1. TOP
  2. 白湯ダイエットに挑戦!その効果は驚きでした!痩せることに成功したブログ

白湯ダイエットに挑戦!その効果は驚きでした!痩せることに成功したブログ

 2018/02/08 ダイエット 健康
2,129 Views
美活編集部 料理研究家 茉子

「お湯を飲むだけで痩せる」と気軽に始めることができるオススメのダイエット方法の白湯ダイエット。
今回の記事では、美活編集部の料理研究家 茉子が、白湯ダイエットの始め方から、実際の効果まで詳しく紹介します。

 

ダイエットを始めたは良いがなかなか続かない。

そんな思いあなたもありますよね、笑

私の場合は、冷たい飲み物ばかり飲んでいたせいか、冷え性にも悩んでいたのでこの白湯ダイエットを始めたら体が温まって、代謝も上がって痩せるかも。と思ったのが始まりです。

これを読んでるということは、あなたも少なからず白湯ダイエットに興味を持ってると思いますので、今日はそんなズボラな私でも継続できた白湯ダイエットの魅力について話していきますね。

Sponsored Link



 

成功しました、白湯ダイエット!

白湯 マグカップ

 

みなさんは白湯ダイエットというものをご存知ですか?

 

聞いたことはあるけれどよくわからない

 

という方が多いのではないでしょうか。

 

今日は白湯ダイエットの始め方から、実際の効果まで詳しくお話したいと思います😀

私はダイエットが続かずに挫折してしまうことが多かったのですが、白湯ダイエットは3ヶ月以上継続ができていて、効果も十分に感じることができました

気軽に始めることができるので自信を持っておすすめできるダイエットです。

 

白湯ダイエットってどんなダイエット?

それでは早速、白湯ダイエットについて紹介していきたいと思います。

白湯ダイエットはお湯を飲むだけで簡単に出来るダイエットなので、運動制限のある方や節約中の方も安心して読んでください。

 

「お湯を飲むだけで痩せます。」

 

なんて突然言われても、正直信じられないですよね。

 

このダイエットは運動をしたり食事制限でのダイエットとは違って、すぐに結果に直結するようなダイエットではありませんが、白湯を飲むことによってデトックス効果が高まり、健康的な身体と痩せる体質を作ることができます。

 

その結果自然と痩せて、身体の内側から徐々に綺麗になることを目的としたダイエットです。

 

なぜ簡単に痩せるの?

体重計 メジャー
実際にどのような効果が得られるのかというと、白湯を飲んで内蔵を温めることで体温が上がり、基礎代謝がアップして、脂肪を燃焼しやすい痩せ体質へと変化します。

ちなみに、体温が1℃上がるだけで基礎代謝が13%も上がると言われています。

 

女性の悩みで特に多い冷え性も代謝があがることによって改善する傾向にあるので、ダイエット目的だけではなく冷え性の人にもおすすめです😀

私も白湯を飲み始めるまでは朝の体温が35℃前後で手足が氷のように冷たかったのですが、今は朝でも36℃以上になって午前中に身体のだるさを感じることも減りました。

 

また、白湯は便秘体質の改善にも効果的と言われています。

積極的に温かい水分をとることで身体の内蔵機能が高まり、腸内環境の改善へと繋がります。

体重が減らずに無理なダイエットを続けて気付かないうちに便秘になっている女性も多いようで、便秘が改善されるだけでも体重がぐっと落ちる場合もあります。

 

ヨガ的見解の白湯の飲み方とは

今、人気の高いヨガですが、ヨガの起源のでもあるアーユルヴェーダでも白湯を飲むことが推奨されています。

デトックス効果や、基礎代謝をあげる効果があると言われていますが、ヨガ的観点からも白湯の効果を検証してみましょう。

 

ヨガ的見解の白湯の飲み方

・アーユルヴェーダが教えてくれる白湯

アーユルヴェーダとは、ヨガの起源となる教えで、スリランカや南インドの予防医療です。

 

薬や直接治療を行う西洋医学とは異なり、病気になる原因を作らない・病気になる前の不調を予防するための医学です。

 

そのアーユルヴェーダで推奨されているのが「白湯」です。

 

