1. TOP
  2. あなたをキュンキュンさせるおすすめ海外恋愛映画のご紹介

あなたをキュンキュンさせるおすすめ海外恋愛映画のご紹介

 2017/12/08 生活・ファッション
619 Views

あなたをキュンキュンさせる私の海外恋愛映画のご紹介

 

 

恋をしている人は美しいと言われますが、みなさんキュンキュンは足りていますか?

仕事で忙しい人も最近は恋愛なんて音沙汰なしの人も映画を見てやっぱり恋をして内面から魅力的な女性になりましょう!

手っ取り早くキュンキュンしたい人におすすめの映画を紹介します。

Sponsored Link



 

 

「きみに読む物語」

きみに読む物語

出典:アマゾン http://ab0316ce.com/l/u/V9x1cSoNiavVumF7

「きみに読む物語」 気になる作品はこちら

 

2004年アメリカ。

アルツハイマーの療養施設で、老女が老人に物語を読んでもらっているところから始まり、すぐに舞台は物語に移ります。

1940年のアメリカ南部。青年ノア(ライアン・ゴズリング)は別荘へ避暑に来た16歳のお嬢様アリー(レイチェル・マクアダムス)に一目惚れ。二人は付き合うようになります。ですが良家の娘であるアリーとの交際は認められるわけもなく、ひと夏の恋として終了。

しかしお互いを忘れることはできません。

 

キュンキュンポイント

とにかくノアがアリーにまっすぐです。この女性に惚れたとなったら、ぐいぐい押して押して押しまくります。自分の気持ちにブレがありません。

徴兵されたノアがアリーを思い365通も手紙を送っていたという事実に、キュンです。ですが、その手紙はアリーの母が隠していたので、アリーには届いていないという悲劇。

アリーには裕福でハンサムで心の広い完璧なフィアンセがいます。それでも自分の愛に忠実にノアを選ぶところにキューンです。どんなに条件のよい素敵な人がいても、自分が心から愛する人を欲する気持ちには嘘はつけないですよね。

 

そして現在、舞台は療養施設に戻ります。恋物語を聞いているのは、年老いたアリー。語りかけているのは、同じく年い老いたノアでした。

二人は仲睦まじく、添い遂げたということ、またアルツハイマーで記憶がもたない妻に、何度でも自分たちの恋の物語を聞かせて大切な記憶を思い起こさせるノアの愛に心がふるえます。

そして最期のシーン。究極のキュンが待っています。

 

 

 

「ブリジットジョーンズの日記」

「ブリジットジョーンズの日記」

出典:アマゾン http://ab0316ce.com/l/u/YxPjfcYlZNogVsjy

「ブリジットジョーンズの日記」 気になる作品はこちら

 

2001年アメリカ・イギリス。

ロンドンに住む独身女のブリジット(レネー・ゼルウィガー)。

酒とたばことぽっちゃり体形で全くさえない生活を送っています。

両親が主催するクリスマスパーティで、幼馴染の弁護士マーク(コリン・ファース)と再会しますが、お互いのイメージは最悪です。

ブリジットはこのままずっと同じような日々を過ごしてはいけないと、日記をつけるようになります。

 

キュンキュンポイント

もう、ブリジットがキュート。ぽっちゃり体系も、女子会(一人おねえがいるけど)で大酒飲むのも、理想の独身女性とのギャップも、女性なら誰もが共感できるのではないでしょうか。

そこに現れたのがセクシー担当のダニエル(ヒュー・グラント)。

こんな上司にグイグイ来られたら、怪しいとは思いながらも誰だって誘惑に負けてしまいますよ。

話上手で恋に手慣れたダニエルにキュンキュンする?いえ、しません。もう手練れ過ぎて、完全にホストですから。

そんなダニエルに恋しているブリジットに、究極の真面目っぷりで接近してくるマークにキュンキュンです。

いろいろなアクシデントでお互い「いいな」と思い始めます。マークが自分の気持ちをロマンティック要素なしでまるで業務連絡かというように伝えます。こわい顔してますが緊張しているのが伝わってきてキューンです。

