1. TOP
  2. アロマテラピーにはリラックス・睡眠効果と楽しみ方がこんなにあるの?使い方は?

アロマテラピーにはリラックス・睡眠効果と楽しみ方がこんなにあるの?使い方は?

 2018/01/11 アロマテラピー
117 Views

アロマテラピーの使い方ってどうやるの?楽しみ方と選び方

 

アロマテラピーに出会ったきっかけ

私は20年程前、事務職からプログラマーに転職しました。

毎日きっかり午後5時に鳴るチャイムとともに「おつかれさまでした!」と会社から飛び出していた事務職とは違い、プログラマーは年棒制だったのもあり仕事の内容もかなりハードで責任も重く、心身ともに疲弊していきました。

時間的な拘束も多く、朝は7時半から夜は深夜まで、灰皿を山盛りにしてパソコンの前にはりついていました。

そんな生活の中での数少ない楽しみは、デパートの雑貨コーナーにあったアロマ専門店、そしてアロマトリートメントサロン通いでした。

アロマ専門店の店先にはハーブティーや精油が並んでおり種類も多く、「リラックス出来る香り」「からだにやさしい化粧品を手作り出来る」といった宣伝文句が気になって立ち寄るようになりました。

ハーブティーを買うところから始めて、精油、それからディフューザー、化粧品作りの容器や道具を買って少しずつ試してみるようになりました。

アロマトリートメントは、プログラマーの同期に誘われて行ったのが最初でしたが、あまりの気持ちよさにヨダレを垂らして寝てしまいました。

それからというもの、会社の定時の後の残業前の休憩時間に通うようになりました。

 

アロマテラピーの楽しみ方

ここ十数年でようやく日本でも浸透してきたアロマテラピーですが、まだまだ日常生活での活用は難しいようです。

 

雑誌やテレビ番組で「認知症予防」や「不眠症予防」などの特集で取り上げられるようになってきたので、見掛けると買ってはみるのだけど使い方がわからないので飾っているだけ、という方のお話をよく耳にします。

 

実際に雑誌やテレビ番組で紹介されるのは「ラベンダー」「ローズ」「ペパーミント」などが有名ですが、有名だから買うだけではやはりオブジェとして飾るしか使用方法がなくなってしまいそうです。

 

あまりにももったいないので、楽しみ方のいくつかの例をご紹介します。

 

楽しみ方 精油を「選ぶ」

まず、かいでみる

まず最初に精油を選ぶ楽しさ。

店先に並んだ精油の瓶は青や茶色の遮光瓶に入っていることが多く、小さくて可愛らしく、眺めていても楽しいものです。

種類もたくさんあり、植物の種類によって香りのタイプも違うし、花から抽出した香りに果皮を搾ったものであったり葉っぱや樹脂だったり・・・考え始めるとどれを選んだらよいのか迷って、きりがなくなります。

 

まずは何も考えずに、ひとつひとつ手に取って、テスターの香りをかいでみます。

 

最初にどれに手を伸ばすか迷いますが、ラベンダー、オレンジスイートなどを選んでみることをおすすめします。

 

また、ベルガモットは、アールグレイ紅茶の香りづけにも使われている柑橘類なので、嗅ぎ慣れた香りで、多くの人がリラックスできる香りだと思います。

 

精油は植物の香りを凝縮した液体で、香りも作用も強すぎるため、液体が手に触れないように蓋をあけ、ビンの口を鼻先から離して手のひらで煽るようにしてかぎます。

どんなに素晴らしい作用がある精油であったとしても、使う本人が嫌いな香りであったら全く意味がありません(ここ大事です)。

名前のもつイメージだけではなく、実際にいろいろ嗅いでみて自分が一番気に入った香りを選ぶ、というのが醍醐味です

 

目的を考えながら選ぶ

精油を選ぶ選択肢として、目的に合う香りを選ぶ、というものがあります

種類が多いので、一例として紹介します。

・「ストレスからくる不眠や頭痛、イライラや不安など」リラックス作用のある精油を選びます。

精油としては、

【ラベンダー】

【ベルガモット】

【オレンジスイート】

 

・「月経前症候群(PMS)や生理痛がつらい」ホルモンバランスを整えたい時に選びます。

精油としては、

【ゼラニウム】

【ローズ】

【イランイラン】

【クラリセージ】

などがおすすめです。

 

・「テスト前に集中したい」リフレッシュ作用のある精油を選びます。

精油としては、

【レモン】

【ローズマリー】

【ペパーミント】

などのミント類などがおすすめです。

 

「インフルエンザ予防」抗菌作用、抗ウイルス作用のある精油を選びます。

精油としては、ティートリー、ローズマリー、レモンなどがおすすめです。

・「咳がつらい」抗菌作用、抗ウイルス作用があり、更に深い呼吸に導く香りを選びます。

精油としては、サンダルウッド、フランキンセンス、サイプレス、などがおすすめです。

 