・アーユルヴェーダ的・白湯の効能とは

白湯の効果として一番大きなことは胃腸の働きをよくすることです。

白湯は胃腸を温めるため消化作用が高まり体内の老廃物を排出する作用が高まります

そのため腸に溜まった便の排出を促すため、体に余分な脂肪が溜まりにくくなると言われています。

 

・白湯ダイエットに期待されるもの

1:内臓が温まる

内臓が温まると血液循環が良くなり基礎代謝がアップします。

この基礎代謝とは体温維持や内臓機能を働かせるために使われるエネルギーのこと。

基礎代謝があがると、食べ物から得たカロリーを身体維持のためのエネルギーに変換する働きがあるため、太りにくい体になります

 

また、内臓の機能も活発になるため、老廃物を取り除き、体に必要な栄養素を分解する効果がある腎臓の機能があがり、エネルギーとして分解されなかった物質を解毒化する肝臓の機能が高まり消化吸収機能がアップします。

 

2:尿の量が増える

白湯を飲むと、血液の流れやリンパの流れが良くなるため、体内で余った余分な水分の排出力が高まるため、便秘むくみの改善に効果があります。

 

アーユルヴェーダ的、基本的な白湯の作り方

 アーユルヴェーダ的、基本的な白湯の作り方

白湯はお水を沸かしただけのもですが、アーユルヴェーダで推奨される白湯は、沸騰してからしばらく沸かし続けるのが特徴です。

例えば1ℓの水に対し500㎖になるぐらいまで蓋をしないで煮詰めて下さい

そうやって作った白湯はほんのり甘く、消化に軽く、温かいので、これを保温ポットなどに入れて時間をかけて飲むのが効果的とされています。

 

・飲みすぎに注意!白湯の摂取量と飲み方

白湯の1日の摂取量は約700~800㎖が理想とされています。

飲みすぎてしまうと、必要な栄養を流してしまうため、良くないとされています

湯の温度は体質によっても違います。少し低めの温度を好む体質の方は、沸騰後、しばらく冷ましてからお召し上がりください。

 

アーユルヴェーダ式・3つの体質と白湯の摂り方 アーユルヴェーダ式・3つの体質と白湯の摂り方

アーユルヴェーダでは、万物すべてが「風・空・火・水・土」という5元素から構成されているとされ、その元素の組み合わせから「ドーシャ」と呼ばれる生命エネルギーが作られ、それが私たちの体質を作り、動かしているとされています。

その「ドーシャ」には3つのタイプあると言われ、それぞれ5元素で象徴されるような性質があると言われています。

 

・ヴァータ(空・風の元素)

風のエネルギーに象徴されるように、ヴァータの性質は「軽い」性質が強いです。また、「冷たさ」や「粗さ」という性質もあります。

また、いつも動いている風のエネルギーからは「変動性」という性質が強く、そこから生まれる「不規則さ」や「不安定さ」を生み出します。

 

ヴァータタイプの特徴は以下になります。

・極端に背が低いか高い

・痩せ型

・乾燥肌で肌や手足が冷たい

・食欲にムラがある

・流行に敏感で飽き性

・歌う、踊る、笑う、運動が好き

・便秘気味

・行動的だが体力がなくバテる

・アイデアが豊富で芸術センスがある

・おしゃべりで早口

・同じことを続けたり、じっとしているのが苦手

 

ヴァータが上がると、体が冷えたり、皮膚や髪が乾燥して脱毛が増えたりします。心も不安定になり、考えがうまくまとまらなかったりします。

 

体を冷やしやすいヴァータは熱すぎない温かい食べ物・飲み物がお勧めです。

・白湯の温度・・・70℃~80℃

 

 

・ピッタ(火・水の元素)

火のエネルギーに象徴されるように、ピッタの性質は「熱い」「燃える」ということです。

しかし何かが燃えるということは、形や性質が変わるということで「変換する力」があると言え、消化力や代謝の強さと表します。

また、火に象徴されるように体が熱くなりやすく、心にも熱があるので、勇気や大胆さがあると言えます。

 

ピッタタイプの特徴は以下になります。

・中肉中背

・肌は温かく、赤味や黄色味がある

・食欲旺盛で空腹感が我慢できない

・おしゃれ好きで香水やアクセサリー好き

・下痢気味

・体力があり負けず嫌い

・リーダーシップがあり、理論的。

・計画的に物事を推し進める

・時間やお金の無駄使いを嫌う

 

