1. TOP
  2. アラフォー(40代)女子も恋愛したい!同窓会で起こった不倫の話

アラフォー(40代)女子も恋愛したい!同窓会で起こった不倫の話

 2018/02/24 恋愛 浮気・不倫
382 Views

アラフォーの恋愛は意外にも身近な人が多いかも

 

 

私は35歳、結婚10年目の女です。子どもは1人いて専業主婦です。

夫とはでき婚で、子どもを産んでからもそんなに夫婦仲は悪くなかったです。

家事もたまにですが手伝ってくれますし、子どもの行事にもしっかりと参加してくれる良きパパです。

 

しかし、夜の営みは全くありませんでした。

夫の事を男だと見れなくなってしまったのだと思います。

触られても気持ち悪いと思うようになってしまってい、そして夫は子どもの父親としか見れなくなってしまったんです。

 

ある日、中学校の同窓会の案内が送られてきました。

正直あまり乗り気ではありませんでしたが、夫が気晴らしに行ってくれば?と言ってくれたので参加することにしました。

 

今でも仲がいい女友達とかたまり、昔の話で盛り上がりお酒もすすみます。

私のクラスはみんな男女問わず仲が良く、みんなテンションも高く賑やかです。

席を移動したりしてみんなでワイワイ楽しんでいました。

そんな時に私の隣に席を移動してきたのが学生時代ずーっと大好きだったH君でした。

当時の私は、スポーツもできて勉強もできた彼に思いを告げることなく片思いしていました。

「久しぶり。元気だった?」と普通に話しかけてきます。

私は少し照れくささがあったものの、「元気だったよ」と返します。

最初はぎこちなく会話していましたが、昔の話に花が咲きます。

 

周りの仲の良い女友達も私がH君を好きだったことは知っていたので、面白おかしく当時私がH君に片思いしていたことを話して冷やかしました。

でも、H君は嫌な顔一つせず「いやぁ…俺もお前が~…気になっていたよ…」と冗談?を交えつつ楽しく話をしていたので、私は昔のことだしね(笑)

今は気にしすぎないで楽しもう(正直ドキッ!としましたが)!と思うことにしました。

 

私は一次会で帰るつもりでいました。

夫はせっかくの同窓会なんだし、時間は気になくていいからねと言ってくれてはいたものの、家庭があるので今から帰ると連絡を夫にしようとしていたところにH君がこちらにやってきます。

 

「え、もう帰るの?二次会は?」と言ってくるので「主婦だもん。帰らなきゃ」と言うと、彼はしぶしぶ諦めました。

二次会の会場と私の帰り道は逆なので、みんなに手を振り帰ろうとしていたら「俺、近くの駅まで送ってくわ!」とH君が私の方に走ってきます。

人妻に手出すんじゃねーぞ!とみんながヤジを飛ばしてきます。

 

私は本当に恥ずかしくって「めっちゃ近いし本当に大丈夫だから!」と少し強めに言いましたが、足が少しふらついていたので心配だったみたいです。

駅は本当に近く、送ってもらうにしてもちょっとの時間だったので、それならいいかと、彼に送ってもらうことにしました。

内心はちょっと嬉しかったんですよね。

歩きながら彼と色んな話をしました。

今の自分の事、家庭の事を話しているうちに夫の話しにもなりました。

私も些細なことの積み重ねで若干はストレスを抱えていたので話が止まりません。

 

彼はアドバイスもしてくれつつ、しっかりと話を聞いてくれていました。

そこからお前は昔といい意味でも悪い意味でも変わらないな、という話から私がH君をずーっと好きだった話になってしまいました。

 

思い切って「H君、私のこと気になっていたって本当?」と聞いてみました。

「うん・・・。」

その言葉を聞いて、当時のHくんを大好きだった気持ちが蘇って少し気まずい・恥ずかしい雰囲気になってしまいました。

変な空気になったのを彼も気づいて、今度は彼が自分自身の事を話してくれました。

 

