1. TOP
  2. 女性が本気で不倫したその不倫相手は今の旦那さん 秘密の過去話

女性が本気で不倫したその不倫相手は今の旦那さん 秘密の過去話

 2017/12/13 浮気・不倫
869 Views
女性が本気で不倫したその不倫相手は今の旦那さん 秘密の過去話

【不倫相手との出会い】

不倫相手との出会いは、職場です。

彼のいる支店に偶然わたしが配属された事で出会いました。

彼の方から「今まで同い年の女性従業員がいなかったので、こうして出会えて嬉しい。仲良くしたい。」と話しかけてきました。

素直に嬉しいと思いましたし、変な意味ではないだろうなと彼の態度を見てわかりました。

彼とは異なる場所で業務を行っていましたが、仕事の合間にわざわざ話しかけに来てくれたり、わたしを他の従業員に紹介してくれたりと異動したてでまだ社内に馴染めていないわたしをフォローしてくれました。

同い年なので話も合うし、彼がいてくれることで出社するのが日々楽しくなってきたのをよく覚えています。

また、残業などで帰りが遅くなった時には車で自宅まで送ってくれたりと、より仲が深まるまでそう時間はかかりませんでした。

Sponsored Link



 

【不倫相手について】

出会った当時、彼は20代後半で医療系の商品を扱う営業マンとして仕事をしていました。

性格は真面目で情に厚く、同僚はもちろん先輩や後輩からも慕われている、いわゆる人気者のような存在でした。

もともと理想の異性のタイプや「付き合うならこんな人!」などと男性に対してこだわる方ではなかったわたしですが、彼に対しては仕事ぶりだったり

それ以外の場所でわたしやわたし以外の人との接し方を見て、すごく惹かれている自分がいました。

【不倫関係になるまで】

当時、わたしには結婚したばかりの夫がいました。

結婚を決めた理由は「なんとなく」学生時代から5年以上交際し、情が勝り別れたくても別れられず、今さら別れて新しい恋愛をする事も面倒くさくなってしまい、お互い社会人2年目の時に結婚をしました。(金銭的な事情で結婚式は挙げませんでしたが。)

結婚をしたからといって変わったのは姓だけで、互いに想い合い、尊敬することも忘れてしまった情だけの関係は変わりませんでした。

そんな中で彼と出会ってしまい、初めは友人として仲良くしていましたが、だんだんとわたしの方から彼に好意を寄せるようになっていきました。

そしていつも通り自宅まで送ってくれる彼の車の中で全てを打ち明け、正直な想いを伝えました。

すると驚くほどあっさりと事実を受け入れ、さらに彼もわたしと同じ気持ちである事を伝えてくれました。

そこからわたしたちの不倫関係は始まりました。

【不倫相手とのデート】

結婚生活を続けながら不倫相手とのデートをする事は、わたしたちにとっては難しいことではありませんでした。

主人は大手の商社マンで、休みはカレンダー通り。わたしと不倫相手の休みは平日のシフト制だったので、会うのは週に2日、休みを合わせた時のみでした。

移動手段が車なので、場所に困る事はあまりありませんでした。

ホテル、ショッピングモール、アミューズメントパークなど、行き先は普通のカップルと変わりなく、デートを楽しんでいました。

ただ、いつどこで誰に会ってしまうかわかりませんので、その際に友達に見えるように手を繋いだり、腕を組んだりはしませんでしたが。

【変わってゆく自分】

彼と不倫関係になって半年ほど過ぎた頃、わたしはそれまで勤めていた会社を辞め、フリーターとして働く事にしました。

その方が時間も自由に使えますし、彼の都合にわたしが合わせる事が出来ると思ったからです。

会社員の時と同様、適当に仕事をして日々をやり過ごそうと思っていたのですが休み(=彼に会える日)が待ち通しく、それがモチベーションに繋がり、仕事をする事がどんどん楽しく感じるようになりました。

誰かの為に頑張る事が出来る、そんな一面が自分にあった事にとても驚いたのを今でも覚えています。

また、今までは服装や髪型、化粧などに興味のなかったわたしですが、少しでも彼好みの女性になりたいと思いインターネットで洋服や下着、化粧品を多数購入するようになりました。