アポなしでブリジットの家に来て、料理を手伝うマークにキュン。

なんとかブリジットとうまく行きたいんだろうなと思い、またまたキュンです。

とにかく気付いたら不器用なマークにキュンキュンしっぱなしです。

 

 

「トワイライト〜初恋〜」

「トワイライト〜初恋〜」

出典:アマゾン http://ab0316ce.com/l/u/eFCJQVuzf0VLUXPO

「トワイライト〜初恋〜」 気になる作品はこちら

 

2008年アメリカ。

人間とヴァンパイアの切ない恋を描く、大人気シリーズの第一作です。

美しい女子高生のベラ(クリステン・スチュワート)は父と暮らすため田舎町へ引っ越してきます。

転校先で、完璧な美しさを持ち、知性的な青年エドワード(ロバート・パティンソン)に恋をします。

ある時、ベラはエドワードに命を助けられるのですが、彼の人間離れした力を目撃してしまいます。

人間とヴァンパイア、そこに狼人間まで現れて禁断の恋が始まります。

 

キュンキュンポイント

びっくりするくらい白塗りのヴァンパイア達。驚くのは最初だけですぐに慣れます。

むしろ、肌と髪や目の色、唇のコントラストが強くてよりミステリアスでセクシーに見えます。

ベラの血がどうしても欲しくなるヴァンパイア達。

エドワードも例外ではなく、ベラのそのか細く美しい首にかぶりつきたくてどうしようもなくなります。

が、愛しているのでそこはなんとか我慢です。

欲しいけど、我慢…その苦悩する姿にキュンします。そしてエドワードがニヤッと笑うだけで、キュンです。

エドワードは少女漫画に出てくるような儚くも美しい王子様そのもの。

ヴァンパイアと人間の禁断の恋というだけでもキュン要素満載なのに、人狼までベラに恋してグイグイきます。

ベラの幼馴染で人狼のジェイコブ(テイラー・ロートナー)の見事な肉体美に見とれてしまう…。

強く男らしいジェイコブにキュンし、狼に変身した時のモフモフにもキュンです。まるで少年漫画のキャラみたいですが、ジェイコブの切ない恋にもまたキュンキュンしてしまいます。

小説版もおすすめですよ。

 

 

「シザーハンズ」

「シザーハンズ」

出典:アマゾン http://ab0316ce.com/l/u/0RoBsyec9oCPtoRD

「シザーハンズ」 気になる作品はこちら

 

1990年アメリカ。

寒い冬の夜、温かい部屋で孫に「どうして雪は降るの」と聞かれた祖母が、ゆっくりと話し始めます。

 

「それはね…。」

 

町はずれの山の上に住む孤独な発明家は、ついに一人の人造人間を生み出します。

彼の名はエドワード(ジョニー・デップ)。発明家はエドワードに愛情深く接し、二人は幸せな時間を過ごしていました。

エドワードの手はまだ仮の「ハサミ」状態でしたが、いよいよ人間と同じ手を付ける最終段階に発明家が急死してしまいます。

大きな屋敷に一人ぼっちになってしまったエドワード。

心優しい人に見つけられ、町での生活が始まり、シザーハンズを活かした仕事にもつき、美少女のキム(ウィノナ・ライダー)と恋に落ちます。

 

キュンキュンポイント

もう、シザーハンズ(両手ハサミ)のエドワードが母性本能をこれでもかというくらいくすぐります。

体は大人ですが中身は純粋な子供のエドワード。

無口で、いちいちいろんなことにびっくりするのがとてもキュートです。

途中、キムのボーイフレンドのせいで逮捕されてしまうのですが、人間の態度におびえつつもキムのために絶対に口を割らないところにキューンです。

ただ一途にキムを守り抜くのです。

キムの気持ちはくだらないボーイフレンドよりも完全にエドワードに向きます。

 

人間と人造人間の恋。

 

やっぱりうまくいかなくて、エドワードは元のお屋敷に追いやられてしまいます。

そして彼を守るため、町の人に「彼は死んだ。」と噓をつき、追ってから逃がそうとするキムの愛。

二人は二度と会えないけれど、お互いを思い会う愛情の深さに胸が締め付けられます。

 

