1. TOP
  2. 冷え性、乾燥肌の人はどういったお風呂の入り方をするのが一番いいの?

冷え性、乾燥肌の人はどういったお風呂の入り方をするのが一番いいの?

 2017/11/19 健康
107 Views

冷え性で手先が冷たい時にはやっぱりお風呂で温まって

出来ることならお風呂から上がった後でも継続的にポカポカした時間が続いて欲しいものですよね。

 

でも、実際のところお風呂の入り方を間違えてしまうと逆に体がすぐに冷えてしまったり

長時間入るからと言って体が温まるかというとそうではありません。

 

ここではもしかしたら間違ったお風呂の入り方をしている方のためにも

正しい入浴方法をご紹介していきます。

 

 

冷え性、乾燥肌の方は正しい入浴方法を学ぼう!

冷え性の人は体を温めないといけないという思いから長時間お風呂に入ってしまいがちではないでしょうか?

しかし、長くお風呂に入ると自分の自覚なしに脱水症状になりますし何より一番の問題は

乾燥肌になってしまいます。

 

まず、冷え性の方なのですがお風呂が暑いと言うよりも、お風呂から上がったあとも継続して

体が温まった状態が続くのが理想的ですよね。

 

ではお風呂から上がった後でも継続的に体が暖かい状態を保てるのは下記の3つの温度で

あれば湯船は何度に設定するのが良いのでしょうか?

 

38度

40度

42度

 

これは40度で10分が一番の理想の入浴時間になります。

 

まず最初の38度は間違いです。38度の場合は体の表面は暖かくなっても

お風呂から上がった時には体の真まで温まってないので冷めるのが早い状態です。

 

40度は体の表面も温まり体の真まで温まっている状態なので

お風呂から上がった後にだんだんと体温が上がってくる理想的な状態になります。

 

42度は一番良さそうに見えるのですが、実際にはこの温度は暑く感じるのと

お風呂から上がったあとにその暑くなった体を冷やそうと汗が出てきて体が冷えてしまいます。

 

実際にこの3つの温度の中で入浴後1時間経った時にどの温度が一番暖かいかと言うと

40度の温度に10分浸かったあとが一番暖かいと言うデータも出ています。

 

乾燥肌もそうでない人も注意したい一番風呂の落とし穴

乾燥肌の人もそうでない人も注意したいのはお風呂に長時間入浴することによって

陥ってしまう乾燥肌になってしまうことです。

 

乾燥肌の人はすでにご存知だと思いますが、なんで一番風呂の人は

乾燥肌になりやすいか知ってますか?

 

これは水道水に含まれる塩素が影響しているからです。

 

水道水の殺菌のために本当に少量の塩素が含まれていますが

一番風呂にはこの塩素がそのままの状態で含まれている為

少量であれ塩素は体の皮脂を剥がして皮脂がなくなることによって

乾燥肌になってしまうという原理なのです。

 

では、なんで2番風呂だったら良いのでしょうか?

これは一番風呂の人がお風呂に浸かった後であればその人の皮脂が

流れているのでそれが塩素の効果をなくしているからなんです。

 

なので、乾燥肌が気になると言う方は出来るだけ最初のお風呂には

入らずに2番目に入浴するのがいいでしょう。

 

ですが、2番風呂はなんだかんだ言っても2番目なので美意識が高い方からすれば

ちょっと汚いのが嫌って思う方もいると思います。

 

そんな時にはゆずの皮を入れてください。

 

これはゆずの皮に含まれる油分が湯船に溶け出しそれが塩素を消してくれます。

また、ゆずの皮をお風呂に入れることによって

 

・発汗

・解熱

・疲労回復

・自律神経の調整

 

の作用があります。

これは柚子、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系に含まれる

『リモネン』という成分がリラックス効果に繋がるからです。

 

リラックスすることと体が温まることによって睡眠時にも

安眠体制に入りやすく睡眠に入るまでの時間を短くしてくれます。

 

リモネンには血流を良くして代謝をあげる効果もあるので

体温が上がり入浴後も体温が下がりにくくなります。

 

もちろん、家にそういったのがない場合は小さじ1杯分のレモン果汁でも良いですし

入浴剤を入れる方法でも同等の効果を得られます。

お風呂の入浴時間はなんで10分がいいの?

 

そして、上記で話したようにお風呂に入ることによって体の表面にある皮脂は

流れ出していきます。

 

これはお風呂の時間が長くなればなるほど皮脂もそれに比例して流れ出し

乾燥肌の人はもっと進行し、乾燥肌でない人も乾燥肌になってしまいます。

 

ただし、お風呂に入らずにシャワーだけよりも湯船にしっかりと浸かって

入浴する方が細胞が活性化して筋肉が柔らかくなり血行がよくなると代謝が上がり

体の冷えが解消されるのでお風呂かシャワーだけかというとお風呂に入る方が良いです。

 

なので、体が最大に温まり、なおかつ最小限に皮脂の流れを防ぐ時間こそが10分になるんですね。

 

 

ここで、10分は短く感じる方がいると思います。

特に温泉なんかに行った時に10分で上がってしまうということはまずないでしょう。

本来であるならば10分の入浴が理想なのですが、温泉に行ってまでそこまでする必要はないと思いますので

温泉を楽しむことを優先してゆっくりと入浴するのが良いと思います。

 

また、温泉の成分も体に取り込みたいからこすったりしていると思いますが

こういった行為も皮脂を流してしまうので出来るだけしない方が良いです。

 

乾燥肌の人は体を洗う時にどういった洗い方をするのが良いの?