駅にはとっくの前に着いていて、立ち話をしていました。

彼が「時間大丈夫なの?さっき旦那さんに帰る連絡してたんじゃないの?」と聞いてきたので「まだ連絡してないよ~。タイミング失ってた。今から送る!忘れてたー!」と言ったら、「じゃ、まだ時間平気なんだよね?どこかでもう少し話さない?話も中途半端だし、ここ少し寒いし!」と言われ、もう少し彼の話も聞きたかったのでOKしました。

 

小さめなBarに入って2人きりの二次会が始まりました。

彼は、出産に立ち会ってから奥さんを女として見れなくなってしまったこと。

奥さんも彼を男としてみていないであろうことなど…。

夫婦の話を素っ気なく話してきました。

私は、彼と私は同じ境遇にいるんだなと思って聞いていました。

お互い色々とあるよね~と言っていたら彼が「セフレでもいたら性欲以外も少しは発散できるかも」と言い出したので、私が「気持ちがないセックスほど虚しいものはないなぁ」と返すと、「気持ちがあれば旦那以外でもセックスしてもいいと思ってるんだ?」と少し意地悪な質問をしてきました。

 

「そういう事じゃない。苦痛なセックスはしたくないよねってことよ。

今更そんな出会いないし。35歳のおばさんを相手にする人もいないだろうし」と少し真面目に答えました。

 

私も性欲がないわけではありません。

浮気願望がある訳ではないのですが、夫以外のいいなと思う人ならセックスできると思います。

でもそんな事する訳にはいかないので日中から1人エッチという事も少なくありません。

 

「俺はお前のこといい女だと思うよ。綺麗だし。同い年だったら年の事考えなくてもいいんじゃない?俺とならできる?(笑)」と茶化して彼は聞いてきます。

綺麗だと褒められて悪い気はしなかったですし、お酒も入っていてムラムラしていたので「どうだろうね?そうなってみないと分からない」と少し意地悪気味に言ってみました。

彼はすっかりその気になっています。

彼のパンツも少し盛り上がっているようにも見えます。

私はそんな彼を見て、久々に自分が女なんだという事を思い出しました。

女として求められることが純粋に嬉しいのです。

 

会計を済まし、二人でタクシーでホテルへ向かいました。

車内では2人の距離が近く、彼が手を繋いできて付き合っていた頃を思い出します。

ホテルに着き、急に恥ずかしくなった私はお風呂入れてくると言って彼から離れました。

 

1人になり冷静さを取り戻しはじめます。

やっぱりセックスするのかな、なんでこんなことをしているのだろうと考えていると裸になった彼がお風呂場に入ってきました。

「服きてちゃお風呂入れないだろ。」と言って私を抱き寄せ脱がし始めて脱がしたものは少し乱暴にお風呂場の外に投げます。

少しためらっていると「何?今更怖くなっちゃった?」と言いつつも脱がせます。

 

(お酒のせいだ…)と自分に言い訳をして彼にしがみつきました。

怖い気持ちと、結婚してるのにこういうことをしている罪悪感と、女としての彼を求める気持ちが混ざり合いとても切ない気持ちになっていきます。

そんなどうしようもない気持ちを後押ししたのがキスでした。

私にシャワーをかけながら、ゆっくりと私の気持ちを確かめるように舌を入れてきます。

私も彼の気持ちに答えるように舌を絡ませます。

 

憧れていた彼とのキス。

 

気持ちいい、こんなに心地いいなんて・・・。

 

お酒も入っているせいか力が徐々に抜けていきます。

もう上がろう、と彼が急かし、まだきちんと洗えていないと言ってもタオルを私にかけベッドへ半強制的に連れてかれ押し倒されました。

 

「まだ怖い?」と先程とは違い優しい彼。

私が首を横に振ると優しいキス。

「すごく綺麗だよ。あの頃よりももっと綺麗。」とささやき更に深いキス。

 

とても熱く、あの頃にはしなかった私を味わうように舐め回すようなキス。

でも当時の大好きだった気持ちが蘇ったかのように胸が高鳴ります。

 

夫にはされたくない様なところを愛撫され、久しぶりの快感に下の方も熱くなっていくのがわかります。

 

もっともっと触ってほしい気持ちから、私からも彼の大きくなったモノを優しく愛撫します。

「舐めてもいい?」と聞くと少し照れながら優しく頷いたのでゆっくりと彼の下の方へ下がっていきました。

 