 

 

「プライドと偏見」

「プライドと偏見」

出典:アマゾン http://ab0316ce.com/l/u/smobXz93kKXcepQM

 

「プライドと偏見」 気になる作品はこちら

 

2005年イギリス。

イギリスの田舎町、中流階級のベネット一家は男子はなく、五人姉妹が。

女性の相続権がない時代、子供らの将来を考え、母親が娘達をなんとか玉の輿にのせようとしています。

ある日、近所に大富豪が引っ越してきて、舞踏会を開きます。そこでエリザベス・ベネット(キーラ・ナイトリー)は上流階級のダーシー(マシュー・マクファディン)と出会います。

チャンスと思いきや、露骨な母親の玉の輿狙いや、陳腐な従兄弟、適当で悪意のある噂話のせいでなかなか上手くはいきません。

 

 

キュンキュンポイント

最初はよい印象はないどころか、むしろ苦手という今後のキュン展開を大いに期待させる始まり方です。

あなた私のことバカにしてたのに、どういうことよって感じです。

すべては人見知りで口下手過ぎるダーシーと、知的で気が強いエリザベスゆえなんですが。

家柄や経済格差、両親の気持ち等、二人には障害ばかりなのに、ダーシーは知的なエリザベスに恋をします。

融通の利かない口下手男のダーシーは、あふれる思いを上手くエリザベスに伝えられないでいます。

馬車に乗るエリザベスの手を思わず支えてしまうダーシー、エリザベスの下手なピアノを上手だと言うダーシー、彼女のことを考えて気づけば夕方になってしまっているダーシー、エリザベスに会いたくていつもちょろちょろしているダーシー、キュンキュンポイント全開です。

好きすぎて最悪なタイミングでプロポーズしてしまうダーシーには苦笑ですが(無論、断られる)、なんとか自分を知ってもらおうと下手なりに何度も努力するダーシーをいつの間にか応援してしまいます。

 

 

「あなたが寝ている間に (While you are sleeping)」

「あなたが寝ている間に (While you are sleeping)」

出展:ヤフージャパン映画 http://ab0316ce.com/l/u/XyRmU5TJxRe1kf09

「あなたが寝ている間に (While you are sleeping)」気になる作品はこちらから

 

1995年 アメリカ 主演 サンドラ・ブルック

 

ルーシー(サンドラブルック)はシカゴの鉄道のチケット売り場で働く一人暮らしの独身女性。電車に乗る素敵な乗客ピーター(ピーター・ギャラガー)に片思いしています。

クリスマスの日に不良に絡まれホームに落ちた彼をルーシーが助けた時に運ばれた病院の看護師の勘違いでピーターのフィアンセと間違えられたルーシー。

ピーターの家族に紹介され、間違いを言い出せないままピーターの彼との交流が始まります。いつの間にかピーターの弟ジャック(ビル・プルマン)を好きになっていく自分に気が付きます。

 

ここがお勧め

 

本当はピーターのフィアンセではないと言い出せないまま、ピーターの家族と仲良くなっていくルーシー。ルーシーに疑いを持ちながらも気がついたら惹かれていた弟のジャック。

ちょっとドジな独身女性をサンドラ・ブルックがキュートに演じます。

ルーシーの嘘がいつバレるのかドキドキしながらも、ピーターの家族の凄い勘違いで話はどんどん膨みます。ルーシーの家族の一員になりたかった、という言葉には思わず納得。クリスマスに優しい気持ちになれる、恋人と見るのにお勧めの映画です。

 

 

10日間で男を上手にフル方法 (How to loose a Guy in 10 days)

10日間で男を上手にフル方法 (How to loose a Guy in 10 days)

出典:アマゾン http://ab0316ce.com/l/u/zkiSQ1nG4tjggQpY

2003年 アメリカ 主演 ケイト・ハドソン

 

10日間で男を上手にフル方法 気になる作品はこちらから

 

