1. TOP
  2. 女性の職場の人間関係ってどうやるのが良いの?上手くやる方法とストレス解消方法

女性の職場の人間関係ってどうやるのが良いの?上手くやる方法とストレス解消方法

 2018/01/03 生活
45 Views

1億総活躍社会を目標に、女性が社会進出し男性と同等に頑張る女性たちがたくさん活躍する昨今、女性だけの職場も珍しくなくなりました。

 

女性だけの職場は男性がいる職場とはやや雰囲気が違い、その独特の人間関係は女子校に似たようなところがあります。

 

私の職場は法人の歯科医院で、歯科衛生士として働いています。ドクター含め働いている社員はすべて女性です。

歯科医院なので、会社員とは違い人数も少なく7名で働いています。

 

人数が少ないこともあり、干渉されやすい環境です。

 

女性だけの職場には男性ばかりが優遇されてまだまだ差別があるとか、男性上司が飲み会の席でセクハラをしてきたというような問題は起こりませんが、女性のみというのもなかなかやり難い部分もあります。

 

今回は私自身職場でのストレスをどう発散し、ストレスフリーな状態を保っているかご紹介します。

 

 

機嫌が悪い上司は流す

年功序列は男女や職場問わず、職場の立ち位置にやや影響が出る部分です。

そんな上下関係上、反論し難い上司が機嫌が悪いと、職場の雰囲気が全体悪くなってしまいます。

私の女性上司の場合は気持ちにムラっ気があるので、機嫌が悪くなる頻度も多いです。

 

女性上司の機嫌が悪い原因は、例えば生理の日だったり、プライベートで彼氏と揉めたり、といった仕事とは全く関係ない事情がほとんどですので、運悪く八つ当たりされても、さらっと受け流し相手にしないのが一番です。

 

暖簾に腕押しで張り合いが無いと分かると、八つ当たりのターゲットにされ難いからです。

 

 

噂話が大好きな女性とはポジティブな話題にもっていく

 

これも女性特有の性質です。

噂話を休憩室や仕事の箸休めにします。

話の内容は職場の社員の家庭の話や、職場の同僚の結婚が仕事へ影響しているだとか旦那さんの給料についてなど、良くも悪くも下世話な内容が多いです。

 

この時に気をつけたいのが、話に全く乗らない訳にもいきませんが、一緒になって悪口を言ったり、必要以上の情報を漏らさないことです。

 

噂話が好きな人は必ず他の人の噂話もします。

そういう人と同調して相槌を打った場合、自分がいない時に「〇〇さんがあなたのことで悪口を言っていた」と話を曲げて伝えられる恐れもあり、周りとの関係性が悪くなります。

そういった噂話にどういう態度をとっているかを周りの人はしっかり見ていて「この人は、人の悪口を言わない人なんだな」という信頼がのちの職場のより良い人間関係に繋がってきていると感じています。

 

 

旅行先の限定品のお土産や話題のスイーツの差し入れで環境を整える

 

気をつけていたものの、何となく女性の同僚、上司と折り合いが悪くなってしまうことはあります。

そんな緊急事態にオススメな対処法は海外旅行の限定品のお土産や巷で話題のスイーツの差し入れにかぎります。

やや打算的ではありますが、女性は限定品と話題品を無料でくれる相手というだけで、相手に対して価値を見出すところがあります。

 

あんなに太々しい態度を取っていた職場の女性が差し入れをしたら、ガラッと態度を変えるなんて話は珍しくないです。

 

また、貰ってしまえばありがとうと言わざるおえませんし、お礼を返さなければと、お返しを買ってきたりするマメさがあるのも女性の特徴です。

 

お返しのやり取りしているうちに友好関係が整ってきます。

 

 

ブランド物のバックや派手なファッションはプライベートで

 

ブランド物の新しいバックを提げて行った日には大変です。

皆んなが羨むようなブランドだったり、彼氏からのプレゼントだったりすると、何となく風当たりが強くなります。

 

自分が上司の場合は問題ありませんが、下っ端の場合は特にやっかみを言われやすくなります。

 