太ももからじっくりと舐め、どんどん彼の中心へ。

彼は声は出さないものの、ピクン、ピクンと反応しています。

玉を入念にじっくりと舐め、舌で転がすと彼は我慢できず息を漏らします。

 

もうそろそろかなと思い一気に彼の口に含みます。

でも動かさず、包み込んだままです。

それだけで彼は眉間にシワを寄せています。

私はたまらず舌を動かし彼を眺めながらいいトコロを探しては吸い、手を動かし吸い、を繰り返していると「無理」と彼が私に覆いかぶさりました。

 

彼はコンドームを手に取り素早く取り付け、私の部分にあてがい「いくよ?」と言いゆっくりと中へ入ってきます。

彼の大きくなったそれは、とても熱くはち切れそうになっているのが中に入っていてもわかるくらいでした。

私も彼も久しぶりだったので、奥に入れるだけでも果ててしまいそうになっています。

 

でも私はもっと奥に欲しいので足で彼の腰を引き寄せました。

もっと奥へ、彼の全てを私の一番奥深くまで満たしてほしい。

彼も同じ気持ちだったのでしょうか、顔を苦しそうに歪め「我慢できない」と言って腰を奥に当たるようにガンガンと打ち付けてきます。

中で引っ掛かり奥まで押される…私も気持ちよすぎて苦しいくらいでした。彼の息が更に荒くなり「イク!」

 

私と彼はそのまま疲れ果てて1時間ほど寝てしまいました。

私が先に目を覚まし「起きて!やばい!もう帰らなきゃ!!」と言うと彼も起き、急いで身支度をして帰りました。

 

彼とは本当に一回きりの関係で、住んでいるところも遠いですしもう会うことはないと思います。

しかし女としての自分を目覚めさせてくれてとても感謝しています。

旦那とはまだセックスしていませんが、私自身、身なりを以前より綺麗にするように心がけているせいか、二人きりになるとチヤホヤしてくれるようになりました。

少しずつですが、夫と男女としての仲の良さが戻りつつあると思います。

いけないことをしてしまったことに変わりはありませんが、とてもいい経験になったと思います。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

色気のある女性は、どんな時でもそういったことが起きても良いように、日頃から女子力を磨くことに手抜きをしていないのが共通してますね。

いざという時でも対応出来る様に、普段から女子力の向上に努めておくと安心ですね。

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

原島 美紀

都内在住/会社経営者
法学部法律学科卒業後27歳で独立し現在不動産業、IT関連の事業に携わっています。
楽しいこととお酒が大好きです。
隙間時間を利用して、ライターとして活躍させていただいています。

趣味はドライブで、愛車のカイエンターボでお台場、湾岸線をドライブするのが大好きです。
最近は、週に数回友達と高級ランチをいただくことにハマっており美味しい食べ物も大好きです。
夜は仕事柄色々な友人と飲みに出かけることが多いです。
出没場所は主に麻布、六本木、銀座、恵比寿です。
いつまでも、美しい女性でいたいという女心が強く、異性を意識して自分磨きにお金をかけています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 女性の婚活の失敗談。こんな男に気を付けて!婚活に潜む結婚してはいけない地雷男集

  • 30代(アラサー)女性必見!男性が好む女性のモテファッションの特徴(合コン編・初デート編)

  • 40代女性の婚活はどうすればうまくいく?

  • 婚活パーティーを攻略!あなたがモテるためのファッションや身だしなみは間違いだらけ!?

関連記事

  • ちゃんとイけてる? 女子・女性のはじめてのオーガズム&気持ちいい膣トレ講座

  • 恋する女性必見!【男性・彼氏が言われて嬉しい言葉】ってどんなこと?

  • 昼顔は現実に。アラフォーの恋愛から不倫に続きセックスまで

  • 整形せずに自力で二重は出来るのか?絶対二重になる方法のご紹介!

  • クリスマスまでに彼氏(恋人)を作る方法。11月からでも間に合う!出会いは自分で掴むもの?

  • その方法で本当に大丈夫? 婚活攻略のための10の魔法♪ (出会い・イベント・パーティー編)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。