アンディ(ケイト・ハドソン)は社会派記事志望の新米ライター。編集会議でアンディが「どうやったら男性にフラレるか」と言う記事を書いたらどうかと提案。

自分が10日間で彼を作り、相手に嫌われることをして記事にしなければいけなくなります。

同じ時に広告代理店で働くベン(マシュー・マコノヒー)は10日間で指定された女性を連れてくれば大手のダイヤモンド社の契約を貰えることに。

ベンが指定された相手とは10日で男性と別れようとしていたアンディだった。

 

ここがお勧め

 

お互い仕事のために相手に近づいたアンディとベン。

ベンに嫌われるために色々嫌がらせをするアンディのいたずらと絶叫するベンの姿に笑えます。別れようとしないベンに不思議がるアンディだけれどベンの家族の元で休暇を過ごすうちに自然と惹かれ合う二人。

パーティーの席でお互いが近づいた理由がわかり一度別れるけれど、お互いの気持ちに気がついて一挙に本当の両思いに!

ケイト・ハドソンの小悪魔っぽさには感嘆。

2003年2月7日公開で週末興行成績1位 、7週間連続でトップ10入りしました。

 

 

 

P.S. アイラブユー  (P.S. I love you)

P.S. アイラブユー  (P.S. I love you)

出典:アマゾン http://ab0316ce.com/l/u/bG20upuLLgSXwvqb

 

P.S. アイラブユー  (P.S. I love you)気になる作品はこちらから

 

2007年 アメリカ 主演 ヒラリー・スワンク

 

ホリー(ヒラリー・スワンク)は脳腫瘍で亡くなった夫ジェリー(ジェラルド・バトラー)が忘れられず辛い日を送っている。

家族や友人が元気づけてくれるけれど、ジェリーを忘れられず悲しくて仕方がないホリー。

そんなホリーのところにジェリーからの手紙やプレゼントが届き始める。

 

ここがお勧め

 

毎日ジェリーを思って泣いているホリーのところにジェリーから消印のない手紙が届く。

それは自分の病気を知ったジェリーが生きている間にジェリーが元気になるようにとアドバイスを書き綴ったもの。

ジェリーがいなくて寂しいホリーの姿は胸が張り裂けそう。ホリーを見守る家族や友人の気持ちも切ない。

自分も病気なのにホリーを思うジェリーの気持ちにウルウルします。

 

エブリシング  (Everything)

エブリシング  (Everything)

 

エブリシング  (Everything)の気になる作品はこちらから

 

 

2017年 アメリカ 主演 アマンデラ・スピルバーグ

 

マディー(アマンデラ・スピルバーグ)は免疫不全のため、自宅で母親と看護師以外との交流のない生活を送っている。

ところが隣に引っ越してきたオリー(ニック・ロビンソン)はマディーを偶然に見かけ二人はネットを通して交流を始める。

 

ここがお勧め

自分に免疫がないため、外界に触れると命も危ない状況であるというのにマディーはオリーを好きになる自分を止めることができません。

でも、マディーが危篤になりオリーはマディーを諦めようとします。

若い二人が大人の自己愛のために苦しみながらも自分たちの愛に正直に生きようとする姿に、きっと感動するはず。

 

 

幸せのジンクス (Something Borrowed)

幸せのジンクス (Something Borrowed)

出典:アマゾン http://ab0316ce.com/l/u/jE1zyFrhX7krmwj1

 

 

幸せのジンクス (Something Borrowed)気になる作品はこちらから

 

2011年 アメリカ 主演 ジェニファー・グッドウイン

 

レイチェル(ジェニファー・グッドウイン)とダーシー(ケイト・ハドソン)は仲の良い幼馴染。レイチェルの片思いの相手デックス(コリン・エッグレスシールド)はダーシーの婚約者。

ところがデックスも実はレイチェルを好きだったと知ってしまう。

 

ここがお勧め

レイチェルもデックスもお互いが大人しく、真面目で引っ込み思案な性格。

自分に自信がないために相手の気持ちを確かめる前に諦めてしまいます。

好きなのにすれ違ってしまう二人にムズキュンしてしまいます。

強引でずうずうしいダーシーにムッときたり、レイチェルを好きなのに彼女の恋を応援するイーサンに胸が痛くなったり・・・

幼馴染や親友が同じ人を好きになるってよくある話だから共感しやすいと思います。

 