エステや脱毛にも通うようになり、家の中が通販の段ボールとサロンで購入した美容アイテムで一杯になるまでそれほど多くの時間はかかりませんでした。

【夫の反応】

「最近、インターネットで買い物しすぎじゃないか。一体何を買ってるの。」毎日のように届く荷物に、ついに夫が不審感を持ち始めました。

下手に言い訳をして何か勘付かれたら彼にも迷惑がかかる。

そう思ったわたしはただ一言、「洋服と化粧品だよ。あなたには関係ないでしょう。」とだけ伝えました。

次に何を言われるか、少し緊張しましたが夫は、「まぁ、別にお前の金で買っているならいいけどさ。」

この時、夫はわたしにあまり興味がないのだなと思いました。

普通ならば突然妻が外見を気にしだしたり、化粧品や下着、洋服を大量に買い揃えたりしたら、それはもう間違いなく他の男の影を疑わざるを得ない状況なのに、わたしの夫はそれにも気がつかない。

何をしたところで別に興味も持たれないのだから、何か聞かれたら適当に答えればよい…それからわたしの行動はどんどんエスカレートしていきました。

週に2日は実家へ帰ると嘘を言い、彼に会いに行きました。

その途中、一度だけ最寄駅から家に向かう主人とすれ違った事がありましたが、幸い気付かれませんでした。家の事はほとんどやらず、洗濯や掃除など最低限のものだけ済ませ、料理はほぼした事はありません。

気持ちが離れれば離れるほど、家の中は生活感がなくなっていきました。

Sponsored Link



 

【抑えきれない思い】

彼と不倫関係になってから、わたしの人生は少しずつ変わり始めました。

悪い方向ではなく、良い方に。

仕事へのモチベーションも上がり、職場ではお客様や仲間と充実した時間を過ごす事が出来るようになりました。

自分の内面はもちろん、外見にも少しだけこだわるようになりちょっとした自信もつきました。

そして今まで「人生一度きりなのだから!」と自分の事ばかり考えていたわたしですが、その一度きりの人生を誰かの為に使いたいと思うようになりました。

もちろんその誰かというのは彼の事です。

しかし現実にわたしは結婚していて、いくら彼と気持ちが通っていようと他の人から見れば不倫をしている2人にすぎません。

彼を大切に想えば想うほど彼に対して誠実でいたいし、自分の気持ちに正直になりたいと強く思うようになりました。

その頃から「夫との離婚」を現実的に考えるようになりました。

【夫との別居、離婚】

「自分自身の気持ちに素直なって、不倫相手とこの先の人生を過ごしていきたい」

そのように思ってからわりとすぐに、夫に離婚の意思を伝えました。

「あなたに対する愛情がない。お互いに想い合えないのなら、一緒に結婚生活を送るのは無理なので離婚してください」

なんと言われるか全く想像はしていませんでしたが、夫の答えは「離婚はしたくない」という事でした。

正直、驚きましたし、それと同時に、離婚出来るまでかなりの時間がかかりそうだと思いました。

とにかく一緒の空間にいるのが嫌になってしまい、一定の期間を設けてわたしは実家に帰る事にしました。

夫は「実家に帰っている間、もう一度思い直してほしい。俺は信じている。」と言っていましたが、わたしの心は既に決まっていましたし、またその意思は固いので「たぶん無理です。気持ちは変わりません。あなたの方によく考えてほしいです。」と伝え、家を出ました。

別居してから2ヶ月ほど経ち、夫の方から「これからについて話したい」と連絡があったので、わたしは久しぶりに帰宅しました。

意外にも夫はあっさりと「今までありがとう。離婚してお互いもう一度幸せになろう。」と言い、わたしたちは半月後に離婚しました。

子どももいませんでしたし、結婚生活は2年も経っていませんでしたので、財産(といってもごくわずかです)は折半、持ち寄った家具や家電はそのままお互いが持ってゆき、一応は円満離婚という事で落ち着きました。

