有の悩み・・・生理不順、PMS、更年期、不妊症などにも効果的

食べ物で適したもの・向かないものもおしえてくれるアーユルヴェーダ。

体質改善・ダイエットでお悩みの方にも効果的

そんなアーユルヴェーダについて、簡単な体質診断方法やその特徴について、お話しします。

アーユルヴェーダとは

インド・スリランカで生まれた5000年もの歴史をもつ伝統医療のことです。

「生命の科学」と訳されますが、西洋医学のような直接的治療方法というよりは、未病の予防に効果的な医療です。

アーユルヴェーダの診察は、脈診、舌診、カウンセリングがあり、治療法は大きく分けて食事療法・運動(ヨガ)・オイルマッサージとなります。

 

アーユルヴェーダの5元素理論と3つのドーシャ

5元素理論

アーユルヴェーダでは、パンチャマハーブタといわれる5元素理論が採用されています。

5元素理論とは宇宙のすべてが、空(空間)・風(動き)・火(放射エネルギー)・水(凝集する要素)・地(塊)で構成されているという考え方です。

人間もそんな宇宙の一部と考え、この5つの物質がもつ状態(固体・液体・気体・ガス・オーラ)が、人間の精神状態や情動の心理性質にも対応している、と言われています。

3つのドーシャ

今、我々が目にする地球上にあるすべてのものが、5元素が交わったり合わさったりして派生した3つの生命力・特性に分かれるという考え方で、人間においては体の身体機能や精神機能のすべてに関係していると言われています。

5元素のエネルギーがあり、自分の中で力の強いエネルギーがあります。3つのドーシャの構成要素は、組み合わせが決まってますので、 自分のエネルギーの強さによって、3つのドーシャのバランスが変わります。

アーユルヴェーダの5元素理論


・ヴァータ/空と風のエネルギーから作られる


・ピッタ/火と水のエネルギーから作られる


・カパ/水と地のエネルギーから作られる

私たちの体質はこの3つのドーシャの性質を持ちますが、人それぞれドーシャのバランスが異なります。

1つか2つのドーシャが優勢になりますが、元々もった本質というものは両親の体質や妊娠時の精神状態によって決定されると言われています。

 

しかし現在の生活習慣によって、このドーシャのバランスが変わってきたときに、人間は心の状態・カラダのバランスを崩しやすいと言われています。

 

 

アーユルヴェーダの体質診断

 

できれば、幼いころを思い出しながら本来のドーシャを診断し、そして今の生活習慣から現在のドーシャの診断を判断してみてください。

 

・ヴァータ

✅顔色がつやつやしている

✅目の色が黒い

✅体格はほっそりしている

✅髪は乾燥している

✅爪の色は暗い色をしている

✅肌がかさつきやすい

✅冷え症で、手足が冷たくなりやすい

✅関節が痛む

✅雄弁だ

✅持久力がない

 

・ピッタ

✅皮膚の色が黄色い

✅体が毛深い

✅髪の色は茶色い

✅体温が高い

✅空腹を感じやすい

✅汗をかきやすい

✅汗の匂いが特にきになる

✅口の中に苦みを感じる

✅鼻血が出やすい

✅目つきが鋭い

✅のどが渇きやすい

✅すぐにイライラしてしまう

✅攻撃になってしまうことがよくある

✅仕事はてきぱきと迅速に行う

✅夏が苦手

✅プライドが高い

✅他人に同情しやすい

✅長続きしない

✅完璧主義なほう

✅高級品が好き

 

・カパ

✅皮膚がすべすべしている

✅毛深い

✅毛の色が黒い、またはくせっ毛

✅白目がきれい

✅太りやすい

✅目鼻立ちがはっきりしている

✅歩き方がゆっくりで、食べるのも遅い

✅歯並びがよく虫歯も少ない

✅化膿しやすい

✅めまいをおこしやすい

✅消化が遅い

✅眠りが浅く、長い

✅寒い季節が苦手

✅性格はまじめ

✅正義感が強い

✅覚えるのが遅いが、忘れにくい

✅お酒が好き

✅1つのことを長く続けられる

✅動き回るのが苦手

✅食べ物に関心が強い

 

 

 

・3つのドーシャの特徴

◎ヴァータの特徴

風と空の性質を持つヴァータのキーワードは「不規則・乾燥・速い」

 