日本では映画公開されなかったのですが、DVD、またWOWWOWの配信で見ることが可能です。

 

 

25年目のキス (Never been kissed)

25年目のキス (Never been kissed)

出典:アマゾン http://ab0316ce.com/l/u/c61KpQoAZkk6t0df

 

 

25年目のキス (Never been kissed)気になる作品はこちらから

 

 

1999年 アメリカ 主演 ドリュー・バルモア

 

25歳のジョージ・ゲラーは新聞社で働く真面目だけが取り柄のコピーエディター。

彼女の企画の「10代の実態リポート」が編集者会議で採用され、ジョージ自らが17歳と偽り高校に入学して高校生の実態を探ることになる。

実は高校時代のジョージはガリ勉タイプで全くもてない女子高校生だった。

人気のある高校生と友達になれないジョージの為に弟ロブ(デービッド・アークエット)も入学。彼の応援でジョージも学校の人気者になる。学校の人気者の男子ガイとプロムパーティーへ。

でも、ジョージは高校教師サム・コールソン(マイケル・ヴァルタン)と惹かれ合い始めていた。

 

ここがお勧め

冴えない高校時代を送ったジョージが弟ロブの応援でどんどん人気者になりスクールカーストの上位にのし上がって行く場面はワクワクします。

学校で一番のモテ男ガイと行った高校卒業のプロムでシェークスピアの「お気に召すまま」のオーランドとロザリンダに扮し見事キングとクイーンに選ばれます。

ジョージは自分が高校教師のサムに惹かれている自分を自覚。

自分の体験を書いた記事の中でジョージはサムに謝罪、愛を告げるところは泣けます。

彼女が野球のマウンドに立ち、「自分はキスされたことがない。初めての本当のキスをしてくれる人を待っています。」と言ってサムを待つけれどサムは来ないところでハラハラは絶頂に。タイムリミットが過ぎたところでサムが走って来るところは感動です。

Sponsored Link



 

 

めぐり逢えたら (Sleepless in Seattle)

めぐり逢えたら (Sleepless in Seattle)

出典:アマゾン http://ab0316ce.com/l/u/6AMo0de4HKEODQxO

 

めぐり逢えたら (Sleepless in Seattle)気になる作品はこちらから

 

1993年 アメリカ 主演 トムハンクス、メグライアン

 

建築家サム(トム・ハンクス)は癌で亡くなった妻のことが忘れられない。

息子ジョナと一緒にシアトルに引っ越してきます。

 

いつまでも元気のない父親を思ってジョナはラジオの相談番組に電話をかける。その時にラジオのパーソナリティとサムの会話がラジオで流れ多くの反響を得ます。

偶然そのラジオを聞いていたボルチモアに住む新聞記者アニー(メグ・ライアン)はサムを運命の人と直感。シアトルまでサムに会いに行きます。

運良くサムに会えたアニーですが、声をかけることもできず帰ります。

サムもアニーに心は動かされるけれど、誰かもわからず他の女性とデートを始めます。

 

ここがお勧め

この映画の見どころはやっぱり息子のジョナ君ではないでしょうか。

手紙を見て自分の父親の本当の相手はアニーしかいないと一人で飛行機に乗ってニューヨークに行きます。

寒いニューヨークの街で小さな男の子が一人エンパイアステートビルに行きアニーを待つシーンは涙。

ジョナを迎えに来たサムと二人で帰った後でエンパイアステートビルに到着したアニーに一瞬ガッカリ。

でも、そこにクマのヌイグルミを忘れたことに気がついたサムとジョナが帰ってきます。

この映画の一番の活躍はジョナ君ですね。

この後、トムハンクスとメグライアンは「You Gutta Mail」でも共演。こちらも大ブレイクしました。

 

「小さな恋のメロディ」

「小さな恋のメロディ」

「小さな恋のメロディ」

小さな恋のメロディが気になる方はこちらから

 

1971年 イギリス 主演 マーク・レスター トレイシー・ハイド

 

[あらすじ]