ピッタが上がると炎症に関係のある症状が起こります。

口内炎や潰瘍、体に熱を溜めやすくなります。

また、怒りや悲しみのような感情に支配されてしまいます。

 

熱を溜めやすいピッタは、水分を多く摂り、熱を抑えるようにしましょう。

・白湯の温度・・・40℃~50℃

 

 

・カパ(水・土の元素)

カパは水のエネルギーに象徴されるように、「冷たさ」「滑性」があります。ヴァータの冷たさは「乾燥」が伴いますが、カパは「潤い」が伴います。

また、「重性」「緩慢性」が最も高く、重い水のイメージの「粘着性」や「停滞性」もあります。物事の変化を嫌うのもカパの特徴です。

 

以下がカパタイプの特徴になります。

・色白でふっくら厚みのある肌・肌はしっとりなめらかで冷たい

・包容力があり、のんびりしている

・変化を嫌い。固執する

・家にいること、一つの場所でじっとする

・何時間でも寝続けてしまう

・体力はあるが、面倒なこと、運動や新しいことを嫌う

・始めるのが遅いが最後までやり通してあまい

・ゆっくりおっとりと話す

・一度決めたら信念が固く、忍耐力がある

 

カパが上がると怠惰さ、そして甘い味のものや重いものが好きなので、体重増加の危険性があります。

カパは安定性や強さの性質があるので、病気にはかかりにくいです。「冷性」の性質があるため、運動などで体を冷やさないことが大切です。

・白湯の温度・・・90℃~100℃

 

 

Sponsored Link



 

白湯を飲むタイミングのベストな方法

 白湯を飲むタイミング

 

日常生活の中で、適したタイミングというのがあります。

 

1:朝一番で白湯を飲む

冷えた内臓を温めてくれて、消化力が高まります。

 

朝の白湯は10~20分ゆっくり時間をかけて1杯を飲むようにしましょう。

 

胃腸の働きを促すために、白湯を飲んでから30分程度時間をあけてから朝食をとるようにすると、お通じの良い体へと変化していきます。

 

2:3度の食事で1杯ずつ白湯を飲む

食事中に、ゆっくり時間をかけて白湯を飲むようにしましょう。

一気に飲むと胃液が薄まり、消化を妨げてしまいます。

また、体の老廃物が一掃されれば白湯の甘さも感じられるようになります。

 

 

目的別!白湯のアレンジ方法

白湯習慣にも慣れてきた方には、より効果アップを狙い様々なアレンジを加えてみるのはいかがでしょうか。

 

・白湯ダイエットに効果的なレモン白湯

デトックス効果を高めるためには、朝食後に5分ほど休憩してから、15分程度の散歩をして、その後100㎖~150㎖のレモン白湯を飲むのが効果的です。

レモンには、美容効果も高いビタミンCが豊富に含まれています。腸内環境を整えて免疫力を向上させる作用があり、風邪などの病気予防にも効果的です。

また、抗酸化作用により老化防止にも効果的です。

そしてレモンの酸味でもあるクエン酸は、疲労回復に効果が高いと言われ、錆びにくい体を作ります。

レモン白湯は胃腸の負担が大きいため、1日1杯とします。

 

後ほどレモン白湯の作り方も解説します。

 

私が成功した白湯ダイエットのやり方!

次に白湯ダイエットの方法ですが、簡単すぎてすぐに覚えられる3ステップで紹介したいと思います。

 

ステップ1

市販の水を用意します。

 

ステップ2

耐熱用のカップ(コップ)に水を入れて電子レンジでチン!(600Wでマグカップ1杯1分半~2分季節・水の温度によって調整してくださいね。)

 

ステップ3

冷ましてからゆっくりと時間をかけて飲みます。

 

私はこの方法を知ったときに、「え、それだけなの?」と驚いたのを覚えています。

 

でも本当にこれだけで大丈夫でした😀

 

1回で約200ml飲むのですが、1日に3回~4回飲むのが一番効果が出るようです。

 

飲めば飲むだけ痩せるという訳ではありません

 

適切な量は700〜800mmですので、それ以上は飲まないように注意しましょう。

飲み過ぎると逆に身体に負担がかかってしまうので、無理にいっぱい飲むのは避けてください。

 

私は朝昼夜1日3回飲むことが多かったです。

 