タオルに石鹸をつけて体を洗う方が体が綺麗になるような感じがありますが

実際にはこれは皮脂を剥がす行為になっています。

 

なので、タオルとかになってくると繊維が粗いものから柔らかいものまで

幅広くあると思いますので出来るだけ柔らかいタオルを使用しましょう。

 

ただし、特にそういった柔らかいタオルを買ってきてそれを使わないといけないかというとそうではありません。

 

柔らかいタオルと同じ効果があるのは自分の手で直接体を洗うことでそれと同様の効果がありますので

乾燥肌の人は柔らかいタオルを使うかそこまで準備するのが面倒だという方は自分の手を使って洗うように

してください。

 

 

 

入浴後に怠らない保湿ケアも忘れずに

入浴の時に注意しないと行けない部分は上記の通りですが

そこまでで安心してはいけません。

入浴後も皮脂を落とさないようにケアをしましょう。

 

・タオルで体を拭くときは抑えるようにして拭く

・保湿のクリームを塗る

 

基本的にはこの2つになります。

 

まず、タオルで体を抑えるようにして拭くのはゴシゴシして体を拭くと

タオルが柔らかいものでも繊維があなたの肌を刺激して肌にダメージを与えます。

すると、せっかく皮脂が流れないようにお風呂に入ったのにダメージを与えることによって

皮脂が流れやすい肌になり乾燥肌の原因になってしまいます。

 

2つ目の保湿クリームを塗るのはすでにこれを読んでいるあなたも実践していることでしょう。

なので、ここではもう一歩踏み込んだ保湿クリームの選び方を解説していきます。

 

保湿クリームはそれに含まれる水分と油分のバランスが大切です。

 

まずそれぞれがどういった効果を発揮するのかを解説していきます。

 

・水分 セラミド、コラーゲン等の体の中の水分を保持する役割をするもの

・油分 オリーブオイル、ホホバオイル等上記の水分成分を体外へ出ないようにする役割をするもの

 

 

乾燥肌の人であればその根本的な原因に水分を保持する役割をする

セラミドが不足している状態であると言えます。

 

なので、保湿クリームを選ぶ際にはまずはセラミドが含まれている保湿クリームであるかどうか

というのを基準に選んで頂くのが一番かと思います。

 

冷え性の方は入浴後何をすればいいの?

冷え性の人は血流が悪いことによって体の末端にまで血液が流れず

手先、足先が冷えることがほとんどです。

 

なので、お風呂から上がった後に血流の流れを良くするふくらはぎマッサージを

するのが良いです。

 

ふくらはぎは第2の心臓とも言われていますのでこのふくらはぎを

マッサージすることによって血流が良くなり代謝が上がり体が

冷えにくい状態になります。

 

ふくらはぎマッサージのやり方はこちら

 

 

いかがでしたでしょうか?

お風呂に入る時になんでお風呂に入ることによって乾燥肌になってしまったり

暑い湯船に浸かってもその後に体が冷えてしまうのか?というのがご理解して頂けたかと思います。

 

 

体が冷えるとなかなかぐっすりと眠ることが出来ず寝不足に繋がってしまいますので

しっかりと体が温まる状態で入浴するのが一番ですね。

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

美活倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美活倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

妹尾 軌孝

妹尾 軌孝

美活倶楽部編集長。
福岡で家族4人で暮らしています!このサイトを作っている目的はいろんな人に役に立つ情報をお届けしたいという思いでこのブログを作っています。

私は寝る前にスマホでいろいろ検索をするのが好きなので私のブログもそんな寝る前に読まれるようなブログにしたいと思っています。

勉強になる話から面白い話、コラム等様々にコンテンツを作っていきますので寝る前には読んで貰えたら嬉しいです。

【ライターからのご挨拶】
中学、高校時代ともに陸上部だったので走ることが好きです。1週間の内の4日はランニングで7〜8キロ走り残りの3日は筋トレを入れるようにしています。

25歳くらいまではどんなに食べても太るらないし多分太る体質じゃないんだろうなぁと思ってたんですが、26歳くらいからなんだかお腹が出てきてがっかりしたので数字で消費カロリーが分かるように1日中ガーミンの腕時計をつけてその日の消費カロリーを調査しています。

ランニングだけでも脂肪は燃焼するのですが、もっと効率を上げるために筋トレも入れるようになりました。

なので、私が実際に腕時計をつけて博多駅周辺をランニングしているので消費カロリーは正しい数字を公開しています。

こんな感じで実際に私が経験したこと、思ったことをブログに綴っていますのでランニングや健康の話が好きな方は参考にされてください。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 自宅で出来る簡単下半身痩せの筋トレ(お尻・太もも・ふくらはぎ編)

  • 偉人からの名言 落ち込んだ時・凹んだ時・人生がうまくいかない時・自力で回復出来ない時

  • 女性が思うこんな車に乗りたいランキング!!おしゃれ・かわいい・かっこいい・SUV編

  • 待機児童問題・絶対に認可保育園に入園させたい!非正規雇用でも待機児童にならない方法

関連記事

  • 肩こりならば肩甲骨のストレッチが効果的?

  • ダイエットにいい食べ物 一覧 野菜ダイエットを成功させるためのレシピを公開します

  • デブ菌・ヤセ菌とはなんなの?それぞれの菌の増やし方、減らし方、どんな食べ物に多く含まれてるかも紹介します!

  • ストレスホルモン(コルチゾール)の過剰分泌によって太ってしまうクッシング症候群とは?

  • ヨーグルトダイエットってどうやるの?その効果や失敗・成功の原因は?

  • 乾燥肌と食べ物の関係は?おすすめレシピも紹介!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。