舞台はイギリスの公立小学校。11歳のダニエル(マーク・レスター)はバレエを踊るメロディ(トレイシー・ハイド)に一目惚れ。メロディに付きまといます。

そんなダニエルをメロディも好きになっていきます。

だんだんメロディと距離を縮めて行くダニエルに最初トム(ジャック・ワイルド)は友達を取られてしまうようで気が気でありません。

 

学校をさぼって二人で海に遊びに行ったダニエルとメロディは結婚の約束をします。

最初は他の友達と一緒に二人をからかっていたトムですが、二人の真剣な気持ちを知って味方になります。

幼い二人の恋愛に親も教師も大反対しますがトムや級友は二人の恋を応援しようと授業をサボって線路脇の廃墟に行き結婚式をあげようとします。

そこへ大人たちがやってきて大人と子供の乱闘になりますが発明狂の男の子が作った手作り爆弾が成功。大人は散り散りに逃げます。

ダニエルとメロディはトロッコに乗って線路をどんどん漕いで行きました。

 

ここがオススメ

 

当時、気の弱そうな優等生のマーク・レスター君の笑顔に日本中の女性がキュン死状態でした。彼の親友トム君(ジャック・ワイルド)は正反対で少し不良っぽい男の子。

ダニエルとメロディの初恋だけでなく、思春期の男の子の友情も描かれていて大事な友人が自分より異性を選ぶ寂しさに共感した人も多かったと思います。

 

最後に二人が青空の下を代わる代わるにジャンプしながらトロッコを漕いで行くシーンは爽快。後ろに流れるビージーズの「メロディフェア」は大ヒットしました。

驚くことにこの映画、アメリカとイギリスでは全くヒットしなかったのに日本で「小さな恋のメロディ」と題されて大ブレイクしました。

 

 

「マイ・フェア・レディ」

「マイ・フェア・レディ」

「マイ・フェア・レディ」

 

「マイ・フェア・レディ」が気になる方はこちらから

 

1964年 アメリカ 主演 オードリー・ヘップバーン

 

[あらすじ]

ヒギンズ博士(レックス・ハリソン)は言語学が専門。下流階層の花売り娘イライザ(オードリー・ヘップバーン)の言葉遣いを嘆き自分なら半年で言葉遣いを直して見せると言います。

上級階級を夢見るイライザはヒギンズ博士の言葉を真に受け押しかけます。

ヒギンズ博士の友人のピクリング大佐がその話に乗り気になりイライザを半年間で貴族の集まる舞踏会に参加できるようになるかどうか賭けます。

イライザの発音はなかなか良くならず何度か諦めそうになるヒギンズ博士ですが、少しずつイライザの発音も向上。

テストにイライザを競馬場に連れて行きます。

 

上流階級の英語は話せてもマナーはまるでダメなイライザは恥をかきますが、そんなイライザに恋をする貴族も現れます。

その後も特訓を重ね、舞踏会の日にイライザはハンガリーの王女に間違われるほどの上品さを身につけました。

賭けに勝ち喜ぶヒギンズ博士ですがイライザは自分がヒギンズ博士にとっては実験材料でしかなかった事に寂しさを覚えます。

喧嘩をしてイライザが家を出たあとにヒギンズ博士は寂しさを覚えます。

その時、イライザが博士の家に帰って来ます。素直にイライザが帰って来た嬉しさを伝えることができないヒギンズ博士はイライザに「僕のスリッパはどこだい?」と声をかけます。

 

ここがオススメ

 

オードリー・ヘップバーンの名作。

女性の美しくなりたい願望と男性の自分の好きな女性を自分好みに教育したいと言う願望を満足させてくれる映画です。

イライザがどんどん美しくなっていく過程は誰もが引き込まれます。

イギリスの上流階級、社交界、競馬場などのきらびやかな様子に憧れるのはイライザだけではないでしょう。

 

自分の手でどんどん輝いていくイライザが自立していく寂しさを素直に伝えることができないヒギンズ博士と自分がどんなに努力しても自分を女性として見てくれない彼に絶望するイライザ。

 