朝は起きてすぐの食事前、昼は適当なタイミング、夜は食事中に飲むようにしていました。

 

眠れない日は寝る直前にも飲んでいましたが、翌日のむくみが気になるのでおすすめはできません😥

 

朝に飲む時は、身支度をしている時間の合間に白湯を作るのがおすすめです。

朝飲むときには、はちみつをスプーンですくって、そのままマグカップに入れて白湯を注ぐだけです。

とても簡単ですが、ほんのりはちみつの甘い香りがして、ゆっくり飲むことでリラックスを感じることもできます。

 

寝起きで冷えている身体がゆっくりと温まり、起きてすぐに食事をとる日よりも胃の調子が良い感じがしました。

昼に飲むときは、食事中かおやつの時間に飲むことが多く、おすすめはおやつの時間です。

 

普段なら小腹がすいておやつを食べてしまうタイミングで白湯を飲むと、それだけで結構お腹が満たされる感じがしておやつを食べずに過ごせる日が多くなりました

 

白湯ダイエットのときには、このようにお昼に白湯を飲めばおやつを食べなくてもよくなるので、一番効果的ですね。

 

夜に飲むときは、食事の前半に時間をかけて白湯を飲みながら食べるのがおすすめです。

 

食事の途中で白湯を飲む時間を挟むことで早食いを防ぐ効果と食欲を抑える効果が期待できます。

 

お湯が苦手だった私が続けられた飲み方

味のないただのお湯を飲むのが苦手な人って私だけではないと思います😥

私自身がどうしてもお湯を飲むのに慣れるまでが辛く、それが原因で挫折してしまいそうになることが何度もありました。

そこで、私が美味しく飲めた白湯のアレンジを3種類を紹介したいと思います。

 

1. レモン白湯

レモン 白湯

さっぱりした味が好きな方におすすめなのが、レモン白湯です。

普通の白湯にレモン汁を小さじ1杯~大さじ1杯加えるだけでとてもすっきりとした味わいになり、無理なく飲めるようになりました。

 

レモン汁は生のレモンを搾ったものでも、市販のレモン汁でもどちらでも大丈夫です💡

 

特に朝に飲むとしっかりと目が覚める感じがして、私は眠気の酷い朝に飲むことが多かったです。

 

2. はちみつ白湯

はちみつ 白湯

美味しさは断トツ1位だったのが、はちみつ白湯です。

普通の白湯にはちみつを小さじ1杯を加えた白湯なのですが、飲みやすさと美味しさが抜群なので私が一番多く飲んだアレンジ白湯でした。

美味しいだけではなく、喉にやさしいという効果もしっかりあって、冬の乾燥している時期には毎日でも飲みたいアレンジ白湯だと思います。

 

3. ジンジャー(生姜)白湯

生姜 白湯

白湯ダイエットの効果をアップしたい方に是非飲んでいただきたいのが、ジンジャー(生姜)白湯です。

白湯を作るときに薄切りにした生姜を数枚入れて一緒に煮立たせる方法と、普通の白湯に生姜チューブを1cm入れて溶かす方法があります。

 

生姜チューブで作れるところが簡単で良いですよね。

ジンジャー(生姜)白湯は普通の白湯を飲むよりも代謝を上げる効果が期待できます。

 

生姜を入れすぎて何度か失敗してしまったので、少しずつ自分の好みに合わせていれてみてください😀

 

 

私の白湯ダイエット3ヶ月の効果

ウエスト ダイエット

さて、色々とダイエットの説明をさせていただきましたが、ダイエット挑戦前に一番気になるのが実際に試した人の体験談ですよね。

 

私が白湯ダイエットを始めてからの3ヶ月間についてお話したいと思います😀

 

半信半疑でなんとなく始めてみた白湯ダイエットでしたが、最初の一週間で少しですが効果が出ました

 

平日はダイエットを気にした食生活にしていても、週末に飲んで食べてで体重が増えてしまっていたのですが、普段通りに食べていたのに週明けに体重を測っても大きく変動していませんでした。

 

特にその週は外食が多くなってしまっていたので、覚悟して体重計にのったのですが、普段増えてしまう体重がどこへ消えてしまったのか不思議になるくらい変動が無かったのです。

 

そこからやる気が出て、食事を少しヘルシーなものにして1週間くらい生活をしてみました。

 