女性は持っている持ちものなどで相手を測る所もあり、それが見合っていないと判断すると「どうして彼女なんかが!」と人に干渉してしまうのも女性の性なのです。

プライベートに何を着ようと持とうと個人の自由ですが、職場では悪目立ちしないというのが優先です。

平日お洒落を我慢した分、休日は自分の着たい服を身につけて息抜きをすると、職場の自分とプライベートでの自分のオンとオフがきっちり切り替わる感じも個人的には息抜きになっていました。

 

 

美容イベントにあえて苦手な相手と出掛けてみる

 

私の職場は歯科医院のため、様々な年齢の方と携わり、問診書などで患者さんの生年月日を知るので、年齢が分かるのですが、30代後半、40代前半の女性は美意識の面でやや気難しい年齢で、ことあるごとに「あの患者さんは私と同い年なんだって!老けているよねー!」と大きな声で発言したり、「この人と私どちらが年上にみえる?」など聞いてくるので、受け答えに気を遣います。

 

少しでも引っかかるところがあると不機嫌になるからです。

 

そんな時に私が使う手が「そういえば、この間凄い良いスパ見つけたんですよ!良ければ一緒に行きませんか?」です。

 

美容を気にする方には興味が湧く話題ですし、社交辞令のつもりが一緒に行く事になったとしても、交友関係の為に一緒に行動する事を我慢しなければならないのですが、一度の我慢で平日の職場環境が変わるので、休日の投資は大切だと感じます。

 

 

お風呂場で大声で愚痴を言う

 

こちらがどれだけ気遣っても、相容れない相手というのもいます。

そこまで嫌だなと思う相手に対しては上記の方法は活用出来ないです。

そんな時の最終手段がお風呂場でシャワーを浴びながら愚痴を言うことです。

 

職場の嫌なことを職場の人達に話すのは少人数の職場ではかなり言いづらく、一人暮らしをしていると話す相手もいないので、悶々とした気持ちを吐き出す場所がないのです。

 

そういう時はシャワーを浴びながら、声に出して愚痴を言うことが意外と気持ちの整理になっています。

シャワーの音があるので、外にも聞こえにくく、声を出し易いです。

 

美味しいランチを調べてみんなで行く

少人数の女性の職場ではあからさまに相手を避けるわけにもいかず、全く関係を断つのは不可能なので、適度な距離感で苦手な相手と定期的に接触する機会を作るようにしています。

苦手な相手と一対一は厳しくても、複数人で行動すれば苦手な1人と長時間話すことも減り、トラブルも避けられます。

どこの職場でも実践しやすい関わりの持ち方としてはランチに誘い美味しい食事を共有することです。

 

平日のランチであれば休日の時間を邪魔されず、さらに目的が食事なので話す話題が思いつかなくても美味しいご飯さえ食べられれば問題ないです。

 

仕事の合間のランチであれば、時間に制限があるので、相手の話に付き合って無駄に時間拘束をされないので、その点も良いです。

少人数といえど、職場の人を全員召集するにはある程度引きのある魅力的なお店をチョイスする必要があります。

そのため私は暇な時に食べログのアプリで周辺のお店のランキングを調べ、いくつかストックしています。

周辺のお店を開拓し終える頃には、みんなでランチに行くのが習慣になり、行きつけのお店にみんなで通うようになってきました。

 

 

休日は主体性の行動をして過ごす

 

女性の職場では何かにつけて日々団体行動を求められています。

日頃は周りに意見や行動を合わせている分、休日は思いっきり主体性を持って行動するとストレス発散になります。

主体性のある行動には運動をしたり旅行をしたりが挙げられますが、特に読書は情報収集しながら、他の人に邪魔されずに意見を持つこともでき、自分自身と対話も出来る為とても良い時間です。

携帯は電源を切って、じっくり本を読むといつもより一日の時間が長く感じます。

 

 

悩みを打ち明けて親しみを持ってもらう

 

女性は秘密や弱みを人から話されることが好きで、自己開示を取り入れたコミュニケーションが男性よりも長けていると言われています。

自己開示とは簡単にいうと「自分とはどういう人間なのかという情報を会話の中に入れること」をいい、自己開示が多い会話は親密度が上がります。

相談事は自己開示が入りやすい内容のものが多いです。

なぜなら、相談事には自分の嫌いな人の話や、嫌だと感じた出来事を話す事になります。

 