昔も今も男女の心理は複雑です。

ヒギンズ博士の言葉で終わるエンディングは二人のその後を想像させ楽しい気持ちにさせてくれます。

とにかくオードリー・ヘップバーンの美しさに脱帽。

 

 

ラストコンサート

ラストコンサート

ラストコンサート

ラストコンサートが気になる方はこちらから

 

1976年 イタリア 主演 パメラ・ヴィロレージ リチャード・ジョンソン

 

[あらすじ]

リチャード(リチャード・ジョンソン)はかっては名ピアニストだったけれど今は売れず、すさんだ生活を送っていた。

手の怪我を見てもらう為に病院にリチャードが行くと若い女性ステラ(パメラ・ヴィロレージ)に出会います。

リチャードは彼をステラの父親と間違えた医師からステラは白血病を患っていて余命3ヶ月と聞く。

 

幼い頃に父親に捨てられた過去を持つステラの悲願は父親を見つけること。でも、ようやく見つけた父親には新しい家族がいました。

親子ほど年齢の違うリチャードとステラですが二人は惹かれ合って行きます。

ステラはリチャードの音楽の良き理解者となりリチャードを応援します。

 

ステラに会って音楽にもう一度情熱を注ぎだすリチャード。

彼の作品「ステラに捧げるコンチェルト」がパリ交響楽団で演奏されることになりました。ピアニストはリチャード。

そうしているうちにステラの最後はどんどん近づいていきます。

演奏しているリチャードを白いドレスを着たステラが見つめます。

リチャードがステラの為にピアノを弾いているコンサート中に彼女は息を引き取ります。

 

ここがオススメ

 

若い時に父親を失ったステラが年上のリチャードに惹かれ、ステラの病気を知ったリチャードも彼女を放っておけない、そんなところから二人の恋は始まります。

女性は父親の面影に惹かれ、男性は可愛く素直な女性を愛おしく思うものなんだな・・と歳の違う二人の恋愛に妙に納得してしまいます。

自分の代わりにリチャードには輝いて生きていて欲しい、そんなステラの願いがリチャードをクラッシックのピアニストとして再起させます。

自分が長くないことを知り、自分の命をかけてリチャードの復帰を祈るステラ。

ステラの気持ちを知って少しずつクラシックへの情熱を取り戻すリチャード。

ピアノの調べもとても美しい。サンドラ版もオススメです。

 

 

 

スプラッシュ

スプラッシュ

スプラッシュ

スプラッシュが気になる方はこちらから

 

1984年 アメリカ 主演 トム・ハンクス ダリル・ハンナ

 

[あらすじ]

家族旅行で訪れたケープ・コッド。

少年アラン(トム・ハンクス)は船から落ちたところを人魚の少女(ダリル・ハンナ)に助けられます。その時に人魚を見たことを彼は忘れないでいました。

そんなアランも成人し、兄のフレディとニューヨークの青果市場で働いています。

 

仕事も恋愛も上手くいかない彼はケープ・コッドに行く途中、また溺れてしまいます。

気がついたアランを心配そうに見守っていた金髪で裸体の美女は海に戻って行きました。

そんなアランの所に警察から身元引受人の依頼が。

アランが引き取りに行くとそこにいたのは先日の金髪の美女。

アランは彼女をマディソンと言う名前で呼びます。

 

二人は結婚の約束をしますが研究者コンブルースがマディソンの写真を見て人魚であることを確信。パーティーの席でマディソンに水をかけるとマディソンは人魚に変化します。

研究施設に連れて行かれたマディソンをアラン、フレディ、改心したコンブルースが助けに行きます。マディソンを救出したアランはマディソンと海に住むことを決意しました。

 

ここがオススメ

 

今はハリウッドの重鎮となったトム・ハンクスの若い時の作品。

まだ初々しさの残る彼が名前も素性も知らないマディソンにひと目で恋に落ちる純真な青年を演じます。

アランを探してニューヨークまできた人魚のダリル・ハンナもとても可愛い。

お互いに子供の頃に出会った初恋の人を20年以上忘れなかった二人の気持ちにはキュンキュンです。

海を捨ててアランとの生活を決意するマディソン、そしてそれが叶わないとわかった時に全てを捨てて海の生活を選ぶアラン。

現代の人魚姫はハッピーエンドでさすがディズニーと見た後で幸せな気持ちになれる作品です。

 