夫は、最後までわたしの不倫には気付いていなかったようです。

気付かないフリをしていたのかもしれませんが、わたしは証拠は徹底して残しませんでしたし、離婚話を進めていく中でも何か言われた事はありませんでした。

本当にわたしに興味がなかったようで、その点は少し悔しいとすら思いました。

Sponsored Link



 

【不倫相手とのその後、現在】

夫に離婚の意思を伝えた同時期に、わたしは彼にもその事を伝え、さらに離婚後どのようにして自分の人生を生きていきたいか、想いを素直に打ち明けました。

彼は真剣に耳を傾けてくれ、そして離婚後は再婚を前提に正式なお付き合いをしようと言ってくれました。

そして、離婚から約1年後にわたしと彼は結婚し、現在は2人の子どもと4人で暮らしています。

子どもたちが寝た後、どちらかが携帯を触って何かしていると、たまにふざけて「誰かと浮気してる?」などと言ったり言われたりする事もありますが、そんな事はお互いになく、今は平和に日々を過ごしています。

 

【最後に】

自分が不倫をするなんて、実際に相手に出会ってそういう関係になるまで思ってもみませんでした。

わたしの場合は不倫相手の事を当時結婚していた夫よりも好きになってしまい、また相手も同じように想ってくれていましたので苦労したのは夫に別居、離婚の意思を伝えてから届出をするまでの期間くらいでした。

それも結局はあっさりと済んでしまいましたが。

当時は、年齢はもちろん精神的にもかなり若かったので、自分の想いに素直に向き合って行動出来たのだと思いますが今は…さすがに出来ないと思います。

不倫は楽しいか楽しくないかと言われたら、楽しいものではありません。

不倫行為がバレるバレないとかではなく、元夫やその家族を傷付けてしまったのは事実ですし、離婚するという事は想像以上に大変なのだと身を以て知りました。

とは言っても不倫を経て手に入れた現在の幸せな生活ですから、わたしの場合はこれでよかったのかなと思います。

この穏やかで平和な日々に感謝しながらこれからも家族で暮らしてゆきたいと思っています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

色気のある女性は、どんな時でもそういったことが起きても良いように、日頃から女子力を磨くことに手抜きをしていないのが共通してますね。

いざという時でも対応出来る様に、普段から女子力の向上に努めておくと安心ですね。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

女性が本気で不倫したその不倫相手は今の旦那さん 秘密の過去話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

原島 美紀

都内在住/会社経営者
法学部法律学科卒業後27歳で独立し現在不動産業、IT関連の事業に携わっています。
楽しいこととお酒が大好きです。
隙間時間を利用して、ライターとして活躍させていただいています。

趣味はドライブで、愛車のカイエンターボでお台場、湾岸線をドライブするのが大好きです。
最近は、週に数回友達と高級ランチをいただくことにハマっており美味しい食べ物も大好きです。
夜は仕事柄色々な友人と飲みに出かけることが多いです。
出没場所は主に麻布、六本木、銀座、恵比寿です。
いつまでも、美しい女性でいたいという女心が強く、異性を意識して自分磨きにお金をかけています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 略奪婚を成功させたい人がおさえるべきポイントと注意点

  • 女性の婚活の失敗談。こんな男に気を付けて!婚活に潜む結婚してはいけない地雷男集

  • 30代(アラサー)女性必見!男性が好む女性のモテファッションの特徴(合コン編・初デート編)

  • 40代女性の婚活はどうすればうまくいく?

関連記事

  • 会社の職場の同僚とセックス・エッチまでやってしまったそのきっかけは・・・

  • アラフォー(40代)女子も恋愛したい!同窓会で起こった不倫の話

  • 昼顔は現実に。アラフォーでも恋愛したい。40代女性の不倫は何がきっかけなの?

  • 見逃さない!旦那・彼氏の浮気・不倫の兆候とチェックすべきポイントと対抗策

  • 美しいアラフォー女性でいたい。不倫したのはなぜ?恋愛の心理・浮気・しちゃう女性の体験談

  • 昼顔は現実に。アラフォーの恋愛から不倫に続きセックスまで