その情報から自分の好き嫌いや善悪の判断を相手に伝えることになり、相手に自分の性格を捉えてもらうキッカケにもなるのです。自分がどのような人なのか理解されると安心して付き合ってもらえます。

 

 

簡単に解決する仕事の相談をして好感を得る

 

完璧に仕事ができて人当たり良く、隙がない人というのもなんだか距離を感じて好感度が下がります。

また人には承認欲求というものがあり、相手から認められていると感じることで気持ちが満たされるため、周りの人を適度に頼りにするというのがとても大切です。

 

この時に注意して欲しいのが、本当に難解な問題や仕事内容を丸投げしたり、相談したりしないことです。

 

相手が求めているのは「認めてもらい頼りになると思われる」であって「難しい問題を解決したい」という訳ではないのです。

相談された側も困るような仕事の内容を相談されれば、自分の仕事を中断して手助けしなければならず、時間をとられます。

相手がすぐに解決できる適度な仕事の相談をするのがミソです。

 

 

関係性が安定している時こそ、恩を売る

 

関係性が上手くいっている時はできるだけ恩を売っています。

例えば同僚の担当分の仕事をさりげなく終えておいて「自分の仕事のついでだったから」ぐらいの押し付けがましくない伝え方をすると、素直に相手も感謝してくれます。

相手の仕事が終わってない時は一緒に残って手助けするのも良いです。

こういった相手の困っている場面で、自分の仕事分は終わったからとサクサク帰ってしまうのは特に女性の職場ではNGです。

 

仲間の輪を重んじる女性が同僚や上司ならば、役に立つかどうかに関わらず、行動を共にすることがとても大切になってきます。

先打ちで売っておいた恩は困った状況や立場が悪い時に、手助けとして返ってきますから、売れる恩は売っておくのが吉です。

 

 

職場の仲間以外で敵役をつくる

 

女性は噂話や陰口が一種の潤滑剤なところがあるため、悪い噂話や陰口をすべて無くすことは不可能です。

だからといって職場の同僚や先輩を標的にすれば、必ず自分に返ってきます。

そういった時は外部の人や違う部署の人を敵役にするのが、一番穏便です。

歯科医院勤務の私の場合は来院する気難しい患者さんを敵役にしてしまいます。

 

できるだけ関わる場が少ない人を敵役にすることで、敵役にされた人は陰口の影響を受けにくいですし、こちらも表面上は取り繕うのでお互いに嫌な思いをせずに、女性特有の噂話と陰口の吐ける環境をつくれます。

敵役1人にみんなで愚痴を吐くので連帯感や仲間意識も上がり、職場の結束力に繋がります。

 

 

良い陰口を言うようにする

 

悪い噂話を毎度していると、今まで陰口を言っていなかった人もその環境に慣れてか、陰口ばかり言うようになり、もっぱら話題は陰口になってしまったことがありました。

それだけ影響力のあることを逆手に取った職場を円滑に回すための方法が、良い陰口を言うようにすることです。

 

その場に居ない人の良い噂話や自分がその人に対して思っているプラスの評価を存分に話してみると、悪い噂話よりも相手に届くのは遅いのですが、人伝てに本人の耳に入った時には効果は絶大で、相手もこちらに好意を持ってくれます。

 

直接話すとご機嫌とりや、ごますりに思われてしまうことも、第三者から伝わると真実味が出ますので、居ない人の良い噂話はできるだけするようにしています。

 

 

全員に好かれようと思わない

 

少人数制の職場では、1人に嫌われると陰口で全員に広まり、孤立無援になることもあるので、割り切るのが少し難しいのですが、私の場合は全員に好かれなければいけないというプレッシャーで毎日必要以上の気遣いをしていたため、全員に好かれなくても良いと割り切ることでかなり楽になりました。

 

職場の人たちは友達ではないですし、お互いの距離感が近すぎると仕事上の注意も甘くなり、惰性で仕事をすることになります。人に好かれる云々ではなく、仕事あっての関係であると考え、無理に好かれる努力はやめています。

 

 

仕事に集中し、嫌なことを一旦忘れる

 