Sponsored Link



 

ある愛のうた  (Love Story)

ある愛のうた  (Love Story)

ある愛のうた  (Love Story)

ある愛のうた  (Love Story)が気になる方はこちらから

 

 

1970年 アメリカ               ライアン・オニール アリ・マッグロー

 

[あらすじ]

ハーバード大学に通う富豪の息子オリバー(ライアン・オニール)は図書館で隣の女子大に通う音楽大生ジェニー(アリ・マッグロー)に出会う。

父親との関係が最悪だったオリバーは父親と仲が良く勉強を楽しむジェニーに惹かれていく。

オリバーの父親は貧しいお菓子屋の娘ジェニーとの結婚を父親に反対される。

オリバーは家出をしてジェニーと結婚をする。

 

父親に学費の援助を断られたオリバーを助けるためジェニーは自分の留学を諦め小学校の音楽の先生になって彼の学業を支える。貧しいけれど二人は幸せだった。

オリバーは法学部を優秀な成績で卒業し弁護士の資格をとり、二人の生活はようやく軌道にのる。

子供を作ることを希望したジェニーがかかった病院で彼女は白血病で余命があまり無いことを医師に告げられる。

ジェニーの治療費は高額でオリバーはとうとう父親に助けを求める。

ジェニーが亡くなった事を知りオリバーの元にかけつける父親。

そこでオリバーはジェニーから言われた「愛とは後悔しないことです。」と告げる。

 

ここがオススメ

 

不朽の名作の一つ。

名門の家庭に生まれたオリバーがジェニーの為に全てを捨てて結婚を選び、ジェニーは自分のキャリアを諦めてオリバーとの結婚を選びます。

自分を中心に物事を考えることが多い昨今、家族や恋人への愛を一番先に考える二人の姿に考えさせられる映画です。

「愛とは決して後悔しないこと」

そんな風に大事な人を愛したいと思わせてくれる映画です。

映画のテーマ曲になったフランシスレイのLove Storyはアカデミー賞を受賞。

今でも繰り返しテレビでも放映される名作です。

日本語吹き替えに当時は大人気だった「友和・百恵コンビ」が選ばれました。

 

 

以上、「あなたをキュンキュンさせるおすすめ映画」の紹介でした。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

原島 美紀

都内在住/会社経営者
法学部法律学科卒業後27歳で独立し現在不動産業、IT関連の事業に携わっています。
楽しいこととお酒が大好きです。
隙間時間を利用して、ライターとして活躍させていただいています。

趣味はドライブで、愛車のカイエンターボでお台場、湾岸線をドライブするのが大好きです。
最近は、週に数回友達と高級ランチをいただくことにハマっており美味しい食べ物も大好きです。
夜は仕事柄色々な友人と飲みに出かけることが多いです。
出没場所は主に麻布、六本木、銀座、恵比寿です。
いつまでも、美しい女性でいたいという女心が強く、異性を意識して自分磨きにお金をかけています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 女性の婚活の失敗談。こんな男に気を付けて!婚活に潜む結婚してはいけない地雷男集

  • 30代(アラサー)女性必見!男性が好む女性のモテファッションの特徴(合コン編・初デート編)

  • 40代女性の婚活はどうすればうまくいく?

  • 婚活パーティーを攻略!あなたがモテるためのファッションや身だしなみは間違いだらけ!?

関連記事

  • 会社や職場でいじめの原因は?あった時はどうすればいいの?対策を解説します!

  • マインドフルネスは瞑想と何が違うの?そのやり方は?

  • Baccarat(バカラ)グラス クリスタル・結婚祝い、記念品で喜ばれる品5選

  • 女性の職場の人間関係ってどうやるのが良いの?上手くやる方法とストレス解消方法

  • デトックスしたい時に自宅で見たい泣ける映画・洋画30選

  • 大人の女性であれば身につけておきたい気配り能力とコミュニケーション術

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。