精油を「使う」

香りを部屋の中に拡散させる

ディフューザーがなくても簡単にできます。

ティッシュペーパーに精油を何滴か垂らして、机の上などに置いていくだけで部屋に香りが広がるのです。

もちろん市販のディフューザーを使っても部屋の中に良い香りが広がります。

疲れている時や寝る前などはリラックスする香りを使う、冬の乾燥した室内ではインフルエンザ予防に抗ウイルス作用が期待できる香りを使う、など、目的によって使用する香りの種類を変えるとより効果的です。

ちなみに、寝る前のリラックスする香りとしてはラベンダー、マンダリンオレンジ、ベルガモットなどがオススメです。

抗ウイルス作用を期待できる香りとしてはユーカリやティートリーなどがオススメです。

なお、お子さんや高齢者のおられる家庭ではユーカリ・ラディアータが優しく作用します

 

アロマクラフト

家庭ではなかなか難しいと思われがちなアロマクラフトも、簡単なものから実際に作ってみると意外と工程はシンプルで、しかも理科の実験のようで楽しいです。

書籍もたくさん出版されていますし、インターネットでもいろいろな種類のものが出ています。

アロマの画像

アロマの画像

 

注意したいのは、直接肌につけるものであるため、全て自己責任となりますので慎重に。

日本人が慣れ親しんだ香りはオレンジやレモンなどの柑橘類だと思いますが、柑橘類は果皮を搾ったもので皮膚に刺激を与える精油もあるため、直接肌に着けて良いのかどうか、よく確認してからにされると良いです。

精油の濃度については、諸説あり迷うと思われますが、基本的に1%未満をおススメしています。

そして、肌につけて大丈夫かどうか、炎症を起こしたりしないか、使う前に一旦パッチテストしてから使います。

 

マッサージオイル

ハンドクリームはあると重宝しますが、作るのも面倒ですよね。

一番簡単なのは、ホホバオイルや椿油などの植物油に精油を垂らしたマッサージオイルです。

本当にもう簡単すぎるほど簡単で、オイルに好きな精油を何滴かたらすだけ。

空き時間にささっと作って小さいボトルに入れておき、水仕事の後やお風呂上りすぐに、少量を手に取って塗ります。

塗るというより、手で温めて皮膚に馴染ませるようにします。

油を塗るなんてぬるぬるしそうだと抵抗感もあるかと思いますが、植物油というものは粒子が毛穴より小さいため、しばらくするとなじんでべたべたしなくなります。

それでも気になる場合は、ティッシュペーパーを押し付けてそっと油を吸い取らせます。

ホホバオイルなどの植物油は通販でも手に入りますし、ドラッグストアなどにも置いてある椿油でも十分です。

 

精油とボトル

精油をボトルに入れます

キャリアオイル

キャリアオイルを入れます

アロマ手作り ボトル 完成品

蓋をして振り混ぜたら完成です

※作成した日付や精油の内容を書いておくと参考になります。

なお、使用の目安は3か月~半年程度です。

酸化したツンとしたにおいがしてきたら使うのをやめましょう。

 

 

 

保湿クリーム、リップクリームなどのクリーム

先述したマッサージオイルを、天然のワックスで固めたものが保湿クリームです。

添加物や化学成分の入っていない保湿クリームはお肌にも優しく、よくなじみ、ツルツルになります。

天然のワックスは、ミツロウやキャンデリラワックスなどの名称で売られています。

なお、リップクリームは、保湿クリームを作る際に植物油に対するワックスの配分を多くするだけです。

簡単に出来るし持ち運びも便利で、自分の好きな香りで作ることが出来ます。

リップ容器に入れても良いし、少し柔らか目に作って小さなクリーム容器に入れて指で塗るようにしても使いやすいです。

液体のキャリアオイル

液体のキャリアオイルをビーカーに入れます

保湿クリーム、リップクリーム ワックス アロマ

固形ワックスをはかります

アロマ 液体オイル

液体オイルと合わせます

アロマ 固形ワックス

湯せんで固形ワックスを溶かします

アロマ 精油

精油を入れます

アロマ 手作り クリーム

クリーム容器に移します

アロマ手作り ハンドクリーム リップクリーム

冷めたら完成です

 

アロマオイルトリートメント

先述のマッサージオイルを塗る時の塗り方が大事なポイントとなってきます。

クリームやオイルをただ塗りつけるのではなく、「自分の手の温度」を感じ、ゆっくりマッサージしながら「自分の肌にふれる」ことが大切です。

乾燥した手や足を保湿するためにクリームを塗りつける、という行為は、ただ塗りつけるだけだと、実はもったいないのです。

これをゆったりとマッサージしながら、にすると、「ヒーリング」の相乗効果があるのです。

ヒーリングとは、心と体の健康を回復することです。

小さい頃お母さんの温かい手でなでてもらうと安心するように、人からふれてもらうことによる安心感が得られます。

これは、人からのみならず、自分で自分にふれるのでも同様の効果が得られます。

このヒーリング効果を、アロマの香りによる作用への相乗効果としてプラスすることにより、より大きな効果を得ることが出来ます。

 