職場の仲間と揉めたり、問題が起きたりするとついつい嫌なことを堂々巡りに考えがちになります。

仕事中その嫌なことにとらわれていると、仕事内容に上手く集中できずに、ミスを連発してしまっては仕事をしにきているのに本末転倒です。

 

そういう時には一度嫌だと感じたことを意識的に忘れるようにします。

仕事をいつも通りこなすことで動じていないことを周りにアピールすることも大切で、精神力の強さが女性の支持を受けます。

窮地に陥った時にめそめそ涙を流すと相手が男性社員の場合は手助けしてくれますが、対女性の場合、反感を買いかねないです。

仕事で認めてもらい、自然と状況が良くなるのを待ちます。

 

大抵は1日もしないうちに空気も良くなります。

なぜなら、揉めたり嫌なことを言ってきた側はあまりそのことに固執していないからです。

やった側は覚えていないというやつです。

 

深く考えず一旦忘れ、本来やるべき仕事に集中するのが問題解決の近道です。

 

 

【まとめ】環境自体を改善するのが一番のストレス解消法

 

例えば、学生時代の卒業までの 2〜3年の辛抱くらいであれば、買い物や休日のお出掛けで気分転換になりちょっとしたストレスを乗り越えられるかもしれませんが、社会人になると人によっては一生同じ環境下で生きていかなければいけない場合もあります。その場合、付け焼き刃のようなストレス解消方法では乗り切れません。

 

私も職場に不満を持った頃に相手の嫌な部分ばかり発見して相手を拒絶し、職場の鬱憤をプライベートで解消させていましたが、相手を拒絶する前に関係性を良くする為の努力や工夫をするようになってからは、格段に楽になりました。

 

そのうち職場の人達の性格も分かってきて、この人の嫌味は後を引かないから、適当に流して気分が良くなるまで放っておいて良いな、この人は食べ物に目がないからお土産を買っていこうかななど、個々に合った対処が身についてきました。

 

また、相手にも拒絶をしないで受け入れる体制をとるというのは伝わるようで、嫌っていないというポーズだけでもとると、相手も案外嫌味を言ったり、嫌がらせをしてきたりが減っていった気がします。

 

私の場合は嫌な奴だなと思った時こそ、気持ちを隠し相手に嫌っていないよというポジティプな感情表現をするようにしています。

実際に最近では周りの癖のある上司とも良い関係を築けています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中hanako

某国立大学教育学部卒業。
卒業後、民間企業、市臨時職員を経験し、30歳年上の男性と年の差婚。現在は専業主婦、時々アルバイト。

こんにちは。
まだまだ書き始めたばかりの田中です。
趣味は、読書。
柴田哲孝さん、麻生幾さんから、島本理生さん、林真理子さんまでジャンルを問わず乱読しています。でも特に、青山文平さん、佐藤賢一さんの「武士もの」が好きです。
あとは、エアロバイク。
愛車のEZ101は2代目です。ファッション誌を読みながらのエアロバイクが、ストレスの発散法です。

ダイエットやお肌の悩み、そして心の病気…私もたくさん悩み、解決法を探しながら、ここまで来ました。まだ道半ばですが、私の経験が、カウンセラーとしていろんな人の心の悩みを癒し、一歩踏み出す勇気につながるような記事を書いていきたいと思います。
悩み、迷いを癒せるような記事を書いて、お待ちしております。
疲れた時に読んで、ホッとしてください。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 加圧トレーニングってダイエット効果あるの?やり方や方法を体験者が解説します!

  • 会社や職場でいじめの原因は?あった時はどうすればいいの?対策を解説します!

  • 九月病と五月病って何が違うの?憂鬱になった時は一度立ち止まろう

  • 女性の職場の人間関係ってどうやるのが良いの?上手くやる方法とストレス解消方法

関連記事

  • 正しい整理整頓のコツ・方法・仕方をご紹介しちゃいます♪

  • スピーチ(人前)で話すときに緊張しない方法・あがらずに話す為の技術もご紹介

  • もっとハワイを満喫しよう!持参したい便利アイテムをご紹介

  • 周りのことは気にしない 結局自分が自分軸で楽しく生きていく方法

  • 大人の女性であれば身につけておきたい気配り能力とコミュニケーション術

  • あなたをキュンキュンさせるおすすめ海外恋愛映画のご紹介

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。