・身体的特徴

痩せ形で背が高いか低いか極端。

体重の増減も激しいく、髪や肌は乾燥している。

燃費が悪い。

 

・精神的特徴

活発で瞬発力があり、早口。

想像力が豊かで頭の回転が速い。

せっかちで直観力があり、思考や行動は不規則で不安定。

忘れっぽく飽きやすい。

 

 

◎ピッタの特徴

火と水の性質を持つピッタのキーワードは「熱い・鋭い・軽い」

 

・身体的特徴

中肉中背で関節が柔軟。

身体が均等で目が鋭い。

目鼻立ちが整っていて肌が浅黒い。

 

・精神的特徴

知的で情熱的。

暑さ寒さに強い。

合理的で食欲旺盛。

集中力があり負けず嫌い。

明るく几帳面だが、闘争心が強く負けず嫌い。

短気で批判的な激情型。

支配力も強い。

 

 

◎カパの特徴

水と土の性質を持つカパのキーワードは「重い・冷たい・遅い・粘着」

 

・身体的特徴

ふくよかで色白、しっとりとした肌質。

骨太で筋力があり、大きく澄んだ目と分厚い唇。

歯が大きくて強い。

 

・精神的特徴

愛情深く情緒的。

史実で穏やか、落ち着いた性格。

持続力・持久力があり安定感がある。

動作がゆっくりとしている。

しかし独占欲や執着心が強く、頑固で貪欲。

睡眠や食べることが好き。

 

 

特徴だけをみても、パートナーや近所のママ友、まわりに「こんな人いるいる!」と思い当たるかもしれませんが、それぞれのドーシャには不調の出やすい場所や五感の中で敏感な場所があります。

診断の結果で点数の多かったドーシャは、「乱れやすい」ということになります。

そんなドーシャの乱れを防いでくれる食事法や運動量、休息についてまとめてみましょう。

 

 

・ドーシャ別不調のでやすい場所と対処法

◎ヴァータ

・五感で敏感なところ

耳(聴覚)

 

・不調の出やすい場所

骨盤臓器・腎臓・子宮・便秘・末端の冷え・凝り・腸のガス・関節痛・不眠・月経痛・不妊症・不整脈・頭痛・慢性疲労感

 

・適した味覚と食事

甘い/塩味/酸味

温かく重いもの、湿ったもので食事は少量をこまめにとる

 

・適した運動

軽め・短め・暖かいところで行う

 

・適した睡眠

午後の早い時間に昼寝をする。長めの睡眠をとる。騒音やストレスのない環境。体を温める。

 

 

◎ピッタ

・五感で敏感なところ

目(視覚)

 

・不調の出やすい場所

胃・十二指腸・目の充血・皮膚のトラブル・のぼせ・胸焼け・発熱・肝臓・胆嚢・軟便・視力障害(日光・刺激に弱い)・薄毛・多量月経

 

・適した味覚と食事

甘い/苦い/渋い

冷たいもの、重たいもの、乾燥したもの

 

・適した運動

達成感のあるもの・視覚的なもの・涼しいところ

 

・適した睡眠

寝つきがよく寝起きもスッキリ。6時間〜8時間、もしくはそれ以下

 

 

◎カパ

・五感で敏感なところ

鼻・舌(臭覚・味覚)

 

・不調の出やすい場所

胸腔・鼻腔・だるさ・むくみ・冷え・喘息・過体重・眠気・花粉症・鼻炎・リンパ流障害・糖尿病・高コレステロール

 

・適した味覚と食事

辛い/苦い/渋い

温かいもの、軽いもの、乾燥したもの

 

・適した運動

しっかりと動く・定期的に行う・体をあたためるもの

 

・適した睡眠

すぐに眠る、眠りすぎてしまうので6時間以下。昼寝はNG。

(眠り過ぎると体重の増加、むくみ、体の重さが出る)

 

 

 

・ドーシャの乱れた時の対処法

◎ヴァータ

ヴァータ体質の人は気まぐれに吹く「風」のように、不規則な活動や食事時間で生活をしがちです。

食べ物も乾燥したパンやスナック菓子で適当にすませてしまう・・・なんてことも。

もともと燃費が悪いヴァータは、車で言うと軽自動車のようなもの。

 