ヘルシーといっても、食事制限はどうしても苦手で続かないので、野菜や大豆製品を多く食べたり油を控えめにする程度のもので、以前にも同じように少しヘルシーな食生活をしてみた経験があったのですが、その際には体重はほとんど変化せずにそのまま効果が無く終わりました。

 

ですが、今回は白湯の効果が出てきていたのか、週明けになっても2kgくらい体重が減っていました。

 

増えることがあっても減ることはなかなか無いので嬉しかったのをよく覚えています。

しかし、効果が出ると若干油断も出てきてしまったのか、味のない白湯を飲むのがどうしても嫌だと感じる日が続いてしまい、少しの間さぼってしまいました🙁

食事前や食事中に白湯を飲む生活に慣れてきていたことで、白湯を飲まないと物足りなく感じてしまうのか普段よりも沢山食べてしまったり、お手洗いに行く回数が減ってしまったりで、減ったはずの体重が元に戻ってしまいました🙁

 

流石にこのままダイエット失敗は悔しいので、美味しく飲める飲み方を捜した結果、はちみつ白湯レモン白湯に魅了されてしまいました。

 

今まで飲むのに若干抵抗があったただのお湯が、はちみつ白湯とレモン白湯に出会ったことで、甘くて幸せなティータイムのように感じてやる気が復活しました。

 

毎回はちみつを入れると飽きてしまいそうだったので、私は1日1回だけはちみつを入れてご褒美白湯のような感じで飲んでいました。

寝起きで飲む白湯が一番苦手だったので、朝に少し酸味のあるレモン白湯に頼ることが多かったと思います。

 

それから1ヶ月くらいひたすら白湯を飲む習慣をつけながら生活していたところ、多少の暴飲暴食をしても太らないでリセットされる体質になったかのような変化を感じました。

やはり友人や家族と食事をしたり外食が続くと太るのですが、3日以内に元の体重に戻るようになっていたのです。

 

ずっと冷え性だったのも少しずつ改善されてきています。

私は学生時代からずっと冷え性に悩まされていました。

 

冷え性を改善する方法や商品を色々と試してきましたが、一時的な効果はあったりしたものの、体質自体の改善にはなかなか出会えませんでした🙁

身体を外側から温めることにばかりとらわれて、内側から温める方法を試すことがほとんどなかったからかもしれません。

 

白湯ダイエットを始めるまでは、気分次第で朝食がアイスクリームなんて日もあったりしたのですが、白湯ダイエットを始めてから朝食も温かい物になりました。

白湯でせっかく温めた身体を冷やしたくないと思うようになり、自然と温かいスープやごはんを食べるようになったのです。

 

何年間も悩み続けた冷え性だったので、3ヶ月ですぐにとまではいきませんが、毎日温かい物を飲んだり食べたりの習慣がついた温かく血流の良い身体に改善されてきたようで、今は身体のだるさや氷のような冷たさは無くなりました。

 

無理に何かを制限したり必死に運動したりなどはしていませんが、1ヶ月の中で変動は何度かあったものの、合計で4kgくらい体重が減りました

 

そこから地道に続けた結果、ダイエット開始から3ヶ月後には開始時から5kgのダイエットに成功しました。

 

周りからも「最近なんか痩せた?」「肌綺麗になった?」「健康的な雰囲気になったね」などとほめられています😀

 

Sponsored Link



 

白湯ダイエットをした感想と成功の秘訣

白湯ダイエットを始めてから、誰かと一緒に始めればよかったと何度も思いました。

 

運動や特別なダイエットではないので、最初は自宅でひっそりと一人でやっていたのですが、地味なダイエットだからこそさぼるのも簡単なので、誰かと報告し合いながらやったほうがさぼらずに毎日続けられたかもしれないと思っています。

 

今は最近ダイエットを始めた友人と、「今朝ははちみつ入れたよ。」「朝白湯してる~。」「週末食べ過ぎたから体重測るの怖いね。」などと会話しながら続けています。

 

また、最近はダイエットアプリなども沢山あるので、体重管理だけでなく食事の記録もしながら続けると、どのタイミングで体重が変動したのかがわかりやすくて便利だと思います。

飲み物を変えるだけで、ダイエット出来るはずはないと思っていましたが、しっかりと白湯を飲むことの効果を理解すればダイエットが出来ると分かりました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