アロマテラピーのどんなところが自分磨きにつながっているのか

アロマテラピーを楽しむということが、そのまま全て自分やまわりの人へ還元されていきます。

アロマテラピーの根底にある考え方は「自己治癒力」であり、「自分を癒すこと」「自分の免疫力をアップさせて心身ともに健康になること」であるので、香りをかぐことで自分と向き合ったり、今まで気づかなかった心の傷に自ら気付き、自分を癒すことにつながっていくのです。

「誰かに癒してもらう」「治してもらう」のではなく、「自分自身で癒す力を持っている」のです。

 

アロマテラピーのおススメポイント

アロマテラピーというと、どうしても「オシャレ」であるとか「ナチュラル系の人がやるもの」「オンナがやるもの」という印象がついてくるのですが、そもそも代替療法のひとつですので、「男がアロマなんてカッコ悪い」などといってやらないのはもったいないです。

アロマテラピーの作用は、植物に含まれる香り成分によるため、追究していくとその奥深さにはまっていきます。

例えば、精油の紹介で「ラベンダーやベルガモットはリラックス作用を期待できます」と書かれていることがあります。

これは、かいだ時のイメージなどもありますが、実際は「酢酸リナリル」という香り成分が含まれており、この香りには交感神経を鎮める作用があるため、「リラックス」と表示しているのです。

どのような作用があるのか、ということにはこういった根拠が存在します。

香り成分の分析は理系の男性にも向いています。このようなアプローチもあるのです。

方向性も実はいろいろあって「薬効が期待できる香り成分に主眼を置いたメディカルな使い方」それから「重曹や精油を使って掃除するナチュラル志向な使い方」、「香りのインスピレーションを感じるスピリチュアルな使い方」など、目的も多種多様です。

 

ストレス発散出来ている?

アロマテラピーを楽しむこと自体が「自分を癒すこと」「リラックスする」ことにつながっているので、心が穏やかに癒されていきます。

香りをかぐことで自分自身とじっくり向き合い、焦りやイライラがだんだん静かになっていきます。

ストレスフルな時は、たいてい姿勢が悪く呼吸が浅くなっており、酸欠状態になっています。

香りをかぐという行為は「鼻からゆっくりと空気を深く吸い込んで深呼吸」をするということであり、胸いっぱい空気を吸い込むと背筋が伸び、体の中で淀んでいた気の流れが良くなります。

アロマテラピーと、深呼吸、瞑想、ヨガなどと組み合わせると更に効果的です。

イライラしている時のストレス発散というと、買い物や食べ放題など消費行動に偏りがちですが、そういったストレス解消もたまには良いものですが、静かに自分自身と向きあうことが出来るアロマテラピーをもっと楽しんで欲しいと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

小林 明美

小林 明美

都内在住の占い師です。
現在は占いアプリ専属占い、対面式の占い師をしながら、ライターのお仕事をさせていただいています。

ここ最近は、インターネットなどの占い情報も目立ち困惑しがちと感じています。
そこで、学生時代から学んだ私独自の占い、開運法を紹介することでみなさまに幸運のお裾分けができたらいいな。
と思いライターとしてこの度デビューさせていただきました。

「占いの究極の目的は運を味方につけ開運させることです。」

悩みを抱えるみなさんに、より良い開運法、回避法をアドバイスさせていただきたいと思っています。

私の占いは
・霊視
・魔術
・卜術(ルーン)
・おまじない
・陰陽式となっています。
卜術や陰陽式は古来よりある占術でとても奥が深いものですがその時代背景など様々な歴史を読み解くこともできます。
様々な占術で開運のカギを発信していきたいと思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 台湾ってどんなとこ?おすすめや魅力をご紹介!今人気の台湾旅行を楽しもう!

  • 女性育毛剤 口コミ・効果人気ランキング5

  • 今CMでも話題のグアム島!初めて行くグアム島旅行の方は必見!

  • マイルをもっとお得に活用!貯め方を知って海外旅行を楽しもう!

関連記事

  • 黄ばんだ歯も真っ白に!「薬用パールホワイトプロシャイン」の口コミ・効果は?

  • 大人の女性であれば身につけておきたい気配り能力とコミュニケーション術

  • 医師監修の妊活中の女性に贈るバランスサプリ!チャーティ「CHARTY」の効果と口コミ

  • プチプラのファンデーションの効果はいかほど?おすすめランキングをご紹介!

  • 女性育毛剤 口コミ・効果人気ランキング5

  • 職場の同僚とセックスまで行ってしまったそのきっかけは・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。