小回りはきくが馬力不足でバタンキュー・・なんてこともよくあるので、規則正しい食生活を行い、肉や米のような高タンパクで重いものを積極的に取り、ちょこちょこ食べるのが理想です。

また、疲れているけど、あれもこれもしなきゃ!と動き回るのは大間違い。

もともと動きの多いヴァータなので、疲れたときは休養をしっかりとり、鋭気を蓄えるようにしましょう。

 


・ヴァータを抑えるヨガ

動きすぎのヴァータ体質の方におすすめなのは、疲労回復効果の高いリラックス系の陰ヨガやリストラティブヨガ。深いリラクゼーション効果で疲労回復に役立ちます。

また、骨盤周辺の不調が起こりやすいので、合せきのポーズや鳩のポーズで、子宮骨盤内のうっ血を取るのがおすすめ。

 

・合せきのポーズ

ヴァータを減らすヨガ 合せきのポーズ

 

 

 

 

 

 

長座の姿勢から足の裏を合わせます。

吐く息で上体を前屈。

股関節の柔軟性によって、膝やお尻の下を少し高くしても良い。

数呼吸から数分保つ。

 

・鳩のポーズ

ヴァータを減らすヨガ 鳩のポーズ

 

 

 

 

 

 

四つん這いになり、右膝を右手首手前に置く。

足首はできれば左手首近くに置き、左足をまっすぐ後ろに下げる。

骨盤を平行に保ち、前に前屈しても良い。

股関節の柔軟性でお尻の下を少し高くしてもよい。

数呼吸から数分キープし、反対側も。

 

◎ピッタ

ピッタ体質の人は熱くメラメラ燃える「火」のように熱量が多くなりがち

辛いものやお酒、ギャンブルなど大好きで、常に情熱的でエネルギッシュ。

チームリーダーとして活躍する人も多く、完璧主義で強い野心家。

 

時間に対する価値観が強く、自己管理能力に優れているので車でいうとハイブリットカー。

燃費が良い為、無駄のない動きをします。

ただし熱をため込みやすいので、厚着を避け、辛いものは極力避けるようにしましょう。

またお酒もタブー。

過度に怒らないように。規則正しい生活を好むので3食しっかり取り、食べ物もカラダを冷やす生野菜や酸味のある果物、冷たい飲み物を取るようにしましょう

 


・ピッタを抑えるヨガ

完璧主義で頭に血の昇りやすいピッタは、他人と比べないヨガはピッタリ。

呼吸も深いので、余分な熱を外に放す効果もあります。

不規則を嫌うので、規則的に動くアシュタンガヨガやシヴァナンダヨガがおすすめ。

また、胃腸のトラブルが起きやすいので、ツイストのポーズやお腹を伸ばす弓のポーズなどおすすめ。

 

・アルダマツイエンドラアーサナ(ツイスト)

・アルダマツイエンドラアーサナ(ツイスト)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひざを立てて座る。

左膝を曲げおへその前に。

右足を左膝にかけ、左肘で膝を掴むか肘を膝の外側へ。

吐く息でツイスト。

数呼吸保つ。

正面に戻り、反対側も。

 

 

・弓のポーズ

弓のポーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うつぶせになる。

膝を曲げて両手で足首を掴み、腰に気をつけながら、息を吸いながら体と足を上げる。

膝が開きすぎないように。

 

 

◎カパ

カパ体質の人は冷たくて重い「地」のように、ゆったりどっしりした生活を好みます

基本的にはのんびりリラックスして、何もしないことが好きなタイプ。

家でお菓子片手にゴロゴロとテレビを見ながら過ごす・・というのが最高に幸せ!というのがこのタイプ。

しかし、3つのタイプで一番体力があるのがカパ。

車でいうとダンプカー。

 

一度始めるとすぐにへこたれない持続力と継続力があるのもこのタイプ。

わりと負荷の強い運動を定期的に行うのが適しています。

眠ること食べることが大好きなカパは、やることがないと食べて眠って・・を繰り返す生活を送りがち。

マンネリ化した生活を避け、特に眠り過ぎに注意しましょう。

 

食に関しては刺激のあるものが苦手で、甘く重いものが大好き。

ジンジャーティーや緑茶などの苦味のあるものや、豆類、酸味のある果物などが適しています。

体を冷やすとむくみやすいので、気を付けましょう。

 

 