新しいダイエットが沢山ある中で、本当に正しいダイエット方法を選ぶのは難しいですよね。

だからこそ、私の実際に経験したダイエットを自信をもっておすすめしたいと思いました。

もちろん私もまだまだ始めたばかりなので、これからも続けていく予定です。

 

目標を作って短期間で集中して行うダイエットとは違い、何ヶ月でも何年でも続けてゆけるダイエットなので、記事を読んでくださったみなさんもゆっくりと自分のペースでダイエットができると良いですね😀

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

料理研究家 茉子

料理研究家 茉子

都内の和食店で料理人をやりながら、ライター業勉強中です。洋食(イタリアンレストラン)4年働いた後、和食に転職して、割烹や郷土料理店を経て現職。料理人歴18年、1年365日のうち、料理をしない日はほとんどありません。とにかく料理好き、食材と向き合い、勉強するのが好きです。

食べた人がココロもカラダもハッピーに健やかに、笑顔で過ごせるように願って、管理栄養士を取得後も栄養学の勉強もしながら料理研究をしています。

子供の頃、様々なスポーツをやっていく中で、大きく成長、太ってしまいました。思春期から自分を恥じて、食べないダイエットや偏食ダイエットなど、沢山のダイエットを試し、痩せたりリバウンドしたりを繰り返すうちに、摂食障害になった経験もあります。

料理の仕事に就き、食と向き合っていく中で、健康的な毎日には、バランスの良い食事と運動が重要だと気づき、変な食生活はやめました。

フェス、音楽鑑賞、映画鑑賞、読書、ラジオ、伝統芸能、など、もともと趣味は多いです。さらに最近は鉄道好き、城好き、落語好きにもなりました。学生時代の英語とフランス語の勉強の再開、テレビでロシア語講座も見ていて、料理以外の興味、関心は盛りだくさんです!

【ライターからのご挨拶】

昔から、『食養生』や『食は薬、薬は食』といわれているように毎日の食事で私達の身体は出来ています。

私は、「食べる事は生きること」だと思っています。料理の仕事に従事しているので、たくさんの方々にお料理をお出ししていますが、皆さんが健康でにハッピーになればと願い、野菜や食材の事を勉強しながら、メニュー作成に取り組んでいます。

食いしん坊の料理人なので、味見をしながら、美味しい!と思える料理を作っていますが、自分も栄養バランスを意識しながら作って食べる事で、風邪も引かず、ちょっとした不調も食事でコントロールできています。

食べずに痩せようとしても、筋力も気力も落ち、イライラして、健康を害し、満足のいく結果は出ません。長年の摂食障害やダイエット経験からよく失敗して身体を壊したのでわかります。

また、近年、『和食』は世界遺産になりました。世界からヘルシーだと注目されている和食や伝統的な日本の食文化を見直してみませんか?

皆さんが上手に調整しながら美味しく食べて、キレイで健康的な暮らしを送れるような食べ方やレシピをご提案していきたいと思います。
”管理栄養士免許証”/

この人が書いた記事  記事一覧

  • 妊娠中・妊婦さんのマタニティダイエットは無添加酵素ドリンクが痩せる理由!

  • ファスティングドリンクの優光泉(ゆうこうせん)の口コミってどんな感じ?

  • 断食酵素ファスティングドリンクの優光泉(ゆうこうせん)の正しい飲み方は?カロリーは?リバウンドしない回復食ってなに?

  • 断食、ファスティングダイエットでよく聞く酵素とはなんなの?酵母との違いは?

関連記事

  • サラダチキンダイエット!! コンビニ大手3社比較!一番いいサラダチキンとは…

  • ホンマでっかで紹介されたビールダイエットが凄い!そのやり方や方法は?

  • 海外セレブの中で話題の黒汁(チャコールクレンズ・KUROJIRU)の効果が凄い!その口コミや活性炭ダイエット効果は?

  • 骨盤の歪みの原因と、影響は?骨盤美人になるためのセルフケア!

  • 口コミで話題のボニックプロ(bonic pro)を購入してふくらはぎの部分痩せに挑戦した効果を発表します💖

  • ビフィズス菌は腸内環境正常化にどんな効果があるの?ヨーグルトに含まれるのは本当?