・カパを抑えるヨガ

寝すぎ・動かなすぎのカパには、しっかりと汗をかき、体を動かすことが向いています。

冷えにも弱いので、ホットヨガやパワーヨガなどで大量に汗をかくのが向いています。

また呼吸器官が弱いので、胸をしっかり開く橋のポーズや三角のポーズがおすすめ。

 

・橋のポーズ

橋のポーズ

 

 

 

 

 

 

仰向けになり膝を立てる。

両手は体側に置き、吸う息でお尻を持ち上げる。

顎が上がりすぎないように、膝が開かないように気を付け、数呼吸キープ。

 

・三角のポーズ

三角のポーズ

 

 

 

 

 

足を大きく開く。

右足先を90度外に向け、両手は肩の高さに。

吐く息で身体を右に傾け数呼吸キープ。

上体が前に倒れてこないように、膝が曲がらないように保つ。

反対側も同様に。

ヨガのまとめ

 

体質診断が終わったらヨガのポーズを勉強しよう

自分の体質がわかったところで、ドーシャを整えるために自分にあったヨガのポーズを探してみましょう!

ヨガはいろいろありますが、自宅でゆっくりとポーズを取るだけでも、リラックス効果があります。

関連記事↓

こちらは記事ではヨガレッスンの大手のLAVAの体験談が書かれています。

ヨガに興味はあるけど、実際に行くまでが心配だと思ってる方は、こちらの記事で事前に知識を得て行かれてみてはいかがでしょうか?

 

アーユルヴェーダの体質診断のまとめ

いかがでしたか。

 

アーユルヴェーダの考え方が全て!というわけではないけれど、自分の行動や思考の癖を知る足掛かりになるのではないでしょうか。

 

最初にお話ししましたが、生まれ持った自分の「本質」的なドーシャに近づくほど、幸せな生活を送れるといわれています。

今の生活環境でドーシャが変化している方は要注意。

自分のお子様に当てはめて考えてみてもよいかもしれません。

子供が健やかに成長するための足掛かりになります。

増えやすいものは増えすぎないように、また少ないものは補いながら、各ドーシャのバランスを取り、健康で健やかな生活が送れるように心がけていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ASAKO

ASAKO

ヨガインストラクターのASAKOです。ヨガ歴は10年以上、2011年からヨガインストラクターとして活動しています。都内某スタジオでインストラクターののち、2014年から河口湖にて個人スタジオをオープン。ハタヨガ、陰ヨガ 、リストラティブヨガやアーユルヴェーダ・解剖学の知識を交えたクラスを展開中です。

企業研修での朝ヨガ担当、地元山岳ガイド主催の登山クラブにてシニアヨガを担当、また地元インターネットラジオ出演や地元や都内でイベントクラスを開催しています。
2017年から地元河口湖のリゾートホテルと提携し、外ヨガクラス、ワークショップ開催しています。

現在は哲学や瞑想、経絡、女性の為のヨガなどの学びを深めていますから、単にフィットネス要素としてだけでなく、より健やかに日々のくらしに活かせるヨガクラスを目指しています。



【ライターからのご挨拶】
まだまだ敷居の高い、ヨガの意識を払拭すべく、わかりやすく取り組みやすい言葉で皆さんにヨガの良さをお伝えできたらと思います。

また、フィットネス・エクササイズとしての要素だけではなく、生活の中で生かせるヨガの智慧も、皆様にお伝えできたらと考えております。

ライター勉強中ですが、どうぞよろしくお願い致します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ヨガで筋肉痛になるってホント?ヨガで筋肉痛になった時の対処法

  • 腰痛の時はヨガをするべき?しないべき?慢性化した腰痛にも効果的なヨガポーズ

  • お悩み解決!自宅でできる、肩こり解消ヨガのポーズ6選!

  • 体の不調は骨盤から?ヨガを通して骨盤の歪みを修正しよう!

関連記事

  • ヨガの前後の食事は大切?ヨガで効率的にダイエットしよう!おすすめレシピも公開中

  • お悩み解決!自宅でできる、肩こり解消ヨガのポーズ6選!

  • ヨガでチャクラを開いて自分らしい人生を手に入れよう

  • ヨガで筋肉痛になるってホント?ヨガで筋肉痛になった時の対処法

  • ハワイでヨガを体験!サンライズビーチヨガの効果ややって良かったこと!

  • 自宅でできるヨガの痩せポーズってどんなの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。